Agile Cat — in the cloud

PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Posted in .Selected, PaaS, Research by Agile Cat on December 16, 2013

Platform as a Service (PaaS): One way to Cut Infrastructure Costs and Speed Application Development
http://wp.me/pwo1E-71R

By Dick Weisinger – December 11th, 2013
http://formtek.com/blog/platform-as-a-service-paas-one-way-to-cut-infrastructure-costs-and-speed-application-development/

_ FormTek

The public platform-as a service (PaaS) market is expected to double in the next four years, according to research by IDC.

IDC の調査によると、パブリック PaaS(Platform as a Service)市場は、これからの 4年間で 2倍に増大するようだ

PaaS cloud-based provider services include a base computing stack of components, that include the hardware, operating systems, storage, and network capacity. The consumer is responsible for deploying and configuring the software on the PaaS-provided stack.

PaaS クラウドをベースとするプロバイダのサービスには、ハードウェア/オペレーティング・システム/ストレージ/ネットワークといった、いくつかのコンポーネントをベースにした、コンピューティング·スタックが取り込まれている。 そして、利用者は、対象となる PaaS が提供のスタック上に、ソフトウェアをディプロイし、コンフィグレーションしていく。

David Linthicum notes that the line between infrastructure-as a service and PaaS is rapidly blurring.   “PaaS isn’t much good unless you have the infrastructure to support the resulting applications, and IaaS doesn’t really help unless you have the ability to create solutions that run on the infrastructure. PaaS must have infrastructure, and infrastructure must have PaaS.”

David Linthicum は、IaaS(Infrastructure as a Service)と PaaS を識別するラインが、最近になって急速にぼやけてきたことを指摘している。 そして、「あなたが、結果としてのアプリケーションをサポートする、インフラを持っていない限り、PaaS は優れたものにならないだろう。 また、インフラ上で稼働するソリューションを、作り出す能力を持っていない限り、IaaS は本当の助けにならない。つまり、PaaS はインフラを持つ必要があり、インフラ PaaS を持つ必要がある」 と続けている。

IDC forecasts that the global PaaS market will grow from $3.8 billion in 2012 to more than $14 billion by 2017.  Companies see PaaS as a tool for them to cut their infrastructure costs and to speed application development.

IDC の予測によると、グローバル PaaS 市場は、2012年の $3.8 billion から、2017年の $14 billion へと成長していくようだ。そして、いくつかの企業は、そのインフラ・コストを削減し、アプリケーション開発をスピードアップするための、ツールとして PaaS を認識している。

The IDC reports some of the drivers for the rapid growth of PaaS include:

IDC のレポートには、PaaS の成長を加速させる要素として、以下の項目が取り込まれている:

  • Need for real-time interactions with customers and partners
  • Industry-specific requirements like healthcare reform and fiscal reform by governments
  • Increasingly more advanced types of data management applications
  • カスタマーやパートナーとの、リアルタイム・インタラクションに関するニーズ
  • 行政によるヘルスケアや財政の改善にも似た、産業界における要望
  • より先進的な、データ管理アプリケーションの増大

IDC recognizes the following sub-markets within the PaaS category of services:

また、IDC は、PaaS カテゴリ内のサブ・カテゴリとして、以下の各項目を認識している:

  • Application platform-as-a-service
  • Database platform-as-a-service
  • Integration platform-as-a-service
  • Business process management platform-as-a-service
  • Cloud testing and other platform-as-a-service

The report comments about future trends for application developers that “one of the biggest unknowns related to public PaaS is its potential impact on IT staff. Because public PaaS improves developer productivity by a factor of two or more, what happens to the developer workforce? Do enterprises make more use of IT or elect to take some or all of the benefit in terms of reducing the developer workforce? The answer lies somewhere in the middle.”

このレポートは、アプリ開発者に対する、これからのトレンドに関して、「 パブリック PaaS に関連する最大級の未知数として、情シス担当者への潜在的な影響力がある。なぜなら、パブリック PaaS により、開発者の生産性が何倍にも向上する可能性があるため、どのような影響が、労働力としての開発者に生じるのか、その辺りが分からないのだ。つまり、エンタープライズは、情シスの更なる活用を見つけ出すのか? それとも、開発者の労働力を削減するという観点で、一定あるい全体的なメリットを得ようとするのだろうか? その答えは、両者の中間に位置している 」と、コメントしている。

ーーーーー

research_55この 6月のことですが、『 Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す 』と『 Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線 』という抄訳を、立て続けにポストしましたが、PaaS のキー・コンポーネントとして、MBaaS の存在が挙げられるのかもしれませんね。 そして、『 SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由 』などを読むと、それらとは異なるスタックでの、コンポーネントの共有も進むのかと、いろんなことを想像してしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!
Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Microsoft も Azure で MBaaS : Custom API をクリックするだけ!
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?

iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす

Posted in .Selected, Apple, Entertainment by Agile Cat on August 16, 2011

iCloud: It’s not the cloud, but it’s good for the cloud
By David Linthicum | August 11, 2011
Apple’s iCloud could help give cloud computing a good rep that encourages true cloud adoption
http://www.infoworld.com/d/cloud-computing/icloud-its-not-the-cloud-its-good-the-cloud-169434

image

Apple’s iCloud is coming this fall, and I agree with with my InfoWorld colleague Galen Gruman that we should not be afraid of iCloud. However, this synchronization service could be delivered to an audience that has yet to understand what cloud computing is, let alone know if they should accept it into their homes and offices.

Apple の iCloud が、この秋に登場する。そして、iCloud のことを心配すべきではないという、InfoWorld の同僚である Galen Gruman に、私は同意する。 しかし、この同期サービスは、家庭やオフィスに受け入れるべきかどうかに関係なく、クラウド・コンピューティングの何たるかを理解していない人々に対しても、配信されていくだろう。

imageA recent survey from the NDP Group found that just 22 percent of consumers are familiar with the term “cloud computing.” The survey discovered some differences between cloud-savvy versus nonsavvy (NDP’s categories) consumers. For example, 84 percent of respondents familiar with the concept use cloud-based email, whereas 68 percent who are not familiar with the term nonetheless have their email in the cloud — they just didn’t think of it as the cloud.

NDP Group が最近に実施した調査では、用語としての「クラウド・コンピューティング」に精通している消費者は、22% に過ぎないとされている。 その調査では、クラウドを知っている人と、知らない人の間に、いくつかの相違点があることも発見された。 たとえば、クラウド・ベースの電子メールに、84% の消費者が精通してると回答しているにもかかわらず、同じ消費者の 68% が、その用語に精通していない。 つまり、彼らは、それをクラウドだとは認識していないのだ。

Moreover, Apple’s iCloud is a different type of cloud computing that focuses more on keeping information synced across endpoint devices such as iPhones, iPads, Apple TVs, and Macs. The data stored at Apple’s iCloud data center is essentially temporary, for managing syncing and backups. By contrast, most clouds are about moving the processing and data from local devices into Internet-based servers and resources, thus raising an additional question: Is iCloud a good representation of cloud computing?

さらに言えば、 Apple の iCloud は異なるタイプのクラウド・コンピューティングであり、iPhone/iPad/Apple TV/Mac といった、より多くのエンドポイント・デバイスをまたいで、情報を同期させることにフォーカスしている。Apple iCloud データセンターにストアされるデータは、同期とバックアップを管理するための、本質的にはテンポラリなものとなっている。それとは対照的に、大半のクラウドでは、ローカルのデバイスから、インターネット・ベースのサーバーとリソースへと、プロセシングとデータが移動していく。したがって、iCloud が、クラウド・コンピューティングの代表で良いのだろうかという、余計な疑問が湧き上がってしまう。

_ AppleI believe that most people who use iCloud won’t understand cloud computing, even after they use it — and that’s OK. Instead, iCloud will be the typical offering from Apple: one that’s so turnkey and user-friendly that consumers never see most of its underlying complexities. All they know is that their data magically syncs among devices, and they don’t care whether it’s via cloud computing or carrier pigeons.

iCloud を利用する大半の人々は、それを使い始めた後であっても、クラウド・コンピューティングのことを理解しないだろう。 私は、そう信じるが、それで OK である。 その代わりに iCloud は、Apple らしいプレゼントを用意している。 それは簡単であり、また、ユーザー・フレンドリーであり、基礎をなす複雑なものを、消費者が見ないで済むものだ。 彼らが知るべきは、デバイス間でのデータ同期が、魔法のように行われることであり、それがクラウドを経由しようが、伝書バトに運ばれようが、そんなことは関係ない。

For those who equate iCloud with cloud computing, that could cause confusion. But generally speaking, iCloud will provide good PR for cloud computing and drive more acceptance into enterprises through the users, as is the increasing case in today’s world of consumerized IT. Apple’s iCloud won’t be as scary as Amazon Web Services or even Microsoft’s Office 365, which are very different beasts.

iCloud とクラウド・コンピューティングを、同等に考えようとする人々は、混乱をきたす可能性がある。 しかし、一般的に言うと、iCloud はクラウド・コンピューティングを上手に PR している。そして、それらのユーザーを介して、エンタープライズでの受け入れも加速させるだろう。それは、いま風のコンシューマ IT の世界で、増加している現象に似ている。Apple の iCloud は、Amazon Web Services や Microsoft Office 365 のように、恐しいものではない。それらが持つ獣性は、iCloud には無いのだ。

Those who work the world of cloud computing have a tendency to look down their nose at iCloud and other consumer-oriented services that are beginning to emerge. Many call them “cloud with training wheels.” Fine, but dismissing them is shortsighted. After all, they will become an important part of the journey toward the use of cloud computing technology.

クラウド・コンピューティングの世界に従事する人々は、湧き上がってきた iCloud などの消費者指向サービスを、鼻であしらう傾向にある。 そして、多く人が「補助輪を持ったクラウド」と蔑む。 それで良いのだろうが、否定するのは近視眼的である。 結局のところ、それらは、クラウド・コンピューティング・テクノロジーの活用へと向かう旅の、重要な部分になるのだから。

This article, “iCloud: It’s not the cloud, but it’s good for the cloud,” originally appeared at InfoWorld.com. Read more of David Linthicum’s Cloud Computing blog and track the latest developments in cloud computing at InfoWorld.com. For the latest business technology news, follow InfoWorld.com on Twitter.

ーーーーー

いやぁ~~~ 良い記事ですねぇ 🙂  訳していて、心が洗われる気分です。ほかに言うことなしです。 あるとすれば、、、、ですが、以下のリンクの先頭にある、「分散ストレージと同期により、クラウドの常識を打ち破る」だけは、ぜひ、お読みくださ~い! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple iCloud – 分散ストレージと同期により、クラウドの常識を打ち破る
Apple iCloud と iTunes Music Match の大成功を予測する調査結果
Apple iCloud ストレージを、Amazon, Google, Microsoft と詳細比較する
Apple は iCloud を加速させるために、Amazon と Microsoft を利用するのか?
Apple WWDC 2011 速報 – Gizmodo の meta liveblog を抄訳
Steve Jobs が登壇し iCloud を語る – Apple WWDC 2011 情報

Comments Off on iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす

%d bloggers like this: