Agile Cat — in the cloud

IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!

Posted in .Chronicle, .Selected, BaaS, IBM, Mobile, Post-PC by Agile Cat on February 22, 2013

IBM’s mobile first plan is really about cloud first. That’s all you need to know
http://wp.me/pwo1E-5Gd

By
Stacey Higginbotham – Feb 21, 2013
http://gigaom.com/2013/02/21/ibms-mobile-first-plan-is-really-about-cloud-first-thats-all-you-need-to-know/

_ Gigaom

Summary: IBM’s mobile first strategy is not only about mobile, but about IBM’s attempt to remake the entire IT infrastructure at many companies to use the cloud, data, and real-time nature of social networks to serve customers.

IBM のモバイル・ファースト戦略は、単にモバイルを優先するだけのものではない。 つまり IBM は、クラウドとデータ、そしてソーシャル・ネットワークのリアルタイム性をエンドユーザーに提供していく、数多くの企業のための IT インフラ全体を、作り直そうとしているのだ。

IBM launched its mobile first strategy this morning with several media stories and more fanfare than facts. At the core of the strategy is that IBM (and its customers) have realized that mobile is changing the game in terms of how customers expect to interact with businesses, but also that in putting mobile first they need to change their entire IT to take advantage of it.

今朝のことだが、いくつかのメディア・ストーリーを介して、そして高らかなファンファーレをかき鳴らし、IBM のモバイル・ファースト戦略が立ち上がった。 この戦略のコアとなる IBM(そして顧客)は、モバイルによるゲーム・チェンジを理解している。それは、顧客とビジネスが相互作用していく際の、望むべき方式という観点から生じたものである。 そして、変化を望む顧客に対して、モバイル・ファースト戦略を提供することは、そのアドバンテージを得るために、顧客の IT 全体を変化させる必要性も生じる。

As James Governor, an analyst at Redmonk, puts it in his very astute take on IBM’s news:

Redmonk のアナリストである James Governor は、IBM のニュースに対して、自身の明快な視点を加えている:

MobileFirst is a really big deal, because it doesn’t come alone. Mobile first means Cloud First. It also means Social First. It also means Big Data First. API-first. You get the picture. When a customer has a problem they think is a mobile problem, it turns out its a Cloud-hosting problem, and so on. Every mobile engagement IBM does with a client is going to have significant pull through in other areas. In that respect IBM’s mobile commitment is somewhat like its Linux commitment back in the day. IBM won’t make money directly selling a mobile operating system (it will leave that space to the likes of Google), but in associated revenue streams and product lines.

Mobile First は、きわめて重要な事柄である。 なぜなら、それが単独で帰結するものではないからだ。 Mobile First は Cloud First を意味する。 そして、Social First も意味する。 Big Data First も意味する。さらに、API First も意味する。 こうした図式を、あなたは理解する必要がある。 ユーザーが問題を抱えると、彼らはモバイルの問題であると考え、また、クラウド・ホスティングの問題でもあると、理解していくことになる。 IBM がクライアントと進める、すべてをモバイルに結びつける戦略は、さまざまなエリアを大きく好転させるだろう。 その点に関して、IBM のモバイル・コミットメントは、過去における Linux コミットメントと、いくつかの類似性を持つ。 モバイル OS の販売から、IBM がダイレクトに収益を上げることはないが(Google と同様に、他社に開放される)、そこには一定の収入とプロダクト・ラインが結び付けられていく。

That right there is a point I tried to bring up with Paul Bloom, the Research CTO of IBM Telecom last week when we chatted about the announcement. I was excited about how IBM could pull all of those things together — after all, this is the company that makes billions on middleware — but Bloom was more focused on the telecommunications side of things. And IBM does have an impressive telecom heritage with a history of developing everything from the technologies used on the chips inside some networks to the software pulling the networks together. That doesn’t even count the IBM gear inside telco data centers.

一連の指摘は、今回のアナウンスについて、IBM Telecom の Research CTO である Paul Bloom から、先週に聴きだしたものと一致する。 それらの、すべての要因を、IBM が結びつけていく方式は、とても興味深いものとなる。 結局のところ、ミドルウェア上に無数のものと作り上げていく、同社たる所以の話である。 しかし Bloom は、テレコム・サイドに、さらに傾注していく様子であった。 そして IBM は、これまでの開発の歴史において、素晴らしいテレコムの資産を有している。それらは、いくつかのネットワークにおけるチップに使われたテクノロジーから、ネットワークを集約させるソフトウェアにまでの、すべてに至る。 つまり、テレコム・データセンター内で、IBM ギアを数え上げることなど、とてもではないが、不可能なことなのである。

Bloom said that IBM has pulled together roughly 10 acquisitions since 2006 that will help with this effort with a special emphasis on WorkLight, a mobile application development platform, and BigFix, which manages distributed endpoints (like thousands of mobile phones!). Building the underlying infrastructure to support the mobile first world is tough.

Bloom の発言によると、IBM は 2006年から、およそ 10件の買収を通じて、こうした集約を図ってきている。そして、モバイル・アプリ開発プラットフォームとしての WorkLight と、分散されたエンドポイントを管理する BigFix が(無数のモバイルフォンなど)、この動きを大きく促進していくとする。 Mobile First の世界をサポートする、基本的なインフラ構築は、とてもタフな作業となる。

Connecting federated apps via APIs and across different platforms is a problem CIOs and developers are just now trying to solve. And making sure those pieces are then delivered in a beautiful and timely fashion to a massive number of different devices with different operating systems and capabilities is like asking a chef to make a meal that will appeal to every human on earth. That IBM is going after this is not unexpected, but it is a tough order.

API を介してアプリケーションをフェデレートし、異なるプラットフォームを横断していくことは、CIO とデベロッパーが、まさに解決しようとしている、現時点の問題である。 そして、それらのパートが、洗練されたタイムリーな方式で、それぞれの OS と機能を持った、無数のデバイスに届けられることを確認していく。 それは、この世界のすべての人々の口にあう、料理を頼まれたシェフの仕事である。 その意味において、これからの IBM が、何らかの特殊なものを追いかけていくわけではない。 だた、とてもタフな仕事なだけである。

Related research

ーーーーー

imageイイですね! 特に、『 Mobile First は Cloud First を意味する。 そして、Social First も意味する。 Big Data First も意味する。さらに、API First も意味する 』がステキです。 ちなみに、WorkLight は MEAP であり、IBM とモバイル・エコシステムをつなぐ、重要な役割を担うはずです。これで、Blackberry と組んだりすると、とても面白そうなのですが・・・ image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
BaaS で自由になる? それとも便利になる? そして DoCoMo の i-Concier は?
AWS イベントでの Parse が スゴそう – BaaS の勢いが加速する?
モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ

 

%d bloggers like this: