Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?

Posted in Data Center Trends, Green IT, On Monday by agilecat.cloud on August 16, 2016
Cloud Computing: Data Centers Designed for Hyperscale Have Potential for Dramatic Energy Savings
Dick Weisinger – August 8th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-data-centers-designed-for-hyperscale-have-potential-for-dramatic-energy-savings/
 
_ formtek
In 2014 data centers in the United States used 70 billion kWH about 1.8 percent of all energy consumption and enough to power about 6.4 million homes peryear, according to a report from Lawrence Berkeley National Labs (LBNL).  Data centers have seen huge increases in power consumption over the last fifteen years.  Most notable is the dot-com period from 2000-2005 when power consumption surged by 90 percent.
 
Lawrence Berkeley National Labs (LBNL) のレポートによると、2014年の米国におけるデータセンターは 700億kWh を消費している。それは、全米のエネルギーの 1.8% に達し、また、640万世帯の消費量に相当するものとなる。この 15年間において、データセンターの消費電力は大幅に増加している。最も注目すべきは、2000年〜2005年のドットコム時代であり、この間には 90% も消費電力が急増している。
 
Gauguin_1Based on projected growth and current data center energy usage, between now and 2020, power consumption will continue to grow annually about four percent per year.  But the report suggests that instead data centers should adopt more energy efficient policies.  For example, the report finds that by shifting to ‘hyperscale operators’ that data center energy consumption would actually drop by as much as 45 percent by 2020.
 
現時点のデータセンターでのエネルギー使用量に基づき、いまから 2020年までの間の電力消費量は、年間で 4% ずつ上昇するとされる。しかし、このレポートは、よりエネルギー効率の高いポリシーが、データセンターで採用されると示唆している。たとえば、ハイパースケールな事業者へ向けたシフトが生じることで、データセンターにおける 2020年のエネルギー消費量が、2020年には 45% も削減されると、このレポートは指摘している。
 
Hyperscale is the practice of data centers for deploying massive numbers of virtual servers using generic off-the-shelf computing equipment.  The approach tries to maximize the usage of hardware resources and reduces physical space, cooling and power requirements.  Cloud Computing vendors are best positioned to deploy hyperscale technologies.
 
ここで言うハイパースケールとは、ノーブランドの汎用コンピューティング機器を用いて、大量の仮想サーバーをディプロイするという、データセンターにおける手法のことである。このアプローチは、ハードウェア・リソースを最大限に活用する一方で、物理的空間/冷却設備/電力要件を低減していくものとなる。その意味で、クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、最適なハイパースケール・テクノロジーを展開するポジションを得ている。
 
The LBNL report found that “the potential for data center services, especially from a global perspective, is still in a fairly nascent stage, and future demand could continue to increase after our current strategies to improve energy efficiency have been maximized. Understanding if and when this transition may occur and the ways in which data centers can minimize their costs and environmental impacts under such a scenario is an important direction for future research.”
 
LBNL レポートは、「グローバルな視点から見ると、データセンター・サービスにおける可能性は、かなり初期の段階に留まっている。そして、エネルギー効率を最大限に改善するという、現時点のストラテジーが広まった後にも、データセンターは増加し続けるだろう。理解すべきは、このようなシナリオが、将来を見据える上で、きわめて重要な方向性を示していることだ。それにより、データセンターにおけるコストが削減され、また、環境への影響を最小限に抑えられるという、次世代データセンターへの移行が実現される」と指摘している
 
ーーーーー
On Monday文中に示される、2020年までのデータセンター電力消費量ですが、年間で 4% の伸びというのは、随分と抑えられた値のように思えます。そして、参照元である LBNL のポストを見ると、2010年〜2020年のサーバー台数増加数は 40% だと予測されています。こちらが、10年間でのハードウェア数の推移だとすると、それも少ない値となります。つまり、物理サーバーの台数が抑制され、しかも、個々の物理サーバーの処理能力および、低電力化が大幅に向上していることが、このレポートの背景にあるのだと思えます。これも、クラウド化による恩恵なのですが、もっと、もっと、スマートなデータセンターが増えてくると良いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
 

Comments Off on Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?

Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

Posted in .Chronicle, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on August 8, 2016
Cloud Computing: 50 Percent Growth in First Quarter
Dick Weisinger – August 1st, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-50-percent-growth-in-first-quarter/
_ formtek
The cloud computing market grew at a breakneck rate of 50 percent during the first quarter of 2016.  In just those three months, $7 billion was spent on cloud services, according to a report by Synergy research.
 
クラウド・コンピューティングの市場は、2016年 Q1 において、50% という猛烈なスピードで成長した。その、わずか3ヶ月の間で、$7 billion がクラウド・サービスに費やされたと、Synergy Research がレポートしている。
 
Seurat_1John Dinsdale, Synergy’s chief analyst, said that “this is a market that is so big and is growing so rapidly that companies can be growing by 10-30% per year and might feel good about themselves and yet they’d still be losing market share.”
 
Synergy の Chief Analyst である John Hinsdale は、「このマーケットは、きわめて巨大であり、また、急速に成長している。いくつかの企業が、年率で 10%〜30% というペースで成長しており、自身の業績を順調だと捉えているのだろうが、そのような成長率でも、マーケット・シェアを失っていることになるのだ」と述べている
 
Results of another report, the HyTrust survey of the state of the cloud, a survey of 500 US and UK IT professionals found that:
 
別のレポートについても紹介しておこう。500人の IT プロフェッショナルを対象として、HyTrust が米国と英国で実施した The State of the Cloud という調査では、以下のような状況が伝えられている。
 
  • Three quarters of organizations plan to move more some of their data and system software to the public cloud this year
  • Disaster recover is the top motivator for being able to move to the cloud
  • Microsoft Azure is the top public cloud choice (32 percent) among organizations [which differs from other survey results like the Synergy report], according to the HyTrust report. 24 percent plan to move to VMWare and 22 percent plan on using Amazon Web Services (AWS).
 
  • 対象となる組織の 3/4 が、自身のデータとシステム・ソフトウェアの一部を、年内にパブリック・クラウドに移行することを計画している。
  • パブリック・クラウドへの移行に際し、最大のモチベーションとなるのは DR (Disaster Recover) である。
  • HyTrust のレポートによると、それらの組織が選んだ、トップ・パブリック・クラウドは Microsoft Azure となる (32% という支持率であるが、Synergy のレポートとは異なる結果である)。また、24% の企業が VMware への移行を計画し、22% の企業が Amazon Web Services を(AWS)を使用している。
 
ーーーーー
On Mondayまず、Synergy Research のレポートですが、依然として AWS がトップを走り、それに Microsoft/IBM/Google が続くという状況が示されています。つまり、文中の HyTrust のレポートとは、かなり結果が異なるものとなっています。調査対象の設定により、このような差異が生じるのでしょうが、いずれにせよ、パブリック・クラウドが伸びていることに違いは有りません。素晴らしい! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
 

Comments Off on Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research, Strategy by agilecat.cloud on February 8, 2016
Cloud Computing: Trends and Predictions for 2016
Dick Weisinger – February 4th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-trends-and-predictions-for-2016/
_ formtek
A recent study from Soliant Consulting reported some interesting milestones for cloud computing in 2015:
 
Soliant Consulting の最新レポートには、クラウド・コンピューティングが 2015年に達成した、いくつかの重要なマイルストーンが記されている。
 
  • Sisley_1663 percent of businesses have a private cloud.  82 percent of businesses use a hybrid cloud, and 88 percent of businesses are using the public cloud.
  • 64 percent of businesses say that in 2015 cloud computing helped them to reduce waste and energy consumption.
  • The federal government estimates that it’s saved $5.5 billion because of its move to the cloud
  • Amazon’s share of the cloud market is 30 percent compared to Microsoft Azure’s 10 percent share.
  • Small businesses spent $15.5 billion on cloud services in 2015.  Total cloud revenues reached $64 billion.
 
  • 63% の企業が、プライベート・クラウドを使っている。そして、82% の企業がハイブリッド・クラウドを利用し、また、88% の企業がパブリック・クラウドを活用している。
  • 64% の企業が述べているのは、2015年におけるクラウド・コンピューティングが、無駄を排除し、また、消費電力を削減したという点である。
  • 米連邦政府は、クラウドへの移行により、$5.5 billion の経費削減が達成されたと推測している。
  • クラウド市場における Amazon のシェアは 30% に達し、Microsoft Azure は 10% となっている。
  • 2015年の中小企業は、クラウド・サービスに対して $15.5 billion を支出している。 そして、クラウド全体の規模は、$64 billion に至っている
 
Where’s the cloud computing market going?  Here’s some predictions for what we might expect in 2016:
 
このクラウド・マーケットは、いったい、何処へ向かっていくのだろうか? 2016年に起こると予測される、いくつかの事象を、以下に列挙する:
 
  • Expect the migration to SaaS applications to grow only stronger.  SaaS generally comes with cost savings and simplicity.  It also helps businesses improve their overall agility.
  • Data is moving to the cloud.  By the end of the year Soliant Consulting estimates that 36 percent of all data will have migrated to the cloud.
  • Containers will increasingly be used to build cloud-based distributed applications.  Container technology like Docker and CoreOS should grow significantly this year.
  • Data storage costs will continue to plummet.  Data storage is being used as a loss leader by cloud vendors to get data into the cloud.
  • vendors hope to see revenues from things like security management, analytics and applications.
  • Security concerns won’t go away this year.  Expect there to be continued attacks on the cloud in 2016.  Customers will continue to demand tougher cloud controls and security.
  • A renaissance for IT groups could happen this year.  While the cloud is impacting the size and scope of many IT groups, businesses also recognize that shadow IT needs to be reigned in.  Centralized handling of cloud operations will save money and ensure more secure solutions.  Expect IT to be more involved in cloud purchases and with vetting of cloud applications and infrastructure.
  • Big enterprise software companies like Oracle, SAP, Hewlett Packard, and IBM will struggle.  Changing their business models from on-premise software to cloud-based applications will be challenging.

 

  • SaaS への移行のみが、大きな成長を達成すると予測される。一般的に言って、SaaS はコストを削減し、運用を単純化する。そして、それぞれのユーザー企業のビジネスに、敏捷性をもたらすことになる。
  • データの保存先が、クラウドへとシフトしていく。Soliant Consulting によると、2016年の末までに、すべてのデータの 36% が、クラウドへ移行するとされる。
  • クラウド・ベースのアプリケーションの配布において、コンテナの利用率が継続して上昇していくだろう。Docker や CoreOS といったコンテナ・テクノロジーが、今年は急成長すると予測される。
  • データ・ストレージのコストは、急降下し続けるだろう。大量のデータがクラウド・ストレージへと移行することで、データ・ストレージは凋落のシンボルとなる。
  • ベンダーたちは、セキュリティ管理/分析アプリケーションなどから、収益をあげようと試みるだろう。
  • セキュリティに関する懸念は、今年も消え去らないだろう。 そして、2016年も、クラウドへの攻撃は止まらない。顧客たちは、クラウドによる強固なコントロールとセキュリティを要求し続けることになる。
  • 今年は、情シスにもルネサンスが起こる可能性がある。数多くの 情シスが、あらゆる規模と範囲において、クラウドの影響を受けている。 その一方で、数多くの企業は、シャドウ IT の制御が必要だと認識している。中央集権的にクラウドを運用することで、経費が削減され、よりセキュアなソリューションをもたらされる。 情シスに期待されるのは、クラウドの購入に対して積極的に関与し、また、クラウドのアプリとインフラを審査していく姿勢である。
  • Oracle/SAP/HP/IBM といった、エンタープライズ・ソフトウェア企業は苦戦を強いられるだろう。それぞれのビジネス・モデルを、オンプレミスのソフトウェアから、クラウドベースのアプリケーションへと変更することは、困難を伴うものになる。
 
ーーーーー
On Monday2015年を総括すると、クラウドの勝利宣言の年だったように思えてきます。タイトルに ー in the cloud ー を掲げている Agile Cat にとって、これほど嬉しいことはありません。このような展開になると確信したのは、2012年だったと記憶していますが、そう思わせてくれたのが、「クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく」という、ReadWriteWeb の素晴らしいコンテントでした。その頃のポストで、もう一つの印象に残っているものとして、「クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない:それは 経営者の務めである」という、GigaOm の抄訳も紹介しておきたいです。ここで言う経営者のイメージに当てはまるのが(Google と Facebook は別格)、Agile Cat 的には Netflix の Reed Hastings なのですが、その理由については、「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2」の最後の方を読んでもらえれば分かると思います。その意味では、Uber の Travis Kalanick も、Airbnb の 三人も、そのような才覚の持ち主なのでしょう。 コンシューマだけではなく、エンタープライズにおいても、クラウドが大爆発する 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
 

Comments Off on Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Posted in .Selected, On Monday, Research by agilecat.cloud on January 25, 2016
Business Disruption: Most Businesses Expect Dramatic Changes, But Few Businesses Feel Prepared
By Dick Weisinger – January 19th, 2016
http://formtek.com/blog/business-disruption-most-businesses-expect-dramatic-changes-but-few-businesses-feel-prepared/
_ formtek
Disruption is now the norm and is to be expected, say three-quarters of global senior executives interviewed by KPMG.  And those executives say the speed of change and disruption can only be expected to increase in the future.
 
いまや、破壊は当たり前のことであり、また、期待されるものになったと、グローバル企業における幹部たちの 3/4 が、KPMG のインタビューで答えている。彼らは、破壊と変化のスピードだけが、将来における成長を担うものだと発言しているのだ。
 
Dali_8But only 17 percent of companies say that they are prepared to address the expected volatility and are unsure of what path to take to counter disruptions.
 
そして、予想される不安定さに取り組めると述べているのは、それらの企業の 17% に過ぎなかった。 しかも、そこから生じる混乱を制御するための、明確な道筋は有していないという。
 
The KPGM report listed the Top Five Potential Disruptors to businesses:
 
この KPG レポートは、企業を破壊していく潜在性について、以下の Top-5 を示している:
 
  • 71 percent – Requirement to respond to regulatory and legislative rules
  • 63 percent – Increased security and cyber security
  • 60 percent – Instantaneous data access from anywhere
  • 58 percent – Digital and mobile workers and consumers
  • 49 percent – Global access to talent and skills
 
  • 71 percent – 規制と立法のルールを変えていく社会的要因
  • 63 percent – サイバー空間で繰り返される攻撃と防御
  • 60 percent – 時間と場所を選ばないデータ・アクセス
  • 58 percent – デジタルとモバイルを使いこなす従業員と顧客
  • 49 percent – 能力と技能に対するグローバル・アクセス
 
As a counterbalance to potential disruption, some businesses are investing.  63 percent are investing to beef up their cybersecurity.  One quarter are adopting cloud computing services like IaaS and PaaS.  And another quarter of businesses are investing in updates to their legacy systems.
 
潜在的な破壊的要因を緩和するために、いくつかの企業は投資を進めている。それらの企業の 63% は、サイバー・セキュリティを強化するために投資している。それらの企業の 25% は、IaaS/PaaS といった、クラウド・コンピューティング・サービスを採用している。そして、その他の 25% は、レガシー・システムへの更新に対して投資している。
 
Steve Chase, KPMG’s U.S. Advisory Management Consulting leader, said that “the fastest-growing and the most profitable organizations are increasingly – and smartly – leveraging these disruptors to continually deploy new business models, accelerate decision-making, convert data into valuable knowledge and focus on the customer.”
 
KPMG U.S. の Advisory Management Consulting Leader である Steve Chase は、「最も高いレベルで成長性と収益性を達成している企業は、一連の混乱を促進する側にまわり、その中で適切なポジションを確保し、その結果を自身のビジネスに活用している。具体的に言うと、新しいビジネス・モデルの展開/意思決定の迅速化/データの価値ある知識への変換/顧客主体の戦略などに、継続して取り組んでいるのだ」と述べている
 
Tudor Aw, KPMG UK Head of Technology, said that “the sectors and the businesses that will enjoy greatest success… will be those prepared to take a chance on something new. That’s not to say they should gamble on the next ‘big thing’ – but they shouldn’t be afraid to try.”
 
KPMG UK の Head of Technology である Tudor Aw は、「何かの新しい出来事を、チャンスにしていくための準備を怠らない企業や部門が、最大の成功を享受するだろう。だからと言って、次の大きな出来事に、ギャンブルのように賭けるべきではないのだ。つまり、トライを恐れないことが大切なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayちょっと文意の掴みにくいポストだったのですが、Top-5 箇条書きのところを意訳していたら、Uber や Airbnb のことをイメージして、訳せばよいのだと分かってきました。そして、訳し終えて、とてもスッキリです 🙂 先日のことですが、Facebook の Instant Article に、毎日/朝日//産経/東洋経済/日経/読売が参加するという発表がありましたが、これもソーシャル・メディアが既存メディアを破壊したことの現れであり、また、それに類することが、これから多発していくと思えるのです。そして、破壊を促進する側にまわる企業が増えるごとに、そのパワーが相乗的に増大していき、破壊と変化のスピードが加速していくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
 

Comments Off on Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research by agilecat.cloud on January 18, 2016
Enterprise Software: Enterprise Software no longer Just for Enterprises
Dick Weisinger – January 14th, 2016
http://formtek.com/blog/enterprise-software-enterprise-software-no-longer-just-for-enterprises/
_ formtek
It used to be that enterprises were the main users of enterprise software — that seems logical enough.  But no longer.  A recent survey of businesses by Tech Pro Research found that businesses too small to be classified as enterprises are adopting “enterprise” software.  Enterprise software could soon just become “business software”.
 
これまで、エンタープライズ・ソフトウェアの主たるユーザーは、エンタープライズとされ、また、言葉の意味としても、それは明らかに正しいものであった。しかし、そのロジックが、すでに崩れているようなのだ。 Tech Pro Research の最新調査によると、エンタープライズとして分類するには、あまりにも小規模な企業が、エンタープライズ・ソフトウェアを採用しているという実態が見えてきた。エンタープライズ・ソフトウェアが、単なるビジネス・ソフトウェアへと、あっという間に変容していく可能性すらあるのだ。
 
vangogh_2The report found that 98 percent businesses with more 1000 employees use enterprise software.  Among all companies surveyed, more than two-thirds said that they are using at least one enterprise software application.  Enterprise apps include software for asset management, business intelligence, CRM, document management, data processing, databases, financial applications, identity management, retail software, process management and resource planning.
 
このレポートは、1000人以上の従業員を持つ企業のうち、98% の企業がエンタープライズ・ソフトウェアのユーザーであることを明らかにしている。調査の対象となった、すべての企業のうちの 2/3 以上が、少なくとも1種類以上のエンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションを使用していると、答えているのだ。ここで言うエンタープライズ・アプリケーションに含まれるのは、アセット管理/ビジネス・インテリジェンス/CRM/ドキュメント管理/データ処理/データベース/財務アプリケーション/ID 管理/小売ソフトウェア/プロセス管理/リソース計画などである。
 
A major factor driving the widespread use of enterprise apps has been the rise of the cloud.   Cloud-based apps often come with user-based pricing, making adoption affordable to smaller companies.  In that way, the cloud has become an equalizer between what software enterprise-size and small-size businesses can afford.
 
エンタープライズ・アプリケーションの普及を促進する、主な要因はクラウドの台頭となる。多くのケースにおいて、クラウド・ベースのアプリケーションは、ユーザー・ベースに応じて価格が設定されるため、中小企業にとっても手頃な価格となり、その採用が促進されているのだ。つまり、エンタープライズ規模のソフトウェアと、スモール・サイズの企業との間で、クラウドが等化器として機能していることになる。
 
Frank Gens is senior vice president and chief analyst at IDC, said that “what’s happening now with cloud technologies is that we’re seeing a democratization of the ability to create competitive advantage with IT. We’re seeing companies of all sizes—not just the big guys—being able to digitize every bit of value they create and then bring that value to the marketplace.”
 
IDC の Senior VP and Chief Analyst である Frank Gens は、「クラウド・テクノロジーが広まることで、いま、何が起こっているというなら、IT が作り出す競争優位の民主化であり、それを、私たちは目の当たりにしている。大手企業だけではなく、すべてのサイズの企業を、私たちは見ている。そして、それらすべての企業は、自ら生み出したすべての数値をデジタル化し、その価値をマーケットに展開できている」と述べている
 
Chris Neumann, CEO of  data analysis vendor DataHero, said to “expect vendors to continue driving this trend, as it allows them to target functional areas within companies, regardless of their size.”
 
データ分析ベンダーである DataHero の CEO Chris Neumann は、「実質的なターゲット・エリアが、企業のサイズに関係なく広がるにつれて、ベンダーたちは、このトレンドが継続していくことを期待している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳していて、とても嬉しくなるポストです! これまで、ソフトウェアが高額なだけではなく、それらを走らせるためのハードウェアの購入も、含めて考えなければならなかった、いわゆるエンタープライズ・アプリが、クラウド上で安価に利用できるようになってきたのです。もっと上手い翻訳や日本語があるとは思うのですが、「競争優位の民主化」というのは、なかなかイイ感じです。 企業の経済規模に関係なく、テクノロジーが平等に降り注ぐ時代になるなら、アイデアと情熱に優る中小企業が、大手に一泡吹かすという場面も増えてくるでしょうし、下からも突きあげられる大手も、自身のビジネスをさらに洗練させていくことになるでしょう。クラウドにより、世界が変わったと、実感させてくれるトピックだと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
 

Comments Off on Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた

米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

Posted in Government, Microsoft, Privacy, Security, Strategy by agilecat.cloud on October 20, 2015
Researchers claim to have solved NSA crypto-breaking mystery
Juha Saarinen – Oct 16 2015
http://www.itnews.com.au/news/researchers-claim-to-have-solved-nsa-crypto-breaking-mystery-410560
 
_ it news
 
Able to decrypt almost a fifth of top million HTTPS websites.
 
Top-Million HTTPS Web サイトの、ほぼ 1/5 の暗号は解析されるだろう。
 
ーーーーー
 
Researchers believe they have worked out how the United States National Security Agency (NSA) is able to break digital encryption used on the internet and intercept potentially trillions of connections.
 
ある研究者たちのグループが、United States National Security Agency (NSA) について、インターネット上で用いられるデジタル暗号を解読し、何兆にもおよぶコネクションの傍受を可能にしていたとする、調査結果をまとめた。
 
A team of computer scientists from US and French universities alongside Microsoft looked into rumours that the NSA has in recent years been able to crack present encryption.
 
US および France の大学に所属するコンピュータ・サイエンティストと、Microrsoft によるチームは、この数年にわたって NSA が暗号を解読してきたという、ウワサについて調査した。
 
ImageResizer.ashxRalph Merkle, Martin Hellman and Whitfield Diffie, who developed the first public-key crypto exchange, in 1975. Source: Stanford University.
 
They studied the Diffie-Hellman method of exchanging digital keys between internet-connected computers to encrypt virtual private networking, website, email and other traffic.
 
彼らは調べたのは、インターネット接続されたコンピュータと、暗号化された VPN/Web Site/eMail などの間で交換される、トラフィックを保護するための Diffie-Hellman というディジタル・キーの方式である。
 
Diffie-Hellman has until now been thought to be safe against encryption breaking and protect against mass surveillance, if keys larger than 512 bits are used.
 
これまで、512 Bit 以上のキーを用いているなら、Diffie-Hellman は暗号破壊と監視社会に対して、安全性を担保できると考えられてきた。
 
The D-H protocol negotiation starts with the client and server agreeing on a large prime number with a particular form, which would require a vast amount of computational effort to calculate.
 
この DH プロトコルのネゴシエーションは、その計算に膨大なコンピューティング・リソースが必要となる大きな素数を、クライアントとサーバの間において、特定のフォーマットで一致させることでスタートする。
 
However, a paper entitled Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf] points to an implementation weakness within many clients and servers that means they reuse the same prime numbers.
 
しかし、Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf]  というタイトルの論文は、数多くのクライアントとサーバーにおいて、同じ素数を再利用するという、実装上の弱点を指摘している。
 
Two of the researchers, Alex Haldeman and Nadia Heninger, said that for 1024-bit primes, the most common D-H key strength used currently, a special-purpose hardware-equipped computer would cost a few hundred million US dollars to build.
 
Alex Haldeman と Nadia Heninger という二人の研究者は、現時点で最も一般的に用いられている、1024 Bit 素数による D-H キーの強度について、数億ドルをかけた専用ハードウェア・コンピュータに、ほぼ匹敵すると述べている
 
It’s a sum well within the NSA’s computer network exploitation budget of US$1 billion in 2013.
 
そして、この金額は、2013年に NSA が計上した、コンピュータ・ネットワーク活用という名目の、予算内に収まるのだ。
 
Such a system would be able to break one Diffie-Hellman prime a year.
 
このようなシステムを1年も運用すれば、1つの Diffie-Hellman 素数を破壊できるだろう。
 
Researcher Nicholas Weaver of the International Computer Science Institute in Berkeley, California, analysed the paper, and said the scientists were “almost certainly correct that the technique they describe is used by the NSA, in bulk, to perform a massive amount of decryption of internet traffic.”
 
International Computer Science Institute in Berkeley, California の研究者である Nicholas Weaver は、その論文を分析した後に、ほぼ間違えのない内容だと述べている。 つまり、そこに記載されている技法を、NSA はバルクで利用し、インターネット・トラフィックに含まれる、大量の暗号を解析したことになる。
 
Weaver noted that while an NSA supercomputer could break 1024-bit Diffie-Hellman, longer keys like 3072-bit, elliptic curve D-H and RSA encryption could not be cracked in the same way.
 
そして Weaver は、NSA のスーパー・コンピュータについて、1024 Bit の Diffie-Hellman は破壊できるだろうが、たとえば 3072 Bit のロング・キーや、楕円曲線 D-H、そして RSA 暗号などについては、同じ手法でクラックできないだろうと指摘している。
 
For the NSA, being able to break commonly used encryption would have an enormous payoff, the researchers said.
 
そして研究者たちは NSA にいて、莫大な予算さえ費やせば、一般的に使用される暗号は解読ができるだろうと述べている。
 
“Breaking a single, common 1024-bit prime would allow NSA to passively decrypt connections to two-thirds of VPNs and a quarter of all SSH servers globally,” they wrote.
 
彼らは、「一般に用いられる単一の 1024 Bit 素数を破壊することで、グローバルにおける VPN の 2/3 および、SSH サーバ の 1/4 に対する接続暗号を、NSA は受け身のかたちで解読できただろう」と言っている。
 
“Breaking a second 1024-bit prime would allow passive eavesdropping on connections to nearly 20 percent of the top million HTTPS websites. In other words, a one-time investment in massive computation would make it possible to eavesdrop on trillions of encrypted connections.”
 
そして、「第二の 1024 Bit 素数を破壊することで、Top-Million HTTPS Web サイトの 20% 近くに対して、その接続暗号を受け身で盗聴できるようになる。つまり、大量のコンピュータ・リソースに対して、集中的に資金を投入することで、無数の接続暗号の盗聴が可能になるだろう」と続けている。
 
While the researchers said they could not prove for certain that the NSA is breaking internet encryption and eavesdropping and intercepting traffic, they believe their analysis of the weaknesses in Diffie-Hellman implementations fits what is known already about the spy agency’s decryption abilities better than other explanations.
 
研究者たちは、NSA がインターネット暗号を破壊し、トラフィックを傍受/盗聴してきた方式について、確実に証明することはできないと述べている。その一方で、彼らが分析した Diffie-Hellman 実装の弱点と、この諜報機関の解読能力に関する情報は一致しており、その他の推測よりも適切だと確信しているようだ。
 
The NSA working as both the poacher and game keeper when it comes to encryption is problematic, Haldeman and Heninger said. It means the agency could be exploiting weak Diffie-Hellman while only taking small steps to fix the problems.
 
NSA の機能は、暗号化に問題が生じるときに、密猟者と猟場の番人という二面性を持つことになると、Haldeman と Heninger は述べている。 そして、この諜報機関は、Diffie-Hellman の弱点は利用するが、問題の修正のためには努力しないだろう。
 
“This state of affairs puts everyone’s security at risk. Vulnerability on this scale is indiscriminate—it impacts everybody’s security, including American citizens and companies—but we hope that a clearer technical understanding of the cryptanalytic machinery behind government surveillance will be an important step towards better security for everyone,” they wrote.
 
そして彼らは、「 この不安定な状態は、すべての人々に、セキュリティ上のリスクをもたらす。そして、このスケールの脆弱性は無差別なものとなり、アメリカの市民と企業を含む、全体的なセキュリティに悪影響をおよぼす。その一方で、この政府による監視の背景となる、暗号解読の手法を技術的に理解することで、すべての人々のための、より良いセキュリティへと向けた、重要な一歩が記されることを、私たちは願っている」と述べている。
 
Weaver said it was critical that users who wish to protect themselves from “Applied Kleptography” or stealing of digital keys for mass surveillance move away from 1024-bit Diffie-Hellman.
 
Weaver のマトメは、Applied Kleptography や監視社会のデジタル・キー盗難から身を守りたいユーザーは、1024 Bit Diffie-Hellman を捨てるべきというものだ。
 
Devices deployed today will be in use for a decade, the researchers wrote, which is as long as adverseries can use the above-mentioned techniques for eavesdropping and interception.
 
現時点でマーケットに供給されているデバイスは、これからの 10年に渡って使用されていくだろう。ただし、それは、前述の盗聴や傍受のテクニックに対して、それらが対抗できる場合に限るというのが、研究者たちの結論である。
 
ーーーーー
research_55この記事を、昨日の夕方に見つけてから、どうしたものかと悩みましたが、自分の中でもくすぶっていた疑問だったので、とにかく、再優先で訳してみました。 重たいテーマなので、ちょっと疲れましたが、分からなかったことが、少しでも明らかになると、これからウォッチすべきものも見えてきます。 それにしても、この記事を書いた  Juha Saarinen さんは素晴らしいジャーナリストですね。 先月にポストした「クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!」という抄訳も、オリジナルは彼のものです。文中で参照している Nicholas Weaver さんのサイトなどを、おそらく毎日のように、チェックしているのだと思います。こうして分かりやすく書いてもらえるので(訳は苦労しますが)、とても助かります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Cloud Storage の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使うために!
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
 

Comments Off on 米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-idc-says-the-second-wave-of-the-cloud-is-coming-but-only-1-percent-fully-prepared/
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
 
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
 
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
 
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
 
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
 
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
 
Other findings from the IDC report include:
 
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
 
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
 
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
 
ーーーーー
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
 

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

%d bloggers like this: