Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 30, 2016
App Annie predicts worldwide app downloads to hit over 280 billion by 2020
Judith Balea – Sep 8, 2016
https://www.techinasia.com/app-annie-predicts-worldwide-app-downloads-hit-280-billion-2020
 
_ tech in asia
 
Imagine the day when you can order a pizza from Domino’s via a tweet or the Apple Watch, or the day you can just walk into Starbucks and add the song playing in the store to your Spotify.
 
イメージして欲しいのは、Twitter や Apple Watch からドミノ・ピザを注文する日がくることだ。さもなければ、スターバックスでコヒーを飲みながら、店内で提供されるサービスから、あなたの Spotify へミュージックを加えるような状況だ。
 
al-campa-tiatokyo2016App Annie’s Al Campa delivers a presentation during TIA Tokyo 2016. Photo credit: Tech in Asia / Michael Holmes.
 
That day may be coming sooner than later as brands worldwide aggressively adopt mobile apps to engage their customers, said Al Campa, chief marketing officer of App Annie, during a presentation at Tech in Asia Tokyo 2016.
 
そのような日常は、世界的なブランドが顧客を繋ぎ留めるものであり、積極的にモバイル・アプリを採用する以前に、意外と早くやってくるだろう。App Annie の CMO である Al Campa が、Tech in Asia Tokyo 2016 のプレゼンテーションで、そのような内容を語っていた。
 
In 2015, worldwide app downloads stood at 112 billion, with Asia accounting for around 50 percent of the tally, according to App Annie data revealed by Al. This year, the intelligence platform forecasts downloads to go up to 149 billion, and Asia will make up 81 billion – or more than half of that.
 
App Annie が集計した2015年のデータによると、グローバルでのアプリのダウンロード数は1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているという。そして、今年は、このインテリジェントなプラットフォームにおける、ダウンロード数の予測は 1490億に届くが、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになる。
 
The figures are projected to go even higher by 2020 – downloads by then will total 288 billion and Asia’s share will be 165 billion or almost 60 percent.
 
このチャートを見ると、アプリのダウンロード数は 2020年まで伸び続け、2880億に達すると予測されるが、その 60% にあたる 1650億が、アジアのマーケット規模となる。
 
 
app-annie-mobile-app-predictionClick to Large >>>
Source: App Annie
 
Yet downloads “are just the beginning,” noted Al. “If you want to monetize, you have to have good usage, you have to have good engagement with your customers, and retention.”
 
Al Campa は、「ダウンロードはビジネスの始まりに過ぎない。マネタイズが望みならば、ユーザー数を増やし、良好なエンゲージメントを、ユーザーとの間に築かなければならない」と指摘する。
 
App Annie, which started in Beijing, provides rich data and insights on apps to help companies make the right business decisions. It has worked with 94 of the top 100 app publishers and more than 700,000 app professionals globally.
 
北京で設立された App Annie は、ビジネスにおける適切な意思決定を支援するために、アプリに関する洞察と、大量のデータを提供している。同社は、グローバルにおける Top-100 アプリ・パブリッシャーや、70万人以上のアプリ・プロフェッショナルと協力してきた。
 
Al said apps are eating more and more of people’s time. “If you look at how much time we’ve spent on apps over the last two years, it’s grown over a 100 percent. This is because of the explosion in the number of devices and recent growths have come from India, Indonesia, and Vietnam.”
 
「アプリは、膨大な時間を人々に消費させる。それは、私たちも同じであり、それに費やす時間は、この 2年間で二倍になっている。背景にあるのは、爆発的に増えたデバイスの種類と、India/Indonesia/Vietnam などの急成長するマーケットだ」と述べている。
 
He said for every hour last year that people spent on their mobile devices, 51 minutes were spent in apps. That means people are spending less time in the mobile web. In the second quarter of this year, that number rose to 53 minutes of every hour, and it continues to increase, Al shared.
 
昨年の統計によると、モバイル・デバイスに費す、一人あたりの平均時間は 1時間だったが、そのうちの 51分がアプリで消費されている。つまり、モバイル・ブラウザに費やされる時間が、想像するより少ないことが分かってきた。そして、今年の Q2 には、モバイル・アプリでの消費時間は 53分に上昇し、その後も増加し続けている、と彼は述べている。
 
Subsequently, people are doing a lot more things on their devices rather than just play games. “Time spent in communication apps has grown by over 100 percent. Time spent in social apps, by 120 percent, and time spent in media and video apps has grown by over 200 percent.” “We also see apps evolving into new use areas,” he added.
 
人々がモバイル・デバイス上で行うことが、継続的に増えてきているが、単にゲームで遊ぶような用途を意味しているわけではない。コミュニケーション・アプリに費やされる時間は 100% 増であり、また、ソーシャル・アプリは 120% 増、そして、メディアやビデオのアプリは 200% 以上で成長している。しかし、新しいエリアにも、モバイル・アプリは展開され始めていると、Al Campa は述べている。
 
Companies initially used apps for sales and marketing, telling you about different products and services, but they’ve now moved to other verticals such as ticket buying, media streaming, and support services.
 
ユーザー企業は、セールスやマーケティングから、モバイル・アプリを使い始めたが、これまでとはことなるプロダクツやサービスにも、その範囲を広げ始めている。そして、いまでは、チケットの販売や、メディア・ストリーミング、サポート・サービスといった、基幹ビジネスでのモバイル・アプリの採用が始まっているのだ。
 
Banking is one really interesting area, according to Al. In Europe, for example, the number of sessions in the top 10 banking apps has grown dramatically.
 
Al Campa によると、とても興味深い領域としてバンキングがあるようだ。たとえば、ヨーロッパでは、Top-10 の銀行において、処理数が飛躍的に成長している。
 
“What’s going on here is that banks have realized banking through mobile device is popular among people under the age of 25. If they can convince people to use mobile phones to bank, it means they need less ATMs, less branches, and less workers – which means huge cost savings for these banks,” he explained.
 
彼は、「この領域で注目すべきは、モバイル・デバイスによるバンキングが推進され、25歳未満の人々の間で人気を博しているという現実である。つまり、一般消費者が、納得してモバイル・デバイスを使うようになれば、ATM の台数や店舗数が削減され、また、従業員も削減されることになる。そして、それらの銀行は、大幅なコスト削減を達成することになる」と述べている。
 
That’s not all. Banks are also facing rising competition from fintech startups – many of which are mobile-only. These startups are trying to disrupt banking services so the incumbents are playing catch-up.
 
しかし、それだけが全てというわけではない。すべてをモバイル・オンリーで攻めてくる、フィンテック・スタートアップたちとの競争に、それらの銀行は直面しているのだ。こうしたスタートアップが、バンキング・サービスに挑戦してくるため、既存勢力も対抗せざるを得ないのだ。
 
Apart from banking, other sectors that have seen dramatic growth in app usage are fast-food restaurants and retail, Al said.
 
バンキングはさておき、モバイル・アプリの使用状況において、劇的な成長を目の当たりにしてきた業界として、ファースト・フード・レストランやリテールがあると、彼は付け加えている。
 
ーーーーー
On Mondayタイトルには、2020年の 2800億という数字が踊っていますが、文中にもあるように、すでに 2015年の時点で、グローバルでのアプリのダウンロード数は 1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているようです。そして、今年のダウンロード数は 1490億に届き、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになると予測されています。このアプリのダウンロード数は、モバイルの浸透度を測る重要な数値であり、何年も前から言われてきた、アジア市場の爆発的な成長が、本物であることが証明されていますね。頑張れアジアです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート
なぜ Google Fiber は期待されるのか? 各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!
Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 17, 2016
The cost of mobile data in Southeast Asia (INFOGRAPHIC)
Nadine Freischlad – Dec 30, 2015
https://www.techinasia.com/cost-mobile-data-southeast-asia-infographic
 
_ tech in asia
 
Smartphones are getting cheaper by the day – but they’re not much more than dumb bricks unless we incessantly feed them with data packages. This can become expensive.
 
スマートフォン自体は、日を追うごとに安価になってきているが、それらを大量のデータ・パッケージで使い倒すことができない限り、単なる石版以上のものにはならない。そして、その通信料は、高価になり得るものなのだ。
 
Across Southeast Asia, the cost of mobile data varies widely, as do the packet sizes and deals offered by respective carriers.
 
そして、Southeast Asia 全体を眺めてみると、各国のキャリアたちが提供するパケットの、サイズと対価が多様化するにつれて、モバイル・データにおけるコストも大きく異なってきている。
 
How affordable is 1 GB of data?
 
cost of mobile dataClick to Infographic >>> 
 
For this infographic, Tech in Asia compiled data from all Southeast Asian countries and calculated the typical price of 1GB (in US$) for each. We also looked up the minimum wage for each country.
 
このインフォグラフィックは、Southeast Asian 諸国のデータを、Tech in Asia が編纂したものである。そして、1GB のデータを送受信する際の、一般的なコストも US$ で算出している。 さらに言うなら、それぞれの国々における最低賃金との比較にも注目している。
 
 (Brunei, Cambodia, and Singapore are exceptions because they don’t have an official minimum wage. In these countries, we picked the typical wage of a low-income worker, such as in the garment or tourism industry).
 
(Brunei/Cambodia/Singapore に関しては、公的な最低賃金が定められていないため、独自の方式で算出してみた。 具体的に言うと、衣服や観光といった産業における、低所得者層の一般的な賃金を選んでいる)
 
Based on this, we calculated the estimated hours a worker has to put in to afford 1GB of data in their country. In some, it’s quite affordable. In others, not so.  There are a few surprises.
 
私たちは、こうした情報をベースに、それぞれの国において 1GB のデータを利用する際に必要となる、対価を得るための労働時間を計算した。いくつかの国々では、きわめて安価なものとなるが、そうならない国々が多々ある。 それは、驚くべきものでもある。
 
References: all data plan cost info comes from prepaid-data-sim-card.wikia.com, except Timor Leste, which is from Telcomcel.
 
ーーーーー
GDP PPPasia-pacific 2とても興味深いインフォグラフィックです。 念のために、計算の方式を説明しておきますと、それぞれの国における、1GBの料金と最低賃金を米ドルで示し、割り算することで、1GB を得るために必要な労働時間を算出する方式となっています。 つまり、それぞれの国の物価を前提にして、1GB の価値を算出しているインフィックなのです(例:マレーシアの場合には、1GB を得るために 3時間45分の労働が必要)。 まず、驚いたのが、ブルネイの裕福さです。誰もが、シンガポールが1位と予測するでしょうが、産油国の経済は、ほんと桁違いなのですね。また、まったくと言って良いほど、情報が入ってこないラオスが、中位につけているのも驚きでした。そして、東南アジア全体を眺めてみると、その中に、かなりの経済格差があるのだと、認識を新たにします。 このような、購買力平価的な視点で分析してもらえると、これまでは見えなかったものが見えてきます。とても素晴らしい調査だと思います! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタの中心に Tier III の拠点を確保!

Posted in .Chronicle, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on October 22, 2015
NTT Com completes acquisition of Indonesia’s Cyber CSF
October 20, 2015
http://www.telecomasia.net/content/ntt-com-completes-acquisition-indonesias-cyber-csf
 
_ Telecom-Asia
 
NTT Com said it has completed the acquisition of PT. Cyber CSF, the largest data center service provider in Indonesia. NTT Com has renamed the company “PT. NTT Indonesia Nexcenter” after completing the acquisition on October 6.
 
NTT Com が、Indonesia 最大のデータセンター・サービス・プロバイダである、PT. Cyber CSF の買収を完了したと発表した。そして、NTT COm は、10月6日の買収完了を受けて、同データセンターを PT. NTT Indonesia Nexcenter と改名している。

Jakarta
Wikipedia
 
The acquisition, announced in July, has enabled NTT Com to acquire 7,700 square meters of server rooms in a Tier III compliant data center located in the heart of Jakarta.
 
この、7月に発表されていた買収により NTT Com は、Jakarta の中心部に位置する Tier III 準拠したデータセンター内に、7700平方メートルのサーバールームを取得することになる。
 
NTT Indonesia Nexcenter leverages its own data center and NTT Com’s global network, security services and cloud services to serve major local and multinational customers operating in Indonesia.
 
そして、NTT Indonesia Nexcenter は、自身のデータセンターおよび、NTT Com のグローバル・ネットワーク/セキュリティ・サービス/クラウド・サービスを活用することで、Indonesia で活動する主要な国内企業および多国籍企業で構成される、ユーザー企業に対して新たなサービスを提供していく。
 
NTT Com’s data centers service Nexcenter offers globally standardized service in over 140 locations worldwide. Moving forward, NTT Com will further enhance its global seamless ICT solutions as it continues to increase its data center business across the globe, the Japanese telco said in the statement.
 
なお、Nexcenter が提供する NTT Com のデータセンター・サービスは、世界の 140ヶ所以上で利用されている、グローバル・スタンダード・サービスとなる。NTT Com が推進する、グローバル・データセンター・ビジネスが広まるにつれて、グローバルでシームレスな ICT ソリューションが強化されていくと、この Japan のテレコムは発言している。
 
ーーーーー
datacenter_55いまのアジアでは、この NTT Com の他にも、Equinix や Digital Reality などが積極的に勢力を拡大しています。 その一方では、SingTel や PLDT といったテレコム勢がデータセンターを拡張しているようですし、Aliyun と Huawei といった中国勢と、Flipkart に代表されるインド勢も活発に動いています。 インターネット人口を、グローバルとアジアで比較してみれば、まだまだデータセンターが必要というところなのでしょう。その意味で、こうした統合により、各国に点在するデータセンターを連携させ、その運用効率を高めていくという展開が、当面は続きそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近する欧州と中国
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタの中心に Tier III の拠点を確保!

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/12月

Posted in Research, Stat Counter by Agile Cat on January 2, 2015

アジアでは、そろそろ Android と Windows 7 が逆転しそう ・・・  
http://wp.me/pwo1E-89C
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 11月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7:Platform の順となります。

ーーーーー

今月は、アジアを見ていきたいと思います。 このリージョンですが、最近の eMarketer レポートを見ると、2015年末の時点でのインターネット人口として、中国:6.7億人、インド:2.5億人、日本:1億人、インドネシア:0.9億人といった国々を抱える、世界を圧倒する存在であることが分かります。 アジア以外でインターネット人口が大きいのは、アメリカ:2.6億人、ブラジル:1.1億人、ロシア:0.9億人などですから、世界に占めるアジアのポジションが、どれだけの規模なのか、容易に理解できてしまいます。

そして、ついに、このアジアで、Android が Windows 7 を捉えようとしているのです。 この勢いで進めば、2月〜4月ころには、この大逆転劇を見ることになりそうです。モバイル全盛の時代とはいえ、中国と日本には、かなりの数の PC ユーザーがいます。 しかし、インドとインドネシアにおいては、大半のユーザーがモバイルでインターネットに接続している状況であり、それが Android を押し上げている要因になっているはずです。人々の生活は、まだまだ豊かとは言えませんが、たとえばインドでは、Micromax などの国産ブランドが台頭し、安価で高性能なデバイスを、続々と市場に送り出しているようです。

また、プラットフォーム比較においても、あと半年くらいで、PC と モバイルが逆転しそうな気配です。PC が世界に広まっていった 1990年代と、モバイルの成長が著しい 2010年代の一番の違いは、アジアに代表される途上国での、経済成長との同期の有無にあるのかもしれませんね。 もちろん、手軽で安価で場所を選ばないモバイル・デバイスがあってのことですが、それが途上国の経済成長を加速させ、その勢いがモバイルのテクノロジーとネットワークを磨き上げていくという、すばらしい好循環が実現されているように思えます__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

[3 Operating System 世界]を見ると、なんとなくアジアの動きと似ているように思えますよね。 それは、アジアの市場規模が、世界を引っ張っていることの証明なのでしょう。 また、南米のインターネット大国であるブラジルにおいても、Android が圧倒的な強さを見せています。 だからと言って、そのすべてが Google の利益につながらないのが、オープンソースである Android の面白いところなのです。   __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/6月 
 

Comments Off on 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/12月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/11月

Posted in Research, Stat Counter by Agile Cat on December 6, 2014

Stat Counter で見た、2014年 11月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-84Z
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 10月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7:Platform の順となります。

ーーーーー

今月は、アメリカを見ていきたいと思います。 まず、ブラウザですが、ちょうど1年前に Chrome がトップに立っていますので、グローバルと比較すると、IE が頑張っている国であることが分かります。 そして、11月は少し下げていますが、iPhone のトラフィックが多いですね。 Android はジワジワと下げていますが、その分を Chrome が吸収しているのかもしれません。 Safari に関しては、デスクトップだけで見ると、このチャートよりも下がるので、それなりの iPad トラフィックが加算されているのだと推測できます。

もう1つのチャートを見ると、iOS のトラフィックが 20% もあるので、iPad が好調という裏付けになるでしょう。 また、ここでも Windows 7 が強いですが、Windows 8.1 も伸びてきています。 Android が伸びているので、誰が Windows 7 を捉えるのかとなると、なかなか予想が難しいですね。 Windows XP に関しては、約 4% というレベルまで落ちてきています。この数字ですが、日本では 3% くらいまで下がりましたが、たとえば中国では、依然として 26% も Windows XP が残っているため、グローバルで見ると 7% 以上というレベルに留まります。__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

 そして、日本ですが、検索で Yahoo が大健闘です。ちょっと開きかけた差を、7月から連続して削りとっています。 中国における Baidu の圧倒的な強さは、政治的な背景に支えられたものなので、ちょっと特殊かもしれませんが、ロシアの Yandex と並んで日本の Yahoo も、Google と互角に戦っているという感じです。 これから先が、とても楽しみですね。   __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/6月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/5月

 

Comments Off on 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/11月

Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Mobile, Post-PC, Xiaomi by Agile Cat on December 5, 2014

Xiaomi Moves Overseas Mobile Phone Data Away From Chinese Servers
http://wp.me/pwo1E-84C

October 28, 2014
http://www.chinatechnews.com/2014/10/28/21076-xiaomi-moves-overseas-mobile-phone-data-away-from-chinese-servers

_ China Tech News

Hugo Barra, global vice president of Xiaomi, recently issued a statement that claims Xiaomi is moving its international user data from servers in Beijing to U.S. and Singapore.

Xiaomi の Global VP dearu Huge Barra が、同社のインターナショナル・ユーザー・データを、Beijing のサーバーから U.S. および Singapore に移行しているという、ステートメントを発表した。

This is reportedly a response to previous incidents which exposed that Xiaomi smartphones automatically returned global user data to Beijing servers. Chinese telecommunications regulations require Chinese companies to store domestic data on local Chinese servers.

それは、Beijin のサーバーへ向けて、自動的に Xiaomi スマホから送信されていた、グローバル・ユーザー・データの漏洩という、最近の出来事への対応だと伝えられている。China における電気通信法では、同国内のユーザー・データに関しては、China のローカル・サーバーにストアすべきと規制されている。

Is this move by Barra enough to quell security and privacy concerns that a Chinese mobile phone company may be in cahoots with the Chinese government for harvesting global user data?

この Barra のアクションにより、グローバルにおけるユーザー・データを刈り取るために、China の政府とスマホ・メーカーが共謀しているという、セキュリティとプライバシーの懸念は、鎮静化されるのだろうか?

According to Barra the international user data migration aims to improve experience of users all over the world, cut down latency and reduce failure rates. At the same time, it will help the company maintain high privacy standards and comply with local data protection regulations.

Barra の説明によると、今回のインターナショナル・ユーザー·データの移行は、グローバルにおけるユーザー・エクスペリエンスの向上および、レイテンシの低減、障害の回避を目指すものとなる。しかし、それと同時に、高度なプライバシー基準の維持と、それぞれの国々におけるデータ保護規制の遵守にも寄与するはずだ。

Based on Xiaomi’s plans, the company will first migrate their global e-commerce platforms and user data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in California, U.S. and Singapore, which is expected to be completed at the end of October 2014. It will benefit users in all international markets, including Hong Kong, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, and Taiwan.

Xiaomi は、今回の計画に基づき、グローバルなコマース・プラットフォームとインターナショナル・ユーザー・データから、全面的な移行を開始する。それは、Beijing のデータセンターから、California, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ向けたものであり、2014年10月末までに完了すると予測されている。 その結果として、Hong Kong/India/Indonesia/Malaysia/Philippines/Singapore/Taiwan などを含む、すべてのインターナショナル・マーケットのユーザーにメリットがもたらされる。

For the second step, Xiaomi will migrate their MIUI services and corresponding data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in Oregon, U.S. and Singapore, realizing the migration of Mi account, cloud messaging and Mi cloud services. The migration is expected to be completed at the end of 2014.

次のステップで Xiaomi は、すべてのインターナショナル・ユーザーのための、MIUI サービス(カスタム ROM?)と、それに対応するデータを、Beijing のデータセンターから、Oregon, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ移行する。それにより、Mi Account/Cloud Messaging/Mi Cloud Service の移行が達成される。それらは、2014年末までに完了するという。

Finally, Xiaomi plans to improve user experience in emerging markets such as India and Brazil in 2015. Due to the lack of Amazon AWS services in those markets, Xiaomi will cooperate with local data center providers.

最後になるが、Xiaomi が意図しているのは、2015年に急成長が期待される India や Barazil での、ユーザー・エクスペリエンスの向上である。 ただし、それらの国々では、Amazon AWS のデータセンターが欠落しているため、Xiaomi 自身がローカルのデータセンター・プロバイダと協調していくことになるだろう。

ーーーーー

とても興味深い展開ですね。これまで、すべてを呑み込んできた中国市場から、今度は外へと飛び出す企業が出てきたわけです。 この背景には、いわゆるバック・ドア問題が有ったわけですが、Xiaomi としては潔白を証明したいのでしょうし、北京政府としても同社のグローバル化を妨げることが、中国のためにならないと判断しているのでしょう。 GOOD ですね!

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Apple と China Telecom :中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

 

Comments Off on Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月

Posted in Research, Stat Counter by Agile Cat on November 19, 2014

Stat Counter で見た、2014年 10月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-829
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 9月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

ーーーーー

今月は、インドネシアのインターネット・トラフィックについて調べてみました。まず、インドネシアの状況ですが、2013年8月 BizCinpass の「巨大市場・インドネシアの現在とITの課題を知ろう」という記事によると・・・

中国、インド、米国に次いで、世界第4位となる、およそ2億4,230万人の人口を誇るインドネシア。大半がマレー系の民族で27種族に大別され、人口の87%がイスラム教信者であり、世界最大のイスラム教人口を有する国である。天然資源に恵まれ、原油、天然ガスを始め、スズ、ニッケルなどの鉱物資源や石炭、パームオイルも豊富であり、各国からプラントでの進出企業も多い。首都ジャカルタは、人口1,020万人と推計される、経済の本拠地。日本企業もジャカルタ近郊に、製造業を中心に約1,300社進出している。この背景には、ジャカルタの経済状況の良さが挙げられる。JETRO(日本貿易振興機構)によると、インドネシアの実質GDP成長率は2012年IMF予測で6.3%、ひとりあたりのGDP額は3,509USDと上昇を続けている。

・・・ という状況のようです。 そして、固定電話加入者は 3700万人(16%)で、BB 契約者は 190万人(0.8%)とのことですが、それが携帯加入者数となると、総人口の 92%に達する 2億2000万人という、モバイル大国であることが見えてきます。だだし、その大半は、いわゆるヒューチャー・フォンであり、これからスマホが普及していく段階にあったのだと推測しています。

そして 2014年10月の、インドネシアにおける OS ごとのトラフィック占有率となると、このチャートが示すように、約1年の間に Android が 10% ほど伸びています。その他のアジアの途上国と同様に、Xiaomi などの中国勢の進出が顕著であり、そろそろ Windows 7 を捉えようという凄まじい勢いです。 2億人を超える人々が生み出す内需の力は強く、また、年齢の分布も若年層に厚いという、理想的なかたちのようですから、これからのアジアの経済を牽引していく国に成長するはずです。__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

 そして、日本と世界のトラフィック比較ですが、iPhone が大きくシェアを伸ばしている日本と、普段の月と同様に、Android が着実にシェアを伸ばしている世界という、この両者間の対比が鮮やかです。日本ほどではなくても、おそらく北米でも、iPhone がシェアを伸ばしていると推測されますが、それを誤差として呑み込んでしまうアジア市場の規模に驚かされます。 今年の12月末には、Android の MAU が 11億を超えるという予測もあるようです。 そのうちの半分が、今年の新規ユーザーだとすると、1000万台/週というペースで、新しい Android デバイスがアクティベーションされているという計算になります。なんというか、只々 驚くばかりです。  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/6月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/5月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月

 

Comments Off on 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月

%d bloggers like this: