Agile Cat — in the cloud

Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Posted in Amazon, Big Data, Data Warehousing, IoT, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on July 6, 2015
Cloud-based Data Warehousing: Snowflake, Microsoft Azure and Amazon Redshift
Dick Weisinger – June 25th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-based-data-warehouse-snowflake-microsoft-azure-and-amazon-redshift/
_ formtek
Data warehousing traditionally required a company to extract and download huge volumes of data from various business software systems into a central repository for analysis.  The process to prep the data was slow which meant that the analysis was always run against data that was already partially stale.
 
データ·ウェアハウスの概念は、多様なビジネス·ソフトウェア·システムから、膨大なデータをダウンロードした後に、分析のためのセンター・リポジトリに展開するものとなる。 そして、それを実現する企業が、常に待ち望まれてきた領域である。つまり、データを準備するプロセスに時間がかかり、そこでの分析といっても、すでに意味を失ったデータまでが含まれてしまうという状況であった。
 
Vermeer_3But recently we’re seeing a new generation of data warehousing, one based on cloud computing.  This week saw the announcement of general availability of Snowflake.  Snowflake is a cloud-based data warehouse running on Amazon AWS.  The company is led by Microsoft veteran Bob Muglia.  Snowflake received $26 million in funding in October 2014 and has received another round of $45 million this past week.
 
しかし、最近は、クラウド·ベースのデータ・ウェアハウスが、新しい世代の到来を告げているようだ。今週は、Snowflake が、一般への提供が始まったと、アナウンスメントを発している。Snowflake とは、Amazon AWS 上で走る、クラウド・ベースのデータ・ウェアハウスのことである。そして、同社は、Microsoft で数々の実績を築きあげてきた、あの Bob Muglia により率いられている。なお、Snowflake は 2014年10月に $26 million のファンドを獲得し、さらに先週には、別のラウンドで $45 million の資金を得ている。
 
The Snowflake data warehouse is in direct competition with Microsoft’s Azure SQL Data Warehouse and Amazon’s Redshift cloud data warehouse.
 
もちろん、Snowfake のデータ・ウェアハウスは、Microsoft の Azure SQL Data Warehouse と Amazon の Redshift クラウド・データ・ウェアハウスに対して、ダイレクトなコンペを挑むものとなる。
 
What’s unique about Snowflake among the crowd of other recent data-focused startups is that it isn’t based on Hadoop and it was built from scratch with the cloud in mind. Features of Snowflake include:
 
このところ、データにフォーカスしたスタートアップたちが、かなりの勢いで登場してきているが、それらの中で Snowflake がユニークなのは、Hadoop をベースにしていない点である。つまり、クラウドを念頭に置いて、ゼロ・スタートで構築されているのだ。Snowflake の特徴とされる点は:
 
  • Native support for structured, machine-generated and semi-structured data
  • Scalability of data, workloads and users for multi-dimensional elasticity
  • Self tuning of data distribution and storage, and query execution
  • Security. Uses authentication, granular access control and data encryption
 
  • 構造化データ/機械生成データ/半構造化データを、ネイティブでサポート
  • データ/ワークロード/ユーザーをスケーラブルにすることで、多次元弾性を確保
  • データ配信/ストレージ/クエリー実行における、セルフ・チューニング
  • セキュリティ:ユーザー認証/緻密なアクセス・コントロール/データの暗号化
 
ーーーーー
On Monday誰が、何を、必要としているのかを、的確に理解している人が、自信作を世に問うというストーリーですね。 お久しぶりです、Bob Muglia さん。こうして、その後の活躍を知ることができて、とても嬉しい気分です。 そして、機械生成データをネイティブでサポートというのは、まさに IoT 時代のデータ・ウェアハウスという感じで、とてもイケていますよね。 Snowflake の活躍を期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
 

Comments Off on Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Microsoft, Miscs by Agile Cat on June 11, 2012

Microsoft Joins The Cloud Mainstream
http://wp.me/pwo1E-4j3

June 8, 2012
http://seekingalpha.com/article/646791-microsoft-joins-the-cloud-mainstream

_ seeking alpha

While Oracle (ORCL) insists that a cloud is just Software as a Service, that it can indeed be proprietary and closed, that it’s not much different from old-fashioned enterprise computing, Microsoft (MSFT) is seeking to enter the cloud mainstream.

Oracle(ORCL) が主張するクラウドが単なる SaaS に過ぎず、実際にはプロプライエタリでクローズドなものに成り得るのに対して、つまり従来型のエンタープライズ・コンピューティングと大差がないのに対して、Microsoft(MSFT)はクラウドのメインストリームに参加しようとしている。

imageThe reason Microsoft was quietly running a Meet Azure webcast the same day Oracle was trotting out its cloud, assuring developers of their support for Linux and open source tools in its Infrastructure as a Service offering was because it has to.

Oracle が自身のクラウドを披露したのと同じ日に、Microsoft が静かに Meet Azure Web キャストを実施した理由は、 その IaaS における Linux と OSS ツールのサポートを、デベロッパーに対して保証することが、必須であった点にある。

The differentiation Microsoft wants to offer is enterprise surety. So it was important that CentOS, a small Linux vendor, announced at the event it would offer a Service Level Agreement for its software on Azure. Enterprise-quality support and enterprise-standard contracts are bound to be part of any successful pitch.

Microsoft が提供したいと望む別の切り口は、エンタープライズ・セキュリティにある。 したがって、そのイベントで、Azure 上のソフトウェアに SLA を提供したいと発表した、小規模 Linux ベンダーである CentOS が重要となってくる。 エンタープライズ品質のサポートと、エンタープライズ標準のコントラクトが、あらゆる成功モデルにおけるパートとして考慮されなければならない。

Microsoft first thought Azure would be a natural transition for its Windows-based enterprise clients. But many of those companies turned out to be more conservative than Microsoft thought. They didn’t move toward Amazon, but they didn’t move to Azure either.

最初に Microsoft が考えたことは、Windows ベースのエンタープライズ・クライアントにとって、Azure が自然な移行先になるというものだった。 しかし、顧客である企業は、Microsoft が考えたよりも保守的であることが分かった。それらの企業は、Amazon に近付くこともなく、また、Azure に移行することもなかった。

imageFor those companies that have embraced the cloud, concepts like commodity hardware and open source are basic to the decision. They want to build “hybrid clouds” in which work can move seamlessly from their own cloud-based systems to the public clouds of Amazon (AMZN), Rackspace (RAX) and others to achieve maximum bang for minimum buck.

それらの、クラウドを受け入れている企業にとっては、コモディティなハードウェアとオープンソースのようなコンセプトが、基本的な判断材料となる。 つまり、それらの企業は、自身のクラウド・システムから、Amazon や Rackspace のパブリック・クラウドへ向けたシームレスな移行を達成する、ハイブリッド・クラウドの構築を目指しているのだ。 そして、それにより、最大の費用対効果を得たいと望んでいる。

In short, for cloud buyers, cloud is a commodity. Amazon is the leading cloud vendor in part because it offers commodity pricing, even while cloud is a niche product. The ability of companies to move on-and-off the Amazon cloud is proven. The success of cloud-based, open source applications like Facebook is proven.

要するに、それらのクラウド購入者にとって、クラウドはコモディティなものとなる。 その点において、Amazon が主導的なクラウド・ベンダーとなっているのは、クラウドがニッチな製品であるにもかかわらず、コモディティな価格体系を提供しているからだ。 そして、顧客である企業の能力は、Amazon クラウドをオンデマンドで活用することで証明される。 また、Facebook のような、オープンソースによるクラウド・ベースのアプリケーションも、その成功を証明されている。

If Microsoft is to have any hope of competing in this new architecture, in other words, it has to join the cloud mainstream. The Meet Azure event was its assurance to customers that it has indeed done so, and that it will compete directly with Amazon on price and features.

もし Microsoft が、この新しいアーキテクチャ上での競合を望むなら、クラウドのメインストリームに参加しなければならない。 Meet Azure イベントの意味は、そこへの参加を顧客に対して約束するものである。そして、価格と機能という面で、Amazon とダイレクトに競合していくという、意志の表明でもある。

For customers this is great news. For Microsoft it’s a necessary step. For investors it means increased competition and the likelihood that they may have to wait a long time for cloud profits.

顧客にとって、この出来事は、すばらしいニュースである。 また、Microsoft にとっては、必要なステップである。 そして投資家にとっては、クラウドにおける競合の激化が生じ、そこからの利益の回収において、長期的な展望が必要となるという結果がもたらされる。

Disclosure:I am long AMZN, MSFT.

ーーーーー

imageこの件に関しては、「Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?」というポストで以前にお知らせしました。そして、いま、以下の関連リンクに示されるように、GigaOM や ZDNet などを含む数多くのメディアが、この Linux シフトを報じています。 紆余曲折があって、ここに到達した Microsoft に、幸あれと願わずにはいられません。 --- image@Taipei

ーーーーー

<関連>

Microsoft paints Azure with open source brush
Microsoft Azure gets a big assist from small PaaS companies‎
Windows Azure re-imagined: Microsoft’s fit for the cloud
Competing Against Amazon, Microsoft Adds Linux Support to Windows Azure
Microsoft launches support for Linux on Windows Azure

 

Comments Off on Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?

GW プチ特集 – Microsoft の 2011年 1月~4月

Posted in Microsoft by Agile Cat on May 5, 2011

ちょっとオマケで、昨年の 11月から・・・

TAG index

理路整然と合理について語り、それを実践していく人に対して、やはり 魅力を感じてしまう Agile_Cat ですが、その意味で、Ray Ozzie の離脱は痛かったと思っています。 そして、Bob Muglia と Amitabh Srivastava が続いてしまい、今は良いけど、二年後 三年後の Azure に、どのような変化が生じてくるのかと、ちょっと心配してしまいます。 その一方で、Wintel の解消につながる ARM サポートが発表され、さらには Phone 7 による Nokia との提携が進むなど、新しい路線が見えてきたことは、とても良い兆であり、また、期待を膨らませてくれます。 これまでの業態からして、プロダクトからサービスへ向けたシフトに、最も苦労するのが Microsoft であることに間違いはなく、今後の戦略に注目していきたいと思っています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<2010>

November 23 : SUSE Linux は Microsoft に買われてしまうのか?

November 23 : Microsoft による SUSE Linux 買収の続報

December 20 : Windows Azure の IaaS コンポーネントがリリース!

December 23 : Windows for ARM が、1月の CES で発表される?

<2011>

January 6 : ついに Windows for ARM が – CES 2011 より

January 9 : Quincy に配置された Microsoft IT-PAC のフォト・ギャラリー

January 11 : Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道

January 17 : Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?

January 20 : iPhone 用の OneNote について Microsoft が語る

January 30 : 止まらない クラウド頭脳の流失 – Microsoft

February 11 : Nokia は Intel との連携をあきらめ、Microsoft と手を組むのか?

February 11 : Nokia と Microsoft の提携に関するウワサ – Google News より

February 12 : Microsoft から Windows Azure アーキテクトが辞任する

February 24 : Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長!

March 2 : Microsoft が Windows Embedded Compact 7 を発表

April 5 : Microsoft は主張する – Apple と Google はアプリ数を誇張していると

April 7 : Microsoft と Toyota は、自動車用のクラウドを Azure で構築する

April 9 : アメリカ国内で、Win 7 と Win XP のシェアが逆転した

April 14 : 世界市場での PC 販売が 3.2% 減 – そして Microsoft への影響は?

April 16 : Live Writer で Youtube が貼れないけど、IE9 が RC だからなの?

April 19 : Microsoft と Google が、政府調達で泥仕合を繰り返すのは?

May 1 : Bing、Google、Yahoo で、検索結果の順位を比較してみる

ーーーーー

それと、Nokia との提携発表のビデオで、Steve Ballmer さんが『デベロッパー』ではなく『エコシステム』を連発していたのには、時代の移り変わりを感じてしまいました。 とても良い、言葉の選択だと思います。 ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2010 年の Windows Azure と Microsoft

Comments Off on GW プチ特集 – Microsoft の 2011年 1月~4月

Microsoft から Windows Azure アーキテクトが辞任する

Posted in .Selected, Microsoft by Agile Cat on February 12, 2011

Microsoft Loses Windows Azure Architect
Amitabh Srivastava is the latest to exit following shakeup of server division.
By
Paul McDougallInformationWeek
February 10, 2011 03:59 PM
http://www.informationweek.com/news/windows/microsoft_news/showArticle.jhtml?articleID=229216744&cid=RSSfeed_IWK_Authors

_ Information week

A key Microsoft executive has stepped down amid the realignment atop the company’s Server and Tools division. Amitabh Srivastava, senior vice president over the company’s Azure cloud unit, will be leaving, CEO Steve Ballmer said in an e-mail to employees Wednesday.

Microsoft 経営陣におけるキーパーソンが、同社の Server and Tools division 執行部が再編される中、退職することになった。CEO の Steve Ballmer が水曜日のメールで、Azure Cloud Unit の Senior VP である Amitabh Srivastava が、同社を去ることになると従業員に伝えた。

image

Ballmer did provide a timeframe for Srivastava’s departure, and was vague about the reasons behind it.

Ballmer は Srivastava の退職について、タイムフレームは提供しているものの、背景や理由については曖昧にしている。

“Windows Azure is in a great place, and Amitabh is ready to move to a new phase in his career. He has done stellar work for the company and I will work to ensure a smooth transition with the Windows Azure team,” said Ballmer.

『 Windows Azure は素晴らしいポジションを占めており、また、Amitabh は自身のキャリアにおいて、新しいフェーズへ移行する準備を整えた。 Microsoft のための、彼は傑出した働きを見せた。 そして、私は、Windows Azure チームと共に、スムースな移行を確実に実施していく 』と、Ballmer は発言している。

It’s thought that Srivastava’s exit is connected to Microsoft’s announcement that company veteran Satya Nadella would replace Bob Muglia as head of Server and Tools. Ballmer effectively fired Muglia from the post, and many observers believed Srivastava was in the running for the job.

この Srivastava の辞任は、Server and Tools のヘッドだった Bob Muglia の後任として、同社のベテランである Satya Nadella が就任するという、Microsoft の発表に関連すると思われる。 Ballmer は、Server and Tools のポストから、Muglia を実質的に解雇している。そして経営陣の多くは、Srivastava が仕事を継続していくと信じていた。

Srivastava is a 14-year Microsoft veteran and one of the few execs there to receive the Technical Fellow designation. Among other things, he co-led the build out of Windows Azure, the online version of the Windows operating system that Microsoft is counting on as the foundation of its cloud computing efforts.

Srivastava は、Microsoft に 14年間も勤めたベテランであり、Technical Fellow の称号を与えられた、数少ない経営陣の 1人である。 そして、Windows Azure の構築に深く携わったことが、大きな実績としてあげられるだろう。Azure とは、Microsoft のクラウド・コンピューティングの基礎として重視される、Windows オペレーティング・システムのオンライン・バージョンのことである。

Ballmer’s shakeup of his company’s top ranks may not be over. With Microsoft struggling to keep up in new markets like tablets, phones, search, and social networking, Ballmer is said to be looking for a new crop of senior lieutenants whose roots are in programming and engineering, as opposed to sales and marketing.

Ballmer が再配置するという、同社のトップ人事は、まだ終わっていないかもしれない。 タブレット/スマートフォン/ソーシャル・ネットワーキングといった、新しいマーケットに追いつくために苦闘する Microsoft のためには、セールスやマーケティングではなく、プログラミングやエンジニアリングの経験を持つ、新しい指導層が必要なると、Ballmer は発言してきた。

The reshuffling could address concerns that Microsoft has lost its edge as an innovator and that it’s overly focused on promoting existing technologies rather than building new ones. The Kinect motion controller for the Xbox was one of the company’s few successes in 2010, a year in which it suffered reversals in the tablet and cell phone markets.

今回の再編は、イノベーターとしてのエッジを失い、新しいものを構築するよりも、既存テクノロジーの販促進にフォーカスしてきた、Microsoft の関心事に取り組むものと思われている。 Xbox 用の Kinect モーション・コントローラーは、2010年における同社の数少ない成功例の 1つである。 しかし、タブレットとスマートフォンのマーケットでは、後退を余儀なくされた 1年でもあった。

Microsoft shares were off 1.9%, to $27.43, just before the closing bell in Thursday trading.

Microsoft の株価については、木曜日の終値で 1.9% ダウンの $27.43 であった。

ーーーーーー

この、Amitabh Srivastava さんが、どのような人かというと・・・

Azure という大きなの固まりが、漠然とした考えを生みだす前というか、Red Dog オペレーティング・システムの前というか、Microsoft の VP である Amitabh Srivastava は、好きなことを何でもできるというチャンスを手にしていた。彼は、Microsoft のクラウド・プラットフォームを開発するための、聡明でベストなチームを厳選することが可能な立場にいた。

Srivastava は「非プロセス」的な方式で、Microsoft の Windows と Research の部門から、彼の知っている一握りのエンジニアを集めたと認めている。つまり、少数精鋭のグループが必要だったのだ。

「20 人だけが必要なら、こんなやり方はしない。だからといって、5,000人の同じ考えを持つ人を集めるのとも違う」 (最近になって Red Dog チームは、新しいサービスのために、Ask や、Yahoo、その他の Web とは無関係な企業からの人材により拡張された。現時点の Red Dog チームの人員は、およそ150人である)と、Srivastava は言っている。

彼が最初にリクルートしようと考えたのは、NT と VMS の父である Dave Cutler だ。

・・・という人なんです。 詳しくは、『 Red Dog ドリーム・チーム 』をご覧ください。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
止まらない クラウド頭脳の流失 – Microsoft
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール

止まらない クラウド頭脳の流失 – Microsoft

Posted in Microsoft by Agile Cat on January 30, 2011

Microsoft Loses Key Cloud Exec
Dave Thompson will step down from his position as corporate VP for Microsoft Online by year’s end
By Paul McDougallInformationWeek
January 28, 2011 02:01 PM
http://www.informationweek.com/news/windows/microsoft_news/showArticle.jhtml?articleID=229200046&cid=RSSfeed_IWK_Authors

image

The executive who oversees Microsoft’s efforts to port its Office software to the cloud will be gone by the close of 2011, the company confirmed Friday.

その重要人物とは、クラウドに Office ソフトウェアを、2011 年末までに移植していく、Microsoft の部門を監督している人物だと、金曜日(1/28)に同社は認めた。

Dave Thompson, corporate VP for Microsoft Online and a 20-year Redmond veteran, is retiring, Microsoft said. "He is looking forward to spending time with his family and volunteering with his favorite charities," a Microsoft spokesman said in a statement published by SeattlePI.com.

Microsoft Online のコーポレート VP である Dave Thompson が、つまり、20年以上の Redmond のベテランが辞職すると Microsoft は発言している。 『 彼は家族との時間と、大好きなチャリティーにおけるボランティア活動を楽しみにしている 』 という Microsoft スポークスマンのコメントを SeattlePI.com が伝えた。

Thompson’s group oversees Office 365, a suite of online versions of Microsoft Office and related utilities that’s set to go live at some time in the coming months. "Dave shared his plans with his team to retire after Office 365 launches later this year," Microsoft said.

Thompson のグループは、Microsoft Office のオンライン・バージョンである Office 365 スイートを担当し、また、数カ月のうちに運用が開始される、Office に関連するユーティリティーにも責任を持つ。 『 Dave は、今年の後半に Office 365 を立ち上げた後に引退するという、彼の計画についてチーム協議している 』と、 Microsoft は表明している。

Thompson’s departure could be a blow to Microsoft, which is betting big on cloud, or Internet-based, computing.

Thompson の辞任は、クラウドとインターネットをベースにしたコンピューティングに賭ける、Microsoft にとって大きな打撃になるだろう。

image

Along with Office, the company has engineered a version of Windows, called Azure, to run in the cloud. Microsoft, along with rivals like Google and Salesforce.com, believes businesses will increasingly prefer to tap software over the Web rather than store it on locally maintained servers that require manual maintenance and operation.

この クラウドOffice と共に、Microsoft は Windows Azure と呼ばれる OS も設計している。顧客企業は Web 上のソフトウェアを活用していくようになると、Google や Salesforce.com などのライバルと並んで、Microsoft も変化を確信している。そこでは、ローカル・サーバーにデータをストアすることはなく、また、手作業による保守と運用も不要になる。

Microsoft will lose another key cloud executive when chief software architect Ray Ozzie fulfills his plan to retire later this year.

Chief Software Architect である Ray Ozzie が、計画どおりに今年の年末に辞職すると、さらに Microsoft は、クラウドにおけるキープレイヤーを失う。

Microsoft has been hit with a string of high level departures—either forced or voluntary—in recent months. Bob Muglia will leave this year after effectively being fired by CEO Steve Ballmer from his position as head of the company’s Server & Tools unit.

この何ヶ月かの、Microsoft が直面している問題として、上層部の人間が相次いで辞任(強制および自主)していることが挙げられる。 Server & Tools 部門のトップである Bob Muglia は、CEO の Steve Ballmer のいう合理化のもとに、今年中に退任することになる。

Former Business Division president Stephen Elop, former Windows strategy VP Mike Nash, former Genuine Software program director Alex Kochis, former Windows group senior VP Bill Veghte, and former Entertainment & Devices Division chief Robbie Bach have also left Microsoft within the past year.

Business Division を代表していた Stephen Elop および、Windows strategy VP の Mike Nash、Genuine Software program director の Alex Kochis、Windows group senior VP の Bill Veghte、そして Entertainment & Devices Division の chief であった Robbie Bach も、昨年に Microsoft を辞職している。

Microsoft has yet to name a replacement for Thomspson.

なお、Thomspson の後任について、Microsoft は何も発表していない。

Microsoft shares were off sharply in afternoon trading Friday after the company’s quarterly report Thursday revealed slow growth in its core Windows OS business. Microsoft shares were down 4.36%, to $27.61, about two hours before the closing bell.

Microsoft の株価は、コアとなる Windows OS ビジネスの動きが緩慢であるという、四半期報告が木曜日(1/27)に行われた後の、金曜日 午後の段階で明確に下落している。 マーケットが閉まる 2時間前の時点で、Microsoft 株は 4.36% ダウンの 27.61ドルにとなっている。

ーーーーー

Ray Ozzie を Bob Muglia に続き、今回の Dave Thompson 氏の辞任という、Information Week での 扱いです。その他にも、Microsoft Dynamics group の general manager であった、Matt Miszewski は 昨年12月の辞任の後、Salesforce.com の senior VP に就任するようです。文中にもあるように、2010年 Q4 が減益だったこともあり、ここは踏ん張りどころですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール
PDC と Silverlight について – Bob Muglia

Comments Off on 止まらない クラウド頭脳の流失 – Microsoft

Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?

Posted in .Selected, Microsoft by Agile Cat on January 17, 2011

Does Bob Muglia’s Departure Spell Doom for Windows Azure?
By
Derrick Harris
Jan. 10, 2011, 12:15pm PDT
http://gigaom.com/cloud/does-bob-muglias-departure-spell-doom-for-windows-azure/

_ Gigaom

Microsoft Server and Tools Business President Bob Muglia is leaving Microsoft this summer, as a result of CEO Steve Ballmer’s decision to seek new leadership for that division. Ballmer announced the news via an email to employees, in which he states that an internal and external replacement search is underway.  This news comes just months after Chief Software Architect, and fellow cloud visionary, Ray Ozzie announced his resignation in October. I’ve been as high as anybody on Microsoft over the past couple years, especially when it comes to cloud computing, but this news has wholly unsure of what to expect from Microsoft’s cloud efforts going forward.

Microsoft の Server and Tools Business President である Bob Muglia は、この部門における新しいリーダーシップを求める CEO Steve Ballmer の判断により、この夏に同社を去ることになった。 Ballmer は、メールを介してこのニュースを伝え、また、社内および社外から適任者を探している最中であると説明した。  この出来事は、Chief Software Architect であり、クラウドの洞察者であるRay Ozzie が10月に辞職を発表してから、数カ月後に起こった。 多くの人々と同様に、この何年かにおいて、特に Microsoft  がクラウド・コンピューティングに参入した時から、私は同社に好感を持っていた。しかし、このニュースは、Microsoft がクラウドを進めていく結果として得られるものを、まったく不確かなものにしてしまう。

storm_cell1

Microsoft’s legacy as a PC-centric company with too great a reliance on that business model fairly attracted a good number of skeptics, but the reality — from my perspective — is that Microsoft is a formidable competitor in both the cloud and the data center, and that’s all because of the work coming out of Muglia’s division. Windows Azure is Grade-A cloud platform, and that Microsoft’s cloud services lineup (which includes office, collaboration and email applications) is probably the best in the business right now, at least when it comes to wooing large customers. In the data center, Hyper-V is among the fastest-growing hypervisors in terms of installments and support, and System Center Virtual Machine Manager is adding more cloud-like features on a regular basis.  Most estimates still have Microsoft trailing VMware by a mile in terms of overall installations, but customers seem to like Hyper-V’s free price tag, at least, and are choosing it in greater numbers every year. What’s more, as Ballmer acknowledges in his email announcing Muglia’s departure, the Server and Tools Business — which also houses Windows Server and SQL Server — does $15 billion in annual business.

Windows Azure は Grade-A クラウド・プラットフォームであり、また、この Microsoft のクラウド・サービス・ラインナップ(Office や Mail などのアプリケーションを含む)は、少なくとも大口の顧客を説得する場合には、現時点で最良のビジネスとなるだろう。 データセンターにおいては、Hyper-V がインストール・ベースとサポートにおいて、最も急成長しているハイパーバイザーである。 また、System Center Virtual Machine Manager にいたっては、クラウドに特化した機能を通常の環境に加えている。Microsoft は依然として、全体的なインストール・ベースでVMware に差をつけられているという見方が大半であるが、少なくとも顧客は、無償の Hyper-V に惹かれており、毎年のように、さまざまなケースで大量に選択されている。 その上、 Muglia の辞任を発表する Ballmer のメールで、彼からの感謝が述べられているように、その Server and Tools Business 部門(Windows Server と SQL Server も提供する)は、年間で $15 billion を売り上げている。

It might be cloud computing where Microsoft, under Muglia’s leadership, has been the most impressive. Looking even past the technical features of Windows Azure, the decision to sell Windows Azure Appliances to partners could turn the cloud business into the PC business, as might the tight alignment between PaaS and SaaS on the platform. Microsoft’s cloud efforts aren’t perfect, of course – its seeming unwillingness to develop true hybrid capabilities between Hyper-V/System Center and Windows Azure is questionable – but, all in all, Microsoft is among the best and most-complete cloud vendors around.

Microsoft で最も輝いているのは、Muglia のリーダーシップにより推進されてきた、クラウド・コンピューティングなのかも知れない。 これまでの Windows Azure におけるテクニカルな特徴を見ても、Windows Azure Appliances をパートナーに販売するという判断は、そのプラットフォーム上の PaaS と SaaS を連携させ、クラウド・ビジネスを PC ビジネスに転換するものである。 もちろん、Microsoft のクラウド戦略は完ぺきではない。 HyperーV / System Center と Windows Azure の間に、真のハイブリッド機能を開発することに、消極的なのは不自然である。しかし、全般的に見て、各種のクラウド・ベンダーの中で、Microsoft はベストであり、また、最大の競争力を有している。

Muglia’s departure comes on the heels of Chief Software Architect Ray Ozzie’s resignation in October, and that combination doesn’t bode well for Microsoft’s cloud future. With two of its most-respected cloud leaders leaving in such short order, one has to ask what’s going on at Microsoft and what Steve Ballmer has in mind. Under the guidance of Ozzie and Muglia, Microsoft’s cloud computing efforts were defying expectations by creating a truly unique cloud platform and showing that Microsoft was willing to sacrifice high on-premise software margins in the name of innovation. If Ballmer’s decision to replace Muglia has anything to do with remedying that margin issue, the result might be that Microsoft’s cloud strategy will ultimately fulfill its critics’ prophesies.

Muglia の辞任は、Chief Software Architect である Ray Ozzie の、10月に辞職に引き続くものである。 それらが連続して起こったことは、Microsoft クラウドの未来にとって良い兆しとはならない。 最も尊重されるべき 2人のクラウド・リーダーが、このような短期間のうちに去ってしまう状況では、Microsoft で何が起こっているのか、あるいは、Steve Ballmer は何を考えているのかと、人々が推測し始めてしまう。 Ozzie と Muglia のガイダンスの下で、ユニークな真のクラウド・プラットフォームを作成することで、 Microsoft のクラウド・コンピューティングは、ある種の期待を拒絶してきた。そして、イノベーションの名のもとに、オンプレミス・ソフトウェアの高利潤を犠牲にすることを、Microsoft は厭わないという姿勢を示した。 Muglia を排するという Ballmer の理由が、このマージン問題の修復にあるのなら、Microsoft の究極的なクラウド戦略は、同社に対する批判的な予測を具現化するという、結果をもたらすのかも知れない。

Image courtesy of FreeAussieStock.com.

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

ちょっと、読むのが怖い記事でしたが、他でもない GIGAOM で、こうした論旨が展開されているという事実は、しっかりと確認しなければなりません。 それ以上のコメントは控えて、読まれた方々の、それぞれの受け取り方で、ご判断いただければと思っています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Microsoft が OpenStack に参加する背景

Comments Off on Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?

Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道

Posted in Microsoft by Agile Cat on January 11, 2011

Ray Ozzie さんに続き、、、いったい どうなってしまうのでしょうか?

_microsoft

Ray Ozzie の離脱の後、PDC 2010 などで、Windows Azure に積極的に取り組んできた Bob Muglia さんも、ついに Microsoft を離れてしまうようです。 Microsoft には 23年も勤務したという、いわば黎明期からの大物であり、同社の Server and Tools Business を率いてきた頭脳です。 いったい、Microsoft は、どうなってしまうのでしょうか? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

以下は、日本時間の 2010年 1月 11日 午前 8:30 ころの、Google News 検索結果です。

ーーーーー

clip_image001

Full text: Bob Muglia’s departing e-mail to employees
Seattle Post Intelligencer (blog) 
– ‎5 minutes ago‎
Microsoft today announced Bob Muglia, who has been president of the Server and Tools Business for two years, is planning to leave the company this summer. …

 

clip_image001[4]

Microsoft’s Bob Muglia Says Good-Bye
Forbes (blog) – Victoria Barret 
– ‎42 minutes ago‎
Bob Muglia, Microsoft’s President of the Servers and Tools Division, is leaving the company this summer. This is a bit of a surprise. …

 

clip_image001[6]

Microsoft shake-up set to claim more heads
Financial Times – Richard Waters 
– ‎44 minutes ago‎
Microsoft is to replace the head of its server software division in the latest round of a shake-up that is likely to …

 

The latest management change shows that "all businesses go through cycles and need new and different talent to manage through those cycles", Mr Ballmer said.
more by Steve Ballmer – 44 minutes ago – Financial Times (184 occurrences)

 

clip_image001[8]

Microsoft’s Head of Server Software to Leave Company
Bloomberg – Dina Bass
‎1 hour ago‎
Microsoft Corp. said President Bob Muglia, head of the software maker’s server and tools division, …

 

clip_image001[4]

Server Chief Out At Microsoft, Is Steve Ballmer Next?
InformationWeek – Paul McDougall 
– ‎1 hour ago‎
Less than two weeks into 2011, there are signs that Microsoft learned little from a woeful 2010. Can the CEO survive? By Paul McDougall , InformationWeek …

 

clip_image001[10]

Microsoft server and tools chief heads for exit
Register – Gavin Clarke 
– ‎2 hours ago‎
Microsoft is losing the leader of its $15bn server and tools business unit, the operation charged with executing …

 

clip_image001[12]

Microsoft Seeks New Leadership for Server Division
ABC News – Jessica Mintz 
– ‎2 hours ago‎
AP By JESSICA MINTZ AP Technology Writer Microsoft Corp. CEO Steve Ballmer wants fresh blood at the helm of the software maker’s third-largest division, …

All 37 related articles »

ーーーーー

たしか、PDC 2010 の前後で、HTML5 と Silverlight の取り扱いに関して、外から見ていても軋轢を感じてしまいましたが、ビジネスの中心にプロダクトを置き続けるべきなのか、もしくは、サービスに転換すべきなのかという、Microsoft における大きな決断が、これで先送りになったように感じます。

Agile_Cat 的には、関連情報にある 『 PDC と Silverlight について 』 で、Bob Muglia さんが、以下のように締めくくっていたのが、とても気になっていました。

Make no mistake; we’ll continue to invest in Silverlight and enable developers to build great apps and experiences with it in the future.

間違いのないようにまとめると、、、 私たちは Silverlight に投資し続けていく。 そして、将来においても、デベロッパーが素晴らしいアプリケーションを構築し、エクスペリエンスを提供できるようにしていく。

自分に対して、『 Make no mistake 』 というのは、かなり奇異な表現であり、そして、とても残念な結果につながってしまったようです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール
Microsoft は Silverlight をあきらめ HTML 5 へと走る
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
PDC10 後の Azure は、AWS とガチンコ勝負か?
Microsoft が OpenStack に参加する背景
Windows Azure の IaaS コンポーネントがリリース!
Steve Ballmer 氏が、$1.3 billion(約 1000億円)相当の株式資産を売却

 

Comments Off on Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道

PDC と Silverlight について – Bob Muglia

Posted in HTML5, Microsoft by Agile Cat on November 3, 2010

PDC and Silverlight
Posted in Announcement 
November-01-2010 at 02:00 PM PST
http://team.silverlight.net/announcement/pdc-and-silverlight/

Silverlight Team Blog

[This blog post is from Bob Muglia, President of the Server and Tools Division at Microsoft]

image

Last week, we held our PDC conference on the Microsoft campus in Redmond, Wash.  We also streamed it online using Silverlight (with both live and on-demand sessions).  Already, more than 100,000 developers have watched the event, and the feedback on the streaming experience has been phenomenal.  If you haven’t had a chance to watch the sessions yet, I encourage you to do so: http://microsoftpdc.com

先週のこと、私たちは Redmond, Wash の Microsoft キャンパスにおいて、PDC カンファレンスを主催した。さらに、Silverlight を用いたオンライン・ストリーミング(ライブとオン・デマンドの双方)も配信された。  すでに、100,000人以上のデベロッパーが、このイベントを視聴しており、このストリーミング・エクスペリエンスに関するフィードバックには、目を見張るものがある。  これらのセッションを観ていないのなら、ぜひ お勧めする: http://microsoftpdc.com 

During the conference, I gave an interview where, among other things, I talked about the great work we’re doing with Silverlight – in particular, support for Windows Phone 7, which we featured heavily at the conference. The interview was accurately reported. I understand that what I said surprised people and caused controversy and confusion. As this certainly wasn’t my intent, I want to apologize for that. I’d like to use this post to expand on what I said, and talk about the very important role Silverlight has going forward.

そのカンファレンスの最中に、その他のことに関してもインタビューを受け、Silverlight チームの素晴らしい働きぶりについて話した。とりわけ、今回のガンファレンスでも強く押し出した、Windows Phone 7 のサポートについて説明した。 そして、そのインタビューは正確にレポートされた。私が理解しているのは、私の発言により人々が驚き、論争と混乱が引き起こされたことだ。 ただし、それは私の意志ではないので、謝罪したいと思う。 このポストを介して私の発言を補足し、また、Silverlight を推し進めていくという、非常に重要な役割について説明したい。

In the interview, I said several things that I want to emphasize:

1. Silverlight is very important and strategic to Microsoft.

2. We’re working hard on the next release of Silverlight, and it will continue to be cross-browser and cross-platform, and run on Windows and Mac.

3. Silverlight is a core application development platform for Windows, and it’s the development platform for Windows Phone.

このインタビューにおいて、強調したいと考えていた、以下の項目を説明した:

1. Silverlight はMicrosoft にとって、きわめて重要かつ戦略的なものである。

2. Silverlight の次期リリースへ向けて邁進している最中であり、クロス・ブラウザと、クロス・プラットフォーム、そしてWindows と Mac での稼働をという方針を継続する。

3. Silverlight は、Windows におけるコア・アプリケーション開発プラットフォームであり、Windows Phone 用の開発プラットフォームでもある。

We haven’t yet publically announced a launch date for the next release of Silverlight, but we’ll talk more about it in the coming months.

次期 Silverlight のリリースについては、その日程などを公表していないが、数カ月後には、より詳細を説明できるだろう。

Last week, we released some important updates to Silverlight 4, which shipped only six months ago and included major new features and tooling capabilities.  Last week’s updates included improvements to WCF RIA Services, as well as the new Portable Library project –making it easier to share assemblies across SL Desktop, SL Phone, WPF and .NET on the server.  John Papa delivered a PDC session on building business apps with Silverlight 4, and Shawn Burke delivered a PDC session on the portable library project.  I recommend that you take a look at both of these.

Silverlight は、Windows におけるコア・アプリケーション開発プラットフォームであり、Windows Phone 用の開発プラットフォームでもある。 次期 Silverlight のリリースについては、その日程などを公表していないが、数カ月後には、より詳細を説明できるだろう。 先週のことだが、6カ月前に出荷されたばかりで、新しい機能とツールを取り込んでいる Silverlight 4 に対して、いくつかの重要なアップデートをリリースした。  この、先週のアップデートには、WCF RIA Services の改善だけではなく、新規の Portable Library プロジェクトも含まれており、SL Desktop/SL Phone/WPF/.NET on the server をまたいだ、アセンブリの共有が容易になる。  PDC のセッションでは、Silverlight 4 を用いたビジネス・アプリケーション構築を John Papa が紹介し、ポータブル・ライブラリ・プロジェクトについて Shawn Burke が紹介した。  それらのセッションについて、ぜひ参照して欲しいと願う。

Silverlight Strategy

I said, “Our Silverlight strategy and focus going forward has shifted.”  This isn’t a negative statement, but rather, it’s a comment on how the industry has changed and how we’re adapting our Silverlight strategy to take advantage of that.

私は 『 Silverlight 戦略と、推進している視点がシフトしている』と発言した。  これは、ネガティブな意味での発言ではない。どちらかと言うと、この業界の変化を指摘するものであり、また、そこでアドバンテージを得るために、Silverlight の戦略を再適用していく方法に関するコメントである。

Below are some of the trends we’re tracking and optimizing around.

以下に示すのは、私たちの試みと最適化に関するトレンドである。

Customers are demanding the richest possible client experiences, and developers are increasingly looking to build premium, tailored experiences optimized for specific devices. Silverlight provides the richest way to build Web-delivered client apps.  In particular, with Silverlight 4, we invested in enabling enterprise application development and now provide an outstanding platform to build rich business applications – both inside and outside the browser.

カスタマーは、最もリッチなクライアント・エクスペリエンスを要求している。 そしてデベロッパーは、特定のデバイスに対して最適化された、上質でフィットしたエクスペリエンスを形成したいと考えている。  Silverlight は、Web を介して配信されるクライアント・アプリケーションを開発するうえで、最もリッチな方法を提供する。  とりわけ、私たちは、Silverlight 4 を用いたエンタープライズ・アプリケーション開発を実現するために投資を行ってきた。 そしていま、ブラウザの内側と外側で動作する、リッチなビジネス・アプリケーションを構築するための、とても際立ったプラットフォームを提供している。

Customers want to be able to deliver client experiences that are optimized for specific form factors.Silverlight provides a rich UI framework that enables smooth animations and lends itself very well to touch input and embedded devices.  At the PDC last week, we spent a lot of time talking about Windows Phone 7 and how Silverlight provides a great developer platform for creating apps for it.  With the U.S. launch just days away, already we have more than 1,000 Silverlight apps built for Windows Phone, and consumers of the phone will be able to purchase these apps through an integrated marketplace built into each device.  Recently, we’ve also demonstrated Silverlight apps running on Windows Embedded, and Silverlight is a critical component of our three-screen strategy.

カスタマーは、特定の要因に対して最適化された、クライアント・エクスペリエンスを提供したいと望んでいる。 Silverlight は、きわめてリッチな UI フレームワークを提供しており、それにより、スムースなアニメーションおよび、タッチ入力とエンベッド・デバイスへの適用を実現している。 先週の PDC において、Windows Phone 7について、また、Silverlight がアプリケーション開発のために提供する、素晴らしいデベロッパー・プラットフォームについて、長い時間をかけて説明した。もうじき、アメリカで発売されるが、すでに 1,000 本以上の Silverlight アプリケーションが、Windows Phone のために構築されている。 そして、この Phone の利用者は、それぞれのデバイスを統合されたマーケットプレイスを介して、それらのアプリケーションを購入できる。  最近になって、Windows Embedded 上で動く Silverlight アプリケーションをデモしているが、私たちの 3スクリーンの戦略において、Silverlight は重要な要素である。

Media delivery across the Internet continues to accelerate dramatically.  Customers want HD, studio quality, premium media content. Silverlight has and will continue to be a pioneering technology that makes it possible to deliver the best media experiences anywhere.  Whether it’s the Olympics, Netflix, or many other media experiences, we have and will continue to invest in it.  Silverlight and IIS Media Services are the choice for premium media experiences with features like HTTP adaptive streaming, DECE-approved content protection, and offline media applications.  In addition, IIS Smooth Streaming enables media delivery to a wide variety of devices, including devices where Silverlight isn’t supported.

インターネット全体に配信されるメディアは、その動きを劇的に加速させている。  顧客が望むのは、HD/スタジオ品質/最高級のメディア・コンテントである。  Silverlight は、あらゆるところへ、最良いメディア・エクスペリエンスを提供する先端テクノロジーであり、これからも、そうあり続けるだろう。  そして、Olympics や Netflix などのメディア・エクスペリエンスであっても、私たちは投資を継続していくだろう。  Silverlight と IIS Media Services は、HTTP を適用したストリーミングおよび、DECE 承認のコンテント・プロテクション、オフラインのメディア・アプリケーションなどの機能を用いた、最高のメディア・エクスペリエンスのための選択枝である。それに加えて、IIS Smooth Streaming は、Silverlight がサポートされていないデバイスも含めて、多種多様なデバイスに対するメディア配信を可能にする。

Lastly, there has been massive growth in the breadth and diversity of devices made by a wide variety of vendors providing both open and closed systems. When we started Silverlight, the number of unique/different Internet-connected devices in the world was relatively small, and our goal was to provide the most consistent, richest experience across those devices.  But the world has changed.  As a result, getting a single runtime implementation installed on every potential device is practically impossible.  We think HTML will provide the broadest, cross-platform reach across all these devices.  At Microsoft, we’re committed to building the world’s best implementation of HTML 5 for devices running Windows, and at the PDC, we showed the great progress we’re making on this with IE 9.

最後になるが、さまざまなベンダーが提供するオープンもしくはクローズドなシステムがもたらす、デバイスの広がりと奥行きが拡大していることについて話す。  私たちが Silverlight をスタートしたとき、ユニークで多様なインターネット接続デバイスといっても、世界中に提供されている数は比較的に少なかった。そして、私たちのゴールは、それらのデバイスを網羅する、最も一貫性のある、最もリッチなエクスペリエンスを提供することにあった。しかし、世界は変化した。  その結果として、すべての可能性を持つデバイスに対して、単一のランタイムを実装することは、ほとんど不可能になってしまった。それら全てのデバイスを網羅する、最も幅広いクロス・プラットフォームは HTML であると、私たちは考える。  Microsoft において、Windows を実行するデバイスに対して、世界で最高の HTML 5 インプリメンテーションを構築すると約束する。そして PDC においては、IE 9上で成し遂げている、この偉大なる進歩を披露した。

The purpose of Silverlight has never been to replace HTML, but rather to do the things that HTML (and other technologies) can’t, and to do so in a way that’s easy for developers to use.  Silverlight enables great client app and media experiences.  It’s now installed on two-thirds of the world’s computers, and more than 600,000 developers currently build software using it.  Make no mistake; we’ll continue to invest in Silverlight and enable developers to build great apps and experiences with it in the future.

Silverlight の目的は HTML をリプレイスすることではなく、どちらかと言えば、 HTML(他のテクノロジー)では達成できないことを、デベロッパーにとって容易な方法で実現することである。  Silverlight により、きわめて優れたクライアント・アプリケーションとメディア・エクスペリエンスが実現される。  そして、現時点において、世界中のコンピュータの 2/3 にインストールされ、また、それを用いて 600,000人以上のデベロッパーがソフトウェアを構築している。  間違いのないようにまとめると、、、 私たちは Silverlight に投資し続けていく。 そして、将来においても、デベロッパーが素晴らしいアプリケーションを構築し、エクスペリエンスを提供できるようにしていく。

bob

ーーーーー

安易に注釈を付けられるものではないので、ノーコメントでいきます。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Microsoft は Silverlight をあきらめ HTML 5 へと走る
++C++; // 未確認飛行 C ブログ 標準と革新
マイクロソフトが戦略変更。HTML5が唯一のクロスプラットフォーム、SilverlightはWindows Phone 7のプラットフォームに

Comments Off on PDC と Silverlight について – Bob Muglia

%d bloggers like this: