Agile Cat — in the cloud

中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 8, 2016
China has made an incredibly quick switch from 3G to 4G
Steven Millward – Jun 21, 2016
https://www.techinasia.com/china-quick-switch-to-4g
 
_ tech in asia
 
Two-and-a-half years after China’s 4G mobile networks first switched on, the nation now has 562 million 4G subscribers across its three main telcos.
 
China においては、4G モバイル・ネットワークへの移行が二年半前から始まっているが、同国の Top-3 テレコムの 4G サブスクライバーを合算すると、すでに 5.62億人に達しているという。
 
For-Chinas-low-wage-workers-this-startup-provides-loans-for-iPhonesPhoto by Leniners.
 
That’s out of a total of 1.3 billion mobile SIM subscribers, according to the latest data from the three carriers – China Mobile, China Telecom, and China Unicom. The number is so high as some individuals have more than one number.
 
China Mobile/China Telecom/China Unicom の最新のデータによると、モバイル SIM のサブスクライバーは、全体で 13億人になるという。複数のカウントを持つ人がいるにしても、その数値はきわめて高い。
 
The whole of North America had 219 million 4G subs at the last count.
 
ちなみに、NorthAmerica の 4G サブスクライバーは 2.19億人であると、最新データが伝えている。
 
China’s switch from 3G to 4G was relatively swift as most adults already owned a smartphone. All the telcos had to do was offer some incentive for people to change to the faster phone service. Monthly 4G plans being a bit cheaper than 3G ones seems to have done the trick.
 
ほとんどの成人が、すでにスマートフォンを所有していたとしても、China における 3G から 4G へのシフトは、とても素早いと思える。前述のテレコムたちが行ってきたことは、よリ高速なサービスへと、人々が乗り換えさせるための、インセンティブの提供であった。月額の料金において、4G が 3G よりも少し安くなるなど、いくつかのトリックがあったようだ。
 
China Mobile is the only telco to report how many 3G subscribers it has separate from its 4G signups. Those numbers give us a clear picture of the rapid flip:
 
China Mobile だけが、4G と 3G のサブスクライバーに関して、それぞれの推移をレポートしている。同社が提供する一連を数字を見比べると、きわめて短期間のうちに、4G と 3G が逆転しているようだ。
 
China-switches-from-3G-to-4GClick to Large >>>
Data of China Mobile
 
 For that particular telco, the changeover happened between July and August last year. You’ll also notice that China Mobile is having much more luck with 4G than it did with its 3G. That’s because China’s government forced the nation’s top telco to use the peculiar TD-SCDMA 3G system, which no other place in the world used, resulting in a poor choice of phones available to consumers.
 
China Mobile だけに限ってみると、昨年の 7月〜8月 で逆転現象が起こっていることが分かる。そして、同社にとっては、3G から 4G への切り替えが、とても幸運な出来事であったと気づくだろう。その理由は、China 政府が取ってきた政策にある。このトップ・テレコムの 3G 時代においては、独特の TD-SCDMA3G システムという、世界では通用しない方式の利用が強制されていたのだ。その結果として、一般消費者に提供されるデバイスも、お粗末なものとなっていた。
 
Xiaomi was China’s top selling phone brand in 2014 and 2015, but Huawei looks set to grab the top spot this year.
 
ちなみに、China のスマートフォン市場において、2014年と 2015年のトップ・ブランドは Xiaomi であったが、その座を Huawei が奪おうとしている
 
More China data:
 
 
ーーーーー
asia-pacific 2一ヶ月ほど前に、すでに 5億人を突破したらしいというニュースを、チラッと見たような気がしていましたが、5.6 億人に達していたのですね。 そのうち、文中のチャートに示されている China Moble が 4.1 億人ほどなので、China Telecom と China Unicom で、残りの 1.5 億を分けあっていることになります。中国のフラッグシップ・スマフォは、何と言っても Huawei 製の Nexus 6 でしょう。また、Xiaomi の Redmi 3 も、素晴らしい機能を低価格で提供しています。中国のデバイスと、テレコムと、ユーザーが、自身のマーケットだけではなく、世界のバランスを大きく変化させているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した9年間
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
 

Comments Off on 中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on May 25, 2016
China market: 780 million smartphone-based active surfers in 2015, say report
Adam Hwang – 19 May, 2016
http://www.digitimes.com/news/a20160518PD207.html
 
_ Digi Times
 There were 780 million smartphone-based active users of mobile Internet services in the China market in 2015, accounting for 56.9% of the population, according to a joint report by Internet Society of China (ISC) and National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC).
 
China マーケットにおけるモバイル・インターネット・サービスには、2015年滅の時点で 7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザーがいて、同国の総人口に対して 56.9% を占めると、Internet Society of China (ISC) と National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC) が、共同でレポートしている。
 
China MobileFlickr
The Tenth Dragon
 
There were 1.13 billion smartphones in active use for mobile access to the Internet in 2015 and 16.76% of active surfers used Apple’s iPhones, followed by Samsung’s smartphones (15.78%), Huawei’s (15.56%), Xiaomi’s (14.24%),Vivo’s (8.66%), Oppo’s (8.66%), Lenovo’s (6.93%), Coolpad’s (4.29%), HTC’s (2.95%) and LG’s (1.05%).
 
また、2015年のインターネット・アクセスにおいては、11.3億台のスマフォがアクティブに利用され、そのうちの 16.76% は Apple の iPhone を使用している。そして、それに続くのは、Samsung (15.78%)/Huawei (15.56%)/Xiaomi (14.24%)/Vivo/ (8.66%)/Oppo (8.66%)/Lenovo (6.93%)/Coolpad (4.29%)/HTC (2.95%)/LG (1.05%) という顔ぶれである。
 
The most frequently visited websites were of three categories: social networking, search and e-commerce.
 
最も頻繁に、ユーザーたちが訪問した Web サイトは、ソーシャル/サーチ/Eコマースという、3つのカテゴリであった。
 
There were 1.4775 million malicious software applications found in 2015 and 99.6% of them were based on Android, 0.1974% on Symbian, 0.0005% on iOS and 0.0003% on J2me. Android models accounted for 71.24% of smartphones affected with malicious applications, Symbian 17.82% and iOS 10.94%.
 
また、2015年における悪意のアプリは全体で 1,477,500 種類であり、そのうちの 99.6% が Android/0.1974% が Symban/0.0005% が iOS/0.0003% が J2me 上で発見されている。そして、悪質なアプリにより被害が生じたのは、 71.24% が Android/17.82% が Symbian/10.94% が iOS となっている。
 
Among the three mobile telecom carriers, China Mobile subscribers accounted 68.40% of mobile Internet surfers affected with malicious applications, China Unicom 27.11% and China Telecom 4.49%.
 
同様に、悪意のアプリで被害にあったインターネット・ユーザーの比率を、モバイル・キャリア別に見ていくと、68.40% が China Mobile/27.11% が China Unicom/ 4.49% が China Telecom の順となる。
 
ーーーーー
research_55以前に、China Mobile のユーザー数が8億人という記事をポストしましたが、それは、日本で言うガラケーも含んだものなのだろうと捉えていました。同様に、中国でのスマフォの販売台数に関する情報も、いろいろな所で紹介されていましたが、その累計は見えてこないという状況でもありました。そして、文中の「7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザー」と記述で、全体像が掴めた感じがしますし、「11.3億台のスマフォがアクティブに利用」により二台持ちのユーザー数との関係も、なんとなく見えてきたところです。それにしても、スゴイ規模ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: 成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on 中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on January 26, 2016
China Mobile LTE base tops 300m in December
Dylan Bushell-Embling – January 25, 2016
http://www.telecomasia.net/content/china-mobile-lte-base-tops-300m-december
 
_ Telecom-Asia
 
China Mobile ended 2015 with over 312.2 million 4G customers, representing 37.7% of its total mobile customer base, operating statistics provided by the company show.
 
China Mobile の 2015年だが、その 4G ユーザー数は 3.12 億人に達し、モバイルユーザー全体の 37.7% を占めるに至ったと、同社が提供する運用統計データが示している。
 
BeijingWikipedia
 
The operator added 24.9 million 4G customers in the month of December alone, mostly through existing 3G users upgrading to 4G.
 
また、同社は、12月だけで 0.25 億人の 4G ユーザーを獲得したと述べているが、その大半が、既存の 3G ユーザーからのアップグレードだとしている。
 
But China Mobile reported total mobile net additions for the month of more than 1 million, taking its total customer base to 826.2 million.
 
そして、China Mobile では、モバイル・ユーザーが 100万人/月のペースで増加しており、そのトータルユーザー数が 8.26億人に達したと報告している。
 
Rival China Telecom meanwhile ended the year with 197.7 million mobile customers and 58.5 million users for its hybrid FDD/TDD LTE network.
 
ライバルである China Telecom だが、2015年は 1.98 億人のモバイル・ユーザー数に達し、また、Hybrid FDD/TDD LTE ネットワーク・ユーザーは、0.59 億人を占めるに至ったとしている。
 
China Unicom had 286.6 million total subscribers including 183.8 million combined 3G and 4G customers.
 
China Unicom のトータル・サブスクライバー数は 2.86億人となり、そのうちの 1.84 億人が 3G/4G ユーザーであるという。
 
The figures, combined with the three state operators’ ongoing LTE expansion plans, show that while the pace may be slowing down China’s 4G rollouts are far from over.
 
この、China Top-3 オペレータにおける、LTE 拡張計画の数字を合算すると、ペースの鈍化が予測される一方で、4G への転換が依然として続くことが示されている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2それにしても、China Mobile における 3億人の 4G ユーザーというのは、スゴイとしか言いようが有りませんね。そして、この三社を合計すると、10億人を超えるモバイル・ユーザー数となりますが、同じタイミングで見つけた、CNNIC(China Internet Network Information Center)のレポートによると、中国のインターネット・ユーザーは 6.88億人となります。 このギャップが、常に疑問として付きまといますが、いずれにしても、たいへんな規模であることは間違い有りませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
 

Comments Off on China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Network, Telecom by agilecat.cloud on January 20, 2016
Digitimes Research: TD-LTE users account for 34.4% of total 4G LTE subscribers in 1H15
Benson Wu – Dec 10, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151210PD200.html
 
_ Digi Times
 
The number of TD-LTE service subscribers worldwide reached 260 million in the first half of 2015, accounting for 34.4% of total 4G LTE users, according to an estimate of Digitimes Research.
 
Digitimes Research の推定によると、今年前半のグローバル TD-LTE サブスクライバー数は 2.6億人に達し、すべての 4G LTE ユーザーに対して 34.4% を占めるに至ったようだ。
 
TD-LTEFlickr
AFS-USA Intercultural Programs
 
The figures also represent a significant increase as compared to only 30 million subscribers a year earlier period thanks to China’s push from 3G to 4G networks, said Digitimes Research.
 
この数字は、前年同期のサブスクライバーが僅か 3000万人であったことを考えると、とても意味深いものである。そして、China 市場におけるネットワークが、3G から 4G へ向けて大きく前進したことが要因であると、Digitimes Research は述べている。
 
By the second quarter of 2015, a total of 59 mobile telecom carriers in 35 countries have begun commercial operations of their TD-LTE networks, but as high as 87% of TD-LTE subscribers worldwide are located in China.
 
2015年 Q2 には、59 社のモバイル・オペレーターが 35カ国で、TD-LTE ネットワークの商業運用を開始しているが、グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの 87% ほどが、China 国内に集中しているという現実がある。
 
Due to the growing TD-LTE ecosystem in China, there are currently a total of 1,210 models of terminal-end devices supporting TD-LTE standards, with smartphones accountingfor 58% of these devices. Meanwhile, the number of TD-LTE base stations has reached 1.25 million, accounting for 47% of total 4G LTE base stations, Digitimes Research estimated.
 
China で TD-LTE エコシステムが成長する過程において、TD-LTE スタンダードをサポートするターミナル・エンド・デバイスは、合計で 1,210 種類にいたり、そのうちの 58% をスマートフォンが占めている。その一方で、TD-LTE ベース・ステーション数は 125万ヶ所に達し、全体的な 4G LTE ベース・ステーションの 47% を占めると、Digitimes Research は推定している。
 
However, the ratio of TD-VoLTE networks to total TD-LTE networks is still low as there still lacks a consensus on how to best utilize 3.5GHz frequency band, Digitimes Research commented.
 
しかし、全体的な TD-LTE ネットワークに対して、TD-VoLTE ネットワークの比率は、依然として伸びていない。その理由は、3.5GHz 周波数帯の最適化された運用方法について、合意が欠けているためだと、Digitimes Research はコメントしている。
 
ーーーーー
Telecomちょうど1年目前に、「TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた」という抄訳をポストしています。そこには、2014年末の時点で、TD-LTE ユーザーが 9610万人に達しと記されているので、文中の 3000万人とのズレが生じています。 でも、まぁ、このアジアのマーケットで、6000万人なんて誤差の範囲なのかもしれませんね 🙂 それは さて置き、2.6億人で 34.4% に届いたというのは、たいへんなことですね。かなりの推測が入りますが、Ericsson は FD-LTE を、Huawei は TD-LTE を推進し、どちらも OK なのが Nokia なのかと捉えています。でも、つい先日ですが、「Ericsson, Huawei renew patent cross-license deal」というニュースが流れていましたが、そのあたりは、どうなんでしょうね? そして、日本とインドと APAC 諸国は、どちらへ向かうのでしょうか。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
 

Comments Off on 4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?

Posted in Asia, Mobile, Social, Tencent by agilecat.cloud on November 5, 2015
An app you’ve probably never heard of is the most important social network in China
Alex Heath, Tech Insider – Nov 1, 2015
http://www.businessinsider.com/what-is-wechat-2015-10
 
_ Business Insider
 
You may have never heard of WeChat, but it’s the most important app in China right now.
 
WeChat について、何かを知っている人は少ないはずだと思うが、それこそが、いまの China で最も重要なアプリなのだ。
 
WeChatFlicker
Sinchen.Lin
 
WeChat users can do just about anything, including play games, send money to people, make video calls, order food, read the news, book a doctor appointment, and more. It’s basically China’s version of Facebook.
 
WeChat のユーザーは、そこで、あらゆるサービスを利用できる。たとえば、ゲームを楽しむことや、友人との間で送金すること、そして、ビデオによる会話、料理の注文、ニュースの参照、病院の予約などが、このアプリには含まれている。つまり、一言でいうと、Facebook の China バージョンとなる。
 
“WeChat’s reach and influence is unrivaled in China’s online space,” said research firm China Skinny. “It touches everything from consumers communicating with their nearest and dearest, to sharing their most special moments, to buying everything from cinema tickets to taxi rides.”
 
調査会社である China Skinny は、「 WeChat がカバーする範囲と、それがおよぼす影響力は、China のオンライン・スペースで無敵だ。つまり、WeChat を触っていれば、それぞれのユーザーにとって、最も親しく大切な人とのコミュニケーションから、特別なニュースの共有や、映画のチケット購入、タクシーの支払いまで、ありとあらゆる事が、実現されるのだ」と説明している。
 
WeChat had 600 million monthly active users in August 2015, and only 70 million of them were outside of China. That’s only 100 million less users than Facebook Messenger.
 
WeChat の MAU(Monthly Active Users)は、2015年8月の時点で 6億人であり、China 国外で利用するのは 7000万人だ。 その規模は、Facebook Messenger と比べて、わずか1億人ほど少ないだけだ。
 
In Chinese, the app’s name is “Weixin,” which means “micro message.” A multi-billion dollar company called Tencent launched WeChat four years ago as a way to message people over an internet connection.
 
このアプリの、China における呼び名は Weixin であり、Micro Message という意味だそうだ。Tencent という、multi-billion dollar 企業が、この WeChat を立ち上げたのは、いまから4年前のことである。それにより、インターネット接続を介して、人々がメッセージを交換する世界が確立されたのだ。
 
ーーーーー
Asia PacificMinistry of Industry and Information Technology (MIIT)の調査によると、2014年の中国におけるモバイル・インターネット・ユーザーは、8.8億人とのことです。また、モバイル・キャリアのトップを走る China Mobile は、8億人のユーザー抱えていると言われています。こうした背景を前提にすると、WeChat のマーケット・シェアが、かなりの比率であることが分かりますね。そして、このサービスを提供する Tencent は、Alibaba をも凌ぐ売上をあげている、中国最大のサービス・プロバイダーなのです。 こうした、一連の数字を眺めていると、この国のマーケット・サイズが見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?

100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Research by agilecat.cloud on September 3, 2015
IHS Forecasts Huge Growth for 100 Gigabit Optical Ports as Operators Increase Network Capacity
Published: Aug 11, 2015
http://www.marketwatch.com/story/ihs-forecasts-huge-growth-for-100-gigabit-optical-ports-as-operators-increase-network-capacity-2015-08-11-16173756
 
__ Market Wired
 
CAMBRIDGE, MA, Aug 11, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Coherent 100G port shipments for metro regional optical networks grew 145 percent in 2014 from the prior year, and are anticipated to grow another 118 percent in 2015, predicts IHS.
 
CAMBRIDGE, MA ー メトロ・リージョン向けのオプティカル・ネットワークにおける、Chherent 100G ポートの出荷台数が、2013年と2014年との比較で 145% の成長を遂げているが、2015年も引き続いて、118% の成長が予測されると IHS が述べている。
 
Fiber NetworksFlickr
NetMapper
 
“Adoption of 100G coherent technology has surged, first in long haul networks and now becoming a material part of metro networks. The expansion of 100G into new markets was the catalyst for our 100G+ coherent optical ports report, which provides an accurate, in-depth picture of how 100G technology is being used today and how it’ll be used in the future as the landscape grows increasingly complex,” said Andrew Schmitt, research director for carrier transport networking at IHS.
 
IHS の Research Director for Carrier Transport Networking である Andrew Schmitt は、「100G コヒレント・テクノロジーの採用だが、最初は長距離ネットワークから始まり、いまではメトロ・ネットワークの物理パートとして急増し始めている。新たなマーケットへ向けた 100G の拡大は、当社の 100G+ コヒレント・オプティカル・ポートを促進させるものであった。それにより、現時点で採用されている 100G テクノロジーに関する、詳細かつ正確な情報を提供できるようになった。そして、将来におけるネットワークの成長が、いま以上に複雑になるにつれて、どのように 100G が利用されるのかを指し示す、レポートの提供が可能になった」と述べている。
 
“100G is poised to explode in 2016 as new equipment built specifically for the metro reaches the market, allowing 100G technology to economically reach new portions of the network such as metro edge and metro regional,” Schmitt said.
 
さらに Schmitt は、「メトロ・マーケットのための新たな機器が、2016年に市場に投入されるとき、100G テクノロジーは爆発的に飛躍するだろう。つまり、メトロ・エッジやメトロ・リージョンといった、ネットワークの新しいパートへ向けて、経済性を伴う 100G テクノロジーが到達することになる」と、付け加えている。
 
100G+ COHERENT OPTICAL PORT MARKET HIGHLIGHTS
 
2015-IHS-Infonetics-100G-Coherent-Optical
 
2014 was a banner year for 100G port shipments, led by massive purchases in China from China Mobile.
 
100G ポートの出荷が、2014年に大きく伸びたのは、中国マーケットで China Moble が大量に購入したからである。
 
Most of 100G coherent technology deployed in 2014 was for long haul applications, but metro regional (<600km) and metro access (<80km) applications will start ramping in 2016.
 
2014年にディプロイされた 100G コヒレント・テクノロジーの大半は、長距離ネットワークに応用されるものであったが、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) への適用が、2016年から始まっていくだろう。
 
100G market share is concentrated in a small circle of players: Alcatel-Lucent, Ciena, Huawei, Infinera and ZTE; the only potential catalyst for shifts will come from deployment in shorter reach metro and datacenter applications-the next growth vector for 100G.
 
現時点における 100G のマーケット・シェアは、Alcatel-Lucent/Ciena/Huawei/Infinera/ZTE といった、一定のプレーヤーに集中している。そこからのシフトを引き起こすための潜在的なニーズは、メトロやデータセンターへのリーチという短距離での応用であり、次の成長ベクトルを 100G に与えるものとなる。
 
Sometime in 2017-2018, 100G coherent will make another quantum jump, displacing 10G in the 80km or less metro-access market.
 
2017年〜2018年の何処かで、100G コヒレント・テクノロジーは、次の爆発的なジャンプを達成し、80km 以内のメトロ・アクセス市場で、これまでの 10G をリプレイスしていくだろう。
 
100G OPTICAL REPORT SYNOPSIS
 
The 20-page “IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” market size, vendor market share and forecast report provides detailed granularity for 100G+ coherent and non-coherent port shipments on optical transport equipment, tracking the evolution of 100G as operators increase the flexibility and capacity of their networks. The report tracks 100G by application, including metro regional, metro access and long haul, as well as specific technology derivatives such as flex-coherent and direct-detect 100G. To purchase the report, please visit www.infonetics.com/contact.asp.
 
“IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” は 20ページの構成となっており、マーケットの規模や、ベンダーごとのシェア、今後の予測などをレポートするものとなっている。そして、オプティカル通信機器マーケットにおける、コヒレントおよび非コヒレント 100G+ ポートの出荷について、詳細な情報を提供する。したがって、各種事業者たちが、自社ネットワークの柔軟性を高め、キャパシティを増大するときのための、100G に関するトラッキングが可能となる。このレポートは、メトロ・リージョンとメトロ・アクセスに加えて、長距離ネットワークにおける 100G 適用を追跡するものである。また、それに加えて、フレックス・コヒレントや Direct-Detect 100G といった、派生テクノロジーについてもレポートしている。このレポートを購入に際しては、www.infonetics.com/contact.asp にアクセスして欲しい。
 
ーーーーー
Network文中にもあるように、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) という近距離ネットワークへ、長距離海底ケーブルで培われたテクノロジーが適用されていくのですね! アジアの 100G 関連ニュースを並べてみても、ほとんどが長距離ネットワークに関するものですが、今後は様変わりしていくのでしょうね。 ネットワークに、どのような未来が訪れるのかと想像すると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
 
Oct 2014 – AAG Upgrades Trans-Pacific Submarine Cable Network with Ciena
Oct 2014 – Pacnet Selects BTI Systems as Vendor of Choice for 100GE Metro 
Jan 2015 – Telstra to sell 100G service on subsea cables
Jan 2015 – Verizon Extends Its 100G Network in Asia-Pacific
Feb 2015 – Sydney to Perth at 100Gb/s
May 2015 – Telstra Extends Global PEN Platform into the Optical Layer
May 2015 – Alcatel-Lucent and Chuan Wei to set up 100G network in Cambodia
Jun 2015 – SLT enhances global connectivity options
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

Comments Off on 100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

Posted in .Chronicle, Asia, Telecom by agilecat.cloud on August 23, 2015
China Mobile profit dips under tough competition
Xinhua – Aug 21, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150821000051
 
_Want China Times
 
Chinese telecom giant China Mobile’s net profit dipped 0.8% to 57.3 billion yuan (US$9 billion) in the first six months of the year as it faced fierce competition, it said on Thursday.
 
China のテレコム・ジャイアントである China Mobile が、今年の上半期における収支を発表した。その、木曜日に報じられた内容はというと、厳しい競合に直面したこともあり、純利益は 0.8% ダウンの 57.3 billion yuan (US$9 billion) というものであった。
 
Linxia-City-China-Mobile-officeswikimedia
 
Revenue was up 4.9% to 340.7 billion yuan (US$53.3 billion), while its subscriber base rose to more than 810 million, up 3.4%, including 190 million 4G users, the company said in a filing to the Hong Kong bourse, where it is listed. The interim dividend will be HK$1.525 (US$0.20) per share.
 
また、売上に関しては、4.9% アップの 340.7 billion yuan (US$53.3 billion) に到達しているが、その背景には 3.4% アップで、8.1億人 (4G ユーザーの 1.9億人を含む) に増大したサブスクライバー数がある。Hong Kong 証券取引所に提出された書類に、それらの情報がリストアップされていた。そして、中間配当は、1株あたり HK$1.525 (US$0.20) になると思われる。
 
The Beijing-based company said it is “facing severe challenges from intensified competition.” In the face of this, it will continue to bolster 4G business and try to expand its market share in daily services for individual customers and enterprises, according to the filing.
 
Beijing ベースの同社は、「 競合が激化したことで、シビアな課題に直面した」と述べている。その、証券取引所に提出された書類では、「こうした局面にもかかわらず、4G ベースの事業を強化し、コンシューマとエンタープライズにおけるサービスで、マーケット・シェアの拡大を目指している」と説明されているようだ。
 
China Mobile’s 4G business is rapidly expanding, said the company, which now has 940,000 base stations in place, covering almost all cities nationwide.
 
China Mobile によると、同社の 4G ビジネスは急速に拡大している。 現時点で 940,000 ヶ所に基地局を配備し、国内における大半の主要都市とカバーしていると、同社は述べている。
 
Its shares closed at 98.2 Hong Kong dollars, down 0.3%, while the benchmark Hang Seng Index closed down 1.8%.
 
この収支発表後の Chana Mobile 株価であるが、Hang Seng Index 指標が 1.8% 近いダウンを示しているにもかかわらず、0.3% ダウンの 98.2 Hong Kong Dollars あたりで取引されている。
 
ーーーーー
weekend8億人以上のサブスクライバーがいると、半年で 6兆円の売上が立って、利益も 1兆円レベルになるのですね。 それが多いのか少ないのかと考えてみても、比較対象になり得る規模のテレコムが、どこを探しても出てこないので、考えようがありません 🙂 とは言え、この China Mobile が中心となり、Huawei/ZTE/Lenovo/Xiaomi などで構成される、中国の巨大モバイル・エコシステムが成長しているのは間違いありません。 なんというか、ため息しか出てこない話ですね 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Digi Times : China Mobile, China Telecom post mixed 1H15 revenues
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に至る?
China Mobile が、マレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
 

Comments Off on China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 

Comments Off on Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

%d bloggers like this: