Agile Cat — in the cloud

Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

Posted in AI ML, Mobile, Network, On Monday, Security by agilecat.cloud on July 5, 2016
Automation: Bots Now Account for Half of All Internet Traffic and many are Malicious
Dick Weisinger – June 30th, 2016
http://formtek.com/blog/automation-bots-now-account-for-half-of-all-internet-traffic-and-many-are-malicious/
_ formtek
Bots are software applications that can automate tasks, like setting alarms and notifications, booking travel or searching out shopping and weather information.  Bots have the potential to bring great time-saving benefits.  Somewhat amazing, by one estimate, bots already take up nearly half of all internet traffic.  In fact, traffic at small and medium-sized websites are often dominated by bot traffic.  But as with many things, bots come in two varieties: good and bad.
 
Bot とは、タスクを自動化するソフトウェア・アプリケーションのことであり、その利用範囲はアラームやノーティフィケーションの設定から、旅行や買物の手配、そして、気象情報の検索にまでいたる。Bot を活用すれば、時間を節約し、利益をもたらすことになるだろう。いささか驚きだが、すでに Bot は、すべてのインターネット・トラフィックの半分近くを占有するという推測値もあるほどだ。実際のところ、中小の Web のトラフィックは、多くのケースにおいて Bot トラフィックにより配されている。そして、多くのアプリと同様に、Bot にも Good と Bad の 2種類がある。
 
Seurat_7Limor Kessem, cyber intelligence expert at IBM Security, said that  “the mobile malware marketplace has been bustling with activity in the past few months. Mobile malware is becoming a central part of underground dealings and an important fraud frontier that’s growing in size and sophistication. Mobile malware nowadays is picked up and operated by different ranks of cybercriminals — from professional, organised gangs to the least experienced forum readers who buy malware and rely on technical setup and support services from underground vendors.”
 
IBM Security の Cyber Intelligence Expert である Limor Kessem は、「この数ヶ月において、モバイル・マルウェア市場が賑わいを見せている。モバイル・マルウェアは、地下組織による取引の中心に居座り、詐欺行為を蔓延させる牽引車となり、その規模と狡猾さを増大させている。いまでは、モバイル・マルウェアの選択肢が提供され、異なる種類のサイバー犯罪者たちである、プロの集団や組織だったギャングから、経験豊富なフォーラムの読者などが、それらを悪用するという状況にいたっている。そして、マルウェアを購入する犯罪者たちは、地下に潜ったベンダーから、サービスのセットアップやサポートを提供されている」と述べている
 
Unfortunately, bad or malicious bots now make up nearly 40 percent of all bots, according to a study by Distil NetworksRami Essaid, CEO and cofounder of Distil, said that “Bots are the centerpiece of a hacker’s toolkit. Bad guys are buying lists of usernames and passwords and then brute-forcing their way into banking, ecommerce and healthcare, as well as the Postal Service and the IRS.  As the appeal of bots for consumers widens, so do the risks. More bots mean more potential access points for bad bots.”
 
Distil Networks の調査によると、すべての Bot 40% 近くを、悪意の Bot が占めているようだ。Distil の CEO and Co-Founder である Rami Essaid は、「Bot は、悪意のハッカーたちにとって、ツール・キットの中心的な存在である。悪意を持った者たちが、ユーザ名とパスワードのリストを購入し、ブルート・フォースを仕掛けていく。その対象は、Eeコマースやヘルスケアだけではなく、郵政や税務といった国家のサービスにまで至る。消費者のための Bot が、その魅力を広めるにるつれて、潜在的なリスクも大きくなっていく。つまり、悪意の Bot のためのアクセス・ポイントになり得る、善意の Bot が増えていくことになるのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月に、「スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!」という抄訳をポストしましたが、こうしたトラフィックも、ボットによるリクエストに数えられるのでしょう。そうだとすると、インターネット・トラフィックの半分が、ボットによるという数字も納得できます。そして、頭が痛くなるのが、悪意のボットが 40% を占めるという調査の結果です。これからの世の中は、モバイル・ペイメントの社会になっていきます。それを狙って、地下マーケットが賑わっているのでしょう。困ったものです。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
 

Comments Off on Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

%d bloggers like this: