Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという、調査結果を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on March 30, 2016
The biggest challenge building a mobile app has nothing to do with how the app works
Eugene Kim – Feb. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/app-developers-most-challenged-by-marketing-2016-2
 
_ Business Insider
 
When it comes to mobile apps, developers are more concerned about the app’s marketing than the actual design or development sides of it.
 
モバイル・アプリの話だが、デベロッパーにとって最大の関心事が、実際の設計/開発といった側面よりも、アプリ・マーケティングに集約されていることが分かった。
 
biggest challenge for mobile app developers
BI Intelligence
 
This chart from BI Intelligence, based on a survey by mobile advertising firm InMobi, shows the biggest challenge app developers face in building a mobile app. Marketing turned out to be the single most challenging task, beating more performance-related things like design, development, and distribution.
 
モバイル・アド企業である InMobi の調査に基づきBI Intelligence が作成したチャートが、モバイルアプリを構築する上でデベロッパーたちが直面する、いくつかの問題を示している。そして、設計/開発/配布といったアプリのパフォーマンスに関連するものを抑えて、最も困難な作業としてマーケティングが突出していることが判明したのだ。
 
Within marketing, discoverability of the app was picked as the toughest problem, as nearly half of the survey respondents said they have trouble raising awareness for the app — not a big surprise, given there are millions of apps available in the mobile app market.
 
マーケティングにおける、最も困難なものとして、回答者の約半数が主張するのは、対象となるアプリを見つけ易くすることだという。つまり、自身のアプリの告知において問題を抱えているのだが、モバイル・アプリ・マーケットからダウンロードできる種類が、何百万とある現状を考えるなら、それは、大きな驚きではない。
 
SEE ALSO: This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales
 
ーーーーー
google-apple-app-numbersmobile_55アプリ分析企業である App Annie がリリースした、2014年のアップ・ストア・データによると、Google Play と Apple App Store に登録されているアプリ・タイトル数が、合計で 260万〜270万であることが分かります。 その勢いからすると、現時点では軽く 300万タイトルを超えているはずであり、その中で存在感を示すのが難しいという回答には、誰だって納得してしまいます。 その一方で、何をモバイルに求めるかにより、アプリの探し方も様々でしょうが、ユーザーの側だって大変といえば大変ですよね。新規のデベロッパーやアプリに対して、高いハードルを求めることには反対ですが、あまりにもダウンロード数が少なく、また、アップデートも行われていないようなアプリは、検索時にフィルタリングして欲しいとも思います。アップ・ストアの構造を改善していくことで、やる気のあるデベロッパーに、スポットライトが当たるようになると良いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone SE と 4-inch ファンの関係: 大ヒットの可能性を示す1枚のチャート!
iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? モバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
Android N の N は、Nutella の N : Chrome OS との統合は どうなる?
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという、調査結果を1枚のチャートで!

IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 20, 2015
Asia-Pacific Ahead of North America in Internet of Things Development: Report
Chris Burt – July 31, 2015
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/asia-pacific-ahead-of-north-america-in-internet-of-things-development-report
 
_ the whir
 
Developers are working on analytics and big data apps for the Internet of Things much more than connected devices like home appliances and cars, according to a new report from Evans Data Corporation. The survey shows that IoT development is shifting rapidly to the cloud, and also offers several more surprising takeaways.
 
データの分析やビッグ・データ・アプリに取り組んでいる開発者たちは、家電製品や自動車などに接続されたデバイスというより、圧倒的に Internet of Things を意識していると、Evans Data Corporation の最新レポートが示している。さらに、このレポートは、IoT の開発が急速にクラウド・シフトし、また、いくつかの驚くべき展開を提示するとも述べている。
 
Among the 578 developers surveyed, 37.9 percent of apps are currently being developed in the cloud. Within the next year, that number will rise to 49.6 percent, and 94.5 percent have plans to build IoT apps in the cloud at some point.
 
調査の対象となった 578人の開発者のうち、現時点でクラウド上で開発していると答えたのは 37.9% にも昇る。なお、その数字は、来年には 49.6% に上昇するとされるが、クラウド上での IoT アプリ構築を、どこかの時点で計画しているというケースが 94.5% に達している。
 
IoT-Global-Dev-2015 06Most IoT developers (79 percent) spend a quarter of their time or more on analytics and databases, while 42 percent focus on big data. Fifty-five percent connect to devices primarily through the cloud, versus only 32 percent using a hub or middle tier.
 
大半の IoT 開発者 (79%) は、自身に与えられた時間の 1/4 以上を、分析とデータベースに費やしており、また、42% がビッグ・データフォーカスしている。そして、55% の開発者は、IoT に関するデバイスを、クラウドを介して接続していると答え、また、32% の開発者は、ハブもしくは中間層を用いていると答えている。
 
IoT development is split regionally, but not exactly in the traditional way of Internet development, as developers in the Asia-Pacific region are most likely to be working on IoT projects (26 percent), ahead of North America (23 percent), which is closely followed by South America (22 percent) while the EMEA region lags at 17 percent.
 
従来からのインターネットに関連する開発とは別に、IoT に関する開発を、地域ごとに調べてみた。そうしたところ、Asia-Pacific のデベロッパーが、最も高い比率で IoT プロジェクト (26%) に関わっていた。その後に、North America (23%)、South America (22%)、EMEA (17%) が続いている。
 
The devices receiving the most attention from developers are workplace tools, which are the focus of 15.8 percent of all IoT app development, as opposed to home appliances and connected cars, which are being worked on by only 6.1 and 4.9 percent of developers, respectively. Similarly, commercial ISV applications and custom apps for system integrators and value-added resellers are the most common type of app in development, at 36.5 and 31.8 percent respectively, followed by enterprise apps at 18.3 percent.
 
そして、開発者たちが最も注目しているデバイスは Workplace Tools であり、すべての IoT アプリ開発の 15.8% という結果であった。それとは対照的に、家電や自動車に関連するデバイスは、それぞれが 6.1% と 6.4% というレベルに留まっている。同じように、開発中の最も一般的なアプリのタイプについても調べてみた。 その結果は、SI (system integrators) および VAR (value-added resellers) 向けの、商用 ISV アプリが 36.5% であり、カスタム・アプリが 31.8% というものであった。エンタプライズ・アプリに関しては、それに続く 18.3% というレベルであった。
 
Microsoft, which added real-time developer tools for big data and IoT to Azure last October, also provides the dominant platform for IoT development, as 94 percent use a version of Windows.
 
昨年 10月のことだが、Microsoft は Azure に Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールを追加している。 そして、IoT 開発における 94% がWindows を使用するというふうに、この分野における支配的なプラットフォームを提供している。
 
The top concern for 21.2 percent of developers is security, followed by technology exceeding demand for 15.8 percent. While security often appears near the top of lists of barriers and concerns relating to tech adoption, the notion that the demand may not support the industry’s IoT direction is likely a cause for concern, or at least further study, among companies working on it.
 
開発者にとって最大の懸念は、21.2% のセキュリティであり、また、15.8% が要求に耐え得るテクノロジーだと答えていた。採用するテクノロジーに関する障害と懸念のリストでは、多くのケースにおいてセキュリティが1位に登場している。ただし、製造業における IoT の方向性になると、そのような懸念は相対的に希薄なものとなる。 つまり、調査や研究のレベルというより、現実的な取り組みが進んでいるのであろう。
 
The Internet of Things and cloud computing are not just closely associated by developers. A Canonical survey from January showed that one third of enterprises say the IoT will be the biggest factor driving cloud adoption in the future.
 
開発者の観点からは、現時点における Internet of Things と Cloud Computing が、密接に関連付けられているとは言えないようだ。ただし、この1月から実施されている正式な調査では、その対象となった企業の 1/3 が、クラウドの採用を促進する最大の要因として、IoT の存在を指摘している
 
ーーーーー
IoTソースが Evens Data の有償レポートであり、ちょっと意味が分かりにくいところが有りますが、APAC における IoT 開発は順調に進んでいるようですね。 そして、驚いたのが、開発プラットフォームとしての、Microsoft Azure の頑張りです。 文中にもあるように、Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールの存在が大きいのでしょう。 なかなか面白そうな展開です! こんな感じのレポートが、たくさん出てくると良いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!

Comments Off on IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, WhatsApp by agilecat.cloud on March 25, 2015
Facebook Messenger Opened to Third-Party Developers
David Curry  – Mar 23, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/43336/20150323/facebook-messenger-opened-third-party-developers.htm
 
_China Topix
 
Facebook is looking to branch out Messenger’s reach to third-parties, allowing developers to create apps on top of the messaging platform.
 
Facebook はサード・パーティへと向けて、Messanger を分岐させようとしている。つまり、このメッセージング・プラットフォーム上で、デベロッパーたちによるアプリ開発が可能になるのだ。
 
Facebook MessengerKārlis Dambrāns
Flickr
 
It will announce the new integration at the F8 Developer Conference in San Francisco next week. Facebook CEO Mark Zuckerberg will deliver the keynote and show the 20 apps developed on top of Messenger.
 
この、新しいインテグレーションは、来週の San Francisco next で開催される、F8 Developer Conference で発表される。そして、Facebook CEO の Mark Zuckerberg が登壇するキーノートで、Messenger 上に開発された 20種類のアプリがお披露目されるだろう。
 
These apps could offer games, navigation or even music sharing. Facebook recently launched a payments service on Messenger allowing users to pay friends. Expect most of the new apps launched at F8 to feature similar functionality to the payments service.
 
それらのアプリにより、ゲームやナビゲーションが共有され、また、ミュージック・シェアまでが実現されるという。先日に Facebook が立ち上げた、Messenger 上の Payment アプリにより、トモダチ間での支払いサービスも開始されている。そして F8 では、この Payment サービスのような機能を持つ、新しいアプリの発表が期待されている。
 
Facebook Messenger has grown into its own platform following the decision by the social network to remove messaging from its main mobile app. This was initially hit with anger by the Facebook community but it now sports 500 million active monthly users.
 
この Messenger は、メインの Facebook モバイル・アプリから外されるという、同社の判断に従って、独自のプラットフォームとして成長してきた。そのときには、Facebook コミュニティから反発を買ったが、いまでは 5億の MAU (Monthly Active Users) をサポートする存在へと至っている。
 
Creating a platform for developers to create new experiences is similar to WeChat or LINE in Asia. Both started out as messaging services but now offer payments, movies and even groceries shopping.
 
この、新たなエクスペリエンスを作り出す、デベロッパーのためのプラットフォームの開発は、Asia の WeChat や LINE の戦略に似ている。どちらも、メッセージング・サービスとしてスタートしているが、いまでは支払/映画/食品のサービスを提供するまで成長している。
 
The acquisition of TheFind earlier this month gives Facebook the technology to implement a sort of social shopping service through its Messenger app. It’s not clear if any of the 20 apps to be announced at F8 will be developed by Facebook or its subsidiaries.
 
今月の初めに実現した TheFind の買収により、Messenger アプリを介したソーシャル・ショッピングという、新しいサービスを実装するためのテクノロジーを、Facebook は手にしている。F8 でアナウンスされる 20種類のアプリの中で、どれらかのものが Facebook あるいは子会社から提供されるかどうかは、現時点で明らかになっていない。
 
Facebook is looking for ways to make its Messenger app less about messaging and more about quick time social interactions. This will move it away from WhatsApp — Facebook’s other messaging service — which is primarily about quick communication.
 
Facebook が、この Messenger アプリにより実現しようとしているのは。メッセージのための機能となるが、ソーシャルにおけるインタラクションを促進するものにもなる。それにより、Facebook において迅速なコミュニケーションを実現する、WhatsApp との差別化も用意になるだろう。
 
ーーーーー
facebookFacebook が WhatsApp を買収したとき、この Messenger アプリの未来が気になりましたが、着実に修正を重ねることで、とても好ましい循環が生まれてきたのでしょう。 それにしても、5億 MAU というのはスゴイですね。 どこかで、先進国のための Messenger と、途上国のための WhatsApp というふうに、そのターゲットが差別化されていくと聞きましたが、この記事を訳していて、そのとおりになっていると感じました。 つまり、Messenger の場合は、潤沢なモバイル通信帯域幅を活用しながら、リッチなサービスを提供し、Facebook も利益を得ていくことになるのでしょう。そして WhatsApp はというと、Facebook Lite の組み合わせにより、未成熟なモバイル・ネットワークしか持ち得ない、途上国の環境でも上手く機能していくのでしょう。 いまは、利益の回収よりも、MAU の拡大のほうが重要というわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
 

Comments Off on Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Comments Off on Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 9, 2014

Facebook Is Seeing More And More App Developers Go Android-First
http://wp.me/pwo1E-85q
Jim Edwards – Nov. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-sees-android-first-app-developer-trend-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook is seeing a trend in Europe of app developers going "Android-first."

Facebook は、ヨーロッパにおけるアプリ開発者の、Android-First へと移りゆく動向を注視している。

That’s significant because for years, Apple’s iOS operating system for iPhone and iPad has been the preferred first stop for any company launching an app. If an app succeeds on iOS, then only later will a company think about making a version for Android. Often months or years later, and sometimes never.

それが、大きな意味を持つのは、この数年にわたり iPhone と iPad で走る Apple の iOS が、あらたなアプリを立ち上げる、あらゆる企業が最初に取り組むプラットフォームとして、不動の地位を維持し続けてきたからである。そして、対象となるアプリ が iOS 上で成功した後にのみ、デベロッパーたちは Android バージョンを考えるというのが常である。多くの場合、それらのアプリの iOS 版と Android 版には、数ヶ月から数年の時間差があり、時には iOS のみというケースもあった。

Stephan Ridgway
Flickr, CC

That’s why Android apps tend to look and feel a bit second-rate compared to the same apps on iPhone — they often are just that. The iOS/Android split is weird because globally 80% of users are on the Android system, yet iOS and its roughly 10% of users are the top priority for developers.

そこに、Android アプリののルック&フィールが、同じアプリの iPhone の二番煎じになりやすい理由があるのだ。そして、実際に、そのようなケースが多々ある。グローバル・ユーザーの 80% が Android システムを利用している一方で、およそ 10% という iOS のシェアが、開発者にとってトップ・プライオリティになっている。 それなのに、iOS と Android のアプリを切り分けるのは、ちょっと奇妙な選択となる。

So it would be dramatic for companies to reverse that trend.

つまり、トレンドが逆転するという、ドラマティックな展開もあり得るのだ。

Yet that is what Facebook is seeing among some companies in Europe, according to Facebook’s Europe, Middle East, and Africa platform director, Julien Codorniou. Developers are beginning to sense that because more people are Android users than Apple users, they’re losing money by working on the smaller iOS platform first, he told Business Insider UK.

しかし、Facebook はヨーロッパにおいて、いくつかの企業の動きを見続けていると、同社の Europe, Middle East, and Africa Platform Director である Julien Codorniou は Business Insider UK に述べている。そして、デベロッパーたちは気付き始めているのだ。Apple ユーザーよりも Android ユーザーの方が多数を占め、また、最初に規模の小さい iOS プラットフォームに対応することで、ビジネス・チャンスを失っていることに。

Historically, Apple has been the preferred platform. Apple’s higher-income users are often more lucrative targets for app advertisers and in-app payments and shopping. It’s also simpler for developers to use, Apple has only one version of iOS running at any one time (the newest one) and the vast majority of Apple users keep their devices updated to the newest version. Android, by contrast, is "fragmented" into several different versions across hundreds of different phones — and all those versions are a headache for developers who must make a separate app tailored for each one.

歴史的にみて、Apple は好ましいプラットフォームだと捉えられている。 Apple のユーザーは高所得者に偏っているため、広告/アプリ/ショッピングを展開する際に、ビジネスのターゲットに成りやすいのである。その一方で、デベロッパーにとっても、取り組みやすい環境となっている。つまり Apple は、常に最新の iOS バージョンのみをプッシュし、大半の Apple ユーザーは最新バージョンにアップデートされたデバイスを手にしている。それとは対照的に、Android は各種のスマホ上の、各種のバージョンとして「断片化」されている。 そして、それらのバージョンごとの、個別アプリを開発する必要性が、デベロッパーにとって頭痛の種となる。

Julien Cordoniou: "People look at the numbers. They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android."

But Codorniou told us Facebook has a team of evangelists encouraging Android developers to use Facebook as a way to build and promote their apps: "As of today, I have four guys from my team in Paris talking to Android developers about the greatness of Parse, Facebook login, app links, app events. It’s a very important bet for us."

しかし、Codorniou が言うには、デベロッパーたちが自身のアプリを構築し、プロモートするための手段として Facebook を活用するよう、Android の開発環境を支援するためのエバンジェリスト・チームがあるようだ。そして、 「現時点において、4人で構成されるチームが Paris にある。そして、Parse/Facebook LogIn/App Link/App Event の素晴らしさを、Android デベロッパーたちに説明している。 それは、私たちにとって、きわめて重要な賭けである」と、私たちに語ってくれた。

Wait, Android developers? Android-first, really?

なぜ、Android デベロッパーなのか? ほんとうに、Android-First を考えているのだろうか?

"People look at the numbers," he says. "They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android. Of course iOS is the better platform when it comes to monetization, but it’s easier to update your app on Android. There are many people on an Android phone. … The world you described [in which Apple is dominant] was true a year ago, but I see that things are changing."

彼は、「 開発者たちは、数字に注目している。彼らは、数多くのダウンロードとインストールを望んでいる。そして、Android におけるマネタイズが、iOS を捕まえかけていることを知っている。もちろん、マネタイズに関しては、iOS の方が優れたプラットフォームであるが、Android アプリのアップデートも簡単になっているのだ。周知のとおり、Android フォンには、膨大なユーザー数がある。あなた方が、Apple が支配する世界と説明してきたことは、1年前には本当だったが、物事が変化していることを、私は目にしている」と述べている。

"The vision we have with Parse and with the platform in general is to accelerate the time to market. It should not take you six months to develop from iOS to Android."

そして、「Parse と汎用プラットフォームを活用する、私たちのビジョンにより、出荷までの時間が大幅に短縮される。 iOS から Android に切り替わったとしても、その開発のために、6ヶ月も要することなど、あり得ないはずだ」と、彼は続ける。

"There is a pattern coming from Eastern Europe. The Russian developers develop on Android first because of a big audience, and it maybe being easier to develop. They liked the fact that they could submit a new version of the app every day. [With Apple, you have to get each new version of the app approved before it hits the App Store. There is no version-approval system for Android.] This is a trend that I see and I think it is going to accelerate."

最後に、「 Eastern Europe で生まれた、開発のパターンがある。それは、Russian のデベロッパーたちの進め方であり、多数のユーザーがいる Android の優先順位を上げるが、おそらく容易な開発を実現している。彼らは、新しいバージョンのアプリを、毎日のようにサブミットできる状況を好んでいる。Apple の場合には、App Store に出す前に、それぞれのバージョンについて承認を得なければならない。 しかし、Android では、バージョンに関する承認の仕組みは存在しない。そこに、Android が加速している要因があると、私は見ている」と、彼は述べていた。

Do you work at an app developer that switched to go Android first? Contact Business Insider UK at jedwards@businessinsider.com to tell us your story.

ーーーーー

途上国マーケットを支援するための Internet.org を作り、貧しい人々のためにインターネット環境を整備しようとしている Facebook にとって、Android ファーストへの転換は、きわめて整合性の高い戦略となるはずです。 とは言え、Apple 自体に対してはまだしも、iOS エコシステムを構成するデベロッパーには、気遣うことになりそうですね。 また、Facebook の収益の 66% が、モバイル広告からもたらされていることを考えれば、いずれは Android ファーストになっていくのでしょう。 問題は、そのタイミングですが、いつ頃なのでしょうか? とても気になりますね。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% はモバイルから!
FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

Comments Off on iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Mobile App の調査:厄介なエンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れるデベロッパーたち

Posted in DevOps, Mobile, On Monday, Post-PC by Agile Cat on December 1, 2014

Enterprise Mobile App Development: Complexity and a Skills Gap are Roadblocking App Development
http://wp.me/pwo1E-844
By Dick Weisinger – Nov 28, 2014
http://formtek.com/blog/enterprise-mobile-app-development-complexity-and-a-skills-gap-are-roadblocking-app-development/

The mobile enterprise business application market is expected to reach $61 billion by 2018, says Strategy Analytics.  In 2013, 900,000 mobile app developers were targeting the enterprise app market, and a survey by  VisionMobile found that only 15 percent of app developers are targeting the enterprise.

Strategy Analytics の予測によると、モバイル・エンタープライズにおけるビジネス・アプリケーションの市場は、2018年までに $61 billion に達するようだ。また、2013年には 90万のモバイル・アプリ開発者が、エンタープライズ・アプリ市場をターゲットにしていたが、VisionMobile の調査によると、アプリ開発者のうちエンタープライズをターゲットにしているのは、全体の僅か 15% に過ぎないことが分かった。

While enterprises are spending increasing amounts of money in developing mobile apps, independent mobile app developers have been shunning those projects, preferring to work instead on consumer apps where they can typically make more money.  Consumers are much more inclined to download apps and to pay for ones they view as useful, although that’s becoming increasingly difficult as Gartner predicts that nearly 95 percent of consumer apps in 2018 will be free to download.

エンタープライズはモバイル・アプリ開発における予算を増額しているのだが、独立系のモバイル・アプリのデベロッパーたちは、それらのプロジェクトを避けて、もっと稼げるコンシューマ・アプリを好んで開発しているのだ。 その一方で、コンシューマ・ユーザーは、まずはアプリをダウンロードし、自身にとって有用と思えるものには、対価を支払うという方向へ傾き始めている。しかし、Gartner が指摘するように、2018年におけるコンシューマ・アプリの 95% 前後は、無料ダウンロードになると予測されるため、その門は次第に狭くなっていく。

Enterprise mobile apps have become a pain point for many businesses.  Paulo Rosado, CEO of OutSystems, said that ”it’s clear that organizations are struggling to deal with a deluge of mobile app requests, with multiple platforms to support, hundreds of change requests and complex back-end integrations.  To make matters worse, as demand for mobile app developers grows, companies will continue to have a challenge hiring developers. Not only will they be increasingly hard to find, they will also be increasingly expensive.”

エンタープライズにおけるモバイル・アプリは、多くの企業にとって、痛みを伴うものになっている。 OutSystems の CEO である Paulo Rosado は、「 明らかなことは、それらの組織が、モバイル・アプリの要求という大洪水に対処するために、とても苦慮していることだ。つまり、マルチ・プラットフォームのサポートや、膨大な変更の要求、そして複雑なバックエンドの統合などが山積みとなっている。最悪のシナリオは、モバイル・アプリ開発者への需要が高まるにつれて、それらの企業が、デベロッパーを雇用しようと動き始めてしまうことだ。そうなると、デベロッパーを探し難くするだけではなく、コストの高騰を引き起こすだろう」と述べている

A survey on mobile app development by OutSystems found that:

OutSystems による、モバイル・アプリ開発者の調査からは、以下のような論点が読み取れる:

  • The average length of time to develop a mobile app is between three and twelve months
  • 63 percent of enterprises have 11 to 25 percent of their mobile app developer positions unfilled
  • モバイル・アプリ開発における平均的な期間は、2ヶ月〜3ヶ月である
  • エンタープライズの 63% が、モバイル・アプリ・デベロッパーの確保において、11%〜25% の不足を訴えている

ーーーーー

11/27 の Statista に、PC Outlooks Remains Grim Despite Tablet Slowdown という記事とチャートが紹介されていました。緩やかに低下していく Laptop/Desktop に対するニーズを、Tablet が補ってきますが、スマホのような爆発力があるかというと、そこまで盛り上がるマーケットではないようです。 そうなると、エンタープライズ・アプリのプラットフォームも、必然的にスマホへと集約されていくのでしょうが、まずは、小さなスクリーンに合わせたアプリの構造、多様化するスクリーン・サイズへの対応(特に Android)、そして、モバイル帯域の有効利用といった、問題を解決しなければなりません。ちょうど、いま、How Facebook Makes Mobile Work at Scale for All Phones, on All Screens, on All Networks と、Facebook Mobile Drops Pull For Push-based Snapshot + Delta Model という記事を訳しているのですが、同じような問題にエンタープライズも取り組まざるを得ないのでしょう。 来年が、Mobile BaaS の年になり、この辺りを吸収し始めてくれると良いですね。

ーーーーー

<関連>

Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?

Comments Off on Mobile App の調査:厄介なエンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れるデベロッパーたち

iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on August 3, 2014

The App Market Continues To Boom
http://wp.me/pwo1E-7Ix

Jay Yarow – May 28, 2014
http://www.businessinsider.com/the-app-market-continues-to-boom-2014-5

_ Business Insider

The market for apps is booming. According to the latest data from Distimo, via Ben Schachter at Macquarie Research, combined spending in Apple’s App Store and Google’s Play store, was up 83% year-over-year in April, hitting $1.4 billion.

アプリのマーケットは、依然として好調を維持している。 Macquarie Research の Ben Schachter を介して Distimo が提供する最新データによると、この 4月における Apple の App Store と Google Play の合計売上は、前年比で 83% の成長となり、$1.4 Billion に達しているという。

Chart via Statista

Statista
BusinessInsider

Right now, Apple takes 62% of the revenue, and Google takes 38%. However, Google is growing faster, up 166% year-over-year, versus Apple at 53%. This is a trend to watch. For years, Apple has been the best platform for developers despite a smaller user base. If this trend holds, then it will be even, which could hurt Apple’s app supremacy.

現時点において、Apple は売上が 62% となり、Google は 38% となっている。しかし、成長率となると、Google は前年比で 166% に達しており、Apple の 53% よりも勢いがある。これは、注目すべきトレンドである。この数年において、Apple はユーザー・ベースが小さいにもかかわらず、デベロッパーにとって最適なプラットフォームとされてきた。つまり、いまの傾向が継続していくなら、Apple のためのアプリ開発は最高だという通説が、覆される可能性もあるのだ。

ーーーーー

 この調子で伸び続けているなら、7月には $1.5 billion くらいに達しているのでしょうね。 $1=100円 で計算すると 1,500億円ですから、年間で考えれば、2兆円産業に育っている計算になります。 モバイルが流行りだしたころは、1本あたり 200円とか 300円のソフトウェアで、ほんとうに産業は成り立つのかと思っていましたが、そんな心配は余計なことだったようですね :)  そして、ここには中国勢が入っていないので、それらを加えると、さらに凄まじい成長を遂げていることになります。 さらに言えば、モバイル広告も絶好調であり、アップ・ストアの売上と並んで、エコシステムを成長させる原動力になっているのです。調べてみたら、最初の iPhone が登場してから、まだ 7年しか経っていないのです。 その頃は、アプリもアドもゼロだったわけですから、世界が一変したと言っても、過言ではないのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Comments Off on iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!

Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?

Posted in .Selected, DevOps, Research by Agile Cat on October 7, 2013

Software Developers: A Profile of the Modern-Day Developer
http://wp.me/pwo1E-6KQ

By Dick Weisinger, on October 2nd, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4063

_ formtek

Forrester Research recently looked at the types of projects and technologies that software developers are currently working on to get an idea about  which technologies are gaining traction and what kinds of applications we might expect in the near future.

最近の Forrester Research は、ソフトウェア開発者が現在の時点で取り組んでいる、プロジェクトやテクノロジーの種類に注目している。 それにより、勢いを増しているテクノロジーと、近い将来に望まれるアプリケーションの分類について、アイデアを得ようとしているのだ。

Somewhat surprisingly, the projects that the majority of developers surveyed are working are lagging industry trends.  Less than a quarter of all enterprise developers are developing for the cloud, and only about 30 percent of all developers have ever contributed to the development of a mobile app.  Part of the reason for the slow migration to these newer technologies is that businesses still need to keep their legacy apps running and just don’t have the bandwidth to take on new platforms.  The report found that compared to larger enterprises, small and mid-sized businesses are more likely to dabble with newer technologies like mobile (34 percent) and NoSQL (15 percent).

少し意外なのは、この調査の対象となった、大半のデベロッパーたちが取り組んでいる、それぞれのプロジェクトが業界のトレンドから遅れている点である。つまり、すべてのエンタープライズ開発者のうち、クラウドを開発しているという回答が 1/4 であり、また、これまでにモバイル・アプリを開発したことがあるという回答が 30% になっているのだ。それらの新しいテクノロジーへ向けた移行が遅れている理由として、依然としてエタープライズは、レガシー・アプリケーションの維持が必要であり、また、新しいプラットフォームに取り組むには、余力が不足しているという点が挙げられる。そして、このレポートは、大企業に比べて中小企業の方が、Mobile(34%)や NoSQL(15%)といった、新しいテクノロジーに手を出す可能性が高いとしている。

“read the trade press and you’d think that PCs and laptops have gone the way of the dodo, consigned to the dustbin of history by smartphones and tablets. Developers are certainly building more mobile apps than ever, but web applications and relational database applications are still a primary focus,” says the Forrester report. The report notes some characteristics of developers that have jumped to the cloud, finding them a bit of a different breed:

「 業界紙を読んで、PC や Laptop について考えれば、それらが絶滅への道を進んでいると思うだろう。 つまり、Smartphone や Tablet により、その歴史はお払い箱にされるのだ。 ただし、デベロッパーたちが、これまで以上にモバイル・アプリを構築していても、Web と RDB のアプリケーションが、依然として一番に優先されている」と、Forrester のレポートは述べている。そして、このレポートは、クラウドに飛び込んできたデベロッパーたちにには、いくつかの血統が見いだせると、その特徴について指摘している:

  • Cloud developers tend to be early adopters of technology in general. 19 percent of cloud developers use Windows 8, for example, compared to only 3 percent of non-cloud developers
  • Cloud developers tend to have more years of programming experience than non-cloud developers. 71 percent have been programming for at least six years and 11 percent have been programming for more than 20 years.
  • Cloud developers report greater job satisfaction. 64 percent feel that they are challenged every day while only 36 percent of non-cloud developers do.
  • 一般的に見て、クラウド開発者は、テクノロジーのアーリー・アダプターになるという傾向を持つ。たとえば、クラウド開発者の 19% が Windows 8 を使用しているが、その他の開発者となると、それは 3% のみとなる。
  • クラウド開発者は、その他の開発者と比べて、長年におよぶプログラミング・エクスペリエンスを有する傾向にある。そのうちの、71% は 6年以上の、また、11% は が 20年以上の、プログラミング経験を有している。
  • クラウド開発者は、その仕事の内容に満足している。毎日がチャレンジだと答えている、クラウド開発者は 64% に達するが、その他の開発者となると、36% にまで低下してしまう。

The Forrester report describes developers as follows:  ”Modern software developers are creative, learn socially, and generally enjoy being developers.  They’re creative professionals, not drones – and they’ll function better in co-located ‘feature teams’ of three to five people in a development shop with high transparency and a full understanding of the value business sponsors need them to deliver…  Most developers are intrinsically motivated. The way that developers view their craft adds fuel to the argument that writing software is more creative pursuit than algorithmic endeavor. We constantly speak with professionals who ‘are developers’ — they don’t just ‘develop software.’”

Forrester のレポートは、デベロッパーについて、以下のように説明している。「 一般的に見て、いまふうのソフトウェア・デベロッパーは、創造的であり、また、社会と上手く付き合い、開発者であることに喜びを見出している。 彼らは創造的なプロフェッショナルであり、怠け者ではない。 彼らは、3人~5人で構成される、役割を共有するチームの中で、高い透明性を持ちながら、上手く機能するだろう。 そして、ビジネスの主体(責任者)が持っている、その価値観を完全に理解し、それに応じたものを提供する。 ほとんどのデベロッパーは、本質的なレベルでモチベーションを有している。 デベロッパーが、自身の成果を評価する姿勢が、アルゴリズムへ向けた取り組みよりも、コードのライティングの方が、より創造的な探求であるという議論を促進している。 したがって、私たちは、デベロッパーであるプロフェッショナルとの対話を継続する。  彼らは、単にソフトウェアを開発してるのではないのだ 」

ーーーーー

TAG indexAgile_Catも、この2年ほど、OCDET に参加しており、デベロッパーの人たちと話をする機会に恵まれていますが、そう言えば、みなさん、この Forrester のレポートに書かれているように、とても強いモチベーションを持っているように思えます。 そして、そのベースにあるのが、オープンソースがもたらす広大で安定したエコシステムだと思えるのです。以前に、『 OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする 』という抄訳をポストしましたが、そこには、プロプライエタリにもオープンソースが取り込まれ、スキルのハイブリッド化が進むと書かれています。それそれの開発者の、それぞれの気持ちの話なので、傍から言及するのもおこがましいのですが、とても良い方向へ向かっていると感じます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
アメリカの職場 : 従業員の 29% が仕事中に Facebook を使っている!
アメリカの職場 : Facebook 禁止は 20% に過ぎない!

Comments Off on Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?

%d bloggers like this: