Agile Cat — in the cloud

Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

Posted in .Chronicle, On Monday, SDN by agilecat.cloud on February 15, 2016
Software-Defined Everything (SDx): Using Software as the Platform for Building Businesses
Dick Weisinger – February 5th, 2016
http://formtek.com/blog/software-defined-everything-sdx-using-software-as-the-platform-for-building-businesses/
_ formtek
Marc Andreessensaid that “software is eating the world”.   Software is becoming the controlling factor for how almost everything works.
 
Marc Andreessen の、「ソフトウェアが世界を飲み込む」という言葉が、誰の耳にも残っていることだろう。そしてソフトウェアは、あらゆる機能や動作を制御する要因になってきている。
 
In 2015 we saw the continued rise of software with the emergence of technologies like the Software-Defined Network (SDN), Software-Defined Storage (SDS), and the Software-defined Data Center (SDDC).  Market research group Technavio expects that the Software-Defined Everything (SDx) market will grow annually at a rate of 32 percent over the next five years.
 
2015年の私たちは、Software-Defined Network (SDN) や、Software-Defined Storage (SDS)、そして Software-defined Data Center (SDDC) といったテクノロジーの興隆を伴う、ソフトウェアの継続的な成長を確認してきた。マーケット調査グループである Technavio の推測によると、この Software-Defined Everything (SDx) マーケットは、これからの 5年間を通じて、32% (年間) のペースで成長していくという。
 
Dali_1Software-Defined technologies are attractive because they typically are cost savers.  They enable businesses to run leaner and more innovatively.  Software can reduce the amount and level of sophistication of hardware needed, and it can also reduce the labor costs needed to oversee operations.  SDDCs, for example, are being designed to use less hardware — things like servers, racks, disk and tape, routers and switches — automating many tasks that were labor intensive, and reducing costs like power consumption and cooling.
 
Software-Defined が魅力的なのは、それらが、いわゆるコスト・セーバーであるからだ。そして、ユーザー企業における、直線的で革新的なビジネスを実現していく役割を担っている。つまり、ソフトウェアが、必要とされるハードウェアの量的/質的なレベルを洗練されたかたちで抑制し、また、運用に掛かる人件費も削減していくのだ。たとえば、SDCC のケースに関して言えば、より少ないハードウェア(Server/Rack/Disk and Tape/Router/Switch)で目的が達成されるようにデザインされ、また、労働集約的だった大量のタスクを自動化し、電力や冷却などのコストを削減していく。
 
Jim O’Reilly, IT consultant, said that “there’s a point at which legacy [infrastructure] can’t hold up against economics, and we’re very close to it and even past it in some ways.  [2016] could be the tipping point — SDS and SDN will push this question very hard.”
 
IT consultant である Jim O’Reilly は、「いくつかの視点があるが、レガシー・インフラでは、経済的に持ちこたえることが困難なのだ。 その問題に、私たちは直面しており、何らかの方法で乗り越えなければならない。2016年は、その意味での転換期になるだろう。この難しい問題に、SDS と SDN が、突進していくことになる」と述べている。
 
Gartner explains the importance of SDx technology by saying that “to deal with the rapidly changing demands of digital business and scale systems up — or down — rapidly, computing has to move away from static to dynamic models.”  The dynamic characteristics of software provide greater flexibility with system modeling and reconfiguration.
 
Gartner は SDx テクノロジーの重要性について、「デジタル・ビジネスの急激な変化や、システム・スケールの上下動に対応するためには、静的モデルから動的モデルへと、コンピューティングを移行させる必要がある。そのためには、ソフトウェアの動的な特性により、より柔軟な環境を提供し、システムのモデリングと再コンフィグレーションに取り組まなければならない」と説明している。
 
Software is becoming the center for communication and interactions and will provide the foundation on which companies build and run their businesses.
 
ソフトウェアは、コミュニケーションとインタラクションの中心になってきている。 そして、企業がビジネスを構築/運用する際の、基盤を提供するようになっていく。
 
ーーーーー
On MondaySoftware-Defined X は、これから、どのくらい増えるのでしょうかね? きっと、ハードウェアが主役だったインフラの領域が、ソフトウエアが前面に立つかたちで、次々と再生されていくのでしょう。また、その上位レイヤには X as a Service があり、こちらの方が事例も増えていきそうですね。 有名なものとして、Cisco as a Service と呼ばれる CloudFlare がありますし、人気の SORACOM Air に関しては、Ericsson as a Service と呼んでも良いのではと、個人的には思っているくらいです。先週は、最高の利益を上げながら、先行きを不安視される Apple と、20年間も利益を一定に保ち、それを高く評価される Amazon という、まったく対照的な二つの抄訳をポストしました。 企業を評価する尺度が PL だけでは無くなり、高品質なソフトウェア・サービスを、安定して供給することを重視する方向へと、少しずつ変化しているようにも思えてきます。その意味では、ソーシャル・メディアにおける MUA や DAU なども、企業を評価する新しい指標なのでしょう。Marc Andreessen の、あの言葉が、現実味を帯びていく 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りる
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める

Posted in IoT, On Monday, Security by agilecat.cloud on November 9, 2015
Internet of Things Security: Most Early-entry IoT Devices have Weak Security at Best
By Dick Weisinger – November 6th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-most-early-entry-iot-devices-have-weak-security-at-best/
_ formtek
The IoT security market is expected to grow from $6.89 billion to $28.90 billion by 2020, according to Markets and Markets.  Gartner, Inc. estimates 4.9 billion “Things” will be used this year and that should reach 25 billion by 2020.
 
Markets and Markets によると、IoT セキュリティのマーケットは、2020年までに $6.89 billion から $28.90 billion へと成長するようだ。また、Gartner は、今年には 49億個の Things が使用され、2020年には 250億個に到達するはずと推定している。
 
Klimt_2While growth in the market is explosive, many worry about the security of the devices.  The FBI released a report that warns consumers that putting any of these devices on the Internet is very risky.  The FBI report warns of UPnP vulnerabilities, unchanged default passwords, denial-of-service attacks, and can potentially even result in physical harm.  The warning applies to a wide variety of devices, including  closed-circuit TVs to Wi-Fi, thermostats, garage doors, smart appliances, office equipment, TVs, and home healthcare and medical products.
 
このマーケットの成長は爆発的であるが、数多くの人々が、デバイスのセキュリティについて心配している。 FBI がリリースしたレポートには、インターネット上にデバイスを安易に配置することは、きわめて危険だという、消費者に対する警告が記されている。 この FBI のレポートが、具体的に指摘するのは、UPnP の脆弱性および、デフォルト・パスワードの利用、サービス拒否攻撃などに関するものであり、その結果として、物理的な被害が生じる可能性も否定できないというものだ。 この警告が対象とするデバイスは、TV と Wi-F を結ぶ閉回路や、サーモスタット、ガレージドア、スマート家電、オフィス機器、テレビ、ホーム・ヘルスケア、医療機器などを含む、きわめて多様なものとなる。
 
The FBI report found that “deficient security capabilities and difficulties for patching vulnerabilities in these devices, as well as a lack of consumer security awareness, provide cyber actors with opportunities to exploit these devices.  Criminals can use these opportunities to remotely facilitate attacks on other systems, send malicious and spam e-mails, steal personal information, or interfere with physical safety.”
 
この FBI レポートには、「これらのデバイスの脆弱性にパッチを適用しようとしても、セキュリティ機能の欠落や、対応の困難さが障害となる。また、消費者におけるセキュリティ意識の欠如により、それらのデバイスを悪用する機会が、サイバー・アクターたちに提供されてしまう。犯罪者たちは、転がり込んできたチャンスを悪用することで、他のシステムへのリモート攻撃を容易に実現し、悪質なメールやスパム・メールを送信し、個人情報を盗み出すだろう。 そして、最終的には、物理的な安全性をも侵害する」と記述されている。
 
Shankar Somasundaram, senior director of Internet of Things Security at Symantec, said that “as IoT innovation and adoption continues to grow, so has the opportunity for new cybersecurity risks. This is the next frontier. In the automotive industry, hackers can literally steer the car and ‘hit the brakes’ from their keyboards.”
 
Symantec の Senior Director of IoT である Shankar Somasundaram は、「IoT が革新され続け、その適用が広がるにつれて、サイバー・セキュリティにおける、新種のリスクが生じてくる。 つまり、次の未開拓な分野へと進んでいくわけだ。 たとえば、自動車という世界においては、ハッカーたちは、キーボードからハンドルを乗っ取り、ブレーキを攻撃することもあり得るのだ」と述べている
 
The main problem is that vendors are trying to rush products to market without taking the time to consider security.  An HP Fortify study found, for example that 100 percent of smartwatches tested had significant vulnerabilities.  A study by Rapid7 looked at the security of baby monitors and found that of the ten products selected, all failed except one product that scored a “D”.
 
最も重要な問題は、セキュリティを検討するための、充分な時間を確保することなく、ベンダーたちが急いでマーケットに、プロダクトを提供してしまうことだ。 HP Fortify の調査によると、たとえばスマート・ウォッチをテストすると、100% の確率で重大な脆弱性が見つかるという。また、Rapid7 はベビー・モニタのセキュリティをチェックしているが、10 種類のプロダクトをサンプリングしてテストしたところ、1つのプロダクトを除いて、すべてが失格だっという。 ただし、テストを通過したプロダクトも、その評価は「D」クラスだったという。
 
ーーーーー
On Monday今年の1月にポストした、IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測するという抄訳には、「IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう」と記されています。IoT により、便利で効率の良い社会が実現されていくはずですが、それとは裏腹に、たくさんの心配事も生じてくるようです。 IoT のデバイスには、データを送信するだけのものと、インターネットを介して受信した指示から、なんらかの装置などを制御するものに、大別されるはずです。 そして、後者のケースでは、侵害による物理的な被害も起こり得るわけです。 たとえば、インターネット経由で送られてくる、それぞれの指示を分析するだけではなく、それらを実行していった結果を、デバイス自体が自律的に判断し、異常であればセーフガードを動かすといった、新たな種類のセキュリティ対策が必要になるのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
 

Comments Off on IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める

Hybrid Cloud の調査: ハイブリッドへの完全な移行には5年も要するのだから、待ったなしで着手すべきだ

Posted in Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 5, 2015
Hybrid Cloud Computing: Still Five Years Before Commonly Used
Dick Weisinger – October 2nd, 2015
http://formtek.com/blog/hybrid-cloud-computing-still-five-years-before-commonly-used/
_ formtek
Autonomous Vehicles and the Internet of Things (IoT) are cited as being at the peak of inflated expectations in Gartner’s 2015 Hype Cycle for Emerging Technologies.  Hybrid Cloud Computing also shows up on the list, but it’s moved significantly past its point of overinflated hype and will be a technology that will gradually be accepted and commonplace.
 
Gartner の 2015 Hype Cycle for Emerging Technologies では、自律走行車Internet of Things(IoT)は、期待を最大に膨らせる要因として引用されている。そのリストには、ハイブリッド・クラウド・コンピューティングも挙げられており、ハイプのピーク・ポイントを通りぬけ、また、次第に受け入れられる普通のテクノロジーへと、反転するポイントに達しようとしている。
 
Dali_6Andy Soanes, CTO of Bell Integration, said that “as enterprises continue the journey to becoming digital businesses, identifying and employing the right technologies at the right time will be critical.  Finding the sweet spot, where the business is gaining the maximum benefit from a perfect balance of on-premise IT, private cloud and public cloud services, can be extremely difficult.  A business must be able to identify its ‘crown jewels’: those applications where failure, or losing control of data, would have catastrophic consequences.”
 
Bell Integration の CTO である Andy Soanes は、「デジタル・ビジネスを探しだすための旅を、延々と続けるエンタープライズにとって、適切なタイミングで適切なテクノロジーを特定/採用することが重要になっていく。しかし、それらの企業が、スイート・スポットを探し出すということは、つまり、オンプレミス IT/プライベート・クラウド/パブリック・クラウドによる、完璧なバランスから最大の利益を得ることは、きわめて困難なものになり得る。そして、砂漠に埋もれた宝石であっても、識別しなければならないエンタープライズならば、障害を起こすアプリケーションや、データに対するコントロールの喪失を探し出し、壊滅的な結果を回避しなければならない」と述べている
 
James Butler, CTO at Trustmarque, told Cloud Computing News that businesses should start moving to hybrid clouds, even if their efforts are done in slow increments. “Taking an incremental approach to hybrid cloud gives CIOs a platform to lead real business change from the centre, and avoid being bypassed or replaced.  By driving the strategy and promoting the positive benefits of cloud, CIOs will reduce risks and maximise investments; rather than simply ignoring cloud and falling behind.”
 
Trustmarque の CTO である James Butler は、Cloud Computing News に対して、「 たとえ遅々としたものであっても、エンタープライズはハイブリッド・クラウドへと向けて、移行を開始しなければならない。ハイブリッド・クラウドへ向けた段階的なアプローチを取ることで、現実のビジネスのリードしていくためのプラットフォームを、CIO たちは手に入れるだろう。 それは、センタライズからの脱却であり、また、既存プロセスのバイパスやリプレイスを厭わないものとなる。このストラテジーを推進し、クラウドのメリットを促進することで、CIO はリスクの軽減と最大の投資効率を達成していく。クラウドを無視することで、他社に遅れを取るような状況から、素早く脱しなければならない」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondaygartner-emerging-tech-hc2014年の夏に、「企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる」という抄訳をポストしましたが、この仕分けから、ハイブリッドへの移行が始まるのだろうと捉えています。 そして、今日のポストを読むと、オンプレ/プライベートに置くべき 20% と、パブリックに置くべき 20% が見えているなら、そこから直ちに着手すべきだと、言っているように聞こえてきます。 そうすれば、残りの 60% の扱い方についても、イメージが湧いてくると言いたいのでしょう。 Agile_Cat の場合も、その1億分の1くらいのスケールですが、すべての作業を Chromebook で処理できるようにしようと(ゴールという意味ではなく)、いろいろと試行錯誤していくうちに、クラウドでの操作が次第に増え、また、残されている問題点も明確になってきました。 こんな規模でも、実際に取り組んでみると、それまで気が付かなかった、欠落ポイントが見えてくるのだと、実感しているところです・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代!
Mobile Traffic の調査: 2015年のモバイル・データ通信量は、5200万テラ・バイトに至る
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
IDC の予測:2015年の パブリック市場は、製造/金融/小売などで $70 B を売り上げる!
Cloud Storage Gateways の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使う!
 

Comments Off on Hybrid Cloud の調査: ハイブリッドへの完全な移行には5年も要するのだから、待ったなしで着手すべきだ

High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代が近づいてきた!

Posted in On Monday, Research by agilecat.cloud on September 28, 2015
High-Speed Optical Devices: Research Shows Progress in Developing Plasmonic Materials
Dick Weisinger – September 21st, 2015
http://formtek.com/blog/high-speed-optical-devices-research-shows-progress-in-developing-plasmonic-materials/
_ formtek
An ultrafast light-emitting device that can switch on and off 90 billion times a second was recently prototyped and demonstrated by engineers at Duke University.  The device uses semiconductor quantum dots.  The goal of the research is to create a device that uses light photons instead of electronics to transmit data which will enable computers to operate at higher speeds.
 
Duke University のエンジニアたちにより、先日にプロトタイプ化された超高速の発光デバイスだが、1秒間に 900億回の ON/OFF を実証したとされる。このデバイスは、量子ドット半導体を用いるものである。そして、彼らの研究の目的は、エレクトロニクスによるデータ送信に換えて、Light Photon(光子)を用いたデバイスを創り出すことにある。それが実現すれば、これまでとはケタ違いのスピードで、コンピュータを走らせることが可能になる。
 
Dali_8Similar research into the so-called ‘plasmonic materials’ is also happening at Purdue University.  Plasmonic materials can provide very high bandwidth at the nanometer scale.
 
また、Purdue University でも、それと似た研究が、Plasmonic Materials(プラズモニック材料)という名称で進められている。この Plasmonic Materials は、ナノ・メートル・スケールという、きわめて高い帯域幅を提供することが可能だ。
 
Nathaniel Kinsey, doctoral student at Purdue, said that “low power is important because if you want to operate very fast – and we show the potential for up to a terahertz or more – then you need low energy dissipation.  Otherwise, your material would heat up and melt when you start pushing it really fast. All-optical means that unlike conventional technologies we don’t use any electrical signals to control the system. Both the data stream and the control signals are optical pulses.”
 
Purdue の博士課程にある Nathaniel Kinsey は、「 超高速で動作させるには、きわめて低消費電力であることが重要になる。私たちは、テラ・ヘルツ以上の可能性を示すことが可能だが、そのためには、きわめて低く抑えられたエネルギー消費が必要となる。そうしないと、高速で動作させたときに加熱して、素材を溶かしてしまうだろう。All Optical の意味は、これまでのテクノロジーとは異なり、まったく電気信号を用いることなく、システムを制御することである。データ・ストリームと制御信号の双方が、光パルスにより表現される」と述べている。
 
Kinsey said that “we are pretty far away from building anything resembling an processor. In fact our transistor is only simulation at the current time.  However, we have taken care to use realistic parameters so that the performance should be very similar to our simulations.”
 
さらに Kinsey は、「なんらかの、プロセッサのようなものを構築するという意味では、まだ、はるか手前に、私たちは位置している。実際のところ、私たちが考えているトランジスタは、現時点ではシミュレーションに過ぎない。しかし、現実的なパラメータを使用するように、注意を払っている。したがって、そのパフォーマンスは、私たちのシミュレーションに、きわめて近いものになるはずだ」と付け加えている。
 
Great progress in 2015 — the International Year of Light.
 
ーーーーー
On Monday冒頭の Duku 大学におけるプロトタイプは、1秒間に 90,000,000,000 回の ON/OFF を実現するとのことですから、90GHz のプロセッサも可能ということなのでしょう。 そして、Purdue 大学の説明によると、この種の量子/光子コンピューティングには、発熱を抑えるための低電力化が不可欠であり、それさえ克服できるなら、1Thz くらいまでは行けるということなのでしょう。1年ほど前に、IBM による 7 NANO チップへの取り組みは、ポスト・シリコンへの挑戦という記事をポストしましたが、そこでは、カーボン・ナノ・チューブのような素材を検討していると説明されていました。また、2012年には、オーストラリアにおける、0.1 ナノ・トランジスタの研究も紹介しています。こういう話を聞いてしまうと、Big Data だろうが IoT だろうが、何でもいらっしゃい、という感じになりますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Traffic の調査: 2015年のモバイル・データ通信量は、5200万テラ・バイトに至る 
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
IDC の予測:2015年の パブリック市場は、製造/金融/小売などで $70 B を売り上げる!
Cloud Storage Gateways の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使う!
Mobile Enterprise の調査: モバイルの波はエンタープライズも 呑み込み始めている
 

Comments Off on High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代が近づいてきた!

Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準

Posted in On Monday by agilecat.cloud on March 9, 2015
Cloud Computing: Executives Turn to the Cloud to Achieve Business Transformation
By Dick Weisinger – Feb 26, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-executives-turn-to-the-cloud-to-achieve-business-transformation/
formtek.png
The cloud market is expected to grow from its $58 billion market size in 2013 to more than $191 billion by 2020, based on Forrester data presented in a recent KPMG report.
 
最新の KPMG レポートにおける Forrester のデータをベースにすると、クラウド・マーケットは 2013年の $58 billion から、2020年には $191 billion 以上に成長すると予測されている。
 
Gauguin_9How are businesses using the cloud to achieve business transformation?  The KPMG survey of businesses ranging from $100 million to $20+ billion found that top benefits of the cloud are:
 
それぞれの企業は、ビジネスの変革を実現するために、どのようにクラウドを活用しているのだろうか? 売上が $100 million から $20 billion 以上までの企業を、KPMG が調査した結果、以下のようなメリットが、クラウドにあることが分かった。
 
  • To achieve cost efficiencies (49 percent)
  • To enable more flexible and mobile workforce (42 percent)
  • To improve interactions with customers, suppliers and business partners (37 percent)
 
  • コストの削減が達成された(49%)
  • モバイルを用いる柔軟な労働形態が実現された(42%)
  • 顧客/販社/提携先とのコミュニケーションが改善された(37%)
 
While cost efficiencies are a major motivator to get businesses to move to the cloud, businesses are shifting their focus towards leveraging the cloud to better align with customers and to achieve insights with analytics.
 
企業のクラウド移行において、主要なモチベーションとしてコストの削減が挙げられる。そして、クラウドを活用することで、顧客志向を実現し、分析と洞察を達成するために、その方向性をシフトし始めている。
 
The KPMG report also ranked the top three criteria that businesses use when selecting cloud services:
 
また、KPMG レポートは、企業が利用するクラウド・サービスの選定に関して、以下の3つの基準が、高いパーセンテージを示したとしている。
 
  • Security (82 percent)
  • Data Privacy (81 percent)
  • Cost (78 percent)
 
Rick Wright, principal and global cloud enable leader at KPMG, said that ”while the challenge posed by cloud related data loss and privacy threats are less pronounced in the minds of global industry leaders, they are still taking the issue seriously.  The clear trend in the data that we have collected shows that, even in the face of significant media attention paid to recent data breaches, global leaders are still willing to embrace the transformative potential of the cloud.”
 
KPMG の Principal and Global Cloud Enable Leader である Rick Wright は、「グローバルにおける業界リーダーたちの心理として、クラウドに関連するデータ損失や、プライバシー侵害といった懸念が薄れ、チャレンジしていこうとする姿勢が見られるが、それらは、依然として重要な問題として残り続けている。 私たちが集めたデータから、以下のようなトレンドが明らかになった。最近のデータ侵害に対して、メディアの注目が集まっているが、グローバル・リーダーはクラウドによる変革を、依然として受け入れようとし続けている」と述べている
 
ーーーーー
On Monday参照元の Forrester は、有償レポートの申し込みページなので、そこからは何も得られませんしたが、KPMG の方は PDF がダウンロードできますので、よろしければ、ぜひ、ど〜ぞ! そして、その中で 2020年の予測値である、$191 billion の内訳が記載されていました。① Application $133 B、② Platform $44 B、③ Business Services $14 B ですので、すでに花型となっている SaaS が、これからもクラウドをリードしていくわけです。そんなことを前提に考えると、メリットとして、コスト/モバイル/コミュニケーションが挙げられる背景も理解しやすいです。 これから、コモディティ化されたマイクロ・サービスをパーツとして利用し、アプリケーションをアジャイルに組み上げていく、、、というクラウド・ネイティブな手法が全盛を迎えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
 

Comments Off on Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Posted in .Chronicle, On Monday by Agile Cat on December 29, 2014

クラウド全体を俯瞰する視点から・・・
http://wp.me/pwo1E-889

今年から、月曜日の朝にポストし始めたシリーズであり、On Monday という名前を付けていますが、その大元は、Formtek の Dick Weisinger さんのブログです。 彼が毎日のようにポストするコンテントから、今週の1本を選んで訳しています。 この Weisinger さんのコンテントの特徴は、有益な情報をシンプルかつタイムリーに提供してくれるところです。さらに言えば、あまり各論には踏み込まず、最も重要なポイントを大づかみにしていくところが、気に入っています。

そして、近視眼的になりがちな Agile Cat を、クラウド全体を俯瞰する位置へと、週の始まりに引き上げてくれるという、とても有り難い存在になってきています。 なにぶん、内容がシブめなので、どれくらいの人が読んでくれるのかと、当初は不安だったのですが、回を追うごとに PV も増えてきて、とても嬉しい気分で年末を迎えることができました。

それにしても、この Weisinger さんは、どのようにして情報を集めているのでしょうかね? 視野の広さと、すばらしい選別眼がなければ、こんなに沢山の、しかも 有益性の高い情報を、集められるものではありません。 そんなわけで、Agile Cat 的には、High Scalability の Todd Hoff さんと並んで、二大スター・ブロガーとして尊敬する存在になってきているのです。世界は広い!

ーーーーー

12/12: 2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
12/30:
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
12/31:
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

ーーーーー

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーだが課題が山積
01/20: Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
01/22: Cloud の調査:Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
01/31:
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
02/17: Hadoop と Big Data の調査:問題点は信頼性/使い易さ/解決策の欠落
02/26: Mobile Security の調査:エンタープライズと Androidと フリー・アプリ
03/04: Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/10: Hybrid File Sharing の調査:パブリックとオンプレの自由なブレンド!
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索
03/18: Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

ーーーーー

04/03: Green DC の調査:ビジネスでの優位性と、環境への影響
04/04:
Storage の調査:Long-Term Low-Costのコールド・ストレージは 5PB?
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
04/18: Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な外部との協調とは?
05/02: Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが 3兆ドル分!
05/06:
Open Source の調査:ユーザー主導の確立が、人々と組織を惹きつける
05/16: Cloud Computing の調査:オンプレミスの補完から置き換えへ
05/23:
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
05/27: Data Center の調査: 未来の DC は、小型で手元に置かれるものになる
06/06: Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ
06/10:
IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
06/19:
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
06/24:
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

ーーーーー

07/01: Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化と大きな実績!
07/11: SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供!
07/16: Cloud の調査:マイグレ期間から、クラウド・ネイティブ・アプリ時代へ
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
07/29: Hybrid の調査: 企業データの分析と、20-60-20 の 仕分けシナリオ
07/30: Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題を根絶
08/08: Cloud の調査:クラウドだからといって、プロジェクトの失敗は減らない
08/19: Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
08/27:
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、約2兆円の節約
09/04: Security の調査: 優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供
09/08: Technology の調査:IBM による 7 NANO チップへの取り組み
09/09:
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へと向かう
09/24:
Open Source の調査:OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
09/25: SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

ーーーーー

10/08: IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT に応用できるはずだ!
10/13:
Gartner の調査:私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
10/23:
Security の調査:Google と Dropbox の Simply Secure とは?
10/24:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
11/06:
Social の調査:Twitter と MIT が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
11/11: CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux を再編する
11/18: Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げる
11/28:
Mobile App の調査:エンタープライズからコンシューマへ流れる開発者
12/03: Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が?
12/09:
Cloud の調査:DC トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る
12/16: Cloud の調査:クラウドへの投資は、2018年までにオンプレを追い越す

ーーーーー

それと、月曜の朝を爽やかな気分で迎えられるようにと思い、Agile Cat のお気に入り画家の、しかも雲が描かれた作品を差し込んでいるのですが、気に入ってもらえているでしょうか? ポストの内容を自分なりに考え、季節にも気遣いながら、1枚の絵を選んでいるのですが、それが、月曜の朝の、ちょっとした楽しみになってきました。 来年も、今年と同様、絵付きでお届けしていきま〜す!

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?

Posted in Management, On Monday, Research by Agile Cat on September 29, 2014

Open Source: Companies Use Open Source Because of the Quality and Security
http://wp.me/pwo1E-7Uz

By Dick Weisinger – September 24, 2014
http://formtek.com/blog/open-source-companies-use-open-source-because-of-the-quality-and-security/

_ formtek

Two recent reports have shed some insights about the current state of Open Source. The first of these was conducted by Linux.com and the New Stack.  The result of that report and survey identified the following projects as currently the top five most popular Open Source projects:

最近の2つのレポートが、Open Source の状態について、いくつかの洞察を提供している。その中の1つは、Linux.comNew Stack によるものである。このレポートにおける調査の結果は、現時点で最も人気のある Top-5 Open Source プロジェクトとして、以下のものを特定している。

Docker has come out of nowhere to get to the number two spot on this list.  Steven Vaughan-Nichols of ZDNet commented on Docker’s rapid rise to number two, saying “to go from nowhere to the second most popular project in 12 months? That’s amazing and speaks to its rockstar rise in popularity.”

Docker は、何処からともなくやってきて、このリストにおける二番手のポジションにまで到達している。ZDNet の Steven Vaughan-Nichols は、この Docker の成長ぶりについて「わずか12ヶ月で、一連のプロジェクトにおける人気リストの 、Top-2 にまで上り詰めたというのか? まるで、人気でのロック・スターのようなものであり、驚くべきことだ」とコメントしている

A second report done by Black Duck Software and North Bridge Venture Partners investigated how and why Open Source software is being used today.  Most interestingly, the survey found that the top reason why companies choose Open Source today isn’t because of price considerations.  It’s because of the quality of the software.  80 percent of companies using open source say the number one reason they use open source is because of the quality.  In addition, those same companies say that open source usually wins out when comparing competitive features and technical capabilities of open source against proprietary software.  And 72 percent of companies say that open source software is generally more secure than proprietary.

2つ目のレポートは、Black Duck SoftwareNorth Bridge Venture Partners が実施した、今日の Open Source が利用される理由を調査した結果をまとめたものである。この調査で最も興味深いのは、いまの企業が Open Source を選ぶとき、費用という視点が一番にはならないと指摘している点である。 その代わりに、ソフトウェアの品質が最大の要因とされているのだ。現実に、Open Source を使用している企業の 80% が、その品質が要因になっていると述べている。また、それら企業は、プロプライエタリとオープンソースにおける機能とテクノロジーを比較すると、大半のケースでオープンソースに軍配が上がるとも発言している。 そして、セキュリティに関して両者を比較した場合、オープンソースの方が優れると、72% の企業が答えている。

ーーーーー

それにしても、ほんとうに Docker の人気が凄いですね! 何故なんだろうと考えてみましたが、運用という領域の重要性が浸透してきたことに、理由があると推測しています。 クラウドやマネージド・サービスの事業者から見れば、当たり前のことなのでしょうが、なかなかユーザーには理解されない問題が、徐々にではあっても、解決へと向かっているように思えます。 先日ですが、某 ISE さんと会っていたときに、運用に優秀な人材が集まれば、そのプロセスの自動化が始まり、ボトルネックだった部分の効率化につながるという話を伺いました。 Docker の背景にも、それがあるのだと思えてきます。 そして、オペレーターやユーザーからの要求を、つまり、売る側ではなく使う側の視点を、反映していけるのが OSS の強みであり、それが、本文における2つ目のレポートの、根本からの理由になっているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる
Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける

Comments Off on Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?

SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている

Posted in Businesses, Research, .Selected by Agile Cat on September 30, 2013

SaaS: Collaboration and Mobile Computing Drive Growth
http://wp.me/pwo1E-6I8
By Dick Weisinger – September 6th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4009

_ formtek

The Software as a Service (SaaS) market will grow 16.8 percent to $16.7 billion in 2013 and reach $21.3 billion by 2015, based on a report from Siemer & Associates.  Drivers for SaaS growth are what the report calls “smart computing” and the desire to improve collaboration across all users, even those outside the corporate firewall.

Siemer & Associates のレポートをベースにすると、SaaS マーケットは、2013年に 16.8% の成長と、$16.7 billion の売上を達成し、また、2015年までには $21.3 billion に届くとされる。 このレポートは、SaaS を成長させる推進力に対して “ smart computing ” という名称を与えている。それは、すべてのユーザーを結ぶコラボレーションへの願望であり、企業のファイアウォールの外側にも広がるものとなる。

Some of the findings of the Siemer report include:

この Siemer のレポートには、いくつかの注目すべき点が見出される:

  • About 60 percent of the SaaS market is based in the US, while concerns about security, third party control and lack of bandwidth are holding back growth in Asia and Latin America.
  • Collaboration is the fastest growing SaaS vertical
  • Mergers and Acquisitions in the SaaS space are expected to reach $25 billion over the next 20 months
  • SaaS businesses are outperforming enterprise and security software businesses.  Median SaaS stock growth reached 13 percent, compared to 9 percent for Enterprise and Security stocks
  • By 2015, mobile application development will exceed PC projects by a factor of four
  • SaaS 市場の約 60% は、アメリカ国内をベースにしたものである。その一方で、セキュリティへの懸念と、サードパーティによるコントロール、そして帯域幅の不足により、Asia と Latin America における成長を妨げられている。
  • コラボレーションが、SaaS 市場の中で、最速で成長している。
  • SaaS 市場における統合と買収は、今後の 20ヶ月間で、$25 billion の規模に達すると予測される。
  • SaaS のビジネスは、エンタープライズおよびセキュリティのソフトウェア・ビジネスを凌駕している。SaaS 株は、平均で 13% の成長に達しており、エンタープライズ/セキュリティ株の 8% を大きく上回っている。
  • 2015年までに、モバイル・アプリの開発は、PC の 4倍の規模に成長する

The report notes that some types of applications like CRM and Human Capital Management are a great fit for the SaaS model since these types of applications often need to scale size and accommodate remote users.  But application types like PLM tend to not need to scale users, and users tend not to use the software remotely.

このレポートは、CRM や Human Capital Management といったアプリケーション・タイプが、SaaS モデルに適合すると指摘している。 その理由として、これらのタイプのアプリケーションは、多くの場合において、その規模をスケールする必要があり、また、リモート・ユーザーに対応せざるを得ない点を挙げている。しかし、PLM などのアプリケーション・タイプは、ユーザーのスケールに対応する必要がなく、また、リモート・ソフトウェアが使用されない傾向にあるとしている。

ーーーーー

image131ちょうど、昨年の今ごろの話ですが、Google Maps が消えてしまった iPhone 5 ユーザーたちは、世界中で迷子になり、仕事の訪問先への道に迷い、、、という、たいへんな状況に陥っていました。 それが示したのは、パーソナル・エクスペリエンスの海に漂う、エンタープライズ IT という船の存在であり、この 2つのプラットフォームの間には、決して超えることのできない大きな差が生まれているという事実でした。 そして、時代はモバイル・ソーシャルです。社内の LAN からアクセスできなくとも、人々はポケットから取り出した iPhone や Android を用いて、Facebook や Twitter で情報を交換し、これまで以上の質を保ちながら、それぞれの仕事を加速させているのです。 コラボレーションとモバイルをフィーチャーする、“smart computing” に期待が集まるのも、このような背景があるからだと思えるのです。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有
Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート
スマホ・アプリ Top-10 : 2013 Q2 のランキングをチャートで!
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

 

Comments Off on SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている

%d bloggers like this: