Agile Cat — in the cloud

スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 30, 2016
The Smartphone Platform War Is Over
Felix Richter – Aug 22, 2016
https://www.statista.com/chart/4112/smartphone-platform-market-share/
 
_ Statista
 
While the global smartphone market is as competitive as ever in terms of manufacturers fighting for the consumers’ love (and money), the long-raging platform war appears to be over. According to a recent report by Gartner, Android and iOS now account for 99 percent of global smartphone sales, rendering every other platform irrelevant.
 
グローバルにおけるスマートフォン市場では、メーカーたちが消費者の愛情と財布を狙うという意味で、これまでと同様に競合が繰り返されていが、その一方では、長年にわたるプラットフォーム戦争が終結しようとしている。Gartner の最新レポートによると、グローバル・スマートフォン売上の 99% を Android と iOS が占め、その他のプラットフォームが無意味なものにされている。
 
smartphone_platform_market_shareClick to Large >>> 
 
This chart shows the changes in smartphone operating system market share since 2009.
 
 
As the chart below illustrates that hasn’t always been the case. Back in 2010, Android and iOS devices accounted for less than 40 percent of global smartphone sales. Back then, devices running Nokia’s Symbian and BlackBerry accounted for a significant portion of smartphone sales and Microsoft’s market share stood at 4.2 percent.
 
このチャートを見れば、Android と iOS による独占が、以前からの現象ではなかったことが分かる。2010年の時点に戻ると、この 2つの OS を搭載するデバイスは、グローバル・スマートフォン販売台数の 40% 以下を占めるに過ぎない。その当時は、Nokia の Symbian と BlackBerry を搭載するデバイスが、スマートフォン販売台数の大部分を占め、また、Microsoft のマーケット・シェアも 4.2% あった。
 
While Symbian is long extinct and BlackBerry has started transitioning to Android devices, Microsoft has not yet given up on Windows 10 Mobile as a platform aimed at professional users. Whether Windows, or any other platform for that matter, stands a chance against the dominance of Android and iOS at this point seems highly doubtful though.
 
Symbian は絶滅し、BlackBerry は Android デバイスへと移行を開始し、諦めていないのは Microsoft だけとなった。同社は、プロフェッショナル・ユーザー向けのプラットフォームとして、Windows 10 Mobile をプッシュしている。Windows や、その他のプラットフォームが、依然として Android と iOS の支配に立ち向かう、チャンスを狙っているのだろうか? ここまでくると、かなり疑わしいと思われる。
 
ーーーーー
mobile_55この、Gartner の調査をベースにしたチャートは、出荷台数をベースにしたものであり、また、2016年の数字は 1月〜6月の累計となっています。今年の 3月には、「iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、2015年の内訳は、Android が 81.6% で、iOS が 15.9% でした。その時と比べて、さらに Android が伸びています。強いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research, WhatsApp by agilecat.cloud on March 19, 2016
The meteoric rise of iOS and Android in one chart
Eugene Kim – Feb. 29, 2016
http://www.businessinsider.com/ios-and-android-dominate-marketshare-2016-2
 
_ Business Insider
 
Last week, WhatsApp announced it would shut down support for some of the older smartphone operating platforms, including Blackberry 10, which was released just 3 years ago.
 
先週に WhatsApp が、いくつかの古いスマフォ OS へのサポートを停止するとアナウンスしたが、その中には、3年前にリリースされた Blackberry 10 も含まれていた。
 
ios_android_biStatista
 
“We want to focus our efforts on the mobile platforms the vast majority of people use,” WhatsApp said in a blog post.
 
そして WhatsApp は、「人々の大半が使用するモバイル・プラットフォームに、私たちは注力していきたい」と、そのブログポストで述べている
 
WhatsApp’s decision makes sense if you look at the changing landscape of smartphone operating systems. As this chart from Statista shows, the smartphone market is dominated by Google’s Android and Apple’s iOS, each accounting for 81.6% and 15.9%, respectively.
 
スマフォ OS の、これまでの変遷を眺めてみれば、WhatsApp の決定が理にかなってると、誰もが納得するだろう。この、Statista によるチャートが示すように、Google Android の 81.6% と、Apple iOS の 15.9% というシェアに、スマフォ・マーケットは支配されているのだ。
 
That’s a complete reversal from 2009, when smartphones were just starting to emerge: almost 80% of smartphones sold at the time had operating systems offered by non-iOS and Android players, like Blackberry and Nokia. Today, 99.5% of the smartphones run on operating systems offered by Google, Apple and Microsoft, according to WhatsApp.
 
いまの状況は、2009年にスマフォが登場したときと、完全に逆転している。その当時に販されていた、ほぼ 80% のスマフォは、iOS と Android ではなく、Blackberry や Nokia などが供給する OS を搭載していたのだ。WhatsApp によると、現時点で利用されているスマフォの 99.5% が、Google/Apple/Microsoft から提供される OS を走らせているとされる。
 
ーーーーー
mobile_552009年から 2012年までの 4年間で、Blackberry + Nokia の旧勢力と、Android という新勢力が完全に入れ替わり、その後の 3年間は ほぼ不変という、この数年におけるモバイル市場の動向を、端的に示すチャートですね。 その中にあって、ずっと一定のシェアを保っている iOS の存在も、とても興味深いです。その一方で、昨年 11月にポストした、「スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める」という抄訳が示すように、このマーケットからの収益は、依然として iPhone に集中しているようです。Blackberry が Andorid を採用し、Nokia がモバイルから撤退したことで、この旧勢力は消滅へと向かっていますが、iOS と Android の比率は、ここで固定されるのでしょうか?  そして、Windows Phone は、どのように戦っていくのでしょうか?
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!

2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on October 29, 2015
THE MID-YEAR SMARTPHONE UPDATE REPORT: Power struggles between the biggest platforms and the underdogs that are gaining ground
Will McKitterick – Oct 19, 2015
http://www.businessinsider.com/the-mid-year-smartphone-update-report-power-struggles-between-the-biggest-platforms-and-the-underdogs-that-are-gaining-ground-2015-9
 
_ Business Insider
 Google’s Android and Apple’s iOS dominate the smartphone platform market, controlling a combined 95.7% of the installed base in the US. But the global battle for subscribers between the two operating systems is expected to intensify, especially as the US and China — powerhouse smartphone markets — reach saturation.
 
Google の Android および Apple の iOS は、スマートフォン・プラットフォーム市場を支配し、US におけるインストール・ベースに関しては、両社で 95.7% をコントロールするという勢いだ。そして、グローバル市場においても、この 2つのオペレーティング・システムは、サブスクライバー獲得の戦いを繰り広げているが、US と China に代表される大規模な市場は、すでに飽和状態に至っている。
 
Growth of iOS device shipments is outpacing growth of Android device shipments, but Android’s opportunity in low-end and emerging markets is still greater. iOS has been boosted heavily by the launch of the iPhone 6 and 6 Plus, but Android bounced back in Q2.
 
成長の速度という面では iOS デバイスが優っているが、出荷台数では Android がローエンド市場と新興市場で勝り、また、今後の成長も期待できる。最近の動きとしては、昨年の iPhone 6 および 6 Plus の発売により、iOS は大きく伸びているが、Android も 2015年 Q2 に勢いを取り戻している。 
 
platform-shipments-global
BI Intelligence
 
In a new report, BI Intelligence takes a closer look at the biggest developments in the smartphone market during the first half of 2015, including what the platform landscape looks like at the country level. We also review how the world’s largest vendors are positioning themselves in the battle for some of the fastest-growing mobile markets.
 
この BI Intelligence最新レポートは、2015年の前半に生じた、スマートフォン市場における最大の発展について、各国のプラットフォーム状況も含んだかたちで、詳しく解説している。また、グローバルにおける大手ベンダーたちが、いくつかの急成長しているモバイル市場で戦うために、用いている戦略についてもレビューしていく。
 
Here are some key points from the report:
 
このレポートの、主だった視点は、以下のとおりである:
 
 
  • iOS デバイスの成長率は、Android デバイスの成長率を上回っている。iOS デバイスの出荷ベースは、前年比で 35% の成長率を達成し、4750万台に至っている。それは、2014年の同期における 12% という成長率と比べて、はるかに素晴らしい年間成長率となっている。さらに言えば、2015年 Q2 における、Android の 13% という前年比成長率も上回っている。
  • ベンダーのシェアとしては、依然として Samsung と Apple の支配が続いているが、その他の出荷台数における大半を、China メーカーが占めるという状況に至っている。Samsung と China のメーカーは、2015年 Q2 の China スマホ市場の減速と、この巨大市場への Apple デバイスの浸透により、大きな影響を受けている。
  • US のスマートフォン市場は、世界で最も成熟していると言えるだろう。この 6月の時点における、スマートフォンの所有率は、77% に達している。この、US という飽和状態のマーケットで、プラットフォームとベンダーにとって最大の課題は、頻繁なアップグレードで、ユーザーを飽きさせないことだろう。
  • India の市場は、スマートフォンの売上を伸ばすという意味で、将来における伸びしろを使い切っていないが、この状況も、間もなく変化していくだろう。2015年 Q2 の India では、携帯出荷台数の 44% ほどを、スマートフォンが占めている。また、India は、2017年のスマホ出荷台数で、USの を上回ると予想されている。
 
Access The Full Report By Signing Up For A Full-Access
 
ーーーーー
mobile_55先日にポストした、「iPhone の3台に1台は中国で売れている?」という抄訳が示すように、大量の中産階級を生み出している中国経済が、iPhone のシェアを伸ばす原動力になっているのでしょう。 その一方で Android は、中国を含むアジアや、ブラジルが牽引する南米の市場などで、新しいスマホ・ユーザーを生み出しているのです。2013年の初頭に、中国のスマホ台数がアメリカを追い抜きました。 そして、2017年にはインドが追い抜いていくようです。そんなふうに考えてみると、Android と iOS の対比が、世界経済の動きを反映しているようで、とても面白いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される!
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? 
iPhone 6S だが、発売と同時に 1300万台を売り切ったようだ
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
 

Comments Off on 2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!

Blackberry が Android に改宗か? 喜べ QWERTY スマホ派!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on July 4, 2015
BlackBerry’s upcoming Android phone leaked online
TOI Tech | Jul 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/BlackBerrys-upcoming-Android-phone-leaked-online/articleshow/47923007.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: In line with recent reports, a purported render of BlackBerry’s Android-powered slider smartphone, Venice, has appeared online.
 
NEW DELHI:  最近のレポートに沿ったかたちで、Balckberry の Android スライダー・スマホである Venice の、リーク・イメージがオンラインに登場してきた。
 
Evan Blass, the person behind the popular account @evleaks posted a picture that features a part of the display of the phone along with a Blackberry Passport-like three row keypad. He also posted that the BlackBerry Venice slider will soon be available on US carrier AT&T.
 
人気の Twitter アカウントである、@evleaks の Evan Blass がポストした写真には、Blackberry Passport ライクな三列のキーボードと、ディスプレイの一部が写っている。さらに、彼は、US のキャリアである AT&T から、BlackBerry の Venice スライダー・フォンが、近々に提供されるとも述べている。
 
Blackberry VeniceThe phone’s screen pictured in the leaked render even features the three Android navigation buttons making the claim appear more credible.
 
そのフォンのディスプレイには、さらなる特徴がリークされている。つまり、Android の 3つのナビゲーション・ボタンが示されており、リーク内容の信憑性を高めているのだ。
 
As per a Reuters report, BlackBerry is considering equipping an upcoming smartphone with Google’s Android software.The move to use Android is part of BlackBerry’s strategy to pivot to focus on software and device management, it said. The report had suggested that BlackBerry will probably use Android on an upcoming slider device that is likely to be released this autumn, citing sources. The slider is likely to combine a touch screen with a physical keyboard, similar to BlackBerry’s Passport phone.
 
Reuters のレポートが示すように、Blackberry が検討している次期スマホは、Google の Android を搭載するものになるのかもしれない。BlackBerry の戦略において Android を用いるという動きは、ソフトウェアとデバイスの管理という意味で大転換であると、Reuters は述べている。その、情報筋の発言を引用するレポートは、BlackBerry の新しいスライダー・デバイスでは、Android が搭載される可能性が高く、また、この秋にはリリースされるだろうと示唆している。つまり、このスライダー・デバイスは、BlackBerry の Passport フォンと同様に、物理的なキーボードとタッチス・クリーンを組み合わせるようだ。
 
BlackBerry PassportBlackberry Passport
 
BlackBerry and Google had refused to comment on the matter.
 
Blackberry と Google は、この件に関して、コメントを拒絶している。
 
According to recent rumours, the Venice, is a slider device first announced at the Mobile World Congress 2015 in Barcelona. It’s expected to sport a 5.4-inch QHD display, an 18MP rear camera and a 5MP front-facing camera. It’s said to be powered by a 64-bit 1.8GHz Qualcomm Snapdragon 808 hexacore processor and 3GB RAM. BlackBerry is expected to release the phone by November 2015.
 
最近のウワサによると、Mobile World Congress 2015 in Barcelona でアナウンスされた、スライダー・デバイスの第一号が Venice になるようだ。このデバイスは、5.4-inch の QHD ディスプレイおよび、18 MP のリア・カメラと、5 MP のフロント・カメラを実装すると期待される。そして、64-Bit 1.8GHz の Qualcomm Snapdragon 808 6-core プロセッサと、3 GB RAM という、パワフルなものになるらしい。Blackberry は、2015年11月までに、このスマホをリリースする予定である。
 
ーーーーー
BB Google Searchmobile_55なんと、嬉しいニュースなのでしょう! カシャッとスライドさせると、物理キーボードが滑りだしてくる Android デバイスで、しかも Blackberry 製! これが出てくるなら、個人的には、久々に買ってみたいスマホになること間違いなしです。 じつは、Blackberry 10 も使ってみようと思ったのですが、カナ漢がアプリとして提供されるものであり、日本語を入力するときには、アプリ間でコピペが必要という、2バイト圏を完全に無視した製品だったのです。 また、Facebook アプリなども、最新版が提供されるわけではなく、日本語入力だけではなく、アプリ不足にもイライラすることが予測されたので、残念ながらパスしたという事情があるのです。 あの Steve Jobs の真実歪曲空間に、世界中が引きずり込まれてしまって以来、いわゆる QWERTY 派スマホ・ユーザーは氷河期の中だったのですが、やっと春が来そうな感じです。 絶対に、販売してください、Blackberry さま 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート
BlackBerry 10.2 では、Android 4.2.2 のアプリが走るようになる?
BlackBerry Q10 が iPhone と Galaxy に勝っている! from France
BlackBerry のエンタープライズ・サービスが、iOS と Android を取り込む?
BlackBerry 10 対 Galaxy Note II : Youtube 10分間 1本勝負!
キタよぉ~~~ BlackBerry 10 に QWERTY が キタよぉ~~~
 
 

Comments Off on Blackberry が Android に改宗か? 喜べ QWERTY スマホ派!

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Comments Off on 激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Comments Off on 2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 17, 2015

Samsung による Blackberry の買収というウワサが・・・
http://wp.me/pwo1E-8cB

昨日(1/16)のことなので、今週の Top-5 には入っていませんが、Samsung による Blackberry の買収というウワサが駆け巡っていました。 インドの Economic Times には、$7.5 billion という買収額まで記載されていますが、Korea Times は、Samsung が買収について否定しているというコメントを掲載しています。 背景としては、Tizen を広めることで Android から離れ、また、エンタープライズ市場に進出したい Sansung が、Blackberry のマーケットを取り込もうとしていると、Economic Times は説明しています。動機としては、あり得る話ですね。

Top-5 の方は、① 中国のクラウド・ベース・ビデオ・プラットフォームである Letv が、Microsoft Azure と提携していくという、トピックが大人気でした。 Letv 自体、このニュースで初めて知る会社ですが、中国の Netflix みたいなポジションにあるのかと推測しています。 なにぶん、6億人のインターネット市場を抱えているのですから、かなりの規模のビジネスになると思われます。

② は、Apple Watch に関するウワサです。 それによると、Samsung の S1 チップ(20 nano)を採用するため、12-inch ウエハーを 3000〜4000 枚ほど購入しており、そこからは 250万個のチップが製造できる計算になるとのことです。昨年の、Apple Watch の発表の際に、バッテリー消費に関する問題がありそうだと、いくつかのメディアが指摘していましたが、それを回避するために、Samsung の省電力チップを採用するのでしょうかね?

③ は、先週にもお伝えした、ベトナムの海底ケーブル事故に関するものです。 1月23日には修理が完了するようで、なにはともあれ良かったです。 ④ は、東芝と Nanya の提携に関するものです。DRAM の生産拠点を日本から台湾に移行するらしく、そのための US$1 Billion という資金も、東芝から供給されるようです。⑤ は Hon Hai における 2014年の純利益が、これまでの記録を更新したというものです。 売上は、NT$4.21 trillion (US$132 billion) で、純利益は NT$120 billion と解説されています。 計算してみたら、US$3.8 billion になりました。

ーーーーー

① 1/11: Letv Cloud Reaches Cloud Computing Deal With Microsoft Azure

Image

Letv cloud, the cloud computing-based video open platform of Letv.com, and Microsoft jointly held a press conference in Beijing and announced that the two parties have inked a deal for solution compatibility. With the cooperation, Letv cloud video-related solutions will be compatible with Microsoft’s public cloud computing platform Microsoft Azure in the future.

1/11: Apple Watch May Run Samsung Processor

Image(1)

A new rumor suggests Apple might have contracted Samsung to be the primary manufacturer for the S1 chip, the processor inside the upcoming Apple Watch. Apple reportedly has acquired 3,000 to 4,000 12-inch wafers every month from Samsung, in an attempt to have sufficient hardware units before the launch in spring, according to ZDNet. Each 12-inch wafer has 700 processors, meaning Apple will be grabbing 2.5 million new processors every month.

③ 1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on Jan 23

Image(2)

It is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.

1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(3)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

⑤ 1/12: Hon Hai 2014 net profit could break record

Image(1)

TAIPEI–Hon Hai Precision Industry Co., the world’s largest contract electronics maker, posted a record high in sales in 2014, with market analysts attributing the growth to an increase in orders from U.S. consumer electronics giant Apple Inc. The strong sales for 2014 are expected to help Hon Hai break a record in net profit, analysts said.

ーーーーー

その他のトピックとしては、Quanta と Wiwynn は、中国のデータセンター業界に対して、それほど急いでビジネスを展開しないという記事が興味深かったです。文中には、中国のサーバー・ベンダーとして、Inspur および Sugon という名前が挙がっていました。 それと、Sony がモバイルとテレビの事業を、売却するという話もありました。 なんか、寂しいですね。 また、中国で Qualcomm がアンチトラストで叩かれたり、インド市場に Google が着実にアプローチしたり、Micromax の Yureka がたくさん売れたり、オーストラリアでは Telstra のサービスがダウンしたりと、、、 今週も、とてもダイナミックなアジアでした。

Quanta, Wiwynn not in hurry to join China data center competition
Sony CEO Kazuo Hirai open to selling mobile, TV businesses: Sources
China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded: report
Google introduces Flight Search in India
Micromax unit Yu to sell 10,000 Yureka smartphones units on Amazon today
Telstra power outage downs BigPond services

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Comments Off on 今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

モバイル・ベンダー 2013 総決算 10億台:グローバル 出荷数 Top-5 は?

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on February 9, 2014

Global Smartphone Shipments
http://wp.me/pwo1E-7bm

The Economist – Feb. 1, 2014
http://www.businessinsider.com/global-smartphone-shipments-2014-2

_ Business Insider

Last year the number of smartphones shipped worldwide passed 1 billion for the first time, according to IDC, a research firm. In 2010 the four leading smartphone vendors, Nokia, Research In Motion (now BlackBerry), Apple and Samsung, represented four different operating systems.

調査会社である IDC によると、昨年のスマートフォン出荷数が、ワールドワイドにおいて初めて 1 Billion を上回った。2010年の段階では、それぞれのオペレーティング・システムを擁する、Nokia/RIM(BlackBerry)/Apple/Samsung の 4社が、スマートフォン·ベンダーの世界をリードしていた。

The Economist

Nokia has since not only forgone its own operating system but sold its mobile-phones unit to Microsoft. BlackBerry is no longer among the leading makers. Samsung (the biggest supplier of phones using Google’s Android operating system) and Apple are both thriving, despite disappointing results in the most recent quarter. But the fastest growth is now in cheaper Android phones, notably in China and India.

その後だが、Nokia に関しては、独自のオペレーティング・システムを諦めただけではなく、そのモバイル・デバイス部門を Microsoft に売却している。また、Blackberry は、もはやリーディング・カンパニーとは呼べない状況に陥っている。 Samsung(Google の Android OS を採用する最大のスマホ・サプライヤー)と Apple は、ともに好調を維持しているが、直近の四半期では不本意な結果をもたらしている。そして、いま現在、最も成長しているのは、安価な Android フォンであり、その中でも中国とインドが突出している。

Click here to subscribe to The Economist

ーーーーー

TAG indexついに、10億台ですか。。。 この数字は、昨年の12月にも IDC が予測していたものですが、そこに Q4 もしくは 12月のデータが加えられ、確定したのだろうと思われます。また、昨年 7月にポストした 「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳には、四半期あたりの iOS/Android のち出荷数が、2億台ほどだと記されていたのですが、そうなると、すでに3億台レベルにまで上がっている計算となります。つまり、1億台/月というペースで、モバイル・デバイスは出荷されているのです。 スゴイ!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Facebook のアクティブ・ユーザー数が 12億人に達した
Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!

Comments Off on モバイル・ベンダー 2013 総決算 10億台:グローバル 出荷数 Top-5 は?

%d bloggers like this: