Agile Cat — in the cloud

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Posted in AI ML, On Monday by agilecat.cloud on June 13, 2016
Machine Learning: Major Push by All Major Tech Companies to Advance Artificial Intelligence
By Dick Weisinger – June 10th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-major-push-by-all-major-tech-companies-to-advance-artificial-intelligence/
_ formtek
Machine Learning algorithms are becoming widely used.  Microsoft, Google, IBM and Amazon, for example, have all added machine learning options to their cloud offerings.  Facebook has open-sourced its hardware design. Yahoo has also released an open-source AI tool called CaffeOnSpark. Chinese giant Baidu has also released open-source AI software.
 
機械学習のアルゴリズムが、広く利用されるようになってきた。たとえば、 Microsoft,/Google/IBMAmazonなどは、クラウドとして提供しているサービスに、機械学習のオプションを追加している。Facebook は、AI に関連するハードウェア・デザインをオープンソース化している。Yahoo は、CaffeOnSpark という AI ツールを、オープンソースとしてリリースした。そして、China の Baidu も、オープンソースのAIソフトウェアをリリースしている。
 
Gauguin_1Mark Zuckerburg, Facebook CEO, said that “the biggest thing that we’re focused on with artificial intelligence is building computer services that have better perception than people.  I think it’s possible to get to that point in the next five to 10 years.”   Both Google’s Sundar Pichai’s and Alphabet Chairman Eric Schmidt say that AI will have a major impact of future work with Alphabet/Google.  At the recent Microsoft Build 2016 event, Microsoft’s Satya Nadella said that Microsoft is targeting AI as a major focus for their business.
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerburg は、「人工知能において、私たちが最も注目しているのは、人間寄りも優れた知覚能力を持つコンピュータ・サービスを構築していくことである。私は、これから 5年〜10年のうちに、それが達成できると考えている」と述べている。Google の Sundar Pichai と Alphabet の Eric Schmidt は、両社の機能にとって、人工知能が大きな影響を与えることになると述べている。Microsoft の Padella は Build 2016 で、同社のビジネスにおける人工知能が、主要なターゲットになってきたと述べている。
 
In December, 2015, Elon Musk became co-chair of OpenAI, a $1 billion organization that focuses on advancing artificial intelligence that will benefit humanity.
 
2015年12月に Elon Musk は、$1 billion の資金を有する OpenAI の co-chair に就任し、人類に利益をもたらす人工知能を推進していくと述べている。
 
Vinod Iyengar, Director at H2O.ai, said that “in the last five years the cost of storage has come down dramatically, as has the cost of memory. Additionally, anyone can leverage an advanced computing cluster on, say, Amazon Web services, for a few hundred dollars. All of this means that organizations or individuals can take a whole lot of data and produce powerful predictions and insights from the large data sets without facing huge costs.”
 
H2O.ai の Director である Vinod Iyengar は、「この 5年間におけるストレージのコストは、メモリのコストと同じレベルにまで、劇的に低下していきた。Amazon Web Services が提供するサービスを利用する人々は、数百ドルで先進的なコンピューティング・クラスタも活用している。つまり、すべての組織や個人が、膨大なデータの取得/パワフルな予測/洞察の生成を、巨大なコストを費やすことなく、達成できることを意味している」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドへの集約が進めば、これまでは高価とされてきたテクノロジーも、コモディティ価格で利用できるのですね。 人工知能や機械学習というと、なんらかの先進的なサービスを思い浮かべてしまいますが、これからはセキュリティにおいてもボットが活躍する時代になるのでしょう。 また、IoT を構成するデバイスの、精度や整合性を判断するためにも、機械学習は欠かせないものになるでしょう。そして、それらが、新たなクラウド・ネイティブを構成していく時代になるのだと思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
 

Comments Off on AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government, Tencent by agilecat.cloud on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
http://www.businessinsider.com/tech-leaders-greet-chinese-president-2015-9
 
_ Business Insider
 
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
 
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
 
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
 
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
 
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
 
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
 
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
 
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • JD.com CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
 
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
 
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
 
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
 
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
 

Comments Off on 習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Posted in .Selected, Baidu, Cisco, CloudFlare, Network, Security by agilecat.cloud on September 23, 2015
What started as a class project at Harvard just raised $110 million from Fidelity, Google, and Microsoft
Eugene Kim – September 22, 2015
http://www.businessinsider.com/cloudflare-raises-110-million-2015-9
 
_ Business Insider
 
It didn’t take too long for CloudFlare cofounders Matthew Prince and Michelle Zatlyn to realize they were on to something big when they launched their startup as a class project at Harvard Business School.
 
CloudFlare の C-Founders である Matthew Prince と Michelle Zatlyn は、Harvard Business School のクラス・プロジェクトとして立ち上げたスタートアップを、それほど時間をかけること無く、大きな存在へと変容させていった。
 
CloudFlare, a web-performance and security startup, was seeing quick traction after winning a contest at Harvard Business School in 2009. What started out as a class project to get course credit was turning into a real business that venture capitalists were lining up to invest in.
 
Web のパフォーマンスとセキュリティをソユーションとする、この CloudFlare というスタートアップは、2009年の Harvard Business School コンテストで優勝してからも、素晴らしいスピードで走り続けた。つまり、単位を取得するためにスタートしたクラス・プロジェクトが、投資を望むベンチャー・キャピタリストたちを従える、リアルなビジネスに変身したのだ。
 
20100929_techcrunch_mw_058Flickr
TechCrunch
 
CloudFlare
CEO
Matthew Prince
 
“I remember sending an email to Michelle that said, ‘I ran the numbers and here’s my prediction of what’s going to happen: I predict that Google will buy CloudFlare for $500 million within 2 1/2 years,'” Prince told Business Insider.
 
Prince は Business Insider に対して、「 Michelle に送った電子メールを覚えている。そして、これから起こることに、私は賭けたいと説明した。 具体的に言うと、2年半以内に Google が、$500 million で CloudFlare を買いに来る、と予言したのだ」と述べている。
 
Zatlyn, usually the more conservative one, was even more bold with her response: “If my numbers are right, I think CloudFlare will go public in seven years at a valuation of around $4 billion.”
 
いつもは控えめな Zatlyn だが、そのときの反応は、さらに大胆であった。「私の勘が当たっているなら、CloudFlareは 7年間以内に上場し、$4 billion の評価額を得ると思う」と、彼女は答えたのだ。
 
Fast forward six years, and Zatlyn is turning out to be closer to right. CloudFlare is now one of the fastest-growing startups in the world, with a valuation well north of a billion dollars.
 
そこから、あっという間に 6年の歳月が流れたが、Zatlyn の考え方が正しかったと、証明されようとしている。いまの CloudFlare は、この世界で最速で成長しているスタートアップであり、$1 billion 以上の評価を得ているのだ。
 
An early unicorn
 
On Tuesday, CloudFlare announced another huge round of funding that shows its rapid growth: It is raising $110 million in a round led by Fidelity and joined by Google Capital, Microsoft, Baidu, and Qualcomm Ventures.
 
この火曜日(9/22)に、CloudFlare は急速に成長している状況を、新たなラウンドの結果としてアナウンスした。この、$110 million と付けたラウンドは Fidelity がリードするものであり、そこに Google Capital/Microsoft/Baidu/Qualcomm Ventures といったメンバーが続いている。
 
CloudFlare was already reported to be a billion-dollar startup when it raised its $50 million Series C round in December 2013. Prince declined to mention the exact value of his company for that round, jokingly saying only that it was worth “multibillion dollars.”
 
伝えられるところによると、すでに CloudFlare は、2013年12月の $50 million Series C ラウンドにおいて、A Billion Dollar スタートアップになっているようだ。Prince の冗談めかした説明は、そのラウンドにおいて CloudFlare は、Multi Billion Dollars の企業になったというものであり、正確な評価額については言及していない。
 
So what exactly is making investors go crazy over CloudFlare?
 
なせ、それ程までに、投資家たちは CloudFlare に夢中になるのか?
 
CloudFlare basically works as a “digital bouncer” in that it filters all the internet traffic before it reaches its customers’ websites. It can clean that traffic, identifying the good and the bad, and accelerate traffic to the most efficient route.
 
CloudFlare は基本的に、デジタルの世界における警備員として機能する。つまり、すべてのインターネット・トラフィックに対して、それらが顧客の Web サイトに到達する前に、フィルタリングしていくのだ。その結果として、トラフィックの掃除が行われ、適切/不適切が識別され、さらには、最も効率の良いルートへと向けてトラフィックは加速していく。
 
Its service is as varied as the routing and switching that helps computers connect to the web, to load balancing and performance acceleration that helps ensure servers don’t get overloaded and makes websites run faster. And it doesn’t cost as much as some of the services from established companies, making its technology available to a lot of small and medium-size businesses as well.
 
このサービスは、Web/ロード・バランサー/パフォーマンス・アクセラレータなどに接続するコンピュータを、ルーティングとスイッチングのように変化しながら、支援していくものとなる。また、従来型の企業とは異なり、そのサービスはきわめて安価である。したがって、中小企業であっても、CloudFlare のテクノロジーを利用できるのだ。
 
Cisco as a service
 
“It’s happening at a fraction of a second and can decrease the load in the back-end infrastructure by over 80%,” Prince said. “On top of all that, we protect you from attacks. We’re almost like Cisco as a service.”
 
Prince が言うには、「 それは、秒単位で起動され、バックエンド・インフラにおける負荷を、80% も低減できるのだ。そして、すべてにおいて、アタックからの保護を実現していく。つまり、Cisco as a service という言い方が、もっとも当てはまるものだ」となる。
 
Prince says 5% of all internet requests go through CloudFlare’s network, with more than 4 million people across 30 countries using the company’s service. CloudFlare initially started out as a service focused mostly on small and medium-size businesses, but now nearly half of its customers are big enterprises, including Goldman Sachs, Salesforce, and the US State Department, Prince said.
 
そして Prince は、すべてのインターネット・リクエストの 5% が、CloudFlare のネットワークを通過し、また、30カ国にまたがる400万人以上の人々が、同社のサービスを利用していると言う。当初の CloudFlare は、中小企業にフォーカスするサービスとして立ち上がったが、しかし、いまでは半分近くが大企業ユーザーであり、そこには、Goldman Sachs/Salesforce/US State Department(米国国務省)などが含まれると、Prince は述べている。
 
CloudFlare turned profitable in 2014 and is expected hit a $100 million revenue run rate by the end of this year, Prince added. All signs point to a possible initial public offering, but Prince would not commit to anything yet — except to acknowledge that he thought Zatlyn’s early IPO prediction was a bit delusional.
 
CloudFlare は、2014年に黒字に転化しており、また、2015年末までに $100 million の売上に達すると、Prince は付け加えている。
 
すべてが、IPO へと向けた兆しとなっているが、Prince は何もコミットしたくないようだ。とは言え、以前に Zatlyn が言っていた、IPO という予測について、少し妄想的だと思ったことが、誤りだったとは認めているようだ。
 
“I think all founders have early confidence,” he told Business Insider. “It’s what allows you to walk away from much more sure paths. It’s typically delusional. We were delusional too. But we’ve been very fortunate to have built a great team, executed, and, in doing so, turn what originally was delusional into a real business.”
 
彼は Business Insider に対して、「すべての Founder たちは、そのスタートにおいて、自信に満ちあふれている。だが、その自信により、適切な道筋から外れやすくなる。つまり、得てして妄想に陥るのだが、私たちも同じであった。しかし、とても幸運なことに、素晴らしいチームを得ることができた。 それにより、妄想に過ぎなかったものが、実際のビオジネスへと、着実に転換されていく」と述べている。
 
SEE ALSO: This $1 billion startup handles 5% of all web traffic and is ready to take on Cisco
 
ーーーーー
Networkウワサの CloudFlare ですが、ついに軌道に乗ったようですね。出資者の顔ぶれも豪華ですし、顧客にも恵まれているようです。 2014年2月に、「この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!」という抄訳をポストしましたが、そこに Prince のコメントが載っていました。 その後も、CloudFlare を追いかけてきましたが、あるインタビューで、「今後のサービスは?」と聞かれたときに、「Cisco のカタリストを見てほしい」と答えていたのが印象に残っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
 

Comments Off on CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

Posted in Alibaba, Asia, Container, Huawei, Standard, Tencent by agilecat.cloud on June 26, 2015
China Cloud Computing: InfoQ China Creates Container Technology Hub
Adrian Darylle Torralba – Jun 24, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/55073/20150624/china-cloud-computing-infoq-creates-container-technology-hub.htm
 
_China Topix
 
InfoQ’s CNUT meeting with technology leaders in China was considered successful after it was attended by big technology companies such as Alibaba, Tencent, Baidu, Huawei, Ctrip, Meituan, JD and other tech companies in the country.
 
InfoQ の CNUT と、China のテクノロジー·リーダーたちとのミーティングは、成功したと捉えられるだろう。 なぜなら、 Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった、同国における大手ハイテク企業が参加したからである。
 
CSCL_GlobeWikipedia
 
According to InfoQ, the use of container technology has risen to a significant number of users, and InfoQ is keeping an eye on several developers such as CoreOS, Docker, Kubernetes and Mesos. Start up container technologies are also rising and making the effort to compete globally.
 
InfoQ によると、コンテナ・テクノロジーを使用するユーザーの数は、かなりのレベルまで増加しているようだ。そして InfoQ は、CoreOS や、Docker、Kubernetes、Mesos といった、いくつかのデベロッパーに注視し続けている。また、コンテナ・テクノロジーのスタートアップも増大し、それぞれが、グローバルでの競合に備えている。
 
The full extent of small enterprises that is using the services of these storages have reportedly brought so much attention to the container technology hub to develop and support more providers of the said service. The CNUT container technology aims to provide services and information about the storage and container technologies to current, start-ups and possible investors in the said technology.
 
伝えられるところによると、ストレージ・サービスを使用している大半の中小企業が、それぞれのプロバイダーに関連する開発とサポートを推進するために、このコンテナ・テクノロジー・ハブに対して、大きな関心を寄せているようだ。そして、CNUT Container Technology は、ストレージおよびコンテナのテクノロジーについて関心を持っている、スタートアップや投資家たちに対して、サービスと情報を提供していく方針である。
 
Huawei’s technical expert  Wang Yang said that they did discuss about the connection between existing container technology and traditional virtual technology. It is said that the latter is more focused and intended for resources’ rational distribution such as improving utilization while the former is more of an application-oriented. He added that infrastructure resources should still adopt traditional virtual technology while container technology should be opt for use in packaging and division.
 
Huawei の技術部門に属する Wang Yang は、現在のコンテナ・テクノロジーと、従来からの仮想化テクノロジーを、適切に接続する方式について、議論してきたと発言している、つまり、仮想化の方は、合理的なリソース・ディストリビューションと、利用効率の向上を意図しているのに対して、コンテナの方はアプリケーション指向の側面を持っているようだ。 彼は言うには、インフラ・リソースに関しては、依然として従来からの仮想化テクノロジーが採用されるはずだが、アプリケーションを集合/分散させるためには、コンテナ・テクノロジーが最適になるようだ。
 
Cui Yubao, chief architect from Mi, however, said that the Chinese’ technological influence to international partners is not enough to create a breakthrough and that it is important to create a structured planning in order to conquer the international market.
 
しかし、Mi の Chief Architect である Cui Yubao は、海外のパートナーへ向けた、China からの技術的な影響力は不十分であると発言している。つまり、突破口が必要であり、また、インターナショナル市場を征服するための、構造化された計画の推進が重要になると述べている。
 
ZDNet, on the other hand, recently featured Docker’s breakthrough on container technology with enterprise data center and cloud virtualization.
 
その一方で、ZDNet は以前に、エンタープライズ・データセンターとクラウドの仮想化において、Docker のコンテナ・テクノロジーが突破口を開くと論じている。
 
ーーーーー
Asia Pacific面白いと思って訳してみましたが、文中で参照されている InfoQ の記事のほうが、はるかに分かりやすかったですつまり、この記事を選んでしまいガッカリしているのですが、少なくとも  Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった大手が揃って、コンテナの運用に関する何らかの取り決めを行おうと、相談し始めたたところまでは分かりました。 また、InfoQ のポストは、「ストレージ云々」に触れていないので、3つ目の段落は意味のないものとして、読み飛ばしたほうが良いと思います。
 
話はハードウェアに飛びますが、中国には Alibaba/Tencent/Baidu などが作り出した、Sporpio というサーバーのデファクト仕様があり、また、それを活用することでデータセンターの運用効率を高めているのです。これも、Open Compute Project の発想に乗ったものなのですが、次第にプレゼンスを発揮し始めています。 それだけ、上記の China Top-3 の規模が巨大であり、また、中国国内で大きな影響力を有しているのでしょう。 そして、最近の Huawei などの海外進出を見ていると、その影響力を上位のソフトウェア層に広げ、また、グローバルに展開し始めているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

Comments Off on InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

%d bloggers like this: