Agile Cat — in the cloud

Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on July 11, 2016
Data Security: Tech Businesses Adopt Encryption to Avoid Government Requests
Dick Weisinger – July 6th, 2016
http://formtek.com/blog/data-security-tech-businesses-adopt-encryption-to-avoid-government-requests/
_ formtek
Free email.  Free chat.  Free online storage.  Consumers have had a lot of free online services available.  But the tradeoff is that the information was also available to the vendor hosting or enabling the free use of that data.  Business like Google, Facebook and Microsoft have learned who you are and what you do, and most of all, how best to present advertising to you.  It’s the revenues that these companies generate from advertising after all that enable them to offer up free services.
 
無料のメールに、チャットに、オンライン・ストレージ。 コンシューマたちが利用できる、たくさんのフリー・オンライン・サービスが提供されている。しかし、ユーザーをホスティングするプロバイダーも、トレードオフとして、それらのデータを利用している。Google や、Facebook や、Microsoft などは、あなたが誰であり、何をしたいのかを学習し、あなたにとってベストな広告を提供しようとする。つまり、それらのプロバイダーは、無料のサービスを提供した後に、広告から発生する収益を得ていくのである。
 
Klimt_4But increasingly government agencies are trying to get access to the troves of data collected or managed by these companies.  There has been increasing publicity of cases where businesses have been asked to provide the government information.  Whether they have cooperate or resist, there are often legal fees and unwanted publicity.
 
そして政府機関も、それらのプロバイダーが収集/管理するデータに対して、アクセスを取得しようとしている。実際のところ、それらの情報を提供するよう、政府が企業に要求するという事例が増加している。企業として、協力するにしても、抵抗するにしても、大半のケースで必要となるのは、不要なはずの情報公開であり、また、弁護士に対する費用である。
 
On the defense, many businesses are deciding that the best option for them is to keep access to as little as possible of the information which pass through their services.  They see encryption as a way for them to extract themselves from legal problems.  If data is encrypted by the customer using keys not available to the service provider, the service provider would then no longer control access to sensitive information and be the target of government demands.  This would include securing services like storage, email and chat with encryption.
 
企業にとって、防衛するための最良の選択肢は、それらのサービスを通過する情報へのアクセスを、可能な限り少なくすることだとされる。つまり、法的な問題から、プロバイダーとしての立場を回避する方法として、暗号化が有益だとみなされているのだ。もし、ユーザーによりデータが暗号化され、サービス・プロバイダーに鍵がなければ、もはやセンシティブな情報に対して、サービス・プロバイダーはアクセスを失い、また、政府からの要求も生じなくなる。その対象には、暗号化を用いるメール/チャット/オンライン・ストレージといった、セキュアなサービスも含まれるだろう。
 
Larry Gadea, founder and chief executive of Envoy, said that “we have to keep as little [information] as possible so that even if the government or some other entity wanted access to it, we’d be able to say that we don’t have it… For a small startup trying to iterate quickly, it definitely slows things down.  But in the long run, it’s a competitive advantage and it reduces risk on our company. I can sleep better at night.”
 
Envoy の CEO である Larry Gadea は、「私たちは、保持する情報を、可能な限り少なくする必要がある。そうすれば、政府の機関などがアクセスを望む場合であっても、あなた方が必要とする情報は無いと言い返せるだろう。サービスの更新サイクルを高めたい、小規模なスタートアップにとって、そのような措置はスピードを奪うものとなる。しかし、長期的に考えてみると、それにより競争上の優位性が確立され、また、リスクの低減にもつながるはずだ。間違いなく、夜もぐっすり眠れるようになる」と述べている
 
Facebook’s WhatsApp, the Viper messaging app in Europe, Cloudera and Box have all added end-to-end encryption options that enable customers alone to be able to access data that is stored and transmitted with these services.
 
Facebook の WhatsApp や、Europe の Viper、そして Cloudera や Box などは、End-to-End の暗号化オプションを追加している。つまり、それらのサービスに保存されるデータや、そこから送信されるデータにアクセスできるのは、ユーザーだけに限定されるようになるのだ。
 
Marc Andreessen in a recent interview with the Washington Post, said that “engineers are not inherently anti-government, but they are becoming radicalized, because they believe that the FBI, in particular, and the U.S. government, more broadly, wants to outlaw encryption.”
 
Marc Andreessen は Washington Post のインタビューで、「エンジニアたちは、政府に対して本質的に対抗するものではないが、その考え方を改めつつある。なぜなら、政府や FBI などが暗号化の禁止について、より広い範囲で求めていると、エンジニアたちが確信しているからだ」と、以前に述べていた。
 
ーーーーー
On Monday6月30日の Wired に、「渡米するのに SNS アカウントの提出が必要になるかもしれない」という記事がポストされていましたが、テロや犯罪の防止/調査のために、それぞれの政府が一番に必要とするのは、個人の履歴が残されているオンライン上のデータとなるのでしょう。そして、さまざまなプロバイダーたちが、暗号化へと進んでいくのは、セキュアなサービスを提供するだけではなく、政府機関からの要請に対して、自身の負荷を軽減するという意味もあるのですね。インターネットにおける個人と政府の関係は、なかなか落とし所が得られない、永遠のテーマなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
 

Comments Off on Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!

Posted in .Selected, Businesses, Research by agilecat.cloud on January 7, 2016
Buying Services from Multiple Cloud Providers Could Result in Big Savings: Report
Nov 24, 2015 – Nicole Henderson
http://talkincloud.com/cloud-computing-research/buying-services-multiple-cloud-providers-could-result-big-savings-report
 
_Talkin Cloud
 
While a one-stop shop may be more convenient, buyers who mix services such as compute and storage from multiple cloud providers can save significantly more money, up to 74 percent for a large application.
 
ワンストップ・ショッピングは便利なものであるが、複数のクラウド・プロバイダーから、コンピューティングやストレージをいったサービスを買い集めるなら、大規模アプリケーションにおけるコストは、最大で 74% まで削減することが可能だという。
 
Shopping CartFlickr
Polycart
 
According to the latest quarterly update to the Cloud Price Index by analyst firm 451 Research, savings start at 58 percent for a small application, and go up to 74 percent for a large application, which, over three years, equals up to $23,000 in savings per web application.
 
調査会社である 451 Research による、最新の Cloud Price Index を参照してみると、前述の節約幅は小規模アプリケーションの 58% から始まり、大規模アプリケーション 74% にいたる。それを、3年間に展開してみると、Web アプリケーションあたりの削減幅は $23,000 ほどになる。
 
The Cloud Price Index aims to help enterprises and service providers make more “informed decisions when buying and selling cloud services.” The price index is made up of a basket of goods that “is a specification of the services required to operate a typical web server application including compute, storage, databases, management and more.”
 
この Cloud Price Index は、エンタープライズやサービス・プロバイダーに対して、「クラウド・サービスを売り買いする際の、情報に基づいた意思決定」を促すものとなる。具体的に言うと、「コンピューティング/ストレージ/データベース/マネージメントなどを含む、一般的な Web サーバー・アプリケーションを運用するときに、そのサービスが要求する仕様」に応じた、買い物リストにより構成されている。
 
CPI_Q4_GraphicClick to Large >>> 
 
451 Research surveyed 26 cloud providers as part of its regular quarterly pricing update. For each service within its basket of goods, analysts chose the cheapest cloud provider and added costs of bandwidth using data collected in October.
 
451 Research は、26社のクラウド・プロバイダーを調査対象とし、また、四半期ごとに個々の価格を更新している。そして、この 10月にはアナリストたちが、買い物かごに投げ込まれる個々のサービスに対して、最も安価なクラウド・プロバイダーを選び出し、サービスの規模に応じた分類を付け加えている。
 
 “The CPI shows it is possible to achieve substantial savings by using multiple providers; however, we believe the complexity of dealing with various providers offsets any advantage at this time. Technically, there is no reason why applications can’t be architected across multiple clouds, but the potential challenges organizations face include latency between datacenters, managing different GUIs and APIs, invoicing, documentation, and support functions. As a result, we believe most users would prefer to pay a premium for an integrated solution from a single provider,” Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit.
 
451 Research の Digital Economics Unit における、Research Director である Dr. Owen Rogers は、「 この CPI (Cost Price Index) は、複数のプロバイダーを使用するなら、実質的なコスト・ダウンが可能であることを示している。しかし、現時点において私たちは、多様なプロバイダーと取引するという複雑さが、あらゆるアドバンテージを相殺すると考えている。ここで対象としているアプリケーションを、複数のクラウドをまたいでデザインすることは、テクノロジーの面では可能であるが、それを実施しようとする組織は、潜在的な課題に直面するはずだ。つまり、データセンター間のレイテンシーや、各種の GUI と API の管理、請求書やドキュメントの発行、そして、サポートといった機能を再考する必要が生じるのだ。その結果として、ほとんどのユーザーは、シングル・プロバイダーが提供する統合的なソリューションに対して、保険料を支払おうとするのだと、私たちは捉えている」と述べている。
 
“Through this analysis, we believe we have identified a tremendous opportunity for providers to bring a retail-model discipline to cloud service selection and creation,” Rogers added. “For example, providers could offer decision engines to help enterprises choose the best-value mix of services to suit their needs, and then integrate and manage these services as a managed offering.”
 
そして Rogers は、「今回の分析を通じて、私たちが確信したのは、クラウド・サービスの選択と構築において、規律のあるリテール・モデルを有するプロバイダーに、きわめて大きなチャンスが訪れるという点である。たとえば、それらのプロバイダーたち、個々のエンタープライズのニーズに合わせて、最適な手法でサービスを組み合わせるための選択肢を、意思決定のエンジンとして提供できる。そして、適切なオファーに基づいて、それらのサービスを統合/管理していく」と付け加えている。
 
The latest CPI is available in North America, but will be launched in Europe, Asia and Latin America early next year.
 
今回の CPI (Cost Price Index) は、North America を対象としたものであるが、来年早々には、Europe/Asia/Latin America を対象とするものが立ち上がるという。
 
ーーーーー
research_55とても興味深い調査レポートなのですが、たとえばチャート内の On-Demand と Best-Case の違いが明記されないなど、このコンテントの言いたいことが、正確に理解できないところが、ちょっと残念です。 On-Demand の方は、ユーザー側からの要望をダイレクトに示すものであり、Best-Case の方は、対象となるサービスに最適化されたリソースを選ぶなら、つまり、不要な買物を避けるならという意味なのでしょうか? それに加えて、リセーラーを介して購入すれば、ディスカウントされるケースがあることをも、示唆しているように思えます。 この辺り、なにかお気づきの点がありましたら、FB ページなどでお知らせください。なお、451 Research のサイトでも、以下のようなドキュメントが提供されています。
Cloud Price Index
Cloud Price Index Methodology
それにしても、複数のプロバイダーを使い分け、それらを上手に結合できれば、かなりのコスト・ダウンが達成できるようです。ただし、そのためには、ディープなノウハウと経験が必要となり、また、その辺りが Managed Service Provider の腕の見せ所なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
 

Comments Off on クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!

インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Data Center Trends by agilecat.cloud on September 8, 2015
Flipkart to move data centres in-house
Harsimran Julka, ET Bureau – Sep 1, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Flipkart-to-move-data-centres-in-house/articleshow/48758406.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Flipkart has started moving its data centres in-house to build its own network of India’s largest server farms, that may be opened up in future for use by other online companies, potentially moving towards a model pioneered by rival Amazon in the global markets.
 
NEW DELHI: Flipkart は、India で最大のサーバー・ファームに独自のネットワークを構築し、インハウスのデータセンターを、そこへと移動し始めた。それは、将来的にオープンなものとなり、他のオンライン企業による利用も視野に入れるという。つまり、グローバルでのライバルである、Amazon が作り出したモデルに対抗していく可能性を秘めているのだ。
 
Goa_Farms_and_Highway,_IndiaWikipedia
User:Mrt3366
 
Flipkart has started moving its data centres in-house to build its own network of server farms, that may be opened up in future for use by other online companies.
 
Valued at about $15 billion, India’s largest online retailer has built data centres across various metro cities such as Chennai, Hyderabad and Bengaluru. The data centres now house details of over 50 million Flipkart users, their payment methods, details of sellers and listings across platforms.
 
この、$15 Billion という時価総額で評価される、India で最大のオンライン・リテール業者は、Chennai/Hyderabad/Bengaluru といった主要都市に、いくつかのデータセンターを構築している。そして、5000 万人と言われる、Flipkart ユーザーの支払方法や、販売側の詳細情報などを、プラットフォームをまたいだかたちで管理している。
 
“Every quarter, we do a Big App sale day and it’s bigger than the Big Billion day of last year. We have not faced any issues in scalability and it’s only (become) better,” said Punit Soni, Flipkart’s chief product officer. “We are India’s largest internet company and the world looks up to us,” he added. The data centres were built from scratch by the company’s engineers.
 
Flipkart の Chief Product Officer である Punit Soni は、「すべての四半期において、Big App 販促日を実施しているが、その規模はというと、昨年の Big Billion 販促より大きくなっている。 スケーラビリティという面で、あらゆる問題に直面したとは言えないが、少しずつ状況は良くなっている。私たちは、India で最大のインターネット企業であり、また、世界で注目されている」と述べている。また、それらのデータセンターは、同社のエンジニアたちにより、ゼロから構築されているようだ。
 
“Over time yes who knows we may think of opening it up (to third parties.) But only once we have achieved stability inside,” said Soni. Flipkart was working with outsourced data centre services providers, such as NetMagic, till now.
 
Soni は、「 いずれ、私たちはサードパティへ向けて、データセンターをオープンにしていく。ただし、その前に、内部での安定した運用を達成しなければならない」と述べている。 とは言え、これまでにも Flipkart には、NetMagic などのデータセンター・サービス・プロバイダーにアウトソースしながら、ともに作業を進めてきたという経緯がある。
 
If set up as a third party arm, a Flipkart cloud platform has the potential to open a new and highly profitable revenue stream for the company which has said that it expects to sell merchandise worth $8 billion this fiscal.
 
それらを、サードパーティ用の環境としてセットできるなら、Flipkart のクラウド・プラットフォームは、同社にとって大きな収益性をもたらすものとなり、年間で $8 Billion という商材に成長すると期待される。
 
Amazon which opened AWS in 2006, as a separate cloud platform, earns over $6 billion a year from it. In India, AWS has had clients such as redBus, FreshDesk, Paytm and Capillary Technologies in the startup space.
 
Amazon が 2006年に立ち上げた AWS は、独立したクラウドプラットフォームとして、$6 Billion 以上の年商をあげている。India における AWS は、スタートアップである、redBus/FreshDesk/Paytm/Capillary Technologies といった顧客を得ている。
 
Flipkart also said that letting the data come in-house also offers more security. “All the data is secure as it is anchored in our servers,” said Akshay Rajwade, director of mobile products at Flipkart. “It also offers us an opportunity to test out more innovation on the mobile,” he said.
 
さらに Flipkart は、データをインハウスに移行することで、より優れたセキュリティが達成されると述べている。そして、Flipkart の Director of Mobile Product である Akshay Rajwade は、「私たちのサーバに、データがホストされるにつれて、すべてがセキュアになっていく。また、モバイルにおけるイノベーションをテストする機会にも、恵まれるようになる」と発言している。
 
The cloud services market in India is expected to reach $1.9 billion by 2018, as per Gartner estimates. In India, the data centre market is estimated at about $900 million with companies such as CtrlS, NetMagic, Reliance, NTT Communications, Ricoh, Sify and ESDS dominating the space. US tech majors such as Amazon and Microsoft have also announced that they will launch data centres in India by next year.
 
Gartner の予測によると、India におけるクラウド・サービス市場は、2018年までに $19 Billion に達することになる。また、India のデータセンター市場は、CtrlS/NetMagic/Reliance/NTT Communications/Ricoh/Sify/ESDS などにより構成され、$900 Million ほどの規模に至っている。そして、Amazon や Microsoft といった、US のテック・ジャイアントたちも、来年には India でデータセンターを立ち上げると発表している。
 
ーーーーー
Asia Pacificついに、インドからも、パブリック・クラウドの産声が聞こえてきました。 Amazon から AWS が生まれたように、そして、Alibaba から Aliyun が生まれたように、この Flipkart のクラウドも、なんらかの形態で、サードパーティに提供されていくのでしょう。 そして、Flipkart を追いかける Snapdeal ですが、こちらには Alibaba と Softbank の資本が入っているので、Aliyun との提携などが進んでいくと推測できます。 Aliyun の存在を知ってから、それほど時間が経っているとは思えません。 成功モデルの伝搬が、グイグイと加速しているように感じます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba との勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
中国の主張:Amazon と Microsoft と Alibaba が、クラウドの Top-3 を構成する
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

Comments Off on インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!

Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on August 5, 2015
Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin
July 20, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/07/20/21900-chinese-cloud-computing-war-will-soon-begin
 
_ China Tech News
 
Huawei is ready to battle Alibaba’s Aliyun cloud service as Huawei plans to hold a launch event at the end of July 2015 to officially release its own public cloud computing services.
 
Huawei は、Alibaba の Aliyun クラウド・サービスと戦う準備を整えている。そして、Huawei のオフィシャルな計画としては、独自パブリック·クラウド·サービスのリリースを、2015年7月末のイベントで発表する予定となっている。
 
Huawei’s rotating CEO and vice chairman Xu Zhijun disclosed in April that the company would soon launch its public cloud services to formally enter the Chinese information service industry, and now local Chinese media are confirming that the commencement will happen within two weeks.
 
Huawei の CEO and Vice Chairman(交代制)である Xu Zhijun は、独自のパブリック·クラウド·サービスを展開し、China の情報サービス産業に正式に参入すると、4月の時点で表明していた。そして、China のローカル・メディアも、これからの 2週間の間に、同社のクラウドが立ち上がると解説している。
 
14358280636_b45390ca3a_oFlickr
Pierre Lecourt
 
Xu said in April that Huawei wants to provide customers with a complete cloud service solution. Huawei will also provide related solutions to carriers; meanwhile, the company will continue to cooperate with other carriers in the overseas market and provide public cloud solutions to them.
 
4月における Xu の表明は、完全なクラウド·サービス·ソリューションを、Huawei は顧客に提供していくという内容のものだった。さらに言えば、Huawei は国内キャリアに適したソリューションを供給するはずだが、その一方では、海外市場におけるキャリアとも提携し、パブリック·クラウド·ソリューションを提供していくようだ。
 
At the end of 2010, Huawei launched a cloud computing strategy named “Yunfan” and announced its formal entry into the cloud computing sector. In October 2011, Huawei announced the establishment of an IT product line focused on cloud computing. In 2014, the company launched its Fusion Sphere 5.0 cloud operating system. Then with nearly four years of development, Huawei launched a series of products and solutions based on cloud computing and it accumulated users in various sectors, including server services, storage solutions, and distributed cloud data centers. Huawei currently has over 400 data centers across the world, including 120 cloud data centers.
 
2010年の終わりに Huawei は、「Yunfan」というクラウド·コンピューティング戦略を立ち上げ、この分野に参入していくことを正式に発表している。そして 2011年10月には、クラウド・コンピューティングにフォーカスした、IT プロダクト・ラインの確立すると表明している。さらに 2014年には、Fusion Sphere 5.0 という、クラウド OS を立ち上げている。この 4年におよぶ開発期間において、Huawei はクラウド・コンピューティングをベースとして、各種のプロダクトやソリューションを発売してきた。具体的に言うと、サーバー・サービス/ストレージ・ソリューション/分散型クラウド·データセンターといった、多様な分野のユーザーを取り込むものであった。実際のところ、現時点において Huawei は、世界に展開される 400ヶ所以上のデータセンターを有しているが、そのうちの 120ヶ所がクラウド・データセンターとなっている。
 
For the year of 2015, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with Centrin Data Systems in May; on June 15, Deutsche Telekom announced intentions to select Huawei as its public cloud strategy partner; on June 16, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with the municipal government of Dalian in northeastern China to jointly build a software cloud service platform.
 
そして 2015年の Huawei は、5月に Centrin Data Systems と、クラウド・コンピューティングに関する戦略的な契約を交わしている。続いて 6月15日には Deutsche Telekom が、パブリック・クラウドの戦略的パートナーとして、Huawei を採用するという意思を示している。その翌日の 6月16日には China の Dailen 市政府が、クラウド・サービス・プラットフォームに関するソフトウェア開発において、Huawei と戦略的な契約を交わしている。
 
Huawei’s public cloud services will focus first on the IaaS sector. Its target customers will be industries that are impacted by the Internet and willing to transform to the cloud service sector such as finance, government, manufacturing, energy, and education.
 
Huawei のパブリック·クラウド·サービスは、IaaS 分野にフォーカスするところから始まっている。そこでターゲットとなる顧客は、インターネットからの影響を受ける産業であり、また、クラウド・サービス分野へ転身したがっている企業となる。具体的に言うと、金融/政府/製造業/エネルギー/教育などの分野が挙げられる。
 
Alibaba’s Aliyun service launched more than two years ago and has quickly built both a brand an a ubiquitous service around China. In addition, China’s laws limit foreign players in the cloud computing sector, so companies like Amazon and Rackspace are greatly limited in seizing any sizable piece of the market in China.
 
話は Alibaba に変わるが、その Aliyun サービスは 2年と少し前に立ち上げられ、きわめて短期間のうちに、China を中心とした市場で、ブランドとユビキタス・サービスを確立している。また、China の法律は、クラウド・コンピューティング分野における海外企業の動きを制約している。したがって、Amazon や Rackspace といった企業は、China 市場における限定された分野に、その活動の範囲を限定されている。
 
Related Links:
 
ーーーーー
_ Huaweiこのところ、Huawei が気になって仕方のない Agile Cat ですが、このポストを訳していて、さらに興味が湧いてきてしまいました。 中国という、世界で最大のインターネット・マーケットを背景にして、B2C からクラウドへと勢力を拡大してきたのが Alibaba なら、そのためのネットワーク網をキャリアと一緒に整備し、実績と利益を積み上げてきたのが Huawei なのだと思います。 そして、海外のマーケットに関しては、Aiibaba がアメリカから開拓するなら、Huawei はヨーロッパからというふうに、これまでの両者の間では、根本的なところで競合が回避されてきています。 しかし、Huawei のパブリック・クラウドが登場するなら、まったく異なる展開になります。6億人以上のスマホ・ユーザーという、圧倒的な内需に支えられる中国マーケットでの、カチンコ勝負が、とても刺激的です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Comments Off on Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!

Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ

Posted in Container, On Monday, Virtualization by agilecat.cloud on June 3, 2015
Cloud Computing: Container Technology to Shrink Wasted Cloud Resources
By Dick Weisinger – May 29th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-container-technology-to-shrink-wasted-cloud-resources/
_ formtek
Cloud infrastructure spending grew by 14.4 percent year over year in the fourth quarter 2014 to $8 billion, according to IDC.  Cloud infrastructure includes server, disk storage, and ethernet switches.
 
クラウド・インフラへの支出であるが、IDC によると、2014年 Q4 の成長率は前年比で 14.4 % 増加であり、また、売上は $8 billion に達しているという。ここで言うクラウド・インフラには、サーバー、ディスク·ストレージ、およびイーサネット・スイッチなどが含まれている。
 
Monet_4But much of the money spent on cloud computing has been wasted.  When businesses spin up servers with more power or capacity that are really required, that extra capacity will not be fully utilized.  Often businesses are sloppy in managing their virtual servers, not shutting them down in off hours when they’re not needed.
 
しかし、クラウド・コンピューティングに費やされる対価のうち、かなりの金額が無駄遣いされている。ユーザー企業が、実際の要件を満たすために、さらなるパワーやキャパシティをサーバー群に投入しても、その余剰のキャパシティが、十分に活用されることはない。 また、多くのケースにおいて、ユーザー企業の仮想サーバー管理がずさんであり、そのキャパシティが不要な場合でも、シャットダウンが実施されていないようだ。
 
Boris Goldberg, co-founder and chief technology officer at Cloudyn Ltd., estimates that 60 percent of cloud software servers could be eliminated or terminated because their not being used.
 
Cloudyn Ltd の Co-Founder and CTO である Boris Goldberg が、ボリス·ゴールドバーグ、Cloudyn Ltd.の共同創設者兼CTO(最高技術責任者)は、クラウド・ソフトウェア・サーバーの、60% が利用されていない計算となるため、それらの停止や契約解除が可能だと、そのステートメントで述べている。
 
Richard Davies, CEO of ElasticHosts, said that “a large proportion of cloud users are paying for cloud services that they never fully utilize…  This is because the prevalent model for IaaS is based on the use of virtual machines, where compute is paid for based on what is provisioned, but this is at best 50% utilised by typical workloads.  However, recent updates to the Linux kernel mean containerized servers can now be offered to cloud IaaS customers, where they are only charged for capacity they actually use, rather than what they provision, and as a result this wasted IaaS capacity could be eliminated.”
 
ElasticHosts の CEO である Richard Davies は、「クラウド·ユーザーの大部分が、完全に利用しつくすことの有り得ない、クラウド・サービスに対価を支払っている・・・ なぜなら、IaaS を支配しているモデルは、仮想マシンの利用をベースにしているからだ。つまり、コンピューティング、何をベースにプロビジョニングされ、どのような支払いが生じているのかという話である。そして、一般的なワークロードにおける使用率は、せいぜい 50% 程度である。とは言え、最近の Linux カーネルは、サーバーをコンテナ化するようにアップデートされ、それを IaaS クラウド・ユーザーに提供するようになってきた。つまり、プロビジョニングされた容量にでなく、実際に使用する容量に対して、課金することが可能になる。その結果として、ここで言う 無駄な IaaS キャパシティを排除できるようになる」と述べている
 
Davies said that “the sooner the cloud industry unlocks the potential of containers, the quicker we will evolve to the next generation of the cloud, and the more customers that will benefit.”
 
Davis は、「 クラウド業界は、迅速に、コンテナの潜在能力を解放すべきだ。 それにより、次世代のクラウドへの、私たちは素早く移行できる。 つまり、より多くの顧客に対して、コンテナのメリットを提供できるのだ」と、付け加えている。
 
ーーーーー
On Monday文中にある「クラウド・ソフトウェア・サーバーの 60% が利用されていない」という表現ですが、アプリケーションへのリクエストがなく、仮想サーバーだけが走っている状況を示しているのでしょうかね? この数字の正確性はともかく、無駄なサーバーがたくさん動いている感じはしますね。 ただし、それは、クラウド固有の問題ではなく、オンプレミスでも言えることであり、そちらの方が酷い数字を示しているように思えます。 でも、クラウドであれば、もっと厳格な管理手法を提供できるはずであり、無駄も省かれるべきという意見には賛成です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!

Comments Off on Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

Comments Off on Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

%d bloggers like this: