Agile Cat — in the cloud

Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している

Posted in Security, Privacy, On Monday by agilecat.cloud on July 25, 2016
Shadow IT Risk: 30x Increase in Third-Party Apps Used on Enterprise Networks
Dick Weisinger – July 20th, 2016
http://formtek.com/blog/shadow-it-risk-30x-increase-in-third-party-apps-used-on-enterprise-networks/
 
_ formtek
The risks associated with shadow IT have exploded in size over the last couple of years.  A survey of ten million users with personal devices connected to enterprise systems found nearly 160,000 different apps being used, a 30 times increase over the number of apps found to be used in 2014.  The average number of apps used at any one enterprise among all companies surveyed was 733.  More than a quarter of those apps were classified as high risk and 58 percent as medium risk.
 
この数年間において、シャドウ IT に関連するリスクが、爆発的に高まっている。エンタープライズ・システムに接続された、パーソナル・デバイスを所有する、1000万人のユーザーに対する調査では、約 16万種類のアプリが使用されるという状況が明らかになっている。それは、2014年の時点で使用されていたアプリと比べて、30倍に達する値である。また、今回の調査の対象となった企業で、日常的に使用されているシャドウ・アプリの数は、平均で 773 であったという。その中で、高リスクだと分類されるアプリは 25% に達し、中リスクとしてされるものは 58% に達したという。
 
Dali_5The report was conducted by the company CloudLock and used a risk evaluation metric called Cloud Application Risk Index (CARI). Each app was scored on factors like community trust ratings, past breaches, and application threat intelligence.
 
このレポートは、CloudLock から提供されたものであり、また、リスクを評価するために、Cloud Application Risk Index (CARI) という指標が用いられている。
 
それぞれのアプリは、コミュニティにおける信頼や、過去における侵害行為、そして、脅威に対するインテリジェンスといった、要因を用いて評価されている。
 
Interestingly, while healthcare has seen a spike in recently reported breaches, that industry reported the lowest number of third party apps connecting to the network (138 on average), while industries like retail and manufacturing had more than 2000 different apps having access to the network.  The report found that “in industries with more tech-savvy users, applications are abundant and increasing in use at faster rates.”
 
興味深いことに、このところ侵害の報告が絶えないヘルスケア業界では、そのネットワークに接続されるサードパーティ・アプリが、最低数(平均で 138)だったと報告されている。その一方で、小売業や製造業などでは、そのネットワークにアクセスするサードパーティ・アプリが、2000種類以上に昇ったとされる。このレポートは、「テクノロジーに精通したユーザーが多い業界ほど、サードパーティ・アプリが豊富であり、また、その数も急速に増大している」と述べている。
 
Kaya Firat, CloudLock director of customer insights and analytics, said that “the shift to the cloud creates a new, virtual security perimeter that includes third-party apps granted access to corporate systems.  Today, most employees leverage a wide variety of apps to get their jobs done efficiently, unwittingly exposing corporate data and systems to malware and the possibility of data theft.”
 
CloudLock の Director of Customer Insights and Analytics である Kaya Firat は、「クラウドへの移行が、仮想的なセキュリティ境界線を生み出し、企業のシステムへのアクセスできるサードパーティ・アプリを、その中に取り込んでいる。現時点において、ほとんどの従業員が、自身の作業を効率よくこなすために、多様なアプリを活用している。それらが、知らず知らずのうちに、企業のデータおよびシステムを露出させ、マルウェアなどによるデータ侵害の可能性を高めている」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayセキュリティの境界線を守ることは、もちろん重要なことですが、それだけでは、すでに対処できない状況に至っていることが、この調査の結果から読み取れます。先日に、「サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータをチャートで!」という抄訳をポストしましたが、大半の企業が、そのような実態を把握しているとも推測できます。つまり、シャドウ IT だけを厳しく制限しても、万全のセキュリティ対策が整うというわけでもないのでしょう。その一方で、シャドウ IT は個人の生産性を高めることで、企業の生産性も高めるという、プラスの側面も持っているのです。なにやら、セキュリティのポリシーとソリューションが、曲がり角に差し掛かっているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
 

Comments Off on Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on May 13, 2016
Microsoft cloud growth slowed this quarter, but no cause for panic yet
Matt Rosoff – Apr. 21, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-cloud-run-rate-by-quarter-2016-4
 
_ Business Insider
 
In yesterday’s earnings report, Microsoft noted that the company was at a $10 billion annualized “run rate” for its cloud businesses. That’s only a $600 million gain, or 6%, from the last quarter.
 
昨日 (4/20) の収支報告レポートにおいて、クラウド・ビジネスの年間 Run Rate が $10 billion に達したと、Microsoft は述べている。ただし、その伸び率は 2015 Q4 と比較して 6% であり、また、上げ幅は $600 million に過ぎない。
 
microsoft_cloud
Statista
 
That may seem like a problem at first glance, given that Microsoft is betting so heavily on cloud customers to make up for slowing software sales. But in fact Microsoft’s cloud run rate grows in fits and starts, and is timed with its traditional enterprise sales cycle. Typically, large organizations sign and renew their big licensing deals with Microsoft in the December quarter (the end of many companies’ fiscal year) and June quarter (the end of Microsoft’s fiscal year, where managers are under the greatest pressure to close deals before the year ends). So, as this chart from Statista shows, the September 2015 quarter also showed slow growth, but it picked up at the end of the year.
 
Microsoft が、クラウド・マーケットに大きく投資し、減速しているソフトウェア販売を補完していることを前提にすると、この成長率は問題だと思えるかもしれない。しかし、Microsoft のクラウド Run Rate には、従来からのエンタープライズ・セールス・サイクルと同期するというムラがあるのだ。 その典型として、12月で閉まる Q4(会計年度末となる企業が多い)において、多くの大手企業が Microsoft と契約を交わし、また、既存の契約を更新している。また、6月で閉まる Q2 は、Microsoft における会計年度の締めであり、同社のマネージャーたちに大きなプレッシャーが掛かることになる。したがって、この Statista のチャートは、2015年 Q3 の成長が低く、その分が Q4 に寄せられるという状況を示している。
 
If the number stays low next quarter, though, that could signal a problem.
 
したがって、次の四半期である 2016年 Q2 が低調にあると、問題が生じたというシグナルになる。
 
That said, “run rate” is a pretty loose measurement — it’s supposed to measure the amount of money Microsoft is collecting from cloud contracts right now, if the value of those contracts are extrapolated out to twelve months. But it depends on things like the duration you’re measuring and the nature of the contracts signed.
 
たしかに、Run Rate は、かなり緩い基準である。このチャートにおける売上は、クラウド契約から得られた収益を集めたものであるが、その契約に記された金額が、12ヶ月間におよぶことを前提としている。ただし、それは、契約の期間と性質といったものに依存した、測定の方式でもあるのだ。
 
ーーーーー
MSおそらく、Agile Cat としては初めてとなる、Microsoft のクラウド売上予測です。冒頭で指摘されていますが、このチャートは Run Rate による年間の売上を、四半期ごとの予測値で示すものです。Agile Cat も、この Run Rate について調べてみましたが、ひとことで言うと、2016年 Q1 の成長率から年か売上を推測すると、$10 billion に至るというものです。ちなみに、2016年 Q1 の AWS は US$2.56 なので、その差が縮まっている感じがしますが、Microsoft のクラウド売上には、Offce 365 などが含まれるため、AWS と Azure の比較というものにはなりません。それにしても、大まかなところで、両社の規模感が分かりますよね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
 

Comments Off on Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Posted in .Selected, Asia, Research by agilecat.cloud on April 22, 2016
APAC public cloud spend to hit US$15B
Eileen Yu – February 3, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-public-cloud-spend-to-hit-us15b/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region, excluding Japan, is expected to spend US$15 billion on public cloud services in 2019, clocking a compound annual growth rate (CAGR) of 22.9 percent.
 
Asia-Pacific 地域(日本を除く)のパブリック・クラウドへの支出は、2019年までに US$15 billion にいたる。また、その間の複合年間成長率(CAGR)は、22.9% に達するという。
 
According to IDC’s latest figures, this would be almost six times the growth rate of the region’s overall IT spend and double that of 2015’s figure. Last year, public cloud services chalked up nearly US$7 billion, with the discrete manufacturing industry leading total expenditure at US$955 million.
 
IDC の最新統計データによると、この地域の成長率はグローバル IT の 6倍となり、また、2015年時点の推測値に対しても、2倍の規模に膨れ上がっているという。昨年の、この地域におけるパブリック・クラウド・サービスは、約 US$7 billion の売上を計上しているが、その内訳のトップは、US$955 million を計上している製造業である。
 
Cirrus_clouds2Wikipedia
 
Telcos were next, forking out US$928 million on such services, and were expected to be the fastest-growing vertical at 29.2 percent for the forecast period of 2014 to 2019. IDC said this industry segment would outpace discrete manufacturing to lead the region’s public cloud services spending by 2019.
 
それに続くの、US$928 million を生み出すテレコムであり、2019年から 2014年にかけて 29.2% という、素晴らしい勢いで成長してくとされる。IDC の説明によると、パブリック・クラウド・サービスにおけるテレコムは、2019年までの期間において、製造業をリードしていくとされる。
 
The banking sector was the third-largest spender last year, investing US$744 million. Asia-Pacific’s CAGR over the forecast period also would be higher than the global growth rate of 19.4 percent, according to IDC.
 
昨年の統計データによると、銀行業などの金融部門が US$744 million を費やし、三番手となっている。2019年までの期間で、Asia-Pacific の CAGR は、グローバルの成長率である 19.4% を上回ると、IDC は述べている。
 
Cloud services will remain the essential foundation of the IT industry’s third platform of innovation and growth,” said IDC’s Asia-Pacific research manager for customer insights and analysis, Rubal Sabharwal. “As the cloud market enters an ‘innovation stage’, there will be an explosion of new solutions and value creation on top of the cloud.”
 
IDC の Asia-Pacific Research Manager for Customer Insights and Analysis である Rubal Sabharwal は、「クラウド・サービスは、IT 産業における第三のプラットフォームであり、また、革新と成長を推進していく不可欠な基盤となる。そして、クラウド市場がイノベーションのステージへと進むにつれて、クラウド上に構築される新たなソリューションが、新たなソリューション生み出し、その価値を爆発的に上昇させていくだろう」と述べている。
 
“Industry-specific applications will be a driving force as businesses look for solutions that can be easily configured to their unique business and vertical requirements. With the huge increase in the number and diversity of services available in the market, organisations across the industries will shift steadily towards cloud-first strategies to enable digital transformation,” added Sabharwal.
 
そして Sabharwal は、「新たなソリューションが見つかるにつれて、それぞれの業界に固有のアプリケーションが原動力となり、容易なコンフィグレーションが達成され、垂直マーケットでの要件が満たされていく。また、多種多様なサービスがマーケットで調達できるようなれば、それぞれの業界における組織は、クラウド・ファーストの戦略に向けて着実にシフトし、デジタル・トランスフォーメーションを実現していくだろう」とも述べている。
 
The region’s spending on infrastructure-as-a-service (IaaS) and platform-as-a-service (PaaS) would climb at a faster rate than SaaS (software-as-a-service), registering a five-year CAGR of 28.9 percent and 21.2 percent, respectively. SaaS, however, would remain the primary cloud service through to 2019, when IaaS spending would take over as the leading cloud segment.
 
これからの 5年間において、Asia-Pacific の IaaS と PaaS は、それぞれが 28.9% と 21.2% の CAGR を達成し、SaaS を上回る速度で成長していく。しかし、クラウド・セグメントのリーダーを、IaaS への支出が引き継ぐ 2019年までは、SaaS が主要なクラウド・サービスとしてのポジションを維持するだろう。
 
IDC’s Asia-Pacific vice president for cloud services research Chris Morris explained that the software industry had been transitioning towards an SaaS-enabled deployment model over the past few years. “By 2018, most software vendors will have fully shifted to a SaaS/PaaS code base,” he said.
 
IDC の Asia-Pacific VP for Cloud Services Research である Chris Morris は、ソフトウェア産業はついて、SaaS に対応するデプロイメント・モデルへと、これまでの数年を経て転換してきたと述べている。そして彼は、「2018年までに、大半のソフトウェア・ベンダーが、完全な SaaS/PaaS コードベースに、完全にシフトしているだろう」とも推測している。
 
“This means that many enterprise software customers will be offered SaaS as the preferred option, as they reach their next major software upgrade decisions,” Morris noted. “Put together, new solutions born on the cloud and traditional solutions migrating to the cloud will steadily pull more customers and their data to the cloud.”
 
そして、Morris は、「数多くのエンタープライズ・ソフトウェア・ユーザーが、次に控えるソフトウェア・アップグレードのタイミングにおいて、適切な選択肢としての SaaS を提供されることになる。そして、クラウドで生まれた新しいソリューションと、クラウド移行してきた従来からのソリューションが一体化していくことで、顧客たちのデータはクラウドへと向けて、着実に移行していくだろう」と指摘している。
 
ーーーーー
On Mondayこの IDC による予測ですが、Gertner のグローバル予測と比較してみると興味深いです。Gertner は、2015年の売上に関して $175 billion に至るとしています。ただし、この数字は、クラウド・アドとして $90.3 billion を含んでいますので、それを差し引くと、2015年時点で $90 billion くらいになるのでしょうか? 文中には、2015年の APAC は $7 billion だと記されていますので、それが現時点での、グローバルと APAC の対比となります。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?

Posted in .Chronicle, Businesses, On Monday, Research by agilecat.cloud on March 14, 2016
Cloud Computing: Cloud Cost Benefits Now Trail Others Like Efficiency, Security, Flexibility, Scalability and Speed
By Dick Weisinger – March 11th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-cloud-cost-benefits-now-trail-others-like-efficiency-security-flexibility-scalability-and-speed/
_ formtek
There once was a time when the major benefit of using the cloud was cost. The cloud introduced the idea of being able to buy services just like a utility, paying only for what you use.  The new cost structure was a welcome change for many businesses and led to early successes for the cloud.
 
かつて、クラウドの最大のメリットは、コストだとされる時代があった。クラウドが提示したのは、使用量に応じて対価を支払うという、まさに公共サービスのような発想であった。この新しいコスト構造は、数多くの企業にとって歓迎されるものであり、そのことがクラウドの黎明期を支え、また、成功へと導いていった。
 
Cloud Cost Benefits Now Trail OthersClick to Large >>>
 
But the cost of cloud services is increasingly becoming less important.  A recent survey by the analyst firm Clutch found that cost trailed behind seven other cloud benefits that companies say that they value even more.  Benefits like efficiency, security and flexibility all ranked high in the survey.  Nearly half of the organizations surveyed ranked efficiency as the top benefit that they get from the cloud.
 
しかし、クラウド・サービスにおける Cost という要因は、その重要性を失い始めている。調査会社 Clutch の最新レポートによると、その他のクラウド・メリットが前面に立ち、Cost は 7番手に沈み込んでいる。 この調査で高得点を得ているのは、Efficiency/Security/Flexibility などである。回答者となった、ほぼ半数の組織が、クラウドから得られるメリットとして、Efficiency を最重視していることが分かる。
 
David Linthicum, Senior Vice President at Cloud Technology Partners, said that “centralization provides agility and ultimately reduces costs. With the Cloud a company can add and delete workloads from as needed and allocate resources nearly instantaneously. The Cloud removes the latency inherent in many business processes.”
 
Cloud Technology Partners の Senior VP である David Linthicum は、「 クラウドが提供する集中化により、Agility が実現され、究極の Cost 削減が達成される。クラウドを利用するユーザー企業は、必要に応じてワークロードを追加/削除し、また、ほぼ瞬時にリソースの割り当てを変更できる。つまり、クラウドは、大半のビジネス・プロセスが抱えている、待ち時間という問題を解消しているのだ」と述べている。
 
The Clutch survey also found that services from the following four cloud vendors are used by 83 percent of businesses:
 
また、この、Clutch の調査では、以下の 4つのクラウド・ベンダーによるサービスが、企業の 83% で使用されていることが判明している:
 
  • Microsoft Azure (23%)
  • Amazon Web Services  (22%)
  • Google Cloud (21%)
  • IBM Cloud (17%)
 
ーーーーー
On Mondayクラウドの進化が、ひと目でわかるチャートですね。 そして、コストという要因が、7番目に下がっていることに驚かされます。 しかし、その背景には、上記の4社を含むクラウド業界全体が、熾烈な価格競争を繰り返してきたという、経緯があるのだと思います。今回の調査における回答者で、Microsoft/AWS/Google/IBM を使っていない 17% の企業は、どのようなクラウドを使っているのでしょうかね? ついつい、コストが7番目に下がった理由を考えてしまいますが、クラウドが当たり前になるにつれて、この要因は、いま以上に希薄になっていくのだろうと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
IT Spending の調査:グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
 

Comments Off on Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?

IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

Posted in Businesses, On Monday, Research by agilecat.cloud on February 29, 2016
IT Spending: Gartner: Spending on IT was Down in 2015, Flat in 2016
Dick Weisinger – February 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/it-spending-gartner-spending-on-it-was-down-in-2015-flat-in-2016/
_ formtek
Despite the forecasts from early last year, global IT spending in 2015 took a battering.  It was down nearly 6 percent or $216 billion to $3.52 trillion, according to Gartner.  Much of the decline is attributed to a very strong dollar and weak economies, especially in Europe.  Total global IT spending in 2016 is forecast to be a relatively flat .6 percent with the market size not reaching back to 2014 levels until 2019.
 
昨年の初めにおける予想とは裏腹に、2015年のグローバル IT 支出は、マイナス成長となった。 Gartner によると、その下げ幅は 約 6% の $216 billion であり、結果として $3.52 trillion の総額を計上することになった。そして、この後退における主な要因は、強すぎる米ドルと、ヨーロッパでの景気の減速だとしている。2016年のグローバル IT 支出は、比較的にフラットな 0.6% の成長になり、また、この市場の収益が 2014年のレベルに戻るには、2019年まで待つ必要があると述べている。
 
Dali_7John-David Lovelock, research vice president at Gartner, said that “the rising US dollar is the villain behind 2015 results.  The US multinationals’ revenue faced currency headwinds in 2015. However, in 2016 those headwinds go away and they can expect an additional 5 percent growth.”
 
Gartner の Research VP である John-David Lovelock は、2015年の結果について、米ドルの高値が悪役になったと述べている。そして、「米国の多国籍企業は、2015年において、為替の逆風に直面した。しかし、その逆風が 2016年に消えるなら、さらに 5%の成長を上乗せできる」と続けている。
 
Areas like the cloud, enterprise software, and services are all expected to grow in 2016, but one segment of the IT market that will be hit again in 2016 is the devices market (PCs, ultramobiles, mobile phones, tablets and printers) which is forecast to decline 1.9 percent in 2016.
 
クラウド・コンピューティング/エンタープライズ・ソフトウェア/サービスなどの分野は、そのすべてが、2016年に成長すると予想されるが、再びカベに突き当たる IT セグメントもある。具体的に言うと、デバイスの市場(PC/UltraMobiles/MobilePhone/Tablet/Printer)であり、2016年には 1.9% の減少が見込まれているという。
 
ーーーーー
On Monday最近ですが、最も気になっている指標の一つに、このグローバル IT 総支出があります。この数値は、常に GDP と連動するとも言われ、また、IT ビジネスの上限を定めているようです。 したがって、如何にクラウドが伸びていくにしても、このパイの中の一部を切り取るに過ぎないのです。 そして、文中では、為替と経済の動きが、グローバル IT 支出を下げた要因だとしていますが、AWS/Azure/GCP などのパブリック・クラウドが、それを促進する動きを見せたとしても、なんの不思議もありません。さらに言うなら、この圧倒的なスケールを持つ Big-3 を、他のパブリック・クラウドが、価格面で追いかけたことで、2015年のマーケット縮小が促進されたのかもしれません。そして今年は、Facebook までもが、エンタープライス市場に参入してきます。好況であろうが、不況であろうが、間違いなくクラウドは伸びますが、その内側では、熾烈なシェア争いが続いていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
 

Comments Off on IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

%d bloggers like this: