Agile Cat — in the cloud

Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Posted in Container, DevOps, Enterprise Social, On Monday by agilecat.cloud on February 1, 2016
Containers: Enabling Build-Once-Run-Anywhere Applications
By Dick Weisinger – January 28th, 2016
http://formtek.com/blog/containers-enabling-build-once-run-anywhere-applications/
_ formtek
Containers are stand-alone lightweight packages that provide a isolated environment for an application and its configuration complete with all needed dependencies and libraries.  Containers are easily provisioned in real-time and typically use far fewer resources than virtual machines.
 
コンテナとは、それぞれのアプリケーションのための個別の環境を提供し、また、必要とされる全ての依存関係やライブラリを用いたコフィグレーションを実現する、スタンドアロンで軽量なパッケージのことである。そして、仮想マシンとの比較において、コンテナはリアルタイムでのプロビジョニングを、はるかに少ないリソースで実現するのが一般とされている。
 
Chagall_5Robert Stroud, Forrester analyst, wrote that “Containers are all the rage!… Container adoption is being driven by the promise that containers deliver the ability to build once and run anywhere, allowing increased server efficiency and scalability for technology managers.”
 
Forrester のアナリストである Robert Stroud は、「コンテナは、誰もが熱望するものである。そして、コンテナが約束する Build Once and Run Anywhere の能力により、その採用が促進されている。つまり、テクノロジーの管理者から見ると、サーバーを利用する際の、効率性とスケーラビリティが増大することになるのだ」と記している
 
The results of a survey by Robin Systems being announced today, found that:
 
今日 (1/28)、Robin Systems がアナウンスした調査結果の、以下の項目に注目したい:
 
  • Adoption of containers for running enterprise applications is growing.  More than half of enterprises are using containers in production or are experimenting with containers
  • Containers are being used for both stateless and stateful applications
  • Nearly three-quarters of respondents say that containers are the preferred method for running databases, and 40 percent say that it makes sense to use containers to run Big Data applications like Hadoop and Spark.
 
  • エンタープライズ・アプリケーションを実行する際の、コンテナの採用が増えきてきている。半分以上のエンタープライズが、実運用もしくは実験の環境で、コンテナを利用しているという。
  • コンテナは、ステートレスおよびステートフルのアプリケーションで利用できる。
  • 回答者の約 3/4 が、データベースを実行する際に、コンテナは好ましい手法になると述べている。また、回答者の 40% が、Hadoop や Spark といった、Big Data アプリケーションを運用する際に、コンテナの利用は理にかなっていると述べている。
 
Partha Seetala, chief technology officer at Robin, said that “containers are a natural platform for running performance sensitive applications such as databases, as they enable consolidation without compromising performance or predictability.  This aligns perfectly with our vision of providing enterprises a high-performance and elastic containerized platform for stateful and mission-critical applications.”
 
Robin の CTO である Partha Seetala は、「たとえばデータベースなどの、パフォーマンスを考慮しなければならないアプリケーションを実行する際に、コンテナは自然なプラットフォームとなる。予測の能力と性能を犠牲にすることなく、コンテナによる統合が実現されていくにつれて、このような見方が広まってきた。つまり、ステートフルでミッション・クリティカルなアプリケーションのための、高性能で弾力性のあるプラットフォームを、エンタープライズに提供することが不可欠になるという、私たちのビジョンと完全に一致しているのだ」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday別件で、5 cloud computing predictions for 2016 という長いドキュメントを訳したのですが、その中でも、エンタープライズにおけるコンテナの利用が、今年のトレンドになると解説されていました。つまり、今年はエンタープライズも、クラウド・ネイティ・ブアプリケーションに突入すると予測しているのですが、そうなるとアップデートのサイクルが、年に数回というレベルから、日に数回というレベルに加速していくと述べているのです。この Dick Weisinger さんのポストでも、コンテナの効率が指摘されていますが、大きく変化していく開発/運用の形態を前提に考えると、その重要性がさらに強く感じられます。 つまり、DevOps にとって、コンテナが不可欠なのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
 

Comments Off on Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイル開発は5倍のスピードで突っ走る!

Posted in DevOps, Enterprise Social, Mobile, On Monday by agilecat.cloud on August 10, 2015
Enterprise Mobile App Development: Growing 5x Faster Than IT Can Respond
By Dick Weisinger – August 6th, 2015
http://formtek.com/blog/enterprise-mobile-app-development-growing-5x-faster-than-it-can-respond/
_ formtek
Demand for enterprise mobile applications is expected to grow five times faster than the ability of IT organizations to respond between now and the end of 2017, according to Gartner.  The growth is being fueled by the rapid increase in number of mobile phone devices which is expected to reach 2.1 billion units by 2019.
 
エンタープライズ・モバイル・アプリに関する需要だが、これから 2017年末までの間において、IT 組織の許容力と比べて、5倍というスピードで成長していくと、Gartner は予測している。この成長は、2019年まで 21億台に達すると予想される、モバイル・フォンの急激な増加により加速していく。
 
Dali_5Today employees typically use three different devices on a daily basis, but trends like Internet of Things (IoT) and wearable devices are expected to increase the number of devices used daily to five or six devices.
 
今日において、一般的な企業などに属する従業員たちは、日常的に 3種類のデバイスを使用している。しかし、IoT および Wearable デバイスといったトレンドにより、前述のデバイス数は5種類〜6種類ほどに増加すると予想される。
 
Adrian Leow, principal research analyst at Gartner, said that “organisations increasingly find it difficult to be proactive against competitive pressures, which is resulting in their mobile apps becoming tactical, rather than strategic.  We’re seeing demand for mobile apps outstrip available development capacity, making quick creation of apps even more challenging. Mobile strategists must use tools and techniques that match the increase in mobile app needs within their organizations.”
 
Gartner の Principal Research Analyst である Adrian Leow は、「 競合のプレッシャーに対して、先回りして戦っていくことの困難さに、直面する企業が増加していくだろう。言い換えれば、モバイル・アプリに求めるものが、戦略的というより、戦術的なものになってきているのだ。つまり、モバイル・アプリに対する需要が、調達できる開発能力を上回るという現実に、私たちは直面しているのだ。その結果として、短時間でアプリを開発することが、ますます困難になってきている。モバイル戦略家たちは、組織内で必要とされるモバイル・アプリの増加に適合するように、ツールやテクニックを活用していかなければならない」と述べている
 
In order to be able to keep up with mobile app demand within organizations, Gartner recommends:
 
組織内で増大していくモバイル・アプリの需要に対応していくために、以下の能力を獲得すべきと、Gartner は推奨している:
 
  • Make Application Development a high priority for the business
  • Adopt a bimodal approach
  • Use rapid development app development tools
  • Supplement in-house development skills with outsourcing
 
  • モバイル・アプリ開発の優先順位を、ユーザー企業内で高めていく
  • 多様性のあるアプローチを適用する
  • 迅速なアプリ作成を可能にする、適切な開発ツールを採用する
  • 社内開発のスキルを高めながら、アウトソースも活用する
 
ーーーーー
On Mondayサービス/プロダクトの供給という側から見て、この5年の間に、最も大きく変化してきたのがモバイル開発なら、最も保守的に進んできたのが情シスなのかもしれません。 それぞれの社会における役割が異なるため、このような比較自体に意味はありませんが、モバイルを取り込まざるを得ないという現実が、エンタープライズに対して大きな変化を要求しています。 そうなると、情シスにとっても、モバイル対策が欠かせなくなってきます。 どのようにしたら、両者を隔てる深い溝が埋まるのでしょうか? 考えるべきことが、たくさん有りそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
 
 

Comments Off on Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイル開発は5倍のスピードで突っ走る!

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね 🙂 それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 

Comments Off on Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

Comments Off on Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on March 29, 2015
本音がバシバシ飛び交う、とっても内容の濃い集まりになりました・・・
 
cna-banner
 
Agile_Cat もお手伝いしている、MSPJ こと 日本MSP協会が主催する、オペカンことオペレーション・カンファレンスが、先週の金曜日に開催されました。 ひとことで言うと、あの「運用でカバー」というフレーズを「この世から抹殺」するために、私たちの手離れの悪いビジネスに真摯に取り組み、すべての関係者が幸せになる道筋を探して行こうという、すばらしい目標をを持つ集まりになりました。本来であれば、Reuter や WSJ といった欧米のメディアや、Cloud News Asia がお世話になっているアジアの各メディアが取材にきて、いまごろは、その存在が世界に発信されているべきものなのですが、それは次回に乞うご期待ということで ^^; こうして Agile_Cat が、ほぼ独占的にコンテントをポストしているわけです。
 
当日は、13:30 に始まり、18:00 に終了するという、とても長丁場のカンファレンスになりましたが、約100名の参加者が、誰も途中で帰ることなく、最後まで聞き入るという展開になりました。 プログラムは、以下のとおりです:
 
MSPJ日本MSP協会設立の背景と狙い
日本MSP協会事務局長
テコラス 伊勢幸一さん
 
ザ・運用 ~ 運用とは何か、
運用とはどのようであるべきか
運用設計ラボ 波田野裕一さん
 
クラウドプロバイダとMSP
日本マイクロソフト 高添修さん
 
ここで休憩が入り、その後に「Lightning Talks:僕が、私が考えるMSP」が、クラウド利用促進機構の荒井康宏さんをチェアにして、後半の幕開けとなりました。 そして、「運用ツール大全集」というテクニカル・セッションが、ハートビーツ 馬場俊彰さん/クリエーションライン 前佛雅人さん/ニスコム 綱島政人さん/スカイアーチネットワークス 神津崇士さんによる、ディスカッション形式で続きました。
 
最後は、「マネージドサービスビジネスの最新動向と活用事例」というタイトルの、モデレータをニスコムの三石剛史さんにしたパネルディスカッションでした。パネラーとして、ハートビーツ 藤崎正範さん/ネットワンシステムズ 藤田龍太郎さん/フォネックス・コミュニケーションズ 柴崎英明さんが並び、「そこまで言っちゃって良いのでしょうか・・・」的な、とても刺激的な発言がポンポンと飛び出して、とても興味深く聴かせてもらいました。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/25: IBM to team up with Chinese company and make Obama unhappy
ChinaThe International Business Machines Corporation (IBM) and China’s Beijing Teamsun Technology recently announced their cooperation, allowing the latter based on IBM’s technologies to develop and sell domestic innovation products–a move seen provoking the Obama administration, ThePaper.cn reports.
 
② 3/24: Taiwanese developers crowned champions in Microsoft app contest
TaiwanMicrosoft Taiwan on Monday announced the winners of the company’s Community Champion app development competition, which saw two Taiwanese teams rise above 605 teams of 805 software developers from across Taiwan, Japan, and Malaysia. The competition is designed to promote Azure, Microsoft’s cloud computing platform and infrastructure.
 
③ 3/25: Panasonic Working on Royalty Free Internet of Things Software
JapanPanasonic is opening up its software and patents on Internet of Things technologies along with contributing more to the AllSeen Alliance, a major group working on open source IoT devices and software. It has sided against making all patents open source, clearly protecting some of its more valuable ideas and software.
 
④ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7 M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu.
 
⑤ 3/9: Samsung receives record pre-orders for S6, Edge
KoreaBARCELONA, Spain ― Samsung Electronics has received record orders for its recently unveiled flagship devices ― the Galaxy S6 (S6) and Galaxy S6 Edge (S6 Edge). “Samsung received some 20 million pre-orders for the S6 and S6 Edge _ 15 million of S6 and five million of the S6 Edge from mobile carriers, worldwide.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/10: SingPost and Trikomsel announce mysterious JV in Indonesia
IndonesiaTrikomsel, one of Indonesia’s largest mobile device retailers, and SingPost, one of Asia’s biggest logistics providers for ecommerce, announced a partnership today to take advantage of the growing opportunities of ecommerce in Indonesia. The name – and even the exact nature – of the joint venture is still a mystery. However, the two firms are certain that they will create a company that acts as a partner for local brands and merchants in the ecommerce space.
 
⑧ 3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
TaiwanDemand from emerging markets such as Russia and China for white-box servers directly supplied from ODMs has been increasing, pushing related ODMs to accelerate their paces on establishing full product lineups, according to sources from the upstream supply chain.
 
⑨ 3/24: Samsung to pre-install Microsoft apps on Android tablets
KoreaMicrosoft’s Office apps will be pre-installed in some Samsung tablets running Google’s Android system, extending an agreement to put some Microsoft apps on the new Samsung Galaxy S6 phone. The move is the latest in Microsoft’s efforts to get its cloud-enabled software into the hands of as many customers as possible, regardless of platform or device.
 
⑩ 3/28: Maybank partners 1337 Ventures to find SE Asia’s best startups
MalaysiaFintech seems to be a hot topic in 2015. Maybank, one of Malaysia’s leading banks, wants a piece of it. Maybank has joined the bandwagon through a partnership with 1337 Ventures, a recognized Malaysian technology accelerator, in search of the best fintech ideas in region.
 
ーーーーー
cna_6今週は、MSPJ オペカン特集ということで、普段とは違う構成になりましたが、来週からは、また、いつも通りに戻ります。 上記のとおり、今週もアジアの動きは活発です。そして、Top-10 には入りませんでしたが、SoftBank eyeing stake in Micromax という、とても興味深い記事が Times of India にポストされていました。 この投資が実現すると、どのような展開が次につながるのでしょうか? そう考えると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

Comments Off on 今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!

Posted in DevOps, Facebook by agilecat.cloud on March 11, 2015
Facebook’s 2014 Open-Source Highlights
David Cohen on December 23, 2014
http://www.adweek.com/socialtimes/2014-open-source-highlights/440228
 
_ Social Times
 
Facebook OSS2014 was a big year for open-sourcing at Facebook, and the social network presented its highlights in that sector for the year in the form of a 12 Days of Open Source blog post by head of open-source projects James Pearce.
 
Facebook のオープン・ソースにとって、2014年は Big Year であった。そして、このソーシャル・ネットワークは、Head of Open-Source Projects である James Pearce のブログ・ポスト 12 Days of Open Source で、この年のハイライトを発表した。
 
Pearce highlighted:
 
  • React won a photo-finish over HHVM to become the first Facebook flagship open-source project to reach 10,000 stars on GitHub, with both achieving the milestone on the same day. Next up on that list, according to Pearce: Pop.
  • React は、大接戦の末 HHVM を上回り、ついに Facebook のフラッグシップ・オープンソース・プロジェクトとなった。どちらも同じ日に、GitHub で 10,000 Star を獲得するという、マイルストーンを達成している。Pearce によると、このリストで次に続くのは Pop となる。
  • Facebook launched 107 new open-source projects in 2014, totaling 65,000 stars on GitHub and more than 6,000 forks.
  • Facebook は、2014年に 107 のオープン・ソース・プロジェクトを新たに立ち上げ、GitHub 上で 65,000 Star を獲得し、6,000 以上のフォークを生み出した。
  • The top five open-source projects in terms of stars on GitHub were: Pop (more than 9,000 in just eight months), Shimmer, immutable-js, AsyncDisplayKit and Flow, with honorable mentions going to osquery, Flux, Tweaks, Bolts, KVOController, WebScaleSQL, Proxygen, Chisel, Jest and fb-flo.
  • それまでの GitHub では、Pop (8ヶ月で 9,000+ Star を取得)、Shimmer、immutable-jsAsyncDisplayKitFlow が、Top-5 を形成していた。そして、osqueryFlux、Tweaks、Bolts、KVOController、WebScaleSQLProxygen、Chisel、Jest、fb-flo などが、あとに続いていた。
  • Pearce called out the following collaborators and users on certain projects: React (Adobe, Khan Academy, Pinterest), Rebound (Flow, Jelly, Tumblr), HHVM (Baidu, Box, Wikipedia) and Presto (Airbnb, Dropbox, Netflix).
  • Pearce が言うには、いくつかのプロジェクトでは、以下のような協力者とユーザーがいる:React (Adobe, Khan Academy, Pinterest)、Rebound (Flow, Jelly, Tumblr)、HHVM (Baidu, Box, Wikipedia)、Presto (Airbnb, Dropbox, Netflix)。
  • More than 1,000 external developers contributed to Facebook’s open-source projects in 2014, with 200 making five or more commits.
  • 2014年の Facebook オープン・ソース・プロジェクトには、1,000人以上の外部デベロッパーがコントリビュートし、200人が 5つ以上をコミットしている。
  • More than 5,500 pull requests were made on the social network’s open-source projects in 2014.
  • このソーシャル・ネットワークのオープン・ソース・プロジェクトでは、2014年に 5,500回以上のプル・リクエストが発行されている。
  • There were more than 28,000 commits on Facebook’s public projects in 2014, and more than 17 percent of those came from external developers, with projects such as PHP SDK and React seeing nearly one-half of their commits come from external contributors.
  • 2014年の Facebook パブリック・プロジェクトには、28,000以上のコミットを受け付けており、そのうちの 17% 以上は、外部デベロッパーからのものであった。PHP SDK と React などのプロジェクトを含めると、約半分のコミットが外部コントリビューターからのものとなる。
  • The top five external contributors in 2014 were: Ben Alpert (399), Tim Siebels (137), Joerg Maier (98), Ankit Gupta (87) and Cheng Lou (81).
  • 2014年における、外部コントリビューターの Top-5 は、Ben Alpert (399)、Tim Siebels (137)、Joerg Maier (98)、Ankit Gupta (87)、Cheng Lou (81) である。
  • The two security-related releases in 2014 were osquery and Conceal.
  • 2014年の、セキュリティに関するリリースは、osquery と Conceal の 2つである。
  • Developers from Facebook spoke at seven Open Source Convention (OSCON) sessions in 2014.
  • 2014年の  Open Source Convention (OSCON) では、Facebook のデベロッパーが、7つのセッションを担当した。
  • The average age of pull requests decreased by three times in 2014.
  • プル・リクエストの平均間隔は、2014年に 1/3 にまで短縮された。
 
ーーーーー
facebookFacebook のオープンソースというと、古いポストになりますが、2010年の「Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?」が強烈な印象として、記憶に残っています。そして、それが、HipHop Virtual Machine(HHVM)として活躍し続けているのを、このポストで知りました。 ほんと、Facebook はオープンソースの宝庫であり、素晴らしい活動を継続していると思います。 ちょうど昨夜から(3/10〜3/11)、Open Compute Project Summit 2015 も開催されています。 今年は、ちょと事情があって参加できませんでしたので(涙)、これから Web で追いかけてみたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 超絶 Web パフォーマンス : その秘密を解析する
Google App Engine が PHP をサポート:75% の Web をカバーしているから
Facebook が発表した Folly は、宝石のような オープンソース C++ ライブラリ
Facebook 探検隊: どのようなソフトウェアでスケールを達成しているのか
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
 

Comments Off on Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!

Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Posted in Bare-Metal, Container, DevOps, Linux, On Monday by Agile Cat on July 7, 2014

Cloud Computing: The Containerization of Apps
http://wp.me/pwo1E-7DY

By Dick Weisinger – July 1st, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-the-containerization-of-apps/

_ formtek

Docker, the ‘Linux Container Engine’, is open-source Linux technology that can package all components needed by an application into a single container which can then be easily moved between cloud platforms, virtual machines, or physical bare-metal servers. 

Docker は Linux Container Engine であり、また、Linux オープンソース・テクノロジーであり、アプリケーションが必要とするすべてのコンポーネントを、シングル・コンテナ内にパッケージ化することを可能にする。さらに言えば、このコンテナは、クラウド・プラットフォームや、仮想マシン、物理ベアメタル・サーバー間を、簡単に移動できるのだ。

Docker allows software to be deployable across a wide range of environments yet doesn’t require platform vendors to conform to specific cloud or VM requirements.  Docker runs on all major Linux distributions, including Red Hat, Debian, Ubuntu, Fedora, Gentoo, Suse and Arch.

つまり、Docker により、幅広い環境におけるソフトウェアのデプロイメント実現されるのだが、そこで要求される移行先が、特定のクラウドや VM であっても、プラットフォーム・ベンダーによる準拠は不要となるのだ。そして Docker は、Red Hat/Debian/Ubuntu/Fedora/Gentoo/Suse/Arch といった、すべての主要 Linux ディストリビューション上で動作する。

Despite Docker being only first released 15 months ago and still only at version ’1.0′, it is already widely used by many internet companies which include eBay, Yelp, Spotify, and Baidu. Additional stats for Docker’s popularity include:

Docker の最初のリリースからは、まだ 15ヶ月しか経っておらず、いまでも Version 1.0 なのだが、たとえば eBay/Yelp/Spotify/Baidu などを含む、数多くのインターネット企業ですでに使用されている。 なお、Docker の人気については、以下のような状況からも判断して欲しい:

  • 2.75+ million downloads
  • 12,000+ stars on GitHub
  • 450+ contributors – 95 percent of whom do not work for Docker, Inc.
  • 14,000+ “Dockerized” applications published on Docker Hub
  • 90+ community-established user groups in more than 30 countries
  • 6,500+ Docker related projects found on GitHub

Ben Golub, Docker CEO, said that ”there’s a groundswell of excitement from the Fortune 10 on down for what Docker can mean for how they build, ship and run applications.  If Docker is successful, we will have enabled the separation of application creation and management from infrastructure management.”

Docker の CEO である Ben Golub は、「 Fortune 10 から中小にいたるまで、Docker が実現するアプリケーションの構築/出荷/実行という方式について、とても大きな興奮の高まりが起こっている。このまま、Docker が成功するなら、アプリケーションの開発と管理を、インフラストラクチャの管理から分離するという、新たな方式が確立するだろう 」と述べている

Scott Johnson, senior Vice President at Docker, said that “we’re from the school of container technology which we simplified along with the packaging and shipping of the container.  There’s been 15 months of rapid innovation. There’s over 440 contributors to the project, including lots of contributions from Red Hat, Google. A lot of rapid change is going on.”

Docker の Senior VP である Scott Johnson は、「私たちは、コンテナ・テクノロジーの学校から生み出されたようなものであり、コンテナによるパッケージングとシッピングにより、ものごとを簡略化していきたいと考えている。そして、この 15ヶ月の間に、とても迅速なイノベーションが生じている。すでに、このプロジェクトには 440人以上のコントリビューターがいるが、Red Hat や Google からも、たくさんのコントリビューションを受けている。つまり、急激な変化が、あちらこちらで、現在進行形で起こっている状況にある」と発言している。

Jay Lyman, senior analyst at 451 Research, said that “enterprise organizations are seeking and sometimes struggling to make applications and workloads more portable and distributed in an effective, standardized and repeatable way.  Just as GitHub stimulated collaboration and innovation by making source code shareable, Docker Hub, Official Repos and commercial support are helping enterprises to answer this challenge by improving the way they package, deploy and manage applications.”

451 Research の Senior Analyst である Jay Lyman は、「 エンタープライズたちは、アプリケーションやワークロードの移植性を高め、また、効果的かつ標準的な方法で繰り返して配布したいと考えているが、とても苦労しているという側面もある。GitHub でソースコードを共有することで、コラボレーションとイノベーションが刺激されたように、Docker Hub および、Official Repos、商用サポートにより、アプリケーションの Package/Deploy/Manage の方式が改善され、この課題に取り組むエンタープライスの支援が促進されている 」と述べている

ーーーーー

絶好調の Docker ですが、これ程の実績を、すでに残しているとは知りませんでした。 そして Docker の良いところは、VM だけではなく Bare-Metal にも対応している点であり、すでに、その方向へと舵を切り始めている SoftLayer  RackSpace などを、側面から強力にサポートしていくはずです。 AWS の大きな功績により、マーケットが開拓され、ビジネス・モデルが確立してきたクラウドですが、そろそろ第二幕が始まりそうで、とてもワクワクしています。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる

Comments Off on Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

AWS re:Invent を、Kinvey の ワン・ストップ Hub から俯瞰する

Posted in Amazon, Events by Agile Cat on November 18, 2013

The Hub for All AWS re:Invent Related Content
http://wp.me/pwo1E-6UX
Tuesday Nov 12, 2013 –
Kelly Rice
http://www.kinvey.com/blog/3441/the-hub-for-all-aws-reinvent-related-content

_ Kinvey

We’re excited to share with you our “AWS re:Invent Hub,” a one-stop-shop for all things re:Invent 2013.

ワン・ストップで re:Invent 2013 のすべてを紹介する、“AWS re:Invent Hub” が出来上がったので共有したい。

AWS re:Invent has quickly become a must-attend event for those interested in cloud computing, devops and web/mobile infrastructure. In just its second year running, it’s the talk of tech communities big and small. And with a lineup of speakers including the engineering teams at Netflix, Adobe, NASA and more, this year’s event is sure to be a big hit.

この AWS re:Invent だが、Cloud Computing/DevOps/Web/Mobile などのインフラに興味がある人々にとって、あっという間に欠かすことのできないイベントに成長した。 始まって、まだ 2年目であるが、あらゆるテック・コミュニティの話が満載だ。 そして、今年のスピーカーには、Netflix/Adobe/NASA などのエンジニアリング・チームも含まれ、大ヒット間違いなしというイベントになっている。

Seeing as there will be 175+ sessions, various keynotes, and an insane amount of tweets, videos and blog posts surrounding the event, it may be overwhelming for some to keep up with. That’s why we’ve decided to consolidate much of this content into one central location for all things re:Invent. Head on over to our “AWS re:Invent Hub,” powered by UberFlip, to stay on top of the most interesting and critical information from and about the popular event.

このイベントでは、さまざまなキーノートと、175 以上のセッションが提供され、また、ツイート/ビデオ/プログ・ポストといった膨大な情報が溢れているので、追いつくことができないと、諦めてしまいそうになる。 それこそ、一連のコンテントを一ヶ所に集める、この all things re:Invent を作ろうと思った理由である。 そして、UberFlip の力を借りて、この “AWS re:Invent Hub” を前面に押し出すことで、この人気のイベントにおける、最も興味深く、また、重要な情報を俯瞰できるようにしてみた。

↓ クリックで Facebook ページヘ ↓

_  space

If you’re lucky enough to be a re:Invent attendee, our Hub is chock-full of tips and tricks for navigating and making the most of it. If you’re missing out, our Hub can keep you informed on all the great stuff happening — so it will (almost) be like you’re there in person.

あなたが、ラッキーにも re:Invent に参加できたなら、そこで得られたヒントやトリックを最大限に活用するための情報の固まりとして、この Hub を利用できるだろう。また、参加できなかったなら、そこで生じた一連の事象を得るための Hub として利用できる。そして、その場にいたのと、ほとんど変わらないだけの、情報を引き出せるはずだ。

Head on over to our AWS re:Invent Hub for all the content you could want about Amazon’s event of the year.

さぁ、私たちの  AWS re:Invent Hub を利用して、今年の Amazon にイベントで、あなたが知りたいと思う情報にアクセスして欲しい。

ーーーーー

amazon-55aさすがは Kinvey さん! なんというか、至れり尽くせりの AWS re:Invent Hub です。 実は、ソウルで開催された Open Compute の Engineering Workshop に参加していたので、この re:Invent は気になりながらも、まったく追いかけきれないという状況でした。 ほんと、本文中でも指摘されているように、情報量も膨大であり、どこから見ればよいのかと、途方にくれていたので、この Kinvey Hub は大助かりなのです 🙂 image

ーーーーー

<関連>

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
Amazon AWS には、リージョン間で 200倍もの速度差があるって?
Amazon S3 の Object が、あっという間に2兆を超えた!
Amazon は Storage Gateway で オンプレミス を吸い上げる

Comments Off on AWS re:Invent を、Kinvey の ワン・ストップ Hub から俯瞰する

%d bloggers like this: