Agile Cat — in the cloud

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!

Posted in Asia Weekly, Government by agilecat.cloud on April 12, 2015
アジアへの露出を、Gov/Open Gov/Smart City というキーワードで・・・
 
_ cna-banner
 
Cloud News Asia には Government というカテゴリがあり、Telecom および Mobile とトピック数を競っているわけですが、その内訳というと、Censorship/Court/Defence/E-Gov/NSA/Open Gov/Patent/Regulation/Smart City/Surveillance という具合に、いろいろなものが、ごった煮になっています。 そして、NSA や Patent が、ここにあるのも不自然に思えるのですが、その辺りは、言語の課題として、整理していきたいと思っています。
 
CNA Gov Topicsそして、今週ですが、これらの中から、比較的ポジティブと思える 3つのカテゴリを選んで、その合計をチャートにしてみました。具体的に言うと、これまでの約一年の間の、E-Gov/Open Gov/Smart City に関連するトピックを、各国ごとに合計したものなのですが、その大半が Open Gov に関連していました。 それと比べると、E-Gov および Smart City は少数です。 また、China 5 という数字ですが、Huawei などが Smart City のソリューションを輸出する、といった感じのトピックが大半でした。 そして、日本の 4本は、以下のとおりでした。
 
2014/9/3: How CRM Transformed The Performance Of A Japanese Hospital
2014/9/20: Why The Japanese Gov Is Buying Satellite Images To Track Farmland
2014/11/30: Panasonic opens smart town targeting zero-emission houses
2015/2/15: Malaysian urban authority joins with Toyama to reduce carbon emissions
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 2/18: iiNet attacks software used in Dallas Buyers Club piracy hunt
AustraliaiiNet lawyers today sought to discredit the method by which Dallas Buyers Club LLC collected internet protocol (IP) addresses of those it claimed had downloaded and shared versions of its film of the same name. The internet service provider (ISP) is one of a handful resisting rights holder attempts to obtain customer details attached to IP addresses Dallas Buyers Club claimed were involved in copyright infringement.
 
② 4/4: TCS, Accenture, Oracle in fray to acquire 90% stake in Elitecore
IndiaMUMBAI: Tata Consultancy Services, Accenture and Oracle are in race to acquire around 90% stake in IT services provider Elitecore Technologies from global private equity fund Carlyle. The fund that invested Rs 50 crore in the company eight years ago is expected to make more than nine time returns with the company now being valued at Rs 500 crore, three people with knowledge of the deal said.
 
③ 4/6: WeChat tests out banner ads and promoted app installs in article view
ChinaWeChat, China’s most popular chat app, announced today it has begun testing out banner ads and promoted app installs on its “article view” pages. WeChat tends to attract the foreign tech industry’s attention for its growing number of services, like taxi booking and mobile payments. But it’s also a popular destination for news reading. Publishers will often push out content daily through their official accounts, using WeChat’s own publishing platform or a third-party one.
 
④ 4/6: Japan’s NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical. NTT Communications, a division of Japanese telecommunications conglomerate NTT, may have introduced one of the most practical vending machines since the original cold drink dispenser: one that spits out prepaid SIM cards.
 
⑤ 4/7: Southeast Asia to See Spending of USD19 B for Semiconductor Equipment
MalaysiaPenang, Malaysia, Apr 6, 2015 – (ACN Newswire) – Programme information is now available on the inaugural SEMICON Southeast Asia, which will run from 22-24 April at SPICE in Penang. The event, organised by SEMI, a global industry association, features an expanded programme and larger audience base focusing on Southeast Asia communities in the semiconductor and microelectronics sector. SEMI estimates spending of US$19 on semiconductor equipment and materials in the Southeast Asia region for 2015 and 2016.
 
⑥ 4/5: Singapore Cyber Security Agency goes live
SingaporeSingapore’s Cyber Security Agency (CSA) has this week started work, after being announced late last year by the Prime Minister. PM Lee Hsien Loong said on November 24 that “we already have cyber security duties residing in Ministry of Home Affairs and the Infocomm Development Authority. But I do not think that they are as strong as we would like them to be. We need to reorganise them, to strengthen our system and our institutions.”
 
⑦ 4/8: Singtel to buy Trustwave for $1 billion
SingaporeSoutheast Asia’s largest telecommunications operator Singapore Telecommunications will acquire US-based cybersecurity firm Trustwave for US$810 million (A$1 billion) in an effort to expand itscloud-based services. Trustwave will continue to operate as a stand-alone business unit, Singtel said. Its headquarters will remain in Chicago. “It will leverage Singtel Group Enterprise’s assets and market presence to broaden its overall security portfolio and address the fast growing emerging security market opportunity in the Asia Pacific region,” Singtel said in a statement.
 
⑧ 4/8: Bitcoin in China still chugging along, a year after clampdown
ChinaA year after China began tightening regulations around Bitcoin, the virtual currency is still thriving in the country, albeit on the fringes, according to its largest exchange. Bitcoin prices may have declined, but Chinese buyers are still trading the currency in high volumes with the help of BTC China, an exchange that witnessed the boom days back in 2013, only to see the bust following the Chinese government’s announcement, in December of that year, that banks would be banned from trading in bitcoin.
 
⑨ 4/2: Google Freezes Chinese Websites And Certificate Authority
ChinaThousands of Chinese websites will soon be marked unsafe by Google’s Chrome browser. Adam Langley, a Google security engineer, says, “On Friday, March 20th, we became aware of unauthorized digital certificates for several Google domains. The certificates were issued by an intermediate certificate authority apparently held by a company called MCS Holdings. This intermediate certificate was issued by CNNIC.”
 
⑩ 4/10: China’s Alibaba Sued For Patent Infringement In U.S.
ChinaExpress Mobile, an information technology company in the U.S., has sued China’s Alibaba for patent infringement. According to Express Mobile, the company filed the patent infringement lawsuit against the Alibaba Group in the United States District Court for the Eastern District of Texas, Marshall Division. In the statement, Express Mobile accused Alibaba for infringing its patent related to the development of platform independent websites. The involved patent record number is 6,546,397.
 
ーーーーー
cna_6他の国々と比べて、日本が少ないなぁと思いますし、もっとアピールできるものが有るはずなのにと感じます。 もちろん、こうしたデータの取り方に、正当性を主張するものではありませんし、それぞれの国々の実態と乖離しているところが多々あると推測しています。 ただ、ひとつだけ言えるのは、どれだけアジアのメディアに、英語でアピールできているのかという切り口が、ここには有るという点です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き

Comments Off on Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!

eGovenment 2010 総集編 Agile_Cat 版

Posted in .Selected, Government by Agile Cat on December 14, 2010

今年を Government as a Services 元年と呼んで良いのでしょうか

__AC Stamp 2Government as a Services という言葉を、誰が一番最初に言い出したのかは知りませんが、Agile_Cat 的には 親愛なる Tim O’Reilly さんでして、2009年の秋ごろのことだったと思います。 漠然と、行政と IT の関係について考えてはいましたが、まるで クラウド・コンピューティングにおける1つのモデルであるがごときの、このキャッチ・コピーは鮮烈でした。

そして日本でも、2010年の 2月ころから、どのように行政クラウドを考えるべきかという議論が活発になってきました。 ただ、議論と言っても、一般の市民が Twitter 上で意見を交換するという、これまでには見たこともない方向と方式で盛り上がりを見せたことが、とても印象に残っています。

その結果として、これまでの縦割りのカベを乗り越えて、ジャパン・クラウド・コンソーシアムが設立されたわけですが、そのこと自体が、まずは評価されるべきだと思います。 活動方針については、これから協議されるとのことですので、継続して注目していきたいと考えています。 詳しくは、林雅之さんのブログをご参照ください。 素晴らしい、マトメになっています。

ところで、この間も、世界は絶え間なく前進しています。 まずアメリカでは、Amazon や、Google、Microsoft のクラウド・サービスを活用する、政府系のシステムが動き始めました。 台湾では、クラウド・データセンター事業をを政府が支援するという動きが見えてきました。 そうかと思えば、EC が Google の検索結果に対して疑問を投げかけたりと、世界中のあらゆるところで、政治と IT の関係が変化し始めています。ーーー A.C.

ーーーーー

image5 August 22, 2009
個人情報と日米欧
先日に、ネットワークのボトルネックについて、いくつかのデータを掲載しましたが、今日は、個人情報保護に関する、EU およびアメリカ、日本の状況を調べましたので、それについて書いてきたいと思います。この2つの項目は、アメリカ本土に置かれた Azure データセンターが、ほんとうにビジネス・レベルで使い物になるのかという観点において、その度合いを測るための、ある種の物差しになるはずです。
image11 January 14, 2010
FTC のクラウド・セキュリティ公開討論会 2回目
Federal Trade Commission(FTC)は、クラウド・コンピューティングおよび、モバイル・コンピューティング、ソーシャル・ネットワーキングのユーザーに影響をおよぼすセキュリティについて、1月28日にプライバシー・ラウンドテーブルを開催する。本年度の早期に FTC がリリースを予定している、”Communications Commission ブロードバンド計画” におけるリコメンデーションの一部として、この公開討論会の成果を取り込むとされる。
image17 February 16, 2010
総務省 スマート・クラウドに対するパブコメと議論 on Twitter
2 月13日に、Twitter に以下のハッシュタグが作られ、上記の意見募集に対するパブリック・コメントが寄せられました。 ヒマな Agile_Cat もチョコチョコっと参加させて頂いたのですが、とても面白い意見がありましたので、以下のようにまとめてみました。ただし、なるべくフラットにとは思っても、そこには必ず Agile_Cat 的なバイアスがかかってしまいますので、その前提で ご覧頂ければと思います。
image22 February 19, 2010
経産省の Twitter に掲載された、とても真摯なメッセージ
先週の総務省といい、今週の経産省といい、行政 Twitter ラッシュともいえる、とても歓迎すべき展開だったと思います。 数多くの方々が参加され、両省のご担当者もたいへんだったと思います。 お疲れ様です。その中で、この際、タテ割は止めにして、すべての省庁で共有できるクラウドは作れないものかという意見があり、Agile_Cat も賛同させいて頂いたのですが、昨夜というか深夜に、経産省の @openmeti さんから、以下のメッセージがありましたので、掲載させていただきます。
image28 February 21, 2010
コンテナ・データセンターは、いくらで作れるの?
まずは、海外のコンテナ・データセンターに対する投資額を調べてみましょう。 こうした情報が得られるのは
Microsoft なので、そこから入ってみます。 大まかなところで、約500億円がひとつのデータセンターに対する投資額と言われてきましたが、2009年の 5月に、Microsoft がシカゴのデータセンターを約180億円で買収しています。
image34 February 22, 2010
総務省と経済産業省は共振している: @ytaniwaki 氏のまとめ
先日の @openmeti さんからのメッセージに応えるのように、今朝は @ytaniwaki さんからの、とても力強いメッセージが Twitter に流れました。 組織の中の個人として、いろいろと難しいことがあるとは思いますが、ほとんど全ての人々が お二人に共感していますので、よろしくお願いします!
image_thumb[5] February 22, 2010
とても重要な NIST のクラウド定義:対訳
Note 1: クラウド・コンピューティングは、依然として進化し続けるパラダイムだ。 その定義である、ユースケースや、基盤となるテクノロジー、問題点、リスク、そしてメリットは、パブリックとプライベートの領域で、活発に議論されることで洗練されるだろう。それらの定義と、属性、特徴は、長い時間を経て変化していくだろう。Note 2: クラウド・コンピューティングの業界は、数多くのモデル/ベンダー/マーケットなどの分野で構成される、巨大なエコ・システム(生態系)に相当する。 そのため、この定義においては、多種多様なクラウド・アプローチの、すべてをカバーしようと試みる。
image46 March 4, 2010
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
Chunghwa Telecom と、Trend Micro、Taiwan’s Industrial Technology Research Institute、Taiwan’s Institute for Information Industry は共同で NTD1 billion を出資し、クラウド・コンピューティング・センターを設立とのことです。
台湾のローカル・メディアによると、Chunghwa Telecom のテレコム・ビジネスおよび先進テクノロジーを活用することで、このプロジェクトの基本部分をカバーし、世界中に広がる Trend Micro のネットワークを用いて、ワールドワイドな展開を行うとのことです。
image52 March 6, 2010
総務省 自治体 クラウド ポータル サイトって、これで良いの?
2010年 3月 5日に、総務省の自治体クラウドポータルサイトがオープンしました。どのようなポータルかと言いますと、クラウドや ICT 活用、情報システムの共同利用の推進について、情報を発信していくという役割を担っているようです。
image58 March 7, 2010
続: コンテナデータセンターって、いくらで作れるの?
先ほど、Twitter で頂いた情報によると、クラウドに適した規模のデータセンターを構築すると、サーバーなどのハードウェアの費用が、全体の 2% 程度になるケースもあるようです。以前のポストでは、たとえば Active Power のコンテナを使う場合だと、2000 台のサーバーを詰め込むとして、5 億円:2 億円くらいになるようですと書きました。 つまり、このケースだと 30% くらいが、サーバー費用ということになります。
image64 March 10, 2010
Google Lab Public Data Explorer で世界の動きを見る
世界中の学生や、ジャーナリスト、法案作成者の皆さんに使ってほしいと、Google Lab では Public Data Explorer というものを研究開発中とのことです。 いくつかのサンプルを、上記のURL から試せますので、お時間のある方は ど~ぞ。アニメートしてくれるので、世界の変化というものをリアルに感じることができます。
image70 March 17, 2010
Microsoft における eGov 2.0 への取り組み
IT インフラストラクチャを統合し、システムのスケール調整し、また、革新的なOpen Government サービスを実現する方法として、公共的な組織がクラウド・サービスを評価するにつれて、テクノロジー・ベンダーはインターオペラビリティの課題を克服していきます。
image76 May 27, 2010
米政府の Recovry.gov が Amazon EC2 へ移行する!
今朝(5/13)早くの WhiteHouse.gov のブログ・ポストにおいて、連邦政府の CIO である Vivek Kundra は、
Recovery.govクラウドに移行するだろうと発表した。 具体的に言うと、Recovery Accountability と、Transparency Board の主要コンストラクタである Smartronix は、そのためのサイトをホストする環境として、Amazon EC2 を選んでいる。 すでに、NASA でのテストにおいて EC2 は使用されているが、政府の Web サイトである「.gov」が Amazon EC2 上にホストされるのは、今回が初めてとなる。
image_thumb[3] June 25, 2010
アメリカ政府が Microsoft と Google の採用を検討
Department of Energy(DoE)および、Defense Information Systems Agency(DISA)、GSA などのテクノロジー・リーダーは、6月15日に Washington, D.C で開催される InformationWeek
Government IT Leadership Forum において、クラウド・コンピューティングに関する次のステップを概説する。Google と Microsoft がホストするアプリケーションを含めて、サービスとしてのインフラストラクチャおよび SaaS を新たに実装することで、連邦政府はクラウド・サービス・モデルの全面的な採用へ向けて、積極的に取り組んでいると思われる。
image87 September 16, 2010
米 DoE の Web サイトを、AWS 上にホスティング!
たったいま、送信されてきた Amazon からのメールですが、アメリカのエネルギー省の Web サイトが、AWS 上にホスティングされたとのことです。
In this newsletter, we are pleased to highlight the release of the Amazon Linux AMI and recap several other recent AWS announcements: Micro Instances, Database Engine Version Management, Identity and Access Management, the 2010 AWS Start-Up Challenge, and more.
image93 September 20, 2010
オバマ政権 eGov 構想レポートの概要
たしか先月だったと思いますが、Twitter でのディスカッションの流れで、手元にあるレポートの PDF 版をダウンロードできるようにしたのですが、その紹介ページを作っていないことを思い出しました。 そこで、いまさらながらのポストですが、このレポートからポイントになる部分を抜粋して、以下にご紹介します。
image99 September 25, 2010
TaTa に続け – インド製の Tablet は $35 だ!
インド政府は、来年に $35 (£23) で販売したいという、iPad ライクなタッチ・スクリーン・ラップトップの、プロトタイプについて計画を発表した。 このタブレットは学生たちに対して、Web ブラウジングや、ビデオ会議、ワード・プロセッシングなどをサポートすると、その開発者は発言している。
image105 October 24, 2010
Microsoft と Office 365 を採用した、NY 市長のコメント
New York City の財政を、今後の 5年間にわたって $50 million ほど軽減するという計画が、Microsoft CEO である Steve Ballmer と NYC 市長である Mayor Bloomberg から、今日(10/20)、共同で発表された。 Microsoft は、NY 市の クラウド・コンピューティング化を担い、そのコンピュータ・リソース/ソフトウェア/情報の全てを強化していく。
image_thumb[1] October 28, 2010
Amazon AWS の eGov 対応が FedCloud で本格化
私たちは、
FedCloud においてFISMA コンプライアントなクラウド・サービスを、United States Government に提供するために Apptis とパートナーシップを結んだ。その契約に基づき、 Apptis はテクノロジー・インフラストラクチャを提供するために、AWS を使用することになる。それにより、行政機関におけるエンドユーザは、信頼性とスケールに優れ、費用対効果の高いテクノロジー・リソースを、Apps.gov として認識されている General Services Administration(GSA) のクラウド・コンピューティング・ショップを介して、オンデマンドで入手できるようになる。
image122 December 1, 2010
Google の独占禁止法に関して、EU が正式調査を開始
European Commission が、Google 検索の在り方について
調査を開始してから 9カ月が経過した。そして、同コミッションは、この検索大手に対して、独占禁止法に関する正式な調査に入ると公表した。 その委員会が問題視しているのは、Google が市場における支配権を乱用し、競合関係にあるバーチカル検索プロバイダーのポジションを不当に引き下げ、また、ライバルである広告パートナーに対して制限を加えたという点である。
image121 December 1, 2010
Google に対する EU の独占禁止法違反の調査 – 今朝の報道
日本時間で、12月1日9AM ころの、Google News からのコピーです。 ーーー European Commission が、Google 検索の在り方について調査を開始してから 9カ月が経過した。そして、同コミッションは、この検索大手に対して、独占禁止法に関する正式な調査に入ると公表した。 ー 詳しくは、
Google の独占禁止法に関して、EU が正式調査を開始 をご参照ください。

ーーーーー

eGovernment とは、IT の力を活用した行政の合理化のことであり、それにより生じる利益は国民に還元されるべきです。 しかし、それと同時に、継続して運用していける力(サスティナビリティ)を、産業界は持たなければなりません。 このサジ加減が、とても難しいところだと思いますが、つまらないタテ割りのエゴは捨てて、ぜひとも、行政サイドの方々にも頑張ってもらいたい、2011年は踏ん張りどころの年のような気がします。 ーーー A.C.

 

Tagged with: , ,

Comments Off on eGovenment 2010 総集編 Agile_Cat 版

Microsoft と Office 365 を採用した、NY 市長のコメント

Posted in Government, Microsoft by Agile Cat on October 24, 2010

New York City Gets on Microsoft’s Cloud
October 20, 2010
Filed Under: in
Infrastructure 2.0, News
Author: Kristina Farrah
http://siliconangle.com/blog/2010/10/20/new-york-city-gets-on-microsofts-cloud/

image

A plan that claims to save New York City $50 million over the next 5 years was announced today in the joint effort of Microsoft CEO Steve Ballmer and NYC Mayor Bloomberg. Microsoft will do the city’s cloud computing, powering all of the city’s computer resources, software and information.

New York City の財政を、今後の 5年間にわたって $50 million ほど軽減するという計画が、Microsoft CEO である Steve Ballmer と NYC 市長である Mayor Bloomberg から、今日(10/20)、共同で発表された。 Microsoft は、NY 市の クラウド・コンピューティング化を担い、そのコンピュータ・リソース/ソフトウェア/情報の全てを強化していく。

Mayor Bloomberg signed a new executive order, initiating a new agency that will manage the city’s information technology sector, calling it the Department of Information and Technology or DoITT. Different agencies individually handling their IT and software licensing would be wasteful, citing a hypothetical situation of how inefficient it is to have each of the Department of Education’s buildings individually handle their plumbing needs. Microsoft will serve all of the city’s computer need from servers, storage and licensing. From Mayor Bloomberg:

Bloomberg 市長は、DoIT(Department of Information and Technology)という同市の IT 部門を管理することになる、新しい行政機関を立ち上げるための政令に署名した。 たとえば、Department of Education における複数の建物で、個別に配管の必要性に対応することが、どれぐらい非能率的であるかを引き合いにすれば、IT とソフトウェアライセンスを、個々の行政機関が取り扱うことも不経済である。 Microsoft は、サーバー/ストレージ/ライセンスに基づく、同市のコンピュータに関する全ての必要性に対応するだろう。

From Mayor Bloomberg: "To deliver services efficiently and function at the highest level, City employees need the same technological resources that top private sector businesses provide to their employees. By capitalizing on the city’s buying power, consolidating dozens of separate City agencies licensing agreements into a single one and paying for software based on use…we’ve found ways to offer our employees Microsoft’s newest, state-of-the-art computing tools while reducing cost to taxpayers."

Bloomberg 市長より:『 効率的にサービスを提供し、トップレベルで機能させるために、当市の職員が必要とするのは、最高の水準にある民間企業の従業員に提供されるものと、同等のテクニカル・リソースとなる。 当市の資金力をフル活用し、また、分離されている行政機関のライセンスを一箇所に集約し、その使用に基づいたソフトウェア費用を支払うことになる。 そして、私たちは、Microsoft の最新で最先端のコンピューティング・ツールが、納税者のコストを低減しながら、市職員にトップレベルの環境を提供する方法だと理解した 』

New York City gave cloud computing a warm welcome, and it’s a big opportunity for Microsoft.  The cloud initiatives Microsoft is pushing got a major kick start with yesterday’s announcement of Office 365.  This is yet another way Microsoft is seeking gains in an area Google has hoped to dominate.  Both Microsoft and Google are going after city organizations to increase their government contracts, and with this deal Microsoft has landed a big fish.

New York City はクラウド・コンピューティングを歓迎し、また、Microsoft に大きなチャンスを提供した。  クラウドをリードしてきた Microsoft が、昨日の公表したOffice 365 は、最高のスタートを得ることになる。それは、Google が支配を望んでいるエリアで、Microsoft が目論んでいる新しい戦略である。 複数の行政組織が契約を増やし始めてからというもの、Microsoft と Google は このビジネスを追い求めており、今回は Microsoft が大魚を釣り上げることになった。

ーーーーー

昨年は、Washington DC と L.A. で Google に連敗した、Microsoft の反撃が始まりそうですね。 Office 365 へのニーズも、行政機関とのやりとりの中で生まれてきたのかもしれませんね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
オバマ政権 eGov 構想レポートの概要
米 DoE の Web サイトを、AWS 上にホスティング!
アメリカ政府が Microsoft と Google の採用を検討
米政府の Recovry.gov が Amazon EC2 へ移行する!
Microsoft における eGov 2.0 への取り組み
レイ・オジーはMicrosoftをどこに導くのか

 

Comments Off on Microsoft と Office 365 を採用した、NY 市長のコメント

オバマ政権 eGov 構想レポートの概要

Posted in .Selected, Government by Agile Cat on September 20, 2010

アメリカ政府の eGov 動向

__AC Stamp 2

たしか先月だったと思いますが、Twitter でのディスカッションの流れで、手元にあるレポートの PDF 版をダウンロードできるようにしたのですが、その紹介ページを作っていないことを思い出しました。 そこで、いまさらながらのポストですが、このレポートからポイントになる部分を抜粋して、以下にご紹介します。 ーーー A.C.

ーーーーー

ステージが選挙戦から政権運営へと変わっても、オバマ大統領はインターネット活用という戦略を基盤に置いている。選挙に勝てた最大の理由が、政治における透明性の確保と、国民との情報の共有と連携だと気づいているのである。 まずオバマは、大統領に就任した直後に、「Transparency and Open Government 」という概念を発表した。

image

クリックで拡大 ⇒

それこそが、オバマ政権の最大の特徴であり、これまでの政治のスタイルとは一線を画している要因なのだが、残念なことに日本の大手メディは積極的には報道していない。なぜなら、オバマ政権は国民とのダイレクトな対話を試みており、これまでのような、テレビや新聞といったメディアに依存しない手法を用いているからである。

余談になるが、アメリカの大手メディアが自らの弱体化を意識して、次々と新しい業態を取り入れている背景には、自他共に認める、政治の世界におけるプレゼンスの低下が背景にあると推測できる。すでに、その動きは日本にも飛び火しており、目の離せない状況が続いている。

話をオバマ政権に戻して、この Transparency and Open Government 」 の骨子をまとめてみると、以下のようになる。

Transparency and Open Government  の骨子

Transparancy(政府の情報をオープンにし、透明性を高める)

あらゆる政権にとって、最優先で透明化を図るべきことは歳出の内訳である。古今の東西、そして規模の大小をを問わず、それを怠り、また、不正をはたらいた権力に長続きはない。しかし、近代国家の複雑さと大規模化により、そのための手段を持てない次期が長く続いていた。そして、こうした流れに対して、インターネットを手段として正面から立ち向かおうとしているのが、オバマ政権なのである。以下は、「Transparency and Open Government 」 の発表に際しての、オバマ大統領のコメントである。

「これまでの長い間、あまりに多くの秘密がありました。 古いルールでは、もし、アメリカ国民に対して明らかにすべきではないと、弁明できる論拠があるなっら、それは発表されるべきではないと言われてきました。そかし、その時代は既に終わっています。 今日から始まることは、すべての政府と行政の機関が、この指示を理解することです、 つまり、情報を隠そうとする側に立つのではなく、それを知らしめる側に立つということです」

Participation(国民と対話し、一般国民に政策立案過程への参加を促す)

「Transparency and Open Government 」 の二番目のテーマは国民との対話と、政治参加の呼び掛けである。 前述の透明性で政府が抱える問題点を開示し、また、浮き彫りにした上で、国民の参加を宇賀がしているのである。医療の筆頭に、問題が山積している状況において、一人一人の国民に当事者として自覚してもらうには、政治への参加を募るのが一番である。

それは、アメリカという国の状況が、あらゆる面において逼迫していることの表れであるが、こうした政治と経済における停滞の波は、アメリカに限ったことではなく、日本を含む大半の先進国と、多数を占める開発途上国にも押し寄せている。それならば、これまでの政治では常套手段とされてきた情報のコントロールを諦め、すべてを開示した上で、一人でも多くの市民と共に考えるという方式が、オバマ政権を際立たせている。

Collaboration(政府間および官民連携によりイノベーションを促進する)

連邦政府の各種統計情報を公開するサイトとして、Data.govがある。ここでは、それぞれの政府および行政の機関が保有する、ありとあらゆるデータの開示が行われている。 そして、前述の「開示」 の項目で説明した情報の開示とは異なり、この Data.gov では、その大本となる生データを提供する点が特徴となっている。

そして、それらの生データは、Web 上で標準である XML などを用いているため、たとえば民間の企業や各種の NPO などが、それらを用いて独自のサービスを提供しやすくなっている。 さらには、複数の行政機関から提供されるデータを、それらのサービス上でマッシュアップして、より興味深く、より理解しやすいサービスを実現するための配慮がなされている点に注目すべきである。

ーーーーーー

目次

はじめに
オバマ政権とインターネット
透明性と参加と連携
1.透明性: Transparancy(政府の情報を公開して、透明性を高める)
2. 対話Participation(国民との対話と、政策立案過程への参加)
2-1. Open for Questions(White House: 2009年3月)
2-2. HealthReform.gov(DHHS:2009年3月)
2-3. Science Integrity Brog(OSTP:2009年3月)
3.連携Collaboration(政府間および官民連携によりイノベーションを促進)
まとめ

ーーーーーー

・・・ とまぁ、こんな感じのレポートになっています。 お時間がありましたら、ご参照ください。 右ペインからもリンクしていますが、ダイレクトは以下となります。ーーー A.C.

https://agilecat.files.wordpress.com/2010/09/ac-report-2010_09_egov.pdf

Tagged with: , ,

Comments Off on オバマ政権 eGov 構想レポートの概要

米 DoE の Web サイトを、AWS 上にホスティング!

Posted in Amazon, Government by Agile Cat on September 16, 2010

U.S. Department of Energy’s Open Energy Information Initiative website hosted on AWS

たったいま、送信されてきた Amazon からのメールですが、アメリカのエネルギー省の Web サイトが、AWS 上にホスティングされたとのことです。

clip_image001

Dear AWS Community,

In this newsletter, we are pleased to highlight the release of the Amazon Linux AMI and recap several other recent AWS announcements: Micro Instances, Database Engine Version Management, Identity and Access Management, the 2010 AWS Start-Up Challenge, and more. We are also excited to share the new case study highlighting the U.S. Department of Energy’s Open Energy Information Initiative website hosted on AWS. September and October will be busy months for events and webinars — check out the calendar below and please join us.

Read this newsletter online

  • Just Announced
    • Announcing the Amazon Linux AMI
  • News & Announcements
    • 4th Annual AWS Start-Up Challenge Goes Global
    • New Micro Instances for Amazon EC2
    • Lower Prices for Amazon EC2 High Memory Double and Quadruple XL Instances
    • Amazon RDS Adds Database Engine Version Management, InnoDB Plugin Support, and Reserved Instance Options
    • Amazon CloudFront Adds Invalidation Feature
    • Preview Beta of AWS Identity and Access Management (IAM)
    • AWS Management Console Adds Support for Amazon VPC
    • AWS Import/Export Now Supports 8TB Devices
    • Featured Case Study: DOE’s Open Energy Information Initiative
  • AWS Solutions Providers
  • AWS On The Road
  • Virtual Events

ーーーーー

いやぁ~~~ 速いですね、動きが。 本当に本気なのですね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<参考>
アメリカ政府が Microsoft と Google の採用を検討
米政府の Recovry.gov が Amazon EC2 へ移行する!
とても重要な NIST のクラウド定義:対訳

Comments Off on 米 DoE の Web サイトを、AWS 上にホスティング!

アメリカ政府が Microsoft と Google の採用を検討

Posted in .Selected, Google, Government, Microsoft by Agile Cat on June 25, 2010

Federal Agencies Shift Into Cloud Adoption
Posted by John Foley on June 14, 2010 11:37 AM
http://www.informationweek.com/blog/main/archives/2010/06/federal_agencie.html

image

Technology leaders with the Department of Energy, the Defense Information Systems Agency, and GSA will outline their next steps in cloud computing on June 15 at InformationWeek’s Government IT Leadership Forum in Washington, D.C. With new implementations of infrastructure as a service and software as a service, including hosted apps from Google and Microsoft, the feds appear to be shifting aggressively into full-scale adoption of the cloud services model.

Department of Energy(DoE)および、Defense Information Systems Agency(DISA)、GSA などのテクノロジー・リーダーは、6月15日に Washington, D.C で開催される InformationWeek Government IT Leadership Forum において、クラウド・コンピューティングに関する次のステップを概説する。Google と Microsoft がホストするアプリケーションを含めて、サービスとしてのインフラストラクチャおよび SaaS(software as a service)を新たに実装することで、連邦政府はクラウド・サービス・モデルの全面的な採用へ向けて、積極的に取り組んでいると思われる。

As we’ve been documenting for the past year, Uncle Sam has been investigating the potential benefits of cloud computing and agencies have been planning their first steps into the cloud. As we approach mid 2010, the mood is shifting from discussion and pilot projects into actual deployment.

私たちが昨年に紹介したように、アメリカ政府(Uncle Sam)はクラウド・コンピューティングの潜在的なメリットを調査しており、また、各種の政府機関はクラウドへの第一歩を記すべく計画してきた。 そして、2010年の半ばに私たちがアプローチしたとき、こうした方向性は、ディスカッションやパイロット・プロジェクトというより、具体的なディプロイメントへと移行していた。

A recent InformationWeek Government survey of IT managers in federal government found that 22% planned to implement cloud computing over the next 12 months and another 22% within two years, so it’s not surprising that evidence of the trend is quickly building up. Following are some of the new developments to be discussed at the Government IT Leadership Forum during a session titled “Cloud Computing Implementers’ Guide,” which is meant to help government IT pros move past the planning phase.

連邦政府の IT マネージャーに対する、最新の InformationWeek Government 調査では、今後の 12カ月間において 22%のクラウド・コンピューティング実装が計画され、また、2年以内に更に 22%の実装が計画されていることが分かった。しかし、こうした方向性が迅速に具体化され、証明されていることに驚きはない。 下記は、Government IT Leadership Forum の “Cloud Computing Implementers’ Guide” というセッションで議論される、つまり、政府機関の IT プロが計画フェーズを速やかに通り抜けるための、いくつかの新しい計画である。

Katie Lewin, director of the General Services Administration’s cloud computing program, will provide an update on GSA’s pending launch of infrastructure as a service (Iaas) on the Apps.gov cloud services portal. The deadline for GSA’s revised RFQ for IaaS services is June 15. Once GSA approves cloud service providers for participation, agencies will be able to access virtualized servers and storage on demand at Apps.gov. Lewin will also discuss GSA’s plans to issue an RFP as a first step in providing hosted e-mail services to government agencies.

General Services Administration のクラウド・コンピューティング・プログラムにおいて、ディレクターを務める Katie Lewin は、まもなく GSA が着手する Apps.gov クラウド・サービス・ポータル上での IaaS について、その情報をアップデートするだろう。 この IaaS サービスに対して、GSA が修正した RFQ(Request for Question) の期限は 6月 15日である。 GSA がクラウド・サービス・プロバイダーの参加を認可した後に、Apps.gov において仮想化されたサーバーとストレージに対して、それぞれの政府機関はオンデマンドでアクセスできるようになる。 さらに Lewin は、行政機関にホストされた電子メール・サービスを提供するための、最初のステップとしての RFP (Request for Proposal)を、GSA が発行する計画についても議論するだろう。

Henry Sienkiewicz, CIO of DISA, will provide an overview of DISA’s expanding portfolio of cloud services. DISA provides cloud services to the Department of Defense via its Rapid Access Computing Environment and its Forge.mil site for software development. The agency is adding new capabilities to its Global Content Delivery Service (GCDS), which it describes as its first cloud service, and offering Microsoft’s SharePoint and Office apps (Word, Excel, PowerPoint, OneNote) as hosted services.

DISA の CIO である Henry Sienkiewicz は、DISA が拡張していくクラウド・サービスのポートフォリオについて、その概要を提供するだろう。 DISA はソフトウェア開発において、Rapid Access Computing Environment と Forge.mil サイトを介して、Department of Defense にクラウド・サービスを提供する。 政府機関における最初のクラウド・サービスと表現される Global Content Delivery Service(GCDS)に新しい機能が加えられ、また、ホスティング・サービスとして、Microsoft の SharePoint と Office(Word/Excel/PowerPoint/OneNote)が提供される。

Lawrence Berkeley National Lab is midway through the deployment of Google Apps to 5,000 lab employees, the first unit within the Department of Energy to adopt Google’s hosted apps in a big way. Rosio Alvarez, CIO of Lawrence Berkeley, will explain the rationale behind the move and give an update on how it’s going. So far, there have been a “few bumps” but otherwise the rollout has been relatively smooth, she tells me. Lawrence Berkeley and Argonne National Lab are also building private clouds for high-performance computing using $32 million in Recovery Act funds.

Lawrence Berkeley National Lab では、5,000人の従業員に対して Google Apps をディプロイメントしている。Google にホストされたアプリケーションを、それは、Department of Energy 内で採用する、最初のユニットとなる。 Lawrence Berkeley の CIO である Rosio Alvarez は、この移行ににおける合理性を説明し、また、その進捗について情報を更新するだろう。 これまでのところ、若干の問題は生じても、その他は比較的に円滑に進んでいると、彼女は語っている。 また、Lawrence Berkeley と Argonne National Lab は、Recovery Act の資金から 3200万ドルを費やすことで、ハイパフォーマンスなプライベート・クラウドも構築している。

These are just some of the latest developments in the U.S. government’s accelerating use of commercial cloud services and deployment of private clouds, both for internal use and as a base from which to offer cloud services to other departments and agencies. InformationWeek will provide continued coverage this week from the Government IT Leadership Forum and through our ongoing editorial series on private clouds in government.

これまでに説明してきたことは、商用クラウド・サービスとプライベート・クラウドのディプロイメントを加速する、アメリカ政府における最新の開発事例に過ぎない。どちらも、内部で使用されるものであり、また、他の機関や部門にクラウド・サービスを提供するための基盤になる。 InformationWeek では、Government IT Leadership Forum の週に特集を提供し、また、政府のプライベート・クラウドを紹介するシリーズを介して、このテーマについて継続的に報道していく。

ーーーーー

以下の、Recovery.gov に続いて、ガンガン 行っちゃうようですね! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
米政府の Recovry.gov が Amazon EC2 へ移行する!
とても重要な NIST のクラウド定義:対訳
総務省 自治体 クラウド ポータル サイトって、これで良いの?
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
総務省と経済産業省は共振している: @ytaniwaki 氏のまとめ
経産省の Twitter に掲載された、とても真摯なメッセージ
総務省 スマート・クラウドに対するパブコメと議論 on Twitter (まとめ)

Tagged with: , , , , ,

Microsoft における eGov 2.0 への取り組み

Posted in Government, Microsoft by Agile Cat on March 17, 2010

Cloud Interoperability Will Connect Agencies, Constituents

By Barbara DePompa

http://gcn.com/Microsites/2010-Open-Government-Guide/Cloud-Interoperability.aspx?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

GCN

As public sector organizations evaluate cloud services as a way to consolidate IT infrastructures, scale systems and enable innovative Open Government services, technology vendors are working to resolve interoperability challenges.

IT インフラストラクチャを統合し、システムのスケール調整し、また、革新的なOpen Government サービスを実現する方法として、公共的な組織がクラウド・サービスを評価するにつれて、テクノロジー・ベンダーはインターオペラビリティの課題を克服していきます。

Cloud interoperability is specifically about one cloud solution, such as Windows Azure, being able to work with other platforms and other applications, not just other clouds. Federal agencies and departments want flexibility to run applications locally or in a cloud, or in some combination of the two. Microsoft is working to ensure the promise of cloud interoperability becomes a reality. Microsoft officials firmly believe welcoming competition and choice will create more opportunities for public sector customers, partners and developers.

クラウド・インターオペラビリティとは、他のプラットホームやアプリケーションと協調できる Windows Azure のようなクラウド・ソリューションのことであり、単に他のクラウドと協調するだけのものではありません。 連邦政府における機関と組織は、ローカルとクラウドで、あるいは双方を組み合わせた状況で、アプリケーションを実行する柔軟性を必要とします。 Microsoft が実現していくことは、クラウド・インターオペラビリティの保証です。 Microsoft がオフィシャルに歓迎し、また信じていることは、競合と選択が、公共部門のカスタマー/パートナー/デベロッパーのため機会を広げていくことです。

MS eGov 2.0

An example is the Eye on Earth project. Working with the European Environment Agency, Microsoft is helping the agency simplify the collection and processing of environmental information for use by government officials and the general public. Using a combination of Windows Azure, Microsoft SQL Azure and pre-existing Linux technologies, Eye on Earth pulls data from 22,000 water monitoring points and 1,000 stations that monitor air quality. It helps synthesize this information and makes it available for people to access in real time in 24 languages.

http://www.microsoft.com/industry/government/guides/gov20.aspx?WT.mc_id=gov20_pub

ひとつの例は、Eye on Earth プロジェクトです。 そこでは、European Environment Agency と協調することで、政府機関と民間が使用する、環境に関する情報の収集と処理を効率化しています。 Eye on Earth は Windows Azure と Microsoft SQL Azure、そして既存の Linux テクノロジーを組み合わせることで、水質に関する 22,000 の測定ポイントから、また、大気汚染をモニターする 1,000 の施設からデータを取り出します。さらに、それらの情報を合成することで、24ヶ国語でのリアルタイム・アクセスを実現しています。

Microsoft’s Windows Azure platform supports a variety of standards and protocols. Developers can write applications to Windows Azure using PHP, Java, Ruby or the Microsoft .NET Framework. In fact, many product developments are the result of diverse feedback channels Microsoft has developed with partners, customers and other vendors. In 2006, Microsoft created the Interoperability Executive Customer (IEC) Council, a group of 35 CTOs and CIOs from around the world. They meet twice a year in Redmond, WA to discuss interoperability issues. Meanwhile, Microsoft also recently published a progress report that shared operational details and results achieved by the council across six work streams, or priority areas. And the council recently commissioned the creation of a seventh work stream for cloud interoperability, aimed at developing standards related to the cloud, working through operational priorities such as data portability, and establishing privacy, security and service policies in cloud computing environments.

Microsoft の Windows Azure プラットホームは、多様なスタンダードとプロトコルをサポートします。 デベロッパーは PHP/Java/Ruby/Microsoft .NET Framework を用いて、Windows Azure のためのアプリケーションを記述できます。実際に、Microsoft が培ってきたパートナー/カスタマー/ベンダーとの多様なフィードバック・チャネルの結果として、たくさんのプロダクトが存在します。また、2006年には、世界中から集まった 35人の CTO と CIO で構成されるグループと共に、Interoperability Executive Customer (IEC) Council を作りました。彼らは年に2回、レッドモンドに集まってインターオペラビリティの課題について話しあいます。その一方で Microsoft は、6つの作業項目と優先領域を横断して、このカウンシルが達成した最新のレポートを発行しました。さらに、このカウンシルでは、7番目の作業項目として、クラウド・インターオペラビリティに取り組み始めました。そこでは、クラウドに関連するスタンダードの作成や、データ・ポータビリティといった運用上の優先項目、そしてクラウド・コンピューティングにおけるプライバシー/セキュリティ/サービス・ポリシーの確立などが目標となります。

Microsoft also participates in the Open Cloud Standards Incubator, a working group formed by the Distributed Management Task Force (DMTF), a consortium through which more than 200 tech industry suppliers and customers develop standards for systems management. AMD, Cisco, Hewlett-Packard, IBM, Microsoft, Red Hat and VMware are among suppliers that lead the Open Cloud Standards Incubator, creating technical specifications and conducting research to expedite adoption of new cloud interoperability standards.

また、Microsoft は、 Open Cloud Standards Incubator にも参加しています。それは、Distributed Management Task Force (DMTF) および、システム・マネージメントのスタンダードを作成する 200 以上の業界コンソーシアムにより構成されています。この Open Cloud Standards Incubator をリードするサプライヤーには、AMD/Cisco/Hewlett-Packard/IBM/Microsoft/Red Hat/VMware などが含まれ、新しいクラウド・インターオペラビリティ標準における、技術仕様の作成と研究調査の促進に取り組んでいます。

Microsoft is also part of Simple Cloud, an effort it co-founded with Zend Technologies, IBM and Rackspace designed to help developers write basic cloud applications that work on all of the major cloud platforms.

さらに Microsoft は、Zend Technologies/IBM/Rackspace ともに Simple Cloud を構成しており、主要なクラウド・プラットホーム上で稼働する、基本的なクラウド・アプリケーションの記述を支援しています。

Microsoft is also helping to build technical ‘bridges’ between Microsoft and non-Microsoft technologies, such as the recently released Windows Azure Software Development Kits (SDKs) for PHP and Java and tools for Eclipse version 1.0, the new Windows Azure platform AppFabric SDKs for Java, PHP and Ruby, the SQL CRUD Application Wizard for PHP, and the Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP.

こうした背景に基づき、たとえば PHP/Java/Eclipse などのための Windows Azure Software Development Kits (SDKs) を提供し、Microsoft と non-Microsoft とのテクニカル・ブリッジの開発を支援しています。 さらに、新規の Windows Azure platform AppFabric SDK では、PHP/Ruby/SQL CRUD Application Wizard for PHP/Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP. などにも対応しています。

Microsoft officials said the company “will continue to support an open dialogue among the different stakeholders to define cloud principles and incorporate all points of view to ensure that in this time of change, there is a world of choice.” 


そして、Microsoft はオフィシャルに、 「クラウドの原則を定義するために各種のステークホヅダーとの対話をサポートし、時代の変化に応じて全ての視点を取り込んでいく。それが、世界の選択である」 と発言しています。

—–

Barbara DePompa is a freelance writer for 1105 Government Information Group’s Custom Media unit. This Snapshot report was commissioned by the Custom Media Group, an independent editorial arm of 1105 Government Information Group. Specific topics are chosen in response to interest from the vendor community; however, sponsors are not guaranteed content contribution or review of content before publication. For more information about 1105 Government Information Group Custom Media, please email us at GIGCustomMedia@1105govinfo.com

—–

アメリカの IT 業界が総力戦で取り組んでいるという感じですね。 置いていかれるという危機感がヒシヒシと ーーー A.C.

<関連>
Tech-Days 2010 での Ray Ozzie からのメッセージ
TechDays のキーノートは、ここに注目!
Google Lab Public Data Explorer で世界の動きを見る
総務省 自治体 クラウド ポータル サイトって、これで良いの? [ #scloud #openmeti ]
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
総務省と経済産業省は共振している: @ytaniwaki 氏のまとめ
経産省の Twitter に掲載された、とても真摯なメッセージ [ #openmeti #scloud ]
総務省 スマート・クラウドに対するパブコメと議論 on Twitter (まとめ) [ #scloud ]

Comments Off on Microsoft における eGov 2.0 への取り組み

%d bloggers like this: