Agile Cat — in the cloud

オープン性という観点で、最低の評価を受けてしまった Android

Posted in Businesses, Google, Linux, Mobile by Agile Cat on August 17, 2011

Android is the Least Open of All Mobile Development Platforms, Research Reports
By
Dan Rowinski / August 2, 2011
http://www.readwriteweb.com/mobile/2011/08/android-is-the-least-open-of-a.php

_ Read Write

A London-based research firm called VisionMobile has released a new method of tracking “openness” among mobile platforms called the Open Governance Index. According to its metrics, Android is the least “open” of all the supposedly open source mobile platforms, with a 23% openness rating. Eclipse, an open development platform comprise of extensible networks and tools, was rated the most open at 84%.

London ベースの調査会社である VisionMobileが、Open Governance Index という基準を用いて、モバイル・プラットフォームの「オープン性」を追跡する、新しい方式について公表した。 その基準によると、 Android は 23% という開放性の評価となり、オープン・ソースのモバイル・プラットフォームの中で、おそらく最低の「オープン性」となる。その一方で、拡張可能なネットワークとツールで構成される、オープンな開発プラットフォームである Eclipse は、84% のオープン性という、最高の評価を得ている。

The irony of Eclipse being the most open development framework is that many Android app developers code with the platform in combination with Google’s Android Developer Tools (ADT) Plugin. It is not uncommon in the open-source community to use multiple tools for multiple frameworks (downstream production) to accomplish something that is, ostensibly, not that open. For instance, as much as Android is not “open,” it uses open source projects like WebKit and the Linux kernel to perform many of its key functions.

Eclipse における皮肉は、大半の Android アプリ・デベロッパーにとって、最もオープンな開発フレームワークであるのに、Google ADT (Android Developer Tools) プラグインすることで、コーディングに利用されていることだ。 オープンソース・コミュニティが、多様なツールとフレームワークを用いて(downstream production)、表面的にはオープンでないものを得るというのは、一般的に珍しいことではない。 現実に、 Android が ” Open ” ではないのと同じぐらい、に、WebKit や Linux カーネルのようなオープン・ソース・プロジェクトを利用して、重要な機能を実現しているプロダクトがある。

clip_image001VisionMobile uses “governance” as opposed to “licenses” as what it thinks is the best way to track openness. It defines governance with four main principles in mind:

VisionMobile は、” governance ” と ” licenses ” を対比させることで、オープン性を追跡するための最良の方式として利用している。 そして、以下の 4つの原則をもとに、” governance ” を定義する:

From the report:

1. Access: availability of the latest source code, developer support mechanisms, public roadmap, and transparency of decision-making.

2. Development: the ability of developers to influence the content and direction of the project.

3. Derivatives: the ability for developers to create and distribute derivatives of the source code in the form of spin-off projects, handsets or applications.

4. Community: a community structure that does not discriminate between developers.

1. Access: 最新ソースコードの提供、デベロッパー・サポートのメカニズム、パブリックなロードマップ、デジションメーキングの透明性。

2. Development: デベロッパーが、プロジェクトの内容と方向について、影響力を持つための許容性。

3. Derivatives: デベロッパーが、副次的なプロジェクトや、ハンドセット、アプリの形態で、ソースコードの作成および供給を行うための許容性。

4. Community: デベロッパーを差別しない、コミュニティの形態。

On the other end, licenses determine the right to use, copy and modify an open source project. VisionMobile points out that 70% of open source projects allow use of seven or less licenses.

その対極にある ” licenses ” は、オープンソース・プロジェクトを利用/コピー/修正する権利について決定している。 VisionMobile は、オープンソース・プロジェクトの 70% が、7 種類以下の License を、利用許可していると指摘する。

クリックで拡大 ⇒

After Eclipse, the next most open mobile projects according to the index are Linux (71%), WebKit (68%) and Mozilla (65%).

そして、冒頭にしめいた基準によると、Eclipse の後に続くオープン・モバイル・プロジェクトは、 Linux(71%)、WebKit(68%)、Mozilla(65%)の順となる。

VisionMobile believes one of the keys to long term success will be how open a platform is. Granted, the firm might have a biased interest in that statement and the market does not bear the same facts. Open source projects have done well, such as Mozilla’s initiatives, but others such as mobile operating system MeeGo (61%) and Symbian (58%) have watched development resources (MeeGo) and market share (Symbian) fade away. Hence, Android is a paradox in VisionMobile’s formula.

VisionMobile は、長期的な成功に重要な事柄は、そのプラットフォームが、どれくらいオープンでいられるかだと確信しているようだ。 確かに、同社のステートメントには、偏った関心事があるかもしれず、また、マーケットからは同じ事実は生まれてこない。たとえば、Mozilla イニシアティブなどは、オープンソース・プロジェクトは上手くやっている。 しかし、モバイル OS である MeeGo(61%)や Symbian(58%)は、開発リソースを期待し(MeeGo)、また、マーケット・シェアを消滅させていく(Symbian)。 それ故に、Android は、VisionMobile の基準におけるパラドックスとなっている。

クリックで拡大 ⇒

To its credit, the research firm acknowledges this. The explanation for Android’s success has a lot more to do with Google’s billions than it does with how “open” the platform actually is. Look at iOS. It is proprietary to Apple and is based off of Unix and written in Objective-C language. The development platform, Xcode, is licensed to developers. There is very little about iOS that is open and yet Apple is riding its success to be one of the biggest corporations the world has ever seen.

賞賛すべきことに、この調査会社は矛盾を認めている。 Android の成功について説明するなら、どこくらいプラットフォームが ” オープン ” であるかというより、どれだけのリソースを Google が費やしたのかという点に帰結する。 iOS を見てみよう。 それは、Apple に帰属しているが、Unix をベースとし、Objective-C 言語で記述されている。 その開発プラットフォームである Xcode は、デベロッパーに対してライセンスされる。したがって、iOS の オープン性は、きわめて少ない。それにもかかわらず、Apple は世界で類を見ない成功を収めているため、その上に浮かび続けている。

VisionMobile is an independent market analysis and strategy firm. The research for the Open Governance Index was funded in part by Webinos, a project funded by the European Union to deliver Web applications to mobile, PC, TV and automobiles. The full report details the history and economics of open source development and breaks down each one of the mobile entries in-depth on the four aspects of governance.

See Also

 

 

ーーーーー

これから先、上手くいく、いかなないは、別にして、OpenStack が最も時間を費やしているのは、オープン化を実現するための、プロセスの定義だと聞いたことがあります。 その点、Android に関しては、Google の考えによりプロダクトが作られ、OEM サードベンダーに供給されたというのが、ことの本質なんだろうと思います。 そして、Motorola を買収した後は、ただでさえ疑いの目を向けられるわけですから、誰もが納得できるオープン化を実現していくという、きわめて重い課題に対処しなければなりまん。 目の前の戦いも大切でしょうが、オープンソースとしての Android を、もう一度、見なおして欲しいと思います。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android は キャリアとメーカーのために作られたから、人気者になれない
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!
Google が OSS NoSQL として発表した、LevelDB の狙いは Chrome にあるのか?
Google Lab がクローズするが、すべて では無いのだろうか?

Comments Off on オープン性という観点で、最低の評価を受けてしまった Android

Microsoft における eGov 2.0 への取り組み

Posted in Government, Microsoft by Agile Cat on March 17, 2010

Cloud Interoperability Will Connect Agencies, Constituents

By Barbara DePompa

http://gcn.com/Microsites/2010-Open-Government-Guide/Cloud-Interoperability.aspx?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

GCN

As public sector organizations evaluate cloud services as a way to consolidate IT infrastructures, scale systems and enable innovative Open Government services, technology vendors are working to resolve interoperability challenges.

IT インフラストラクチャを統合し、システムのスケール調整し、また、革新的なOpen Government サービスを実現する方法として、公共的な組織がクラウド・サービスを評価するにつれて、テクノロジー・ベンダーはインターオペラビリティの課題を克服していきます。

Cloud interoperability is specifically about one cloud solution, such as Windows Azure, being able to work with other platforms and other applications, not just other clouds. Federal agencies and departments want flexibility to run applications locally or in a cloud, or in some combination of the two. Microsoft is working to ensure the promise of cloud interoperability becomes a reality. Microsoft officials firmly believe welcoming competition and choice will create more opportunities for public sector customers, partners and developers.

クラウド・インターオペラビリティとは、他のプラットホームやアプリケーションと協調できる Windows Azure のようなクラウド・ソリューションのことであり、単に他のクラウドと協調するだけのものではありません。 連邦政府における機関と組織は、ローカルとクラウドで、あるいは双方を組み合わせた状況で、アプリケーションを実行する柔軟性を必要とします。 Microsoft が実現していくことは、クラウド・インターオペラビリティの保証です。 Microsoft がオフィシャルに歓迎し、また信じていることは、競合と選択が、公共部門のカスタマー/パートナー/デベロッパーのため機会を広げていくことです。

MS eGov 2.0

An example is the Eye on Earth project. Working with the European Environment Agency, Microsoft is helping the agency simplify the collection and processing of environmental information for use by government officials and the general public. Using a combination of Windows Azure, Microsoft SQL Azure and pre-existing Linux technologies, Eye on Earth pulls data from 22,000 water monitoring points and 1,000 stations that monitor air quality. It helps synthesize this information and makes it available for people to access in real time in 24 languages.

http://www.microsoft.com/industry/government/guides/gov20.aspx?WT.mc_id=gov20_pub

ひとつの例は、Eye on Earth プロジェクトです。 そこでは、European Environment Agency と協調することで、政府機関と民間が使用する、環境に関する情報の収集と処理を効率化しています。 Eye on Earth は Windows Azure と Microsoft SQL Azure、そして既存の Linux テクノロジーを組み合わせることで、水質に関する 22,000 の測定ポイントから、また、大気汚染をモニターする 1,000 の施設からデータを取り出します。さらに、それらの情報を合成することで、24ヶ国語でのリアルタイム・アクセスを実現しています。

Microsoft’s Windows Azure platform supports a variety of standards and protocols. Developers can write applications to Windows Azure using PHP, Java, Ruby or the Microsoft .NET Framework. In fact, many product developments are the result of diverse feedback channels Microsoft has developed with partners, customers and other vendors. In 2006, Microsoft created the Interoperability Executive Customer (IEC) Council, a group of 35 CTOs and CIOs from around the world. They meet twice a year in Redmond, WA to discuss interoperability issues. Meanwhile, Microsoft also recently published a progress report that shared operational details and results achieved by the council across six work streams, or priority areas. And the council recently commissioned the creation of a seventh work stream for cloud interoperability, aimed at developing standards related to the cloud, working through operational priorities such as data portability, and establishing privacy, security and service policies in cloud computing environments.

Microsoft の Windows Azure プラットホームは、多様なスタンダードとプロトコルをサポートします。 デベロッパーは PHP/Java/Ruby/Microsoft .NET Framework を用いて、Windows Azure のためのアプリケーションを記述できます。実際に、Microsoft が培ってきたパートナー/カスタマー/ベンダーとの多様なフィードバック・チャネルの結果として、たくさんのプロダクトが存在します。また、2006年には、世界中から集まった 35人の CTO と CIO で構成されるグループと共に、Interoperability Executive Customer (IEC) Council を作りました。彼らは年に2回、レッドモンドに集まってインターオペラビリティの課題について話しあいます。その一方で Microsoft は、6つの作業項目と優先領域を横断して、このカウンシルが達成した最新のレポートを発行しました。さらに、このカウンシルでは、7番目の作業項目として、クラウド・インターオペラビリティに取り組み始めました。そこでは、クラウドに関連するスタンダードの作成や、データ・ポータビリティといった運用上の優先項目、そしてクラウド・コンピューティングにおけるプライバシー/セキュリティ/サービス・ポリシーの確立などが目標となります。

Microsoft also participates in the Open Cloud Standards Incubator, a working group formed by the Distributed Management Task Force (DMTF), a consortium through which more than 200 tech industry suppliers and customers develop standards for systems management. AMD, Cisco, Hewlett-Packard, IBM, Microsoft, Red Hat and VMware are among suppliers that lead the Open Cloud Standards Incubator, creating technical specifications and conducting research to expedite adoption of new cloud interoperability standards.

また、Microsoft は、 Open Cloud Standards Incubator にも参加しています。それは、Distributed Management Task Force (DMTF) および、システム・マネージメントのスタンダードを作成する 200 以上の業界コンソーシアムにより構成されています。この Open Cloud Standards Incubator をリードするサプライヤーには、AMD/Cisco/Hewlett-Packard/IBM/Microsoft/Red Hat/VMware などが含まれ、新しいクラウド・インターオペラビリティ標準における、技術仕様の作成と研究調査の促進に取り組んでいます。

Microsoft is also part of Simple Cloud, an effort it co-founded with Zend Technologies, IBM and Rackspace designed to help developers write basic cloud applications that work on all of the major cloud platforms.

さらに Microsoft は、Zend Technologies/IBM/Rackspace ともに Simple Cloud を構成しており、主要なクラウド・プラットホーム上で稼働する、基本的なクラウド・アプリケーションの記述を支援しています。

Microsoft is also helping to build technical ‘bridges’ between Microsoft and non-Microsoft technologies, such as the recently released Windows Azure Software Development Kits (SDKs) for PHP and Java and tools for Eclipse version 1.0, the new Windows Azure platform AppFabric SDKs for Java, PHP and Ruby, the SQL CRUD Application Wizard for PHP, and the Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP.

こうした背景に基づき、たとえば PHP/Java/Eclipse などのための Windows Azure Software Development Kits (SDKs) を提供し、Microsoft と non-Microsoft とのテクニカル・ブリッジの開発を支援しています。 さらに、新規の Windows Azure platform AppFabric SDK では、PHP/Ruby/SQL CRUD Application Wizard for PHP/Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP. などにも対応しています。

Microsoft officials said the company “will continue to support an open dialogue among the different stakeholders to define cloud principles and incorporate all points of view to ensure that in this time of change, there is a world of choice.” 


そして、Microsoft はオフィシャルに、 「クラウドの原則を定義するために各種のステークホヅダーとの対話をサポートし、時代の変化に応じて全ての視点を取り込んでいく。それが、世界の選択である」 と発言しています。

—–

Barbara DePompa is a freelance writer for 1105 Government Information Group’s Custom Media unit. This Snapshot report was commissioned by the Custom Media Group, an independent editorial arm of 1105 Government Information Group. Specific topics are chosen in response to interest from the vendor community; however, sponsors are not guaranteed content contribution or review of content before publication. For more information about 1105 Government Information Group Custom Media, please email us at GIGCustomMedia@1105govinfo.com

—–

アメリカの IT 業界が総力戦で取り組んでいるという感じですね。 置いていかれるという危機感がヒシヒシと ーーー A.C.

<関連>
Tech-Days 2010 での Ray Ozzie からのメッセージ
TechDays のキーノートは、ここに注目!
Google Lab Public Data Explorer で世界の動きを見る
総務省 自治体 クラウド ポータル サイトって、これで良いの? [ #scloud #openmeti ]
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
総務省と経済産業省は共振している: @ytaniwaki 氏のまとめ
経産省の Twitter に掲載された、とても真摯なメッセージ [ #openmeti #scloud ]
総務省 スマート・クラウドに対するパブコメと議論 on Twitter (まとめ) [ #scloud ]

Comments Off on Microsoft における eGov 2.0 への取り組み

Windows Azure と インターオペラビリティ

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on February 10, 2010

Windows Azure Platform and Interoperability
http://www.microsoft.com/windowsazure/interop/

Windows Azure

As part of Microsoft’s continued commitment to interoperability, the Windows Azure platform has been built from the ground up with interoperability in mind. As an open platform, Windows Azure offers choices to developers. It allows them to use multiples languages (.NET, PHP, Ruby, Python or Java) and development tools (Visual Studio or Eclipse) to build applications which run on Windows Azure and/or consume any of the Windows Azure platform offerings from any other cloud or on premise platform. With its standards-based and interoperable approach, the Windows Azure platform supports multiple Internet protocols including HTTP, XML, SOAP and REST —key pillars of data portability.

Microsoft におけるインターオペラビリティへの継続的なコミットメントの一部として、Windows Azure プラットフォームは徹底的にインターオペラビリティに対応するよう構築されている。 つまり、オープンなプラットフォームとして、 Windows Azure はデベロッパーに対して選択肢を提供する。 そこでは、 Windows Azure 上で実行するアプリケーションを構築するための、マルチ言語(.NET、PHP、Ruby、Python、Java)や、マルチ開発ツール(Visual Studio、Eclipse)が提供され、また、あらゆるクラウドやオンプレミスのからの、Windows Azure プラットフォームの利用も実現される。 スタンダード・ベースのインターオペラビリティに対応したアプローチにより、 Windows Azure プラットフォームは 、HTTP や、XML、SOAP、REST などの、データ・ポータビリティのカギとなるインターネット・プロトコルをサポートする。

Azure Interop

Interoperability made easier for developers

From the developer’s standpoint, interoperability creates opportunities to combine new Azure cloud-based applications with other platforms. Developers can easily combine applications living on other clouds or on-premise using services offered by the Windows Azure platform. They can also build and enhance applications using their existing skills with the Microsoft Visual Studio development environment and the .NET Framework, or with other development environments like Eclipse. Developers have the choice of several languages for building their applications, including:

デベロッパーの視点から見ると、新しい Azure クラウド・ベースのアプリケーションと、他のプラットフォームと組み合わせる機会が、インターオペラビリティによりもたらされる。Windows Azure プラットフォームが提供するサービスを用いて、他のクラウドやオンプレミスに配置されたアプリケーションとの結合を容易に実現できる。 さらに、Microsoft Visual Studio と .NET Framework に加えて、Eclipse のような他の開発環境を用いて、その構築と拡張が可能となる。 以下の開発言語を用いて、デベロッパーはアプリケーションを開発できる:

  • .NET (C# and Visual Basic), C++
  • PHP, Ruby, Python
  • Java,

In addition, interoperability with other platforms is made easier through community-based libraries:

それに加えて、他のプラットフォームとのインターオペラビリティは、以下のコミュニティ・ベースのライブラリを介して容易に実現される:

  • Plug-in for Eclipse,
  • SDKs for Java, PHP, and Ruby.

ーーーーー

このページ、いつからあったんでしょうかね? いずれにしろ、スバラシイ! ーーー A.C.

Comments Off on Windows Azure と インターオペラビリティ

Ruby on Rails も Windows Azure に!

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on December 3, 2009

加速する Windows Azure のオープンソース対応

All About Microsoft からの情報ですが、Microsoft アーキテクトである Simon Davies のブログで、Ruby on Rails が Windows Azure 上の 6番目のオープンソースとして紹介されました。これまでの All Microsoft 製品という戦略から離れて、より幅広いツールの選択を実現しようとする、Ray Ozzie をはじめとした、このチームの勇気とバランス感覚に拍手です!

ここで、Wiki からの要約です・・・

Ruby on Rails

Ruby on Rails はオープンソースのWebアプリケーション・フレームワークであり、RoR または  Rails とも呼ばれる。その名のとおり、Ruby で記述されており、Model View Controller(MVC)アーキテクチャに基づいて構築されている。 他のフレームワークと比較して、よりコードでアプリケーション間発を実現するように設計されている。 Rails の公式なパッケージは、Rubyのライブラリやアプリケーションの流通ルートである、RubyGemsにより配布されている。 Railsの基本理念は「同じことを繰り返さない」(DRY:Don’t Repeat Yourself) と「設定より規約」(CoC:Convention over Configuration) である。「同じことを繰り返さない」というのは、定義などの作業は一回だけですませろとの意味である。「設定よりも規約」とは、慎重に設計された規約 (Convention) に従うことにより設定 (Configuration) を不要に(あるいは軽減)するということである。Rails はフルスタックのフレームワークであり、コンポーネントの統合は手動での設定を必要とせず自動で規約に従い行われる。例えば Ruby on Rails に組み込みの ORM ライブラリである ActiveRecord ではクラス定義において、データベースから読み取るべき属性名等を指定する必要はない。ActiveRecord は RDBMS の表定義から自動的にその情報を取得する。従ってプログラムと RDBMS の両方にそれを定義するというような冗長な作業を行う必要はない。

以下の図は、PDC 2009 の Ray Ozzie のキーノートで紹介されたものです。Microsoft のカンファレンスで、これらのロゴが紹介されるなんて、、、と、驚いた方が大半だと思います。 そして、Azure 上の Java プログラムから、これらのテクノロジーが使えることが明らかにされ、クラウドにおける Microsoft は、これまでの慣例から外れて、Windows Azure を展開していくことが宣言されたわけです。

Agile_Cat 的には、今回の PDC 2009  で最大のハイライトというか、Micosoft が始まって以来の最大の転換なのですが、このキーノートの中で割かれた時間はわずかであり、そこに同社の苦悩が表れているような気がします。 つまり、理屈では解っても、心情として納得できないという人が沢山いて、そこのへ気配りも必要なのではないかと、さらに言えば、こうした大転換に真っ向から反対している人もいるはずで、そこには Ray Ozzie の厳しい闘いがあるのではと、そんなふうに、勝手に推測しているわけです。

そんな中、PDC 2009 から 2週間後の 12月1日に、この路線を推し進める Ruby on Rails へのコミットが報じられたことは、とても良い展開だと思います。

PDC 2009 OSS

そして、はたまた Wiki からの要約ですが、これらのオープンソース・ソフトウェアについて、以下に記載していきます。

Zend Framework

ZFは使い方が自由なフレームワークである。Zend Framework の全ユーザーが従うべき開発パラダイムや開発パターンというものは存在せず、MVC、Table Data Gateway、Row Data Gateway といったデザインパターンのための、コンポーネントを提供するフレームワークである。Zend Framework は他にも、Webアプリケーション開発で必要となる多数のコンポーネントを提供する。

Zend Framework はまた、PHPコミュニティにおけるWeb開発のベストプラクティスを広める努力をしている。他のフレームワークほど規約を使わず、むしろ妥当なデフォルトを設定しておき、各アプリケーションの必要に応じてそれを上書きするという方法を提案している。

なお、Zend Framework は、Open Source Initiative(OSI) の承認した修正BSDライセンスで提供されており、コード提供者はApacheソフトウェア財団の Contributor License Agreement (CLA) をベースにしたCLAに署名しなければならない。ゼンド・テクノロジーズのアンディ・ガトマンズによれば、このようなライセンス方式を採用しているのは、ZFの商用利用で知的財産権問題を起こさないためだという。

MySQL

オープンソースで開発されており、GNU GPLと商用ライセンスのデュアルライセンスとなっている。他の多くのオープンソースプロジェクトと異なり、スウェーデンの単一の営利企業「MySQL AB」によって保持されていた。2008年2月26日にMySQL ABがサン・マイクロシステムズに買収されたことによってサン・マイクロシステムズの所有となった。またトレードマークおよび著作権もサン・マイクロシステムズが所有していた。現在サン・マイクロシステムズはOracleに買収された。なお、MySQLは、世界で最も有名なオープンソース・データベースとして知られおり、市場シェアでは他のPostgreSQLなどのライバルを圧倒している。

データの保存とアクセスを行うストレージエンジンがSQLパーサとは分離独立しており、用途に応じたストレージエンジンを選択できる「マルチストレージエンジン」方式を採用している。特に MyISAM ストレージエンジンは検索の高速性に定評があり、更新よりも参照の頻度の高いWebアプリケーションなどで活用されている。 MySQLは GPL の Community Server と、コマーシャルライセンスの MySQL Enterprise のデュアルライセンス方式で提供されている。MySQL Community Server を用いたソフトウエアを開発した場合には、次のような事項を守る必要がある。MySQL Enterprise を用いた場合には制約から除外される。MySQLを利用するソフトウェアを開発し、それを第三者に利用させる、もしくは再頒布(販売・譲渡等)する場合は、GPLに従うか、さもなければコマーシャルライセンスの購入が必要になる。Community ServerのクライアントライブラリはGPLで提供されるため、MySQLに接続するアプリケーションはすべてGPLでの公開が義務付けられる。MySQLを改造し、それを再頒布する場合は、GPLに従うか、さもなければコマーシャルライセンスの購入が必要になる。

Java

プログラミング言語 Java および、Java プラットフォームは、1990年代前半にサン・マイクロシステムズでジェームズ・ゴスリンなどの人々によって開発された。現時点における、Java 技術の標準化作業は、Java Community Process (JCP) というプロセスを経て行われている。

Javaに関わる呼称とその意味内容は、文脈に応じていくつか使い分けられている。サン・マイクロシステムズは、「Javaテクノロジ」(Java技術、Java technology)という呼称を使い、一方でJavaのさまざまな技術の形容詞として「Java」の呼称を使ってきた。多くのプログラマは、プログラミング言語の意味で「Java」の呼称を使っている。Javaの実行環境は、Java実行環境 (Java Runtime Environment; JRE) と呼ばれる。Javaの基本的な開発環境は、Java開発キット (Java Development Kit; JDK) と呼ばれる。

Javaはクラスベースのオブジェクト指向プログラミング言語である(#オブジェクト指向プログラミング)。Javaのプログラムは複数のクラスから構成され、プログラムの実行は、各クラスが実体化したオブジェクト群が相互にメッセージをやりとりしながら行われる。Javaでは、継承については実装の単一継承を採用している。ただし1つのクラス(オブジェクト)は複数のインタフェースを実装できる。Javaで扱うデータ/オブジェクトの型(データ型)は、強い静的型付けを採用している。Javaのコンパイラおよび実行環境が、型同士の整合性を検査することによって、プログラムが正しく記述されていることや、安全に動作することの検証が、可能である。

PHP

PHP: Hypertext Preprocessorとは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的な Web ページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。 PHPは、HTML埋め込み型のサーバーサイド・スクリプト言語として分類される。この言語処理系自体は、C言語で記述されている。

Web サーバー上で動作し、Webサーバー上の文書が要求されるたびに、この文書に記述されたPHPのプログラムを実行し、その結果を Web ブラウザに対して送信する。 Web ブラウザに送信されるデータは通常のHTMLであり、PHPのプログラムを含まない。この点でHTML埋め込み型のクライアントサイド・スクリプト言語(JavaScriptなど)と本質的に異なっている。

平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。 数多くのオープンソース Web アプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。

Eclipse

Eclipse の歴史は、1990年代後半から始まる。当時の状況は、JBuilder、VisualCafe、そして IBM の VisualAge など第1世代のJava開発ツールが存在している。IBM は様々なプラットフォームの製品を抱えていることから、Java のマルチプラットフォームの可能性に注目していた。単なる VisualAge の代替ではなく、IBMや他社のツールを統合するための共通プラットフォームの開発という基本構想の下、1998年11月に IBMカ ナダでプロジェクトが開始された。開発に携わったのは、VisualAge の開発を行ったO bject Technology International (OTI) 研究所である。

その後、IBMはこのプラットフォームに搭載するツールの開発のために組織の編成を行い、さらにオープンソース化することで新しい開発者の引き込みを図った。2001年11月、IBM は Eclipseをオープンソース化するとともに、他の組織(Borland、MERANT、QNX Software Systems、Rational Software、Red Hat、SuSE、TogetherSoft、Webgain)と共同で初期の Eclipse.org である Eclipse Board of Stewards を設立する。公開された Eclipse は、たちまちのうちに多くの開発者の興味を惹くこととなった。また、2003年の終わりには、Eclipse Board of Stewards の参加メンバーも 80 を越えている。

しかし爆発的人気の影で、Eclipse は、IBM 以外の他団体から新たなツールが提供されないという問題を抱えていた。それは、IBM が Eclipseの制御権を握っているという認識によるものであった。Eclipse の勢いを止めないために、IBM と Eclipseを切り離すことが必要とされた。2004年2月2日、Eclipse Board of Stewards は、Eclipse 組織の再構築を発表した。非営利組織 Eclipse Foundation の結成と、Eclipseの全てを Eclipse Foundation に移管することで、全ての団体や開発者を対等に扱うこととなった。この Eclipse Foundation から、Eclipse 3.0、3.1、3.2がリリースされている。現在 Eclipse Foundationは、115以上のメンバー企業、50以上のサブプロジェクトを抱えるオープンソース組織に成長している。

2006年、Eclipse Foundation は、Eclipse 3.2に10のオープンソースプロジェクトを合わせたリリースを行った。この製品は、Eclipse Callisto と呼ばれている。

こうして見ると、オープンソースを活用しないほうがオカシイのであって、Windows Azure により、Microsoft 自身と、そのサードパーティの考え方が変わっていくのは、とても良いことだと思えます。 「ベストを尽くせることを成し,それ以外は連携せよ」、ですよね。 --- A.C.

<関連>
Microsoft は オープンソースへ走ると、O’Reilly が予言!
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Windows Azure – Tools for Eclipse
PHP のクラウド API とオープンソース
MS オープンソース FAQ

Comments Off on Ruby on Rails も Windows Azure に!

Windows Azure – Tools for Eclipse

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on November 25, 2009

こんなサイトを見つけました ・・・

コントリビューターとして、Microsoft からも 3名ほどのエントリーがあります。 PHP への取り組みが、本気であることの表れだと思います。 Azure というか、クラウドというか、これまでのモノサシでは計れないものであり、Microsoft 製品の枠組みを越えた、このようなインターオペラビリティが必要不可欠なんでしょうね。 --- A.C.

Azure Eclipse http://www.windowsazure4e.org/

Windows Azure Environment

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー
Eclipse for Windows Azure に関する報道
PHP のクラウド API とオープンソース
MS オープンソース FAQ
MS インターオペラビリティの原則

Comments Off on Windows Azure – Tools for Eclipse

Eclipse for Windows Azure に関する報道

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

Developer World – InfoWorld と All about Microsoft が ・・・

さっと見渡してみましたが、eWeek や Information Week は、まだ、のようです ーーー A.C.

Microsoft extends Windows 7 and Azure to open source developers
Developer World – InfoWorld

InfoWorld Eclipse Azure

 

Microsoft adds more choices for developers targeting its Azure cloud
All about Microsoft | ZDNet.com

ZDNet Eclipse Azure

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー

 

Comments Off on Eclipse for Windows Azure に関する報道

Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

Developing Windows Azure applications for PHP, Ruby, and Java, using Eclipse
Posted By: Robert Hess | Oct 28th @ 5:57 AM | 8,264 Views | 0 Comments

Channel 9

In our previous episode, Vijay Rajagopalan shared with us some of the details about a session he did at MIX09 which showed how Microsoft was providing support for building Silverlight applications using Eclipse on either Windows or even on other platforms as well.

C9 Eclipse Azure

In today’s episode Vijay shares with us the details regarding some new interoperability support which will similarly allow PHP developers to use the Eclipse IDE to develop for and deploy to Windows Azure, and provide Java developers with a new Windows Azure SDK, making their life much easier when they use Windows Azure storage services in particular. He’ll also describe how Microsoft is working to make sure that Eclipse itself is a great Windows 7 application and how it will enable developers to write applications which can take full advantage of special Windows 7 features.

And you can find more information about these interoperability tools here:

From <http://channel9.msdn.com/shows/The+Knowledge+Chamber/Developing-Windows-Azure-applications-for-PHP-Ruby-and-Java-using-Eclipse/>

PDC 2009 での PHP と Java のセッションにも注目ですね --- A.C.

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Eclipse for Windows Azure に関する報道

Comments Off on Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー

Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

New Eclipse, PHP, and Java Tools for Windows Azure

Windows Azure

2009年11月27日よりドイツの Ludwigsburg で開催されている Eclipse Summit Europe で、Microsoft は 2つのオープンソース・プロジェクトを発表した。それらは、Windows Azure 上で、PHP と Java を用いる開発を容易にするためのものである。どちらのプロジェクトも、フランスの Soyatec とのコラボレーションの結果である。

最初の PHP に関するプロジェクトは、 Windows Azure Tools for Eclipse という Windows Azure におけるプロジェクトであり、Eclipse を使用する PHP 開発者を支援する。 Interoperability @ Microsoft blogブログによると:

Windows Azure Tools for Eclipse が提供するものは、PHP アプリケーションを Windows Azure 上で、Eclipse を用いて開発/デバッグ/コンフィグレーション/ディプロイする際に、開発者を支援するものとなる。

数ヶ月前に紹介されている、Windows Azure SDK for PHP をバンドルするプラグインが提供される。

2番目のプロジェクトは Windows Azure SDK for Java であり、Java を用いてWindows Azure Storage にアクセスするためのクライアント・ライブラリである。このライブラリは、Eclipse の拡張機能である、 “Storage Explorer” の作成において使用される。

すべてのデベロッパーに対して適切なプラットフォーム・エクスペリエンスを提供していくという意味で、Windows Azure チームは、この 2つのプロジェクトを歓迎する。

昨日のアナウンスメントには、Windows 7 用に Eclipse を拡張していくプロジェクトと、Eclipse Tools for Silverlight Ver 1.0 も含まれる。 詳しくは、Interoperability @ Microsoft blog を参照して欲しい。

Published Wednesday, October 28, 2009 5:22 PM by WindowsAzure

From <http://blogs.msdn.com/windowsazure/archive/2009/10/28/new-eclipse-php-and-java-tools-for-windows-azure.aspx>

—— 以下 原文 です —–

Yesterday at the Eclipse Summit Europe in Ludwigsburg, Germany, Microsoft announced two exciting new open source projects that will make it easier for PHP and Java developers to work with Windows Azure.  Both projects were created in collaboration with Soyatec, a France-based IT solutions provider.

The first project, Windows Azure Tools for Eclipse, helps PHP developers to use Eclipse to author Windows Azure projects.  From the Interoperability @ Microsoft blog:

Windows Azure Tools for Eclipse provides a series of wizards and utilities that allow developers to write, debug, and configure for and deploy PHP applications to Windows Azure. It is available for download at www.windowsazure4e.org

The plug-in also bundles the existing Windows Azure SDK for PHP, which we introduced a few months ago.

The second project, Windows Azure SDK for Java, is a client library for accessing Windows Azure storage from Java. This library was used in the creation of the “Storage Explorer” feature of the Eclipse extension.

We on the Windows Azure team are excited about both of these projects, which are part of our ongoing work to provide a great platform experience for all developers.

The announcements yesterday also included an enhanced Eclipse experience on Windows 7 and version 1.0 of the Eclipse Tools for Silverlight.  Read more on the  Interoperability @ Microsoft blog.

ーーーーーーー

なんというか、Windows Azure への ”本気度" が証明された感じですね。 --- A.C.

<関連>
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー
Eclipse for Windows Azure に関する報道

Comments Off on Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎

%d bloggers like this: