Agile Cat — in the cloud

Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

Posted in .Selected, AI ML, Amazon, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on September 27, 2016
Google Uses AI to Lure New Cloud Customers
By Jack Nicas – July 20, 2016
http://www.wsj.com/articles/google-uses-ai-to-lure-new-cloud-customers-1469030402
 
_ WSJ
 
Google is pitching its artificial-intelligence software to commercial customers in a bid to catch rivals in the increasingly lucrative business of renting its computer servers to other companies.
 
Google は、商用で同社のサービスを利用するユーザーに対して、人工知能ソフトウェアを投入しようとしている。つまり、ビジネスでライバルに勝つためには、他社からコンピュータ・サーバーを借りるよりも、Google を選ぶほうが有利になると示唆しているのだ。
 
The Alphabet Inc. unit has fallen behind competitors Amazon.com Inc. and Microsoft Corp. in so-called cloud computing, a rapidly growing business in which tech firms host other companies’ digital businesses on their servers. Forrester Research estimates roughly $10.8 billion in cloud revenues for Amazon this year, $10.1 billion for Microsoft and $3.9 billion for Google.
 
この Alphabet 傘下の企業は、いわゆるクラウド・コンピューティングの世界では、コンペティタである Amazon と Microsoft の影に隠れている。そして、それらのクラウド・プロバイダーたちがホストするサーバー上で、数多くのハイテク産業が、それぞれのデジタル・ビジネスを急速に成長させている。Forrester Research が概算するクラウド収益によると、今年の Amazon は $10.8 billion であり、また、Microsoft は $10.1 billion であるが、Google は $3.9 billion に過ぎない。
 
deep_dreamscopeWikipedia
 
Google is making a renewed push into the cloud business, where it spent much of its $10 billion in capital expenditures last year to build new data centers and tapped Diane Greene, a high-profile Silicon Valley executive, to run the business.
 
Google は、そのクラウド・ビジネスを再構築するために、昨年は新たなデータセンターに $10 billion 以上を投資し、また、Silicon Valley で名の通っている Diane Greene を採用している。
 
A core part of Google’s cloud strategy is artificial intelligence. Wednesday, Google said it would start letting cloud customers tap into two software programs it has used internally to draw meaning from text and convert speech to text. The programs use so-called machine learning, a rapidly accelerating technology that enables computers to make inferences based on data they previously had analyzed.
 
Google のクラウド戦略のコアには、人工知能が座る。Google は 7月20日に、音声をテキストを変換し、テキストから意味を抽出するという、2つのソフトウェア・プログラムを顧客に提供すると述べている。このプログラムは機械学習と呼ばれるものであり、以前に分析したデータに基づいた推論を行い、コンピュータのテクノロジーを急速に加速させるものである。
 
Google said, for example, that clients could use the programs to analyze customer reviews or social-media posts and to automatically transcribe customer-service calls for large-scale analysis. Google also offers programs that translate text and understand images, including the ability to flag pornography and detect emotions from facial expressions.
 
Google の説明によると、このプログタムを利用するユーザーは、カスタマーレビューやソーシャル・メディア・ポストの分析が可能となり、顧客へのサービス・コールを大規模な解析をベースにして、実施することなどが可能になるという。さらに Google は、テキストを翻訳とイメージの認識に関するプログラムを追加していくという。それらにより、たとえばポルノの排除や、人々の表情から感情を検出する能力などが備わっていくようだ。
 
Many tech executives and computer scientists expect artificial intelligence to help transform businesses over the next several years, unlocking new insights from the reams of data companies collect. Analysts expect artificial-intelligence programs to play a growing role in cloud offerings from Amazon, Microsoft, Google and others.
 
ハイテク産業の経営者たちや、コンピュータを研究する科学者の多くが、人工知能によりユーザー企業に蓄積された膨大なデータを解析することで、これから数年でビジネスの変革が進むと期待している。また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/Google などが提供するクラウドにおいて、人工知能の役割が重要になると予測している。
 
Google says its machine-learning programs that convert speech to text, translate it and interpret it have helped one large customer analyze more than two billion minutes of customer-service calls to understand when customers end calls satisfied and when they don’t.
 
Google の説明によると、音声からテキストに変換し、その意味を引き出すプログラムは、すでに顧客のビジネスに役立っているという。ある大手のユーザー企業は、300万時間にもおよぶサービス・コールの内容を分析し、それぞれの顧客が対応に満足しているか、あるいは、不満を持っているのかを、解析しているという。
 
“That’s been an intractable, unsolvable problem,” said Rob Craft, a Google product manager for machine learning.
 
Google の PM of Machine Learning である Rob Craft は、「そこには、手に負えない問題や、解決策の見つからない問題がある」と述べている。
 
Analysts said Amazon, Microsoft and International Business Machines Corp. all offer machine-learning programs that are similar to Google’s with their cloud services.
 
また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/IBM のクラウド・サービスでも、Google と似たような機械学習のプログラムが提供されていると発言している。
 
Google’s machine-learning offering “is great stuff, and it’s finally packaged in a way that developers really want,” Forrester Research principal analyst John Rymer said. “But they’re not alone.…And (Amazon) and Microsoft are far ahead.”
 
Forrester Research の Principal Analyst である John Rymer は、「Google の機械学習プロダクツは素晴らしいものであり、また、究極のパッケージであり、開発者がのむものである。しかし、それを極めようとするのは Google だけではなく、Amazon や Microsoft は、はるか先を進んでいる」と述べている。
 
Microsoft has promoted machine-learning programs as a selling point of its cloud business since last year, including programs that recognize faces and make predictions, said Joseph Sirosh, vice president of Microsoft’s data group. Mr. Sirosh said Microsoft helped the public-school system in Tacoma, Wash., use its data to predict student dropouts and helped Dartmouth—Hitchcock Medical Center in Lebanon, N.H., predict illnesses for certain patients.
 
昨年から Microsoft は、クラウド・ビジネスのセールス・ポイントとして、機械学習プログラムを推進してきた。そこには、顔の認識や、さまざまな予測のためのプログラムが含まれると、Microsoft の VP of Data Group である Joseph Sirosh は述べている。また、Sirosh は、Tacoma, Wash の公立学校で、学生のドロップ・アウトを予測するために、データを活用しているという。そして、 Lebanon, N.H の Dartmouth—Hitchcock Medical Centre では、特定の病気の予測を支援しているという。
 
The tech companies make money from the services by charging a fraction of a cent for every request of the technology. For Google’s image-recognition function released several months ago, “one or two customers using it trillions of times turns it into a lovely revenue stream,” Mr. Craft said.
 
テック・カンパニーたちは、すべての要求されるテクノロジーに対して、数セントという少額を課金するサービスから、収益をあげている。Google の Craft は、「私たちのイメージ認識の機能は、数ヶ月前にリリースされているが、数社の顧客が膨大な時間を費やしてくれるなら、とても素敵な収入源になると」述べている。
 
Read More
 
ーーーーー
google-55aGoogle Now や Siri や Cortana や Echo に代表される、人間が発する言葉を理解し、それに対する回答やアドバイスを提供するというサービスが、パブリック・クラウドを成功させるための、大きな要因となっていくのでしょうか? そして、AiphaGO で世界を驚かさせた Google は、それを武器にして、Amazon や Microsoft に追いついていけるのでしょうか? 誰もが気になっている、クラウドと人工知能/機械学習の関連性を指摘する記事です。この種のテクノロジーは、ユーザーに対して新しいサービスを提供するだけではなく、ネットワークの管理や、是キュリティの強化という面でも、クラウドを支えていくことになるでしょう。コストの削減から始まり、いまではビジネス・アジリティの推進を担っているクラウドですが、そこに新たな差別化の要因が加わりそうな感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
 

Comments Off on Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

%d bloggers like this: