Agile Cat — in the cloud

アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

Posted in Asia, Data Center Trends, IoT, Network by agilecat.cloud on June 30, 2016
Are Asia’s data center networks ready for the IoT avalanche?
Karl Horne, CTO Asia Pacific, Ciena – May 4, 2016
http://www.mis-asia.com/blogs/blogs/are-asias-data-center-networks-ready-for-the-iot-avalanche/
 
_ MIS
 
Asia Pacific is set to become the frontline for the Internet of Things (IoT). The number of things connected is expected to grow from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020, according to IDC.
 
Asia Pacific は、Internet of Things (IoT) の最前線に立つはずである。IDC によると、接続されるモノの数は、現在の 31億から、2020年には 86億に増大すると予想される。
 
AsiaImage – Wikipedia
 
Momentum is building fast, thanks to a combination of both enterprise and government investment. For example, a few months ago, Singapore became one of the world’s first cities to join a two-year standardization project by the ITU. The project will scope the diverse needs of smart sustainable cities in areas such as the management of electromagnetic fields, smart water management, climate change mitigation and adaptation, intelligent buildings, open data, cybersecurity and data protection. Private enterprise will be the other major IoT driver in Asia, with the manufacturing, healthcare and logistics sectors expected to be early adopters.
 
企業と政府による投資が順調に進んでいることで、この地域で IoT を構築していく動きは素早い。Singapore を例にすると、ITU による 2年間の標準化プロジェクトに、数カ月前に参加することを決めているが、それは世界をリードする展開でもある。このプロジェクトは、スマートな都市を持続していくためのニーズを、いくつかの領域において明確にしていくものだ。それらは、電磁場や水質の管理から、気候変動の緩和や適応に始まり、インテリジェント・ビル/オープン・データ/サイバー・セキュリティ/データの保護・管理にまで至る。その一方で、Asia の IoT を推進するのは民間企業であり、製造/医療/物流などの分野が、アーリー・アダプターになると期待されている。
 
The data center network can make or break an IoT deployment
 
It is recognized that IoT will generate huge amounts of data, whose storage, analysis and transport will have a significant impact on its success. On the surface, it appears that steps are already being taken with numerous new data centers being built across Asia. However, the power of a data center is dependent on the network that interconnects it with other data centers as well as end devices. Sufficient levels of bandwidth must be made available to send data from the “thing” to the data center, as well as between distributed data centers due to distributed computing and storage architectures, to accomplish meaningful analysis.
 
IoT は大量のデータを生成するため、その保存/分析/転送の実現方式に、大きな影響を与えると認識されている。表面上は、Asia に構築されている新しいデータセンター群を用いて、その運用が始まっているかのように見える。しかし、データセンターのパワーが依存するのは、他のデータセンターおよびエンド・デバイスと相互接続するネットワークである。モノからデータセンターへ向けて、データを送信するためは、十分な帯域幅が必要となる。それと同様に、分散されたコンピューティング/ストレージのアーキテクチャで構成される、分散されたデータセンター間で、意味のある分析を達成しなければならない。
 
Asia’s data centers need the right interconnectivity to cope with these growing workloads but they are far from ready. In fact, a recent Ciena-IDC survey revealed that in Singapore and Korea, which have the fastest data centers in the region, only 40% of data centers had network connections faster than the minimum IoT requirements of 1Gbps, while in Thailand and China the figure is one in three.
 
Asia のデータセンター群は、成長していくワークロードに対応するために、適切な相互接続性を必要とするが、その準備が整っているとは言えない。最近の Ciena-IDC の調査では、Asia において最速のデータセンターを持っているのは、Singapore と Korea であることが明らかになった。しかし、IoT の最低要件となる 1Gbps のネットワーク接続を持っている Asia のデータセンターは 40% に過ぎず、Thailand と China にいたっては、1/3 程度となっている。
 
Life or death applications need high-speed, low-latency data center interconnect
 
For IoT applications like automated driving and logistics, huge amounts of sensor data are constantly being sent, received and analyzed by systems in the vehicle and data center. Once driverless cars become practical – which could be as soon as 2020 -data center networks will need to transmit in near real-time to manage traffic flow and prevent collisions. Advances in coherent optics have paved the way to successfully transmit data at rates of 100G and much higher, over almost any distance, dramatically improving data center network performance.
 
自動運転や物流などの IoT アプリケーションでは、膨大な量のセンサデーターが送信され、それを受信するデータセンターからは、分析済のデータが返信されていく。2020年と予測される自律走行車が実用化されると、交通の流れを管理し、衝突を防止するために、データセンター・ネットワークの送受信は、ほぼリアルタイムというレベルが要求される。コヒレント光学系の進歩は、ほぼすべての伝送路で 100G 以上のデータ転送レートを確立し、データセンター・ネットワークの性能を、劇的に向上させることに成功している。
 
Healthcare, another important driver for IoT in Asia, has similarly mission-critical network needs. A patient whose vital signs are being constantly monitored by remote hospital staff could end up in a life-threatening situation if information cannot travel across the network in a reliable and timely manner. Situations like this show why highly reliable and low-latency networks optimized for IoT traffic will be necessary to interconnect Asia’s data centers.
 
Asia の IoT において、もう一つの重要な推進力はヘルスケアであるが、こちらの場合も、ネットワークに対する、ミッション・クリティカルなニーズがある。もし、ネットワーク上の情報が信頼性に乏しく、また、定められた時間内に移動できないようなら、遠隔地の病院スタッフがモニタリングするバイタル・サインにより、患者は生命が脅かされる状況にもなり得る。Asia のデータセンターを相互接続する、IoTトラフィックに最適化された、高信頼性で低遅延のネットワークが必要なことを、このような事例が示している。
 
Critical infrastructure systems need carrier class service assurance
 
A high degree of network and service assurance is needed to connect data centers running critical government infrastructure systems, like smart grids and emergency alert systems. A carrier-class network will help eliminate the network connectivity concerns of data center operators and ensure mission-critical traffic can be successfully transported in alignment with application requirements.
 
政府機関にとって重要なインフラ・システムである、スマート・グリッドや緊急警報システムなどを運用するためには、ネットワークとサービスに対する保証のレベルが、データセンター接続において必要とされる。キャリア・クラスのネットワークであれば、データセンター事業者が持つネットワーク接続の問題を排除できるだろう。そして、アプリケーション要件に適したミッション・クリティカルなトラフィックが、正常に流れることになる。
 
IoT data security must protect data at rest as well as in flight
 
One of the most significant concerns that enterprises have about IoT is assurance of data security. With a tremendous amount of highly sensitive and personal data being interchanged every day, IoT can present a number of security risks that could be exploited to harm both businesses and consumers. This information might include financial transactions, personal records, and corporate data that is often business critical and confidential, creating a requirement to ensure network connections are trusted, reliable, and secure – often requiring an added level of encryption.
 
エンタープライズがIoTについて持っている、最も重要な問題にデータ・セキュリティの確保がある。IoT では、きわめてセンシティブで膨大なデータが、毎日のようにやり取りされる。したがって、それらが悪用されると、企業と消費者の双方に両方に損害をもたらす、セキュリティ・リスクのが増大することになる。それらの情報には、重要性と機密性の高い、金融取引/個人情報/企業データなどが含まれる場合があるため、信頼性/安全性が約束されたネットワーク接続が必須であり、また、 多くのケースで暗号化も追加されるだろう。
 
While encryption and stringent rules for access to stored data are widely employed to protect against intrusions, advances in networking equipment can also deliver low latency, in-flight data encryption. This provides increased protection for data from the moment it leaves one data center to the moment it reaches its destination.
 
保存されたデータにアクセスするには、データの転送路における暗号化と、低レイテンシを実現するネットワーク機器上で、厳格な暗号化とルールが用いられ、不正な侵入と戦うことになる。それにより、ただちにデータ保護のレベルが高まり、データセンター間でのデータ移行も瞬時に行われる。
 
In short, existing data center networks could become a bottleneck to IoT and face a number of interconnect challenges, such as latency, service assurance and security. Fortunately, the latest data center interconnect (DCI) solutions can effectively address these issues. With IoT presenting a tremendous growth opportunity for industry in Asia in the near term, enterprises and data center operators should ensure that their DCI systems are robust enough to handle the data avalanche that will follow.
 
要するに、既存のデータセンター・ネットワークは、レイテンシの問題やサービス/セキュリティの保証などにおいて、IoT のボトルネックとなる可能性がある。幸いなことに、最新の DCI (Data Center Interconnect) ソリューションは、これらの問題に対して効果的に対処することができる。IoT は短期間のうちに、Asia の産業に対して驚異的な成長の機会を提示する。そして、エンタープライズやデータセンター事業者は、雪崩のように押し寄せるデータの流れを制御するための、十分に強固な DCI システムを確かなものにしなければならない。
 
ーーーーー
asia-pacific 2訳してみて気になったのが、日本が入っているのかどうかという点でした。いくつかの調査では、Asia Exept-Japan という地理的範囲が用いられる場合もあるので、文中のリンク先も調べましたが、そのような記述はありませんでした。それぞれの国における相対的な比較なので、主要なデータセンターが 1Gbps 以上をサポートしても、データセンターの数が多ければ、その比率が下がるということもあり得るはずです。また、少し視点が異なりますが、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」における、Broadband Quality の項目も興味深いです。この月曜日にポストした、「Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!」という抄訳は、ISP が提供するネットワークを高速化していくテクノロジーが紹介されていましたが、ネットワーク全体のグレードが、IoT をキッカケにして底上げされていきそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
 

Comments Off on アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Posted in .Selected, Asia, Research by agilecat.cloud on April 22, 2016
APAC public cloud spend to hit US$15B
Eileen Yu – February 3, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-public-cloud-spend-to-hit-us15b/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region, excluding Japan, is expected to spend US$15 billion on public cloud services in 2019, clocking a compound annual growth rate (CAGR) of 22.9 percent.
 
Asia-Pacific 地域(日本を除く)のパブリック・クラウドへの支出は、2019年までに US$15 billion にいたる。また、その間の複合年間成長率(CAGR)は、22.9% に達するという。
 
According to IDC’s latest figures, this would be almost six times the growth rate of the region’s overall IT spend and double that of 2015’s figure. Last year, public cloud services chalked up nearly US$7 billion, with the discrete manufacturing industry leading total expenditure at US$955 million.
 
IDC の最新統計データによると、この地域の成長率はグローバル IT の 6倍となり、また、2015年時点の推測値に対しても、2倍の規模に膨れ上がっているという。昨年の、この地域におけるパブリック・クラウド・サービスは、約 US$7 billion の売上を計上しているが、その内訳のトップは、US$955 million を計上している製造業である。
 
Cirrus_clouds2Wikipedia
 
Telcos were next, forking out US$928 million on such services, and were expected to be the fastest-growing vertical at 29.2 percent for the forecast period of 2014 to 2019. IDC said this industry segment would outpace discrete manufacturing to lead the region’s public cloud services spending by 2019.
 
それに続くの、US$928 million を生み出すテレコムであり、2019年から 2014年にかけて 29.2% という、素晴らしい勢いで成長してくとされる。IDC の説明によると、パブリック・クラウド・サービスにおけるテレコムは、2019年までの期間において、製造業をリードしていくとされる。
 
The banking sector was the third-largest spender last year, investing US$744 million. Asia-Pacific’s CAGR over the forecast period also would be higher than the global growth rate of 19.4 percent, according to IDC.
 
昨年の統計データによると、銀行業などの金融部門が US$744 million を費やし、三番手となっている。2019年までの期間で、Asia-Pacific の CAGR は、グローバルの成長率である 19.4% を上回ると、IDC は述べている。
 
Cloud services will remain the essential foundation of the IT industry’s third platform of innovation and growth,” said IDC’s Asia-Pacific research manager for customer insights and analysis, Rubal Sabharwal. “As the cloud market enters an ‘innovation stage’, there will be an explosion of new solutions and value creation on top of the cloud.”
 
IDC の Asia-Pacific Research Manager for Customer Insights and Analysis である Rubal Sabharwal は、「クラウド・サービスは、IT 産業における第三のプラットフォームであり、また、革新と成長を推進していく不可欠な基盤となる。そして、クラウド市場がイノベーションのステージへと進むにつれて、クラウド上に構築される新たなソリューションが、新たなソリューション生み出し、その価値を爆発的に上昇させていくだろう」と述べている。
 
“Industry-specific applications will be a driving force as businesses look for solutions that can be easily configured to their unique business and vertical requirements. With the huge increase in the number and diversity of services available in the market, organisations across the industries will shift steadily towards cloud-first strategies to enable digital transformation,” added Sabharwal.
 
そして Sabharwal は、「新たなソリューションが見つかるにつれて、それぞれの業界に固有のアプリケーションが原動力となり、容易なコンフィグレーションが達成され、垂直マーケットでの要件が満たされていく。また、多種多様なサービスがマーケットで調達できるようなれば、それぞれの業界における組織は、クラウド・ファーストの戦略に向けて着実にシフトし、デジタル・トランスフォーメーションを実現していくだろう」とも述べている。
 
The region’s spending on infrastructure-as-a-service (IaaS) and platform-as-a-service (PaaS) would climb at a faster rate than SaaS (software-as-a-service), registering a five-year CAGR of 28.9 percent and 21.2 percent, respectively. SaaS, however, would remain the primary cloud service through to 2019, when IaaS spending would take over as the leading cloud segment.
 
これからの 5年間において、Asia-Pacific の IaaS と PaaS は、それぞれが 28.9% と 21.2% の CAGR を達成し、SaaS を上回る速度で成長していく。しかし、クラウド・セグメントのリーダーを、IaaS への支出が引き継ぐ 2019年までは、SaaS が主要なクラウド・サービスとしてのポジションを維持するだろう。
 
IDC’s Asia-Pacific vice president for cloud services research Chris Morris explained that the software industry had been transitioning towards an SaaS-enabled deployment model over the past few years. “By 2018, most software vendors will have fully shifted to a SaaS/PaaS code base,” he said.
 
IDC の Asia-Pacific VP for Cloud Services Research である Chris Morris は、ソフトウェア産業はついて、SaaS に対応するデプロイメント・モデルへと、これまでの数年を経て転換してきたと述べている。そして彼は、「2018年までに、大半のソフトウェア・ベンダーが、完全な SaaS/PaaS コードベースに、完全にシフトしているだろう」とも推測している。
 
“This means that many enterprise software customers will be offered SaaS as the preferred option, as they reach their next major software upgrade decisions,” Morris noted. “Put together, new solutions born on the cloud and traditional solutions migrating to the cloud will steadily pull more customers and their data to the cloud.”
 
そして、Morris は、「数多くのエンタープライズ・ソフトウェア・ユーザーが、次に控えるソフトウェア・アップグレードのタイミングにおいて、適切な選択肢としての SaaS を提供されることになる。そして、クラウドで生まれた新しいソリューションと、クラウド移行してきた従来からのソリューションが一体化していくことで、顧客たちのデータはクラウドへと向けて、着実に移行していくだろう」と指摘している。
 
ーーーーー
On Mondayこの IDC による予測ですが、Gertner のグローバル予測と比較してみると興味深いです。Gertner は、2015年の売上に関して $175 billion に至るとしています。ただし、この数字は、クラウド・アドとして $90.3 billion を含んでいますので、それを差し引くと、2015年時点で $90 billion くらいになるのでしょうか? 文中には、2015年の APAC は $7 billion だと記されていますので、それが現時点での、グローバルと APAC の対比となります。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on March 25, 2016
The PC market may finally have found its bottom
Matt Rosoff – March 14, 2016
http://www.businessinsider.com/idc-pc-market-predictions-through-2020-2016-3
 
_ Business Insider
 
The last few years have been rough for the PC market, as annual shipments have fallen almost 25% from their peak of 364 million units in 2011.
 
この数年の PC 市場は、年間における出荷台数が、2011年 364万台のピークから 25% ほど下落するという、荒波に翻弄され続けてきた。
 
World PC shipping 2009-2020
Statista
 
But as you can see in this chart from Statista, based on estimates from market research firm IDC, the plunge may finally be over. IDC predicts annual shipments to drop only another 8% between 2015 and 2020, for a compound annual “growth” rate of -0.5%. The stabilization is a result of faster-than-expected Windows 10 adoption among companies and the rise of larger tablets, IDC says.
 
しかし、市場調査会社 IDC の推定値をベースにした、Statista のチャートを見ると、その急落現象は収まっているようだ。IDC は、2015年から 2020年にかけて、さらに 8% ほど下落すると予測しているが、複合年間率で見れば、わずか 0.5 % の低下に止まる。この安定化の要因は、予想以上に速い Windows 10 の浸透と、大型タブレットの普及だと、IDC は述べている。
 
Of course, like any prediction, this should be taken with a grain of salt — after all, IDC is also the firm that predicted in 2011 that Microsoft’s Windows Phone would pass the iPhone by 2015, which most definitely did not happen.
 
もちろん、その他の予測と同様に、控え目な数字であると捉えるべきであろう。結局のところ IDC は、2015年までに Microsoft Windows Phone が iPhone を追い越すこと、2011年の時点で予測していた調査会社なのである。
 
ーーーーー
research_55どうなってしまうのかと、誰もが心配していた PC 市場ですが、年間で 2.5億台の出荷ペースというレベルで落ち着きそうな感じです。 そして、Windows 10 が伸びているようで、とても嬉しいですね。 たとえば、喫茶店などで iPad ノマドしているときに周りを見渡すと、新品の Windows 10 タブレット/ラップトップに囲まれていることも、多々ありという感じです。それにしても、IDC が酷評されていますね。 IDC に限らず、あらゆる調査会社が、さまざまな予測を提供しているのですが、ほとんどが予測しっぱなしで、なんの検証も行われないというのが、この世界の常識なのでしょうか? 自らの予測結果を検証するコンテントなどが提供されると、なかなか人気を得ると思うのですが、如何なものなんでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi の思惑:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた状況を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Strategy by agilecat.cloud on December 17, 2015
Smartphone market to post single-digit growth first-time ever: IDC
AFP | Dec 4, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Smartphone-market-to-post-single-digit-growth-first-time-ever-IDC/articleshow/50038612.cms
 
_ Times of India
 
WASHINGTON: Global smartphone sales growth will cool to single digits for the first time ever amid a slowdown in China, a new market forecast said on Thursday. The research firm IDC said it expects worldwide smartphone shipments to grow 9.8% in 2015 to a total of 1.43 billion units.
 
WASHINGTON: グローバルにおけるスマートフォンの成長率だが、China の景気減速という流れの中で、初めて一桁台に留まるという、市場予測が明らかにされた。 調査会社である IDC は、グローバルのでスマートフォン出荷台数について、2015年は 14.3億台に達するが、前年比で 9.8% の成長に留まると予測している。
 
New York girls with smartphonesFlickr
Ed Yourdon
 
The research firm IDC said it expects worldwide smartphone shipments to grow 9.8% in 2015 to a total of 1.43 billion units.
 
The forecast was updated to reflect slower growth in many Asian markets, Latin America and western Europe. The cooling is expected to continue through 2019, IDC said. One key market in focus is China, which will be hit by an economic slowdown and is largely saturated.
 
こうした予測は、Asian/Latin America/Western Europe の大半で、成長率が鈍化しているという状況を反映している。この冷え込みは、2019年まで続くと、IDC は予測している。最も注目される China マーケットであるが、景気後退に見舞われ、また、スマホ自体が飽和点に近づいている。
 
“IDC maintains its view that China has largely become a replacement market,” the new forecast report said. The strongest growth will come from the Middle East and Africa, with gains of nearly 50 percent, overtaking other emerging economies such as India and Indonesia.
 
IDC は、この新しいレポートで、「 China マーケットが、買い替えの市場となっている」という見解を示している。これから期待されるのは、Middle East と Africa のマーケットである。 その成長率は、50% ほどに至るとされ、India および Indonesia といった、新興経済国を追い越すことになる。
 
“With the smartphone market finally slowing to single-digit growth, maintaining momentum will depend on several factors,” said IDC analyst Ryan Reith.
 
IDC のアナリストである Ryan Reith は、「スマートフォン市場は、最終的には一桁台の成長率へと鈍化していくが、いくつかの要因より、その勢いは維持される」と述べている。
 
“The main driver has been and will continue to be the success of low-cost smartphones in emerging markets. This, in turn, will depend on capturing value-oriented first-time smartphone buyers as well as replacement buyers.”
 
そして、彼は、「現状におけるメインの推進力は、途上国マーケットでの低コスト・スマホの成功であるが、それは生き続けるだろう。そして、順番に、初めてのスマートフォンから、価格志向のスマートフォンへと、売り手と買い手の関心がシフトしていく」と続けている。
 
In some emerging economies replacement cycles will be less than the typical two-year rate, “mainly because the components that comprise a sub-$100 smartphone simply do not have the ability to survive two years,” Reith said. “Offering products that appeal to both types of buyers at a suitable price point will be crucial to maintaining growth and vendor success.”
 
いくつかの途上国では、そのリプレース・サイクルが、2年という一般的な期間より短くなる。その理由について、「 $100 以下のスマートフォンを構成するコンポーネントは、これからの2年を生き残るために必要な、能力を持ち合わせていないからだ」と Reith は述べている。つまり、現状においては、売り手と買い手の双方にとって、適切な価格のプロダクトを提供していくことが、成長力の維持とベンダーの成功にとって、きわめて重要になるのだろう。
 
IDC said Android is likely to remain dominant this year with a market share of 81.2% while Apple captures 15.8% of the market. It expects Windows Phone to hold just 2.2% of the market and other operating systems 0.8%.
 
IDC の発言によると、今年は Android が 81.2% というシェアを獲得し、依然として支配権を維持しているようだ。その一方で、Apple は 15.8%、Windows Phone は 2.2%、その他が 0.8% のシェアになるという。
 
ーーーーー
tech_sector_growth_in_2015_nresearch_55世界の人口が 70億人+ なのですから、前年対比の成長力も、どこかで鈍化してきます。 2014年10月にポストした、「2015年の デバイス市場:中国の $1.8B に対して、インドは $4.8B の成長だ!」という抄訳では、すでに中国マーケットが飽和点に近づいているという予測が示されていました。 このチャート(クリックで拡大)は家電全般を示していますが、おそらくスマホも、似たような状況にあるのでしょう。そして、先月にポストした「激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!」が示すように、これからの数年は、インドのマーケットが注目を集めていくはずです。 ただし、それらは、デバイスに限った話であり、毎日のように進化し続ける、あらゆるアプリとサービスが、世界の人々に(ほぼ)均等に降り注いでいくところに、このマーケットの躍動を感じています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年: チャートで振り返る!
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める
Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!
米国/欧州/中国の GDP をチャートで比較すると、IT を支える 三極構造が見えてくる!
 

Comments Off on 2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台

Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Posted in .Selected, Hybrid, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on December 7, 2015
Cloud Computing: Enterprises Accelerate Move to Public Cloud
Dick Weisinger – November 30th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-enterprises-accelerate-move-to-public-cloud/
_ formtek
The trend to the cloud is accelerating, and many think that ultimately most enterprises will be running their operations in the equivalent of the public cloud.  While many vendors are focusing now on the hybrid cloud, others think that many enterprises may just leapfrog to the public cloud.
 
クラウドへと向けた流れが、加速している。最終的にはパブリック・クラウドと同質の環境で、大半のエンタープライズ・システムが運用されるようになると、数多くの人々が考えている。現時点では、数多くのベンダーがハイブリッド・クラウドにフォーカスしているが、相当数のエンタープライズがパブリック・クラウドへ向けてジャンプすることになるという、可能性を指摘する人たちもいる。
 
Chagall_17In September, GE and Capital One, for example, announced that they are in the process of moving their complete datacenters to the public cloud.  Chris Drumgoole, CIO at GE, said that “one hundred percent public cloud is still our goal… We’re on or slightly ahead of schedule with that march. It hasn’t been without pain, but almost none of the pain has been technical.”
 
たとえば、この 9月のことだが、GE と Capital One が、自社のデータセンターからパブリック・クラウドへと向けて、完全な移行のプロセスにあるとアナウンスしている。 GE の CIO である Chris Drumgoole は、「パブリック・クラウドへ向けた 100% の移行が、私たちの目標である。この流れにおいて、私たちは、少しだけ先行していると思う。それに伴う、痛みが無かったというわけではないが、それら、すべての痛みは、テクニカルなものではなかった」と述べている
 
Richard Villars, VP of data center and cloud market research at IDC, said that “we are seeing a very significant uptake in public cloud use across enterprises.”
 
IDC の VP of Data Center and Cloud Market Research である Richard Villars は、エンタープライズを横断するパブリック・クラウドの使用に対して、本質面での理解が進んでいる状況を、私たちは確認してきた」と述べている
 
Adrian Cockcroft, Technology Fellow at Battery Ventures, said that “it will be impossible to get security certification if you’re not running in the cloud because the tools designed for datacenters are sloppily put together and can’t offer the auditing for PCI and other regulators… Big enterprise has their gold plated, enterprise grade hardware, and all of their enterprise software support and there are huge bills there. With the cloud, this gets cleaned out, all of it, and replaced with open source software, commodity hardware, and those inherent savings, even with the re-engineering, is big. The difference in utilization alone, going from, for example, 10 percent to over 50 percent is how a lot of companies are thinking about this.”
 
Battery Ventures の Technology Fellow である Adrian Cockcroft は、「 セキュリティ認証の取得という観点で、クラウドでの運用が不可能になる場合がある。つまり、自前のデータセンター用にデザインされたツールなどが、整理されないままに混在するような状況だと、PCI(Payment Card Industry)や、その他の規制当局による監査をパスできない。大手のエンタープライズは、金メッキされた環境を好むという性質を持っている。つまり、エンタープライズ・グレードのハードウェアや、エンタープライズ・ソフトウェアのサポートなどに、多額の経費を支払いたがるのだ。クラウドでは、それら、すべてが一掃される。つまり、オープンソース・ソフトウェアや、コモディティ・ハードウェアによる置き換えが進むことになる。そして、本質面でのコスト削減が実現され、さらには組織の再編さえも含む、大きな変革が生じるだろう。ある企業が、単体で考えるケースとは異なり、たとえば、10%〜50% もの企業が、同じことを考えているのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこういう議論が、ユーザー側から出てくる時代になったのですね。 これを訳していて、2010年に James Hamilton さんがポストした、「プライベート・クラウドに未来はない」を思い出しました。この中で、彼は、「プライベート・クラウドを採用するという決定は、より低い活用レベルで運用し、より多くの電力を消費し、より環境に負担をかけ、より高いコストで運営していく、という決定である」と述べています。この時の、プライベートに対する指摘と、パブリック・クラウド 100% という方針を打ち出している、GE や Capital One のハイブリッドにする指摘は、同じ論点に根ざしているとも思えてきます。来年になると、これまでとは、まったく異なる切り口から、Facebook At Work Work Chat というクラウド・サービスが登場します。クラウドは、どうあるべきか? ・・・ という議論が活性化していくことを、とても楽しみにしています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
 

Comments Off on Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出 ー IDC

Posted in .Chronicle, Hybrid, On Monday, Research by agilecat.cloud on November 30, 2015
Enterprise Cloud Spending: IDC: Cloud Spending is Eroding On-Premise Spending
Dick Weisinger – November 20th, 2015
http://formtek.com/blog/enterprise-cloud-spending-idc-cloud-spending-is-eroding-on-premise-spending/
_ formtek
IDC reports cloud technology has totally captured the focus for most enterprises.  Spending on the cloud is rising dramatically.  IDC forecasts that one-third of enterpriseIT spending will be on the cloud, which includes both public and private cloud.  Cloud spending is expected to grow at a rate of 15 percent for the next five years.  Non-cloud spending is expected to drop a couple of percentage points in 2015 and will increasingly erode.
 
IDC のレポートによると、クラウド・テクノロジーは、大半の企業の注目を集めているとのことだ。つまり、クラウドへの支出が、大幅に上昇しているのだ。IDC は、エンタープライズにおける IT 支出の 1/3 が、パブリックとプライベートを含むクラウドに対して、費やされると予測している。さらに言うなら、クラウドへの支出は、これからの 5年間において、15% の割合で成長していくと期待されている。そして、クラウド以外への支出はというと、2015年には数パーセントの下落が予測され、今後もクラウドに侵食されていくようだ。
 
Picasso_2In 2015, the public cloud grew at nearly 30 percent.  Private clouds grew 15 percent this year.
 
この 2015年において、パブリック・クラウドは 30% 程度の成長を見せ、また、プライベート・クラウドも 15% ほど伸びている。
 
Kuba Stolarski, research director at IDC, said that “Cloud IT deployments continue to drive overall IT infrastructure growth, as customers modernise their workload portfolios onto a broad array of hybrid deployment scenarios.  As cloud service providers continue to expand their datacentre footprints to meet growing cloud services demand, customers increasingly rely on a variety of as-a-service offerings and traditional hosting to help meet the performance, manageability, time to deployment, and total cost of ownership requirements of their organisations.”
 
IDC の Research Director である Kuba Stolarski は、「 IT におけるクラウドの導入は、広い範囲でハイブリッドを用いるディプロイメント・シナリオの上で、顧客たちがワークロード・ポートフォリオの近代化に取り組むにつれて、IT インフラ全体の成長を促進し続ける。そして、増大するクラウドへの需要を満たすために、クラウド・サービス・プロバイダーたちが、データセンター・ロケーションを拡大するにつれて、顧客たちは各種の X-as-a-Service が提供するものに依存度を高めていく。その一方で、性能/管理能力/デプロイメント速度を満たすために、彼らは従来からのホスティングにも依存する。もちろん、彼らの組織が所有するための、要件とトータル・コストも重要なポイントになる」と述べている
 
Natalya Yezhkova, research director of storage systems at IDC, said that “numerous IDC surveys indicate growing interest among enterprise customers to cloud deployments across multiple IT domains.  End-users often cite the agility of IT infrastructure and economic reasons as drivers for cloud adoption, but we also expect that the proliferation of next-generation applications born and run in the cloud will fuel its further growth.”
 
IDC の Research Director of Storage Systems である Natalya Yezhkova は、「 IDC が実施してきた数多くの調査において、複数の IT ドメインをまたいだ形で、クラウドをデプロイメントしていこうとする、エンタープライズが増大している状況が見えてきた。多くのエンド・ユーザーが、クラウドの採用を促進する要素として、IT インフラの敏捷性と経済性に言及するが、私たちは、さらなる成長の要因があると期待している。それは、クラウドの世界で誕生し、クラウド・ネイティブとして機能する、次世代のアプリケーションの浸透により実現されるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday今年は、パブリックが 30% の成長で、プライベートも 15% の成長というのは、とてもイイ感じです。 ちょっと話が飛びますが、iPhone が驚異的に成長、Apple をトップ・ランナーに押し上げたのが、2012年末の出来事でした。 そして、年間で2億台のスマホが、中国マーケットで販売されたことも、2012年の末に分かってきました。そこから3年が経ったわけですが、いまとなってみれば、単なる序章であったことは明らかです。そして、当時は懐疑的な目を向けられることも多かったクラウドが、着実に成長を重ね、また、信頼を勝ち取ってきたことに、もはや誰も異論を唱えなくなったはずです。グローバル規模で、いっせいに勢いが高まるとき、とんでもない事が起こるのは、すでにモバイルが実証していることです。 そう考えると、2016年は、ほんとうの意味で、クラウドが離陸していく年になりそうです。ワクワクしてきます! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
 

Comments Off on Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出 ー IDC

IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on November 16, 2015
Internet of Things: Software Leading Hardware in IoT Innovation
By Dick Weisinger – November 9th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-software-leading-hardware-in-iot-innovation/
_ formtek
Internet of Things (IoT) is predicted to break the $7-trillion mark over next five years.  50 billion new IoT connected devices are expected to go online over the next five years.
 
Internet of Things (IoT) の近未来であるが、これからの 5年間で、$7 trillion 以上の経済をもたらすと予測されている。また、同じく 5年間で、500億もの新たな IoT デバイスが、オンラインで接続されるという。
 
Chagall_13According to a new IDC survey, three-quarters of business decision makers have either already deployed IoT or have plans to do so in the next 12 months.
 
IDC の最新調査によると、ビジネスにおける意思決定者の 3/4 が、すでに IoT をディプロイしているか、これからの12ヶ月の間にディプロイする計画だと回答している。
 
Vernon Turner, senior vice-president at IDC, said that  “momentum continues to grow and … [and IoT is increasingly] seen as strategic to the enterprise.”
 
IDC の Senior VP である Vernon Turner は、「 この勢いが止まらずに、さらに IoT が広まっていくと、エンタープライズの重要なストラテジーとして、位置づけられていくだろう」と述べている。
 
Findings from the IDC survey include:
 
IDC の調査で、注目すべき点は:
 
  • Security is a leading challenge for businesses, but even more so are the upfront and ongoing costs of achieving security.
  • Software vendors, rather than hardware vendors, actually were more aggressive in leading IoT in 2015
  • IoT happening “at the edge of the network”, not at the enterprise, will become a requirement that will be difficult to meet with an IoT architecture design
 
  • 企業にとって、セキュリティが主たる課題となる。 ただし、それを達成するためには、先行投資という問題をクリアし、さらに言えば、継続的なコストの負担に耐えなければならない。
  • 2015年について言うなら、ハードウェア・ベンダーよりもソフトウェア・ベンダーの方が、実態としての IoT を積極的にリードしてきた。
  • IoT が実際に機能するのは、エンタープライズの内側ではなく、ネットワークのエッジとなる。したがって、必要とされる要件と、IoT アーキテクチャ・デザインの、整合性を取ることが難しくなっていく。
 
Industries that are showing the most interest in IoT technology are:
 
以下の産業が、IoT テクノロジーに対して、最も関心を示している:
  • 72 percent – Health Care
  • 67 percent – Transportation
  • 66 percent – Manufacturing
ーーーーー
On Mondayモバイルが日常を変えたと思うなら、IoT が新しい未来を創りだすことも、信じられるだろう・・・ という理屈がなりたちます。 とは言え、モバイルに関して言うなら、iPhone 以前の Nokia なんかは、OS である Symbian のアップデートが、ユーザー・グループの担当だったりと、きわめて緩いところから始まっています。 それは、PC についても、インターネットについても言えることであり、使いたいなら使いなよという、助走期間があったはずだと思います。 ところが、IoT に関しては、待ったなしで衆目にさらされるわけで、それが大変だなぁと感じてしまいます。 この業界に蓄積された、これまでの知識と経験で、なんとか乗り切って欲しいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
 

Comments Off on IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

%d bloggers like this: