Agile Cat — in the cloud

4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Network, Telecom by agilecat.cloud on January 20, 2016
Digitimes Research: TD-LTE users account for 34.4% of total 4G LTE subscribers in 1H15
Benson Wu – Dec 10, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151210PD200.html
 
_ Digi Times
 
The number of TD-LTE service subscribers worldwide reached 260 million in the first half of 2015, accounting for 34.4% of total 4G LTE users, according to an estimate of Digitimes Research.
 
Digitimes Research の推定によると、今年前半のグローバル TD-LTE サブスクライバー数は 2.6億人に達し、すべての 4G LTE ユーザーに対して 34.4% を占めるに至ったようだ。
 
TD-LTEFlickr
AFS-USA Intercultural Programs
 
The figures also represent a significant increase as compared to only 30 million subscribers a year earlier period thanks to China’s push from 3G to 4G networks, said Digitimes Research.
 
この数字は、前年同期のサブスクライバーが僅か 3000万人であったことを考えると、とても意味深いものである。そして、China 市場におけるネットワークが、3G から 4G へ向けて大きく前進したことが要因であると、Digitimes Research は述べている。
 
By the second quarter of 2015, a total of 59 mobile telecom carriers in 35 countries have begun commercial operations of their TD-LTE networks, but as high as 87% of TD-LTE subscribers worldwide are located in China.
 
2015年 Q2 には、59 社のモバイル・オペレーターが 35カ国で、TD-LTE ネットワークの商業運用を開始しているが、グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの 87% ほどが、China 国内に集中しているという現実がある。
 
Due to the growing TD-LTE ecosystem in China, there are currently a total of 1,210 models of terminal-end devices supporting TD-LTE standards, with smartphones accountingfor 58% of these devices. Meanwhile, the number of TD-LTE base stations has reached 1.25 million, accounting for 47% of total 4G LTE base stations, Digitimes Research estimated.
 
China で TD-LTE エコシステムが成長する過程において、TD-LTE スタンダードをサポートするターミナル・エンド・デバイスは、合計で 1,210 種類にいたり、そのうちの 58% をスマートフォンが占めている。その一方で、TD-LTE ベース・ステーション数は 125万ヶ所に達し、全体的な 4G LTE ベース・ステーションの 47% を占めると、Digitimes Research は推定している。
 
However, the ratio of TD-VoLTE networks to total TD-LTE networks is still low as there still lacks a consensus on how to best utilize 3.5GHz frequency band, Digitimes Research commented.
 
しかし、全体的な TD-LTE ネットワークに対して、TD-VoLTE ネットワークの比率は、依然として伸びていない。その理由は、3.5GHz 周波数帯の最適化された運用方法について、合意が欠けているためだと、Digitimes Research はコメントしている。
 
ーーーーー
Telecomちょうど1年目前に、「TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた」という抄訳をポストしています。そこには、2014年末の時点で、TD-LTE ユーザーが 9610万人に達しと記されているので、文中の 3000万人とのズレが生じています。 でも、まぁ、このアジアのマーケットで、6000万人なんて誤差の範囲なのかもしれませんね 🙂 それは さて置き、2.6億人で 34.4% に届いたというのは、たいへんなことですね。かなりの推測が入りますが、Ericsson は FD-LTE を、Huawei は TD-LTE を推進し、どちらも OK なのが Nokia なのかと捉えています。でも、つい先日ですが、「Ericsson, Huawei renew patent cross-license deal」というニュースが流れていましたが、そのあたりは、どうなんでしょうね? そして、日本とインドと APAC 諸国は、どちらへ向かうのでしょうか。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
 

Comments Off on 4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

Comments Off on 中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印

Posted in .Selected, Asia, Telecom by agilecat.cloud on March 3, 2015
KT, China Mobile, NTT DoCoMo team up for 5G
Posted : 2015-03-02 15:58
Updated : 2015-03-02 22:24
By Kim Yoo-chul, Yoon Sung-won
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2015/03/133_174409.html 
 
_ Korea-Times
 
BARCELONA, Spain ― KT, the nation’s second-largest mobile carrier, said Monday that it has teamed up with China Mobile and NTT DoCoMo to jointly develop the fifth-generation or 5G network technology.
 
BARCELONA, Spain ― Korea で二番手のモバイル・キャリア KT は、5G ネットワーク・テクノロジーを開発するために、China Mobile および  NTT Docomo と提携したことを明らかにした。
 
“KT has agreed with China Mobile and NTT DoCoMo of Japan for co-development of 5G mobile technology. The agreement calls for joint marketing to promote new telecommunications technology,” KT said in a statement on the sidelines of 2015 Mobile World Congress (MWC) exhibition here.
 
「 KT は 5G モバイル・テクノロジーに関して、China Mobile および Japan の NTT Docomo と共同で開発することを合意した。 この協定は、新しいテレコム・テクノロジーを促進するための、共同マーケティングを実現するためのものである」と、2015 Mobile World Congress (MWC) において KT は 声明で述べている。
 
KT_CM_NTTKT’s network division chief Oh Seong-mok, center, poses with China Mobile’s technology division chief Wang Xiaowin, left, and NTT DoCoMo Chief Technology Officer Seizo Onoe after announcing a joint declaration to cooperate for the development of fifth-generation mobile networks during a meeting for the Strategic Cooperation Framework Agreement at the Arts Hotel in Barcelona, Spain, Sunday./ Courtesy of KT
 
The CEOs of the three companies signed the deal. KT was the first to offer a proposal to hold a meeting with the Chinese and Japanese firms ― all are key members of the Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) which was signed in 2011.
 
三社の CEO たちが、この契約を調印した。この China と Japan の企業と、ミーティングを持とうと呼びかけたのは KT であり、また、この三社は、2011年に調印された Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) の主要メンバーでもある。
 
The three Asian mobile operators will share key information in technology to develop customized 5G tech specifically for the Asian market.
 
この、アジアでモバイル・ビジネスを展開するオペレーター 三社は、アジア市場向けにカスタマイズされた、5G テクノロジーを開発するための、主要な情報を共有していく。
 
Meanwhile, they will launch a joint verification and trial test for advanced wireless technology with the companies holding talks to establish a standard in 5G and the Internet of Things.
 
その一方で、この三社は、先進的なワイヤレス・テクノロジーのための、共同検証およびトライアル・テストに取り組みながら、5G テクノロジーと IoT (Internet of Things) におけるスタンダードを、確立するための協議を継続していく。
 
KT CEO and Chairman Hwang Chang-gyu proposed his counter-partners at China Mobile and NTT DoCoMo create a task force inside the SCFA, a move aimed at taking a clear lead over their European and American rivals. Hwang’s proposal has been accepted.
 
KT の CEO and Chairman である Hwang Chang-gyu は、China Mobile と NTT Docomo のカウンター・パートナーと、SCFA の活動の中でタスクフォースを立ち上げようと提案してきた。 その目的は、ヨーロッパとアメリカのライバルたちに対して、明確なリードを確立することにある。そして、Hwang の提案が受け入れられることになった。
 
“The 5G technology is the next big wave in the industry that can’t be refused. Closer cooperation with China Mobile and NTT DoCoMo will help us provide more customized services to our valued customers beyond their expectation,” Hwang said in the statement.
 
「 5G テクノロジーは、この業界において、誰も避けることのできない、次世代のビッグ・ウェーブである。 China Mobile および NTT Docomo との緊密な協力関係により、カスタマーたちが期待する以上の、より高度にカスタマイズされたサービスの提供が促進されるだろう」と、Hwang はステートメントで述べている。
 
ーーーーー
Telecomさすがは MWC です。とても興味深い話が飛び出してきます。 しかし、お隣どうしなので、こうした提携は当たり前という見方もあります。 ひとつ気になるのは、China Mobile がガチの TD-LTE 推進者であり、そのテクノロジーが Huawei や ZTE から提供されているはずという点です。 そして、たまたまですが、昨日 (3/2) の DigiTimes に、「China releases FDD-LTE licenses to China Telecom, China Unicom」というニュースがポストされていました。 おそらく、北京政府は TD-LTE と FDD-LTE を、三大テレコムに分担させるという方針なのだろうと想像しています。 さらにですが、昨年末の China Tech News には、「Three Korean Carriers Team With Huawei For 5G Development」というニュースを報じています。 もう1つ加えると、ちょうど1年前の 2014年 2月に、Nokia と Sprint が TD-LTE で 2.6 Gbps という実験を成功させているようです。う〜ん、Docomo は、どうするのでしょうかね? そう考えると、とても面白い展開に思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China Mobile の 4G ユーザーが1億人:今年の末には 2.5億人になる?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、本土の DC
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?

Comments Off on KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印

TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom, Xiaomi by agilecat.cloud on February 6, 2015
Digitimes Research: Global TD-LTE user base estimated at 96.1 million in 2014
Benson Wu, DIGITIMES Research – 12 Dec, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20141212PD206.html
 
_ DiGiTimes
 
The total number of TD-LTE subscribers around the world will keep increasing to 96.1 million at the end of 2014, accounting for 21.6% of the global total number of LTE (4G) users. 81.8% of the total will be users in China, 8% in Saudi Arabia and 6.9% in Japan, according to Digitimes Research.
 
グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの合計は、2014年末の時点で 9610万人に達し、すべての LTE(4G)のユーザーの 21.6% を占めることになる。DigiTimes Research によると、そのうちの 81.8% が China、8% が Saudi Arabia、6.9% が Japan とされている。
 
China MobileOf the number of LTE networks around the world, 87% will be FDD LTE networks and 13% TD-LTE networks in 2014, Digitimes Research indicated.
 
また、Digitimes Research は、2014年のグローバル LTE ネットワークにおいて、87% が FDD LTE となり、13% がTD-LTE になると指摘している。
 
Asia accounted for 43% of TD-LTE networks around the world as of the end of the third quarter of 2014, but for over 95% of the global TD-LTE subscribers due to China Mobile’s active promotion of TD-LTE in the China market in 2014.
 
2014年 Q3  の時点で、グローバルでの TD-LTE ネットワークのうち、43% を Asia が占めていた。しかし、2014年における、グローバル TD-LTE サブスクライバーの 95% 以上が、China Mobile が国内で積極的に展開した、TD-LTE プロモーションの結果として得られている。
 
Unlike FDD LTE which is operated on a wide range of frequency bands, TD-LTE networks are operated mainly on medium and high frequency band units, with 900MHz and below taking up less than 10% of all band units.
 
広帯域にまたがる周波数で運用される FDD LTE と異なり、TD-LTE ネットワークは、主として 900MHz などの中高周波数帯域で運用され、すべての帯域の 10% 未満に収まるようだ。
 
Taiwan-based device makers will not benefit from the fast growing TD-LTE user base, with 2014 total production value of LTE data communication devices estimated at NT$5.53 billion (US$178 million), down 9.9% on year.
 
Taiwan ベースのデバイス・メーカーが、急成長している TD-LTE ユーザーベースから、恩恵を受けることは無さそうだ。2014年における LTE データ通信デバイスの総生産額は、NT$5.53 billion (US$178 million) と推測され、前年比で 9.9% のダウンになるとされている。
 
ーーーーー
Asia PacificLTE には、このように、TD-LTE と FDD LTE の二種類があります。 鉄道に例えれば、 TD-LTE が単線であり、FDD LTE が複線ということになります。 つまり、その時々の利用状況に応じて、上りと下りの構成を変化させられるのが TD-LTE の強みであり、また、文中にもあるように、絞り込んだ帯域で運用できることもメリットなのでしょう。 しかし、中国が TD-LTE へと進んだ背景には、西欧からの特許料の請求を回避し、さらには、そのテクノロジーを輸出していこうという、国家戦略が在るとされています。 そして、その尖兵としてグローバル市場を開拓しているのが、Huawei や ZTE といった企業になるのでしょう。 以下のリストは、Cloud News Asia から抜き出したものですが、西欧諸国と中国の間で、凄まじい戦いが繰り広げられている様子が窺えます。_AC Stamp
 
China Mobile Aims At 250 Million 4G Users In 2015
Singtel, Ericsson partner to test 5G technologies
Who offers the best 4G LTE connection in Indonesia? 
China’s Huawei Promises USD6.3 Million Investment For UK 5G
China’s ZTE Will Build 4G LTE Project In Cambodia
Xiaomi invests in 4G chip development, says sources
Chunghwa to reach domestic 4G market goal of 40 percent
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ

Comments Off on TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 31, 2014

China Telecom Will Sell Unlocked iPhone 6
http://wp.me/pwo1E-7NC
Emery Dennel – Aug 22, 2014 
http://www.chinatopix.com/articles/7648/20140822/china-telecom-will-sell-unlocked-iphone-6.htm

_China Topix

China Telecom said all iPhone 6 units the company will sell will be unlocked and may be used on all wireless networks in China. China Telecom is the third largest telecommunications company in China, following China Mobile and China Unicom.

China Telecom が販売する、すべての iPhone 6 はアンロック・バージョンであり、また、すべてのワイヤレス・ネットワーク(China も含めて)で使用できると、同社は発言していた。 China Telecom は、同国における三番手のテレコムであり、China Mobile と China Unicom を追いかけるポジションにある。

Photo : www.zdnet.com
Deleted iPhone 6 
Post by China Telecom

At the moment, iPhone units being sold by China Telecom only accept SIM cards issued by the company. China Telecom’s early 4S to most recent 5S models only run under their 3G CDMA2000 network and 2G CDMA network.

これまで、China Telecom が販売してきた iPhone 現行モデルは、同社が発行する SIM カードのみを使用できるバージョンになっていた。 つまり、同社が提供する iPhone 4S および iPhone 5S は、その 3G CDMA2000 ネットワークと、2G CDMA ネットワークで動くものとなっている。

China Telecom’s Shanghai branch said the iPhone 6 units to be sold have the capability to support a dual 4G network, both TDD-LTE and FDD-LTE, and a number of networks, including  GSM, WCDMA, CDMA2000 and CDMA1X.

しかし、China Telecom の Shanghai 支社が言うには、新たに販売される iPhone 6 は、TDD-LTE と FDD-LTE の2つの 4G をサポートし、さらに GSM/WCDMA/CDMA2000/CDMA1X といった、多彩なネットワークもサポートすることになる。

The announcement follows the revelation last Tuesday the new version of the iPhone has the capacity to support faster LTE connectivity since the new mobile device will feature Qualcomm’s MDM9625 LTE modem. The post uploaded on Weibo detailing the next-generation mobile phone is attached to a photo of the model which comes in three colors: silver, gold and black.

この、火曜日に発表された驚くべきアナウンスメントによると、新しい iPhone は Qualcomm MDM9625 LTE モデムを搭載するため、最速の LTE 接続をサポートすることになる。 この次世代スマホの詳細は、Weibo に写真付きでアップロードされており、また、Silver/Gold/Black の三色がリリースされる。

After the post was forwarded over 300 times, however, China Telecom deleted the photo and text. Despite China Telecom’s move to "save market confidence" by selling unlocked units of the iPhone 6, the unwillingness of other telecom companies to do the same might prove to be China Telecom’s downfall.

しかし、このポストが 300回以上もフォーワードされた後に、China Telecom は写真とテキストを削除してしまったのだ。アンロック・バージョンの iPhone 6 を販売することで、ユーザーからの信頼を維持しようとした China Telecom であるが、同じ戦略を持つ China Moble や China Unicom からの横槍が入ったのだろう。 つまり、China Telecom の勢いが低下していることの、証明なのかもしれない。

According to China Telecom, the company’s mobile subscribers in July totaled at 180 million, a 200,000 decrease from June. Yicai.com also reported the company lost 5.54 million users in the first seven months of 2014.

China Telecom によると、7月の時点における同社のモバイル・サブスクライバー数は 180 million であり、前月比で 200,000 ほど減少しているのだ。そして、Yicai.com がレポートするには、今年に入ってからの7ヶ月間で、同社は 5.54 million ものユーザーを失っているという。

The iPhone 6, which is scheduled for release this September, has a sapphire glass display and will be available in 4.7-inch and 5.5-inch versions.

この iPhone 6 は、9月のリリースが予定されており、強固なサファイヤ・ガラスおよび、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるらしい。

ーーーーー

SIM フリーであり、TDD-LTE もサポートされるのなら、中国国内でも 4G につながりますので、どう見ても、世界最強の iPhone 6 ということになりますね。 そして、Qualcomm MDM9625 LTE ですが、普通の iPhone 6 は、これとは別のモデムを載せるのでしょうかね? どこかで聞いた話によると、Qualcomm の新しいモデム・チップは、大半のネットワークをサポートしているわけですが、実装する種類が増えれば増えるほど、ライセンス費用が高くなるらしいです。 まぁ、中国のお金持ちには、関係のない話なのでしょうが・・・

ーーーーー

<関連>

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Comments Off on China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!

Posted in .Selected, Mobile, Network, Post-PC, Telecom by Agile Cat on September 26, 2013

The evolution of the G
http://wp.me/pwo1E-6GI

By
Zach Epstein – Aug 31, 2013
http://bgr.com/2013/08/31/wireless-technology-evolution-infographic/

_ BGR new

Wireless carriers are still in the process of transitioning from 3G to 4G (and from fake 4G to 4G), but chatter surrounding the eventual transition to 5G is already starting to pop up.

ワイヤレス・キャリアたちは、依然として 3G から 4G へ向けた移行の過程にあるが(偽 4G から 真 4G にいたるまで)、すでに、最終的な 5G 移行をめぐる喧騒が、ちまたには溢れ始めている。

Wonderful. Before we get ahead of ourselves and before carriers start arguing over what 5G is and is not, CommScope recently put together a nice infographic that’s worth checking out to put the history of cellular communications in perspective.

素晴らしいことに、なにが 5G であり、なにが 5G ではないと、私たちが調べ始める前に、そして、キャリアが主張する前に、CommScope が素敵なインフォグラフィクスをマトメあげてくれた。それは、セルラー・コミュニケーションの歴史を、最新の視点の中に取り入れたものであり、また、チェックする価値のあるものとなっている。

クリックでインフォグラフィクスへ ⇒

Titled “The evolution of the G,” the infographic details the history of cellular networks starting with 1G in Japan in 1979 and wrapping up with today’s modern 4G wireless networks

この “The evolution of the G” というタイトルのインフォグラフィクスは、1979年に日本で始まった 1G から、今日のモダン 4G にいたるまでの、ワイヤレス・ネットワークの全体的な歴史を取り込んでいる。

— which, as an aside, weren’t really “4G” networks until the ITU gave up and let anyone call just about anything “4G.” CommScope’s infographic follows below.

余談となるが、ITU が諦めたことで、それらしいものを 4G と呼べるようになるまで、実質的な "4G" ネットワークは存在していなかった。この、CommScope のインフォグラフィクスを参照して欲しい。

ーーーーー

image1413.5G もあれば、3.9G もあるという、よく分からない状況から、スッキリと 4G LTE にまとまると思いきや、そこにも FDD-LTE もあれば、TDD-LTE もあるという、またまたわからない状況ですが、それも、これも、いずれは何とかなるのでしょう 🙂 それにしても、1G から 4G までを眺めてみると、この数年の間に、気の遠くなるような進歩があったことが分かってきます。 クラウドとデバイスにおける革新に、このワイヤレスの進歩が加わり、IT の姿が根本から変化しているのですね。 スゴイ! image

ーーーーー

<関連>

Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!
LTE で 超高速ワイヤレス : ブロードバンド接続も不要になる?
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Amazon スマホ 戦略: 無償の Kindle Phone と、衛星ワイヤレスって ホント?
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?

 

Comments Off on 1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!

%d bloggers like this: