Agile Cat — in the cloud

Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

Posted in AI ML, Cisco, Network, Security by agilecat.cloud on August 25, 2016
Cisco amps up network security with new cloud system and machine learning softwa
Teena Maddox – July 11, 2016
http://www.techrepublic.com/article/cisco-amps-up-network-security-with-new-cloud-system-and-machine-learning-software/
 
techrepublic
 
At the 2016 Cisco Live event on Monday, Cisco CEO Chuck Robbins announced a new cloud policy management system and software to provide better network security for enterprise customers.
 
この月曜日 (7/11) に開催された 2016 Cisco Live で、同社の CEO である Chuck Robbins が発表したのは、エンタープライズのために改善されたネットワーク・セキュリティを提供するための、新しいクラウド・ポリシー管理システムとソフトウェアである。
 
The Cisco Defense Orchestrator is a cloud-based portal that connects on-ground infrastructure and pulls it into the cloud. The Defense Orchestrator allows for security policy analysis, policy orchestration and automation, as well as monitoring and reporting to simplify policy management from the cloud.
 
cisco_chuckCisco CEO Chuck Robbins at Cisco Live 2016.
Image: Cisco
 
それが Cisco Defense Orchestrator と呼ばれるクラウド・ベースのポータルであり、現場のインフラを接続し、それらとクラウドに取り込むものである。そして、セキュリティ・ポリシー分析や、ポリシーのオーケストレーションと自動化を達成し、さらには、クラウドからのポリシー管理を簡素化するための、モニタリングとレポートの機能を実現する。
 
“We’ve got this deployed with early customers. We find customers have different policies across their entire network,” Robbins said. The Orchestrator, however, will give them consistent security management from the cloud and allow users to react to emerging threats faster.
 
Robbins は、「すでにアーリー・ステージの顧客に対して、すでにデプロイメントが開始されている。そして、私たちは、ネットワーク全体を、異なるポリシーで管理している顧客を探しているところだ」と述べている。そして、Orchestrator は、クラウドから一貫したセキュリティ管理を提供し、顧客が遭遇する新たな脅威に対して、迅速な対応を可能するものでもある。
 
“When you see a critical threat, you need to be able to move quickly,” Robbins said.
 
Robbins は、「重大な侵害が見つかれば、それを、迅速に切り離す必要があるはずだ」と述べている。
 
In the morning’s second announcement, Robbins said that Cisco is using advanced machine learning to detect threats. The Cisco Stealthwatch Learning Network License is a simple software upgrade that gives organizations the ability to determine where the most advanced threats are within their network, no matter how deep it goes.
 
この日の二つ目の発表において、Cisco はセキュリティ上の脅威を検出するために、高度な機械学習を使用していると述べた。その Cisco Stealthwatch Learning Network License は、シンプルなソフトウェア・アップグレードとして提供され、顧客に対して新たな機能を提供するものとなる。具体的に言うと、顧客のネットワーク内に潜み、破壊力を最も高めている脅威を、あらゆる深度において見つけ出す能力が提供されるという。
 
“Perimeter security isn’t sufficient any more,” Robbins said.
 
Robbins は、「境界線を保護するだけのセキュリティでは、もはや十分な対処が不可能になっている」と発言している。
 
cisco_stealthImage: Teena Maddox TechRepublic
 
The announcements were made to the more than 28,000 attendees at Cisco Live, which is being held at the Mandalay Bay Conference Center and runs through July 14. The company will touch on a variety of topics throughout the week, including IoT, drones, connected cities, and the cloud.
 
一連のアナウンスメントは、Mandalay Bay Conference Center で 7月14日までを回開催された Cisco Live で、28,000名の参加者に対して発信された。同社は、IoT/ドローン/コネクテッド・シティ/クラウドなどを含む、さまざまなトピックに触れていた。
 
“A year ago I joked technology had moved from the basement to the boardroom. But now technology is fundamentally the strategy of every organization,” Robbins said.
 
「テクノロジーは地下室から役員室へと移動すると、一年前に冗談を言った。しかし、いまやテクノロジーは、すべての組織における戦略の基本となった」と、Robbins は発言している。
 
Innovation in technology has to start at the top, whether it’s a CEO of a company, a mayor of a city, or the prime minister of a country, Robbins said.
 
そして彼は、テクノロジーにおけるイノベーションは、企業の CEO や、自治体の市長、または国家の首相といった、トップから始まっていると述べている。
 
“We hit an inflection point in 2015,” Robbins said. “We moved through this time where we were discussing what it was, what is IoT, IoE, digitization, what is it. We’ve moved to a place now where every organization is trying to understand what does it mean to me, what does it mean to us, and what should we be doing in the context of all the technology that is available.”
 
さらに彼は、「私たちは、2015年に、進むべき方向性の変化に遭遇した。その時期をくぐり抜けながら、私たちは、これまでの事につて、そして IoT/IoE/ディジタライゼーションについて、議論を重ねてきた。そして、私たちがたどり着いた場所は、個人にとって、また、社会にとって意味のあるものを、それぞれが理解しようとする世界だった。言い換えるなら、あらゆるテクノロジーの文脈の中で、私たちが進めるべきものが、実現されていく世界である」と述べている。
 
Robbins also talked about Cisco’s push to acquire companies, mentioning that Cisco has already acquired more than 190 companies, and 15 of those have happened since he became CEO in May 2015. Recent acquisitions include Jasper Technologies.
 
Robbins は、Cisco における企業買収についても触れた。同社は、これまでに 190h社以上の企業を買収してきたが、彼が CEO に就任した 2015年5月以来、その数は15社に昇るという。もちろん、直近の買収は、Jasper Technologies である。
 
“Jasper is the largest commercially-available IoT platform in the world. There are currently 31 million devices connected to Jasper. That’s a good start. We’re adding a million a month right now. As an example, there are 8 million connected vehicles on the Jasper platform today. This is a really important acquisition for us,” Robbins said.
 
「Jasper は、世界で最大の 商用 IoT プラットフォームである。現時点で、Jasper は 3100万のコネクテッド・デバイスを有している。それは、私たちにとって素晴らしスタート・ポイントであり、また、いまは 100万/月のペースで、デバイスが追加されている。たとえば、現時点で 800万のコネクテッド・カーが、Jasper にはある。つまり、私たちにとって、きわめて重要な買収なのである」と、Robbins は述べている。
 
After an acquisition, knowing when to integrate it quickly, or keeping it separate is key. With the acquisition of Lancope, they quickly integrated it in order to hone Lancope’s Stealthwatch product into the one that Cisco announced today.
 
なんらかの買収が行われた後には、素早く統合するのか、もしくは、別々の状況を維持するのかというという判断が、とても重要になる。たとえば、Lancope の買収の場合は、今日の Cisco がアナウンスしたように、そのプロダクトの中に Lancope の Stealthwatch を統合するという判断が下された。
 
“Our acquisition strategy is core. It’s core to our overall innovation strategy,” Robbins said.
 
「私たちの買収戦略は、コアに直結するものになる。つまり、その事自体が、全社的なイノベーション戦略の中核なのだ」と、Robbins は述べている。
 
Innovation will likely continue at Cisco, with the company spending $6 billion annually on R&D, and with $2.2 billion invested in startups around the globe, he said.
 
Cisco では、R&D に年間で $6 billion を費やし、また、世界中のスタートアップに $2.2 billion を投資することで、そのイノベーションが継続されるとも、Robbins は発言している。
 
Last August, Apple and Cisco announced a strategic partnership for iOS enterprise users. At the keynote, Robbins said he’s often asked what happened to that deal and for its status. He said, “Well, we went to work. We’re almost ready to launch.”
 
昨年の 8月に、Apple と Cisco は、エンタープライズ iOS ユーザーのために、戦略的パートナーシップを発表した。今回のキーノートで Robbins は、その契約の内容や状況について質問されることが多いと説明していたが、「両社は協調しており、立ち上げの準備がほぼ整ってきた」とも発言している。
 
Apple CEO Tim Cook appeared in a video at the keynote, and mentioned the Cisco partnership, but didn’t give specifics on the partnership, other than mentioning Cisco’s new Spark app and how it will integrate with the iPhone and iOS 10.
 
キーノートには、Apple の CEO である Tim Cook もビデオで出演し、Cisco とのパートナーシップについて述べている。しかし、Cisco の新しい Spark アプリが、iPhone と iOS10 に統合されると言及したのみであり、それ以外のパートナーシップについては、詳細は提供されていない。
 
As reported in ZDNet, Cisco’s third quarter earnings were better than expected, with fiscal third quarter earnings of $2.3 billion, or 46 cents a share, on revenue of $12 billion. Although, that’s down from $12.1 billion during the same period the previous year. Excluding the company’s divested video business, sales were up 3%. Non-GAAP earnings were 57 cents a share, two cents ahead of expectations.
 
ZDNet がレポートしたように、Cisco の業績は予想を上回るものとなっている。同社の会計年度 Q3 (2月〜4月) は、$12 billion の売上と、$2.3 billion の純利 (1株あたり46セント) となるが、前年同期の $12.1 billion と比べると、若干のダウンとなる。同社が売却したビデオ事業を除くと、売上高は 3% ほど増加している。また、Non-GAAPベースの利益は、1株あたり 57 セントであり、予想を  2セント上回っている。
 
ーーーーー
Cisco文中の、「テクノロジーは地下室から役員室へ」という話は、最近のトレンドを表す、とても面白い表現だと思います。先週に、「NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える」という抄訳をポストしていますが、大まかなところで、同じ方向性を示しているように思えます。未経験のサイバー侵害を、クラウドと機械学習により防ぐという、この Cisco のソリューションに注目ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google や Microsoft などから出資を取りつけた!
 

Comments Off on Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

Posted in .Selected, Cisco, IBM, IoT by agilecat.cloud on June 15, 2016
IBM and Cisco continue their love affair with big partnerships by partnering with each other
Julie Bort – Jun. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/ibm-cisco-launch-fog-computing-partnership-2016-6
 
_ Business Insider
 
IBM and Cisco announced a new partnership that will combine IBM Watson’s Internet of Things analysis cloud software with Cisco’s new “fog computing.” The Internet of Things (IoT) is when sensors are installed in all kinds of objects to collect data on them.
 
IBM と Cisco が公表した新しいパートナーシップとは、クラウド上に展開される Watson の IoT 分析と、Fog Computing を連携させるというものだ。言うまでもなく、IoT とはセンサーがインストールされた各種のオブジェクトから、データを集めるものである。
 
IBM WatsonIBM CEO Ginni Rometty
 
Large companies are installing such sensors on equipment which helps them see how much the equipment is working and when it is about to fail. The problem is, in remote areas, all that data being generated by sensors isn’t being collected and analyzed.
 
エンタープライズたちは、センサーなどを機器にインストールし、どれだけの正常に機能しているのか、もしくは、異常を引き起こしているのかを参照しようとする。この種のリモート・アクセスにおける問題点は、センサーにから生成された全データが、収集されない場合もあり、また、分析されない場合もあることだ。
 
That’s what Cisco’s fog computing is all about. It uses the network to grab and analyze data from remote locations.
 
そこが、Cisco の Fog Computing が活躍する場である。そこでは、リモートのデータを収集/分析するための、ネットワークが活用されることになる。
 
Put them together: IBM’s super smart Watson analytics service and Cisco’s ability to grab and analyze sensor data even in far-flung locations, and you get the gist of this partnership.
 
IBM Watson のスマートな分析サービスと、遠隔地のセンサー・データを取得/分析する Cisco の能力を、組み合わせるというパートナーシップであれば、誰もがその意味を理解するだろう。
 
IBM-CiscoClick to Large >>>
 
Here’s a graphic that explains what this new IoT partnership is all about.
 
このインフォグラフィクスは、両社の IoT パートナーシップの全容を示すものである。
 
Their first customer is Bell Canada, who is is partnering with this team to offer IoT services over its 4G network. In other words, a Canadian company that has lots of remote locations in the middle of nowhere can use Bell Canada’s 4G network and IoT services to collect and analyze that data. And the service is powered by the IBM/Cisco partnership.
 
両社の最初の顧客は Bell Canada であり、このチームが提供する IoT サービスを、その 4Gネットワーク上で運用する。言い換えるなら、この Canada 企業は、たくさんのリモート・ロケーションを抱えているだけであり、自身の 4Gネットワークと IoT サービスを活用すれば、データの収集/分析を達成できるのだ。もちろん、それらのサービスは、IBM/Cisco のパートナーシップが提供する。
 
The CEOs of both of these companies have been going full-steam ahead with big, powerful joint product/sales partnerships in recently. Under IBM CEO Ginni Rometty, IBM has launched groundbreaking partnerships with Apple, as well as with Twitter, Tencent, amd others. Cisco also announced a huge partnership with Apple, as well as one one of its old big rivals Ericsson.
 
最近の両社の CEO は、製品と販売に関するパワフルで大掛かりな提携を、全力で推し進めている。IBM は CEO である Ginni Rometty の下で、Apple だけではなく Twitter と Tencent とも大掛かりな提携を開始している。Cisco も Apple との提携をアナウンスしているが、昔からのライバルである Ericsson ともパートーナシップを結んでいる。
 
ーーーーー
IoTIBM の IoT ですが、その他のベンダーと比べると、情報が少ないように思えます。というわけで、同社の Web を参照してみたところ、Watson IoT 事業部を、この 3月1日から新設と説明されていました。Watson の API およびサービスを IBM のクラウド上で提供し、コグニティブ IoT のソリューションとサービスの開発を加速させると述べています。数十億にのぼるデバイス、センサー、システムなどが相互に接続し、連携する IoT の世界では、複雑で膨大なデータの理解を実現する、コグニティブ・コンピューティングが不可欠とも発言していますが、なんとなく言いたいことが分かります。その一方では、Cisco のフォグと連携することで、データの収集に関しては、そちらに任せてしまおうという戦略なのでしょう。これからが、楽しみですね。_AC Stamp
ーーーーー
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の調査: ウェアラブルのポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Comments Off on IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on May 23, 2016
Internet of Things: How Can Businesses Monetize IoT Technologies?
Dick Weisinger – May 20th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-how-can-businesses-monetize-iot-technologies/
_ formtek
IoT is expected to revolutionize the way many industries work, but it’s also expected to be a blockbuster in terms of the dollars of revenue it will generate for those businesses that use it.  Cisco estimates that IoT will generate $8 trillion in new revenues and value over the next decade.  But a CapGemini report found that over 70 percent of companies that use it do not generate service revenues from IoT.
 
IoT は、数多くの産業に革命をもたらすと期待されるだけではなく、それを用いる企業に対して、莫大な収益をもたらすドル箱になるとも期待されている。Cisco の推定によると、これからの 10年間において、IoT は $8 trillion という新たな収益源に成長するとされる。しかし、CapGemini のレポートは厳しい見方を示している。数多くの企業が IoT 市場に参入するが、なんと 70% もの企業が、IoT サービスから収益を上げられないと主張しているのだ。
 
Seurat_12Chris Dedicoat, president, EMEAR for Cisco, said that “digital disruption is all around us and it’s having massive implications for business. Digitization and the expansion of the Internet of Things is a catalyst for growth, which is driving new economic models and enabling organizations to remain competitive and embrace the pace of change happening globally. This report clearly demonstrates that digitization and the IoT will deliver long term efficiencies and growth opportunities across a wide range of industries.”
 
Cisco の EMEAR President である Chris Dedicate は、「私たちを取り囲むデジタルによる破壊と再生は、ビジネスにも密接に関わりあってくる。デジタライゼーションと IoT の拡大が成長のための触媒となり、新しい経済のモデルをドライブしていく。それにより、企業は競争力を維持し、グローバルで生じている変革のスピードに対応していく。この CapGemini のレポートが、明らかに示しているのは、デジタライゼーションと IoT がもたらす効果は長期間にわたるものであり、また、その成長のチャンスは産業界の広範囲におよぶという点である」と述べている
 
Brendan O’Brien, Co-founder of Aria Systems, said that for IoT  “the huge upside has yet to materialize.  While many companies are driving customer service, operational, and supply chain improvements using IoT, most companies are still working in the margins when it comes to monetizing IoT. When companies upgrade their systems only then can the hype be actualized.”
 
Aria Systems の Co-founder である Brendan O’Brien は、「IoT が急上昇しているが、マネタイズに関しては、まだ具体化していない。数多くの企業が IoT を使用しており、また、顧客サービス/運営形態/サプライチェーンなどを改善している。ただし、IoT によるマネタイズのことになると、大半の企業が直視していない状況にある。つまり、それらの企業は、自社のシステムを IoT に対応させることで、誇大なマーケティングを実施しているに過ぎないのだ」と述べている。
 
An article on Wired by CapGemini’s Jerome Buvat explored possible ways in which IoT can be monetized.  These include:
 
CapGemini の Jerome Buvat が Wired にポストした記事では、IoT でマネタイズを実現するための方式が深掘りされている。
 
  • Connectivity.  Businesses can sell IoT-capable devices.  For an additional fee the device can enabled so that it can be monitored remotely by App or API.
  • Subscription.  For a subscription additional capabilities and upgrades for a device are available.  Similar to software subscriptions.
  • Ecosystem Platform. Vendors can offer a platform that their devices can operate in.  The platform provides services and support.  Users can in turn create applications that work in the platform and resell those capabilities within the platform.
 
  • Connectivity. 企業は、IoT 対応のデバイスを販売できる。そして、App や API により、それらのデバイスをリモートで監視するようにしておけば、付加的な対価を得られるだろう。
  • Subscription. 対象となるデバイスに対して、付加的な機能のサブスクリプションとアップグレードを提供すれば、ソフトウェア・サブスクリプションのようなマネタイズが達成される。
  • Ecosystem Platform. ベンダーたちは、自社のデバイスを運用するための、プラットフォームを提供できる。そして、このプラットフォームにより、サービスとサポートが提供される。そのユーザーたちは、このプラットフォームで動作するアプリケーションを次々と開発し、また、プラットフォーム内で再販することができる。
 
ーーーーー
On MondayIoT では、膨大な数の商取引が発生するはずですが、そのためには、自動化の仕組みが前提になるのでしょう。つまり、エッジ・デバイスが数十億という規模に成長しても、自動的な契約と課金の仕組みがない限り、それらのデバイスからの収益性は、依然として安定しないという状況が発生するはずです。つまり、いまのIoTにおいては、それらのエッジ・デバイスを商用化する際の、一貫した方式というものは存在していないのです。そして、おそらく、ここがブロックチェーンの活躍する場となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
 

Comments Off on IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 13, 2016
APAC to drive almost half of global mobile data by 2020
Eileen Yu – March 7, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-to-drive-almost-half-of-global-mobile-data-traffic-by-2020/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region will drive 45 percent of the world’s mobile data traffic by 2020, with economies such as China, India, and Indonesia, leading overall growth.
 
Asia-Pacific 地域は、China/India/Indonesia などの経済成長を支えられ、2020年までにモバイル・データ・トラフィックの 45% を占め、グローバルでの成長をリードしていく。
 
Smart mobile devices and connections also would account for 72 percent of the region’s total mobile connections, up from 35 percent in 2015, according to Cisco Systems’ latest Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast. Smart devices are defined as those with advanced computing and multimedia capabilities, and support at least 3G connectivity.
 
Cisco Systems の Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast 最新版によると、この地域の総モバイル・コネクションに対して、スマート・モバイル・デバイスのコネクションは 2015年に 35% も上昇し、全体の 72% を占めるに至っている。このスマート・デバイスの定義であるが、高度なコンピューティングおよびマルチメディアの機能を有し、少なくとも 3G 接続を実現するものとされている。
 
Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic ForecastClick to Large
 
The report further noted that the world would be home to 5.5 billion mobile users by 2020, or 70 percent of global population, which was expected to hit 7.8 billion.
 
さらに、このレポートは、2020年のグローバル・モバイル・ユーザー数に関して、55億人に達するだうと指摘しているが、この数字は、その時点で 78億人と予測される、世界人口の 70% に相当する値となる。
 
The index noted that increasing adoption of mobile devices and demand for mobile content, as well as more expansive mobile coverage, would fuel Asia-Pacific’s growth two-fold faster than the global population over the next five years. Smart devices would drive 98 percent of mobile traffic in the region by 2020. In addition, smartphones would contribute 81 percent of total mobile traffic, up from 76 percent in 2015.
 
ただし、この指標は、モバイル・デバイスの普及と、モバイル・コンテンツへの需要の、上昇を指摘しているだけではない。つまり、膨大なコストを必要とするモバイル環境の整備が、これから 5年間のアジアでは、グローバルの二倍のスピードで進んでいくことになるのだ。その結果として、この地域におけるスマート・デバイスは、2020年の時点で、モバイル・トラフィック全体の 98% に達すると予測されている。また、スマートフォンが生み出すトラフィックも、2015年との比較で 76% も上昇し、モバイル・トラフィック全体の 81% を占めるとされている。
 
Citing figures from the Infocomm Development Authority of Singapore, the Cisco report noted that mobile data usage in the city-state had grown from almost 8 petabytes in 2013 to 10.9 petabytes last year. Furthermore, 98 percent of the country’s mobile connections were either 3G or 4G broadband, with users spending an average two hours a day on their mobile device.
 
Singapore の Infocomm Development Authority の数字を引用するかたちで、Cosco レポートが指摘するのは、この都市国家におけるモバイル・データ使用量が、2013年の 8 Peta Byte から、2015年の 10.9 Peta Byte へと増えている点である。それに加えて、同国のモバイル・コネクションの 98% が 3G/4G であり、それぞれのユーザーが、1日あたり 2時間を、モバイルに費やしているという。
 
Cisco’s Singapore and Brunei country manager Ang Thiam Guan said: “The statistics show that mobility powered by fast and efficient connectivity is taking on a central role in the lives of consumers and businesses. As a smart nation, Singapore needs to focus on enhancing and securing its telecommunications infrastructure and mobile technologies to enable citizens to tap into the fullest benefits of mobility.”
 
Cisco の Singapore and Brunei Country Manager である Ang Thiam Guan は、「この統計が示すのは、高速性と効率性を備えたモバイルのパワーが、個人と企業の日常における中心的な役割を担う点である。先進国家である Singapre は、モバイルのメリットを市民が最大限に享受できるよう、通信インフラおよびモバイル技術を強化し、セキュリティを高めていく必要がある」と述べている。
 
Doug Webster, Cisco’s vice president of service provider marketing, concurred, noting the importance of security as more people connected to the web and mobility became the predominant medium driving digital transformation.
 
Cisco の VP of Service Provider Marketing である Doug Webster も、モバイルにより多くの人々が Web でつながり、それにより、デジタル・トランスフォーメーションが促進されるにつれて、セキュリティの重要性が増してくるという指摘に、同意している。
 
“Future mobile innovations in cellular, such as 5G, and Wi-Fi solutions will be needed to further address new scale requirements, security concerns, and user demands,” Webster said. “IoT (Internet of Things) advancements will continue to fuel tangible benefits for people, businesses, and societies.”
 
そして Webster は、「5G や Wi-Fi といったソリューションがもたらす、未来のモバイル・イノベーションは、新たなスケール要件/セキュリティの懸念/ユーザーの要求に対して、取り組んでいく必要がある。そして、IoT (Internet of Things) の進化は、個人/企業/社会に対して、具体的なメリットを提供し続けるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
2014_06_05_apac_smartphoneasia-pacific 22014年6月に、Ericsson のデータをベースにした、「これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートが目に焼き付いています。こちらは、スマフォのサブスクリプション数を示すものであり、本文にあるモバイル・データとは異なるものですが、双方の関連性はというと、きわめて強いものとなります。マーケットの規模からすると、最初に中国が突っ走り、それをインドやインドネシアが追いかけるという展開だと思いますが、この勢いはまだまだ続きそうですね。そのような相似が、この2つのチャートから、見て取れます。そして、重要になってくるのはセキュリティの管理ですが、モバイル・デバイス自身というよりは、そこにつながるクラウド・アカウントのプロテクションが、最大のポイントになるでしょう。Agile Cat  の場合は、重要なクラウド・サービスで二段階認証を使用していますので、そのキーとなるスマフォは、おかげさまで、持ち歩けないスマフォとなってしましました🙂 でも、まぁ、いまは MVNO が安いので、そのためにSIM を一枚使うのもアリだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
Nintex が日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている

Posted in Enterprise Social, On Monday, Research by agilecat.cloud on February 22, 2016
Shadow IT: It’s Real — Companies Using Hundreds of Unauthorized Cloud Services
Dick Weisinger – February 18th, 2016
http://formtek.com/blog/shadow-it-its-real-companies-using-hundreds-of-unauthorized-cloud-services/
_ formtek
A study by IBM found that one-third of employees at Fortune 1000 companies share corporate data using third-party apps.  Often they reuse corporate login credentials when setting up these unauthorized accounts.
 
IBM の調査によると、Fortune 1000 企業の従業員の 1/3 が、サードパーティのアプリを用いて、企業データを共有していることが分かった。そして、これらの未承認アカウントを設定するとき、数多くの従業員たちが、所属する企業のログイン資格情報を再利用しているという。
 
Vermeer_1Is it really that bad?  It may be worse.  A recent study by Cisco quantifies the gap between what IT groups think its employees do and what they actually are doing.
 
それが、本当に良くないことなのかと言えば、悪化することがあり得るという答えになるだろう。 最近の Cisco による調査は、情シスが従業員に望むこと、および、実際に従業員が行っていることのギャップを、定量化している。
 
About one year ago, Cisco asked IT groups how many cloud services that their companies were using.  The average response: 91.
 
おおよそ1年前に、いくつかの情シス部門に対して、Cisco は質問している。 それは、あなたの企業が利用している、クラウド・サービスの種類を教えてほしいという問いであったが、そのときの回答は、平均で 91 種類というものであった。
 
As a verification, Cisco next looked at the web traffic of those same companies.  After subtracting out traffic to standard web sites, they found that companies actually were using on average 630 cloud services.  More recently they ran those same tests again and found that the average had now jumped to 1220 web services per company.  The results were similar for almost all types of companies, regardless of the industry  — even manufacturing, oil and gas, financial services and healthcare showed high usages of cloud services.
 
それに続く検証として、Cisco が行ったことは、それぞれの企業における Web トラフィックの測定である。標準的な Web サイトへのトラフィックを差し引いたところで、それぞれの企業が実際に利用しているクラウド・サービスが、平均で 630 種類に達していることが分かった。そして、最近になって、同じテストを実施したところ、それらの企業が利用している Web サービスの種類が、1220 種類に跳ね上がっていることが判明した。その結果は、業種の違いには関係なく、すべての企業で類似していた。さらに言うなら、製造業/石油/ガス/金融/ヘルスケアであっても、クラウド・サービスの利用が高いという結果が示されていた。
 
Bob Dimicco, senior director, of advanced services at Cisco, said that “when you step back, Shadow IT has been around for years. What’s new or interesting is that the data here is not from a qualitative survey, it’s the actual traffic to the cloud and the system has enough granularity to differentiate.”
 
Cisco の Senior Director of Advanced Services である Bob Dimiccoは、「俯瞰して眺めてみると、この数年で、Shadow IT が広まっていることが分かる。定性的な調査とは異なり、このデータからは、新たな傾向などが見えてくる。つまり、クラウドとシステムへ向けた実際のトラフィックが、充分な精度をもって識別されている」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayシャドウ IT に関しては、2014年の11月に、「シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果をチャートで ど〜ぞ!」という抄訳をポストしています。その時の調査は、Skyhigh Networks という企業が実施したものであり、見つけ出されたシャドウ IT がセキュアであり、適切にライセンスされていることを確認していくという、どちらかと言うと、肯定的な視点からの取り組みとなっていました。 おそらく、現状において、シャドウ IT を禁止することは不可能であり、また、可能だとしても、それを実施すると、業務に支障が生じるのでしょう。 情シスがクラウドの選定に対して前向きに取り組み、企業のクラウド化が進んでいくことが理想なのですが、それまでは、シャドウ IT を利用する個人や部門が、その利用範囲を適切に制限していくことが不可欠なのでしょう。 つまり、一人一人の従業員に課せられたクラウド・リテラシーが、とても大切な時代なのだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りる
 

Comments Off on Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている

IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday by agilecat.cloud on January 4, 2016
Internet of Things (IoT): The Number of Connected IoT Devices Expected to Grow Exponentially
Dick Weisinger – December 24th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-the-number-of-connected-iot-devices-expected-to-grow-exponentially/
 _ formtek
McDonald’s restaurants used to count the number of hamburgers sold.  In 1962 they hit one million.  By the mid-1970’s they were counting in the billions.  In 1976 it was 20 billion.  The signage displayed on the golden arch logo at each restaurant kept a rough tally of the count of how many hamburgers all restaurants had sold.  Eventually the count got too high and the golden arch sign changed to read simply “billions and billions”.  Basically the number got too big to keep tracking.
 
その昔、マクドナルドは、販売されたハンバーガーの数をカウントしており、その数が 100万に達したのは 1962年だとされる。そして、1970年代の半ばには 10億となり、1976年には20億に到達した。それぞれのマクドナルド店に設置された黄金のアーチは、どれだけのハンバーガーが売れたのかという大まかな累計を、サイネージ表示するためのものであった。しかし、最終的には、その数が大きくなり過ぎたので、黄金アーチのディスプレイは、Billions and Billions というシンプルなものに変更された。 なぜなら、継続してトラッキングできないほどに、その数が膨大になっていったからだ。
 
Sisley_24Will the same fate eventually hit the Internet of Things (IoT)?  That we’ll lose track of how many devices we’ve connected to the internet?  In our now digitally- and data-obsessed world, probably not.  Especially since devices aren’t consumed the same way that hamburgers are.  By any count though, there are already a lot of IoT devices.
 
それと同じ運命が、最終的に Internet of Things (IoT) にも訪れるのだろうか? つまり、インターネット接続されたデバイス数も、トラッキングできなくなるのか? 心配は無用だ。現代に生きる私たちは、デジタルとデータをコントロールしているため、そんな事にはならないだろう。さらに言うなら、デバイスはハンバーガーとは異なり、人間の胃袋に収まってしまうものでもない。しかし、大量の IoT デバイスが、すでに存在しているとは言え、その数え方は様々だ。
 
Gartner estimates that by next year there will be about 6 billion internet-connected devices with 5.5 million devices added daily, eventually growing to 20.1 billion by 2020.  Cisco estimates that there are actually 10 billion IoT devices among a pool of potentially 1.5 trillion devices that could be enabled.
 
Gartner の推定によると、2016年は 1日あたり 550万のデバイスが追加され、全体では 60億の IoT デバイス数に達し、2020年には 201億まで成長することになる。 Cisco の推定よると、現時点で 100億の IoT デバイスが存在するが、IoT に対応が可能な母数としてのデバイス数は、1.5兆に至るという。
 
Jim Tully, vice president and analyst at Gartner, said that “IoT services are the real driver of value in IoT, and increasing attention is being focused on new services by end-user organisations and vendors.  Aside from connected cars, consumer uses will continue to account for the greatest number of connected things, while enterprise will account for the largest spending.  Connected things for specialized use are currently the largest category, however, this is quickly changing with the increased use of generic devices. By 2020, cross-industry devices will dominate the number of connected things used in the enterprise.”
 
Gartner の VP and Analyst である Jim Tully は、「IoT の価値という観点では、実際の推進役は IoT サービスとなる。そして、エンドユーザー企業やベンダーたちは、新たなサービスにフォーカスしようとしている。自動車からの接続とは別に、一般の消費者も、あらゆるものを接続しようとし、それに対応する企業は、大規模な支出を求められる。現時点における大規模なカテゴリは、特殊な用途のために IoT 接続されるものだが、汎用的なデバイスの利用が広まるにつれて、カテゴリの構造が大きく変化していく。また、2020年までには、複数の業界を横断するデバイスが、エンタープライズで使用され接続デバイスの、大半を支配するようになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayこのポスト自体は、昨年のクリスマス・イブのものです。 なんか、普段とはちょっと違う、年末・年始モードの Dick Weisinger さんという感じです🙂 それにしても、1962年から、こんなことをマックは考えていたのですね。 この年は、ビートルズがデビューした年であり、日本の TV 受信者が1000万件を突破した年なのです。一方は伝説という称号を得て、もう一方は主役から降りていくという、50年という時間の長さを感じてしまいますが、やはりコンテントは強いですね! その反面、それらの情報を支える、プラットフォームやインフラの世界は儚いです。 まぁ、儚いからこそ、大きなイノベーションが起こるので、それは、それで良いのでしょう。 それと、こちらが本題なのでですが、そろそろ、それぞれの調査会社による IoT に関する数値が、もう少し歩み寄っても良い頃だと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
 

Comments Off on IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-idc-says-the-second-wave-of-the-cloud-is-coming-but-only-1-percent-fully-prepared/
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
 
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
 
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
 
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
 
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
 
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
 
Other findings from the IDC report include:
 
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
 
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
 
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
 
ーーーーー
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
 

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

%d bloggers like this: