Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 1, 2016
Internet of Things (IoT) and Manufacturing: Sensor Technology will be the Enabler of IoT in Manufacturing
By Dick Weisinger – July 27th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-and-manufacturing-sensor-technology-will-be-the-enabler-of-iot-in-manufacturing/
_ formtek
The IoT market is big and growing rapidly.  A report from Credence Research estimates that the global IoT market was worth $690 billion in 2015 and that it will grow each of the next seven years by an average of nearly 16 percent.  Gartner estimates that this year we will have 6.4 billion ‘things’ already connected, up 30 percent from last year.
 
IoT のマーケットが、急速かつ大幅に成長している。Credence Research のレポートによると、グローバルにおける IoT マーケットは、2015年に $690 billion に達し、今後の 7年間を平均すると、約 16% の勢いで成長すると推定されている。また、Gartner は、2016年に接続されるモノは 64億個に達し、前年比で 30% の増加にいたると推定している。
 
Escher_1One area that is ripe for the deployment of IoT technology is manufacturing.  To date, adoption in the manufacturing sector has been relatively low.  The potential is that equipment on the factory floor can be equipped with sensors, and the collected sensor data can then be fed back into both control and business decision systems.  GE, for example, focuses on the term IoT relative to a manufacturing and industrial setting and calls it the Industrial Internet of Things (IIoT).
 
IoT テクノロジーの展開において、機が熟している領域としては製造業が挙げられるが、この業界での IoT 採用率は、今日に至るまで相対的に低かったとされる。工場の中にセンサーを装備していくことに関しては、きわめて大きなポテンシャルがあり、そこで収集されたセンサー・データは、工場のコントロールとビジネスの意思決定ために、フィードバックされていくことになる。GE の場合は、製造業および工業を前提にして IoT にフォーカスしており、Industrial Internet of Things (IIoT) と呼ばれる概念を提示している。
 
A survey by BI Intelligence found that 96 percent of executives from companies of greater than $1 billion in size thought that industrial IoT will be critical for their business success.  60 percent of executives thought that IIoT is having a big impact on their operations.
 
年商が $1 billion 以上の企業に対して、survey by BI Intelligence が実施した調査によると、
ビジネスを成功させるためには、製造表のための IoT が重要になると、96% の経営者たちが答えている。また、IIoT が製造業に対して、大きな影響を与えていると捉えている経営者たちは、60% に至ることも明らかになった。
 
Iain Gillott, president and founder of iGR, said that “several key drivers, such as decreased costs and increased throughput and yields, may prompt more manufacturers to deploy IoT solutions.  Therefore, over the next five years, expect a growing number of wireless IoT sensors to be used by the manufacturing industry.”
 
iGR の President and Founder である Iain Gillott は、「たとえば、生産能力や歩留まりを高め、コストを削減するという観点で、いくつかの重要な要素がある。それにより、製造業者たちに IoT ソリューションを展開させるという力が働いていく。おそらく、これからの 5年間において、製造業で利用されるワイヤレス IoT センサーが、増大していくと予測される」と述べている
 
ーーーーー
On MondayIoT というと、フィールドでのセンサー・データの利用に目が行ってしまい、製造業での活用に関しては、あまり触れられないという状況だったと思われます。また、従来からの FA もあり、新たに IoT を採用するというよりは、リプレイスになるというケースが多いのかもしれません。その意味で、やや出遅れているのでしょうが、GE の言う IIoT などが具体化されるにつれて、そのマーケットも着実に伸びていくはずです。それにしても、2015年に $690 billion に達したという、IoT のマーケットは大きいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
 

Comments Off on IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について

Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Posted in .Selected, Hybrid, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on December 7, 2015
Cloud Computing: Enterprises Accelerate Move to Public Cloud
Dick Weisinger – November 30th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-enterprises-accelerate-move-to-public-cloud/
_ formtek
The trend to the cloud is accelerating, and many think that ultimately most enterprises will be running their operations in the equivalent of the public cloud.  While many vendors are focusing now on the hybrid cloud, others think that many enterprises may just leapfrog to the public cloud.
 
クラウドへと向けた流れが、加速している。最終的にはパブリック・クラウドと同質の環境で、大半のエンタープライズ・システムが運用されるようになると、数多くの人々が考えている。現時点では、数多くのベンダーがハイブリッド・クラウドにフォーカスしているが、相当数のエンタープライズがパブリック・クラウドへ向けてジャンプすることになるという、可能性を指摘する人たちもいる。
 
Chagall_17In September, GE and Capital One, for example, announced that they are in the process of moving their complete datacenters to the public cloud.  Chris Drumgoole, CIO at GE, said that “one hundred percent public cloud is still our goal… We’re on or slightly ahead of schedule with that march. It hasn’t been without pain, but almost none of the pain has been technical.”
 
たとえば、この 9月のことだが、GE と Capital One が、自社のデータセンターからパブリック・クラウドへと向けて、完全な移行のプロセスにあるとアナウンスしている。 GE の CIO である Chris Drumgoole は、「パブリック・クラウドへ向けた 100% の移行が、私たちの目標である。この流れにおいて、私たちは、少しだけ先行していると思う。それに伴う、痛みが無かったというわけではないが、それら、すべての痛みは、テクニカルなものではなかった」と述べている
 
Richard Villars, VP of data center and cloud market research at IDC, said that “we are seeing a very significant uptake in public cloud use across enterprises.”
 
IDC の VP of Data Center and Cloud Market Research である Richard Villars は、エンタープライズを横断するパブリック・クラウドの使用に対して、本質面での理解が進んでいる状況を、私たちは確認してきた」と述べている
 
Adrian Cockcroft, Technology Fellow at Battery Ventures, said that “it will be impossible to get security certification if you’re not running in the cloud because the tools designed for datacenters are sloppily put together and can’t offer the auditing for PCI and other regulators… Big enterprise has their gold plated, enterprise grade hardware, and all of their enterprise software support and there are huge bills there. With the cloud, this gets cleaned out, all of it, and replaced with open source software, commodity hardware, and those inherent savings, even with the re-engineering, is big. The difference in utilization alone, going from, for example, 10 percent to over 50 percent is how a lot of companies are thinking about this.”
 
Battery Ventures の Technology Fellow である Adrian Cockcroft は、「 セキュリティ認証の取得という観点で、クラウドでの運用が不可能になる場合がある。つまり、自前のデータセンター用にデザインされたツールなどが、整理されないままに混在するような状況だと、PCI(Payment Card Industry)や、その他の規制当局による監査をパスできない。大手のエンタープライズは、金メッキされた環境を好むという性質を持っている。つまり、エンタープライズ・グレードのハードウェアや、エンタープライズ・ソフトウェアのサポートなどに、多額の経費を支払いたがるのだ。クラウドでは、それら、すべてが一掃される。つまり、オープンソース・ソフトウェアや、コモディティ・ハードウェアによる置き換えが進むことになる。そして、本質面でのコスト削減が実現され、さらには組織の再編さえも含む、大きな変革が生じるだろう。ある企業が、単体で考えるケースとは異なり、たとえば、10%〜50% もの企業が、同じことを考えているのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこういう議論が、ユーザー側から出てくる時代になったのですね。 これを訳していて、2010年に James Hamilton さんがポストした、「プライベート・クラウドに未来はない」を思い出しました。この中で、彼は、「プライベート・クラウドを採用するという決定は、より低い活用レベルで運用し、より多くの電力を消費し、より環境に負担をかけ、より高いコストで運営していく、という決定である」と述べています。この時の、プライベートに対する指摘と、パブリック・クラウド 100% という方針を打ち出している、GE や Capital One のハイブリッドにする指摘は、同じ論点に根ざしているとも思えてきます。来年になると、これまでとは、まったく異なる切り口から、Facebook At Work Work Chat というクラウド・サービスが登場します。クラウドは、どうあるべきか? ・・・ という議論が活性化していくことを、とても楽しみにしています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
 

Comments Off on Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 17, 2015
Industry 4.0 and the Internet of Things: Innovation on the Manufacturing Floor
By Dick Weisinger – August 11th, 2015
http://formtek.com/blog/industry-4-0-and-the-internet-of-things/
_ formtek
Manufacturers are talking about moving on to a new phase, Industry 4.0.  It’s a term that started in Germany and is now being used by analysts like McKinsey and Gartner.
 
Industry 4.0 という新たな段階への移行が、製造業界では話題になっている。 この Industry 4.0 は、Germany で始まったものであるが、いまでは McKinsey や Gartner といった調査会社も、利用する用語となっている。
 
Picasso_1But if we’re already at 4.0, then what were the milestones that made up Industry 1.0, 2.0 and 3.0?  In a piece for ZDNet, Joe McKendrick summarizes it nicely:
 
しかし、私たちが 4.0 の段階に至るとするなら、Industry 1.0/2.0/3.0 では何が達成されていたのだろう? Joe McKendrick による ZDNet への寄稿が、その辺りを上手く整理している:
 
  • Industry 1.0: Water/steam power
  • Industry 2.0: Electric power
  • Industry 3.0: Computing power
  • Industry 4:0: Internet of Things (IoT) power
 
The components that are work together to drive this fourth phase of innovation include:
 
そして、第4段階目となるイノベーションは、以下のコンポーネントを組み合わせることで達成される:
 
  • Collaboration tools
  • The Internet of Things
  • Cybersecurity
  • The Cloud
  • Big Data Analytics
  • Simulation
  • Robots
 
Brian Holliday, division director of Siemens Industry Automation, said that “Industry 4.0 is a 20-year journey.  It’s not something that’s going to come about in two or five year’s time … But the work that goes in now to create the platforms, the protocols and the connections between the smart devices that will enable the digitally designed factory environments, that is envisaged by programs like Industry 4.0.”
 
Siemens Industry Automation の Division Director である Brian Holliday は、「 Industry 4.0 は、20年におよぶ旅を経験している。それは、2とか 5年とかの期間で、到達し得るものではない・・・  そして、これまでの取り組みにより、いくつかのプラットフォームが生まれてきた。 スマート・デバイス間を結ぶプロトコルとコネクションは、現場での環境にデジタル的にデザインされた何かを持ち込むだろう。つまり、それが、たとえば Industry 4.0 のような、筋書きにおいて想定されるものだ 」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたとえば、キャリアが運用するスマート・デバイス間通信は、製造とは切り離された M2M であり、その反対に、製造業が運用するスマート・デバイス間通信は、キャリアとは切り離された M2M であるという、漠然とした切り分けがありましたが、このポストの説明には、曖昧さを切り捨てた心地よさがありますね。 それにしても、ジーメンスは流石です。 これまでの実績は主張しながらも、新たな発想を正当に評価し、それらを取り入れることで、自らの次世代をデザインしようと考えているように受け取れます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
 
 

Comments Off on Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Comments Off on IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

Comments Off on Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Comments Off on IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on May 26, 2014

Internet of Things(IoT): Vendors Attempt to Rename and Change the Spin
http://wp.me/pwo1E-7wg
By Dick Weisinger – May 23, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-thingsiot-vendors-attempt-to-rename-and-change-the-spin/

_ formtek

The Internet of Things(IoT) — it’s the envisioned world where everything from electric toothbrushes to hydro-electric power plants will be plugged into the internet, interconnected, monitorable and controllable, hopefully only by those with the appropriate security privileges.  Increasingly the future of IoT is already being realized today, and it is being aided and supported by technologies like big data, cloud computing and mobile.  As an IT director said, IoT is making a “billion the new million.”

The Internet of Things(IoT) — 電動歯ブラシから水力発電所にいたるまで、インターネットに接続されるという想定の世界であり、相互接続とモニタリングおよびコントロールを取り入れたものになる。そして、願わくば、適切なセキュリティ権限を有する者だけが利用できるものになって欲しい。さらなる IoT の未来が、すでに実現されつつあり、また、ビッグデータ/クラウド/モバイルといったテクノロジーによりサポートされている。ある IT Director が言っていたように、IoT は信じられないほどの利益を生み出す。

The hype around IoT has been strong as major tech vendors try to grab hold and redefine the technology in a way that best promotes their strengths.  Cisco and Intel are recasting the ‘Internet of Things’ as the ‘Internet of Everything’ (IOE).  GE has taken more of a manufacturing and enterprise view and is calling it the ‘Industrial Internet’.  Now, Microsoft, longtime vendor of personal computer software, has put their own spin on the IoT concept, trying to make the concept more personal — they’re calling it the Internet of Your Things.

このテクノロジーを、大手のテック・ベンダーが捕まえようとし、自身を強調する方向で再定義しようとするにつれて、IoT の周りに漂う誇大広告は盛大なものになっていった。 CiscoIntel は、Internet of Things を、Internet of Everything (IOE) と書きなおしている。GE は、製造業とエンタープライズの視点から、それを Industrial Internet と呼んでいる。そして、PC ベンダーとして、長い歴史を持つ Microsoft は、IoT のコンセプトに独自の解釈を加えている。つまり、よりパーソナルなコンセプトに置き換えようとし、Internet of Your Things と呼んでいる。

Microsoft’s general manager of marketing, Barbara Edson, said that the concept of 212 billion interconnected devices by 2020 is something that most people just can’t get their heads around.  She say’s it’s confusing both to businesses and consumers.  ”So many people are talking about IoT, but it’s really just a network.  A simple concept that’s blown up.  IoT is really a huge buzz word.  It’s not a revolution, it’s an evolution.  We really don’t think it’s a rip and replace.  It’s about using the infrastructure you already have, connecting the devices that are already in place.”

Microsoft の GM of Marketing である Barbara Edson は、212 Billion の相互接続されたデバイスが、2020年までに登場するというコンセプトは、ほとんどの人々にとってピンと来ないものであり、企業と消費者の双方を混乱させていると述べている。そして、「 とても数多くの人々が IoT について話しているが、実際のところ、単なるネットワークの話しである。それが、爆発的に拡大するというシンプルなコンセプトである。つまり、IoT とは、かなりのバズ・ワードであり、革命ではなく進化のことを指す。私たちは、それについて、Rip and Replace(完全な置き換え)だとは、まったく考えていない。それは、誰もが手にしているインフラを使用することであり、すでに適切な場所に配置されている、デバイスを接続することに過ぎない」と発言している。

ーーーーー

IoT がバズ・ワードなら、Cloud もバズ・ワードですし、そんなに目くじらを立てなくても、と思ってしまいます。 とはいえ、誰が言い出したのか、それが気になったので、ちょっと調べてみました。 Wikipedia には、1999年に Kevin Ashton が始めて使った用語だと書かれています。そして、この Kevin Ashton というイギリス人ですが、Procter & Gamble で RFID を研究した後に、ThingMagic と Zensi という会社を起こし、いまは Zensi を買収した Belkin の GM に収まっているようです。Belkin って、3万円もする(高くて買えない)、あの Thunderbolt Box を作っている会社です。 そんな Belkin ごときにと思うと、Cisco も Intel も GE も Microsoft も、ちょっと悔しいのかもしれませんが、おそらくユーザーであったころの、Kevin Ashton の視点から生まれたものだと思いますので、大切にしてあげてほしいですね。 ・・・というわけで、Agile_Cat は IoT 支持派であることを、ここに宣言いたします。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている
Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける
Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている
Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Comments Off on IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

Posted in .Save Japan, .Selected, Green IT by Agile Cat on March 20, 2011

GE defends nuclear plant design
18 MARCH 2011 – 17H44
http://www.france24.com/en/20110318-ge-defends-nuclear-plant-design

image

AFP – General Electric defended its 40 year old Mark 1 reactors at the center of Japan’s nuclear crisis Friday, saying that early questions about reactor’s safety had long been addressed.

AFP – General Electric(GE)は、これまでに原子炉の安全性に関して提示された疑問について、長い時間かけて対処されてきたことだと発言し、金曜日から日本に核危機をもたらしている、40歳の Mark 1 を擁護した。

GE rejected recent reports of possible design weaknesses in the Mark 1, which accounts for five of the six reactors at the Fukushima plant, threatened with meltdowns after cooling systems failed. “The Mark I meets all regulatory requirements and has performed well for over 40 years,” it said in a statement.

福島プラントにおける原子炉の、6基のうち 5基を占める Mark 1 が、冷却装置の損傷の後にメルトダウンの危機に直面している。 しかし、この状況に、そのデザインの脆弱性を指摘する最近のレポートに対して、GE は拒絶的な反応を示している。 「 Mark 1 は、規制上の全ての要件を充たし、また、40年以上にわたって適切に機能している」と、そのステートメントの中で発言している。

“The Mark I containment designs were modified in the 1980s to address improvements in the technology and changing regulatory requirements. All these changes required by regulatory authorities have been implemented,” it said. GE did not address whether the Mark 1 was designed sufficiently to withstand the specific chain of events that damaged the Fukushima Daiichi (No. 1) plant — the 9.0-grade earthquake and massive tsunami that shut down the plants and their crucial cooling systems last Friday.

「 Mark I の密閉型デザインは、テクノロジー上の改善に取り組み、また、規制上の要件変更に対応するために、1980年代に修正されている。 規制当局から要求された、これら全ての変更は実施されている」と、語っている。 しかし、GE は、福島第一発電所にダメージを与えた、今回の連鎖的な事象に対して、Mark 1 が充分に耐え得るのかという点については言及していない。つまり、先週の金曜日(3/11)に発電所を襲った、マグニチュード 9.0 の地震と、その後の大津波により、このプラントは機能を停止し、また、不可欠な冷却装置も使用できない状況に陥っている。

This handout image released from Tokyo Electric Power Co (TEPCO) on March 17, and received via JIJI Press shows the damage to TEPCO's No.1 Fukushima nuclear power plant's fourth reactor building in the town of Okuma in Fukushima prefecture. GE did not address whether the Mark 1 was designed sufficiently to withstand the specific chain of events that damaged the Fukushima Daiichi (No. 1).

“We believe it is too early to know specifically what has happened in each of the reactors at Fukushima Daiichi,” it said. Blasts attributed to hydrogen buildup have occurred at four of the Fukushima units, and the containment vessels at the reactors two and three have reportedly been damaged but not apparently ruptured.

「福島第一発電所の個々の原子炉において、何が起きているのかを判断するには、あまりにも早過ぎると確信している」と、発言している。蓄積された水素が原因だと言われる爆発が、福島の 4基の原子炉格納庫で起こっている。そして、伝えられるところによると、原子炉 2号機と 3号機においては、その原子炉密閉器も損害を受けているが、破裂性のものではないと見られている。

On Friday the Japanese nuclear safety agency raised the Fukushima crisis level to five from four on the international scale of gravity for atomic accidents, which goes to as high as seven. “The cooling function was lost and the reactor cores were damaged” at three of the reactors, according to a spokesman of the Nuclear and Industrial Safety Agency. “Radioactive particles continue to be released in the environment,” he said.

金曜日に日本の原子力安全・保安院(nuclear safety agency)は、原子力施設等の事象の国際評価尺の数値において、福島の核危機のレベルを 4 から 5 に引き上げた。(最悪がレベル 7 でチェルノブイリのケースに該当)原子力安全・保安院のスポークスマンによると、3基の原子炉において「冷却機能が失われ、そのコア(炉心?)は損傷を受けている。放射性粒子は、依然として大気中に放出されている 」とされる。

Reactors one, two and three were operating at the time of the earthquake and halted automatically. But the cores are believed to have partially melted because the quake and tsunami knocked out the plant’s reactor cooling systems, sparking a series of explosions and fires.

原子炉 1、2、3号機は、地震発生時に稼動していたが、自動的に停止されている。しかし、地震と津波により、一連の爆発と火災が引き起こされた結果として、これらのプラントの原子炉冷却システムは機能を失い、その炉心は部分的に溶解していると考えられる。

imageThe Mark 1 was one of the most popular reactor models in the 1960s and 1970s, with 23 installed in US power plants and 32 elsewhere in the world. But when it was new in the 1960s and 1970s, critics from the nuclear industry said it did not have the strength to handle massive pressure buildups in the reactor housing if the reactor overheated.

この Mark 1は、1960 ~1970 年代の最も一般的な原子炉モデルの 1つであり、アメリカ国内の 23ヶ所と、国外の 32ヶ所に配置されている。 しかし、60 ~ 70年代に登場したとき、原子力産業における批評家たちは、その原子炉がオーバーヒートした場合に、原子炉の密閉器内における、圧力の大幅な上昇に対処するだけの強度を持たないと発言している。

GE, though, said the reactor design had been kept up to standard, and that the US Nuclear Regulatory Commission had studied criticisms, especially from one of its own officials, Stephen Hanauer, and finally rejected them in 1980. It cited a 1980 NRC report saying that “the staff, including Dr. Hanauer, has concluded that the pressure suppression concept for containment design is safe.”

それに対して GE は、その原子炉のデザインは、水準を維持していると反論している。 また、アメリカの NRC(Nuclear Regulatory Commission)も、それらの批判に対して調査を行い、最終的には 1980年に不問にしたと発言している。(この調査は、当事者である Stephen Hanauer により、主として実施された)1980年の NRC レポートを引用すると、「 Dr. Hanauer を含めたスタッフが、密閉器デザインに関する圧力抑制のコンセプトは、安全であると結論づけた」とされている。

GE said its units were built “to withstand predicted peak containment pressures based upon their design under accident guidelines. Safety remained our top priority, and the Mark I design met all NRC design criteria.”

GE は、「事故発生時のガイドラインに従ったデザインをベースに予測された、ピーク時の密閉圧力に耐える」ように、それらのユニットは構築されたとし、また、「安全性は、私たちのトップ・プライオリティであり、また、Mark 1 のデザインは NRC の基準を充たしている 」と、発言している。

ーーーーー

原子炉ビジネスは、どの国においても国策であり、また、フランスにおいても同様であるため、それなりに AFP の記事を読むべきですが、論調は厳しくとも、ウソを混ぜられる内容ではないと思います。 そして、いくつかの論点を読者に提供してくれます。 今朝の朝日も読みましたが、東スポの海老蔵みたいだし、AERA にいたっては・・ という日本のメディアです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
福島原子力発電所に対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用
原子力施設等の事象の国際評価尺

 

Comments Off on GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

%d bloggers like this: