Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 25, 2016
Internet of Things (IoT): Traditional IT Architectures Will Evolve to Become More Decentralized
By Dick Weisinger – April 21st, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-traditional-it-architectures-will-evolve-to-become-more-decentralized/
_ formtek
20 billion devices will be connected to the Internet by 2020 and ready to send and receive data, according to a forecast by Gartner.  The amount of data generated by these devices will be unprecedented and dwarf the amount of data being processed today.
 
Gartner の予測によると、2020年までに 200億のデバイスがインターネットに接続され、データを送受信するための準備を整えるとされる。それらのデバイスが生成するデータの総量は、現時点で処理されているデータ量を矮小化させるほどの、前例のないものとなる。
 
Renoir_1Many of the new devices that will be coming on line will be sensors that are deployed as part of Internet-of-Things (IoT) applications.  Being able to manage large numbers of devices and the data they produce will require current data management architectures to be reenvisioned.  Increasingly data processing that has traditionally been handled by a central system will be replaced by an architecture where data processing is pushed out closer to the devices being monitored.
 
オン・ライン接続される新しいデバイスの大半は、IoT アプリケーションの一部としてデプロイされるセンサーとなる。そして、大量のデバイスの管理と、そこから生成されるデータの管理に取り組むことで、現行のデータ管理アーキテクチャを、あらためて想像せざるを得なくなる。つまり、これまでのセンタライズされたシステムでのデータ処理方式を、これからも継続していくという考え方を、モニタリングされているデバイスの近くへとデータ処理を移行させるアーキテクチャで、置き換えることになる。
 
Gary Barnett, chief software analyst at Ovum, said that “managing data by collecting it at the edge and centrally storing and processing it will be inappropriate to many IoT networks … Data management will be pushed out from the center into the network itself and onto the devices that sit at the edge.”
 
Ovum の Chief Software Analyst である Gary Barnett は、「エッジでデータを収集し、センターで保存/処理するという、データ管理の方式は、大半の IoT ネットワークでは不適切なものとなる。したがって、データ管理は、センターからネットワーク自体へと、また、エッジに置かれるデバイスへと、押し出されていくだろう」と述べている
 
Devices in the field will need to be designed to be relatively self-sufficient and long-lasting.  They will need to be self-tuning, self-healing with the ability to attempt to recover from failures.  Many of the sensors and data collection devices are also expected to be small with only tiny amounts of on-board memory to enable them to be extremely energy efficient.
 
フィールドにおけるデバイスは、これまでと比較して、自己完結型で長寿命型のものへ向けて、あたらめてデザインされる必要がある。さらに言えば、障害から回復しようとする能力を用いて、自身で調整/治癒していく必要がある。大半のセンサーおよびデータ収集デバイスは、少量のオンボード・メモリだけを取り込んだ、小型のものになるだろう。それにより、消費エネルギーは、きわめて効率的なものとなる。
 
Barnett commented that “the dispersal of IoT data to the edge of the network means that the management of that data also needs to be dispersed.  Coordinating the systems at the edge with a central source of intelligence will present constant ongoing challenges as the IoT evolves.”
 
Barnett は、「ネットワークのエッジへと IoT データを分散していくことは、そのデータ管理についても、分散させる必要性があることを意味する。そして、IoT が発展するにつれて、エッジに置かれたシステムと、センターのインテリジェンス・リソースの組み合わせが、多様な課題を一定のペースで生み出し続けるだろう」とコメントしている
 
ーーーーー
On Monday文中にあるように「現行のデータ管理アーキテクチャを、あらためて想像せざるを得なくなる」という表現が、これからの課題を言い表していると思えます。原文では「re-envisioned」という単語が用いられていますが、辞書を調べると「想像する」、「心に描く」、「思いを巡らす」という意味とのことです。エッジへの移行と言っても、方法論に関しては、それほどに曖昧模糊としているのでしょう。マイクロ・サービスや、コンテナ、API などが洗練されてきたことで、自己完結型の、目的に応じたサービスを、エッジへ向けて移行できるようになると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
 

Comments Off on IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?

APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Posted in .Selected, Asia, Research by agilecat.cloud on April 22, 2016
APAC public cloud spend to hit US$15B
Eileen Yu – February 3, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-public-cloud-spend-to-hit-us15b/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region, excluding Japan, is expected to spend US$15 billion on public cloud services in 2019, clocking a compound annual growth rate (CAGR) of 22.9 percent.
 
Asia-Pacific 地域(日本を除く)のパブリック・クラウドへの支出は、2019年までに US$15 billion にいたる。また、その間の複合年間成長率(CAGR)は、22.9% に達するという。
 
According to IDC’s latest figures, this would be almost six times the growth rate of the region’s overall IT spend and double that of 2015’s figure. Last year, public cloud services chalked up nearly US$7 billion, with the discrete manufacturing industry leading total expenditure at US$955 million.
 
IDC の最新統計データによると、この地域の成長率はグローバル IT の 6倍となり、また、2015年時点の推測値に対しても、2倍の規模に膨れ上がっているという。昨年の、この地域におけるパブリック・クラウド・サービスは、約 US$7 billion の売上を計上しているが、その内訳のトップは、US$955 million を計上している製造業である。
 
Cirrus_clouds2Wikipedia
 
Telcos were next, forking out US$928 million on such services, and were expected to be the fastest-growing vertical at 29.2 percent for the forecast period of 2014 to 2019. IDC said this industry segment would outpace discrete manufacturing to lead the region’s public cloud services spending by 2019.
 
それに続くの、US$928 million を生み出すテレコムであり、2019年から 2014年にかけて 29.2% という、素晴らしい勢いで成長してくとされる。IDC の説明によると、パブリック・クラウド・サービスにおけるテレコムは、2019年までの期間において、製造業をリードしていくとされる。
 
The banking sector was the third-largest spender last year, investing US$744 million. Asia-Pacific’s CAGR over the forecast period also would be higher than the global growth rate of 19.4 percent, according to IDC.
 
昨年の統計データによると、銀行業などの金融部門が US$744 million を費やし、三番手となっている。2019年までの期間で、Asia-Pacific の CAGR は、グローバルの成長率である 19.4% を上回ると、IDC は述べている。
 
Cloud services will remain the essential foundation of the IT industry’s third platform of innovation and growth,” said IDC’s Asia-Pacific research manager for customer insights and analysis, Rubal Sabharwal. “As the cloud market enters an ‘innovation stage’, there will be an explosion of new solutions and value creation on top of the cloud.”
 
IDC の Asia-Pacific Research Manager for Customer Insights and Analysis である Rubal Sabharwal は、「クラウド・サービスは、IT 産業における第三のプラットフォームであり、また、革新と成長を推進していく不可欠な基盤となる。そして、クラウド市場がイノベーションのステージへと進むにつれて、クラウド上に構築される新たなソリューションが、新たなソリューション生み出し、その価値を爆発的に上昇させていくだろう」と述べている。
 
“Industry-specific applications will be a driving force as businesses look for solutions that can be easily configured to their unique business and vertical requirements. With the huge increase in the number and diversity of services available in the market, organisations across the industries will shift steadily towards cloud-first strategies to enable digital transformation,” added Sabharwal.
 
そして Sabharwal は、「新たなソリューションが見つかるにつれて、それぞれの業界に固有のアプリケーションが原動力となり、容易なコンフィグレーションが達成され、垂直マーケットでの要件が満たされていく。また、多種多様なサービスがマーケットで調達できるようなれば、それぞれの業界における組織は、クラウド・ファーストの戦略に向けて着実にシフトし、デジタル・トランスフォーメーションを実現していくだろう」とも述べている。
 
The region’s spending on infrastructure-as-a-service (IaaS) and platform-as-a-service (PaaS) would climb at a faster rate than SaaS (software-as-a-service), registering a five-year CAGR of 28.9 percent and 21.2 percent, respectively. SaaS, however, would remain the primary cloud service through to 2019, when IaaS spending would take over as the leading cloud segment.
 
これからの 5年間において、Asia-Pacific の IaaS と PaaS は、それぞれが 28.9% と 21.2% の CAGR を達成し、SaaS を上回る速度で成長していく。しかし、クラウド・セグメントのリーダーを、IaaS への支出が引き継ぐ 2019年までは、SaaS が主要なクラウド・サービスとしてのポジションを維持するだろう。
 
IDC’s Asia-Pacific vice president for cloud services research Chris Morris explained that the software industry had been transitioning towards an SaaS-enabled deployment model over the past few years. “By 2018, most software vendors will have fully shifted to a SaaS/PaaS code base,” he said.
 
IDC の Asia-Pacific VP for Cloud Services Research である Chris Morris は、ソフトウェア産業はついて、SaaS に対応するデプロイメント・モデルへと、これまでの数年を経て転換してきたと述べている。そして彼は、「2018年までに、大半のソフトウェア・ベンダーが、完全な SaaS/PaaS コードベースに、完全にシフトしているだろう」とも推測している。
 
“This means that many enterprise software customers will be offered SaaS as the preferred option, as they reach their next major software upgrade decisions,” Morris noted. “Put together, new solutions born on the cloud and traditional solutions migrating to the cloud will steadily pull more customers and their data to the cloud.”
 
そして、Morris は、「数多くのエンタープライズ・ソフトウェア・ユーザーが、次に控えるソフトウェア・アップグレードのタイミングにおいて、適切な選択肢としての SaaS を提供されることになる。そして、クラウドで生まれた新しいソリューションと、クラウド移行してきた従来からのソリューションが一体化していくことで、顧客たちのデータはクラウドへと向けて、着実に移行していくだろう」と指摘している。
 
ーーーーー
On Mondayこの IDC による予測ですが、Gertner のグローバル予測と比較してみると興味深いです。Gertner は、2015年の売上に関して $175 billion に至るとしています。ただし、この数字は、クラウド・アドとして $90.3 billion を含んでいますので、それを差し引くと、2015年時点で $90 billion くらいになるのでしょうか? 文中には、2015年の APAC は $7 billion だと記されていますので、それが現時点での、グローバルと APAC の対比となります。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた

Posted in .Selected, IoT, On Monday, Research by agilecat.cloud on March 28, 2016
Internet of Things (IoT): Top Ten Technologies Most Impacting IoT in the Next Two Years
By Dick Weisinger – March 25th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-top-ten-technologies-most-impacting-iot-in-the-next-two-years/
_ formtek
Gartner says that over the next two years that the following technologies will have the broadest impact on the Internet of Things (IoT):
 
Gartner の発言によると、これからの 2年間において、 Internet of Things (IoT) に最も広範な影響を与えるものは、以下の項目になるという。
 
Security – Beyond issues like data security and encryption and secure transmissions, IoT will introduce security issues like theft and tampering, the impersonation of “things”, and denial-of-sleep attacks designed to drain the batteries of devices.
 
データ・セキュリティや、暗号化、安全な送信などを、超えたところで問題が生じる。IoT の場合には、Things に対する盗難/改竄/偽装などがあり得るが、デバイスのバッテリを浪費させる、DDoS 攻撃的な問題 (denial-of-sleep) も起こり得るだろう。
 
Gauguin_3Analytics – Analytics will be applied to data collected from devices to understand things like customer behavior, to improve products and to provide input for decision making.
 
各種のデバイスから得られるデータに対して、分析のためのロジックが適用される。それにより、顧客の行動や製品の改善といった事象への理解が促進され、また、意思決定のための入力情報が得られていく。
 
Device Management – Devices, especially those of high value or long-lived, will need to be monitored for proper functioning, physically managed, and updated with new software.
 
IoT で用いられるデバイスは、大きな価値をもたらし、長期間におよぶ運用を約束されるものとなる。したがって、適切に機能していることの監視、および、物理的な管理、ソフトウェアの更新などが不可欠となる。
 
Low Power, Short-Range IoT Networks – Low power networks are expected to dominate IoT for the next ten years.
 
これからの 10年において、低消費電力ネットワークが、IoT の世界の標準になっていくと予測される。
 
Low Power, Wide-Area Networks – Long-term, IoT networks will be able to increase data transmission rates, size of area covered, and battery life of equipment.
 
長期的に捉えると、IoT のためのネットワークが、データの伝送速度/カバーすべき領域/機器のバッテリー・ライフなどを改善していくと予測される。
 
Processors – Devices processors need to be able to better support security and encryption, decrease their power consumption, and to have firmware that can be updated.
 
各種デバイス上のプロセッサは、安全性と暗号化に関するサポートを改善し、消費電力を低減し、更新が可能なファームウェアを持つべきだろう。
 
Operating Systems – Operating systems, like Windows and Linux have huge footprints and won’t work well on cheap small devices.  New operating systems designed specifically for IoT are being developed.
 
Windows や Linux といった OS は、その規模が大きいため、安価で小型なデバイス上では上手く機能しない。したがって、IoT のために設計された新しい OS が、随所で開発されている。
 
Event Stream Processing – Some IoT applications generate tens of thousands of events and data points per second.  Analysis of huge amounts of real-time data will require the creation of distributed stream computing platforms (DSCPs).
 
いくつかの IoT アプリケーションは、数万のイベントやデータを、毎秒ごとに生成していく。膨大な量のリアルタイム・データの分析には、DSCP (distributed stream computing platforms) の開発が不可欠となる。
 
Platforms – IoT infrastructure will become more packaged as platforms.
 
IoT のインフラは、プラットフォームとして、適切にパッケージされていく。
 
Standards and Ecosystems – Increasingly it will become necessary for IoT devices to be able to bother interoperate and  intercommunicate.  Standards will help enable this.
 
IoT デバイスにおける、相互運用と相互通信への要求が、時間の経過とともに高まっていく。それを促進するためにも、いくつかの標準化が必要になるだろう。
ーーーーー
 
Nick Jones, vice president, Gartner, said that “the IoT demands an extensive range of new technologies and skills that many organizations have yet to master.  A recurring theme in the IoT space is the immaturity of technologies and services and of the vendors providing them. Architecting for this immaturity and managing the risk it creates will be a key challenge for organizations exploiting the IoT. In many technology areas, lack of skills will also pose significant challenges…  Experienced IoT security specialists are scarce, and security solutions are currently fragmented and involve multiple vendors.  New threats will emerge through 2021 as hackers find new ways to attack IoT devices and protocols, so long-lived ‘things’ may need updatable hardware and software to adapt during their life span.”
 
Gartner の VP である Nick Jones は、「 IoT が要求する、新しいテクノロジーとスキルの領域は、大半の組織にとって、これから習得していくべきものである。IoT の領域で、繰り返して生じていくテーマは、テクノロジーとサービスに関するものであり、また、それらを提供するベンダーの未熟さに関するものとなる。この未熟さを改善していくためのアーキテクチャと、そこから生じるリスクに対する管理が、IoT を実践していく組織にとって、最も重要なチャレンジになっていくだろう。また、数多くのテクノロジー分野においても、スキルの欠如が、重要なチャレンジを提起していく・・・ 経験豊富な IoT セキュリティ・スペシャリストが不足しており、現時点におけるセキュリティ・ソリューションといっても、それぞれのベンダーの中に断片化されてしまっている。これからの 5年間において、IoT のデバイスとプロトコルを攻撃する新しい方法を、ハッカーたちが見つけるにつれて、新しい脅威が溢れ出てくるだろう。したがって、長いライフタイムを与えられた Things は、更新可能なハードウェアとソフトウェアを必要とするだろう」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたしかに、私たちの未来において、IoT は不可欠なものとなっていくでしょうが、いくつかの解決すべき問題が残されているようです。 ここに列挙された 10項目ですが、言われてみれば誰もが納得する指摘であり、また、根本的な問題として認識されるべきものです。そんな風に考えると、ちょっと悲観的になってしまいますが、すべてに対して、なんらかの取り組みが進められており、いずれは解決していくものだと、楽観的に捉えるべきなのでしょう。 いまのモバイルの世界が、10年前には誰も予測しなかった世界であるなら、いまから 10年後の世界も予測不可能なのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
IT Spending の調査:グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
 

Comments Off on IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた

IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

Posted in Businesses, On Monday, Research by agilecat.cloud on February 29, 2016
IT Spending: Gartner: Spending on IT was Down in 2015, Flat in 2016
Dick Weisinger – February 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/it-spending-gartner-spending-on-it-was-down-in-2015-flat-in-2016/
_ formtek
Despite the forecasts from early last year, global IT spending in 2015 took a battering.  It was down nearly 6 percent or $216 billion to $3.52 trillion, according to Gartner.  Much of the decline is attributed to a very strong dollar and weak economies, especially in Europe.  Total global IT spending in 2016 is forecast to be a relatively flat .6 percent with the market size not reaching back to 2014 levels until 2019.
 
昨年の初めにおける予想とは裏腹に、2015年のグローバル IT 支出は、マイナス成長となった。 Gartner によると、その下げ幅は 約 6% の $216 billion であり、結果として $3.52 trillion の総額を計上することになった。そして、この後退における主な要因は、強すぎる米ドルと、ヨーロッパでの景気の減速だとしている。2016年のグローバル IT 支出は、比較的にフラットな 0.6% の成長になり、また、この市場の収益が 2014年のレベルに戻るには、2019年まで待つ必要があると述べている。
 
Dali_7John-David Lovelock, research vice president at Gartner, said that “the rising US dollar is the villain behind 2015 results.  The US multinationals’ revenue faced currency headwinds in 2015. However, in 2016 those headwinds go away and they can expect an additional 5 percent growth.”
 
Gartner の Research VP である John-David Lovelock は、2015年の結果について、米ドルの高値が悪役になったと述べている。そして、「米国の多国籍企業は、2015年において、為替の逆風に直面した。しかし、その逆風が 2016年に消えるなら、さらに 5%の成長を上乗せできる」と続けている。
 
Areas like the cloud, enterprise software, and services are all expected to grow in 2016, but one segment of the IT market that will be hit again in 2016 is the devices market (PCs, ultramobiles, mobile phones, tablets and printers) which is forecast to decline 1.9 percent in 2016.
 
クラウド・コンピューティング/エンタープライズ・ソフトウェア/サービスなどの分野は、そのすべてが、2016年に成長すると予想されるが、再びカベに突き当たる IT セグメントもある。具体的に言うと、デバイスの市場(PC/UltraMobiles/MobilePhone/Tablet/Printer)であり、2016年には 1.9% の減少が見込まれているという。
 
ーーーーー
On Monday最近ですが、最も気になっている指標の一つに、このグローバル IT 総支出があります。この数値は、常に GDP と連動するとも言われ、また、IT ビジネスの上限を定めているようです。 したがって、如何にクラウドが伸びていくにしても、このパイの中の一部を切り取るに過ぎないのです。 そして、文中では、為替と経済の動きが、グローバル IT 支出を下げた要因だとしていますが、AWS/Azure/GCP などのパブリック・クラウドが、それを促進する動きを見せたとしても、なんの不思議もありません。さらに言うなら、この圧倒的なスケールを持つ Big-3 を、他のパブリック・クラウドが、価格面で追いかけたことで、2015年のマーケット縮小が促進されたのかもしれません。そして今年は、Facebook までもが、エンタープライス市場に参入してきます。好況であろうが、不況であろうが、間違いなくクラウドは伸びますが、その内側では、熾烈なシェア争いが続いていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
 

Comments Off on IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

Posted in .Chronicle, On Monday, SDN by agilecat.cloud on February 15, 2016
Software-Defined Everything (SDx): Using Software as the Platform for Building Businesses
Dick Weisinger – February 5th, 2016
http://formtek.com/blog/software-defined-everything-sdx-using-software-as-the-platform-for-building-businesses/
_ formtek
Marc Andreessensaid that “software is eating the world”.   Software is becoming the controlling factor for how almost everything works.
 
Marc Andreessen の、「ソフトウェアが世界を飲み込む」という言葉が、誰の耳にも残っていることだろう。そしてソフトウェアは、あらゆる機能や動作を制御する要因になってきている。
 
In 2015 we saw the continued rise of software with the emergence of technologies like the Software-Defined Network (SDN), Software-Defined Storage (SDS), and the Software-defined Data Center (SDDC).  Market research group Technavio expects that the Software-Defined Everything (SDx) market will grow annually at a rate of 32 percent over the next five years.
 
2015年の私たちは、Software-Defined Network (SDN) や、Software-Defined Storage (SDS)、そして Software-defined Data Center (SDDC) といったテクノロジーの興隆を伴う、ソフトウェアの継続的な成長を確認してきた。マーケット調査グループである Technavio の推測によると、この Software-Defined Everything (SDx) マーケットは、これからの 5年間を通じて、32% (年間) のペースで成長していくという。
 
Dali_1Software-Defined technologies are attractive because they typically are cost savers.  They enable businesses to run leaner and more innovatively.  Software can reduce the amount and level of sophistication of hardware needed, and it can also reduce the labor costs needed to oversee operations.  SDDCs, for example, are being designed to use less hardware — things like servers, racks, disk and tape, routers and switches — automating many tasks that were labor intensive, and reducing costs like power consumption and cooling.
 
Software-Defined が魅力的なのは、それらが、いわゆるコスト・セーバーであるからだ。そして、ユーザー企業における、直線的で革新的なビジネスを実現していく役割を担っている。つまり、ソフトウェアが、必要とされるハードウェアの量的/質的なレベルを洗練されたかたちで抑制し、また、運用に掛かる人件費も削減していくのだ。たとえば、SDCC のケースに関して言えば、より少ないハードウェア(Server/Rack/Disk and Tape/Router/Switch)で目的が達成されるようにデザインされ、また、労働集約的だった大量のタスクを自動化し、電力や冷却などのコストを削減していく。
 
Jim O’Reilly, IT consultant, said that “there’s a point at which legacy [infrastructure] can’t hold up against economics, and we’re very close to it and even past it in some ways.  [2016] could be the tipping point — SDS and SDN will push this question very hard.”
 
IT consultant である Jim O’Reilly は、「いくつかの視点があるが、レガシー・インフラでは、経済的に持ちこたえることが困難なのだ。 その問題に、私たちは直面しており、何らかの方法で乗り越えなければならない。2016年は、その意味での転換期になるだろう。この難しい問題に、SDS と SDN が、突進していくことになる」と述べている。
 
Gartner explains the importance of SDx technology by saying that “to deal with the rapidly changing demands of digital business and scale systems up — or down — rapidly, computing has to move away from static to dynamic models.”  The dynamic characteristics of software provide greater flexibility with system modeling and reconfiguration.
 
Gartner は SDx テクノロジーの重要性について、「デジタル・ビジネスの急激な変化や、システム・スケールの上下動に対応するためには、静的モデルから動的モデルへと、コンピューティングを移行させる必要がある。そのためには、ソフトウェアの動的な特性により、より柔軟な環境を提供し、システムのモデリングと再コンフィグレーションに取り組まなければならない」と説明している。
 
Software is becoming the center for communication and interactions and will provide the foundation on which companies build and run their businesses.
 
ソフトウェアは、コミュニケーションとインタラクションの中心になってきている。 そして、企業がビジネスを構築/運用する際の、基盤を提供するようになっていく。
 
ーーーーー
On MondaySoftware-Defined X は、これから、どのくらい増えるのでしょうかね? きっと、ハードウェアが主役だったインフラの領域が、ソフトウエアが前面に立つかたちで、次々と再生されていくのでしょう。また、その上位レイヤには X as a Service があり、こちらの方が事例も増えていきそうですね。 有名なものとして、Cisco as a Service と呼ばれる CloudFlare がありますし、人気の SORACOM Air に関しては、Ericsson as a Service と呼んでも良いのではと、個人的には思っているくらいです。先週は、最高の利益を上げながら、先行きを不安視される Apple と、20年間も利益を一定に保ち、それを高く評価される Amazon という、まったく対照的な二つの抄訳をポストしました。 企業を評価する尺度が PL だけでは無くなり、高品質なソフトウェア・サービスを、安定して供給することを重視する方向へと、少しずつ変化しているようにも思えてきます。その意味では、ソーシャル・メディアにおける MUA や DAU なども、企業を評価する新しい指標なのでしょう。Marc Andreessen の、あの言葉が、現実味を帯びていく 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りる
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Google, Microsoft, Research by agilecat.cloud on January 22, 2016
These charts show just how popular Microsoft still is with big businesses
Max Slater-Robins – Jan 21, 2016
http://www.businessinsider.com/gartner-microsoft-is-the-most-popular-big-business-email-provider-2016-1
 
_ Business Insider
 
Gartner has published research that shows which companies provide the online services used by multi-billion-dollar companies.
 
Gartner が、いわゆる Multi Billion Dollar 企業が利用する、オンライン・サービスのプロバイダーについて、調査結果を発表した。
 
The report, titled “Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies,” looks at how Office 365, the cloud services component, compares to Google’s Apps for Work. Garnter looked at over 5,000 companies in total.
 
この、Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies というタイトルのレポートは、クラウド・サービス・コンポーネントである Office 365 と、Google Apps for Work の違いに注目している。そのために Gartner は、合計で 5,000社以上の企業を調査したという。
 
Office365RetailPackWikimedia
 
According to the research, Microsoft is the winner when it comes to really big business. The top category — a company with over 100,000 employees or revenues of over $10 billion (£7 billion) — sees Microsoft with an 85% share.
 
今回の調査によると、ユーザー企業が超大手の場合に、勝者となるのは Microsoft となる。たとえば、対象となるユーザー企業が、(チャートの左端)10万人以上の従業員を持つケースや、$10 billion (£7 billion) 以上の売上をもたらすケースでは、Microsoft のシェアが 85% だと示されている。
 
The second top category — a company with over 5,000 employees or revenues between $1 billion (£650 million) and $9 billion (£6.3 billion) — has Microsoft with an 80% share.
 
続いて、(チャートの左から2番め)従業員数が 5万人以上のケースや、売上が $1 billion (£650 million) 〜 $9 billion (£6.3 billion) のケースでは、Microsoft が 80% のシェアを得ている。
 
Google’s popularity grew as the companies became smaller, but Microsoft was the clear winner with companies that bought tens of thousands of subscriptions to software services.
 
ユーザー企業の規模が小さくなるにつれて、Google の人気が上昇していくが、数万のソフトウェア・サービスをサブスクリプションする企業の領域となると、明らかに Microsoft が勝者だ。
 
Here are the charts (via CMSWire):
 
Share of online software services in companies, ranked by number of employees.
 
従業員数でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise employees
Gartner
 
Microsoft has the biggest share of online cloud services among businesses with over 100,000 employees.
 
Microsoft は、10万人以上の従業員を抱えるユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
Share of online software services in companies, ranked by revenue.
 
売上でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise revenue
Gartner
 
Microsoft has the largest share of online software services among companies with revenues of over $10 billion (£7 billion).
 
Microsoft は、$10 billion (£7 billion) 以上の売上を生み出すユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
NOW WATCH: This is what your phone looks like when you have 8 million Instagram followers
 
ーーーーー
MSこういう傾向だろうと、予測はしていましたが、かなりの差が付いているのに驚きました。ほんと、長い時間をかけて蓄積された、ユーザー・エクスペリエンスの力を感じてしまいます。 そして、これらのチャートは、単に Office 365 だけではなく、Acrtive Directory までを含めた、エンタープライズとしてのユーザー・エクスペリエンスが機能していると、示唆しているのでしょう。さらに言えば、このパワーが、Azure をブーストしていくと推測できます。今年の Microsoft からは、ほんと、目が離せませんね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday by agilecat.cloud on January 4, 2016
Internet of Things (IoT): The Number of Connected IoT Devices Expected to Grow Exponentially
Dick Weisinger – December 24th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-the-number-of-connected-iot-devices-expected-to-grow-exponentially/
 _ formtek
McDonald’s restaurants used to count the number of hamburgers sold.  In 1962 they hit one million.  By the mid-1970’s they were counting in the billions.  In 1976 it was 20 billion.  The signage displayed on the golden arch logo at each restaurant kept a rough tally of the count of how many hamburgers all restaurants had sold.  Eventually the count got too high and the golden arch sign changed to read simply “billions and billions”.  Basically the number got too big to keep tracking.
 
その昔、マクドナルドは、販売されたハンバーガーの数をカウントしており、その数が 100万に達したのは 1962年だとされる。そして、1970年代の半ばには 10億となり、1976年には20億に到達した。それぞれのマクドナルド店に設置された黄金のアーチは、どれだけのハンバーガーが売れたのかという大まかな累計を、サイネージ表示するためのものであった。しかし、最終的には、その数が大きくなり過ぎたので、黄金アーチのディスプレイは、Billions and Billions というシンプルなものに変更された。 なぜなら、継続してトラッキングできないほどに、その数が膨大になっていったからだ。
 
Sisley_24Will the same fate eventually hit the Internet of Things (IoT)?  That we’ll lose track of how many devices we’ve connected to the internet?  In our now digitally- and data-obsessed world, probably not.  Especially since devices aren’t consumed the same way that hamburgers are.  By any count though, there are already a lot of IoT devices.
 
それと同じ運命が、最終的に Internet of Things (IoT) にも訪れるのだろうか? つまり、インターネット接続されたデバイス数も、トラッキングできなくなるのか? 心配は無用だ。現代に生きる私たちは、デジタルとデータをコントロールしているため、そんな事にはならないだろう。さらに言うなら、デバイスはハンバーガーとは異なり、人間の胃袋に収まってしまうものでもない。しかし、大量の IoT デバイスが、すでに存在しているとは言え、その数え方は様々だ。
 
Gartner estimates that by next year there will be about 6 billion internet-connected devices with 5.5 million devices added daily, eventually growing to 20.1 billion by 2020.  Cisco estimates that there are actually 10 billion IoT devices among a pool of potentially 1.5 trillion devices that could be enabled.
 
Gartner の推定によると、2016年は 1日あたり 550万のデバイスが追加され、全体では 60億の IoT デバイス数に達し、2020年には 201億まで成長することになる。 Cisco の推定よると、現時点で 100億の IoT デバイスが存在するが、IoT に対応が可能な母数としてのデバイス数は、1.5兆に至るという。
 
Jim Tully, vice president and analyst at Gartner, said that “IoT services are the real driver of value in IoT, and increasing attention is being focused on new services by end-user organisations and vendors.  Aside from connected cars, consumer uses will continue to account for the greatest number of connected things, while enterprise will account for the largest spending.  Connected things for specialized use are currently the largest category, however, this is quickly changing with the increased use of generic devices. By 2020, cross-industry devices will dominate the number of connected things used in the enterprise.”
 
Gartner の VP and Analyst である Jim Tully は、「IoT の価値という観点では、実際の推進役は IoT サービスとなる。そして、エンドユーザー企業やベンダーたちは、新たなサービスにフォーカスしようとしている。自動車からの接続とは別に、一般の消費者も、あらゆるものを接続しようとし、それに対応する企業は、大規模な支出を求められる。現時点における大規模なカテゴリは、特殊な用途のために IoT 接続されるものだが、汎用的なデバイスの利用が広まるにつれて、カテゴリの構造が大きく変化していく。また、2020年までには、複数の業界を横断するデバイスが、エンタープライズで使用され接続デバイスの、大半を支配するようになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayこのポスト自体は、昨年のクリスマス・イブのものです。 なんか、普段とはちょっと違う、年末・年始モードの Dick Weisinger さんという感じです 🙂 それにしても、1962年から、こんなことをマックは考えていたのですね。 この年は、ビートルズがデビューした年であり、日本の TV 受信者が1000万件を突破した年なのです。一方は伝説という称号を得て、もう一方は主役から降りていくという、50年という時間の長さを感じてしまいますが、やはりコンテントは強いですね! その反面、それらの情報を支える、プラットフォームやインフラの世界は儚いです。 まぁ、儚いからこそ、大きなイノベーションが起こるので、それは、それで良いのでしょう。 それと、こちらが本題なのでですが、そろそろ、それぞれの調査会社による IoT に関する数値が、もう少し歩み寄っても良い頃だと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
 

Comments Off on IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

%d bloggers like this: