Agile Cat — in the cloud

Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Posted in Microsoft, OpenStack, Red Hat by Agile Cat on May 14, 2014

Why Microsoft should just pack it in and buy Red Hat
http://wp.me/pwo1E-7uz

By
Barb Darrow – Feb 28, 2014
http://gigaom.com/2014/02/28/why-microsoft-should-just-pack-it-in-and-buy-red-hat/

_ Giga Om

Summary: Sure it would make for strange bedfellows, but Microsoft needs Red Hat Enterprise Linux and an acquisition would signify a bold move by new CEO Satya Nadella.

Summary: たしかに、それは、ちょっと奇妙な関係と言えるだろうが、Microsoft は Red Hat Enterprise Linux を必要としている。 そして、もし、買収にいたるなら、新しい CEO である Satya Nadella の大胆な行動と評価されるだろう。

photo: Jorge Salcedo

Over the past 40 years Microsoft has built its mega-billion-dollar business around the Windows operating system and Windows applications. But as the company seeks to preserve its enterprise power in the cloud era, where Windows is not as huge a deal, here’s a bold proposal: Microsoft should buy Red Hat.

これまでの 40年間において Microsoft は、Windows オペレーティング・システムおよび Windowsアプリケーションを中心にして、巨億のビジネスを構築してきた。しかし、Windows が大きな勢力を持ち得ないクラウドの時代で、その企業の力を同社が維持したいなら、ちょっと大胆な提案をしてみたいと思う。 それが、Microsoft による Red Hat の買収という、必要性の話である。

It’s a counterintuitive move for a company whose former CEO likened Linux to cancer, but here’s why I think Microsoft might want to do it. First, Microsoft is an enterprise software company that hopes to transition its strength in that segment into the cloud-and-mobile era. And for Microsoft’s new CEO Satya Nadella, who will orchestrate that transition, an acquisition of Red Hat would be a bold stroke. Talk about thinking outside the box.

前 CEO が Linux をガンになぞらえていた企業にしては、反対の方向への動きに思えるが、それを Microsoft が望んでいるかもしれないと、私が思う理由を示していく。 まず、Microsoft は、これまでの強みを、クラウドとモバイルの時代におけるセグメントへ向けて、移行したいと考えているエンタープライズ・ソフトウェアの会社である。そして、Microsoft の新しい CEO である Satya Nadella は、その移行を周到に準備するだろうし、その意味で Red Hat の買収は大胆な一撃となる。ただし、いま話していることは、かなり常識はずれなことかもしれない。

Source: IDC

Microsoft is pitching Windows Azure as the public cloud of choice for businesses. A major stumbling block there is the fact that Red Hat Enterprise Linux, the de facto standard Linux in businesses, does not run on Azure. Why not? No one’s really saying, but my take is that Red Hat is dragging its feet because RHEL competes with Windows Server. Red Hat has no such compunction about putting RHEL on AWS, which does run RHEL, because Amazon is not an OS competitor per se — at least as the market is defined now.

Microsoft は、企業向けパブリック・クラウドの選択肢として、Windows Azure を投入している。しかし、ここでの大きな障害は、それらの企業が Linux のデファクト・スタンダードとする Red Hat Enterprise Linux が、Azure では走らないという現実である。当たり前じゃないかい? 誰もが本当のことを言っていないが、RHEL を Windows Serverと競合するため、Red Hat が足を引っ張っているというのが、私の感想である。Red Hat は、AWS 上で RHEL を走らせることについて、そのような躊躇がまったく無い。なぜなら、Amazon は OS の競争相手ではないので、大歓迎なのである。少なくとも、そのような形で、いまのマーケットは構成されてる。

The lack of RHEL on Azure is a big issue for Microsoft. Given that Microsoft has bent over backwards to make Azure hospitable to third-party OSes and tool sets (Ubuntu Linux and SUSE Linux run on it), RHEL’s absence is particularly glaring because when you talk enterprise applications from Oracle, SAP et al., RHEL is Linux (sorry Oracle Linux, you’re not there yet.)

Azure で RHEL が欠落していることは、Microsoft にとって大きな問題である。サードパーティの OS や Tool Set を Azure 上でホストしようと、Microsoft が懸命に努力していることを考えると(Ubuntu Linux と SUSE Linux には対応)、RHEL の不在が目立ってしまう。なぜなら、Oracle や SAP などのエンタープライズ・アプリケーションを前提にすると、RHEL が Linux だからだ(残念ながら Oracle Linux は発展途上)。

Neither Red Hat nor Microsoft would comment on why RHEL won’t run on Azure but sources close to Microsoft said customers ask the company about Red Hat support all the time and it has to refer customers back to Red Hat. Their thinking is that nothing can pressure a company to action more than customer pressure, but still, no dice.

Red Hat も Microsoft も、RHEL が Azure で走らない理由についてはノー・コメントだろう。しかし、Microsoft に近い情報筋によると、いくつかの顧客は Red Hat をサポートするよう要求しており、そのことが Red Hat にも伝わっているようだ。どちらも、顧客からのプレッシャーに勝るものはないと捉えているはずだが、まだ、サイコロは回り始めていない。

Red Hat is affordable

If you look solely at the numbers, Microsoft could do this deal easily. The market value of Red Hat stock is about $11.2 billion. Subtracting its $1.3 billion in cash, Red Hat would cost $9.9 billion. A 20 percent premium would put the purchase price at more like $12 billion. As one of my Wall Street friends put it, since Microsoft has about $84 billion cash in the bank, it could do this acquisition with its eyes closed.

単に数字だけを見るなら、Microsoft は簡単に買収できるだろう。Red Hat の市場評価額は、$11.2 Billion である。そこから、手持ちのキャッシュである  $1.3 Billion を差し引けば、Red Hat の買収に費やされるコストは $9.9 Billion となる。さらに、20% のプレミアムを付けても、$12 Billion で収まる。私の Wall Street フレンドによると、Microsoft の銀行預金は $84 Billion ほどなので、その支出に目をつむれば、買収は可能となる。

Antitrust hurdles are big but not insurmountable

Analysts, including Gigaom Research’s own MSV Janakiram, said no such transaction would pass regulatory muster. Taken together, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and Windows Server would comprise 87 percent of the server operating environment market, according to IDC analyst Al Gillen — who was also dubious about my premise.

Gigaom Research が所有する MSV の Janakiram や、その他のアナリストたちは、そのような取引が、当局に規制されないはずがないと言う。そして、Red Hat Enterprise Linuxに(RHEL)と Windows Server を合算すると、サーバー・オペレーティング市場の 87% に達してしまうと、私の考えに疑問を呈していた、IDC のアナリストである Al Gillen は述べている。

That number would give regulators pause if they define the market as server operating systems running inside company data centers. But if they were to factor in what’s running in Google and Amazon Web Services and other clouds, the picture could be much different. And we all know that lawyers can redefine the affected market when it painting a prospective acquisition in a rosy, competitive light.

この数字の捉え方だが、企業のデータセンター内で実行されるサーバー OS を前提に市場を定義するなら、当局は規制を行うだろう。しかし、Google や AWS といったクラウドで、どのような比率で、何が動いているのかを計算するなら、そのイメージは大きく異なるものになるだろう。買収劇を押し通すことに価値があり、すべてがバラ色に塗り替えられるとなったとき、弁護士たちが影響をうけるだろう市場を再定義してしまうことを、私たちは知っている。

In that universe, Windows Server plus RHEL might not be dominant at all. According to figures from The Cloud Market, nearly 60 percent of all Amazon Machine Images (AMIs) run Ubuntu Linux, while 6.3 percent run Windows and 5.9 percent run Red Hat. And I’m pretty sure Google runs zero Red Hat Linux or Windows.

この世界では、Windows Server だけではなく RHEL も、支配的だとは言えないだろう。The Cloud Market の統計によると、Amazon Machine Images(AMI)の約 60% は Ubuntu Linux を実行しており、Windows と Red Hat の比率は 6.3% と 5.9% に過ぎない。さらに言えば、Google が Red Hat Linux と Windows を実行している確率はゼロだと、私は確信している。

Source
The Cloud Market

And, if regulators can approve the US Airways and American Airline or Comcast and NBC Universal mergers, I think all bets are off. I’ve seen strange things happen in the software world, including Oracle’s acquisitions of Siebel Systems and PeopleSoft in blockbuster deals that consolidated much of the enterprise applications market.

たとえば、US Airways と American Airline もしくは Comcast と NBC Universal の合併を、規制当局が承認するかとなると、そこに一銭も賭ける気はしない。しかし、ソフトウェアの世界では、Oracle による Siebel Systems PeopleSoft の買収といった、エンタープライズ・アプリケーションの市場を統合してしまう、奇妙な光景を目の当たりにしている。

Those transactions taught me to never say never. So go ahead, use the comments below to (politely, please) to let me know what you think.

これらの取引が教えてくれたのは、Never Say Never である。そう、前へ進むしか無いのだ。 あなたの考えがあるなら、以下のコメントで、なるべく丁寧に教えて欲しい。

Feature photo courtesy of Shutterstock user Jorge Salcedo

Related research

An analysis of Windows Azure’s strengths and weaknesses February 2014
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look December 2012
The promise of SDNs in the enterprise November 2012

ーーーーー

TAG indexなかなか、面白い視点からの考察です。 先日に、「 Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける 」という抄訳をポストしましたが、オープンソースを活用することで、ユーザーだけにではなくクラウド・プロバイダーにも、計り知れないメリットがもたらされるはずです。 その名称が、Windows Azure から Microsoft Azure に変わったのも、 Windows の枠組みに制約されない、新たなクラウド戦略の確立という意志の現れだと思います。 Linux は ガンだと言ってしまった CEO も退任したわけですし、これまでのシガラミを解いて、いろいろなことに柔軟に対応して欲しいですね。 image

ーーーーー

<関連>

Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

Comments Off on Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Posted in .Selected, Asia, Google, Strategy by Agile Cat on April 16, 2014

Cloud platform for Taiwanese enterprises rolled out by Google
http://wp.me/pwo1E-7pr
The China Post – April 16, 2014
http://www.chinapost.com.tw/business/company-focus/2014/04/16/405461/Cloud-platform.htm

TAIPEI — Google Inc. rolled out its cloud computing-based platform for enterprises in Taiwan yesterday on its first stop of an Asian tour to promote its cloud business services.

TAIPEI — クラウド・ビジネス・サービスを促進するために、アジア・ツアーを展開している Google だが、その最初の訪問国である Taiwan で、クラウド・コンピューティングをベースにした、ローカル企業のためのプラットフォームを披露した。

The Web search giant said the Google Cloud Platform will enable developers to build, test and deploy applications on Google’s infrastructure, including computing, storage and application services designed for Web-based, mobile and backend solutions.

この Web サーチの巨人が言うには、Google Cloud Platform によりデベロッパーたちは、アプリケーションの構築/テスト/ディプロイを、Google インフラ上で実現することになる。そして、このインフラには、Web/Mobile/Backend ソリューションのためにデザインされた、コンピューティング/ストレージ/アプリケーションのサービスなどが含まれる。

Google said it has added new language support for traditional Chinese and Japanese versions of the cloud platform’s website, and will later introduce the platform to more Asian markets, including Japan, South Korea and Hong Kong.

さらに Google は、このクラウド・プラットフォームの Web サイトで、新たな言語として Traditional Chinese と Japanese をサポートし、また、Japan/South Korea/Hong Kong などを含むアジア市場へ向けて、このプラットフォームを紹介していくことになる。

Daniel Powers, director of global sales for the Google Cloud Platform, told a press conference in Taipei that Google has spent 15 years building its cloud computing infrastructure.

Google Cloud Platform の Director of Global Sales である Daniel Powers は、Taipei で開催されたプレス・カンファレンスにおいて、同社が 15年を費やしてきた、そのプラウド・プラットフォーム・インフラについて説明した。

The company is glad to make that infrastructure available for developers and businesses around the world to help them build applications and scale up their businesses, he said.

そして、Daniel Powers は、世界中のデベロッパーやエンタープライスによる、アプリケーション構築とビジネス展開を支援するために、このインフラストラクチャを利用してもらえることを、嬉しく思うと述べている。

Google charges a basic fee for the business services based on the number of e-mail accounts opened. It said that businesses using the services can save money compared to the amount it would cost them to set up the same infrastructure on their own.

Google が言うには、それらのエンタープライスがすでに開設している、電子メールのアカウント数をベースにして、このビジネス·サービスをディスカウントしていくようだ。つまり、このサービスを利用するエンタープライズは、同一のインフラを活用するため、全体的な費用を低減できることになる。

Paid services on the platform, such as the Cloud Storage online storage solution and the Google BigQuery analytics tool for multi-terabyte datasets, are also now priced 30 to 85 percent lower than their previous versions, Google said.

このプラットフォーム上の有償サービスである、オンライン・ストレージ·ソリューションの Cloud Storage や、テラバイト・データセットのための分析ツールである Google BigQuery なども、以前のバージョンと比べて 30%〜85% ほど値下げされていると、Google は述べている。

The Google Cloud Platform currently supports more than 4.75 million applications, and the platform’s App Engine handles 28 billion online requests for computing per day, according to Google.

Google によると、現時点における Google Cloud Platform は 4.75 Million 以上のアプリケーションをサポートし、また、このプラットフォーム上の App Engine は 28 Billion/Day のオンライン・リクエストを処理しているようだ。

Research firm IDC has forecast that the cloud computing industry will grow to US$107 billion by 2017, more than double from an estimated US$47.4 billion in 2013.

調査会社である IDC が予測するには、クラウド・コンピューティング業界の売上は、2017年には $107 Billion に至るようだ。それは、2013年の $47.4 Billion と比較して、二倍以上の成長となる。

ーーーーー

imageいまは、16日の 5AM ですが、この China Post の他にも、以下のニュース・サイトが Google のアジア展開を報じています。また、 Google の日本語サイトも見てみましたが、上記の「ディスカウント」に関する記載は見つかりませんでした。どのような料金体系にしてくるのか、とても気になりますね。ac-stamp-232

Google Cloud expands footprint into Asia Pacific zones ZDNet 
Google steps up competition with Amazon, expands Cloud Platform to Asia InfoWorld 
Google Cloud Platform Expands To Asia Pacific With 2 New Compute Engine TechCrunch
Google fires up Asia Pacific region Cloud Platform ZDNet
Google bolsters global cloud presence with Asian data centers SiliconANGLE

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?

Comments Off on Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

Posted in .Selected, Google, Interoperability, PaaS by Agile Cat on September 12, 2013

Google defends, quantifies App Engine lock-in concerns
http://wp.me/pwo1E-6Cw
By
Derrick Harris – JUL. 9, 2013
http://gigaom.com/2013/07/09/google-defends-quantifies-app-engine-lock-in-concerns/

_ Gigaom

Summary: Google App Engine’s engineering director, Peter Magnusson, took to Google+ on Tuesday to dispute a lingering reputation the company is trying to lock in developers with its PaaS offering.

Summary: 火曜日のことだが、Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、同社が提供する PaaS により開発者をロックするという、いつまでも消えない評判を戦うために、Google+ に登場した。

photo: Shutterstock / Mopic

Google App Engine engineering director Peter Magnusson has some good news and some bad news about his product. The good news: Contrary to its reputation among some people, Google isn’t locking anybody in by design. The bad news: In practice, it is kind of locking in developers, though.

Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、自身のプロダクトに関して、いくつかの Good News と Bad News を持っている。Good News:何人かの人々が言う悪評に反して、Google はデザイン面で誰もロックしていない。 Bad News:しかし、実際のところ、それは開発者をロックする、ある種のものである。

Magnusson laid out his case in a lengthy Google+ post Tuesday morning in which he explains away lock-in as a case of necessary trade-offs. Essentially, he argues, you can either have access to the guts of the infrastructure and the flexibility — and operational effort — that comes along with that, or you can free yourself of those headaches by using someone else’s abstractions. If you’re using App Engine, that means you also get to use rad features such as Datastore and take advantage of Google’s know-how around things such as load balancing and fending off DDoS attacks.

火曜日の朝の長い Google+ ポストで Magnusson は、必要なトレードオフのケースとして、ロックインとは切り離した自身の経験について説明している。彼の基本的な主張は、インフラとフレキシビリティの本質にアクセスし、また、それに伴う運用上の取り組みを達成できるというものである。さもなければ、他の誰かが考えた、抽象化の概念を用いて、それらの悩みから自身を解放できるという。 つまり、あなたが App Engine ユーザーなら、すでに Datastore などの素晴らしい機能を利用し、また、ロード・バランシングや DDoS 対策といった、先進的な機能を利用していることになる。

With the right practices, portability is possible

Additionally, Magnusson writes, there are generic best practices developers can use to create applications that should be relatively easy to port between modern web application platforms. And, he continues:

それに加えて Magnusson は、アプリケーション構築にデベロッパーが用いる、汎用的なベスト・プラクティスが存在しており、最新の Web アプリケーション・プラットフォームを結びつけるために、それほど難しくなく移植できるはずだと述べている。さらに続けて:

“The stacks that these abstractions map to are replaceable by you. The Google Cloud Datastore is “just” anther NoSQL/NearSQL solution and can be replaced by stacks such as MongoDB; memcache is memcache; MySQL can obviously replace Google Cloud SQL; and the language containers are mostly forward compatible with other containers. Significant portions of the client environment, such as NDB, are open sourced by us already. When we add new building blocks like the Go language, we open source the whole language.”

これらの抽象概念がマップするスタックは、あなたによりリプレースが可能である。たとえば Google Cloud Datastoreは、まさに別の NoSQL/ NearSQL ソリューションであり、MongoDB といったスタックによりリプレースできる。 memcache は memcache のままであが、言語コンテナは他のコンテナに対して上位互換性を持つ。たとえば NDB などの、クライアント環境における重要な部分は、すでにオープンソース化されている。 さらに言えば、Go 言語のような新しいビルディング・ブロックを追加するとき、その言語全体が、オープンソース化されていく。

Want more proof? Magnusson points to Google’s partnership with open-source App Engine implementations such as AppScale, as well its work with Red Hat to bring the App Engine APIs to the JBoss and OpenShift platforms. Oh, and the rollout of the Google Compute Engine platform for users who really do want control at the infrastructural level.

これ以上の証明が、必要とされるだろうか? Magnusson は、オープンソース App Engine 実装する、たとえば AppScale と Google のパートナーシップを指摘するだけではなく、JBoss および OpenShift のプラットフォームに、App Engine の API を取り込むための、Red Hat との協業にも触れている。そして、インフラレベルでのコントロールを必要とするユーザーに対しては、Google Compute Engine プラットフォームを展開しているのだ。

The App Engine homepage.

Now here comes the “but …”

All that said, there is the cold, hard truth that running on a platform like Google App Engine (or, one could argue, almost any other cloud platform) inherently involves some degree of lock-in. Google does exit interviews with large-scale customers when they leave, and it has found the average time for them to successully move their application to a new platform is three to four months. “I would posit that this is not materially worse than any other public-cloud-to-public-cloud transition once you have a complex system up and running,” Magnusson wrote.

ここで述べてきた、すべての事柄を、Google App Engine(大半のクラウド・プラットフォームも同じだといえる)のような、いくつかの点でロックインと本質的に絡み合うプラットフォーム上で実現するにしても、ある種の冷たい響きを拭い去れない。 大口の顧客が Google から去るとき、彼らは出口インタビューを行なっている。 そして、それらの顧客が、新しいプラットフォームへアプリケーションを移動するために、平均で 3~4ヶ月を要しているという事実を見つけた。「それは、複雑なシステムを構築/運用し始めた後に、あるパブリック・クラウドから他のパブリック・クラウドへと移行するのと比較して、大きく悪化することはないと、私は仮定していたのだろう 」と、Magnusson は述べている。

All biases considered, Magnusson does make some good points. I’ve argued essentially the same thing before about Amazon Web Services — it’s a matter of expectation lock-in more than technological lock-in — and it probably holds true for just about every Platform-as-a-Service and Infrastructure-as-a-Service offering around. You could technically rewrite an application for any number of similar database or storage services, for example, but it’s the parts you like about a particular provider’s service that are hard to replicate.

すべてのバイアスを考慮した上で、Magnusson は、いくつかの興味深い点を指摘している。以前に、Amazon Web Services について、本質的に同じことだと主張している。 それは、テクニカルなロックインというより、期待どおりのロックインである。そして、おそらく、ほぼすべての Platform-as-a-Service と Infrastructure-as-a-Service について言えることでもある。 たとえば、技術面で類似したデータベースやストレージ・サービスへ向けて、あらゆるアプリケーションを書き換えられるだろうが、特定のプロバイダが提供するサービスを好むなら、その複製も難しくなってしまう。

Even with an open source project like OpenStack, easy portability isn’t guaranteed. Yes, the underlying code and building blocks might be the same, but it’s the differences among OpenStack-based providers that makes a market. If everyone looked and functioned exactly the same, there would be no reason to consider anything other than Rackspace in the public cloud.

OpenStack のようなオープンソース・プロジェクトであっても、容易なポータビリティが保証されるわけではない。Yes! 基本的なコードやビルディング・ブロックは同じかもしれないが、そこには、市場を構成する OpenStack ベース・プロバイダごとの差異がある。誰もが見ても、まったく同じように機能するなら、パブリック・クラウドにおいて、Rackspace の以外の環境を検討する必要もなくなるだろう。

Beside, moving a serious application from one cloud to another will never be enjoyable no matter how architecturally similar they are. Although, management layers such as RightScale, Scalr or Enstratius (now Dell Multi-Cloud Manager) could help mitigate some of that pain, and the Cloud Foundry community is trying to make portability among Cloud Foundry instances, at least, relatively pain-free.

話はそれるが、きわめて重要なアプリケーションを、あるクラウドから他のクラウドに移行することは、どれほどアーキテクチャが似通っていても、決して楽しい作業ではない。しかし、RightScale や、ScalrEnstratius (現 Dell Multi-Cloud Manager)などのマネージメント・レイヤを用いることで、その痛みも、いくぶんは軽減されるかもしれない。また、Cloud Foundry のコミュニティでは、Cloud Foundry インスタンス間でのポータビリティを実現しようとしている。そうなれば、少なくとも、痛みから開放される。

As with so many things in life, the “which cloud to choose?” debate really boils down to picking your poison. You can probably count on loving some aspects and hating others. But you’re also probably stuck with it for a while, so choose carefully.

人生における数多くの物事と同じように、「どのクラウドを選ぶべきか?」という議論は、「毒を食らわば」という発想に至りやすい。 おそらく、いくつかの側面は好ましく、いくつかは好ましくないという、何らかの判断に依存することになるのだろう。しかし、多くの人びとは、まだ、躊躇しているのだろう。 だからこそ、慎重に選択して欲しい。

Feature image courtesy of Shutterstock user Mopic.

Related research

ーーーーー

google-55a昨年の 9月にポストした、『 クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文 』という抄訳には ーーー 数多くの人々が、そうしたように、私も App Engine の学習に、長い時間を費やしてきた。そして、App Engine を使っている多くの人々のように、それは間違いなのかと案じている。なぜなら、あなたの投資と開発の産物である、あらゆるアプリケーションが、App Engine だけで走るのものになってしまうのだから ーーー という、Google Groups フォーラムに書かれたメッセージが引用されていました。抽象度が高まれば、互換性が薄れていく。 だからといって、互換性に固執すれば、イノベーションの速度が落ちていく。とても難しい問題です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
NIST の Cloud Architecture 序文
NIST の Cloud Architecture 概要
NIST の Cloud Architecture – プロバイダとユーザーのスコープ

Comments Off on Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?

Posted in .Selected, Google, PaaS by Agile Cat on July 30, 2013

New from Google App Engine just for your busy application: Dedicated memcache
http://wp.me/pwo1E-6qr

By Barb Darrow – UL. 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/new-from-google-app-engine-just-for-your-busy-application-dedicated-memcache/

_ Gigaom

Summary: If your app needs fast query performance, dedicated memcache can help with that and GAE is now offering that capability in preview form.

Summary: あなたのアプリにとって、高速クエリのパフォーマンスが必要なら、専用の memcache で対応することが可能だ。 ちょうど、いま、その機能のプレビューを、GAE が提供している。

If you’re a developer needing fast query performance for your applications, Google App Engine now has a deal for you. The just-released GAE 1.8.2 version includes a preview of dedicated memcache for just that sort of use case.

あなたがデベロッパーであり、自分のアプリのために、高速クエリーのパフォーマンスを必要としているなら、いま、それに、Google App Engine が対応し始めた。リリースされたばかりの GAE 1.8.2 Version は、そのようなユースケースにぴったりの、専用 memcache のプレビューを取り込んでいるのだ。

Memcache is a distributed object store that puts frequently accessed data in memory to ensure that it’s available fast to applications that need it.

memcache とは、分散オブジェクト・ストアのことであり、頻繁にアクセスされるデータをイン・メモリに配置し、それを必要とするアプリからの高速アクセスを保証するものである。

GAE already offered shared memcache as a default but dedicated memcache assigns “a fixed cache capacity exclusively to your application,” and is billed per the GB/hour of cache size, according to Google.

すでに GAE では、共有 memcache がデフォルトとして提供されているが、この専用 memcache は「あなたのアプリに対して、固定されたキャッシュ容量を排他的」に割り当てるというものであり、また、キャッシュ・サイズに応じて GB/時間 という請求が行われると、Google は説明している。

The charge for this service will be 12 cents per GB per hour.

具体的に言うと、このサービスの料金は、1 GB/1 Hour/12 Cent となる。

Google continues to push GAE as a for-real Platform as a Service (PaaS) that is not just a sideline to the company’s bread-and-butter internet search business. In that realm it competes with Microsoft’s Windows Azure, which (I think) offers dedicated Memcache but I’m checking into that and will update this story as appropriate.

Google は、真の PaaS として、GAE をプッシュし続けている。それは、同社の基本を支える、インターネット・サーチ事業に対して、単に付け足されるものではない。その領域では、専用 Memcache を提供している(と私は思う)、Microsoft の Windows Azure と競合していくだろう。この件に関しては、チェックし続けていくし、必要に応じてアップデートしていく。

Related research

ーーーーー

google-55a今月の初めに、『 IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ! 』という抄訳をポストしたとき、大きな発想の転換が進んでいるのだと実感しましたが、この Google App Engine に関しても、同じように捉えてしまいます。 一方は、資産として保つケースであり、もう一方は、所有から利用へというケースであり、比較することは無理だと思いますが、双方に共通する大きなウネリを感じてしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
Facebook が発表した TAO : これで MySQL と Memcached を接続する
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう

Comments Off on Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?

Google App Engine が PHP をサポートする: なぜなら 75% の Web をカバーしているから

Posted in .Selected, DevOps, Google by Agile Cat on July 4, 2013

Google App Engine finally supports PHP, the language that runs 75% of the web
http://wp.me/pwo1E-6kp
May 17, 2013 –
John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/05/17/google-app-engine-finally-supports-php-the-language-that-runs-75-of-the-web/

_ VB Dev

Two days ago, Google announced it would finally support the most popular computing language on the planet, PHP, in its platform-as-a-service offering, Google App Engine.

二日前 (5/15) のことだが、Google は自社の PaaS において、つまり Google App Engine において、地球上で最も人気のあるコンピューティング言語 PHP をサポートすると発表した。

That means that yes, at some point you’ll be able to run your little WordPress-powered blog on the biggest server farms on the planet. But it also means that major companies will be able to use Google’s famously reliable services to run their enterprise-scale “big data,” backend, and, yes, consumer web projects, all in the PHP language that that is increasingly penetrating corporations.

そう。 いくつかの点で、とても興味深いところがある。 たとえば、WordPress パワーを供給する、あなたの小さなブログを、地球上で最大のサーバーファーム上で実行できるようになる。しかし、その一方で、大手の企業群が、自身のエンタープライズ・スケールのバックエンド・ビッグデータを、Google が提供する高信頼性のサービス上で実行できることも意味する。さらに、どんどんとエンタープライズに浸透している、すべてを PHP 言語で記述されたコンシューマ Web プロジェクトも同様である。

I talked to one of the three founding fathers of PHP and current Zend CEO, Andi Gutmans, about the implications for PHP.

私は、PHP を創りだした3人のうちの1人であり、また、Zend の CEO である Andi Gutmans に、そこに含まれる 要素について話を聞いた。

It’s a busy time for the Gutmans, the open-source programming language, and Zend, the company Gutmans formed to offer commercial support and tools for PHP. Engine Yard just recently added PHP to their Platform-as-a-Service as well. And Zend is expanding quickly in the enterprise as it has recently released integrated development tools for cloud-enabled mobile applications.

いま、Gutmans は、このオープンソース・プログラミング言語と Zend のために、多忙を極めている。 そして、Gutmans は同社により、PHP に関するサポートとツールを、商用化しようとしている。つい先日だが、Engine Yard の PsaS にも PHP が追加されている。さらに言えば、クラウド対応モバイル・アプリのための、統合開発ツールをリリースしたときから、Zend の勢いがエンタープライズの領域でも急速に拡大している。

But Gutmans, though busy, is thoroughly upbeat.

たしかに Gutmans は忙しいが、とても元気である。

And for good reason: The biggest web company on the planet just added support for the most widely used programming language on the planet. And in that support is a massive implied compliment to PHP — the first non-Google programming language to be supported by Google App Engine — and a potentially major boost to Zend’s business.

それには理由がある。つまり、この地球上で最大の Web 企業が、地球上で最も広く使われているプログラミング言語をサポートし始めたのだ。その企業がサポートすることは、PHP に対する最大級の賛辞である。つまり、Google App Engine がサポートされる、Google 以外から提供されるプログラミング言語となることで、Zend のビジネスが大きく後押しされる可能性が生じたのだ。

Andi Gutmans at ZendCon 2012.

VentureBeat: Did Google talk to you before adding PHP to Google App Engine?

Google App Engine に PHP を加えるという話が、この件に先立って Google からあったのか?

Andi Gutmans: I don’t know how to answer that. I was aware that they were going to make that announcement … I’ve worked with the product manager on the project before.

どのように答えたら良いのか、よく分かららない。 彼らが発表をするつもりだったことを、私は知っていた… つまり、このプロジェクトのプロダクト・マネージャーと、一緒に働いてきたのだ。

VentureBeat: Google didn’t formally brief you?

Google からの、正式な説明は無かったのか?

Gutmans: Let’s put it this way: It’s not a surprise that a platform-as-a-service (PaaS) player that’s serious about gaining market share added PHP support. Google App Engine was almost a science project for the first few years, only supporting languages that Google used internally. But in the past few months, there’s been a real attitude from Google that we’re going to go and compete with Amazon and with Microsoft, and we’re going to do it all fronts. They’ve become very aggressive on differentiating on performance and billing.

以下のようなロジックがありあるだろう。 つまり、マーケットでのシェアを真剣に獲得しようとする PaaS プレーヤーが、PHP をサポートすること自体は、それほどの驚きではない。Google App Engine における、最初の数年間は科学的なプロジェクトとも言えるものであり、Google の内部で使用される言語だけがサポートされていた。しかし、最近の数ヶ月において、Amazon および Microsoft と競合していくという、Google からの真摯な表明があり、私たちも前線に立つことを決意した。Google は、性能と料金における差別化も、とても積極的になってきた。

VentureBeat: What does this announcement say about PHP?

今回のアナウンスメントにおける、PHP への言及は?

Gutmans: We have internal jokes about PHP’s web penetration and have used the stat that PHP runs 39 percent of the web because it was the only number we could get from Netcraft. But I love Google’s stat, that 75 percent of the web runs PHP. No one knows the web better than Google. If they’re trying to gain market share and gain it quickly, there’s no other language to do it with. And this is the first non-Google language they’re supporting.

PHP の Web への浸透については、内輪で冗談を言い合っていた。 また、PHP が、39% の Web で走っているという統計データを持ってはいたが、それは Netcraft だけから得られるものであった。しかし、Google は、75% の Web で PHP が使われているという、独自の統計結果を持っている。 この点について、Google 以上に、正しい情報を持つ者はいないだろう。もし、Google がマーケット・シェアを得ようとし、また、短時間で達成したいなら、他の言語という選択肢はないだろう。そして PHP は、Google がサポートする、初めての Google 以外の言語である。

VentureBeat: How’s that feel? And how are your customers reacting?

一連のことを、どのように捉えている? そして、カスタマーたちの反応は?

Gutmans: I’m definitely excited about it. When any player does something like this — especially Google — it’s a huge validation. We got emails from some of our largest customers, saying this is great … it gives our enterprise customers a higher sense of confidence. And that stat that 75 percent of the web runs PHP is great for Zend – anything that is good for PHP, by proxy is good for Zend. In addition, they said that PHP was their top-requested feature, which means the developer community was very supportive of us.

ほんとうに、素晴らしいことだと思っている。なんらかのプレイヤーが、とりわけ Google が、この種の方針を選択するとき、それは大きな検証となる。私たちの大手カスタマーからも、自身を持って使い続けるという、喜びのメールが届いている。そして、75% の Web で PHP が使われているという統計は、Zend にとって素晴らしいことである。 つまり、PHP にとって素晴らしいことは、その代理人である Zend にとって素晴らしいことになる。それに加えてカスタマーたちは、最も必要なのが PHP だと発言しているが、それは、開発者コミュニティがとても協力的だったことに他ならない。

VentureBeat: Will you offer Google App Engine Support within Zend Studio, so developers can publish to Google right from within their Zend development environment?

Zend Studio 内で Google App Engine Support が実現するのか? そうなると、デベロッパーたちは、Zend の開発環境から 、Google が所有するソフトウェアをパブリッシュ できるようになるのか?

Gutmans: We don’t know yet … it’s early and we’re exploring what kind of relationship we can have with Google. We do support Google Compute Engine — that’s a full integration and some of the larger companies who run PHP already use it — but Google Apple Engine is just launched, it’s still in experimentation mode.

その点については、まだ不明である。 時期尚早だと思うし、Google との関係を、どのようにするのかを模索しているところだ。私たちは、Google Compute Engine もサポートする。 それは、完全なインテグレーションであり、すでに PHP は使用しているエンタープライズは、それを走らせることになる。しかし、Google App Engine 用のものは、まだ、立ち上がったばかりであり、まだ、実験モードにある。

VentureBeat: What took Google so long to add PHP support?

PHP をサポートするまでに、かなりの時間が経過したが、その間に Google の得たものは?

Gutmans: I can’t speak for Google, but my assumption is that I felt that Google App Engine in the first few years was something they knew they wanted to do really well but … they kinda went down the simple easy route. But we’ve seen a significant acceleration in the past 12 months. This will be a $20 billion market by 2016, and they moved from testing the waters to being very very aggressive right now. We recently surveyed 5,000 PHP developers, asking them where in the cloud do you think you’ll deploy. Fifty-one percent said Amazon Web Services, but Google was 21 percent … and we just support Compute Engine right now. It wasn’t even on the list last year, so that’s a big jump.

Google に代わって何かを話すことはできないが、最初の数年間において Google App Engine で本当にやってみたいことを、彼らは知ることになったと、私は推測するし、そう感じている。しかし、彼らは、シンプルで容易なルートを受け入れることになった。そして、この12ヶ月における、大幅に加速を確認してきた。このマーケットは、2016年 までに  $20 billion の規模に成長するとされ、また、Google はテストからビジネスへと向けて、積極的に転換していこうとしている。 5000人の PHP デベロッパーに対する、私たちの最近の調査では、どのクラウドにデプロイメントするつもりなのかを尋ねている。 Amazon Web サービスだと  51% が回答しているが、Google も 21% だった。 そして、私たちも、Compute Engine のサポートを決めたところだ。昨年の段階では、検討もされたなかったことであり、そこには大きな躍進があったことになる。

VentureBeat: What does this mean for the little guy building in PHP or hosting a WordPress blog?

WordPress ブログを PHP で構築しホスティングする、若干の人々にとって、どのような意味があるのだろう?

Gutmans: I think it gives another option for the guys who do the small stuff, who are using shared hosting for $20/month. What’s really great for the small developer is that it’s a nice value proposition — you can start at a lower cost. And, it’s a modern platform versus shared hosting, which is quite constrained.”

小規模な開発を行う人々に対して、$20/month でシェアード・ホスティング提供するという、別の選択肢が出てくると、私は考えている。小規模な開発者にとって、ほんとうに素晴らしいことは、適切な価値で提案がなされることだ。つまり、低コストでスタートできることである。そして、私たちが提供するものは、かなり制約を受けているシェアード・ホスティングに対向する、現代的なプラットフォームである。

VentureBeat: So what does this mean for PHP overall?

今回のことは、PHP 全体に対して、どのような意味を持つのだろう?

Gutmans: The number of requests that Google got from developers was very very significant. It exemplifies what we’ve been talking about … that PHP is very broadly adopted, but also by enterprise. And that is driven by web, mobile, and cloud, which is where PHP’s sweet spot is. We’re seeing a strong tailwind behind us.

デベロッパーたちから Google への要求は、きわめて意味のある、膨大なものとなっている。それが例証するのは、私たちが話していたことである。 つまり、きわめて広範囲で、PHP が採用されているが、それがエンタープライズによるものだという事実である。そして、それは、PHP のスイート・スポットである、Web/Mobile/Cloud によりドライブされている。私たち、大きな追い風を認識している。

ーーーーー

関連:PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート: 5つの簡潔なレシピとは?

ーーーーー

TAG indexプログラミング言語も開発環境も、クラウドのフレームワークに合わせて、大きく変化していくのでしょう。 PHP というと、WordPress と Facebook が頭に浮かびますが、そのあたりについては、『Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?』という抄訳を参照してください。 また、先日にポストした『開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず』という抄訳には ーーー クラウドはアプリケーションの、デザイン/テスト/ディプロイの手法を変化させ、アプリケーション開発における優先順位に大きな影響をもたらしているようだ。ーーー という、Gartner のコメントが添えられていました。これも、とても面白いコンテントなので、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
PHP のクラウド API とオープンソース
PHP SDK for Windows Azure
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic

Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線

Posted in .Selected, BaaS, Google by Agile Cat on June 21, 2013

Google and Kinvey Take Center Stage in Mobile BaaS
http://wp.me/pwo1E-6gB
Posted on
June 5, 2013 by anniebourne
http://kinveyposts.wordpress.com/2013/06/05/google-and-kinvey-take-center-stage-in-mobile-baas/

_ Kinvey

You may have seen this drama play out before …

こんなドラマを、以前に見たことがあるかもしれない…

Act 1:  Entrepreneurs see a problem emerging and start new companies to fix it.

Act 2:  Giant tech companies gradually awaken to the gap in their offerings.  First they discount it.  Then they study it.  Then they decide to build, buy, or partner to bolster their juggernauts.

第1幕 :  起業家は新たな問題が生じていることを認識し、それを修正するために新会社をスタート。

第2幕:  大手ハイテク企業は、マーケットと自社製品のギャップに、徐々に気づき始める。最初は、それを割り引いて捉える。続いて、それらを研究する。そして、辻褄を合わせるために、開発/提携/買収という手段に出てくる。

This familiar theater is playing out in the Backend as a Service (BaaS) industry.  In Act 1, start-ups like Kinvey saw that inefficiencies in backend development were impeding app development.  Specifically, developers had to write the same backend code, over and over, for every mobile app they published.  Different developers would write these components in different ways, so recycling code was difficult.  So the BaaS industry emerged to create a “middleware for mobile” — unifying the code, making it available to developers in neatly ordered, standardized libraries, that scaled well in the cloud.

この、お馴染みの舞台劇が、 Backend as a Service (BaaS) 産業で演じられている。第1幕において、Kinvey などのスタートアップたちは、バックエンド開発の非効率性が、アプリ開発を妨げてるることを見抜いていた。具体的に、開発者たちはモバイル・アプリを提供する度に、同じバックエンド・コードを、何度も何度も記述する必要があった。それぞれの開発者が、それぞれの手法で、それらのコンポーネントを記述しているため、コードの再利用が難しかった。したがって、この BaaS 産業は、モバイルのためにミドルウェアを創造するために登場したことになる。それは、コードを統一し、整理された方式で開発を進め、標準化されたライブラリを利用することで、クラウド上でのスケーリングを促進することに他ならない。

In Act 2, a new set of performers — base-level infrastructure players, like IaaS and PaaS giants — have taken the stage.  Whether through partnerships (Rackspace), product development (Google, Salesforce), or acquisition (Intel, Facebook), they are making carefully orchestrated moves on both sides of the curtain. Yet when it comes to the “built” solutions, we agree with GigaOm, which said the pure-play BaaS providers “offer broader feature sets and support for numerous mobile platforms.”  But the broader message — that the larger infrastructure players are considering mobile backend services to be a strategic overlay on top of PaaS — is a critical realization for the industry.  Said another way, PaaS can extend the functionality of BaaS. And to this end, Google has, quite literally, doubled down on its commitment by first announcing its own Android-specific BaaS for lightweight consumer apps, and then partnering with Kinvey to provide a solution for those developing sophisticated, cross-platform consumer apps and secure, data-intensive enterprise apps.

第2幕では、新たな役者たちが加わってくる。つまり、IaaS や PaaS といった、基本レベルのインフラ・プレーヤーたちがステージに登場してくる。開発(Google, Salesforce)と、提携(Rackspace)、買収(Intel, Facebook)という役柄をわきまえながら、彼らは上手と下手のカーテンへと歩みを進め、舞台へ登場するタイミングを慎重に測っている。しかし、組込みのソリューションとなると、ピュアな BaaS プレイヤーたちが、「 広範囲におよぶ機能セットを、多様なモバイル・プラットフォームでサポートしている」という GigaOm の発言を、私たちは支持する。 ただし、大手のインフラ・プレイヤーたちが Mobile Backend Services を、PaaS 上に戦略的にオーバーレイさせようと考えていることも、より広義なメッセージであり、また、この産業にとって重要な実現でもある。そして、もう1つの要因は、PaaS が BaaS の機能を拡張するという話である。そして、Google は文字どおり、この目的を達成するために、ライトウェイトなコンシューマー・アプリ用の、Android に特化した最初の BaaS を発表することで、コミットメントを倍増している。続いて、クロス・プラットフォームに対応する、洗練されたコンシューマ・アプリと、データ集約型のセキュアなエンタープライズ·アプリの開発を促進するために、そのプロバイダーである Kinvey と提携した

On Monday, Google announced their Mobile Backend Starter product, based on Google App Engine, which provides a viable BaaS option for many Android applications.  Then, two days later, Google expanded their offerings by partnering with Kinvey to provide a full-featured BaaS platform for enterprises to securely mobilize their ISV applications and legacy data.  Together the companies will provide enterprise developers with access to advanced BaaS features including security, online-offline caching, as well as a simplified way to run complex code on Google App Engine’s Platform as a Service.

月曜日(6/3)のことだが、Google は GAE(Google App Engine)をベースにした、Mobile Backend Starter というプロダクトを発表した。 それにより、多様な Android アプリのために実行が可能な、BaaS のオプションを提供することになる。そして、その二日後に Google は Kinvey と提携した。 それにより、ISV のアプリやレガシー・データを安全にモバイル化していくエンタープライズに対して、フル機能の BaaS プラットフォームを提供するかたちへと自身の提案を拡大することになった。この両社の提携により、セキュリティやオンライン·オフライン・キャッシュなどを含む先進の BaaS 機能に、エンタープライズの開発者たちはアクセスできるようになる。ただし、それだけではなく、Google App Engine という PaaS において、複雑なコードを実行するための、シンプルな方式も提供されるのだ。

We are thrilled to be part of this fast-moving drama. And we’re eager to see the curtains open for Act 3.   What do you think we’ll see next?

私たちは、このドラマの、添付の良い展開に興奮している。 そして、さらに、第3幕が開くのを熱望している。 どのようなドラマが続くのか? あなたの予想は?

ーーーーー

TAG index先日に、『 Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線 』という抄訳で、Mobile Backend Starter についてお伝えしましたが、同じものを Kinvey 側の視点から見たものが、このプログ・ポストなのでしょう。 Agile_Cat 的には、Facebook の Open Graph を、この Kinvey からの情報で学んだという経緯があるため、Facebook + Parse 対 Google + Kinvey みたいな構図になってしまうと、ちょっと複雑なのですが、なんらかの再編が、この BaaS の世界に訪れているのかもしれませんね。久々の、Annie Bourne さんのポストですが、さすが主筆という、格調が感じられる文章です。image

ーーーーー

<関連>

モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
iOS のエコシステムとは? Apple ビジネスの規模を推測し、そのポリシーを学ぶ
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?

Comments Off on Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする

Posted in .Selected, Google, PaaS by Agile Cat on June 5, 2013

Google App Engine Case Studies: The API that Helps Create Groundbreaking Work
http://wp.me/pwo1E-6cv

Greg Bates, April 12th, 2013
http://blog.programmableweb.com/2013/04/12/google-app-engine-case-studies-the-api-that-helps-create-groundbreaking-work/

_ ProgrammableWeb

What do Angry Birds, car sharing, the game Ruzzle, and Khan Academy all have in common? They’ve boosted their operations as clients of the Google App Engine. Apps are implemented using Python, with Java as a second language, making AJAX web applications feasible.

Angry Birds と、カー・シェアリング、ゲーム・パズル、そして、Khan Academy に共通するものは、いったい何なのだろう? それらは、Google App Engine のクライアントとして、その運用をブーストしているのだ。 そして、アプリの実装は Python により行われ、第二言語として Java も提供され、AJAX Web アプリケーションを量産しているのだ。

The App Engine API claims to help their developers do groundbreaking work. As Programmableweb’s own Romin Irani shows the reason is they work at it. Google App Engine has been consistently releasing updates month after month, and he notes one particularly significant one at the  end of 2012, “release 1.7.4 is significant in the fact that several APIs that were experimental in nature till now have been upgraded to General Availability (GA) Status.” In a followup post, Irani notes that Google added cloud endpoints and Java 7 support.

この App Engine API により、素晴らしい開発効率が達成されると、Google は主張している。 ProgrammableWeb の Romin Irani が、それを仕事に使う理由を示している。 これまでの Google App Engine は、毎月ごとにアップデートをリリースしている。 「 その中でも、2012年の最後にあたる Release 1.7.4 は重要であり、それまでは実験的なものであった、​​いくつかの API が、General Availability (GA) Status にアップグレードされた 」と、Romin Irani は述べている、 そして、それに続くブログ・ポストで、Google がクラウド·エンドポイントと、Java7 のサポートを追加したと指摘している。

Google posted a series of case studies on how these companies use the App Engine. Let’s take a look at Khan Academy first.

Google は一連のケース・スタディとして、前述の企業が App Engine を用いた手法についてポストしている。まず、 Khan Academy  から見ていこう。

The Khan Academy case study has been instrumental in being able to turn out top quality learning videos for high school and college students to use–for free. Founder Salman Khan has rocketed to fame on their popularity, getting funding from Bill Gates, and according to Forbes, grabbing the attention of 10 million students. But such growth poses problems, not the least of which are back end service issues like keeping your servers running, not something you can focus on when you’re creating some of the best videos out there every day. As the nonprofit’s lead developer , Ben Kamens, put it, keeping things inhouse would have diminished the quality of what they do, he told Forbes.


Khan Academy のケーススタディ は、高校と大学の学生たちのために、無償で利用できる最高品質のラーニング・ビデオを作成することに注力している。  Forbes によると、Founder である Salman Khan は、Bill Gates から資金を得たことで知名度を急上昇させ、その結果として 10万人の学生に注目されるようになった。しかし、このような成長がもたらす問題として、サーバーを走らせてバックエンド・サービスを供給することができなくなり、日課であるビデオ作成を行うべきときに、なんらかの別のことに時間と神経を取られてしまう状況がある。 無給のリード開発者である Ben Kamens は、彼らの望みをインハウス・システムで実現しようとしても、その品質を劣化させてしまうと、Fobes に語っている。

“With Google App Engine, we don’t need a system administrator or anyone dedicated to deploying our app, so 99 percent of our time is spent working on our application…A lot of what the Khan Academy is about is collecting data on student behavior so we can teach them better,” Kamens says. “Did they use a hint? Have they watched the video before? That data is being stored on Google App Engine so we can figure out what the most effective videos are, or where students struggle the most.”

「 Google App Engine を使用すると、アプリをディプロイするためのシステム管理者などが不要になり、私たちの時間の 99% と、アプリケーション開発に費やすことができる・・・  Khan Academy は、学生の行動に関する、大量のデータを収集しているからこそ、適切な学習を推進できる。彼らはヒントを活用しているか? 以前にビデオを見ているか? Google App Engine 上にデータがストアされていれば、最適なビデオや、学生が苦労しているところを把握できる」と、Kamens は発言している。

The Khan Academy provides individual profiles to students so they can analyze their learning progress, which means the organization needs systems running in the background to collect and track of all this data. Because Google App Engine takes care of server support, the Khan Academy’s five developers can spend almost all of their time improving site functionality.

Khan Academy は、それぞれの学生にプロファイルを提供することで、彼らが学習の進捗状況を分析できるようにしている。 そのためには、すべてのデータを収集し、トラッキングするための、バックグラウンドで動作するシステムが必要となる。その点、Google App Engine は、サーバーのサポートを自動化してくれるので、Khan Academy の 5人の開発者は、その時間の大半を、サイトの機能改善に費やすことができる。

In the friendliest form of gotcha journalism I’ve seen in a while, the Forbes article quotes him responding, again, to the suggestion that he should have been for-profit.

しばらくの間で見てきた中で、最もフレンドリーなジャーナリズムは Fobes である。 その記事では、彼のコメントを引用しながら、もっと利益を追求すべきだと、繰り返して示唆しているのだ。

Khan is nonplussed. “Being a billionaire is sort of passé,” he shrugs. “It’s ironic. When I used to try and describe what the Khan Academy was, I would tell people that if I were a for-profit, I would be on the cover of Forbes.”

Khan は当惑しながら、「 億万長者になることは、時代遅れのようなものだ」と肩をすくめる。 そして、「 それは皮肉なことだ。 Khan Academy の意味について、これまでに私が説明してきたとき、もし、利益を追求したいのなら Fobes の表紙に出ると、人々に言ってきたのだから」と続けている。

All of the case studies are worth the read, but let’s just look at one more here, Rovio and Angry Birds. Surprisingly like Khan Academy, Rovio faces a herculean task of scaling up so that its infrastructure supports demand. The Google App Engine became imperative as soon as Rovio expanded from mobile to web browsers. As Stefan Hauk, the lead server developer for Rovio’s web games put it, these days things start big,

すべてのケース・スタディには、それを読むだけの価値があると思うが、ここでは Rovio と Angry Birds について、取り上げてみたい。驚くべきことに、Rovio も Khan Academy と同様に、需要に対応するインフラをサポートするために、スケールアップという困難なタスクに直面している。 モバイルから Web にいたるまでのブラウザに、Rovio が対応し始めるとすぐに、Google App Engine が不可欠になった。Rovio におけるサーバー開発者として、Webゲームをリードする Stefan Hauk は、そのときから、私たちは大きな存在になったと表現する。

“Our web games tend to be popular immediately, so we don’t have the option of scaling them over time. Google App Engine makes the process painless, since it can instantly launch as many servers as we need…There have been times when we’ve been asked to build a customized game in a week or two. We know that App Engine will enable us to do this and that it will scale for us no matter how many users we get.”

「 私たちの Web ゲームは、すぐに人気者になるという傾向にあった。 したがって、時間をかけながらスケールしていくという、選択肢は存在しなかった。Google App Engine であれば、必要とするだけのサーバーを、瞬時に立ち上げられるため、そのプロセスにおける痛みを取り除くことが可能であった・・・ カスタマイズされたゲームを、1~2 週間で構築しなければならないときもあった。しかし、App Engine であれば、それに対応できることが分かっていたし、どれだけのユーザーが押し寄せてきても、スケールしていくことが可能だと、私たちは認識していた」

Features of Google App Engine that are popular with Rovio include the perfomance boosting Memcache API, High-Replication Datastore, task queues, and authentication through the users API. But the best feature? That’s probably the end of all that after-hours on call work dealing with server issues. That’s disappeared, Hauk says, because “Google App Engine just works.”

Rovio が注目する Google App Engine の特徴には、Memcache API および、High-Replication Datastore、タスク・キュー、ユーザー API を介した認証という、パフォーマンスを高める機能が含まれる。しかし、一番の特徴は何なのだろう? それは、おそらく、サーバーを立ち上げた後に行うべき確認の作業が、完全に姿を消したということだ。 その、すべてを、Google App Engine が肩代わりしてくれると、Hauk は発言している。

ーーーーー

TAG indexちょっと、ポストの順序が前後してしまいましたが、先日の『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』 よりは、こちらの方を先に訳していたのです。 そのときは、へぇ~ っと思っていましたが、なかなか、どうして、しっかりとシェアも確保しているようで、予想以上の大健闘というのが、正直なところの感想です。 いろいろな説が飛び交っていますが、PaaS が、着実にシェアを伸ばしているのでしょうね。面白くなりそうです! image

ーーーーー

<関連>

アプリケーション・ベンダーのシフトにより、PaaS 市場は成長していく
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST

Comments Off on Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする

%d bloggers like this: