Agile Cat — in the cloud

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Post-PC by agilecat.cloud on June 2, 2016
 Chromebooks outsell Apple Mac devices in the US for the first time
TOI Tech – May 19, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/computing/Chromebooks-outsell-Apple-Mac-devices-in-the-US-for-the-first-time/articleshow/52349174.cms
 
_ Times of India
 
For the first time, the shipments of Google’s Chromebook devices surpassed that of rival Apple’s Mac laptops and PCs in the US in the first quarter of 2016, said IDC analyst Linn Huang while talking to The Verge.
 
2016年 Q1 の US 市場において、ついに Google Chromebook デバイスの出荷台数が、ライバルである Apple の Mac Laptop と PC を上回ったと、IDC のアナリストである Linn Huang が The Verge に語った。
 
ChromebookImage
Youtube
 
The analyst did not reveal any specific numbers on the shipments of Chromebooks. However, it was said that Apple shipped 1.76 million Mac devices in the US in the first quarter of 2016. This means that the shipments of Chromebooks exceeded 1.76 million.
 
このアナリストは、Chromebook の出荷台数について、具体的な数値は明らかにしていない。しかし、2016年 Q1 の US で、Apple は 176万台の Mac デバイスを出荷したと言われている。つまり、この 2つの情報を照らし合わせれば、Chromebooks の出荷台数が、176万台を超えたことになる。
 
The analyst further added that K-12 education market was the primary sector accounting for majority of Chromebook shipments. This has been the case since the last few years. It is worth mentioning that total Chromebook shipment numbers come from combined shipments from all the Chrome OS OEMs like Dell, HP and Lenovo. Shipment numbers outside the US still remain a secret, for now.
 
さらに、このアナリストは、K-12 教育マーケットが、Chromebook の出荷台数の大半を占める、最大の要因であると付け加えている。この数年は、この傾向が顕著である。そして、Chromebook の総出荷台数が、すべての Chrome OS OEM メーカーである、Dell/HP/Lenovo などで構成されていることに、言及しておくべきであろう。なお、US 国外での出荷台数は、依然として不明のままである。
 
Chromebooks are likely to see a boost in the coming future as Google is planning to bring all Android apps (including Google Play Store) to its Chrome OS . The search giant is supposed make an official announcement later today in the ongoing Google I/O 2016 conference.
 
また、Google が Chrome OS に対して、すべての Android アプリ(Google Play を含む)を持ち込もうと計画していることも、これからの Chromebook を、さらに加速させる可能性を生み出している。この、サーチ・ジャイアントは、開催中の Google I/O 2016 カンファレンスで、一連の計画について正式にアナウンスしたものと思われる。
 
The confirmation came from a session description on the Google I/O website. The description has since been pulled from the website.
 
Google I/O Web サイトの、セッションに関する記述を確認して欲しい。上記の説明は、この Web サイトから引用したものである。
 
“Today we announced that we’re adding the best mobile app experiences in the world, Android apps and the Google Play store, to the best browser in the world, Chrome! Come to this session and test your Android apps for Chrome OS. You will get hands on help from our friendly engineers on how to optimize your Android app for Chromebooks. Oh, and we will also be giving the first 50 developers to show up a free Chromebook so they can get a head start bringing their apps to Chrome!,” read the event description.
 
そのイベントの詳細として、「今日、私たちは、世界で最高のブラウザに、世界で最高のモバイル・エクスペリエンスを組み込むことを発表した。つまり Chrome 上に、Android アプリや、Google Play ストアが加わることになるのだ!このセッションのビデオで、あなたの Android アプリを、Chrome OS で動かせることを確認して欲しい。私たちのフレンドリーなエンジニアのサポートを得て、あなたの Android アプリを Chromebook で走らせ、最適化していくことが可能だ。それと、このプログラムを盛り上げるために、最初に Chrome 化を達成した 50人のデベロッパーに、Chromebook を無償で提供することにした。だから、あなたのアプリの Chrome 化を急いで欲しい!」と説明されている。
 
ーーーーー
google-55aなかなか好調な、Chromebook という感じですね。最近は、ARM A17 相当の 4-Core チップが載ったデバイスが 3万円台で販売されるなど、日本のマーケットにもジワジワと浸透しているようです。60日間隔でアップデートされる  Chrome OS も、この二年ほどで随分と洗練され、エクステンションも充実してきました。そして、Android アプリが動くようになれば、これがあれば充分というユーザーも増えてくるはずです。とにかく、手軽に買える価格帯というのが、嬉しいですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
米 教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
 

Comments Off on Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page

Posted in .Selected, Asia, Google by agilecat.cloud on November 27, 2015
Larry Page says Google’s China plans are no longer his decision
Biz Carson – Nov 3, 2015
http://www.businessinsider.com/larry-page-says-googles-china-plans-are-no-longer-his-decision-2015-11
 
_ Business Insider
 
Larry Page, the CEO of Google parent company Alphabet, says Google’s future in China is no longer his decision and that suits him just fine. Page said that he handed off the responsibility to Sundar Pichai, the newly-appointed CEO of Google.
 
Google の親会社となる Alphabet の CEO に就任した Larry Page は、China における Google の将来は、もはや彼の責任外であり、また、彼に合う職務ではなかったと発言している。 そして Page は、Google の 新 CEO である Sundar Pichai に、その責任も受け渡すと述べている。
 
Larry PageWikipedia
 
“I’ve also delegated this question to Sundar,” Page said during a Q&A in a rare public talk at the Fortune Global Forum in San Francisco on Monday night.
 
この月曜日に開催された Fortune Global Forum in San Francisco に、珍しく出席した Page は、「私は、この問題に関しても、Sundar に権限委譲した」と、その Q&A セッションで話している。
 
“I help him think about it,” he said. But he added that because of the change in duties, “I don’t have to answer this question.”
 
そして、すでに職務が変更されていることから、「これからも、彼を支援していくが、その質問に答える立場ではない」と付け加えていた。
 
Google famously pulled out many of its operations from mainland China, including its Chinese search engine, in 2010, following a dispute with Beijing over censorship and cyberattacks that Google claimed it traced to China.
 
2012年に Google が、その中検索エンジンも含めて、China 本土からの撤退したのは有名な話である。 それは、Peijing 政府による検閲と、China からと思われるサイバー攻撃に関して、さまざまな論争を繰り返した後の決断であった。
 
Chinese app store
 
But there have been reports recently that Google is weighing once again increasing its presence in China, the world’s largest Internet market by users, particularly with its Android app store. According to a report in the Wall Street Journal, Google is in talks with Chinese government officials about a special version of its Play store that carries only apps approved by the government.
 
しかし、Google は China におけるプレゼンスを、再び高めようとしていると、最近のレポートが報じている。つまり、この世界で最大のインターネット市場では、とりわけ Android のアップ・ストアが需要になるのだ。Wall Street Journal のレポートによると、Google は Play Store の特別バージョンについて、China 政府の高官と会談したという。 そして、China 政府が承認した アプリのみを、提供するかもしれないと、推測されている。
 
Sergey Brin, who cofounded the company with Page, also recently raised the possibility of a return to China. In an interview with the Wall Street Journal in late October, he reportedly suggested that Google and other Alphabet subsidiaries could return to the country. “Each Alphabet business can make its own decisions on which countries to operate in,” Brin told the Journal.
 
Page と共に Google を設立した Sergey Brin も、このところ、China への復帰について、その可能性を漂わせている。10月下旬の Wall Street Journal とのインタビューで、Google を含む Alphabet の子会社が、China に復帰する可能性を示唆しているのだ。 そこで Brin は、「Alphabet 傘下の企業は、それぞれの国におけるオペレーションを、それぞれの判断で決定ができる」と、同誌に説明していた
 
Google recently restructured its corporate organization into the Alphabet holding company. Under the new structure, the traditional internet business, including the search engine, Android business and online maps, operate as a distinct company by the name of Google and led by Pichai, separate from other Alphabet projects such as its Nest smart appliances business and healthcare. Page and Brin now work for the Alphabet holding company rather than for the Google business.
 
周知のとおり、Google は最近になって、Alphabet という持ち株会社を設立し、その組織体制を再編している。この新しい体制の下では、これまでのインターネット・ビジネスは、つまり、検索エンジン/Android/Maps の事業は、独立した企業としての Google で運営され、その指揮は Pichai が取る。そして、Alphabet のプロジェクトである、Nest などのスマート家電や、ヘルスケア事業などは、Google から分離される。いまの Page と Brin は、Google のビジネスのためというより、持株会社である Alphabet の運営に、時間と神経を注いでいる状況だ。
 
In Page’s view, though,Google has always had a presence in China despite not having a presence with its flagship search engine. “We’ve always had operations in China, we have big ops there,” Page said. “By far, Android is still most used operating system in China.”
 
Page の視野において、Google は China でのプレゼンスを維持しているが、主力である検索エンジンの存在感は乏しい。Page は、「China でのオペレーションは継続されており、また、大きな勢力を保持している。なぜなら、China における Android は、依然として最も使用されるオペレーティング・システムだからだ」と発言している。
 
As for what Page is doing these days, that’s managing Alphabet. He views his and Brin’s jobs as splitting time between managing the portfolio companies like Warren buffett and half of his time buying new things to help Alphabet grow.
 
このところ、Page が何をしているかというと、Alphabet のマネージメントとなるだろう。Page と Brin の仕事は、グループ企業のマネージメントとポートフォリオの管理に分割されている。そして、彼の半分の時間は、Warren Buffett のように、Alphabet の成長を促進し得る、新たな企業買収へと振り分けられている。
 
“I think my job is to create a scale that we haven’t quite seen from other companies, how we invest all that capital,” Page said.
 
Page は、「 一般的な常識とはかけ離れたスケールで、Alphabet を成長させるのが、私の仕事だ。私たちが手にしている、すべての資本を投入する方法を考えている」と語っている。
 
SEE ALSO: Google slammed the brakes on its acquisition machine, with the lowest deal-making since 2009
 
ーーーーー
app-store-revenue-value-sharegoogle-55a先日に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」という抄訳をポストしましたが、それとペアになる話だと思って差し支え無いでしょう。そして、この、投資銀行 Digi-Capital からのチャート(クリックで拡大)ですが、中国市場に Google Play が存在しないために、Google のビジネスが思い通りに展開していないという状況を示しています。 それを変えていくためには、Apple と同様に、中国国内にユーザー・プロファイルを置く必要が生じるのでしょうが、そんな交渉はマッピラ御免だと、Larry Page は言っているようにも聞こえてきます。また、いまのドイツでは、セーフ・ハーバーに関する米国/欧州の綱引きの中で、Microsoft が対応策を講じていますが、それらと合わせて考えてみると、クラウドが分化の時代へと向かっているようにも思えてきます。 ポリシーがテクノロジーに優先するという、次のステップに柔軟に対応することも、Alphabet の役割なのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:Smart Home の普及率を1枚のチャートで!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

Comments Off on Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page

Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!

Posted in .Selected, Apple, Entertainment, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on November 13, 2015
Apple Music app now available on Android devices
AFP | Nov 11, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-Music-app-now-available-on-Android-devices/articleshow/49746122.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Apple’s freshly launched music service became available on rival mobile devices powered by Google-backed Android software on Tuesday.
 
SAN FRANCISCO: 火曜日 (11/10) のことだが、Apple が新たに立ち上げたミュージック・サービスが、ライバルである Google の Android を搭載する、モバイル・デバイスでも利用できるようになった。
 
Apple Music for AndroidApple Music app for Android gadgets is available via the Google Play Store. The app is available everywhere the service is offered, except China.
 
Apple senior vice president of internet software and services Eddie Cue tweeted:
 
Apple の Senior VP of Internet Software and Services である Eddie Cue が、以下のようにツイートしている:
 
Apple Music app tuned for Android-powered gadgets became available on the virtual shelves of Google’s online Play Store. The Android version of Apple Music app is available everywhere the service is offered, except China.
 
Apple Music アプリが、Android を搭載するガジェット用にチューンされ、Google Play からダウンロードできるようになった。この、Apple Music for Android は、あらゆる国々から利用できるが、China だけは除外されている。
 
Apple’s new music service had previously been available on devices powered by the technology giant’s own iOS software. The expansion to Android, the world’s most widely used mobile operating system, promised to ramp the ranks of people signed up for the service.
 
これまで、Apple のミュージック・サービスは、このテック・ジャイアントが独自に提供する、iOS が搭載されるデバイス上でのみ利用されていた。モバイル OS として、世界で最も広く使用されている Android に、このサービスが展開されることで、サインアップする人の数が、必ず積み上げられるだろう。
 
Apple chief executive Tim Cook said in October that the music service had some 6.5 million subscribers. “It is going really well,” Cook during an on-stage chat at a Wall Street Journal technology forum on the Southern California coast. “Lots of people are liking it.” People have begun ending free trials of the music service, which launched at the end of June in more than 100 countries, according to Cook.
 
10月のことだが、Apple の CEO である Tim Cook が、このミュージック・サービスには、650万人のサブスクライバーがいると語っていた。 Wall Street Journal が開催した、Southern California テック・フォーラムのステージで、「とても順調であり、数多くの人々に好まれている」と Cook は発言している。 このミュージック・サービスは、6月の終わりに 100 以上の国々で開始され、また、無料のトライアル期間も終了し始めているという。
 
He credited a human curation element — actual people who fashion playlists — for creating listening experiences superior to that delivered by “zeroes and ones” of computer algorithms.
 
そして、彼は、コンピュータ・アルゴリズムをベースにした配信メカニズムではなく、人間によるキュレーション要素(実際の人々に適合するプレイリスト)を取り入れることで、より優れたリスニング・エクスペリエンスを約束していると述べている。
 
Apple Music, the tech giant’s new streaming service, went live at the end of June as the company behind iTunes looks to dominate the fast-growing sector.
 
このテック・ジャイアントの、新しいストリーミング・サービスである Apple Music は、急成長するミュージック分野をリードしてきた iTunes の後継として、6月の終わりにサービスインしている。
 
ーーーーー
weekendMac で iTunes Match を使っている Agile Cat ですから、翻訳が終わったところで Apple Music for Android をインストールしてみました。 そして、Apple ID と PW を入力したのですが、iTunes Store には入れても My Music にはアクセスできません。 もう一度、クレジット・カード情報を入れろと要求してきます。 ベータのくせに! まぁ、3ヶ月の試用期間があるならと思い、再入力したのですが、最後の最後で「980円で良いね」と念を押してくるので、そこで止めてしまいました。でも、以下のコンテントなどを読むと、止めて良かったのだと思います。 はっきり言って、iTunes と Apple Music の関係が分かりません。 Apple が Andorid にアプリを出してくるのは、とても良いことだと思いますが、なんか、ちょっと違う。。。
 
Apple Music解約後にiTunesの楽曲データが消えてしまわない …
Apple Musicの無料トライアル終了後、iTunesライブラリがどう …
Apple Musicの利用を停止して、iPhoneとiTunesを以前の環境 …
 
Beatついでなので、いま使っている Beat という Android アプリをご紹介しておきます。ストレージは、Google Drive/Dropbox/Box/OneDrive に対応しています。 それらのストレージの、MP3 フォルダを指定すれば、それだけでストリーミングが開始されます。ジャケットのイメージも、半分くらいは拾ってきてくれます。Beat はフリー・ソフトですが、なかなか良いです。 ただ、キャッシュの持ち方に問題があるようで、一回目の読み込みで、ちょっと引っかかります。 お金があれば直してくれるだろうと思い、500円をドネーションしました。Apple に 980円/月を払うより、こちらの方が気分が良いです。
 
とは言え、Apple が Spotify を追いかけて、iTunes から Apple Music へシフトしていくのも分かります。 上記の Beat が、その答えです。 つまり、これだけのクラウド・ストレージが供給されるなら、そして、多くの人々がプラットフォームとして活用するなら、誰もが iTunes のようなアプリを作り、また、販売できてしまうのです。 あの iTunes が、こんなにも簡単に、パーソナル・クラウドの波に飲み込まれてしまうとは、理屈では分かっても、なんとなく信じられない気分です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!
iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? ユーザー心理を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!

最凶の Android マルウェアが発見された: 感染すると root 権限を取得し、ファクトリ・リセットでも削除できない!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Security by agilecat.cloud on November 11, 2015
This Android malware is so bad, you might be better off buying a new phone
Stan Schroeder – Nov 6, 2015
http://mashable.com/2015/11/06/android-malware-auto-rooting/#5dhLduWw2Gqx
 
_ Mashable
We’ve seen Android malware that takes your photos and videos for ransom, and there’s one that can mimic your phone’s shutdown process and spy on you even though the phone appears to be off.
 
これまでにも、フォトやビデオをロックした後に身代金を要求する、Android のレンサム・マルウェアを確認してきた。 また、その類として、シャットダウン・プロセスを実行するものや、電源が OFF になっていてもスパイ行為を働くものなどもある。
 
Android MalwareImage: Flickr Andrew Mason
 
But a new family of malware, detailed by security firm Lookout on Wednesday, is probably the scariest we’ve heard of: It’s so hard to remove that, in some cases, victims might be better off just buying a new device.
 
しかし、この水曜日(11/5)に、セキュリティ会社である Lookout が詳細を説明した、新しいマルウェア・ファミリは、これまでの中で、最も凶悪なものだと言えるだろう。つまり、感染してしまうと、その削除がきわめて難しいのだ。被害者によっては、新しいデバイスを購入したほうが、良いかもしれないというケースも、あり得るのだ。
 
Lookout’s researchers have found 20,000 samples of three pieces of malware, named Shedun, Shuanet, and ShiftyBug, which share a lot of the same code and use similar tactics to infect the victim’s phone. Once installed — usually from a third-party app store — these apps root the victim’s device, embed themselves as system-level services, and shapeshift into legitimate, popular apps, including Facebook, Candy Crush, Twitter, Snapchat, WhatsApp and others.
 
Lookout の研究者たちは、Shedun/Shuanet/ShiftyBug 名前の、3種類のマルウェアに関して、20,000 件の感染例を発見している。それらのマルウェアは、数多くの同じコードを共有し、被害者のスマホに潜入する方式も似通っている。大半のケースで、感染源はサードパーティのアップ・ストアである。そして、一度インストールされると、そのデバイスのルートをたどり、自身をシステム・レベルのサービスとして埋め込んでしまう。続いて、Facebook/Candy Crush/Twitter/Snapchat/WhatsApp などを含む人気アプリを、合法的に変容させていく。
 
What makes these apps especially ominous is their relatively tame level of activity. Once they repackage a legitimate app, they leave most of its functionality intact. The idea is that, with root privileges, this malware could be used for delivering other types of adware and malware onto users’ devices.Besides that, having a rogue piece of malware with system-level access on your phone is extremely dangerous for both your online security and privacy.
 
それにより、アプリケーションに生じる脅威はというと、このマルウェアが、相対的に従順なアクティビティを持つ点にある。したがって、合法的なアプリを再パッケージしても、その機能の大部分が無傷で残ってしまう。このマルウェアの、root 権限を悪用する方式により、対象となるユーザーのデバイスを、他のアドウェアやマルウェアで感染させることも可能になってしまう。それに加えて、スマホのシステム・レベルに、不正にアクセスするマルウェアを、あなたのスマホに抱え込むということは、オンラインにおけるセキュリティとプライバシーの両面で、きわめて危険なことである。
 
Even worse, once infected, it’s very hard to remove these types of malware. “For individuals, getting infected with Shedun, Shuanet, and ShiftyBug might mean a trip to the store to buy a new phone,” wrote Lookout’s Michael Bentley in a blog post.
 
さらに悪いことに、この種のマルウェアに感染してしまうと、その削除がきわめて困難になる。Lookout の Michael Bentley は、「個人ユーザーが、Shedun/Shuanet/ShiftyBug に感染すると、新しいスマホを購入するために、ショップを駆けまわることになるだろう」と、ブログに書いている
 
Bentley does not go into details, except to suggest that seeking out professional help to remove the malware might do the trick. In a reply to a user comment on his post, however, he does claim that a factory reset of an infected device would not remove this malware. In a discussion on Ars Technica’s comment section, several users suggested one way to get rid of it would be reflashing the device’s ROM chip, but most users don’t have the technical prowess to do so.
 
Bentley は詳細に触れていないが、専門家の技に助けを求めて、このマルウェアの削除するという手段だけは提示している。ただし、彼のブログ・ポストへのユーザー・コメントに対しては、デバイスを工場出荷状態に戻すファクトリ・リセットでは、このマルウェアを削除できないと答えている。また、Ars Technica のコメント・セクションでは、デバイスの ROM チップ・リフラッシュにより削除するという方式が、何人かのユーザーの間で盛んに議論されているが、ほとんどのユーザーは、そのための技術力を持っていない。
 
Interestingly enough, even though this type of malware spreads through third-party app stores, Lookout has found the greatest number of infections in the United States and Germany (where users typically install apps from Google Play), as well as Iran, Russia, India, Jamaica, Sudan, Brazil, Mexico, and Indonesia.
 
前述のとおり、この種のマルウェアは、サードパーティ・アップ・ストアを介して拡散していく。しかし、興味深いことに、United States と Germany の感染数が最大だと(ここでは Google Play の利用率が高い)、Lookout の調査結果が示している。また、Iran/Russia/India/Jamaica/Sudan/Brazil/Mexico/Indonesia でも感染例が見つかっている。
 
If you have an Android phone, the best course of action is to avoid third-party app stores and only install apps from Google Play.
 
あなたが、Android スマホを使っているなら、サードパーティ・アップ・ストアを避け、Google Play のみからアプリをインストールすることが、最善の予防策となる。
 
 
ーーーーー
research_55かなりの騒ぎになっているようです。 11日の16時30分の時点で、「Android Malware」をググってみたら、以下のニュースがトップに表示されていました。 Agile Cat も、ROM のフラッシュなんて出来ないので、感染したら買い替えになります。 とにかく、感染の可能性のある経路を、遮断していくのが良いと思います。 この際だから、使っていないアプリを、ごっそりと削除するつもりです。 _AC Stamp
 
New Family Of Android Malware Virtually Impossible To Remove
Tech Times  – 2 days ago
New Android Malware Could Be Fatal For The Phone
Science Times  – 22 H ago
XcodeGhost malware set to fuel rise in iOS attacks, security experts warn
Inquirer  – 15H ago
ーーーーー
<関連>
Facebook で Zuck をフォローすると、本当に ブロックできなくなるの?
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ!
 

Comments Off on 最凶の Android マルウェアが発見された: 感染すると root 権限を取得し、ファクトリ・リセットでも削除できない!

Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Google, Government by agilecat.cloud on October 21, 2015
Google buys stake in $300 million China startup Mobvoi
Reuters | Oct 20, 2015, 04.29 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-buys-stake-in-300-million-China-startup-Mobvoi/articleshow/49467879.cms
 
_ Times of India
 
BEIJING: Google will take a minority stake in Beijing-based artificial intelligence firm Mobvoi as part of a $75 million fundraising round, the startup said on Tuesday, as the US search giant tries to rebuild its presence in China.
 
BEIJING: Google だが、Beijing ベースの AI スタートアップ Mobvoi の株式 $75 million 相当を、同社の資金調達ラウンドで 取得した。 この火曜日に、Mobvoi が公表した出来事は、China でのプレゼンスを再構築しようとする、Google の方針を示している。
 
Mobvoi works on artificial intelligence (AI) voice-controlled software, like that used in Google’s Android products for mobile search, and also develops hardware like smart watches. Google’s parent company is now named Alphabet.
 
Mobvoi が取り組んでいる AI を用いた音声制御ソフトウェアは、Android のモバイル検索で用いられるものに似ている。 そして、同社は、スマートウォッチのようなハードウェアも開発している。なお、周知のとおり、いまの Google の親会社は、Alphabet である。
 
Google-in-ChinaFlickr
Jens Schott Knudsen
 
The Series-C funding was led by Google and has valued Mobvoi at $300 million. The deal comes at a time when Google is seeking to re-establish itself in China.
 
The Google-led Series C fundraising values Mobvoi at $300 million, with the start-up maintaining a controlling stake, said co-founder Li Yuanyuan in a telephone interview. The size of the US firm’s investment was not disclosed by Li or in Mobvoi’s e-mailed statement on Tuesday.
 
今回の、Google が主導する Series C 資金調達は、Mobvoi を $300 million で評価するものだが、このスタートアップの運営は、これまでの経営陣が継続していくことになると、Co-Founder である Li Yuanyuan が電話インタビューで答えている。 ただし、Google からの投資規模については、Li Yuanyuan のインタビューでも、Mobvoi のメール・ステートメントでも、明らかにされていない。
 
The deal, not Google’s first in China but one of few, comes as the company seeks to re-establish itself in the world’s largest internet market by population of users.
 
この取引は、Google が China で、最初に締結したものではないが、その件数は少ない。この動きは、ユーザー人口という面で、世界最大の規模を誇る、China のインターネット市場でのプレゼンスを、あらためて確立しようとする、Google の方針を示している。
 
Because services like its search, e-mail and mapping are blocked in China, the US firm is trying to cement partnerships with domestic providers like Mobvoi, which offers technology similar to Apple’s Siri and Google’s own version.
 
Google は、そのメールやマッピングなどのサービスが、China でブロックされているため、Mobvoi のような China プロバイダーとのパートナーシップを強化しようとしている。そして、このスタートアップは、Apple Siri や Google Now のようなテクノロジーを提供しているのだ。
 
Mobvoi previously partnered with Google to provide Chinese-language voice search for the latter’s Android Wear smartwatch operating system. The Chinese firm will use the money from its fundraising to invest in AI and robotics research.
 
これまでの Mobvoi は、最新のスマートウォッチ OS である Android Wear に対して、中国語音声検索を提供するには、Google と提携してきた。そして、このスタートアップは調達した資金を、AI と ロボティクスの研究に投入してきた。
 
Mobvoi is also developing voice search to be integrated into vehicles and a robot for families in China, said Li. When contacted, a Singapore-based Google spokesman declined to elaborate on how the Mobvoi investment fit with its China strategy.
 
Mobvoi は、China マーケットにおける車載および家庭用のロボットに、音声検索を組み込むための開発を推進していると、Li は発言している。ただし、私たちが、Google Singapore のスポークスマンと接触したとき、同社の China の戦略と Mobvoi への投資について、詳しい関連性は説明されなかった。
 
Although Google has maintained an engineering and sales presence in China, it largely withdrew its services out of China five years ago after refusing to continue self-censoring search results.
 
このように、Google は China において、エンジニアリングとセールスのプレゼンスを維持しているが、同国からサービスを撤退させたという、大きな現実に直面している。 それは、検索結果に対する自己検閲を拒否した、5年前の出来事にさかのぼる。
 
CEO Sundar Pichai has made no secret that he wants to get back into China, with his bet riding on Google Play, the app store for its Android mobile operating system, despite it currently being borderline inaccessible in China. He faces an uphill struggle.
 
CEO である Sundar Pichai は、Google Play を China 市場に展開しようと目論んでいることを、秘密にはしていない。しかし、この Android OS 用のアップ・ストアは、China 国内からはアクセス不可能である。つまり、彼は、苦しい闘いに直面しているのだ。
 
ーーーーー
google-55aあの大騒動から、もう5年が経つのですね。 当時のバックナンバーを拾ってみましたが、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、Wired のポストが秀逸です。 そのころのことを調べたいという方に、オススメしたいです。今日の記事を読んでも、マダマダ手強い Great Firewall という感じですが、なんらかの雪解けは訪れるのでしょうかね? でも、そのためには、中国側に変化が必要でしょうし、それまでは、中国企業と連携した範囲に、Google の動きも制約されるのでしょうね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google は 中国政府に TKO 負けしてしまったのか?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google の中国撤退声明文:対訳
中国国内の、DNS ルート・サーバーが閉鎖された?
中国の DNS 問題について、チリの NIC がリリースを!
 

Comments Off on Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Comments Off on 中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが、売上はマダマダ・・・

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 3, 2015
Google Play has more apps than Apple now, but it’s still behind in one key area
Dave Smith – Feb. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/google-play-vs-apple-app-store-2015-2
 
_ Business Insider
 
App-analytics firm App Annie released its 2014 Retrospective report, which confirms that Google Play passed Apple’s App Store in the number of available apps to download in 2014.
 
アプリ分析企業である App Annie がリリースした、2014年を振り返るレポートによると、Google Play でダウンロードできるアプリのタイトル数が、Apple の App Store を上回ったことが確認されている。
 
Google Apple app-numbers
BI Intelligence
 
Based on App Annie data, charted for us by BI Intelligence, Google Play has over 1.4 million available apps, compared to just over 1.2 million for Apple’s App Store. It exceeded Apple’s digitalstore in download volume.
 
この、App Annie のデータをベースにした、BI Intelligence のチャートによると、Google Play の 140万に対して、Apple App Store は 120万に過ぎないという状況が見えてくる。つまり、ディジタル・ストアでのダウンロード・タイトル数において、Google が Apple を追い越したことになる。
 
But Google’s marketplace falls behind in one key area: iOS still makes much more money than the Google Play store, and App Store apps brought in 70% more revenue than Google Play apps for the whole year.
 
しかし、きわめて重要な尺度において、Google Play は劣っている。 つまり、依然として iOS の収益性が Android を大きく上回り、2014年を通じて Apple App Store は、Google Play よりも 70% も多くの売上をもたらしているのだ。
 
Piracy has something to do with that revenue disparity.
 
ただし、この売上に関する不均衡の背景には、海賊版の存在もあるようだ。
 
ーーーーー
mobile_55ほんとうに、興味深い対比ですね。 Google と Android が、途上国マーケットへ向けてアクセルを踏み続けるのに対して、Apple と と iOS は、価格を維持しながら先進国マーケットを最優先にという考え方です。その結果が、こうしてチャートで示されているわけです。 そして、忘れてはならないのが、Xiaomi に代表される、自社の App Store を持つ勢力の台頭です。ひょっとすると、このチャートにおける Amazon 規模のサードパーティ・アップ・ストアが、続々と登場してくるのが、今年なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
 

Comments Off on Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが、売上はマダマダ・・・

%d bloggers like this: