Agile Cat — in the cloud

Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social, Tencent by agilecat.cloud on September 7, 2016
How China’s Biggest Tech Company Compares to Facebook
Felix Richter, Aug 19, 2016
https://www.statista.com/chart/5549/tencent-vs-facebook/
 
_ Statista
 
Due to the fact that social media services such as Facebook, Twitter, Instagram and Snapchat are inaccessible in China, there exists a whole ecosystem of social networking and messaging platforms that are immensely popular in and around China but hardly known anywhere else in the world.
 
周知のとおり、Facebook や、TwitterInstagramSnapchat といった、ソーシャル・メディア・サービスは、China からはアクセスできない。そのため、China の周辺には、ソーシャル・ネットワークとメッセージングのプラットフォームの、きわめて人気のあるエコシステムが存在しているが、それ以外の地域では、ほとんど知られていない。
 
tencent_vs_facebookClick to Large >>> 
 
This chart compares Tencent and Facebook in terms of financial and operating metrics.
 
このチャートは 2016年前半の、両社における収益と MAU を比較したものである。
 
Platforms such as QQ, WeChat or Qzone have hundreds of millions of users and, just as Facebook, Instagram and WhatsApp, they’re all owned by the same company. Their parent company Tencent recently became China’s largest tech company, after surpassing its rival Alibaba in terms of market capitalization this week.
 
QQ/WeChat/Qzone といったプラットフォームは、Facebook/Instagram/WhatsApp のように、数億人のユーザーを持ち、また、1つの企業により所有されている。8月中旬のことだが、その親会社である Tencent が、時価総額でライバル Alibaba を追い抜き、China で最大のテック・カンパニーとなった。
 
As our chart illustrates, there’s no need for Tencent to fear the comparison to Facebook. While its social networking / messaging services have yet to reach the billion-user mark, its financial results are roughly on par with those of the world’s largest social networking company. In fact, until as recently as 2015, Tencent was more profitable than Facebook, and has been for many years prior. From an investing standpoint, both companies have been doing great over the past 12 months: Tencent’s stock price soared 45 percent since August 2015, Facebook’s is up by 30 percent.
 
このチャートが示すように、Tencent と Facebook を比較することは、きわめて妥当なことである。そのソーシャル・ネットワーク/メッセージングのサービスは、まだ 10億人規模には達していないが、財務面での数字を見ると、世界最大のソーシャル・ネットワーク会社と、ほぼ同等であることが分かる。実際のところ、2015年以前においては、Tencent は Facebook よりも、ずっと利益を上げる企業であった。また、直近の 12ヶ月間の投資という観点では、両社とも積極的な姿勢を見せている。Tencent の株価は、2015年8月との比較において、45% も伸びている。ちなみに、同期間における Facebook 成長率は 30% である。
 
ーーーーー
Tencent日本で知られているのは WeChat の方であり、QQ に関しては名前だけという方も多いのだろうと思います。Agile Cat も疑問だったので、QQ について、ちょっと調べてみました。ctw0123 さんという方のブログによると、「中国人は大抵QQと微信の両方のIDを持っていますが、今では多くの人が微信だけを使用しています」と解説されていました。また、QQ は 1999年に立ち上げられていますが、WeChat は 2011年からとなっています。ひょっとすると、WeChat はモバイル・ファーストのコンセプトで作られたのかもしれませんね。それにしても、Tencent の経済規模には驚きです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる
China UnionPay というクレカの怪物: APAC で Visa と MasterCard をブッチギリ!
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:エンタープライズ と コンシューマが融合
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WeChat は中国の Facebook: 7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
 

Comments Off on Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?

Posted in Asia, Government, Mobile, Social, Tencent by Agile Cat on April 2, 2013

China’s Tencent messaging app may no longer be free: government official
http://wp.me/pwo1E-5U1

Reuters – Mar 31, 2013
http://news.yahoo.com/chinas-tencent-messaging-app-may-no-longer-free-061209854–finance.html

_ Yahoo News 2

SHANGHAI (Reuters) – Users of Tencent Holdings’ hugely popular mobile chatting application may have to pay fees in future to satisfy China’s three mobile telecom operators, Chinese media quoted a government official as saying on Sunday.

SHANGHAI (Reuters) – Tencent Holdings のユーザーたちは、その人気のモバイル・チャット・アプリを、これからも継続して利用するために、料金を支払うことになるかもしれない。 それは、中国のモバイル・テレコム 三社が納得するものになるだろうという、中国政府の発言として、各メディアから伝えられたものである。

Tencent’s Weixin, or WeChat, chatting application (app) is currently free and has more than 300 million users. The app is positioned as the next bright revenue spot for Tencent.

Tencent の Weixin や WeChat といったチャット・アプリは、現時点では無料であり、また、3億人以上ユーザを持っている。 これらのアプリは、Tencent における次の収益源として、輝かしいポジションを与えられている。

However, media reported that Chinese telecom operators such as China Mobile Ltd, China Unicom and China Telecom Corp, are looking to charge users for the app because of its large data bandwidth use.

しかし、各メディアのレポートによると、China Mobile Ltd/China  Unicom/China Telecom Corp といった、中国のテレコム・オペレーターたちが、あまりにも大きなデータ帯域幅が消費されるとして、このアプリのユーザーたちに課金したがっているようだ。

China’s Ministry of Industry and Information Technology, the regulatory body that governs the Internet and telecommunications sectors, is looking at the possibility of users having to pay a small fee to the telcos to use the app, said Miao Wei, head of the ministry, according to Caixin Media.

インターネットとテレコムを規制/統治する組織である、China Ministry of Industry and Information Technology(中華人民共和国工業情報化部)は、このアプリを利用するユーザーたちが、少額の料金をテレコム会社たちに支払うようになるという、可能性について言及した。Caixin Media によると、同部門のトップである Miao Wei が、そのように発言したとされる。

Experts say charging a fee could affect its popularity.

しかし、専門家たちは、その課金により、人気アプリ群に悪影響が生じるかもしれないと、発言している。

Tencent, China’s largest online gaming and social networking company, said recently it plans to invest heavily in Weixin to attract more overseas users.

中国市場において最大のオンラインゲームとソーシャル・ネットワークを提供する Tencent は、海外ユーザーを獲得するために、Weixin に巨額の投資を行うと、最近になって発表している。

Chinese media also reported this month that China Mobile is in the process of developing its mobile instant-messaging app, Fetion, to compete with Tencent better.

さらに、中国のメディアは、China Mobile が Fetion というモバイル・インスタント・メッセージ・アプリを開発し、Tencent と競合していくプロセスに入ったと、今月に入ってレポートしている。

(Reporting by Melanie Lee; Editing by Paul Tait)

ーーーーー

TAG indexこのところ、ちょっとだけ意識的に、アジアのマーケットについても情報を集めるようにしています。 面白いもので、それを継続していると、だんだんと状況が見えてきますし、ものすごくエキサイティングな状況にあることも分かってきます。 この、Tencent とキャリアの軋轢ですが、いわゆる新興勢力とエスタブリッシュメントの戦いのように思えます。 ただ、この国の特徴として、政府には強権があります。ガンバレ Tencent と、応援したくなりますね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?
中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感

Comments Off on Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?

Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か?

Posted in .Selected, Enterprise Social, Mobile, Post-PC, Salesforce by Agile Cat on March 20, 2013

Salesforce.com mobilizes its service cloud
http://wp.me/pwo1E-5Nf
By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/02/26/salesforce-com-mobilizes-its-service-cloud/

_ Gigaom

Summary: The latest Salesforce.com effort brings in-app support, chat and co-browsing to users of specified shopping, banking and gaming apps.

Summary: 最近の Salesforce.com は、アプリ内でのサポート、チャット、そして特定の購買に関する相互参照、バンキング、ゲーミング・アプリなどを、ユーザーにもたらそうと注力している。

ーーーーー

In a move that should surprise no one, Salesforce.com is bumping up the mobile capabilities of its Service Cloud offering, making it easier for users of mobile shopping and banking apps to get help and customer service right from the apps running on their smartphones or tablets.

この変化については、誰もが納得だろう。 Salesforce.com は自身の Service Cloud を、モバイル環境へとレベルアップさせようとしているのだ。それにより、ショッピングやバンキングのための、簡単に使えるモバイル・アプリがユーザーを支援し、また、スマホやタブレットで走るアプリから、カスタマー・サービスが得るようになる。

In essence, the technology — which needs to be implemented by Service Cloud customers including merchants, banks and gaming providers — aims to keep customers interested and active in their interactions and give them real assistance, said Alex Bard, SVP and GM for Salesforce.com’s Service Cloud and Desk.com unit. The goal is to bring the sort of in-app experience folks now get from advanced web applications — co-browsing, in-application support, chat as well as easy access to knowledge bases and support forums — to their device of choice

本質的なところで、このテクノロジーは(ビジネス/バンキング/ゲーミングなどのプロバイダを含む、Service Cloud の顧客により実装される必要がある)、顧客に興味を持たせ続け、また、彼らのインタラクションにおいてアクティブに振舞い、ほんとうの意味でアシストしていくものになると、Salesforce.com の Service Cloud and Desk.com 部門で、SVP と GM を兼任する Alex Bard は発言している。 その目標は、現時点でユーザーたちが、先進的な Web アプリから得ているエクスペリエンス(co-browsing、アプリ・サポート、チャットだけではなく、知識ベースへの容易なアクセスと、サポート・フォーラム)を、自身が選ぶデバイスへ移行させる点にある。

Banking Image
クリックで拡大 ⇒

Say you see a transaction on your bank account  that looks iffy. Service Cloud Mobile will enable you to easily enter an instant chat session with your bank’s customer support agent, who can walk you through what it is, when it happened and perhaps who in your family transacted it, if anyone. Or if you are stuck at a certain level of a popular game and you’d like some advice on how to proceed, you could hit a button to enter a community forum or FAQ site to get hints.

銀行預金口座におけるトランザクションが、あやふやに見えると、あなたが言うとする。 そんなときには、Servise Cloud Mobile が、銀行の顧客サポートとのインスタント・チャットへと、分かりやすい方法で導くだろう。そのサポート係は、何が起こっているのか、いつ起こったのかを確認し、もし家族の誰が口座にアクセスしていたなら、そのことを教えてくれるだろう。 あるいは、夢中になっているゲームの、あるレベルで立ち往生し、どのように進むべきかというアドバイスが欲しいなら、コミュニティのフォーラムあるいは、FAQ サイトに入るためにボタンをタップし、助言を求めることができるだろう。

Current Service Cloud customers include KLM Airlines, Comcast, Activision, and Spotify — Salesforce.com claims 34,000 customers in all.

現時点における Service Cloud の顧客としては、KLM Airlines および、Comcast、Activision、Spotify などが挙げられ、全体で 34,000 社の顧客がいると、Salesforce.com は発言している。

The offering wraps in co-browsing technology Salesforce.com acquired last year with its buyout of GoInstant last year.

一連の展開には、昨年に Salesforce.com が GoInstant を買収したことで取得した、co-browsing のテクノロジーも含まれる。

Co-browsing should be available in the second half of the year. Access to Mobile Service Cloud Communities and Service Cloud mobile chat is available now. Chat costs $50 per user per month for customers of Service Cloud Enterprise and Unlimited Edition.

この Co-browsing は、今年の後半には利用できるようになるはずだ。 Mobile Service Cloud Communities と、Service Cloud の モバイル・チャットに関しては、すでに利用できる。 このチャットの費用は $50/月であり、Service Cloud Enterprise および Unlimited Edition の顧客に対して提供される。

All of this is pretty important stuff for bankers, merchants, and game impresarios eager to keep existing customers happy and supported — and draw in new customers from less-enlightened competitors.

これら全体は、既存の顧客をハッピーにし、また、サポートしていこうと強く望んでいる、ビジネス/バンク/ゲームのプロバイダーにとって、きわめて重要である。 つまり、パッとしない競争相手から、顧客を引きぬくチャンスなのである。

Related research

ーーーーー

clip_image001企業ユーザーを対象とする Salesforce が、『 Web アプリから得ているエクスペリエンスを、自身が選ぶデバイスへ移行させる 』と明言しました。 先日には 『 IBM の Mobile ファースト宣言:それは Cloud ファーストを意味する!』という抄訳をポストしましたが、いわゆる PC によるクライアント・サーバーの時代から、Post-PC + Cloud の時代へと、エンタープライズもまっしぐらという感じです。Gartner のレポートによると、2012年のクラウド・ビジネスは、1,110億ドルにまで成長したようです。 このパラダイム・シフトの勢いが、ますます強くなりそうですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
SaaS の活用が、グローバル CRM で急加速
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
Heroku の Java サポートと、その背景について
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!

Comments Off on Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か?

Facebook の Social Inbox は、単なる Email ではない!

Posted in .Selected, Facebook, Google by Agile Cat on November 16, 2010

Facebook’s Social Inbox Wants to Take Over Your Email
By Mathew Ingram
Nov. 15, 2010, 10:28am PDT
http://gigaom.com/2010/11/15/facebook-launches-all-in-one-social-inbox/

_ Gigaom

Updated: Facebook was widely expected to launch a new email service this morning, but what the company announced was much broader than email — CEO Mark Zuckerberg said it is a single “social inbox” for every kind of communication that people use online or from their mobile phones, including email, SMS, instant messaging and Facebook chat messages. Zuckerberg said that the company has tried to build what he called a “modern messaging system” that is lightweight and easy to use, and offers a number of features that blend the usability of email and the benefits of other systems such as Facebook chat, instant messaging and SMS.

clip_image001

Updated: 今朝の発表において、新しい電子メール・サービスの開始を期待されていた Facebook だが、それよりはずっと幅広い構想を持っていることが分かった。同社の CEO である Mark Zuckerberg が、“social inbox”  として発表したものは、人々がモバイル・フォンで利用する全てのコミュニケーションに対応したものであり、電子メール/SMS/インスタント・メッセージ/Facebook チャット・メッセージを取り込んだものとなる。 Zuckerberg の説明によると、ライトウェイトで容易に利用できる “modern messaging system” と呼ばれるものを、同社は構築したがっている。そして、たとえば Facebook チャット/インスタント・メッセージ/SMS などのシステムメリットと、電子メールの有用性とブレンドした、数多くの機能を提供する。

The three main features of the new service include:

この新しいサービスは、以下の項目を取り込んだ、3つのメイン機能で構成される:

  • A seamless messaging system: Facebook’s social inbox handles email, but also SMS and IM. Users will be able to have facebook.com email addresses, Zuckerberg says, “but this is not email — I don’t even think email will be the primary way people communicate.”
  • A single conversation history: Zuckerberg said that one thing that adds weight to email is threaded replies, so the new service will have a single conversation history for all your communication with a person, regardless of whether it comes via email, SMS, IM etc.
  • A social in-box: Because Facebook knows who your friends are, you can see only messages that are really relevant, says Zuckerberg, and therefore “the default experience is all really high-signal personal messages.” In other words, less spam.
  • A seamless messaging system:Facebook の social inbox は、電子メールだけではなく、SMS と IM も取り扱う。 ユーザーは facebook.com 電子メール・アドレスを持てるようになる。 そして Zuckerberg は、『 これは電子メールではない。 人々がコミュニケートする際に、電子メールがの主要な方式なんて、私は考えたりしない 』 と発言している。
  • A single conversation history: Zuckerberg によると、電子メールの送受信履歴に何かを加える。 したがって、この新しいサービスでは、電子メール/SMS/IM には関係なく、あなたの全てのコミュニケーション履歴が、1つのヒストリーに収まることになる。
  • A social in-box: Facebook が誰がフレンドなのかを知っているため、ほんとうに必要なメッセージだけを参照できる。『 デフォルト・エクスペリエンスは、現実に必要性の高いパーソナル・メッセージで構成される 』と、Zuckerberg は発言している。言い換えれば、スパムは大幅に低減される。

Update: The Facebook CEO said that the rollout of the new messaging system would be gradual, starting with a small group of invitation-only users (including those who were present at the announcement). Zuckerberg also said that the existing messaging system — which this replaces — has more than 350 million active users, and the social network handles about 4 billion messages a day, including status updates and instant messages. Director of engineering Andrew Bosworth told the press conference that the 15-person team working on the new system was the largest engineering team Facebook has ever had for a single product or feature.

Update: Facebook CEO によると、この新しいメッセージ・システムは段階的に展開され、まずは、招待済みユーザーによる小さいなグループ(この発表に出席した人々も例外ではない)から開始される。 さらに Zuckerberg は、それにより置き換えられる、既存のメッセージ・システムは、3億5000万人以上のアクティブ・ユーザーを有していると発言した。 そして、同社のソーシャル・ネットワークは、ステータス・アップデートとインスタント・メッセージを含めて、およそ40億のメッセージを、1日で取り扱うとも発言している。 エンジニアリング・ディレクタである  Andrew Bosworth の記者会見によると、この新システムに取り組む 15人のチームは、これまでに Facebook が 1つのプロダクトや機能のために構成した中で、最大級のエンジニアリング・チームになるという。

image

It was clear from Zuckerberg’s comments at the launch that Facebook sees the new social inbox as way of appealing to younger users (as I described in my post about the rumored email launch). The Facebook CEO described how he was talking to high-school students while visiting his girlfriend’s family, and they said that none of them used email because it was “too slow.”

今回の Zuckerberg のコメントから明らかになったことは、より若い世代にアピールするものとして、この social box を Facebook が捉えていることだ(私が書いた  the rumored email launch を参照して欲しい )。 Facebook の CEO は、ガールフレンドの家族を訪問したときに、ハイスクールの学生と話したことを説明した。つまり、電子メールは、あまりにも遅いため、若い世代には利用されない。

“I said ‘what do you mean, it’s instantaneous!’ Zuckerberg recalled. “I was kind of boggled by this.” But the Facebook founder said that he realized for many users, particularly younger users, email as it exists now is “too formal” and adds a lot of weight and social friction because “you have to think of the email address, think of a subject line, write ‘love Mark at the end’” and so on. The high-school students he spoke to preferred chat because it was easier and faster, he said — in other words, it had less “cognitive load.”

Zuckerberg は、『 彼らが欲しているのは 瞬間 であり、私は驚かされた』と述懐している。 そして、この Facebook の創設者は、多くのユーザーにとって、とりわけ若い世代のユーザーにとって、現状の電子メールは 「あまりにもフォーマル」であり、また、「電子メールアドレスや件名が煩わしく]、文末に 「 love Mark 」などと書かなくてはならないため、ソーシャルに負担と摩擦をもたらすと理解した。 彼が話した学生によると、簡単で速いチャットが好まれる。言い換えれば、それにより「認知の負荷」が低減される。

In many ways, what Facebook is trying to do seems a lot like Google’s ill-fated Wave service: namely, a single product that combines different forms of communication — email, instant messaging, live chat, and so on. The benefit for Facebook is that it already has 350 million users who are addicted (on some level at least) to the social network’s messaging system, and many of them are probably like the high-school students that Zuckerberg talked to, and don’t use email. A unified inbox could give Facebook an even tighter relationship with those users —particularly in mobile, as Om pointed out.

いろいろな意味において、 Facebook が行おうとしていることは、不運だった Google Wave サービスに似ている。 つまり、電子メール/IM/ライブ・チャットなどの異なるコミュニケーション形式を、1つのプロダクトにまとめるというものだ。 Facebook の有利な点は、ソーシャル・ネットワークのメッセージ・システムが習慣(いろいろな視点があるが)となっている、3億5000万人のユーザーを有している点である。そして、その大半が、Zuckerberg が話をした学生のように、電子メールを使わない。GIGAOM が指摘したように、統合された inbox は、とりわけモバイル・ユーザー間の関係を密なものにできる。

Zuckerberg said that Facebook doesn’t want to kill email (or Gmail, which he said “is a really good product”) but that over time, he sees more and more people moving away from email as their main form of communications, particularly with friends (although email is far from dying, as Simon noted in a post). And when they are looking for something to move to, he suggested, Facebook’s unified social inbox will be right there waiting for them.

Zuckerberg が言うには、Facebook が電子メール・キラー(彼は、Gmail を良いプロダクトだと賞賛している)を望んでいることはない。 しかし、長い時間の経過と共に、多くの人々が、とりわけ友人たちとのコミュニケーションでの主たる方式において、電子メールから遠のいていくと見ている(Simon のポストで指摘されているように、電子メールが死ぬということではないが)。 そして、それらの人々が移り住む場所を探しだすとき、Facebook の 統一された social inbox が、そこで待っていることになると、Zuckerberg は示唆している。

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

あの Google Wave が挑んで失敗した、次世代メッセージングにチャレンジですか! いいですねぇ~~~  頑張ってもらいたいです。 それが出来るのは、Facebook だけです! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Facebook の HBase は、毎月 1350億 メッセージを処理する!
Facebook の Social Inbox は、単なる Email ではない!
Google vs. Facebook のメール対決で盛り上がる全米
これが Facabook の Mail Server、Project Titan なのか?
Facebook は Google キラーを発表するのか?
いずれにせよ、Facebook は Gmail データをインポートし、Google は落胆する
私たちはオープンだと Facebook は言い、Google の措置に反撃するが

 

Tagged with: , , , , , , , ,

Comments Off on Facebook の Social Inbox は、単なる Email ではない!

%d bloggers like this: