Agile Cat — in the cloud

Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

Posted in .Selected, AI ML, Amazon, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on September 27, 2016
Google Uses AI to Lure New Cloud Customers
By Jack Nicas – July 20, 2016
http://www.wsj.com/articles/google-uses-ai-to-lure-new-cloud-customers-1469030402
 
_ WSJ
 
Google is pitching its artificial-intelligence software to commercial customers in a bid to catch rivals in the increasingly lucrative business of renting its computer servers to other companies.
 
Google は、商用で同社のサービスを利用するユーザーに対して、人工知能ソフトウェアを投入しようとしている。つまり、ビジネスでライバルに勝つためには、他社からコンピュータ・サーバーを借りるよりも、Google を選ぶほうが有利になると示唆しているのだ。
 
The Alphabet Inc. unit has fallen behind competitors Amazon.com Inc. and Microsoft Corp. in so-called cloud computing, a rapidly growing business in which tech firms host other companies’ digital businesses on their servers. Forrester Research estimates roughly $10.8 billion in cloud revenues for Amazon this year, $10.1 billion for Microsoft and $3.9 billion for Google.
 
この Alphabet 傘下の企業は、いわゆるクラウド・コンピューティングの世界では、コンペティタである Amazon と Microsoft の影に隠れている。そして、それらのクラウド・プロバイダーたちがホストするサーバー上で、数多くのハイテク産業が、それぞれのデジタル・ビジネスを急速に成長させている。Forrester Research が概算するクラウド収益によると、今年の Amazon は $10.8 billion であり、また、Microsoft は $10.1 billion であるが、Google は $3.9 billion に過ぎない。
 
deep_dreamscopeWikipedia
 
Google is making a renewed push into the cloud business, where it spent much of its $10 billion in capital expenditures last year to build new data centers and tapped Diane Greene, a high-profile Silicon Valley executive, to run the business.
 
Google は、そのクラウド・ビジネスを再構築するために、昨年は新たなデータセンターに $10 billion 以上を投資し、また、Silicon Valley で名の通っている Diane Greene を採用している。
 
A core part of Google’s cloud strategy is artificial intelligence. Wednesday, Google said it would start letting cloud customers tap into two software programs it has used internally to draw meaning from text and convert speech to text. The programs use so-called machine learning, a rapidly accelerating technology that enables computers to make inferences based on data they previously had analyzed.
 
Google のクラウド戦略のコアには、人工知能が座る。Google は 7月20日に、音声をテキストを変換し、テキストから意味を抽出するという、2つのソフトウェア・プログラムを顧客に提供すると述べている。このプログラムは機械学習と呼ばれるものであり、以前に分析したデータに基づいた推論を行い、コンピュータのテクノロジーを急速に加速させるものである。
 
Google said, for example, that clients could use the programs to analyze customer reviews or social-media posts and to automatically transcribe customer-service calls for large-scale analysis. Google also offers programs that translate text and understand images, including the ability to flag pornography and detect emotions from facial expressions.
 
Google の説明によると、このプログタムを利用するユーザーは、カスタマーレビューやソーシャル・メディア・ポストの分析が可能となり、顧客へのサービス・コールを大規模な解析をベースにして、実施することなどが可能になるという。さらに Google は、テキストを翻訳とイメージの認識に関するプログラムを追加していくという。それらにより、たとえばポルノの排除や、人々の表情から感情を検出する能力などが備わっていくようだ。
 
Many tech executives and computer scientists expect artificial intelligence to help transform businesses over the next several years, unlocking new insights from the reams of data companies collect. Analysts expect artificial-intelligence programs to play a growing role in cloud offerings from Amazon, Microsoft, Google and others.
 
ハイテク産業の経営者たちや、コンピュータを研究する科学者の多くが、人工知能によりユーザー企業に蓄積された膨大なデータを解析することで、これから数年でビジネスの変革が進むと期待している。また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/Google などが提供するクラウドにおいて、人工知能の役割が重要になると予測している。
 
Google says its machine-learning programs that convert speech to text, translate it and interpret it have helped one large customer analyze more than two billion minutes of customer-service calls to understand when customers end calls satisfied and when they don’t.
 
Google の説明によると、音声からテキストに変換し、その意味を引き出すプログラムは、すでに顧客のビジネスに役立っているという。ある大手のユーザー企業は、300万時間にもおよぶサービス・コールの内容を分析し、それぞれの顧客が対応に満足しているか、あるいは、不満を持っているのかを、解析しているという。
 
“That’s been an intractable, unsolvable problem,” said Rob Craft, a Google product manager for machine learning.
 
Google の PM of Machine Learning である Rob Craft は、「そこには、手に負えない問題や、解決策の見つからない問題がある」と述べている。
 
Analysts said Amazon, Microsoft and International Business Machines Corp. all offer machine-learning programs that are similar to Google’s with their cloud services.
 
また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/IBM のクラウド・サービスでも、Google と似たような機械学習のプログラムが提供されていると発言している。
 
Google’s machine-learning offering “is great stuff, and it’s finally packaged in a way that developers really want,” Forrester Research principal analyst John Rymer said. “But they’re not alone.…And (Amazon) and Microsoft are far ahead.”
 
Forrester Research の Principal Analyst である John Rymer は、「Google の機械学習プロダクツは素晴らしいものであり、また、究極のパッケージであり、開発者がのむものである。しかし、それを極めようとするのは Google だけではなく、Amazon や Microsoft は、はるか先を進んでいる」と述べている。
 
Microsoft has promoted machine-learning programs as a selling point of its cloud business since last year, including programs that recognize faces and make predictions, said Joseph Sirosh, vice president of Microsoft’s data group. Mr. Sirosh said Microsoft helped the public-school system in Tacoma, Wash., use its data to predict student dropouts and helped Dartmouth—Hitchcock Medical Center in Lebanon, N.H., predict illnesses for certain patients.
 
昨年から Microsoft は、クラウド・ビジネスのセールス・ポイントとして、機械学習プログラムを推進してきた。そこには、顔の認識や、さまざまな予測のためのプログラムが含まれると、Microsoft の VP of Data Group である Joseph Sirosh は述べている。また、Sirosh は、Tacoma, Wash の公立学校で、学生のドロップ・アウトを予測するために、データを活用しているという。そして、 Lebanon, N.H の Dartmouth—Hitchcock Medical Centre では、特定の病気の予測を支援しているという。
 
The tech companies make money from the services by charging a fraction of a cent for every request of the technology. For Google’s image-recognition function released several months ago, “one or two customers using it trillions of times turns it into a lovely revenue stream,” Mr. Craft said.
 
テック・カンパニーたちは、すべての要求されるテクノロジーに対して、数セントという少額を課金するサービスから、収益をあげている。Google の Craft は、「私たちのイメージ認識の機能は、数ヶ月前にリリースされているが、数社の顧客が膨大な時間を費やしてくれるなら、とても素敵な収入源になると」述べている。
 
Read More
 
ーーーーー
google-55aGoogle Now や Siri や Cortana や Echo に代表される、人間が発する言葉を理解し、それに対する回答やアドバイスを提供するというサービスが、パブリック・クラウドを成功させるための、大きな要因となっていくのでしょうか? そして、AiphaGO で世界を驚かさせた Google は、それを武器にして、Amazon や Microsoft に追いついていけるのでしょうか? 誰もが気になっている、クラウドと人工知能/機械学習の関連性を指摘する記事です。この種のテクノロジーは、ユーザーに対して新しいサービスを提供するだけではなく、ネットワークの管理や、是キュリティの強化という面でも、クラウドを支えていくことになるでしょう。コストの削減から始まり、いまではビジネス・アジリティの推進を担っているクラウドですが、そこに新たな差別化の要因が加わりそうな感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
 

Comments Off on Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

%d bloggers like this: