Agile Cat — in the cloud

いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Research by agilecat.cloud on April 28, 2016
Amazon’s cloud juggernaut could finally be slowing down
Matt Rosoff – Apr. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-revenue-and-growth-2016-4
 
_ Business Insider
 
Investors were pleasantly surprised when Amazon started breaking out revenues and operating profit from its cloud business, Amazon Web Services, last year. The business was bigger than most investors expected, and turned an operating profit.
 
Amazon のクラウド・ビジネスである Amazon Web Services について、昨年に売上と利益が詳述されたとき、投資家たちは嬉しい驚きを体験した。このビジネスは、投資家の予測よりも大規模であり、また、営業利益も黒字だったのだ。
 
AWS_2016_Q1_ChartClick to Large >>>
 
But at least one analyst firm thinks AWS might finally be slowing down.
 
しかし、AWS は最終的に減速していくと推測する調査会社が、少なくとも一社だけあったことを記しておく。
 
This chart from Credit Suisse shows that analysts there expect AWS to show only 45% revenue growth from a year ago, the lowest growth rate since Q3 2014.
 
この、Credit Suisse が提供するチャートは、同社のアナリストたちが AWS の 2016年 Q1 について予測したものであるが、その売上はというと、前年比で 45% の成長率へと低下し、2014年 Q2/Q3 以来で最低のレベルにいたると示している。
 
The analysts also note that that dip in growth in 2014 came because AWS “materially cut prices” in Q2 of that year, and the comparables didn’t pick up until those price cuts had worked through the year-ago cycle.
 
それらのアナリストたちは、2014年における成長率の落ち込みについて、同年の Q2 に実施された、実質的な価格の引き下げに起因すると指摘している。そして、この値下げは 2014年を通じて影響をおよぼし、以前のレベルに戻るまでに、相当の時間を費やしたとも述べている。
 
ーーーーー
amazon-55aこのチャートの左側の単位は棒グラフに対応したものであり、それぞれの四半期における売上を million dollars で示しています(2015年 Q4 で 2.4B)。 また、右側の単位は折れ線グラフに対応し、売上成長率を前年比で示しています。そして、Credit Suisse は、昨年末に発表された値下げにより、2016年 Q1 の売上成長率が 45% まで低下すると予測しているのです。他の産業と比べれば、この成長率であっても驚異的なのですが、まだまだ AWS には成長の余地があるはずです。 とは言え、ユーザー企業の IT 総支出という枠の中で、このクラウド業界は生きているのですから、どこかで成長は頭打ちになります。 また、Microsoft や Google との戦いも、さらに熾烈になっていくでしょう。そろそろ 2016年 Q1 の収支報告が行われるはずですが、Credit Suisse の予測が当たるのかどうか、とても楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
Amazon の薄利主義が 20年目を迎える:売上は 15倍でも 利益は一定という徹底した戦略
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
 

Comments Off on いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!

Posted in .Selected, Businesses, Facebook, Social, Strategy by agilecat.cloud on November 10, 2015
Facebook hits an all-time high after earnings beat
Jillian D’Onfro – Nov 4, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-q3-earnings-2015-11
 
_ Business Insider
 
Facebook_2015_Q3Wikipedia
 
Facebook stock hit an all-time high after-hours after the company reported its Q3 earnings, beating analyst expectations on the top and bottom line. Here are the most important numbers:
 
Facebook が Q3 の収支をレポートした後、同社の株価は時間外でも上昇し続けた。つまり、売上と利益の両面において、アナリストたちの予想を上回ったのだ。 以下に、この決算における重要な数値を示す:
 
  • Revenue: $4.5 billion vs. analyst expectations of $4.37 billion, up 41% year-over-year.
  • Adjusted EPS: $0.57 vs. analyst expectations of $0.52.
  • MAUs: 1.55 billion monthly active users vs. 1.52 billion expected.
 
  • 売上: $4.5 billion vs. アナリスト予測 $4.37 billion, 前年比で 41% の成長
  • 1株あたりの利益: $0.57 vs. アナリスト予測 $0.52
  • MAU: 1.55 billion(monthly active users) vs. 1.52 billion アナリスト予測
 
The after-hours stock was up nearly 5% initially, dipped down to +2%, and settled around 4% after the earnings call. At about 107.7, Facebook’s stock is at a new all-time high and shares are up roughly 25% since mid-August.
 
収支報告が始まった直後の株価は、最大で 5% ほど上昇した後に、+2% まで低下し、最終的には +4% 前後に落ち着いたようだ。 Facebook の株価が $107.7 の時点で、8月中旬と比較して 25% 増であり、もちろん、これまでの最高値となっている。
 
Facebook_2015_Q3_AClick to Large >>>
 
Here’s a look at where Facebook’s revenue comes from:
 
これは、Facebook における、地域ごとの売上である:
 
None of the numbers reported in the release were hugely surprising. Its expenses were up 68% year-over-year,  that it plans to invest heavily this year. Also as expected, Facebook saw an increase in the percentage of its revenue coming from mobile.
 
このリリースで報告された数値は、どれを取っても驚くべきものではなかった。前年比で 68% アップした経費は、今年の投資が多額なものになるという、以前からの計画に沿ったものだ。そして、予想どおりに、Facebook はモバイル収益の比率も伸ばしている。
 
Facebook_2015_Q3_BClick to Large >>>
 
And you can see that Facebook also makes more per user in the US than it used to, likely attributable to the rollout of video and Instagram ads:
 
Facebook の収益が、US のユーザーに大きく依存していることを確認できるだろうが、その理由は Video とInstagram における広告の展開に起因するようようだ:
 
One of the most mind-blowing numbers came in the earnings call, though, when the company shared that Facebook now has 8 billion video views per day. That’s double the 4 billion daily views the company reported in April. Those views come from the 500 million users who are watching videos every day.
 
そして、この収支報告会を通じて、誰もが魅了された瞬間はというと、Facebook におけるビデオ参照が、いまでは 80億本/日に達しているという、新しい情報が共有されたときだ。それは、同社が 4月の時点で報告した、40億本/日と比較して、2倍という成長率になる。この数値を裏付けるのは、5億人のユーザーが、毎日のようにビデオを観ているという情報である。
 
“We’re just so early in this right now,” CEO Mark Zuckerberg said when asked about video on the call. “It’s pretty amazing how quickly it’s growing. But there’s a lot more to do.” Here are the other important numbers:
 
このビデオについて質問がとんだとき、「現時点では、とても早く成長していると、言えるだけだ。 そのスピードは、きわめて高いものであり、また、驚くべきことだ。しかし、取り組むべきことが、私たちにはたくさん残されている」と、CEO である Mark Zuckerberg は答えている。以下の数値も、とても重要なものである:
 
  • 1.01 billion daily active users on average for September, which is up 17% year-over-year, and 894 million people use Facebook on their phone every day.
  • Of Facebook’s 1.5 billion monthly active users, 1.38 billion are accessing the site on mobile, and 727 million are mobile-only users. That’s up 37% year-over-year, likely driven by Facebook’s adoption in emerging markets like India and Africa, where people primarily access the internet on smartphones.
  • Costs and expenses of $3.04 billion, which is up 68% year-over-year, with R&D more than doubling year-over-year to $1.27 billion. That’s also up significantly from $2.76 billion in costs and expenses last quarter.
  • The adjusted operating margin was 54%, down from 57% year-over-year.
  • About 78% of advertising revenue came from mobile, up from 66% at this time last year and 76% last quarter.
  • As usual, most of Facebook’s revenue came from advertising, but about 4%, or $202 million, came from payments and other fees. That’s down from 7% in Q3 2014, which Facebook has, in the past, attributed to a drop in revenue from gaming apps.
  • Free cash flow was $1.41 billion in the third quarter.
  • Most of Facebook’s revenue comes from North America and Europe, with only about 25% ($1.1 billion) coming from Asia-Pacific and the rest of the world. But those areas account for 65% of its monthly active users. The average revenue per user in those regions is still tiny, compared to in the US — $1.39 and $0.94, respectively, vs. $10.49 and $3.47 in the US and Europe.
  • Facebook recently made a big press push around its efforts in emerging markets, and how it’s optimizing its content and, importantly, its advertising to work well in areas of the world. But it seems those efforts haven’t shifted the average revenue-per-user numbers yet.
 
  • 9月の平均 DAU (Daily Active Uses) は 10.1 億人であり、前年比で 17% のアップとなる。 そして、8.94 億人のユーザーが、毎日のようにモバイル環境から、Facebook を使っていることになる。
  • 15億人という、Facebook の MAU のうち、13.8億人がモバイルがらサイトにアクセスしており、また、7.27億人がモバイル・オンリーのユーザーである。この数字は、前年比で 37% のアップとなるが、India や Africa といった途上国マーケットで、Facebook の利用が進んだ結果と思われる。それらの地域の人々は、主としてスマホから、インターネットにアクセスしている。
  • 経費と支出は $3.04 billion であり、前年比で 68% のアップとなるが、その内訳としては、$1.27 billion で前年比2倍という、R&D への対価が大きい。全体の経費とコストが上昇したのは直近の四半期であり、その期間だけで $2.76 billion に達している。
  • 最終的な営業利益率は 54% であり、前年の 57% からダウンしている。
  • これまでと同様に、Facebook における収入の大部分は、広告に依存している。ただし、全体の 約 4% に相当する $202 million が、ペイメントなどからもたらされている。この数値は、2014年 Q3 の時点と比較して 7% ほどの減少となるが、以前に Facebook が言及していた、ゲーム・アプリの収入減に起因するものとなる。
  • Q3 の時点で、自由に動かせるキャッシュ・フローは $1.41 billion  である。
  • Facebook における大半の収入は、North America と Europe からもたらされる。そして、Asia-Pacific と Rest of World の比率は、わずか 25%($1.1 billion)であるが、MAU は 65% を占めている。また、ユーザーごとの平均売上を US 比べると、それらの地域は依然として低い。Asia-Pacific が $1.39 で、Rest of World が $0.94 であるのに対して、US は $10.49 で、Europe は $3.47 となる。
  • 最近の Facebook は、劣悪な通信環境に対してもコンテンツを最適化していくなど、途上国マーケットに対して大攻勢を仕掛けている。そして、重要なのは、同社の広告ビジネスが、そのような地域でも上手く機能していることだ。しかし、一連の努力にもかかわらず、いまの段階では、ユーザーあたりの平均売上を、加速できていないようだ。
 
Some highlights from the earnings call. Zuckerberg and COO Sheryl Sandberg shared some stats on the call:
 
以下は、この収支報告における、いくつかのハイライトである。 Zuckerberg と COO の Sheryl Sandberg が、いくつかの情報を共有してくれた:
 
  • There are 8 billion daily video views on Facebook. That’s up from 4 billion a few months ago.
  • Lots of those views are coming from the 500 million people who are watching video on FB daily.
  • Over 1.5 million small businesses posted a video — organic posts and ads — on Facebook in September.
  • 1 billion people use Facebook on Android.
  • 925 million people use Groups — and in some countries, more than half the population use them.
  • People share 80 million photos a day on Instagram.
  • 1 in 5 of the minutes that people spend on their phones per day is with Facebook and Instagram.
  • More than 9.5 billion photos are now sent on the chat app Messenger.
 
  • Facebook におけるビデオ参照が、80億本/日に達している。4ヶ月前と比較して、2倍の成長率になる。
  • 上記の数値を達成されたのは、5億人の Facbeook ユーザーが、毎日のようにビデオを参照するからである。
  • この9月には、150万の中小企業がプロモーションのために、モバイルからビデオをポストしているが、その中に広告としてのものも含まれる。
  • 10億以上の人々が、Android から Facebook を使っている。
  • 9.25億の人々が、Groups を使用している。 また、いくつかの国では、人口の半分以上がユーザーとなっている。
  • Instagram 上で共有されるフォトは、8,000万枚/日を数える。
  • 世界のモバイル・ユーザーの平均値として、彼らがスマホを 5分間使えば、そのうちの 1分は、Facebook もしくは Instagram を使っている。
  • チャット・アプリである Messnger を介して、95億枚のフォトが送受信されている。
 
Zuckerberg also said that Facebook-led Internet.org, which aims to spread connectivity to parts of the world that don’t have it, has made significant progress in places like Africa.
 
Zuckerberg は、Facebook が主導する Internet.org についても言及した。それは、インターネットが提供されていない世界の、コネクティビティ拡大を目的とする組織であり、Africa などの地域で大きな実績を上げている。
 
Facebook_2015_Q3_CClick to Large >>>
 
And here’s Facebook’s state of the union as far as the size of its various products:
 
これは、Facebook 連合国の構成と、それぞれのプロダクト規模を示している:
 
Sandberg also gave some updates on its ad products, including that there are 2.5 million active advertisers on the service. The price per ad was up 61% in Q3, though total ad impressions fell 10%.
 
Sandberg は、アド・プロダクトに関する情報をアップデートした。このサービスを積極的に使用する広告主は、現時点で 250万社を数えるという。そして、表示回数が全体で 10% ほど減少しているが、Q3 における広告1本あたりの価格は、61% ほど増大しているという。
 
She also subtly burned YouTube: “People come to Facebook and Instagram because we have the best-performing mobile-video ad products.”
 
さらに彼女は、「 私たちが、最も適切に機能するモバイル・ビデオの、アド・プロダクトを提供しているため、Facebook と Instagram が人々を引き付ける」というふうに、やんわりと YouTube を批判している。
 
The company added 1,000 new employees this quarter for a total of 12,000 employees, up 44% year-over-year. Facebook also said that it expects its total 2015 capital expenditures to be between $2.5 billion and $2.7 billion.
 
同社は、この四半期に 1,000人の従業員を新たに採用し、前年比で 44% 増の 12,000人体制になった。Facebook は、2015年における設備投資の総額が、$2.5 billion 〜 $2.7 billion に至ると予想している。
 
When asked about Facebook in China, Zuckerberg said it was a “complex situation.” “You can’t have the mission of wanting to connect everyone in the world and leave out one of the biggest countries,” he said. “We need to try to figure out a way forward on that issue.”
 
China における Facebook について質問されたとき、Zuckerberg は「複雑な状況」にあると答えていた。そして、「 この世界における、すべての人々を接続するという使命は、最大の国を置き去りにして、達成することはできない。この問題を解決していく方法を、私たちたちは理解しなければならない」と続けていた。
 
He did say that people who think that Facebook isn’t in China at all are wrong, though. Although the app isn’t allowed in the country, China is “one of the biggest advertising markets” that Facebook has. Big Chinese companies use FB as one of their primary tools to spread info about what they’re doing to people outside the country, he said.
 
しかし彼は、「China で Facebook が、まったくプレゼンスを発揮していないと考える人がいるが、それば間違いだ」と発言している。つまり、China では Facebook アプリが許可されていないが、最大級の広告マーケットとして機能しているのだ。China の大手企業は、主要なツールとして Facebook を活用し、国外の人々に情報を提供していると、彼は述べている。
 
SEE ALSO: Facebook’s 3-step plan to take over the rest of the world
 
ーーーーー
facebookまず、売上ですが、四半期で $4.5 billion という数字は、単純に4倍するだけで $18 billion ですから、来年は少なくとも $20 billion を超えていくでしょうね。そして、ついに MAU が 15億人を超えましたが、別のコンテントからはアジアが 5億人という情報も得ています。 もちろん、そこには中国が入っていないので、世界の 1/3 という数字は、いまのアジアのパワーを、充分に反映したものだと思います。 また、文中では説明されていませんが、先日のポストで紹介した、エンタープライズ向けの Facebook At Work も、新しい収益源として期待できそうです。 とにかく、先進国のマーケットから得た利益を、途上国へと投資していく姿勢に拍手です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
Facebook が語るモバイル・チューニング:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
 

Comments Off on Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!

Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 24, 2015
Google goes nuts after earnings
Jillian D’Onfro – Jul 17, 2015
http://www.businessinsider.com.au/google-q2-earnings-2015-7
 
_ Business Insider
 
この記事ですが、訳しておきながら、ポストし忘れていました。
もう、Q3 の収支報告が始まりますよね・・・ 🙂
 
ーーーーー
 
Google just reported steller Q2 earnings which sent the stock flying. Here are the numbers:
 
つい先ほど(7/17)、Google が発表した 2015年 Q2 の収支報告は、その株価を急上昇させる勢いを見せた。 以下は、その概要ある:
 
  • EPS: $US6.99 vs $US6.73 expected
  • Gross revenue: $US17.7 billion vs $US17.79 billion expected
 
Revenue is up 11% year-over year, and Google says that revenue would have been up 18% if it weren’t for currency fluctuations.
 
この期の売上は、前年比で 11% 増となっている。 そして Google は、為替が変動が少なければ、18% 増という売上になっただろうと述べている。
 
Larry PageGoogle CEO Larry Page
 
Stock was up more than 11% after hours on the beat, which included unexpectedly high paid click growth. Investors were also pleased that Google’s operating expenses decreased from last quarter.
 
株価に関しても、収支が発表された数時間後に 11% 増となったが、その背景には、予想外に高かった Paid Click の値がある。さらに投資家たちは、Google の運用コストが、2015年 Q1 よりも減少していることを歓迎していた。
 
This was the the first quarter under the leadership of new CFO Ruth Porat, and investors clearly felt encouraged both by Google’s numbers and what she said on the earnings call.
 
今回は、CFO に Ruth Porat が就任して最初の四半期であったが、Google の決算が示す数値と内容に対して、投資家たちは明らかに納得していたと思われる。
 
In particular, Wall Street has been barking for more disciplined spending, and Porat assured listeners that Google was taking great care to pour most of its money into the core business, while still taking advantage of strategic opportunities.
 
具体的に言うと、Wall Street 筋は、これまで以上に規律のある支出を求め、Porat はコア事業に大半の資金を注ぎこむと約束してきたが、その一方で Google は、依然として戦略的なチャンスにおいて先進を維持している。
 
Google still very much follows its “70 / 20 / 10″ rule: 70% of time, money, and effort goes to core competencies, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots” like smart contact lenses and internet balloons). As Google’s core business growth has decellerated, investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
つまり、いまでも Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に順守しているのだ。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。Google におけるコアビジネスの成長が減速するにつれて、最近では投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google に、あまりを好感を持たなくなってきたが、それが真実ではなかったことを、Porat が裏付けている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
Two of the most important numbers Google reports every quarter are cost per click, how much Google can charge for its ads, and paid clicks, how many times people click those ads.
 
Google が四半期ごとにレポートする、2つの重要なデータがある。 Cost Per Click という数値は、Google が広告に課金できた金額を指し、Paid Click という数値は、それらの広告を人々がクリックした回数を指す。
 
This quarter, CPC was down 11% year-over-year and paid clicks were up 18% year-over-year. Analysts were only expecting an increase of 14%. Last quarter, CPC was down 7% year-over-year and the number of paid clicks was up 13%.
 
この四半期だが、CPC は前年比で 11% のダウンとなり、また、Paid Click は前年比で 18% のアップであった。Paid Click に関するアナリストたちの予測は、14% アップというものであった。なお、前期における数値に関しては、CPC が前年比で 7% ダウンであり、Paid Click が前年比で 13% アップという状況だった。
 
CPC has been decreasing for a while — last quarter, Google attributed that decrease to the impact of YouTube ads, which don’t make as much money as regular ad clicks yet, which upset the popular theory that CPC is declining because advertisers don’t want to spend money on mobile ads. Paid click growth has experienced deceleration as well, so the jump from 13% growth to 18% growth is also likely behind Google’s stock surge.
 
このところ、CPC は減少し続けている。前記の決算において Google は、YouTube 広告の減少が全体的な CPC に影響をおよぼしているが、検索における広告とくらべて、取るに足らない存在であると述べている。つまり、広告主がモバイル広告を買わないから、CPC が低下するという理論を、Youtube 広告が混乱させているのだ。その一方で、Paid Click も減速の傾向にあったが、前期の 13% から、今期の 18% へと、大きくジャンプしたことが、Google の株価を急伸させる背景となった。
 
On the company’s earnings call, Porat and chief business officer Omid Kordestani also said that the monetisation gap between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says.
 
今回の収支報告において、Porat and Chief Business Officer である Omid Kordestani は、モバイルとデスクトップの広告における、収益性に関するギャップが縮小していると述べている。ただし、「モバイル CPC がアップしているのであり、デスクトップ CPC がダウンしているのはない」と、彼は付け加えている。
 
↓ Click to Large ↓
Google Ad Chart
 
Here are the other important numbers from Google’s report:
 
以下の各項目は、Google のレポートから抽出した、重要な数値である:
 
  • Google site revenues were $US12.4 billion, up 13% year-over-year, while Google Networks revenues were $US3.6 billion, up 2% year-over-year
  • That brought the total advertising revenues to $US16 billion, up 11% year-over-year
  • Other revenues, which includes Google’s enterprise business as well as Google Play Store revenues, were $US1.704 billion, up 17% year-over-year
  • Non-GAAP net income was $US4.82 billion, up 16% year-over-year
  • Operating expenses were $US6.31 billion down from $US6.5 billion last quarter, but up from $US5.58 billion Q2 2014
 
  • Google Site の売上は $US12.4 billion であり、前年比で 13% アップとなる。 また、Google Networks の売上は $US3.6 billion であり、前年比で 2% アップとなる。
  • 双方の合計である広告売上は $US16 billion であり、前年比で 11% のアップとなる。
  • Google Enterprise ビジネスと、Google Play ストアなどを収益を含む、Other の売上は $US1.704 billion であり、前年比で 17% アップとなる。
  • 非公式な純利益は $US4.82 billion であり、前年比で 16% アップとなる。
  • 営業経費は、前期の $US6.5 billion から $US6.31 billion へとダウンしたが、2014年 Q2 の $US5.58 billion との比較ではアップとなる。
Now, time for the Q2 earnings call.
 
Porat starts by highlighting growth in YouTube revenues and strength in mobile search as factors behind the strong quarter.
 
Porat は、この堅調だった四半期の要因として、YouTube における売上の伸びと、モバイル検索の強さから、その説明を開始した。
 
“Growth in watch time on YouTube has accelerated and is now up over 60% year over year, the fastest growth rate we’ve seen in two years,” Porat says. “Mobile watch time has more than doubled from a year ago.”
 
Porat は、「YouTube における再生時間が、大幅に拡大している。その成長率は、前年比で 60% 以上となっており、このような年次比較では最大となっている。 また、モバイルでの再生時間は、前年比で二倍以上に伸びている」と述べている。
 
Porat also says that Google continue to close gap between mobile and desktop search monetisation.
 
さらに Porat は、Google 検索におけるモバイルとデスクトップの、収益性に関するギャップが縮小し続けていると述べている。
 
Google’s operating expenses decreased from last quarter, and CAPEX spend was lower than both last quarter and year-over-year.
 
Google における営業費用は、この前の四半期と比べて減少している。 また、設備投資は、前四半期との比較においても、前年同期との比較においても減少している。
 
Porat also reiterated Google plans to be disciplined in managing expenses, while still pursuing strategic opportunities.
 
また、Porat は、Google が経費の管理について、継続して精査していく一方で、戦略的な機会を追求していくとも述べている。
 
“A key focus is on the levers within our control to manage the pace of expenses while still ensuring and supporting our growth,” she says. “We will do this while we continue to invest in engineering talent to keep us preeminent in innovation globally.”
 
彼女は、「私たちがコントロールしていくべき主要なポイントは、支出におけるペースを管理しながら、企業としての成長を確実にサポートする点に集約される。それを実行に移しながら、グローバルでの傑出したイノベーションを維持するための、優れたエンジニアリングに継続して投資していく」と述べている。
 
Google’s chief business officer, Omid Kordestani, also spoke on the call. One interesting tidbit he gave was that the number of people who start their YouTube viewing sessions on the the site’s homepage — versus coming in through a specific video — is up 3x year-over-year. That’s achieving Google’s goal of making the YouTube experience more like that of television, where users tune in, knowing they will find a variety of things they want to watch.
 
この収支報告では、Google の Chief Business Officer である Omid Kordestani も発言している。彼が提供してくれた、興味深いトピックとして、YouTube サイトのホームページからビデオを再生する比率が、前年比で 3倍以上の伸びたという話があった(他サイトからのリンクではなく)。YouTube のエクスペリエンスを、TV のようなものにしていくという、Google の目標が達成されようとしているのだ。そこにユーザーが来たときに、彼らが見たいと思う多様なビデオが存在することを、認識するようになる。
 
On mobile, the average viewing session is now more than 40 minutes, up more than 50% year-over-year.
 
モバイル環境においては、平均的なセッションは 40分以上となり、前年比で 50% 以上の伸びとなっている。
 
Time for questions:
 
When one analyst asked about Google’s priorities, Porat said that the priority is revenue growth, but that pursuing revenue growth is not inconsistent with expense management.
 
あるアナリストが、Google における優先順位について尋ねたとき、収益における成長が優先するが、それを追求することが、支出の管理と矛盾してはならないと、Porat は回答していた。
 
Why has YouTube seen this resurgence in growth? one analyst asks.
 
YouTube の成長力が、復活している理由について、あるアナリストが質問していた。
 
“I think it’s really a combination of all the strengths of YouTube coming together,” Kordestani says. More than 1 billion people use YouTube, and we’re doing a much better job with our products and our salesforce, he says. “It’s really all the pieces coming together for us, but we still see a lot of opportunities ahead.”
 
Kordestani は、「YouTube の持つ強みが、一体化した結果だ。10億以上の人々が YouTube を使用し、私たちは製品と広告の展開を、とてもうまくこなしている。すべての要素が、ほんとうの意味で一体化してきたが、私たちは、これまでの以上のチャンスを見出すだろう」と答えていた。
 
Kordestani also touched upon ways that Google’s trying to make its search ads better across different screens, including through local inventory ads and product listing ads. Retailers can now better see how their Google search ads influence their in-store sales.
 
また、Kordestani は、Googleのは、複数のディスプレイを横断するかたちで、検索広告を改善しようとする、Google の試みにも触れていた。 たとえば、プロダクト・リストの広告と、手元の在庫に関する広告を、連携して表示できるようになる。Google の検索広告により、ストア内での販売に生じる影響を、小売業者たちは確認できるようになっている。
 
Porat once again celebrated the fact that the price difference Google can charge between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says. It took time to fully develop the pricing model for desktop, and we’re continually working on developing that ecosystem for mobile, she adds.
 
再び Porat は、Google 広告における、モバイルとデスクトップのギャップが、縮小しているという事実を歓迎していると述べていいた。「モバイル CPC がアップしているが、デスクトップ CPC は低下していない」と、Porat は発言している。デスクトップのための、完全な価格設定モデルを開発するために、膨大な時間を費やしてきた。そして、いま、モバイルのためのエコシステムの開発に、継続的に取り組んでいると、彼女は付け加えている。
 
She also once again assured investors that Google still very much follows the “70 / 20 / 10″ framework that it always as. That is, 70% of time and effort goes to core competences, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots”). Investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
そして、彼女は再び、Google が、 Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に守っていることを、投資家たちに保証した。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google を心配しているが、Porat は、事実とは異なると述べている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
ーーーーー
google-55aちょっと、時間が空いてしまいましたが、Google の 2015年 Q2 の決算に関するレポートです。これまでの、収益性の低かったモバイル広告が、次第にデスクトップ広告とのギャップを埋め始めているというのは、Google が待ち望んできた状況なのだと思います。 Larry Page が CEO として、Google の決算を報告するのは、今回が最後となるわけですが、とてもよいかたちで、Sundar Pichai への引き継ぎが完了したようです。 そして、これからも、Google には 70 / 20 / 10 のルールを、守り続けてもらいたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
 

Comments Off on Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses by agilecat.cloud on April 24, 2015
Amazon beats, stock jumps, and its cloud business is quite profitable
Matt Rosoff – Apr. 23, 2015, 3:59 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-earnings-q1-2015-2015-4
 
_ Business Insider
 
Amazon HQWikipedia Amazon
 
Amazon just reported earnings for the first quarter of 2015, and it was a nice beat. The stock bounced around after hours, but is now up almost 5%.
 
先ほど、Amazon は 2015年 Q1 における業績をレポートしたが、その内容は素晴らしいものである。その後の数時間で株価は跳ね上がり、現時点で 5% ほどのアップとなっている。
 
Here are the numbers:
 
  • $22.72 billion revenue, vs $22.39 billion expected.  — 売上は $22.72 billion で、アナリストたちの $22.39 billion という予測を上回っている。
  • EPS of ($0.12) versus ($0.13) expected. Net loss was $57 million, versus net income of $108 million a year ago.  — EPS は $0.12で、アナリストたちの $0.13 という予測を下回った。 $108 million という昨年の純利に対して、この期は $57 million の損失を計上している。
  • AWS revenue came in at $1.57 billion, or a run rate of a little over $6 billion a year. That’s up 49% from last year’s figure, and in line with what most analysts were expecting.  — AWS の売上は $1.57 billion であり、年間に均すと $6 billion 以上が見込まれる。 それは、昨年に対して 49% 増という数字であり、大半のアナリストの予測に沿ったものである。
  • AWS profits of $265 million, up from $245 million a year ago. Analysts had all kinds of expectations for AWS earnings, so this is a surprise. If it sticks to this rate, that means AWS earns more than $1 billion in profit a year.  — AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている。アナリストたちは AWS の収益に対して、あらゆる種類の予測を行っていたが、これは驚きである。
  • North American net sales of $13.41 billion, up 24% from a year ago. North American net income was $517 million.  — North American の純売上高は $13.41 billion であり、前年比で 24% の成長となる。また、North American の純益は $517 million である。
  • International net sales of $7.75 billion, down slightly from a year ago. Net loss in this segment was $76 million, more than double last year’s figure of ($33 million).  — International の純売上高は $7.75 billion であり、前年を少しだけ下回っている。このセグメントでは、$76 million の損失が生じており、前年の $33 million に対して2倍となっている。
 
Amazon also said that it’s expecting Q2 sales of between $20.6 billion and $22.8 billion, in line with consensus expectations of around $22.1 billion.
 
また、Amazon は、2015年 Q2 の売上高について、$20.6 billion と $22.8 billion の間になると述べているが、それは $22.1 billion という、大方の予測に沿ったものとなる。
 
The company is doing something it’s never done before: Breaking out finances for Amazon Web Services, its cloud computing service that companies use to host applications so they don’t need their own data centers full of hardware. We now know that AWS is on a $6 billion+ annual run rate, which makes it the biggest cloud service provider out there in terms of revenue. It’s also profitable, which we didn’t know before.
 
同社は、これまでに行なってこなかった、Amazon Web Services の収支報告も実施した。このクラウド・コンピューティング・サービスが、Amazon のアプリケーションをホストするため、ハードウェアを詰め込んだデータセンターを、自ら所有する必要がなくなっている。そして、いま、AWS の年間売上が、$6 billion を上回ることが明らかになった。それは、売上という面で、AWS が最大のクラウド·サービス·プロバイダーであることも示している。さらに言えば、私たちが予測していなかった収益性も確保しているのだ。
 
In a statement in the press release, CEO Jeff Bezos said “Amazon Web Services is a $5 billion business and still growing fast — in fact it’s accelerating. Born a decade ago, AWS is a good example of how we approach ideas and risk-taking at Amazon… We manage by two seemingly contradictory traits: impatience to deliver faster and a willingness to think long term. “
 
CEO である Jeff Bezos は、「Amazon Web Services は $5 billion のビジネスであり、依然として成長期にある。 さらに言えば、加速しているのだ。AWS は、10年前に誕生し、Amazon がアイデアやリスクに取り組むときの、素晴らしいアプローチを示すことになった。私たちは、矛盾する二つの特性を管理している。 つまり、迅速にデリバリーしたいという焦燥と、長期的に思考したいという意欲である」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
amazon-55a先月にポストした、「AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になる!」で、その収益性について Citi は、「2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎない」と推定していました。 今回のレポートでは、その点が「AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている」と述べらているので、良い意味で期待が裏切られたことになります。 クラウドは儲かる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

Comments Off on Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Facebook, Mobile, Social by agilecat.cloud on February 24, 2015
Facebook Crushes Q4 Earnings
Jillian D’Onfro – Jan. 28, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-q4-earnings-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook released its fourth-quarter earnings Wednesday, beating expectations on both the top and the bottom lines.
 
この水曜日(1/28)に、Facebook が発表した 2014年 Q4 収支報告によると、同社は売上と利益の両面で、アナリストたちの予測値を上回ったようだ。
 
mark-zuckerberg-192Reuters
 
The stock was down as much as 2.8% after hours, though, in part because Facebook predicted its GAAP expenses would grow between 55% and 70% in 2015. Here are the important numbers (analyst estimates via Bloomberg):
 
Facebook の株価は、それから数時間後に 2.8% ほど下げたが、2015年における GAAP ベースの営業経費が、55%〜70% の間で増大すると、同社が予測したことに要因があると思われる。この四半期における重要な数値は、以下のとおりである。 なお、カッコ内は、Bloomberg が提供したアナリストたちの予測値である。
 
  • Revenue: $3.85 billion, versus analyst expectations of $3.77 billion. That’s an increase of 49% year over year.
  • EPS: $0.54, versus expectations of $0.48.
  • Monthly active users: 1.39 billion — analysts were expecting 1.38 billion (up from 1.35 billion Q3).
 
  • 売上: $3.85 billion(アナリストの予測値は $3.77 billion)
  • EPS: $0.54 (アナリストの予測値は $0.48)
  • MAU: 13.9 億人(アナリストの予測値は 13.8 億人)
 
Revenue for the full year was $12.47 billion, an increase of 58% year over year. Facebook’s Q4 revenue increased 49% year over year, but the company reported that it would have risen by 53% were it not for the effects of foreign exchange rates — namely, a strong US dollar. CFO David Wehner warned that if the exchange rate remains as is, revenues could be affected as much as 5% in 2015.
 
2014年を通じた年間売上は $12.47 billion であり、前年比で 58% の成長となる。また、Q4 に関しては、前年比で 49% 増となるが、為替レートの影響がなければ 53% の成長であったようだ。 つまり、米ドルが強いのだ。同社の CFO である David Wehner は、いまの勢いの為替レートが続くなら、2015年の売上においても、5% ほどの影響が生じるだろうと指摘している。
 
Of Q4’s $3.85 billion in revenue, $3.59 billion came from advertising. Nearly 70% of that advertising revenue came from mobile, up 16% year over year. Revenue from payments and other fees was $257 million, a 7% increase year over year.
 
Q4 の売上である $3.85 billion に対して、広告によるものは $3.59 billion に達している。さらに言えば、その広告収入の約 70% がモバイルからのものであり、前年比で 16% 増となっている。また、ペイメントなどの手数料収益は $257 million であり、前年比で 7% 増となる。
 
q4-14-facebook-revenueHere’s a look at the company’s revenue growth:
 
BI Intelligence
 
Last quarter, the company warned that expenses could grow between 50% and 70% this year. For Q4, Facebook’s GAAP costs and expenses were $2.72 billion, an increase of 87% from the fourth quarter of 2013. The increased-expenses warning spooked investors last quarter, sending the stock plunging, and the apparent confirmation this quarter could be why the stock is down almost 3% after hours.
 
2014年 Q3 収支報告の時点で、Facebook は今年の経費について、50%〜70%まで増大する可能性があると警告していた。実際のところ、2014年 Q4 については、GAAP ベースの諸経費は 営業費用は$2.72 billion であり、前年比で 87% の増加となっている。その時の、経費が増大するという警告が、株価の下落というサインを送っていたが、今期の収支がサポートされた数時間後に、約 3% もダウンしたことで、現実のものとなった。
 
On the earnings call, Facebook reiterated that it would be investing in new employees, ad tech, infrastructure, and potential acquisitions in 2015.
 
そして、今回の収支報告において Facebook は、2015年に予定されている、新たな人材の獲得や、アド・テク、インフラ、企業買収などに費やされる資金であると、何度も繰り返して説明していた。
 
Facebook reported 890 million daily active users in December, up 18% year over year, and 745 million mobile daily active users, an increase of 34% year over year. There were 1.19 billion mobile monthly active users, an increase of 26% year over year.
 
昨年 12月の DAU(Daily Active Users)に関しては、前年比で 18% 増となる 890 million を記録しているが、モバイル DAU に 745 million であり、前年比で 34% 増となる。同じく、モバイル MAU(Monthly Active Users)に関しては、前年比で 26% 増を記録している。
 
q4-14-facebook-mauHere’s a look at Facebook’s monthly active users:
 
BI Intelligence
 
Facebook said last quarter that it would start monetizing products like Instagram, Messenger, and WhatsApp once each hit 1 billion active users. In the earnings call, Facebook reported that Messenger has 500 million monthly active users, Instagram has 300 million monthly active users, and WhatsApp has 700 million monthly active users.
 
2014年 Q3 収支報告の時点で Facebook は、Instagram/Messenger/WhatsApp などでのマネタイズについて、それぞれが 10億 MAU に到達した時からスタートすると述べていた。 そして、今回の収支報告では、Messenger 5億 MAU/Instagram 3億 MAU/WhatsApp 7億 MAU という状況にあると、Facebook は説明していた。
 
“We got a lot done in 2014,” CEO Mark Zuckerberg said in the company’s press release. “Our community continues to grow and we’re making progress towards connecting the world.”
 
「私たちは、2014年に、数多くのことを達成した。 私たちの、コミュニティは成長し続け、また、私たちは、世界をつなぐという目的に向けて邁進し続ける」と、CEO である Mark Zuckerberg はプレス・リリースで述べている。
 
Here are the highlights:
 
  • Revenue for the full year 2014 was $12.47 billion, an increase of 58% year over year.
  • Income from operations for the full year 2014 was $4.99 billion.
  • Net income for the full year 2014 was $2.94 billion.
  • Free cash flow for the full year 2014 was $3.63 billion.
  • Daily active users (DAUs) were 890 million on average for December 2014, an increase of 18% year over year.
  • Mobile DAUs were 745 million on average for December 2014, an increase of 34% year over year.
  • Monthly active users (MAUs) were 1.39 billion as of Dec. 31, 2014, an increase of 13% year-over-year.
  • Mobile MAUs were 1.19 billion as of Dec. 31, 2014, an increase of 26% year over year.
 
  • 2014年を通じた総売上は $12.47 billion であり、前年比で 58% の成長
  • 2014年の粗利は $4.99 billion
  • 2014年の純利は $2.94 billion
  • キャッシュ・フローとして、自由に使えるのは $3.63 billion
  • 昨年 12月の DAU は、前年比で 18% 増となる 890 million
  • 昨年 12月の モバイル DAU は、前年比で 34% 増となる 745 million
  • 昨年 12月31日時点での MAU は、前年比で 13% 増となる 1.39 billion
  • 昨年 12月31日時点での モバイル MAU は、前年比で 26% 増となる 1.19 billion
 
ーーーーー
facebook一番に注目されるのは、広告ビジネスにおけるモバイルの比率ですが、この 2014年 Q4 では、$3.59 billion の 70% を占めるまで成長したとのことです。 そして MAU も、あと一息で 14億人ところまで伸びているので、そこに Messenger 5億 MAU/Instagram 3億 MAU/WhatsApp 7億 を加えると、29億という計算になります。気になるのは、今年に予定されている、新たな人材の獲得や、アド・テク、インフラ、企業買収などへの投資の内容ですが、いったい何が起こるのでしょうか? とても楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
 

Comments Off on Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する

Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Google, Research by agilecat.cloud on February 5, 2015
Google’s Growth Is Slowing Down
Dave Smith – Jan. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/googles-growth-is-slowing-down-2015-1
 
_ Business Insider
 
Google reported earnings for its fiscal fourth quarter of 2014 on Thursday. The company announced $6.88 EPS on $14.48 billion in net revenue, both of which fell below Wall Street expectations. And, as expected, Google’s advertising revenue continues to slow down.
 
Google だが、この木曜日(1/29)に、2014年 Q4 の収支をレポートした。同社の発表内容は、純利が $14.48 billion、EPS が $6.88 というものであり、どちらも Wall Street の予測値を下回ってしまった。
 
Google CPC 2014
BI Intelligence
 
Based on company data charted for us by BI Intelligence, Google’s ad revenue grew about 14% year-over-year in Q4, but its growth has been slowing down since in the middle of last year. Generally, Google’s ad revenue growth has been trending downward for the past two years. Even though Google is getting more paid clicks as its audience grows, its cost-per-click has been going down pretty consistently over the last few years, so advertisers have been paying Google less.
 
BI Intelligence がチャートにした Google のデータを見ていくと、2014年 Q4 の広告収入は、前年比で 14% ほど増加しているが、その成長率はというと、昨年の中頃から減速し続けている。そして、全体的に見ても、Google における広告収入の成長率は、この 2年間に渡って減少の傾向を示している。Google の利用者が増えるにつれて、Google の 有償クリックも増大しているが、その CPC(cost-per-click)が、この数年をまたぐかたちで下げ続けている。 つまり、広告主たちが Google に支払う対価が減少しているのだ。
 
SEE ALSO:  One Of The Hottest Payment Apps Of 2014 Is Suddenly Slowing Down
 
ーーーーー
google-ad-revenuegoogle-55aGoogle という会社は、基本的に、広く薄く利益を得ていくという考え方なので、それほど大した問題ではないのでしょう。 先月にポストした、「 Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない? 」という抄訳をみると、なんか、もう、好きにやってください、、、という気分になります。そして、この CPC(cost-per-click)という指標も重要なのでしょうが、Facebook の方では一度も見たことがないというのも、とても興味深い状況です。 文中にもあるように、ディジタル広告市場というパイが拡大し続けるのであれば、広告単価は下がり続けても、スケールしていくインフラがコストを吸収していくのでしょう。 そして、ディジタル広告の単価が下がるにつれて、新聞や TV といった、従来からのメディアが衰退していくのだろうと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% をモバイルから稼いでいる!
2014 Agile Cat:ディジタル広告の マトメ

Comments Off on Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: