Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 30, 2016
App Annie predicts worldwide app downloads to hit over 280 billion by 2020
Judith Balea – Sep 8, 2016
https://www.techinasia.com/app-annie-predicts-worldwide-app-downloads-hit-280-billion-2020
 
_ tech in asia
 
Imagine the day when you can order a pizza from Domino’s via a tweet or the Apple Watch, or the day you can just walk into Starbucks and add the song playing in the store to your Spotify.
 
イメージして欲しいのは、Twitter や Apple Watch からドミノ・ピザを注文する日がくることだ。さもなければ、スターバックスでコヒーを飲みながら、店内で提供されるサービスから、あなたの Spotify へミュージックを加えるような状況だ。
 
al-campa-tiatokyo2016App Annie’s Al Campa delivers a presentation during TIA Tokyo 2016. Photo credit: Tech in Asia / Michael Holmes.
 
That day may be coming sooner than later as brands worldwide aggressively adopt mobile apps to engage their customers, said Al Campa, chief marketing officer of App Annie, during a presentation at Tech in Asia Tokyo 2016.
 
そのような日常は、世界的なブランドが顧客を繋ぎ留めるものであり、積極的にモバイル・アプリを採用する以前に、意外と早くやってくるだろう。App Annie の CMO である Al Campa が、Tech in Asia Tokyo 2016 のプレゼンテーションで、そのような内容を語っていた。
 
In 2015, worldwide app downloads stood at 112 billion, with Asia accounting for around 50 percent of the tally, according to App Annie data revealed by Al. This year, the intelligence platform forecasts downloads to go up to 149 billion, and Asia will make up 81 billion – or more than half of that.
 
App Annie が集計した2015年のデータによると、グローバルでのアプリのダウンロード数は1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているという。そして、今年は、このインテリジェントなプラットフォームにおける、ダウンロード数の予測は 1490億に届くが、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになる。
 
The figures are projected to go even higher by 2020 – downloads by then will total 288 billion and Asia’s share will be 165 billion or almost 60 percent.
 
このチャートを見ると、アプリのダウンロード数は 2020年まで伸び続け、2880億に達すると予測されるが、その 60% にあたる 1650億が、アジアのマーケット規模となる。
 
 
app-annie-mobile-app-predictionClick to Large >>>
Source: App Annie
 
Yet downloads “are just the beginning,” noted Al. “If you want to monetize, you have to have good usage, you have to have good engagement with your customers, and retention.”
 
Al Campa は、「ダウンロードはビジネスの始まりに過ぎない。マネタイズが望みならば、ユーザー数を増やし、良好なエンゲージメントを、ユーザーとの間に築かなければならない」と指摘する。
 
App Annie, which started in Beijing, provides rich data and insights on apps to help companies make the right business decisions. It has worked with 94 of the top 100 app publishers and more than 700,000 app professionals globally.
 
北京で設立された App Annie は、ビジネスにおける適切な意思決定を支援するために、アプリに関する洞察と、大量のデータを提供している。同社は、グローバルにおける Top-100 アプリ・パブリッシャーや、70万人以上のアプリ・プロフェッショナルと協力してきた。
 
Al said apps are eating more and more of people’s time. “If you look at how much time we’ve spent on apps over the last two years, it’s grown over a 100 percent. This is because of the explosion in the number of devices and recent growths have come from India, Indonesia, and Vietnam.”
 
「アプリは、膨大な時間を人々に消費させる。それは、私たちも同じであり、それに費やす時間は、この 2年間で二倍になっている。背景にあるのは、爆発的に増えたデバイスの種類と、India/Indonesia/Vietnam などの急成長するマーケットだ」と述べている。
 
He said for every hour last year that people spent on their mobile devices, 51 minutes were spent in apps. That means people are spending less time in the mobile web. In the second quarter of this year, that number rose to 53 minutes of every hour, and it continues to increase, Al shared.
 
昨年の統計によると、モバイル・デバイスに費す、一人あたりの平均時間は 1時間だったが、そのうちの 51分がアプリで消費されている。つまり、モバイル・ブラウザに費やされる時間が、想像するより少ないことが分かってきた。そして、今年の Q2 には、モバイル・アプリでの消費時間は 53分に上昇し、その後も増加し続けている、と彼は述べている。
 
Subsequently, people are doing a lot more things on their devices rather than just play games. “Time spent in communication apps has grown by over 100 percent. Time spent in social apps, by 120 percent, and time spent in media and video apps has grown by over 200 percent.” “We also see apps evolving into new use areas,” he added.
 
人々がモバイル・デバイス上で行うことが、継続的に増えてきているが、単にゲームで遊ぶような用途を意味しているわけではない。コミュニケーション・アプリに費やされる時間は 100% 増であり、また、ソーシャル・アプリは 120% 増、そして、メディアやビデオのアプリは 200% 以上で成長している。しかし、新しいエリアにも、モバイル・アプリは展開され始めていると、Al Campa は述べている。
 
Companies initially used apps for sales and marketing, telling you about different products and services, but they’ve now moved to other verticals such as ticket buying, media streaming, and support services.
 
ユーザー企業は、セールスやマーケティングから、モバイル・アプリを使い始めたが、これまでとはことなるプロダクツやサービスにも、その範囲を広げ始めている。そして、いまでは、チケットの販売や、メディア・ストリーミング、サポート・サービスといった、基幹ビジネスでのモバイル・アプリの採用が始まっているのだ。
 
Banking is one really interesting area, according to Al. In Europe, for example, the number of sessions in the top 10 banking apps has grown dramatically.
 
Al Campa によると、とても興味深い領域としてバンキングがあるようだ。たとえば、ヨーロッパでは、Top-10 の銀行において、処理数が飛躍的に成長している。
 
“What’s going on here is that banks have realized banking through mobile device is popular among people under the age of 25. If they can convince people to use mobile phones to bank, it means they need less ATMs, less branches, and less workers – which means huge cost savings for these banks,” he explained.
 
彼は、「この領域で注目すべきは、モバイル・デバイスによるバンキングが推進され、25歳未満の人々の間で人気を博しているという現実である。つまり、一般消費者が、納得してモバイル・デバイスを使うようになれば、ATM の台数や店舗数が削減され、また、従業員も削減されることになる。そして、それらの銀行は、大幅なコスト削減を達成することになる」と述べている。
 
That’s not all. Banks are also facing rising competition from fintech startups – many of which are mobile-only. These startups are trying to disrupt banking services so the incumbents are playing catch-up.
 
しかし、それだけが全てというわけではない。すべてをモバイル・オンリーで攻めてくる、フィンテック・スタートアップたちとの競争に、それらの銀行は直面しているのだ。こうしたスタートアップが、バンキング・サービスに挑戦してくるため、既存勢力も対抗せざるを得ないのだ。
 
Apart from banking, other sectors that have seen dramatic growth in app usage are fast-food restaurants and retail, Al said.
 
バンキングはさておき、モバイル・アプリの使用状況において、劇的な成長を目の当たりにしてきた業界として、ファースト・フード・レストランやリテールがあると、彼は付け加えている。
 
ーーーーー
On Mondayタイトルには、2020年の 2800億という数字が踊っていますが、文中にもあるように、すでに 2015年の時点で、グローバルでのアプリのダウンロード数は 1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているようです。そして、今年のダウンロード数は 1490億に届き、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになると予測されています。このアプリのダウンロード数は、モバイルの浸透度を測る重要な数値であり、何年も前から言われてきた、アジア市場の爆発的な成長が、本物であることが証明されていますね。頑張れアジアです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート
なぜ Google Fiber は期待されるのか? 各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!
Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Microsoft, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on May 14, 2016
Micromax launches Canvas Lapbook L1160 laptop at Rs 10,499
TOI Tech – May 4, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/more-gadgets/Micromax-launches-Canvas-Lapbook-L1160-laptop-at-Rs-10499/articleshow/52110483.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Indian consumer electronics company Micromax has added yet another entry-level laptop to its Lapbook series with the launch of the Canvas Lapbook L1160. Made in association with Microsoft and Intel, the L1160 is priced at Rs 10,499. The laptop will be available exclusively on Amazon India starting May 4.
 
India の家電メーカーである Micromax が、Canvas Lapbook L1160 というラップトップ PC を立ち上げ、このマーケットにも参入してきた。Microsoft および Intel との提携により、この L1160 には Rs 10,499 (US$157) という価格が設定され、5月4日から Amazon India で独占的に販売される。
 
micromax_canvas_lapbook_l1160Micromax Canvas LapBook L1160 has an 11.6-inch non-detachable display with 1366×768 pixels resolution, The device runs on Windows 10 operating system and is powered by an Intel Atom Quad-core processor clocked at 1.83GHz.
 
Micromax Canvas LapBook L1160 には、脱着型のディスプレイとして、1366×768 Pixel の 11.6-inch のスクリーンが提供される。また、このデバイスでは、Windows 10 オペレーティング・システムおよび、1.83GHz の Intel Atom Quad-Core プロセッサが搭載される。
 
The laptop comes with 2GB of RAM and 32GB eMMC flash storage which can be further expanded up to 64GB using a microSD card. On connectivity front, there are two USB 2.0 ports, one HDMI port, one Ethernet port, along with Wi-Fi and Bluetooth radios. The L1160 weighs 1.13kg and is backed by a 4,100 mAh battery.
 
また、このラップトップには、2GB の RAM と 32 GB の EMMC フラッシュ・ストレージが実装されるが、microSD カードにより 64 GB まので拡張が可能となっている。
 
接続性に関しては、2つの USB 2.0 ポート、HDMI ポート、Ethernet ポートが提供され、また、Wi-Fi と Bluetooth にも対応している。そして L1160 の重量は 1.13kg であり、バッテリー容量は 4100 mAh となる。
 
Recently, the company also announced a complete overhaul of its market strategy, in order to combat slowed growth in the smartphone sector. Although originally a smartphone brand, the company has slowly expanded its focus to products as diverse as tablets, PCs, LED TVs and laptops.
 
最近の同社は、スマフォ分野の成長が緩やかであることから、そのマーケット戦略の刷新を発表したところだ。元々はスマフォのブランドとして設立された Micromax であるが、最近は Tablet/PC/LED TV/Laptop などにもフォーカスし、多様なプロダクト・ラインへ向けて、ゆっくりとビジネスを拡大している。
 
Micromax is also looking forward to increasing domestic production in order to lessen its reliance on imports, part of its ‘Make in India’ strategy.
 
また、Micromax は、輸入への依存を軽減する、Make in India という国家戦略の一環として、国内生産の増大を目指していくという。
 
ーーーーー
weekendAcer PCなかなか頑張る Micromax ですね。いまの PC が、どのくらいの価格で売られているのかを調べてみたら、最新の Acer Aspire 11.6′ Flagship Cloudbook が、Amazon で $148 とのことでした。ただし、こちらは 2-Core であり、RAM は 2GB で、フラッシュ・ストレージは 16GB です。そう考えると、Micromax の L1160 の方が、わずかながらコストパフォーマンスが良いことになります。おそらく、インド市場をターゲットにしたものであり、グローバル狙いの Acer とは比較にならないのでしょうが、インドのデバイス産業が、あっという間に、ここまで来たことに驚いてしまいます。スマフォは 5,000円で、ノート/タブレットは 10,000円という世界が、この日本でも、そこまで来ている感じがします。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで、なんと $140 なのだ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

ココまで来たぁ〜〜〜! インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on May 7, 2016
India’s cheapest Android phone now costs Rs 888
TOI Tech | Apr 27, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Indias-cheapest-Android-phone-now-costs-Rs-888/articleshow/52010825.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Here’s another attempt at offering the cheapest possible smartphone in India. Jaipur-based Docoss has announced an Android-powered smartphone priced at Rs 888. Called Docoss X1, the smartphone has made a silent entry, unlike Freedom 251’s launch which was a grand affair.
 
India において、最も安価になりえるスマートフォンの試みを紹介する。Jaipur ベース Docoss が、Android を走らせるスマートフォンを、Rs 888 (US$ 13.3) で販売すると発表したのだ。この Docoss X1 と呼ばれるスマートフォンは、大騒ぎとなった Freedom 251 の発表とは異なり、静かに立ち上げられるようだ。
 
Dainik-Bhaskar-Docoss-X1Click to Large >>>
 
The Docoss X1 smartphone promises a 4-inch screen, 1.2GHz dual-core Cortex A7 processor with 1GB and 4GB of internal storage which can be expanded up to 32GB.
 
The company had just setup a website (first uncovered by Phoneradar) and is taking pre-orders for the smartphone with a promised delivery date of May 2 and cash on delivery facility.
 
同社は、Web サイトを立ち上げたところであり(Phoneradar により発見された)、また、5月2日の出荷を前提とした、現金販売による事前注文を受け付けている。
 
The amateurish-looking Docoss’ website asks buyers to book the smartphone via an SMS. Even a real photograph of the phone is missing. On its social media platforms, the company has requested buyers not to make calls on the number given for SMS. There is also very little information about the company on the website.
 
素人っぽく見える Docoss の Web サイトは、このスマフォを SMS 経由で予約するよう要求している。しかし、そこには、このスマフォの写真すら貼られていない。同社のソーシャル・メディア・プラットフォームでは、SMS のあるケータイ番号から、電話をしろと要求している。また、Docoss の Web サイトには、ほんとうに簡単な会社情報が記されているだけだ。
 
It appears Docoss is too secretive about its brand and product as it tries to win the confidence of consumers with cash on delivery payment mode.
 
あまりにも Docoss は、そのブランドとプロダクトについて秘密主義であるが、消費者の信頼を獲得したうえで、現金での支払いを促そうとしている。
 
The Docoss X1 smartphone promises a 4-inch screen, 1.2GHz dual-core Cortex A7 processor with 1GB and 4GB of internal storage which can be expanded up to 32GB. It runs Android KitKat and is powered by a 1,300mAh battery along with a 2MP rear and VGA front camera. It is a dual SIM 3G smartphone.
 
Docoss X1 が約束しているスペックは、4-inch のディスプレイ/1.2GHz Dual-Core Cortex A7 プロセッサ/1GB のメモリ/4GB の内部ストレージ(32GB まで拡張可能)である。Android のバージョンは KitKat であり、1,300mAhのバッテリーおよび、2MP のカメラと VGAのフロント・カメラを搭載している。そして、3G に対応する、Dial SIM のスマフォでもある。
 
For Rs 888, the smartphone seems like a good deal — but is it for real? This is something to be discovered when deliveries actually start.
 
Rs 888 (US$ 13.3) のスマフォは素晴らしいが、これは本当なのだろうか? 実際に、出荷が始まれば、何かが見えてくるだろう。
 
ーーーーー
weekendこれが本当なら、そして Docoss が上手くいくなら、スマフォの新時代が開けていくのでしょう。Xiaomi の Redmi 3 が、8-Core/2GB-16GB で、$115 前後で売られているはずですが、それすらがハイエンド機に思えてしまう、インド・スマフォの破壊的な値付けです。 それと、文中で紹介されている Freedom 251 ですが、Web を見ると予約終了となっています。このところ、あまり話題になっていませんが、この 4ドル・スマフォは大丈夫なのでしょうかね? それにしても、インドの市場は楽しそうで、イイですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという
iPhone SE と 4-inch ファンの関係: 大ヒットの可能性を示す1枚のチャート!
iOS と Android の 占有率は動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
 

Comments Off on ココまで来たぁ〜〜〜! インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Strategy by agilecat.cloud on December 17, 2015
Smartphone market to post single-digit growth first-time ever: IDC
AFP | Dec 4, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Smartphone-market-to-post-single-digit-growth-first-time-ever-IDC/articleshow/50038612.cms
 
_ Times of India
 
WASHINGTON: Global smartphone sales growth will cool to single digits for the first time ever amid a slowdown in China, a new market forecast said on Thursday. The research firm IDC said it expects worldwide smartphone shipments to grow 9.8% in 2015 to a total of 1.43 billion units.
 
WASHINGTON: グローバルにおけるスマートフォンの成長率だが、China の景気減速という流れの中で、初めて一桁台に留まるという、市場予測が明らかにされた。 調査会社である IDC は、グローバルのでスマートフォン出荷台数について、2015年は 14.3億台に達するが、前年比で 9.8% の成長に留まると予測している。
 
New York girls with smartphonesFlickr
Ed Yourdon
 
The research firm IDC said it expects worldwide smartphone shipments to grow 9.8% in 2015 to a total of 1.43 billion units.
 
The forecast was updated to reflect slower growth in many Asian markets, Latin America and western Europe. The cooling is expected to continue through 2019, IDC said. One key market in focus is China, which will be hit by an economic slowdown and is largely saturated.
 
こうした予測は、Asian/Latin America/Western Europe の大半で、成長率が鈍化しているという状況を反映している。この冷え込みは、2019年まで続くと、IDC は予測している。最も注目される China マーケットであるが、景気後退に見舞われ、また、スマホ自体が飽和点に近づいている。
 
“IDC maintains its view that China has largely become a replacement market,” the new forecast report said. The strongest growth will come from the Middle East and Africa, with gains of nearly 50 percent, overtaking other emerging economies such as India and Indonesia.
 
IDC は、この新しいレポートで、「 China マーケットが、買い替えの市場となっている」という見解を示している。これから期待されるのは、Middle East と Africa のマーケットである。 その成長率は、50% ほどに至るとされ、India および Indonesia といった、新興経済国を追い越すことになる。
 
“With the smartphone market finally slowing to single-digit growth, maintaining momentum will depend on several factors,” said IDC analyst Ryan Reith.
 
IDC のアナリストである Ryan Reith は、「スマートフォン市場は、最終的には一桁台の成長率へと鈍化していくが、いくつかの要因より、その勢いは維持される」と述べている。
 
“The main driver has been and will continue to be the success of low-cost smartphones in emerging markets. This, in turn, will depend on capturing value-oriented first-time smartphone buyers as well as replacement buyers.”
 
そして、彼は、「現状におけるメインの推進力は、途上国マーケットでの低コスト・スマホの成功であるが、それは生き続けるだろう。そして、順番に、初めてのスマートフォンから、価格志向のスマートフォンへと、売り手と買い手の関心がシフトしていく」と続けている。
 
In some emerging economies replacement cycles will be less than the typical two-year rate, “mainly because the components that comprise a sub-$100 smartphone simply do not have the ability to survive two years,” Reith said. “Offering products that appeal to both types of buyers at a suitable price point will be crucial to maintaining growth and vendor success.”
 
いくつかの途上国では、そのリプレース・サイクルが、2年という一般的な期間より短くなる。その理由について、「 $100 以下のスマートフォンを構成するコンポーネントは、これからの2年を生き残るために必要な、能力を持ち合わせていないからだ」と Reith は述べている。つまり、現状においては、売り手と買い手の双方にとって、適切な価格のプロダクトを提供していくことが、成長力の維持とベンダーの成功にとって、きわめて重要になるのだろう。
 
IDC said Android is likely to remain dominant this year with a market share of 81.2% while Apple captures 15.8% of the market. It expects Windows Phone to hold just 2.2% of the market and other operating systems 0.8%.
 
IDC の発言によると、今年は Android が 81.2% というシェアを獲得し、依然として支配権を維持しているようだ。その一方で、Apple は 15.8%、Windows Phone は 2.2%、その他が 0.8% のシェアになるという。
 
ーーーーー
tech_sector_growth_in_2015_nresearch_55世界の人口が 70億人+ なのですから、前年対比の成長力も、どこかで鈍化してきます。 2014年10月にポストした、「2015年の デバイス市場:中国の $1.8B に対して、インドは $4.8B の成長だ!」という抄訳では、すでに中国マーケットが飽和点に近づいているという予測が示されていました。 このチャート(クリックで拡大)は家電全般を示していますが、おそらくスマホも、似たような状況にあるのでしょう。そして、先月にポストした「激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!」が示すように、これからの数年は、インドのマーケットが注目を集めていくはずです。 ただし、それらは、デバイスに限った話であり、毎日のように進化し続ける、あらゆるアプリとサービスが、世界の人々に(ほぼ)均等に降り注いでいくところに、このマーケットの躍動を感じています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年: チャートで振り返る!
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める
Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!
米国/欧州/中国の GDP をチャートで比較すると、IT を支える 三極構造が見えてくる!
 

Comments Off on 2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台

Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Research, Social by agilecat.cloud on November 26, 2015
Facebook is officially a mobile-first company
Matt Rosoff – Nov 5, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-mobile-only-users-most-common-2015-11
 
_ Business Insider
 
Facebook has done a better job of capitalizing on the move to mobile than any other major internet company.
 
Facebook は、モバイル移行における投資で、他の大手インターネット企業よりも良い仕事をしている。
 
Facebook Mobile-First
Statista
 
When it went public in May 2012, it had just launched a mobile advertising business. Now, mobile advertising makes up the vast majority of its revenue — 78% in the quarter ended September 30.
 
同社は 2012年5月に株式を公開したが、まさに、そのタイミングで、モバイル・アドの事業を立ち上げている。そして、9月30日に終了した四半期で、モバイル・アドの収益は全体の 78% に達し、同社の大黒柱に成長している。
 
As this chart from Statista shows, the number of mobile-only Facebook users has grown 7x since the beginning of 2012, and last quarter it surpassed the number of mobile-and-desktop users for the first time. A lot of that growth comes from developing countries where people are using their mobile phones as their only computers, and Facebook has done a lot over the last couple years to make sure the site works well over slow mobile connections.
 
この Statista のチャートが示すように、モバイル・オンリーの Facebook ユーザー数は、2012年の初頭と比較して7倍ほどに成長し、また、直近の四半期では、モバイル+デスクトップのユーザー数を、初めて上回ることになった。 この成長を支えるのは、途上国のモバイル・ユーザーであり、そのうちの大半の人々にとって、スマホだけが唯一のコンピュータとなっている。それらの国々は、モバイルの通信速度が遅いという状況にあるが、この数年において Facebook は地道な作業に取り組み、自身のサイトが適切に機能するよう対応してきた。
 
SEE ALSO: Groupon had already lost 80% of its value before Tuesday’s CEO change
 
ーーーーー
facebook昨日の、インドのインターネット人口が4億に届くという話が示すように、真正面から途上国マーケットに取り組んでいくためには、否が応でもモバイル・ファーストになっていきます。 そのような背景が、このチャートには隠されているわけですが、たとえば、そのインドの通信事情というと、まだ 2G の世界ですし、その品質も悪いようです。 昨日も、インドの政府筋が、2G で 24.59%、3G で 16.13% という、Call Drop 率を是正するよう勧告していたようです。 インドについて、さらに言うなら、Facebook が初めてのモバイル・アプリとなる人々に、セキュリティという概念を教える役割まで担っていると思えるのです。そんな努力があって、達成された数字だと評価したいです。 以下の関連リンクも、ぜひ、ご参照ください。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
 

Comments Off on Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!

%d bloggers like this: