Agile Cat — in the cloud

Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Posted in Enterprise Social, Government, On Monday, Social by agilecat.cloud on December 21, 2015
Social Media Compliance: Businesses Snagged By Social Media Violations
Dick Weisinger – December 9th, 2015
http://formtek.com/blog/social-media-compliance-businesses-snagged-by-social-media-violations/
_ formtek
Many businesses today are now using social media accounts to communicate directly with their customers.  Facebook, Twitter and company blogs are some of the most common social tools businesses use.  While businesses are finding that it’s easy to get started with social media, they also need to be aware of and be able to steer clear of potential compliance risks.
 
いまでは、数多くの企業が、ソーシャル・メディアのアカウントを用いて、顧客とのダイレクトなコミュニケーションを実現している。Facebook や Twitter、そして広報ブログなどが、それらの企業で利用される、最も一般的なソーシャル・ツールとなる。担当者たちはソーシャル・メディアについて、容易に使い始められるものと認識しているが、コンプライアンスに関する潜在リスクも認識すべきであり、また、適切に運用しなければならない。
 
Vermeer_3A study by Nexgate found that there are nine different regulations that have triggered social compliance incidents by Fortune 100 companies.  These include FINRA Retail Communications, FINRA Customer Response, FFIEC/Regulation Z, FTC Sweepstakes, and SEC Regulation FD.
 
Nexgate の調査 により、Fortune 100 企業が引き起こしたコンプライアンスに関する問題が、9種類の規制と関連付けられることが分かってきた。それらの規制には、FINRA Retail Communications および、FINRA Customer Response、FFIEC/Regulation Z、FTC Sweepstakes、SEC Regulation FD などが含まれている。
 
Some of the findings of the Nexgate study include:
 
Nexgate の調査結果には、以下の項目が含まれる:
 
  • Fortune 100 firm average 320 social media accounts and 213,539 followers.  Employees post an average of 500,000 comments and messages every year.
  • Fortune 100 businesses average 69 social compliance issues every year.  Employees were responsible for 12 of those and 57 of the incidents were caused by public commenters.
  • The 21 financial-service firms in the Fortune 100 had an average of 250 compliance issues per firm.
  • Healthcare companies most frequently run into compliance issues with the FDA on reports of reports of adverse drug experience risks
 
  • Fortune 100 企業は、平均で 320 のソーシャル・メディア・アカウントを持ち、また、213,539 のフォロワーを有している。 そして、従業員たちは、年間で 50万本のコメントやメッセージをポストしている。
  • Fortune 100 企業は、ソーシャル・コンプライアンスに関連する問題を、年間平均で 69 件も引き起こしている。その内訳は、従業員に起因するものが 12件であり、また、外部からのコメントに起因するものが 57件である。
  • Fortune 100 の、金融サービス企業 21社に限定すると、1社当たりのコンプライアンス問題は、平均で 250件に跳ね上がる。
  • ヘルスケア企業は、薬物経験におけるリスクという意味で、FDA (Food and Drug Administration) コンプライアンスに抵触する問題を、かなりの頻度で引き起こしている。
 
Devin Redmond, VP and general manager of Nexgate, said that “under FDA guidelines, healthcare firms are required to notify the FDA of any report of an adverse drug experience by a consumer.  Healthcare organizations must, therefore, monitor social channels for such reports.”
 
Nexgate の VP and General Manager である Devin Redmond は、「FDA ガイドラインを順守するヘルスケア企業は、消費者からの有害薬物に関する報告を網羅するために、あらゆるレポートを FDA に提出する必要がある。したがって、ヘルスケアに関連する組織は、そのような報告を見逃さないよう、ソーシャル・チャネルを監視する必要がある」と述べている
 
Ragy Thomas, founder and CEO of Sprinklr, said that “It’s hit critical mass now.  Ten years ago, most brands had some followers; now you look at a top 1,000 brand, and you can have 40 million people in their social audience. People don’t want to call; they just tweet and want a response.”
 
Sprinklr の Founder and CEO である Ragy Thomas は、「 現時点において、ある種の限界に達していると言えるだろう。10年前を振り返ると、大半のブランドは、少数のフォロワーを有しているだけだった。ところが、いまの Top-1000 ブランドを眺めてみると、4,000万人ものソーシャル・オーディエンスを抱えていることが分かる。そして、人々が電話で訴えることは稀である。 彼らは呟くだけで、救いを得たがる」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、ナルホドという話です。この FDA コンプライアンスですが、それに近いものが日本にもあるのでしょうかね?  ヘルスケア企業がソーシャルを持つと、このような、ある種の悩みが生じるのでしょうが、本質論からすると、救うべき人々が、そこに居るわけですから、なんとかしてあげたいですよね。 テクノロジーで必ず解決できるはずなので、FDA コンプライアンスに関係なく、この日本でも期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
 

Comments Off on Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on July 12, 2011

約 6000 件の特許が Apple、Microsoft、RIM、Ericsson、Sony、EMC の手に・・・

image

昨日の 『 アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?』 でお伝えしたように、Department of Justice や Federal Trade Commission などによる調査が行われた後、この Nortal 特許の売約が承認されたようです。以下の内容は、日本時間 7月12日 5AM ころに、Google News をキーワード 『approve nortel patent』で検索した結果です。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

imageNortel $4.5-Billion Patent Sale to Apple, Microsoft, Others Approved
Wall Street Journal – Peg Brickley – ‎32 minutes ago‎
Nortel’s patents, they hope, will help them build strongholds in the mobile wireless industry. Ms. Schweitzer, who is with Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLP, dismissed speculation that the sale was vulnerable to attack as anti-competitive.
Apple, Microsoft Group Wins Canadian Court Approval to Buy Nortel Patents Bloomberg
Court approves sale of Nortel patents CBC.ca
Bankruptcy Courts Approve Nortel Patent Sale to Apple Consortium Mac Rumors
MocoNews
all 245 news articles »

Courts approve Nortel patent sale to Apple/RIM group
Reuters Canada – Tom Hals, Gerald E. McCormick – ‎2 hours ago‎
WILMINGTON, Delaware (Reuters) – Apple Inc, Microsoft Corp, Research in Motion Ltd and three other leading tech companies received court approval on Monday to buy wireless patents from the bankruptNortel Networks Corp for $4.5 billion. …

imageNortel’s $4.5bn patent sale headed for court approval
Total Telecom – Peg Brickley – ‎Jul 8, 2011‎
Judges in the US and Canada must sign off on the deal, the largest-ever sale of intellectual property and a transaction that will reverberate through courts around the world as the winners wield their Nortel prizes in patent-infringement cases. …
Canada Industry Minister To Look At Nortel Patent Sale Wall Street Journal
Apple leads group to buy Nortel patents Futures Magazine
Nortel patent sale faces government probe in Canada Geek.com
eWEEK Europe UK
all 219 news articles »

imageApple, Microsoft Patent Consortium Trying to Kill Android
eWeek – Clint Boulton – ‎Jul 10, 2011‎
Google had hoped Nortel’s patents, which include those for Long Term Evolution wireless technology increasingly used in smartphones today, would provide some shields from the suits. Without them, Google has little defense versus lawyers seeking to …
How Apple Led The High-Stakes Patent Poker Win Against Google, Sealing … TechCrunch
all 297 news articles »

imageJudges in US, Canada approve Nortel patents sale
Brisbane Times – Randall Chase – ‎2 hours ago‎
The judges approved the results of Nortel’s patent auction at a joint hearing Monday, just over a week after the consortium offered five times more than Google Inc.’s initial bid of $900 million for some 6000 patents and patent applications. …

Apple wins approval to bid on Nortel’s patent trove
Inquirer – Dean Wilson – ‎Jun 24, 2011‎
US ANTI-TRUST REGULATORS have approved Apple’s request to bid on Nortel’s extensive patentcollection. The Antitrust Division of the US Department of Justice said it has given Apple the green light to pursue a patent bid, …
Going, going, gone: tech giants approved to bid on Nortel patents Ars Technica
Apple gets FTC approval to bid on Nortel mobile patents Los Angeles Times
Intel and Apple jump into Nortel patent fracas MarketWatch
Reuters
all 182 news articles »

imageMicrosoft, others outbid Google in giant Nortel patent sale: Why it matters
Seattle Post Intelligencer (blog) – ‎Jul 1, 2011‎
Microsoft is part of a consortium that is paying $4.5 billion for a slew of patents from NortelNetworks, a Canadian networking company trying to come out of bankruptcy. Pending US and Canadian court approval, the proud new owners of more than 6000 …
Ericsson part of winning bid for Nortel’s patent portfolio Reuters (press release)
Apple, partners to acquire Nortel patents Times of India
Apple, Allies Said to Beat at Least Two Rival Groups for Nortel’s Patents Bloomberg
San Jose Business Journal
all 968 news articles »

BC-Business News Digest
The Birmingham News – al.com – ‎2 hours ago‎
US and Canadian judges approve a $4.5 billion cash bid from a consortium that includes smartphone makers Apple and Research In Motion for patents held by bankrupt telecom-equipment maker Nortel, just over a week after the group offered five times more …

Madoff, Nortel, WaMu, Deb, Lehman, Allen, Vitro: Bankruptcy
BusinessWeek – Bill Rochelle – ‎Jul 5, 2011‎
The hearing to approve the sale is scheduled to be held on July 11 simultaneously in courts in the US and Canada. Proceeds from the patent auction are in addition to the $3 billion Nortel already raised from selling most of its other assets and …

ーーーーー

これで、HTC や Samsung などの、アジアの Android マニファクチャーに対するプレッシャーが、さらに厳しくなるはずです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する
アップルらの「包囲網」にグーグルが根負けか – ノーテル知財オークションの真相

Comments Off on Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認

アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on July 11, 2011

Feds looking into antitrust issues with Nortel patent sale
updated 01:45 am EDT, Sun July 10, 2011
DOJ, FTC may look into joint bid on Nortel patents
http://www.electronista.com/articles/11/07/10/doj.ftc.may.look.into.joint.bid.on.nortel.patents/

image

An inside source revealed this weekend that US federal antitrust officials were looking into possible anticompetitive practices from Nortel’s patent selloff. The Department of Justice, Federal Trade Commission, or both are being asked to see if the "Rockstar" coalition formed by Apple, Microsoft, RIM, and others may have been unfairly trying to stifle Android. The Washington Post‘s associate didn’t know who had prompted the investigation, although the American Antitrust Institute had called on one this week.

この週末に明らかにされた内部情報によると、アメリカ連邦の独占禁止法当局が、Nortel の特許売却における不正競争について、その可能性を調査しているようだ。 Department of Justice もしくは Federal Trade Commission が、さもなければは双方が、Apple/Microsoft/RIM などで構成される「Rockstar」連合が、不公平な方式で Android を抑圧しているのかどうかを、確認するよう求められている。 今週に、American Antitrust Institute が 1社を訪問していたが、Washington Post のパートナーは、誰による調査なのかは把握していなかった。

imageConcerns exist that the alliance, which spent $4.5 billion to win the bid, might use the collective ownership of about 6,000 patents to sue Google beyond what some of the individual coalition members had already done. While it’s possible the group is just interested in defending against pure patent trolls, the breadth of patents for 4G, Wi-Fi, social networking, and other components would make Android smartphones relatively easy targets.

入札で勝つために $4.5 billion 支払った、このアライアンスに存在する関心事は、そのメンバーの数社が既に行った範囲を超えて Google を告訴するために、およそ6,000 の特許の共同所有権を行使するかもしれないという点である。 そのグループが、パテント・トロールから身を守ることに、守ることに、ピュアな関心を持っている可能である一方で、4G や Wi-Fi、ソーシャル・ネットワークといった構成要素の幅は、Android スマートフォンを容易にターゲットにできるだろう。

imageWhether or not Google considered that a problem Google had bid $900 million as a "stalking horse" to force a high minimum bid and discourage all but the most determined bids. It didn’t appear to have anticipated teamwork, however. Whether or not it saw this as an competitive measure to take seriously is still debated: Google was willing to raise its bidding much higher but oddly chose variants on math constants, like Pi.

Google が、そこでも問題の有無にかかわらず、高い入札を強制し、他社の挑戦を思いとどませるために、"stalking horse" として $900 million という値をつけていた。 しかしながら、期待されていたチームワークは現れなかった。 真剣に受けとめるべき競合の基準が、依然として討論される段階で、Google が参加者を見出したのかどうかは分からない。Google は、その入札額を引き上げることとを厭わなかったが、円周率のような、数学の定数による奇妙な金額を選択した。

With the exception of Sony, which actively uses Android, the core of the patent buying team has stood to lose from the rapid rise of Android, even if the iPhone is continuing to grow. Apple has been denied the lead it was likely to have in the US, while Microsoft and RIM are losing share even with partial or total reboots of their platforms. Apple has mostly pursued just a few key Android rivals, but Microsoft has attempting to shake down every Android device designer, albeit cutting deals for those that also use Windows Phone. RIM has been mostly quiet.

積極的に Android を利用している Sony を例外として、また、iPhone が成長し続けている状況であっても、この特許購入チームのコアメンバーは、Android の急成長に打ち負かされている。 Apple は、アメリカ市場をリードするという、可能性の高かったチャンスを失い、また、Microsoft と RIM は共に、そのプラットフォームの一部あるいは全体において、シェアを失っている。 Apple は、いくつかのキーとなる Android ライバルを狙ったが、Microsoft は、Windows Phone も取り扱っている、すべての Android マニファクチャーに対して、ライセンス料を支払わせようと狙っている。 これまでのところ、RIM は静観している。

ーーーーー

どういう展開になるのか、まったく予測がつきませんが、とにかく大事なのは確かですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する
アップルらの「包囲網」にグーグルが根負けか – ノーテル知財オークションの真相

Comments Off on アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?

米当局が Apple を反トラスト法で調査? May 3, 2010

Posted in Apple by Agile Cat on May 4, 2010

Apple May Face Anti-Trust Inquiry from DOJ or FTC

お馴染みの Long Tail World さんのブログを覗いてみたら、あらら、一大事ということで、まずは速報というか、リンクを ど~ぞ!

image

http://longtailworld.blogspot.com/2010/05/apple-may-face-anti-trust-inquiry-from.html

The New York Post reported that the DOJ and FTC are now talking over who will begin an antitrust inquiry into whether Apple’s new iPhone developer agreement requiring to use only its approved coding languages kills competition.

反トラスト法執行機関の米司法省(DoJ)と連邦取引委員会(FTC)が今、どちらがアップルの調査開始を担当するか話し合ってる最中だと、NYポストが情報筋の話として伝えた。アップルは先月 iPhone デベロッパ規約を変更し、iPhone や iPad のアプリはアップルが推奨する開発言語オンリーと定めたが、、、

・・・ というわけで、Google News を ” FTC Apple ” でググった結果は、以下のとおりでした。 このところ、お仕事で MonoTouch の翻訳に勤しんでいた Agile_Cat ですが、こんなにデベロッパーを縛ってしまって、大丈夫なのだろうかと思っていた矢先のことでした。

一昨日の 「 Jobs の Adobe 批判って、自爆してません? 」 、昨日の 「 歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある 」 に続いて、3日 連続の Apple ネタとなってしまいましたが、これほど当局が迅速に動き出すとは、、、  まぁ、ちょっと ヤリ過ぎましたね Jobs さん、という感じです。 ーーー A.C.

 

 

DOJ, FTC decline comment on Apple antitrust report
Computerworld – Gregg Keizer – 1 hour ago
In early April, Apple modified the licensing agreement for its iPhone 4 SDK the Post claimed that the Department of Justice and the FTC were only "days
FTC/DOJ mulling antitrust look at Apple-source‎ – Reuters
Report: DOJ, FTC scuffle over scrutinizing Apple on antitrust‎ – BetaNews
Apple Could Face Antitrust Investigation‎ – NewsFactor Network
Examiner.comMobileCrunch (blog)
all 1475 news articles »

Google, Apple on FTC’s antitrust radar
RCR Wireless – Sylvie Barak – 3 hours ago
It may be Monday morning, but the Federal Trade Commission (FTC) is up bright and early with both Google and Apple in its sights for various antitrust
FTC Close to Suing Google Over AdMob Bid, Says Report‎ – eWeek
FTC Homing in on GoogleMob?‎ – Marketing Pilgrim (blog)
Is FTC Fixed On Killing Google, AdMod Deal?‎ – MediaPost Publications (blog)
Androinica (blog)San Jose Business Journal
all 16 news articles »

US Government Looking Into Possible Apple App Antitrust
GadgetCrave.com –
Chris Weiss – 7 hours ago
Well, there’s two big Apple headlines floating around in the news. The two agencies in question are the FTC and the Department of Justice and they are
Video: SKYPE DOES NOT WORK W 3G Apple iPad 3G ATT GPS Wi-FI
YouTube Santa Barbara Arts TV
Apple Sells a Million iPads in a Month‎ – WebProNews (blog)
all 1002 news articles »

Apple May Face Antitrust Scrutiny By FTC, DoJ For Developer Agreement
Huffington Post (blog) – 9 hours ago
and Federal Trade Commission are locked in negotiations over which of the watchdogs will begin an antitrust inquiry into Apple’s new policy of requiring

Google, Apple Blasted as No-Shows at Childrens’ Web Privacy Hearing
Corporate Counsel –
Jenna Greene – 4 hours ago
Google Inc. and Apple Inc. both declined invitations to participate, Jessica Rich, deputy director of the FTC’s Bureau of Consumer Protection,
Avoid Google: How To Eliminate Google From Your Life (VIDEO)‎ – Huffington Post (blog)
Propeller Heads: Maintaining online privacy‎ – Richmond Times Dispatch
CRUSH: Road Trip 2010‎ – Huffington Post (blog)
all 4 news articles »

Department of Justice, FTC tussle over who will investigate Apple
TECH.BLORGE.com –
Ronald O Carlson – 28 minutes ago
New York Post reports that the Department of Justice and Federal Trade Commission are negotiating over which of the agencies will investigate Apple.

Privacy Groups and FTC Attack Behavioral Ad Practices
Switched (blog) –
Warren Riddle – 8 hours ago
from the practices of enormous entities like Google, Facebook and Apple. privacy advocacy groups and the Federal Trade Commission have staunchly and
Ponemon Study Concludes Privacy Concerns Are Thwarting Advertising ‎ – Business Wire (press release)
Report: Marketers Limit Behavioral Targeting Due To Privacy Worries‎ – MediaPost Publications
all 10 news articles »

< Agile_Cat : Apple Category> https://agilecat.wordpress.com/category/apple/

Tagged with: , , ,

Comments Off on 米当局が Apple を反トラスト法で調査? May 3, 2010

DON’T BE EVIL, WHO WILL BE EVIL : Google ファンは見ないでください

Posted in Google by Agile Cat on April 9, 2010

あっちもこっちも敵だらけの Google さんですが・・・ 

google まぁ、みなさん、それぞれが商売ですから、いたるところで火花が散るのは仕方ないことなのでしょうが、それにしても Google さんは敵が多いですね。 というわけで、こんなビデオを作られてしましました。 → http://vimeo.com/9925756

Meet Google. The noun that became a verb.
The world’s favourite search engine, and the company whose motto is "Don’t be evil…"
Graphics by Patrick Clair, written/presented by Elmo Keep.
Full list of sources available here:
hungrybeast.abc.net.au/stories/beast-file-google
‘Hungry Beast’ airs in Australia on the ABC, 9PM Wednesdays. More stories: abc.net.au/hungrybeast

でも、あのマードックさんが Apple を賞賛して、Google を酷評すると、なにが、なんだか、分からなくなってしまう状況でもありますが、まずは Google News で見る Google の闘いを御覧下さい。 ーーー A.C.

image

Google Sued for Buzz, Violated Privacy Rights
TopNews United States – Justin Sorkin – 1 day ago
A suit was filed against Google Inc., as it is claimed that its Buzz social- networking service violated the privacy rights of the people who are using the …
User Filed Lawsuit Against Google Over Google Buzz Privacy Issues‎ – TechRaga (blog)
Google tweaks more Buzz privacy settings‎ – Geek.com
How To Reset Google Buzz Privacy Settings‎ – Social Media SEO
ABH NewsMarketing Pilgrim (blog)
all 178 news articles »

image

FCC Might Still Try and Regulate Internet With Age Old Rules
Top Tech Reviews – John S. on April – 5 hours ago
Now that companies like Google are trying to make country-wide broadband affordable for everyone, the FCC is taking notice and will make sure to keep a …
Video: Future of Net Neutrality Debated in Wake of Court Decision
FCC Seeks New Web Plan‎ – Wall Street Journal
FCC Extends Net Neutrality Comment Deadline‎ – Digitaltrends.com
CNETReuters
all 269 news articles »

image

FTC Asked to Scrutinize Google Buzz
PC Magazine – Chloe Albanesius – 30 Mar 2010
The members want the FTC to examine four aspects of Google Buzz: how Google will revise its Gmail privacy policy, notify consumers, and obtain consent for …|Lawmakers Ask for FTC Investigation of Google Buzz‎ – PC World
FTC alerted to Buzz‎ – Inquirer
Lawmakers ask FTC to investigate Google Buzz‎ – Los Angeles Times (blog)
Wireless WeekTom’s Guide
all 71 news articles »

image

Google Nuclear
Breaking Global News – Harry Easter – 31 Mar 2010 While the breaking news of Google Nuclear, a new subsidiary of the popular search engine firm, readers are questioning whether now is the time for them at …
Google goes nuclear in TechCrunch prank‎ – Los Angeles Times (blog)
Exclusive: Google To Go Nuclear‎ – TechCrunch (blog)
Arrington goes nuclear‎ – Bizjournals.com (blog)
VentureBeatSan Francisco Chronicle
all 11 news articles »

image

Google, Microsoft Respond to Greenpeace
Data Center Knowledge – Rich Miller – 3 days ago
And each say that the data centers that power the Internet revolution are getting more energy efficient all the time. Google believes energy usage is an …
Cloud Computing: Google Responds in Detail to Greenpeace‎ – SYS-CON Media (press release)
iPad launch forecasts a “cloudy” future for IT carbon emissions‎ – Webnewswire.com
Greenpeace on High Tech‎ – RenewableEnergyWorld.com (blog)
Business Times (subscription)BigNews.biz (press release)
all 46 news articles »

image

US trade body may block Google’s purchase of AdMob – anti-trust …
EuroDroid (blog) – 5 hours ago
We have a bit of hardcore business news for you now, in the shape of a Wall Street Journal report into the $750m buyout of AdMob that Google has been …
Just say “No” to Google’s AdMob acquisition‎ – Telecoms.com
FTC Blocks Google, AdMob Merger (OTCBB: AUGT) (NASDAQ:GOOG)‎ – World Market Media (blog)
FTC Blocking of Google Mobile Ad Acquisition Would Be Misguided‎ – Wired News
Bigmouthmedia NewsSydney Morning Herald
all 192 news articles »

image

Steve Jobs Back on Google Bash
NBC Bay Area – Jackson West – 3 hours ago
Though now that the battle between Google and Apple is heating up and iAds will be up and running long before any court dates, Google lawyers may have a …
How Apple Killed The Future Of Search‎ – 24/7 Wall St. (blog)
Whoa — Apple Takes On The Mighty Telcoms‎ – Cult of Mac (blog)
Skype on iPhone OS 4: Incoming Calls But, Mysteriously, 3G Lags‎ – Wired News
ITworld.comiPhone World (blog)
all 71 news articles »

image

Murdoch Praises Apple iPad, Slams Google
Mediapost.com – 1 day ago
Rupert Murdoch believes the Apple iPad may save the newspaper industry by making it less expensive to distribute original content to a broader audience, …
iPad – the end of the Google era‎ – innocreatives
Publish and be damned‎ – Business Spectator
Murdoch Still Talking Like A Crazy Man‎ – The Business Insider
Motley FoolPC Magazine
all 194 news articles »

image

Google Mobile No Longer ‘Partially Blocked’ in China
PC Magazine – Chloe Albanesius – 9 hours ago
Google mobile services are no longer partially blocked in China, according to a Web site the search engine giant set up to monitor the availability of its …Video: 101 East – China’s cyber warriors
Google Says Mobile Services Now Mostly Accessible in China‎ – PC World
China vs. Google is a justified stalemate‎ – The Rice Thresher
V3.co.ukWebProNews (blog)
all 32 news articles »

image

Why Apple Needs an iPhone Search Engine
BNET – Chris Dannen – 1 Apr 2010
(They’d be infringing upon a Google patent in the process, but that’s the price of business in the Valley.) Seeing as Apple’s product development process is …
Video: Munster Says Apple IPad Applications to Drive Demand: Video
Could Apple’s iAd Compete with Google in Mobile Ad Market?‎ – Sparxoo (blog)
Apple Trying to Capture Ad Market Buys Quattro Wireless‎ – iPhone Scoop (blog)
all 69 news articles »

<関連>
Google Buzz のプライバシー対策が、明日に発表されるらしい
O’Reilly の忠告に、知らねぇよと Google 言い、Buzz 大炎上!
プライバシーとは?(Google 対 China なんて問題外) by Nicholas Carr
中国政府を煽り続ける Google
” Google 対 中国 ” を検証する
Google の中国撤退声明文:対訳
Google Voice に出し抜かれた Apple ?
Google は電力事業にも参入するのか?
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

Comments Off on DON’T BE EVIL, WHO WILL BE EVIL : Google ファンは見ないでください

FTC のクラウド・セキュリティ公開討論会 2回目

Posted in Government, Miscs, Security by Agile Cat on January 14, 2010

FTC to Explore Cloud Security, Privacy
Data Center Knowledge より

January 11th, 2010 : Linda Leung
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/01/11/ftc-to-explore-cloud-security-privacy/

DC Knowledge

The Federal Trade Commission will hold a privacy roundtable debate on Jan. 28 on the security implications to consumers of cloud computing, mobile computing, and social networking. The FTC wants a public debate into the issue as part of its recommendations for the Federal Communications Commission’s broadband plan, expected to be released early this year.

Federal Trade Commission(FTC)は、クラウド・コンピューティングおよび、モバイル・コンピューティング、ソーシャル・ネットワーキングのユーザーに影響をおよぼすセキュリティについて、1月28日にプライバシー・ラウンドテーブルを開催する。本年度の早期に FTC がリリースを予定している、”Communications Commission ブロードバンド計画” におけるリコメンデーションの一部として、この公開討論会の成果を取り込むとされる。

In a letter to the FCC by David Vladeck, director of the FTC’s Bureau of Consumer Protection, Vladeck notes that “the ability of cloud computing services to collect and centrally store increasing amounts of consumer data, combined with the ease with which such centrally stored data may be shared with others, create a risk that larger amounts of data may be used by entities in ways not originally intended or understood by consumers.”

FTC の Bureau of Consumer Protection ディレクターである David Vladeck は、「クラウド・コンピューティング・サービスの能力とは、増大する一方のユーザー・データを中央に集めて保存し、また、それらのデータを容易に他者と共有するものであるため、当初はユーザーが気付かなかった方式や、理解不能な方式により、その事業体が膨大なユーザー・データを利用してしまうというリスクが生じる」と、FCC への手紙で言及している。

Broader Initiative on Privacy

He adds that the FTC is “considering cloud computing and identity management as part of a broader initiative to re-examine various models to promote consumer privacy.”
The roundtable is the second in a
series of three discussionsconvened by the FTC to discuss consumer-related privacy. A roundtable on Dec. 7 discussed behavioral advertising, and how well existing legal and self-regulatory regimes are working to address privacy interests. Details of the third roundtable, scheduled for March 17, are to be announced.

さらに彼は 、「FTC は、ユーザー・プライバシーを促進するための、各種のモデルを再検討していく。そのための、広範囲におよぶイニシアティブの一部として、クラウド・コンピューティングとアイデンティティ管理について検討している」、と付け加えている。 このラウンド・テーブルは、ユーザーに関連するプライバシーを論じるために、FTC が 3回に分けて召集する会議の、2番目の開催となる。 2009年 12月 7日のラウンド・テーブルでは行動基準が示され、また、プライバシーという問題に対して、既存の法体系と自主的な規制が、どれほどうまく機能するかが論じられた。 3 回目のラウンド・テーブルについては、3月 17日の開催が発表されるはずだ。

New Technology, New Issues

The January roundtable should be a lively debate, particularly as Google is widening its ability to gain more and more intimate knowledge of its users. Google’s new Nexus One phone, announced this week, enables users to back up their settingsto Google servers. Such settings could include a user’s Wi-Fi passwords, bookmarks, and downloaded apps. Users of other Google apps may already be aware that Google has the ability to retain and track their search terms, recent online transactions, events, photos and more.

1月のラウンド・テーブルは、さらに活発な討論となるべきだ。 なぜなら、とりわけ Google が、ユーザーの私的な知識を活用する機能を、さらに広げているからだ。 今週に発表された Google の Nexus One フォンは、ユーザーの設定に関して、Google サーバーにバックアップできるようになっている。こうした設定には、ユーザーの Wi-Fi パスワードや、ブックマーク、ダウンロード・アプリケーションを含むことができる。 すでに Google アプリケーションを利用しているユーザーは、検索した用語や、直近のオンライン・トランザクション、イベント、写真などを、Google が保持して追跡する能力を持つと、知っているかもしれない。

Consumer fears about cloud security heightened last summer when Twitter acknowledged that a hacker had gained access to the company’s data residing on a number of Google apps, including Docs, Calendar and others. Twitter co-founder Biz Stone was quick to point out in his blog post that the “attack had nothing to do with any vulnerability in Google Apps which we continue to use … This isn’t about any flaw in web apps, it speaks to the importance of following good personal security guidelines such as choosing strong passwords.”

2009 年の夏に Twitter が、Google の Docs や Calendar などに保存していた同社のデータへのアクセス権を、あるハッカーが取得していたと認めたとき、クラウド・セキュリティに関するユーザーの危機感が高まった。 Twitter co-founder である Biz Stone が、彼のブログで速やかに指摘したのは、「このアタックは、私たちが使い続けている Google Apps の、いかなる脆弱性にも関係していなかった。つまり、Web アプリケーションの欠陥という問題には当たらない。たとえば、ストロング・パスワードの推奨といった、セキュリティ・ガイドラインの重要性について論じるべきだ」という点であった。

Cloud Reliability Under Scrutiny

However, the reliability of cloud computing came under the spotlight on a number of occasions last year when cloud services including Gmail, Windows Azure, and Salesforce.com all suffered high-profile outages.

しかし、クラウド・コンピューティングの信頼性という問題は、Gmail や、Windows Azure、Salesforce.com といった全てのクラウド・サービスが昨年に経験した、サービス停止という事故の影に隠れてしまった。

Data governance is also a murky issue for cloud computing apps, particularly if a user’s data is moved around the cloud provider’s different servers around the world. Do consumers need to be aware of the different data privacy laws in the countries that may hold their data? According to a World Privacy Forum report “Privacy in the Clouds: Risks to Privacy and Confidentiality from Cloud Computing” (PDF), “A user’s privacy and confidentiality risks vary significantly with the terms of service and privacy established by the cloud provider.”

そして、クラウド・コンピューティング・アプリケーションにとって、データ・ガバナンスは更に理解しにくい問題となる。つまり、ユーザー・データが、クラウド・プロバイダが世界中に展開する、別のサーバーに移動されてしまう状況などが考えられる。それぞれの国の、データ・プライバシーに関する法律を、ユーザーが理解しておく必要性があるのだろうか? World Privacy Forum の、“Privacy in the Clouds: Risks to Privacy and Confidentiality from Cloud Computing (PDF)“ レポートによると、「ユーザーのプライバシーと機密性に関するリスクは、クラウド・プロバイダが確立する、セキュリティとプライバシーという観点で、大きく変化する」、と指摘されている。

It’s time to read those terms and conditions carefully.

その用語や条件について、注意深く精査すべき時期になった。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4

Comments Off on FTC のクラウド・セキュリティ公開討論会 2回目

Google の Living Stories とは?

Posted in Google, Interoperability by Agile Cat on December 17, 2009

Exploring a new, more dynamic way of reading news with Living Stories
http://googleblog.blogspot.com/2009/12/exploring-new-more-dynamic-way-of.html
12/08/2009 10:00:00 AM

gse_multipart1424

There’s been no shortage of talk recently about the "future of news." Should publishers charge for news online? How do they replace lost sources of revenue such as classified ads? How will accountability journalism endure? And, even more fundamentally, will news survive in the digital era? These are questions we’re deeply interested in, and we’ve been exploring potential solutions. But what’s often overlooked in these debates is the nature of the news story itself and the experience of how it’s read online. We believe it’s just as important to experiment with how news organizations can take advantage of the web to tell stories in new ways — ways that simply aren’t possible offline.

先日の "future of news" で、言い残したことはない。 パブリッシャーはオンライン・ニュースに課金すべきか? どのようにして、失ってしまった案内広告などの、収入源の替りを見つけるのか? どのようにして、ジャーナリズムとしての責任を持続するのか? そして、さらに根本的な問題として、ニュースがデジタル時代に生き残れるのか? それらの質問は、私たちが深い関心を持っているものであり、また、そのための潜在的なソリューションを探究してきた。 しかし、これまでの討論において、多くのケースで見落とされてきたのは、ニュース記事自身の特性であり、また、それがオンラインで読まれるときのエクスペリエンスである。 私たちが信じているのは、ニュースを提供する報道機関が、Web を利用する新しい方法を実験することが、つまり、オフラインでは不可能な方式を実験することが、きわめて重要だということだ。

While we have strong ideas about how information is experienced on the web, we’re not journalists and we don’t create content. So over the last few months we’ve been talking to a number of people to help develop the concept of something that we and some others in the industry call the "living story." Today, on Google Labs, we’re unveiling some of the work we’ve done in partnership with two world-class news organizations: The News York Times and The Washington Post. The result of that experiment is the Living Stories prototype, which features new ways to interact with news and the quality of reporting you’ve come to expect from the reporters and editors at The Post and The Times. We’re excited to learn from this experiment, and hope to eventually make these tools available to any publisher that wants to use them.

Web 上で情報を取り扱うことについて、良いアイデアを持っていても、私たちはジャーナリストではなく、また、コンテントを作成するわけではない。 そのため、この数カ月にわたって、私たちと異業種の他の人たちが  "living story" と呼ぶ概念を支援したいと思い、多数の人々を話しあってきた。 そして今日、News York Times と The Washington Post という、世界的にも有名な報道機関との協力で実現した、いくつかの結果をGoogle Labs で公表する。 こ実験の結果は、Living Stories のプロトタイプであり、The Post と The Times のリポーターと編集者が提供してくる、人々が期待する品質のニュースとリポートに、新しいインタラクションを特徴するものとなる。 この実験から学習し、最終的には、それらのツールを使いたいと望む、あらゆるパブリッシャーに提供することを望んでいる。

The idea behind Living Stories is to experiment with a different format for presenting news coverage online. News organizations produce a wealth of information that we all value; access to this information should be as great as the online medium allows. A typical newspaper article leads with the most important and interesting news, and follows with additional information of decreasing importance. Information from prior coverage is often repeated with each new online article, and the same article is presented to everyone regardless of whether they already read it. Living Stories try a different approach that plays to certain unique advantages of online publishing. They unify coverage on a single, dynamic page with a consistent URL. They organize information by developments in the story. They call your attention to changes in the story since you last viewed it so you can easily find the new material. Through a succinct summary of the whole story and regular updates, they offer a different online approach to balancing the overview with depth and context.

Living Stories の背景となる考え方は、オンライン・ニュース報道の提供に関して、異なるフォーマットを用いて実験することだ。 報道機関がもたらす情報は、すべての人々にとって価値のあるものである。 つまり、こうした情報へのアクセスは、オンライン・メディアが実現するものと同等の価値を持つ。 典型的な新聞の記事は、最も重要で面白いニュースで始まり、そして、重要性に低い情報がそれに続く。また、以前に報道された情報が、それぞれの新しいオンライン記事として繰り返して提供されるが、すでに読まれた記事であっても、すべての人々に提供されてしまう。 Living Stories は、オンライン・パブリッシング独自の先進性を用いて、これまでとは異なるアプローチを試みる。 そこでは、一貫性のある URL を用いて、ダイナミックなシングル・ページ上に報道を統合する。つまり、ストーリーの展開により、情報が整理されていく。対象となる情報を最後にを見たときから、ストーリーにおける変化に注意を引き付けることで、新しい情報を容易に見つけ出せるようにする。 全体的なストーリーと通常の更新における簡明なサマリーを介して、深さと文脈のバランスを維持する、これまでとは異なるオンラインのアプローチを提供する。

This project sprang from conversations among senior executives at the three companies. We shared thoughts about how the web can work for storytelling, and the Times and Post shared their core journalistic principles. The Living Stories started taking shape over the summer after our engineering and user interface teams spent time in the newsrooms of both papers. We’re providing the technology platform, the Times and Post’s journalists are writing and editing the stories, and we’re continuously collaborating to make the user interface fit with their editorial vision.

このプロジェクトは、3社の経営責任者が会話したことから生じた。 どのようにして、ストーリーのために Web が機能する方式について、私たちは考えを共有した。 そして、Times と Post は、彼らのコアとなるジャーナリズムの原則を共有した。 Living Stories は、私たちのエンジニアとユーザーイ・ンターフェイスのチームが、両紙のニュース編集室で時間を費やした後の、この夏の間に形を見せ始めた。 私たちはテクノロジー・プラットフォームを提供し、Times と Post のジャーナリストがストーリーを書いて編集する。そして、編集者のビジョンにあわせて、ユーザー・インターフェイスを適合するための作業を継続している。

Over the coming months, we’ll refine Living Stories based on your feedback. We’re also looking to develop openly available tools that could aid news organizations in the creation of these pages or at least in some of the features. If you’re a news reader, we’d love to hear your thoughts. If you’re a news organization, we want to hear your comments on the Living Story format. If you decide to implement this on your site, we would love to hear about that too. At the very least, we hope this collaboration will kick off debate and encourage innovation in how people interact with news online. To learn more about Living Stories, check out the video below.

今後の数カ月をかけて、ユーザーからのフィードバックに基づき、Living Stories は改善されていく。 私たちは、オープンに利用できるツールを開発したいと思っている。それにより、それらのページの作成や、いくつかの機能の開発において、報道機関を支援していく。 もし、あなたがニュースの読者であるなら、あなたの考えを聞きたい。 もし、報道関係者あるなら、Living Story のフォーマットについて、あなたのコメントを聞きたい。 もし、この方式を、あなたのサイトに実装するなら、その点について、あなたの考えを聞きたい。少なくとも、今回のコラボレーションが議論の始まりとなり、また、人々とオンライン・ニュースにおける相互作用が進化して欲しいと思う。 Living Stories の詳細については、以下のビデオをチェックして欲しい。

 

こうして、何らかのソリューションを、サッと投入してしまう手際はさすがです。 軋轢が生じるのは当然の領域ですが、双方とも、大人の対応でこなして欲しいですね。 ーーー A.C.

<関連>
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis
マードックが FTC へ
News Corp.、コンテンツのグーグル非掲載でマイクロソフトと提携か–英報道
Microsoftは新聞社に対Google戦争の軍用金を支援してBingの味方にするつもり
Microsoft、マードックと話し合い―本気でBingのためにニュースを札束で買おうとしているのか?

Comments Off on Google の Living Stories とは?

有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!

Posted in Google, Interoperability by Agile Cat on December 5, 2009

Google and paid content
Tuesday, December 1, 2009 9:35 AM
Posted by Josh Cohen, Senior Business Product Manager
http://googlenewsblog.blogspot.com/2009/12/update-to-first-click-free.html

gse_multipart1424As newspapers consider charging for access to their online content, some publishers have asked: Should we put up pay walls or keep our articles in Google News and Google Search? In fact, they can do both – the two aren’t mutually exclusive. There are a few ways we work with publishers to make their subscription content discoverable. Today we’re updating one of them, so we thought it would be a good time to remind publishers about some of their options.

オンライン・コンテントへの有料アクセスについて、新聞社が検討するとき、自らの記事を Google News や Google Search に置き続けるべきか、それとも、それらをブロックすべきかと、何人かの発行人は悩み続けている。 実際に、どちらも可能であるが、両立はできない。 それらの有料コンテントを、ユーザーが探し出すための方式について、Google は彼らと協業できる。 今日、Google では、そのための仕組みの一つが更新されている。そのことが、発行人たちが選択肢について、いくつかのことを思い出すキッカケになるだろうと考えている。

Google has strict policies against what’s known as cloaking: showing one web page to the crawler that indexes it but then a different page to a user. We do this so that users aren’t deceived into clicking through to a site that’s not what they were expecting. While the anti-cloaking policies are important for users, they do create some challenges for publishers who charge for content. Our crawlers can’t fill out a registration or payment form to see what’s behind a site’s paywall, but they need access to the information in order to index it.

Google は cloaking というものに対して、とても厳しいポリシーを適用している。それは、crawler によりインデックスされた Web ページとは異なる、別のページをユーザーに見せてしまうという手法である。 そうするのは、想定していないサイトを介して、ユーザーが騙されてクリックしないようにするためだ。 この anti-cloaking ポリシーは、ユーザーにとって重要な仕組みである一方で、コンテントに課金するパブリッシャーに対して、いくつかの課題をもたらす。Google の crawlerは、サイト内でブロックされているものを見るために、レジストレーションや支払いフォームに書き込むようなことは不可能であるが、インデックスを作るために情報にアクセスする必要がある。

One way we overcome this is through a program called First Click Free. Participating publishers allow the crawler to index their subscription content, then allow users who find one of those articles through Google News or Google Search to see the full page without requiring them to register or subscribe. The user’s first click to the content is free, but when a user clicks on additional links on the site, the publisher can show a payment or registration request. First Click Free is a great way for publishers to promote their content and for users to check out a news source before deciding whether to pay. Previously, each click from a user would be treated as free. Now, we’ve updated the program so that publishers can limit users to no more than five pages per day without registering or subscribing. If you’re a Google user, this means that you may start to see a registration page after you’ve clicked through to more than five articles on the website of a publisher using First Click Free in a day. We think this approach still protects the typical user from cloaking, while allowing publishers to focus on potential subscribers who are accessing a lot of their content on a regular basis.

この課題を克服する1つの方法は、First Click Free と呼ばれるプログラムを介して実現される。 この仕組みに参加するパブリッシャーは、対象となるcrawler による有料コンテンツへのインデックス付けを許可する。続いて、Google News あるいは Google Search を介して、それらの記事を探しているユーザーに対して、登録あるいはサブスクライブを要求することなく、フル・ページの参照を許可する。 そのコンテントへの、ユーザーの最初のクリックは無償となるが、そのサイト内でユーザーが別のリンクをクリックするときに、パブリッシャーは登録あるいは支払いの要求を表示できる。コンテントの販売を促進したいパブリッシャーにとって、また、購入前にニュースの内容をチェックしたいユーザーにとって、この First Click Free は素晴らしい方式となる。 以前においては、ユーザーからのクリックは無償として取り扱われていただろう。 そしていま、登録あるいはサブスクリプションが無いユーザーに対しては、パブリッシャーが 1日に 5ページ以上を、見せないように制限するプログラムを更新した。 もし、あなたが Google ユーザーであり、First Click Free を使用するパブリッシャーの Web サイトで、1日に 5つ以上の記事をクリックすると、登録を促すページが表示されるだろう。このアプローチにより、通常において大量のコンテンツにアクセスするサブスクライバーに対して、パブリッシャーは焦点を合わせることが可能になる一方で、一般的なユーザーを cloaking から守ることがてきると考えている。

In addition to First Click Free, we offer another solution: We will crawl, index and treat as "free" any preview pages – generally the headline and first few paragraphs of a story – that they make available to us. This means that our crawlers see the exact same content that will be shown for free to a user. Because the preview page is identical for both users and the crawlers, it’s not cloaking. We will then label such stories as "subscription" in Google News. The ranking of these articles will be subject to the same criteria as all sites in Google, whether paid or free. Paid content may not do as well as free options, but that is not a decision we make based on whether or not it’s free. It’s simply based on the popularity of the content with users and other sites that link to it.

First Click Free のほかに、もう 1つのソリューションを Google は提案している。つまり、一般的には、見出しと最初のいくつかの段落を、無償のプレビュー・ページとして、クロール/インデックス/処理の対象とすることが、可能だということだ。それは、Google のクローラーが、ユーザーに無償で提供されることになるコンテントを、正確に参照していることを意味する。 このプレビュー・ページは、ユーザーとクローラーにとって同一であるため、それは cloaking ではない。続いて、サブスクリプションの対象であることを示すラベルを、Google News の中で提示していく。また、有償/無性にかかわらず、それらの記事に関するランキングは、Google ですべてのサイトと同じ基準を適用されることになる。 有償コンテントが、無料コンテントほど読まれるとは限らないが、無償にすること自体は Google の判断ではない。 また、対象となるコンテントは、ユーザーからのクリックや、他サイトからのリンクを用いて人気順に整理される。

These are two of the ways we allow publishers to make their subscription content discoverable, and we’re going to keep talking with publishers to refine these methods. After all, whether you’re offering your content for free or selling it, it’s crucial that people find it. Google can help with that.

これらの 2つの方式により、パブリッシャーが提供するサブスクリプション・コンテントを見つけ易くできる。そして Google は、これらの方法を洗練するために、パブリッシャーを話をし続けるつもりだ。 あなたのコンテントが有償/無性のいずれであっても、結局のところ、人々が探し出せることが決定的な要因となる。 Google は、それを手助けできる。

有料コンテンツを配信している、日本の大手のメディアさんは、ど~するんでしょうね? まるで対岸の火事であるかのように、この件を淡々と報道していますが、それはマードックを支持という事なんでしょうかね。 自社として、どのようなスタンスなのか、何かコメントしたほうが良いような気がするんですけど。 --- A.C.

<関連>
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis
マードックが FTC へ
News Corp.、コンテンツのグーグル非掲載でマイクロソフトと提携か–英報道
Microsoftは新聞社に対Google戦争の軍用金を支援してBingの味方にするつもり
Microsoft、マードックと話し合い―本気でBingのためにニュースを札束で買おうとしているのか?

Comments Off on 有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!

%d bloggers like this: