Agile Cat — in the cloud

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく

Posted in .Chronicle, Advertising by agilecat.cloud on December 27, 2015
民衆にアキレス腱をさらすプラットフォームの方が信頼できる・・・?
December 27, 2015
 
AC 2015
 
いわゆるデジタル・アドの世界ですが、他のメディアとの比較においても、すでに圧倒的な優位性を示しており、今後もその傾向が、さらに強まっていくのでしょう。とにかく、このチャートに示される Google の強さは、並大抵のものではありません。そして、大差の二番手に甘んじている Time Warner のすぐ後ろには、すばらしい勢いでモバイル広告の売り上げを伸ばしている、Facebook が迫っているという状況です。
 
google-ad-revenueグローバルで収益を生み出すデジタル・メディアと、ローカルに限定される既存メディアでは、こうした比較自体が理不尽とはいえ、Google も Facebook もグローバルなプラットフォーム上に、ローカライズされた広告メカニズムを載せてしまったのですから、勝負にならないのも当たり前のことなのです。おそらく、これからのグローバル/ローカル経済を支えていく、圧倒的な強さを持つアド・プラットホームとして、この二社が君臨していくことになるのでしょう(アジアから何かが出てくるかも?)。
 
こうした、とても大きな変化が、Google で17年、Facebook で10年という歴史の中で、つまり、きわめて短時間のうちに生じているのです。さらに言えば、これからスマフォを手にする若者たちの大半が、この二社のプラットフォームを活用することで引き起こされる、メディア利用人口動態の変化が、そこに痛烈な追い打ちをかけていきます。もちろん、新聞やテレビといったメディアが死ぬわけではありませんが、既存メディアの既得権は、ことごとく破壊されていくでしょう。
ーーーーー
 
Q1
 
Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
 
Q2
 
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
 
Q3
 
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
どれくらいの時間を、モバイルとテレビに消費しますか? アメリカでの調査結果!
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
各種ソーシャル・メディアが、モバイル・アプリ開発と、ネイティブ・アド供給へ走りだす!
クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!
 
Q4
 
YouTube Red が始まる: この有償バージョンについて、知っておくべき6つの項目とは?
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
 
ーーーーー
AC_tempでも、メディアと広告のプラットフォームが、こうして寡占化されることは、はたして良いことなのでしょうか? もちろん、この二社に対抗する、第三、第四の勢力の登場が待ち望まれますが、インターネットをプラットフォームとして、数十億の人々を引き寄せるサービスを持ち、広告の売り買いを自動的に処理する場を提供し、それらを運用するデータセンターから、そこで消費される電力の生成までも自前で完結する企業が、それほど簡単に誕生するとも思えません。
 
BI Media 2015_Bしたがって、Google や Facebook に対して、そんなに大きな権力を与えて良いのかという疑問が生じてくるのですが、気の遠くなるような知力と財力を注ぎ込んで築いてきた、一人一人のユーザーとの信頼関係が、いとも簡単に壊れていくことを、シッカリと彼らが認識している限り、大きな問題は生じないと思います。もちろん、100% の信頼を預けるわけでは有りませんが、たった 2% の減税で、権力に対してシッポを振ってしまう、どこかの国のメディアよりは、よっぽどマトモだと思えるのです。 _AC Stamp
 

Comments Off on 2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく

Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

Posted in .Chronicle, Advertising, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on January 12, 2015

Google’s Revenue Dwarfs All The Biggest Media Companies
http://wp.me/pwo1E-8bV
Dave Smith – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/googles-revenue-dwarfs-all-the-biggest-media-companies-2014-12

_ Business Insider

As Business Insider’s founder and CEO said at Tuesday’s Ignition conference, “There is one law of media: money follows eyeballs.” To prove his point, Henry Blodget showed off this chart, which shows just how much Google dwarfs all the biggest media companies, from older companies like The New York Times to newer ones like Facebook.

Business Insider の Founder and CEO が、この火曜日(12/2)のIgnition Conference で述べたように、「注目度に応じて金が流れる」という、メディアの法則がある。その指摘を証明するために、Henry Blodget がチャートを作成した。 それが示すのは、Google と比較することで、すべての大手メディア企業が矮小化されるという現実である。つまり、New York Times のような老舗から、Facebook のような新進気鋭までが、小さな存在に見えてしまう。

_  space

BI Intelligence

Based on company filings charted by BI Intelligence, Google’s estimated $70 billion in revenue is more than twice that of Time Warner’s ($30 billion), five times that of Viacom’s ($14 billion), and 14 times more than Yahoo’s expected revenue this year. Even more impressive: Its revenue is almost half the size of all TV advertising around the globe ($174 billion).

BI Intelligence がチャートにしたのは、各社から提出されているデータである。 そして、2014年における Google の推定売上高は、約 $70 billion であり、Time Warner($30 billion)の2倍以上となる。さらに言えば、Viacom($14 billion1)の 5倍であり、また、Yahoo の14倍となる。それ以上に興味深いのは、Google の収益が、グローバルにおける全TV広告($174 billion)の、半分近い規模にまで達していることだ。

ーーーーー

本文の最後にあるように、世界中の TV 広告を合わせた売上額の半分近くまで、Google の売上が迫っているとのことです。 そうなると、そこに Facebook などを加えたディジタル広告の総額が、あと数年のうちに TV 業界を追い抜いていくという、未来図が見えてきますね。以下の関連リンクですが、その当時にメディア王と呼ばれていたマードックと、Google の戦いを取り上げている一番古い記事が(一番下)、2009年のものでした。 そこから、大よそのところで 5年が経過していますが、Google の勢力はというと、CNN などを傘下に治める Time Warner を、見下ろす存在へと拡大しています。 そして、2年前には $4B 前後の売上だった Facebook が、すでに $18B を稼ぎだすところまで駆け上ってきています。こうして振り返ると、この数年の間に引き起こされた、変化の大きさに驚いてしまいます。

ーーーーー

<関連>

新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち
モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう
iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

Comments Off on Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

2014 Agile Cat:ディジタル広告の マトメ

Posted in .Chronicle, Advertising by Agile Cat on December 22, 2014

ディジタル・アドは、今様の 打ち出の小槌 なのか?
http://wp.me/pwo1E-86Z

いまでは、Advertising というカテゴリもありますし、右ペインにはショートカット・アイコンも貼ってある、Agile Cat ディジタル・アドのマトメです。 ディジタル・アドを意識しだしたのは、2012年からだと思いますが、Google と Facebook の大躍進が、その理由となります。さらに言えば、この広告ビジネスから、Android という OS が生まれ、Facebook というソーシャルが育ち、あっという間に世界を埋め尽くしてしまったという凄まじい現実に、目を見開かされたという感じがします。

Microsoft は Windows でライセンスを売り、Apple は iOS でデバイスを売り、Google は Android で広告を売る、、、という表現を、今年はセミナーなどで、よく用いました。 年の初めころは、こんな話をしてもキョトンとする人が多かったように記憶していますが、春から夏へ、そして、秋から冬へと時間が経つにつれて、話した瞬間に「ナルホド」と頷いてくれる人が増えてきたように感じています。

このカテゴリを作るときは、自分でも、ほんとうに良いのかなぁと、半信半疑なところがありましたが、この領域を把握しないことには、Google と Facebook の経済的な立脚点が見えてきません。 その意味で、ここれに費やしてきた時間は、決して無駄ではなかったというのが、いまの、率直な、思いです。

ーーーーー

01/03: モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
01/07:
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する
01/29:
Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?
02/26:
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟に?
04/16: Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
05/14:
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
05/15: Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
05/20:
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
05/27:
Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫か?
05/28: iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
06/17:
Google の 2014 Q2 収支:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK
06/23:
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

ーーーーー

07/17: Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威に?
07/17: リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる
07/28:
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
08/22: Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?
09/16:
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさ
09/26: 広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しても、GO と FB は止められない
09/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
09/15: モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超える?
10/06: クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変!
10/16: Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
10/16: モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/22:
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる
10/28: Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
10/28: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% をモバイルで稼ぐ!
10/30: Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化された!
11/13: Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% を占有

ーーーーー

新聞やテレビといった従来型のメディアから、 Google や Facebook が広告予算をぶん取ってきて、それが IT のエコシステムを回す資金になっていくという新しい展開は、2014年の大きな流れの1つだったと思います。つまり、Eric Schmidt の言う第五の権力が、第四の権力から、経済を奪い取り始めているのでしょう。そう考えると、Apple にも、Amazon にも、Microsoft にも、この領域でのビジネスに、もっと本格的に取り組んで欲しくなってきますね。 Agile Cat としては、もちろん 2015年も、このカテゴリを充実させていきます!

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:ディジタル広告の マトメ

%d bloggers like this: