Agile Cat — in the cloud

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Research by agilecat.cloud on September 3, 2015
IHS Forecasts Huge Growth for 100 Gigabit Optical Ports as Operators Increase Network Capacity
Published: Aug 11, 2015
http://www.marketwatch.com/story/ihs-forecasts-huge-growth-for-100-gigabit-optical-ports-as-operators-increase-network-capacity-2015-08-11-16173756
 
__ Market Wired
 
CAMBRIDGE, MA, Aug 11, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Coherent 100G port shipments for metro regional optical networks grew 145 percent in 2014 from the prior year, and are anticipated to grow another 118 percent in 2015, predicts IHS.
 
CAMBRIDGE, MA ー メトロ・リージョン向けのオプティカル・ネットワークにおける、Chherent 100G ポートの出荷台数が、2013年と2014年との比較で 145% の成長を遂げているが、2015年も引き続いて、118% の成長が予測されると IHS が述べている。
 
Fiber NetworksFlickr
NetMapper
 
“Adoption of 100G coherent technology has surged, first in long haul networks and now becoming a material part of metro networks. The expansion of 100G into new markets was the catalyst for our 100G+ coherent optical ports report, which provides an accurate, in-depth picture of how 100G technology is being used today and how it’ll be used in the future as the landscape grows increasingly complex,” said Andrew Schmitt, research director for carrier transport networking at IHS.
 
IHS の Research Director for Carrier Transport Networking である Andrew Schmitt は、「100G コヒレント・テクノロジーの採用だが、最初は長距離ネットワークから始まり、いまではメトロ・ネットワークの物理パートとして急増し始めている。新たなマーケットへ向けた 100G の拡大は、当社の 100G+ コヒレント・オプティカル・ポートを促進させるものであった。それにより、現時点で採用されている 100G テクノロジーに関する、詳細かつ正確な情報を提供できるようになった。そして、将来におけるネットワークの成長が、いま以上に複雑になるにつれて、どのように 100G が利用されるのかを指し示す、レポートの提供が可能になった」と述べている。
 
“100G is poised to explode in 2016 as new equipment built specifically for the metro reaches the market, allowing 100G technology to economically reach new portions of the network such as metro edge and metro regional,” Schmitt said.
 
さらに Schmitt は、「メトロ・マーケットのための新たな機器が、2016年に市場に投入されるとき、100G テクノロジーは爆発的に飛躍するだろう。つまり、メトロ・エッジやメトロ・リージョンといった、ネットワークの新しいパートへ向けて、経済性を伴う 100G テクノロジーが到達することになる」と、付け加えている。
 
100G+ COHERENT OPTICAL PORT MARKET HIGHLIGHTS
 
2015-IHS-Infonetics-100G-Coherent-Optical
 
2014 was a banner year for 100G port shipments, led by massive purchases in China from China Mobile.
 
100G ポートの出荷が、2014年に大きく伸びたのは、中国マーケットで China Moble が大量に購入したからである。
 
Most of 100G coherent technology deployed in 2014 was for long haul applications, but metro regional (<600km) and metro access (<80km) applications will start ramping in 2016.
 
2014年にディプロイされた 100G コヒレント・テクノロジーの大半は、長距離ネットワークに応用されるものであったが、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) への適用が、2016年から始まっていくだろう。
 
100G market share is concentrated in a small circle of players: Alcatel-Lucent, Ciena, Huawei, Infinera and ZTE; the only potential catalyst for shifts will come from deployment in shorter reach metro and datacenter applications-the next growth vector for 100G.
 
現時点における 100G のマーケット・シェアは、Alcatel-Lucent/Ciena/Huawei/Infinera/ZTE といった、一定のプレーヤーに集中している。そこからのシフトを引き起こすための潜在的なニーズは、メトロやデータセンターへのリーチという短距離での応用であり、次の成長ベクトルを 100G に与えるものとなる。
 
Sometime in 2017-2018, 100G coherent will make another quantum jump, displacing 10G in the 80km or less metro-access market.
 
2017年〜2018年の何処かで、100G コヒレント・テクノロジーは、次の爆発的なジャンプを達成し、80km 以内のメトロ・アクセス市場で、これまでの 10G をリプレイスしていくだろう。
 
100G OPTICAL REPORT SYNOPSIS
 
The 20-page “IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” market size, vendor market share and forecast report provides detailed granularity for 100G+ coherent and non-coherent port shipments on optical transport equipment, tracking the evolution of 100G as operators increase the flexibility and capacity of their networks. The report tracks 100G by application, including metro regional, metro access and long haul, as well as specific technology derivatives such as flex-coherent and direct-detect 100G. To purchase the report, please visit www.infonetics.com/contact.asp.
 
“IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” は 20ページの構成となっており、マーケットの規模や、ベンダーごとのシェア、今後の予測などをレポートするものとなっている。そして、オプティカル通信機器マーケットにおける、コヒレントおよび非コヒレント 100G+ ポートの出荷について、詳細な情報を提供する。したがって、各種事業者たちが、自社ネットワークの柔軟性を高め、キャパシティを増大するときのための、100G に関するトラッキングが可能となる。このレポートは、メトロ・リージョンとメトロ・アクセスに加えて、長距離ネットワークにおける 100G 適用を追跡するものである。また、それに加えて、フレックス・コヒレントや Direct-Detect 100G といった、派生テクノロジーについてもレポートしている。このレポートを購入に際しては、www.infonetics.com/contact.asp にアクセスして欲しい。
 
ーーーーー
Network文中にもあるように、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) という近距離ネットワークへ、長距離海底ケーブルで培われたテクノロジーが適用されていくのですね! アジアの 100G 関連ニュースを並べてみても、ほとんどが長距離ネットワークに関するものですが、今後は様変わりしていくのでしょうね。 ネットワークに、どのような未来が訪れるのかと想像すると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
 
Oct 2014 – AAG Upgrades Trans-Pacific Submarine Cable Network with Ciena
Oct 2014 – Pacnet Selects BTI Systems as Vendor of Choice for 100GE Metro 
Jan 2015 – Telstra to sell 100G service on subsea cables
Jan 2015 – Verizon Extends Its 100G Network in Asia-Pacific
Feb 2015 – Sydney to Perth at 100Gb/s
May 2015 – Telstra Extends Global PEN Platform into the Optical Layer
May 2015 – Alcatel-Lucent and Chuan Wei to set up 100G network in Cambodia
Jun 2015 – SLT enhances global connectivity options
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

Comments Off on 100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

Posted in Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on February 12, 2015
Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
Sami Ghanmi – Feb 09, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/36395/20150209/huawei-bt-ireland-test-400gbps-fiber-broadband-transmission.htm
 
_China Topix
 
Chinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and telecom firm BT Ireland have successfully tested a 400 Gbps fiber broadband over fiber optics that connects the city of Dublin to Belfast.
 
China の大手通信機域メーカーである Huawei Technologies Co. Ltd と、欧州のテレコムである BT Ireland が、光ファイバーによる 400 Gbps ブロードバンドのテストを順調に進めている。 それにより、Dublin と Belfast が高速で接続されることになる。
 
Huawei and BT Ireland have transmitted 400 Gbps of data across existing 10 Gbps, 40 Gbps and 100 Gbps wavelengths.
 
Huawei と BT Ireland は、既存の 10 Gbps/40 Gbps/100 Gbps といったレベルを超えたところで、400 Gbps でデータを送信している。
 
Huawei
BT said it had chosen to carry out the test in Ireland due to its existing network infrastructure and the 200 km distance between Dublin and Belfast.
 
今回のテストで Ireland が選ばれたのは、Dublin と Belfast を接続する、200km におよぶ既存インフラがあったからだと、BT は発言している。
 
 “The results demonstrate how we can maximize the efficiency of our network investment, building on our core network infrastructure whilst continuing to meet the ever-increasing needs of our customers in a fast evolving digital world,” said Alex Crossan, BT Ireland’s managing director.
 
BT Ireland の Managing Director である Alex Crossan は、「 今回の結果は、私たちのコア·ネットワーク·インフラを拡張し、ネットワーク投資の効率を最大化していく方法を示している。それは、急速に進化しているデジタルの世界において、私たちの顧客が抱え込むニーズを、満たし続けるものとなる」と述べている。
 
“These in-life trials have also been crucial in understanding the capabilities of these new technologies, and have allowed us to accelerate our plans to deploy with confidence in the very near future.”
 
「 こうした、具体性のある試みが、新テクノロジーの能力を理解する上で、きわめて重要だっ。 そして、私たちは、目前に迫っている近未来へ向けて、いくつかのプランを、自信を持って加速していける」。
 
BT said it plans to deploy 200 Gbps and 400 Gbps commercial speeds using its core transmission network by March.
 
BT は、この 3月までに、今回のコア伝送ネットワークを用いて、200 Gbps と 400 Gbps の商用サービスをディプロイする計画を明らかにした。
 
“With the rapid growth of mobile broadband and video services generating tremendous volumes of traffic for backbone networks, the time is now for 400 Gbps.” said Ryan Ding, president of products and solutions at Huawei.
 
Huawei の President of Products and Solutions である Ryan Ding は、「モバイル・ブロードバンドとビデオ・サービスが急速に成長するにつれて、膨大なトラフックがバックボーン・ネットワーク上に生じてくる。 つまり、400 Gbps は、マッタ無しなのだ」と発言している。
 
Huawei also recently announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation, along with China Mobile Communications Corporation, over Jiangsu Mobile’s network in China.
 
最近になって Huawei は、China Mobile Communications Corporation と共同で、China の Jiangsu Mobile ネットワークを用いて、世界で初めてのアップリンク・キャリア・アグリゲーションをテスト中だと発表している。
 
The test successfully increased upload speeds by 180 percent. The Chinese tech giant had also deployed the world’s first atom router, along with China United Network Communications Group Co. Ltd.
 
このテストにより、アップロード・スピードを、180% も向上させることに成功している。さらに、この China のテック・ジャイアントは、China United Network Communications Group Co. Ltd と共同で、世界で初のアトム・ルーターをディプロイしている。
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの情報を意識的に探っているのですが、そこで明らかになってきているのが、この Huawei の強さです。 先日に、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳をポストしましたが、今日のポストに示されるように、ビジネスの成長を裏付けるテクノロジーの存在を感じます。 アメリカ市場からはシャットアウトされてしまったようですが、中国国内と、東南アジア、そして、ヨーロッパで、着々と実績を積み上げてきています。これからも、ウォッチしていきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

Comments Off on Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

Posted in Data Center Trends, Network, Research, Telecom by Agile Cat on June 6, 2013

Fiber cables made of air move data at 99.7 percent the speed of light
1.5 terabits per second, with only the laws of physics slowing it down.
http://wp.me/pwo1E-6cE

by Jon Brodkin – Mar 27 2013
http://arstechnica.com/information-technology/2013/03/fiber-cables-made-of-air-move-data-at-99-7-percent-the-speed-of-light/

_ ars technica

Researchers say they have created fiber cables that can move data at 99.7 percent of the speed of light, all but eliminating the latency plaguing standard fiber technology. There are still data loss problems to be overcome before the cables could be used over long distances, but the research may be an important step toward incredibly low-latency data transmissions.

何人かの研究者たちが、標準的なファイバー・テクノロジーの悩みであるレイテンシを除去し、光速の 99.7% の速度でデータを転送する、ファイバー・ケーブルを開発したと発言している。 長距離接続において、このケーブルを使用する以前に、データ減衰の問題を取り除く必要があるが、この研究は、信じられない程の低レイテンシ・データ転送へ向けた、重要なステップになるのるかもしれない。

fibre-optics[1]Although optic fibers transmit information using beams of light, that information doesn’t actually go at “light speed.” The speed of light, about 300,000 km/s, is the speed light travels in a vacuum. In a medium such as glass, it goes about 30 percent slower, a mere 200,000 km/s.

光線を用いて情報を転送する光ファイバー・テクノロジーであるが、実際のところ、その転送速度は、「光のスピード」に追いつかない。 光速が約 300,000 km/秒となるのは、真空の中を光が進む場合のことである。 ガラスのようなメディアの中では、そのスピードは 30% ほど低下し、200,000 km/秒になってしまう。

“[L]ight propagates 31% slower in a silica glass fibre than in vacuum, thus compromising latency,” notes a paper published Sunday in Nature Photonics, titled “Towards high-capacity fibre-optic communications at the speed of light in vacuum.”

「シリカ・ガラスによるファイバーを通過する光は、真空と比較して 31% も速度が落ちるため、レイテンシという妥協が生じる」と、この日曜日に発行された Nature Photonics の、”Towards high-capacity fibre-optic communications at the speed of light in vacuum” という記事で説明されている。

The research team from the University of Southampton in England solved this problem by taking the glass out of the glass fiber. This results in a “hollow-core photonic-bandgap fibre,” which is made mostly of air yet still allows light to follow the path of the cable when it twists and turns.

England の University of Southampton における研究チームは、グラス・ファイバーからガラスを取り除くことで、この問題を解決した。 その結果が、「 中空コア高額バンドギャップ・ファイバー」であり、 捻れたり曲げられたりしても、ファイバー内の空中で、大半の光を通過させるものである。

The methods used by the researchers result in data loss of 3.5 dB/km, an impressively low number considering its incredibly low latency. However, that data loss is still too high for long-range communications. For now, these cables won’t be used to wire up Internet Service Provider networks or for transatlantic cables.

この研究者たちが用いる手法では、3.5 dB / km のデータ減衰が生じるが、信じられないほど低レイテンシが実現される。 しかし、このデータ減衰は、長距離通信という環境において、あまりにも大きすぎる。 したがって、いまのところは、これらのケーブルは、たとえば太西洋の両岸をまたぐ、ISP のためのワイヤーには使用できないだろう。

The cable uses wide-bandwidth channels to send 37 streams of 40 gigabits per second each, with an aggregate transmission capacity of 1.48Tbps. Even with the current rate of data loss, the researchers say the cable technology is adequate for “short reach low-latency applications,” such as future exaflop-speed supercomputers and “mega data centres.”

このケーブルを用いると、37 ストリームを、40 Giga Bit / S で転送することが可能となり、その総量としては、1.48 Tbps という広帯域キャパシティが実現される。データ減衰に関する、いまのレートにもかかわらず、このケーブル・テクノロジーは、たとえば 未来における exaflop-speed のスパコンやメガ・データセンターのような、”short reach low-latency applications” には充分に対応できると、研究者たちは発言している。

“For longer transmission distances, additional work is needed to further reduce surface scattering loss and to achieve the sub-0.2 dB km,” the researchers wrote.

「 そして、長距離転送に関しては、さらに表面散乱損失を減らして、0.2 db/km 以下を達成するという、さらなる取り組みが必要とされる」と、研究者たちは述べている。

ーーーーー

TAG indexこのところ、光学テクノロジーに興味シンシンな Agile_Cat ですが、調べるたびに、様々な研究が進められていることに驚きます。 そして、この空芯型のテクノロジーも、レイテンシーの除去にとって、大きな期待を集めるものになるのでしょう。さらに、以下の関連リンクにあるように、Open Compute の Silicon Photonics と組み合わせることで、飛躍的な展開が実現されると、とてもスゴイことになるはずと、想像が膨らんでいきますね。image

ーーーーー

<関連>

Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics で Disaggregate だ!
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄

 

 

Comments Off on 空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

%d bloggers like this: