Agile Cat — in the cloud

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 9, 2014

Facebook Is Seeing More And More App Developers Go Android-First
http://wp.me/pwo1E-85q
Jim Edwards – Nov. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-sees-android-first-app-developer-trend-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook is seeing a trend in Europe of app developers going "Android-first."

Facebook は、ヨーロッパにおけるアプリ開発者の、Android-First へと移りゆく動向を注視している。

That’s significant because for years, Apple’s iOS operating system for iPhone and iPad has been the preferred first stop for any company launching an app. If an app succeeds on iOS, then only later will a company think about making a version for Android. Often months or years later, and sometimes never.

それが、大きな意味を持つのは、この数年にわたり iPhone と iPad で走る Apple の iOS が、あらたなアプリを立ち上げる、あらゆる企業が最初に取り組むプラットフォームとして、不動の地位を維持し続けてきたからである。そして、対象となるアプリ が iOS 上で成功した後にのみ、デベロッパーたちは Android バージョンを考えるというのが常である。多くの場合、それらのアプリの iOS 版と Android 版には、数ヶ月から数年の時間差があり、時には iOS のみというケースもあった。

Stephan Ridgway
Flickr, CC

That’s why Android apps tend to look and feel a bit second-rate compared to the same apps on iPhone — they often are just that. The iOS/Android split is weird because globally 80% of users are on the Android system, yet iOS and its roughly 10% of users are the top priority for developers.

そこに、Android アプリののルック&フィールが、同じアプリの iPhone の二番煎じになりやすい理由があるのだ。そして、実際に、そのようなケースが多々ある。グローバル・ユーザーの 80% が Android システムを利用している一方で、およそ 10% という iOS のシェアが、開発者にとってトップ・プライオリティになっている。 それなのに、iOS と Android のアプリを切り分けるのは、ちょっと奇妙な選択となる。

So it would be dramatic for companies to reverse that trend.

つまり、トレンドが逆転するという、ドラマティックな展開もあり得るのだ。

Yet that is what Facebook is seeing among some companies in Europe, according to Facebook’s Europe, Middle East, and Africa platform director, Julien Codorniou. Developers are beginning to sense that because more people are Android users than Apple users, they’re losing money by working on the smaller iOS platform first, he told Business Insider UK.

しかし、Facebook はヨーロッパにおいて、いくつかの企業の動きを見続けていると、同社の Europe, Middle East, and Africa Platform Director である Julien Codorniou は Business Insider UK に述べている。そして、デベロッパーたちは気付き始めているのだ。Apple ユーザーよりも Android ユーザーの方が多数を占め、また、最初に規模の小さい iOS プラットフォームに対応することで、ビジネス・チャンスを失っていることに。

Historically, Apple has been the preferred platform. Apple’s higher-income users are often more lucrative targets for app advertisers and in-app payments and shopping. It’s also simpler for developers to use, Apple has only one version of iOS running at any one time (the newest one) and the vast majority of Apple users keep their devices updated to the newest version. Android, by contrast, is "fragmented" into several different versions across hundreds of different phones — and all those versions are a headache for developers who must make a separate app tailored for each one.

歴史的にみて、Apple は好ましいプラットフォームだと捉えられている。 Apple のユーザーは高所得者に偏っているため、広告/アプリ/ショッピングを展開する際に、ビジネスのターゲットに成りやすいのである。その一方で、デベロッパーにとっても、取り組みやすい環境となっている。つまり Apple は、常に最新の iOS バージョンのみをプッシュし、大半の Apple ユーザーは最新バージョンにアップデートされたデバイスを手にしている。それとは対照的に、Android は各種のスマホ上の、各種のバージョンとして「断片化」されている。 そして、それらのバージョンごとの、個別アプリを開発する必要性が、デベロッパーにとって頭痛の種となる。

Julien Cordoniou: "People look at the numbers. They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android."

But Codorniou told us Facebook has a team of evangelists encouraging Android developers to use Facebook as a way to build and promote their apps: "As of today, I have four guys from my team in Paris talking to Android developers about the greatness of Parse, Facebook login, app links, app events. It’s a very important bet for us."

しかし、Codorniou が言うには、デベロッパーたちが自身のアプリを構築し、プロモートするための手段として Facebook を活用するよう、Android の開発環境を支援するためのエバンジェリスト・チームがあるようだ。そして、 「現時点において、4人で構成されるチームが Paris にある。そして、Parse/Facebook LogIn/App Link/App Event の素晴らしさを、Android デベロッパーたちに説明している。 それは、私たちにとって、きわめて重要な賭けである」と、私たちに語ってくれた。

Wait, Android developers? Android-first, really?

なぜ、Android デベロッパーなのか? ほんとうに、Android-First を考えているのだろうか?

"People look at the numbers," he says. "They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android. Of course iOS is the better platform when it comes to monetization, but it’s easier to update your app on Android. There are many people on an Android phone. … The world you described [in which Apple is dominant] was true a year ago, but I see that things are changing."

彼は、「 開発者たちは、数字に注目している。彼らは、数多くのダウンロードとインストールを望んでいる。そして、Android におけるマネタイズが、iOS を捕まえかけていることを知っている。もちろん、マネタイズに関しては、iOS の方が優れたプラットフォームであるが、Android アプリのアップデートも簡単になっているのだ。周知のとおり、Android フォンには、膨大なユーザー数がある。あなた方が、Apple が支配する世界と説明してきたことは、1年前には本当だったが、物事が変化していることを、私は目にしている」と述べている。

"The vision we have with Parse and with the platform in general is to accelerate the time to market. It should not take you six months to develop from iOS to Android."

そして、「Parse と汎用プラットフォームを活用する、私たちのビジョンにより、出荷までの時間が大幅に短縮される。 iOS から Android に切り替わったとしても、その開発のために、6ヶ月も要することなど、あり得ないはずだ」と、彼は続ける。

"There is a pattern coming from Eastern Europe. The Russian developers develop on Android first because of a big audience, and it maybe being easier to develop. They liked the fact that they could submit a new version of the app every day. [With Apple, you have to get each new version of the app approved before it hits the App Store. There is no version-approval system for Android.] This is a trend that I see and I think it is going to accelerate."

最後に、「 Eastern Europe で生まれた、開発のパターンがある。それは、Russian のデベロッパーたちの進め方であり、多数のユーザーがいる Android の優先順位を上げるが、おそらく容易な開発を実現している。彼らは、新しいバージョンのアプリを、毎日のようにサブミットできる状況を好んでいる。Apple の場合には、App Store に出す前に、それぞれのバージョンについて承認を得なければならない。 しかし、Android では、バージョンに関する承認の仕組みは存在しない。そこに、Android が加速している要因があると、私は見ている」と、彼は述べていた。

Do you work at an app developer that switched to go Android first? Contact Business Insider UK at jedwards@businessinsider.com to tell us your story.

ーーーーー

途上国マーケットを支援するための Internet.org を作り、貧しい人々のためにインターネット環境を整備しようとしている Facebook にとって、Android ファーストへの転換は、きわめて整合性の高い戦略となるはずです。 とは言え、Apple 自体に対してはまだしも、iOS エコシステムを構成するデベロッパーには、気遣うことになりそうですね。 また、Facebook の収益の 66% が、モバイル広告からもたらされていることを考えれば、いずれは Android ファーストになっていくのでしょう。 問題は、そのタイミングですが、いつ頃なのでしょうか? とても気になりますね。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% はモバイルから!
FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

Comments Off on iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Mobile App の調査:厄介なエンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れるデベロッパーたち

Posted in DevOps, Mobile, On Monday, Post-PC by Agile Cat on December 1, 2014

Enterprise Mobile App Development: Complexity and a Skills Gap are Roadblocking App Development
http://wp.me/pwo1E-844
By Dick Weisinger – Nov 28, 2014
http://formtek.com/blog/enterprise-mobile-app-development-complexity-and-a-skills-gap-are-roadblocking-app-development/

The mobile enterprise business application market is expected to reach $61 billion by 2018, says Strategy Analytics.  In 2013, 900,000 mobile app developers were targeting the enterprise app market, and a survey by  VisionMobile found that only 15 percent of app developers are targeting the enterprise.

Strategy Analytics の予測によると、モバイル・エンタープライズにおけるビジネス・アプリケーションの市場は、2018年までに $61 billion に達するようだ。また、2013年には 90万のモバイル・アプリ開発者が、エンタープライズ・アプリ市場をターゲットにしていたが、VisionMobile の調査によると、アプリ開発者のうちエンタープライズをターゲットにしているのは、全体の僅か 15% に過ぎないことが分かった。

While enterprises are spending increasing amounts of money in developing mobile apps, independent mobile app developers have been shunning those projects, preferring to work instead on consumer apps where they can typically make more money.  Consumers are much more inclined to download apps and to pay for ones they view as useful, although that’s becoming increasingly difficult as Gartner predicts that nearly 95 percent of consumer apps in 2018 will be free to download.

エンタープライズはモバイル・アプリ開発における予算を増額しているのだが、独立系のモバイル・アプリのデベロッパーたちは、それらのプロジェクトを避けて、もっと稼げるコンシューマ・アプリを好んで開発しているのだ。 その一方で、コンシューマ・ユーザーは、まずはアプリをダウンロードし、自身にとって有用と思えるものには、対価を支払うという方向へ傾き始めている。しかし、Gartner が指摘するように、2018年におけるコンシューマ・アプリの 95% 前後は、無料ダウンロードになると予測されるため、その門は次第に狭くなっていく。

Enterprise mobile apps have become a pain point for many businesses.  Paulo Rosado, CEO of OutSystems, said that ”it’s clear that organizations are struggling to deal with a deluge of mobile app requests, with multiple platforms to support, hundreds of change requests and complex back-end integrations.  To make matters worse, as demand for mobile app developers grows, companies will continue to have a challenge hiring developers. Not only will they be increasingly hard to find, they will also be increasingly expensive.”

エンタープライズにおけるモバイル・アプリは、多くの企業にとって、痛みを伴うものになっている。 OutSystems の CEO である Paulo Rosado は、「 明らかなことは、それらの組織が、モバイル・アプリの要求という大洪水に対処するために、とても苦慮していることだ。つまり、マルチ・プラットフォームのサポートや、膨大な変更の要求、そして複雑なバックエンドの統合などが山積みとなっている。最悪のシナリオは、モバイル・アプリ開発者への需要が高まるにつれて、それらの企業が、デベロッパーを雇用しようと動き始めてしまうことだ。そうなると、デベロッパーを探し難くするだけではなく、コストの高騰を引き起こすだろう」と述べている

A survey on mobile app development by OutSystems found that:

OutSystems による、モバイル・アプリ開発者の調査からは、以下のような論点が読み取れる:

  • The average length of time to develop a mobile app is between three and twelve months
  • 63 percent of enterprises have 11 to 25 percent of their mobile app developer positions unfilled
  • モバイル・アプリ開発における平均的な期間は、2ヶ月〜3ヶ月である
  • エンタープライズの 63% が、モバイル・アプリ・デベロッパーの確保において、11%〜25% の不足を訴えている

ーーーーー

11/27 の Statista に、PC Outlooks Remains Grim Despite Tablet Slowdown という記事とチャートが紹介されていました。緩やかに低下していく Laptop/Desktop に対するニーズを、Tablet が補ってきますが、スマホのような爆発力があるかというと、そこまで盛り上がるマーケットではないようです。 そうなると、エンタープライズ・アプリのプラットフォームも、必然的にスマホへと集約されていくのでしょうが、まずは、小さなスクリーンに合わせたアプリの構造、多様化するスクリーン・サイズへの対応(特に Android)、そして、モバイル帯域の有効利用といった、問題を解決しなければなりません。ちょうど、いま、How Facebook Makes Mobile Work at Scale for All Phones, on All Screens, on All Networks と、Facebook Mobile Drops Pull For Push-based Snapshot + Delta Model という記事を訳しているのですが、同じような問題にエンタープライズも取り組まざるを得ないのでしょう。 来年が、Mobile BaaS の年になり、この辺りを吸収し始めてくれると良いですね。

ーーーーー

<関連>

Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?

Comments Off on Mobile App の調査:厄介なエンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れるデベロッパーたち

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!

Posted in .Selected, BaaS, DevOps, Mobile, PaaS, Red Hat by Agile Cat on September 27, 2013

Kinvey Joins Red Hat’s OpenShift Platform as a Service Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6Hk
Sep 16, 2013 –
Kelly Rice
http://www.kinvey.com/blog/3246/kinvey-joins-red-hats-openshift-platform-as-a-service-ecosystem

_ Kinvey

Today, we are excited to announce that Kinvey is integrating with Red Hat’s OpenShift PaaS, allowing developers to mobilize business-critical data from on-premise or cloud environments into their mobile, tablet and web apps.

今日、私たちは、Red Hat の OpenShift PaaS と Kinvey との統合について、発表できたことを嬉しく思っている。それにより、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データを、オンプレミスおよびクラウドの環境から、モバイル/タブレット/Web アプリへ向けて、集約できるようになっていく。

Kinvey will make it easier for OpenShift customers to integrate securely with their organizations’ on-premise or cloud systems, such as CRM systems or JBoss environments, thereby accelerating development time for advanced mobile apps. An OpenShift cartridge will automate the process of deploying Kinvey’s Data Link connectors, allowing developers to more efficiently extract business-critical data into their apps.

Kinvey のい提供するテクノロジーにより OpenShift ユーザーは、CRM システムや JBoss 環境といった、クラウドおよびオンプレミスのシステムを、安全かつ容易に統合できるようになる。つまり、先進的なモバイル・アプリの開発時間が大幅に短縮されることになる。OpenShift カートリッジが、Kinvey Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化するため、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データの抽出を、これまで以上の効率で達成していける。

Our CEO, Sravish Sridhar, says: “Partnering with OpenShift gives our customers the flexibility to mobilize enterprise backend systems, such as JBoss, using OpenShift’s on-prem and cloud-based PaaS. We’re excited to become a part of their ecosystem, together helping developers build advanced applications.”

当社の CEO である Sravish Sridhar は、「 OpenShift との提携により、私たちの顧客はオンプレミスとクラウドをベースとした OpenShift PaaS を用いて、たとえば JBoss などのエンタープライズ・バックエンド・システムを柔軟に集約していくようになる。彼らのエコシステムの一部となり、デベロッパーによる先進アプリの構築を、一緒になって支援していくことを、とても楽しみにしている」と、述べている。

You can read the full press release here.

ーーーーー

imageなにかにつけて、どこが違うの? ・・・ と、よく比較される BaaS と PaaS ですが、かの Kinvey さんが統合と言うのなら、それなりの意味が、双方にあるのでしょう。 文中で指摘されるように、「 Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化 」というのが、ポイントのように思えます。それと、やはりエコシステムなのですね。 双方のエコシステムが、お互いを理解して協調できれば、Mobile App が簡単かつ安上がりに、どんどんと量産されるのでしょう。素晴らしいことです! image

ーーーーー

<関連>

Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!

 

Comments Off on Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!

モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!

Posted in .Selected, BaaS, HTML5, Mobile, Post-PC, Research, Strategy by Agile Cat on July 30, 2013

6,000 mobile developers: Android most popular, iOS most profitable, Windows Phone most ‘next’
http://wp.me/pwo1E-6qB
July 17, 2013 –
John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/07/17/6000-mobile-developers-android-most-popular-ios-most-profitable-windows-phone-most-next/

_ VB Mobile

The biggest mobile developer study in history with 6,000 respondents from 115 countries says that while iOS developers make an average of $5,200 per month in app revenue and Android developers pull in $4,700, more developers plan to start developing for Windows Phone than any other platform. Besides Windows 8, that is.

6,000人のモバイル・デベロッパーが、115 ヶ国から参加した、史上最大の調査における結果を発表する。平均的な iOS デベロッパーは、$5,200/月という収益を得ているが、Android デベロッパーの場合は $4700 となる。そして、Windows Phone での開発に着手しようとするデベロッパーは、他のプラットフォームよりも多いという結果になったが、それは Windows 8 を除いての話である。

That’s aided, of course, by the fact that 71 percent of mobile developers are already developing for Android, and 56 percent are already developing for iOS.

ただし、当然のことながら、その背景には、モバイル・デベロッパーの 71% が Android での開発に、そして、56% が iOS に携わっているという現実がある。

Even so, the fact that 35 percent are planning to develop for Windows Phone in the third quarter of 2013 — more than the 26 percent thinking of iOS — is likely to have a significant impact on the number of Windows Phone apps.

たとえ、そうだとしても、35% のデベロッパーが 2013年 Q3 において、Windows Phone 向けの開発を計画しているという事実は( iOS の 26% よりも多い)、Windows Phone のアプリ数に大きな影響をおよぼす可能性がある。

VisionMobile
Smartphone sales Q1 2013 by platform

VisionMobile commissioned the developer economics study, which will be available for free download, to track mobile ecosystems, developer mindshare, and monetization trends.

VisionMobile が委託したデベロッパーの経済に関する調査は、モバイル・エコシステム/デベロッパー・マインドシェア/マネタイズの傾向を追跡するための、フリー・ダウンロードに対応するものであった。

The average developer, the report shows, builds for 2.9 ecosystems simultaneously — most likely a mix of Android, iOS, and Windows Phone — with either Android, iOS, or HTML5 as their primary platform 84 percent of the time. That’s down from 2011, in which developers built for 3.2 ecosystems, and shows that BlackBerry has likely fallen out of favor.

平均的なデベロッパーは、2.9 種類のエコシステムにおいて同時に開発しており、彼らの時間の 84% を費やす主要なプラットフォームとして、Android/iOS/Windows Phone および、Android/iOS/HTML5 の組み合わせをあげていると、このレポートは示している。 そして、2011年における 3.2 種類のエコシステムから低下しているのは、BlackBerry への支持が低下していいるためと思われる。

And while more developers are building for Android, those developers who are building for just one platform tend to choose iOS first: 59 percent to 49 percent who choose Android first, despite Android’s 4X lead in shipping devices.

数多くのデベロッパーが Android で開発しているが、単体のプラットフォームで開発しているデベロッパーは、その 59% が iOSを挙げており、その 4倍のデバイス数を誇る Android を上げたのは 49% に過ぎない。

VisionMobile
Smartphone manufacturer’s market share

Even though Windows Phone has a significant amount of developer interest, the number is actually down from the previous quarter. And it’s still going to be extremely challenging for Microsoft to break into one of the top two leadership positions in the smartphone market, VisionMobile says in the report.

Windows Phone に関心を持つデベロッパーは、かなりの数になっているが、四半期比較で見ると、そのパーセンテージを減らしている。そして、スマートフォン市場における Top-2 の、いずれかに Microsoft が食い込むのは、かなり難しいことになると、VisionMobile はレポートで述べている。

The Android-iOS duopoly is still holding strong with no sign that it can be challenged in the foreseeable future. Once network effects have kicked in and scale has been achieved, it is almost impossible for contenders to compete directly and displace the leaders. Beyond network effects, the incumbents have established developer habits, user stored value into the apps themselves, external subsidies in the form of developer time & effort, and abundant telco support.

Android と iOS による占有が、近い将来に崩れるという兆候は、いまのところ見出されてはいない。ネットワークが効果的に機能し、また、ある種のスケールが達成されてしまうと、チャレンジャーがリーダーに挑戦し、そのポジションを逆転することは、ほとんど不可能になる。さらに、そこで権利を得たプラットフォームは、こうしたネットワークの効果を超えたレベルで、デベロッパーの行動を確立させ、アプリケーションの中にユーザーの資産をストアさせ、デベロッパーが費やす時間と労力から新たな経済を生み出し、テレコムからの潤沢な支援を引き出してしまう。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

___space

That said, Windows Phone has jumped to third in the mobile ecosystem battle and is showing faster growth on a percentage basis than either Android or iPhone, as the latest Kantar Worldpanel data from June also shows.

6月における最新の Kantar Worldpanel データも示すように、Windows Phone は Android や iPhone よりも速いペース成長を見せており、3位のポジションへとジャンプしている。

With Microsoft’s marketing muscle and financial resources, and its smart linking of Windows Phone’s with Windows 8, there’s still a significant chance that it could jump to second place.

Microsoft のマーケティング・パワーと、潤沢な財源、Windows Phone と Windows 8 の洗練されたリンクを用いれば、2位にジャンプするという、大きなチャンスが残されているのだ。

ーーーーー

image6000 人のアベレージが $5000 とは、頼もしい限りです! 単純に計算して、$30,000,000 ですから、大まかなところで 30億円。 年間にすれば 360億円が、ここでの調査対象である 6000人による稼ぎとなるわけです。そして、Android による iOS の実績と立ち位置。 さらには、Windows 8 と Blackberry 10 に対するエールもあって、なかなか読み応えのある記事としてまとまっていますね。 がんばれ、世界の、アジアの、そして日本の、モバイル・デベロッパーたち! image

ーーーーー

<関連>

Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線
Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す
Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?

Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線

Posted in .Selected, BaaS, Google by Agile Cat on June 21, 2013

Google and Kinvey Take Center Stage in Mobile BaaS
http://wp.me/pwo1E-6gB
Posted on
June 5, 2013 by anniebourne
http://kinveyposts.wordpress.com/2013/06/05/google-and-kinvey-take-center-stage-in-mobile-baas/

_ Kinvey

You may have seen this drama play out before …

こんなドラマを、以前に見たことがあるかもしれない…

Act 1:  Entrepreneurs see a problem emerging and start new companies to fix it.

Act 2:  Giant tech companies gradually awaken to the gap in their offerings.  First they discount it.  Then they study it.  Then they decide to build, buy, or partner to bolster their juggernauts.

第1幕 :  起業家は新たな問題が生じていることを認識し、それを修正するために新会社をスタート。

第2幕:  大手ハイテク企業は、マーケットと自社製品のギャップに、徐々に気づき始める。最初は、それを割り引いて捉える。続いて、それらを研究する。そして、辻褄を合わせるために、開発/提携/買収という手段に出てくる。

This familiar theater is playing out in the Backend as a Service (BaaS) industry.  In Act 1, start-ups like Kinvey saw that inefficiencies in backend development were impeding app development.  Specifically, developers had to write the same backend code, over and over, for every mobile app they published.  Different developers would write these components in different ways, so recycling code was difficult.  So the BaaS industry emerged to create a “middleware for mobile” — unifying the code, making it available to developers in neatly ordered, standardized libraries, that scaled well in the cloud.

この、お馴染みの舞台劇が、 Backend as a Service (BaaS) 産業で演じられている。第1幕において、Kinvey などのスタートアップたちは、バックエンド開発の非効率性が、アプリ開発を妨げてるることを見抜いていた。具体的に、開発者たちはモバイル・アプリを提供する度に、同じバックエンド・コードを、何度も何度も記述する必要があった。それぞれの開発者が、それぞれの手法で、それらのコンポーネントを記述しているため、コードの再利用が難しかった。したがって、この BaaS 産業は、モバイルのためにミドルウェアを創造するために登場したことになる。それは、コードを統一し、整理された方式で開発を進め、標準化されたライブラリを利用することで、クラウド上でのスケーリングを促進することに他ならない。

In Act 2, a new set of performers — base-level infrastructure players, like IaaS and PaaS giants — have taken the stage.  Whether through partnerships (Rackspace), product development (Google, Salesforce), or acquisition (Intel, Facebook), they are making carefully orchestrated moves on both sides of the curtain. Yet when it comes to the “built” solutions, we agree with GigaOm, which said the pure-play BaaS providers “offer broader feature sets and support for numerous mobile platforms.”  But the broader message — that the larger infrastructure players are considering mobile backend services to be a strategic overlay on top of PaaS — is a critical realization for the industry.  Said another way, PaaS can extend the functionality of BaaS. And to this end, Google has, quite literally, doubled down on its commitment by first announcing its own Android-specific BaaS for lightweight consumer apps, and then partnering with Kinvey to provide a solution for those developing sophisticated, cross-platform consumer apps and secure, data-intensive enterprise apps.

第2幕では、新たな役者たちが加わってくる。つまり、IaaS や PaaS といった、基本レベルのインフラ・プレーヤーたちがステージに登場してくる。開発(Google, Salesforce)と、提携(Rackspace)、買収(Intel, Facebook)という役柄をわきまえながら、彼らは上手と下手のカーテンへと歩みを進め、舞台へ登場するタイミングを慎重に測っている。しかし、組込みのソリューションとなると、ピュアな BaaS プレイヤーたちが、「 広範囲におよぶ機能セットを、多様なモバイル・プラットフォームでサポートしている」という GigaOm の発言を、私たちは支持する。 ただし、大手のインフラ・プレイヤーたちが Mobile Backend Services を、PaaS 上に戦略的にオーバーレイさせようと考えていることも、より広義なメッセージであり、また、この産業にとって重要な実現でもある。そして、もう1つの要因は、PaaS が BaaS の機能を拡張するという話である。そして、Google は文字どおり、この目的を達成するために、ライトウェイトなコンシューマー・アプリ用の、Android に特化した最初の BaaS を発表することで、コミットメントを倍増している。続いて、クロス・プラットフォームに対応する、洗練されたコンシューマ・アプリと、データ集約型のセキュアなエンタープライズ·アプリの開発を促進するために、そのプロバイダーである Kinvey と提携した

On Monday, Google announced their Mobile Backend Starter product, based on Google App Engine, which provides a viable BaaS option for many Android applications.  Then, two days later, Google expanded their offerings by partnering with Kinvey to provide a full-featured BaaS platform for enterprises to securely mobilize their ISV applications and legacy data.  Together the companies will provide enterprise developers with access to advanced BaaS features including security, online-offline caching, as well as a simplified way to run complex code on Google App Engine’s Platform as a Service.

月曜日(6/3)のことだが、Google は GAE(Google App Engine)をベースにした、Mobile Backend Starter というプロダクトを発表した。 それにより、多様な Android アプリのために実行が可能な、BaaS のオプションを提供することになる。そして、その二日後に Google は Kinvey と提携した。 それにより、ISV のアプリやレガシー・データを安全にモバイル化していくエンタープライズに対して、フル機能の BaaS プラットフォームを提供するかたちへと自身の提案を拡大することになった。この両社の提携により、セキュリティやオンライン·オフライン・キャッシュなどを含む先進の BaaS 機能に、エンタープライズの開発者たちはアクセスできるようになる。ただし、それだけではなく、Google App Engine という PaaS において、複雑なコードを実行するための、シンプルな方式も提供されるのだ。

We are thrilled to be part of this fast-moving drama. And we’re eager to see the curtains open for Act 3.   What do you think we’ll see next?

私たちは、このドラマの、添付の良い展開に興奮している。 そして、さらに、第3幕が開くのを熱望している。 どのようなドラマが続くのか? あなたの予想は?

ーーーーー

TAG index先日に、『 Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線 』という抄訳で、Mobile Backend Starter についてお伝えしましたが、同じものを Kinvey 側の視点から見たものが、このプログ・ポストなのでしょう。 Agile_Cat 的には、Facebook の Open Graph を、この Kinvey からの情報で学んだという経緯があるため、Facebook + Parse 対 Google + Kinvey みたいな構図になってしまうと、ちょっと複雑なのですが、なんらかの再編が、この BaaS の世界に訪れているのかもしれませんね。久々の、Annie Bourne さんのポストですが、さすが主筆という、格調が感じられる文章です。image

ーーーーー

<関連>

モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
iOS のエコシステムとは? Apple ビジネスの規模を推測し、そのポリシーを学ぶ
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?

Comments Off on Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線

Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す

Posted in BaaS, Facebook by Agile Cat on June 20, 2013

Facebook-Owned Cloud App Platform Parse Tops 100K Apps
http://wp.me/pwo1E-6gx
David Cohen – June 13, 2013
http://allfacebook.com/parse-100k-apps_b119811

_ All Facebook

Cloud application platform Parse has added more apps on its platform since the end of April than it did in its first year of existence, following its acquisition by Facebook in late April.

クラウド・アプリ・プラットフォームである Parse は、Facebook により 4月下旬に買収された後も、それ以前と比べて、より多くのアプリケーションを生み出している。

In early May, Parse introduced Parse Hosting, which combined its four existing offerings — Parse Data, Parse Social, Parse Push, and Cloud — enabling developers to host static content for their apps (such as HTML, JavaScript, and CSS) alongside Cloud Code, and allowing them to create Web-based apps without the need to manage and scale their own servers.

5月上旬のことだが、Parse は Parse Hosting を発表し、その中に 4つの既存プロダクトである Parse Data/Parse Social/Parse Push/Cloud を統合した。 それにより、デベロッパーたちは、アプリ内の静的コンテント(HTML、JavaScript、CSS など)を Cloud Code と一緒にホストし、自身のサーバーを管理/スケールすることなく、Web ベース・アプリを作成できるようになった。

Parse said in a post on its blog:

Parse は、自身のブログで、以下のように発言している:

We’re really proud to announce today that we’ve had more than 100,000 apps built on the Parse platform, up from 80,000 apps at the end of April. We grew more in the past month than we did in our entire first year of existence!

今日、私たちが誇りを持ってアナウンスするのは、Parse プラットフォーム上で構築されたアプリが 10万本を超えたことだ。 それは、4月末の 8万本と比べて、きわめて大きな成長となっている。つまり、Parse が始まった年の1年分と比べて、それより多くのアプリが、この1ヶ月で構築されたことになる。

It’s never been a more exciting time to work on Parse. We recently joined forces with Facebook and have accelerated on all fronts. Our ecosystem is heating up with new entrants and big partnerships, and last month we launched two great additions to our offering: Parse Hosting and Express.js support. Come join us at this exciting time!

これほどエキサイティングな状況は、Parse が始まって以来のことである。 最近の私たちは、Facebook と力を合わせることで、すべての局面で加速している。Parse のエコシステムは、新たに参加してくる人々と、大規模なパートナーシップにより、さらに熱を帯びている。 そして、さらに、先月からは、2つの素晴らしいプロダクトである、Parse Hosting と Express.js をサポートし始めている。このエキサイティングなタイミングに、是非、参加して欲しい

Developers: Have you ever used Parse or any similar cloud app platforms?

デベロッパーへ: これまでに、Parse もすくは、それに類する クラウド・アップ・プラットフォームを使っているだろうか?

RELATED STORIES

ーーーーー

TAG index今週は、Google が Mobile Backend Starter で、この Mobile BaaS の世界に参入するという発表がありました。 そして、4月には Salesforse と Rackspace が、さらに 3月には Amazon が、やはり Mobile BaaS への取り組みを発表しています。 先日に、『 開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず 』という抄訳をポストしましたが、開発環境も含めて、すべてがクラウドへと移行していく流れが、日増しに強まっているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!

Comments Off on Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す

Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線

Posted in .Selected, BaaS, Facebook, Google by Agile Cat on June 18, 2013

Google takes on Parse with new service for mobile-app backends
http://wp.me/pwo1E-6fX
By
Derrick Harris – JUN. 3, 2013
http://gigaom.com/2013/06/03/google-takes-on-parse-with-new-service-for-mobile-app-backends/

_ Gigaom

Summary: Google has announced a new service called Mobile Backend Starter that lets Android developers create and launch mobile apps on Google’s cloud with just a few clicks.

Google が新たに発表した、Mobile Backend Starter というサービスを利用することで、Android デベロッパーたちは数回のクリックにより、モバイル・アプリを Google クラウド上で開発/配信できるようになる。

If you’re an Android developer, Google has a question for you: Would you rather give your money to Facebook and Amazon Web Services, or to us? If it’s the latter, Google introduced on Monday a new product called the Mobile Backend Starter that is, essentially, Google’s take on the AWS-powered Parse service that Facebook recently acquired for a reported $85 million.

あなたが Android デベロッパーであるなら、Google からの問いかけがある。つまり、Facebook や Amazon Web Services を使用し、それらに対価を支払うのかという内容である。それが最近のことなら、Google が月曜日(6/10)に紹介した、Mobile Backend Starter の採用もあり得るのかもしれない。この話の、何が本質かと言うなら、先日に Facebook が $85 million で買収し、AWS上で稼働している Parse に、Google が挑んでいく展開のことだろう。

Google announced the new service on its Android Developers and Cloud Platform blogs, describing it as “a one-click deployable, complete mobile backend that allows you to reap the benefits of a cloud backend with none of the headaches. It provides a ready-to-deploy, general purpose cloud backend and a general purpose client-side framework for Android.”

Google は、Android Developers and Cloud Platform ブログにおいて、この新しいサービスを発表している。そこには、ワン・クリックでデプロイメントを実現する、完全なモバイル・バックエンドと記述されており、なんの煩わしさも伴わずに、クラウド·バックエンドのメリットを享受できると言う。 そこで提供されるのは、直ちにディプロイが可能な、汎用的なクラウド・バックエンドと、Android クライアントのための、汎用的なフレームワークとなる、

Google’s new service is hardly the first on the market, though, and it’s nowhere near the broadest. The market for providing what some call “mobile backend as a service” has been growing in popularity over the past couple years as smartphone use has proliferated. The classic infrastructure-as-a-service and even platform-as-a-service clouds have been a godsend to many web and early mobile startups, but many mobile developers just want something even simpler, it appears.

この、Google の新しいサービスは、対象となるマーケットにおける最初の事例ではないが、その世界自体は、まだまだ、これからというレベルのものである。 スマホの利用が広まるにつれて、Mobile BaaS(backend as a service)と呼ばれるマーケットが、この数年にわたって注目を集めている。 従来からの IaaS と PaaS によるクラウドが、数多くの Web スタートアップや、いくつかのモバイル・アーリー・アダプタに恩恵をもたらしてきたが、大半のモバイル・デベロッパーたちは、さらにシンプルなものを望んでおり、それが具体化しつつあるのだ。

Mobile Backend Starter joins the aforementioned Parse, as well as other offerings from startups such as Appcelerator, Kinvey, Flurry and StackMob. All of these services offer broader feature sets and support for numerous mobile platforms beyond Android. Google’s prevailing thinking seems to be, though, that if you’re developing apps for Android, there’s no better place to do it than with the company who created the operating system.

Mobile Backend Starter は、前述の Parse だけではなく、Appcelerator および、KinveyFlurryStackMob といったスタートアップのサービスを結合していく。これら、すべてのサービスは、Android に限定されることなく、数多くのモバイル・プラットフォームに対して、より広範におよぶ機能のセットを提供している。しかし、Android アプリを開発している場合には、この Google の考え方が、最も有力なものに思えてくる。 なぜなら、そのオペレーティング·システムを作成した会社よりも、それを上手く取り扱う環境は、あり得ないはずだからだ。

In fact, Google is just the latest of bigger, badder vendors getting into the MbaaS space: Rackspace and Salesforce.com did so earlier this year and, if Amazon Web Services job postings are to be believed, the king of public cloud is also eyeing entry into this space.

実際のところ、Google は、この Mobile BaaS スペースに参入してくる、最も大規模なベンダーとなる。 つまり、Rackspace と Salesforce.com が、今年の初めから取り組んできたように、また、Amazon Web Services が人材を求めているように、パブリック・クラウドの王者たちが、このスペースに参入しようとしているのだ。

Technically, Google unveiled Mobile Backend Starter during a talk at Google I/O last month, but apparently word didn’t spread much beyond the walls of that room. David Chandler, one of the Google developers who gave the presentation, has collected a number of additional resources here, on his personal blog.

このテクノロジーに関しては、先月の Google I/O で Mobile Backend Starter が発表されているのだが、そのセッションが行われた部屋の外まで広まっていないようだ。 そのプレゼンテーションを行った、Google デベロッパーの 1人である David Chandler が、彼自身のブログ上に、数々のリソースを集めている

Related research

ーーーーー

imageTAG indexなんと、先月の Google I/O で、Mobile Backend Starter なるものが発表されていたのですね。 そして、Parse – Facebook 連合との戦いが始まるのですね。 そこで、BaaS 関連のポストを調べてみたら、『 Google and Kinvey Take Center Stage in Mobile BaaS 』という記事が見つかりました。ただいま、翻訳中ですので、近々に抄訳をポストできると思っています。 とにかく、それぞれが複雑に絡み合っているので、競合と協調が繰り返されるという、とても興味深い展開になると予測しています。image

ーーーーー

<関連>

Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?
iOS のエコシステムとは? Apple ビジネスの規模を推測し、そのポリシーを学ぶ

 

Comments Off on Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線

Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?

Posted in BaaS, Facebook, Post-PC by Agile Cat on April 26, 2013

Facebook acquires mobile development platform Parse
http://wp.me/pwo1E-61O

By
Eliza Kern – April 25, 2013
http://gigaom.com/2013/04/25/facebook-acquires-mobile-development-platform-parse/

_ Gigaom

Summary: Facebook has acquired Parse, the company that helps developers write mobile apps in the cloud.

Summary: Facebook が Parse を買収した。 同社は、クラウド上のモバイル・アプリを開発する、デベロッパーたちを支援する会社である。

ーーーーー

Facebook has acquired Parse, the company that provides tools for developers building mobile apps, the startup announced in a blog post Thursday. The company went through the Y Combinator incubator program and raised a $5.5 million Series A from Ignition Partners back in 2011.

Facebook が、モバイル・アプリ開発者向けのツールを提供する Parse を買収したことが、このスタートアップの木曜日のブログ・ポストで発表された。同社は Y Combinator のインキュベーター・プログラムを通じて、2011年 Ignition Partners の Series A で $5.5 million を調達している。

Facebook said the addition of Parse is an acquisition, not a talent deal, and the company would not disclose financial terms. Update: The Wall Street Journal reported that the deal went for about $85 million.

そして Facebook は、Parse の買収に際して、人材の確保が目的ではないとし、また、その金銭的な条件は開示しないとしている。 Update:Wall Street Journal は、その買収額について、$85 million だとレポートしている

From the Parse blog post:

“Parse has agreed to be acquired by Facebook. We expect the transaction to close shortly. Rest assured, Parse is not going away. It’s going to get better.

We’ve worked with Facebook for some time, and together we will continue offering our products and services. Check out Facebook’s blog post for more on this.

Combining forces with a partner like Facebook makes a lot of sense. In a short amount of time, we’ve built up a core technology and a great community of developers. Bringing that to Facebook allows us to work with their incredible talent and resources to build the ideal platform for developers.”

Parse は、Facebook による買収に合意した。 そのための手続は、まもなく終了する予定でである。 だからと言って、Parse が消えてしまうわけではないので、安心してほしい。 さらに、状況は良くなるだろう。

私たちは、これまでも Facebook と協調してきたが、これからも、自分たちのプロダクトとサービスを提供し続ける。 さらなる詳細については、Facebook のブログ・ポストをチェックしてほしい

Facebook のようなパートナーと力を合わせることで、さまざまな意味合いが生じてくる。 これまでの短い期間において、私たちはコア・テクノロジーと、素晴らしいデベロッパー・コミュニティを築いてきた。 それらを Facebook へ持ち込むことで、開発者のための理想的なプラットフォームが構築されるだろう。 つまり、同社の類まれなタレントとリソースを、活用できるようになる。

My colleague Barb Darrow wrote about Parse back in May 2012 when it added a new JavaScript SDK, explaining what the new technology would allow and why it would be an interesting addition to the market:

私の同僚である Barb Darrow が、2012年5月に、Parse について書いている。 それは、新しい JavaScript SDK の追加を紹介するものであるが、その新しいテクノロジーが実現するものと、マーケットで期待させる効果について、簡潔に説明している。

“Mobile app developers hate dealing with server-side programming, but most need to do some of it. Those server-squeamish developers are the target market for Parse’s new JavaScript SDK, downloadable as of Wednesday.

The promise of the new SDK is that these developers can now build a secure JavaScript application with a backend without having to provision or write code for servers, said James Yu, founder of San Francisco-based Parse.”

モバイル・アプリ開発者は、サーバー・サイドのプログラミングを嫌がるが、大半のケースにおいて、それを行わなければならない。 そのような、サーバー嫌いのデベロッパーたちこそ、この水曜日からダウンロードが始まった、Parse JavaScript SDK のターゲットある。

この、新しい SDK が約束するものは、それらのデベロッパーによる、セキュアな JavaScript アプリの開発である。 そこでは、バックエンドの活用が実現されるが、サーバーに関するコードをプロビジョニングする必要はなくなると、San Francisco-based Parse の Founder である James Yu は発言している。

In a blog post of his own, Facebook’s Doug Purdy explained why the company wants Parse:

彼のブログ・ポストでは、Parse が必要とされた理由について、Facebook の Doug Purd が、以下のように説明している。

“By making Parse a part of Facebook Platform, we want to enable developers to rapidly build apps that span mobile platforms and devices. Parse makes this possible by allowing developers to work with native objects that provide backend services for data storage, notifications, user management, and more. This removes the need to manage servers and a complex infrastructure, so you can simply focus on building great user experiences.”

Parse が Facebook Platform の一部になることで、モバイルのプラットフォームとデバイスにまたがるアプリを、開発者たちは容易に構築していける。Parse は、開発者によるネイティブ・オブジェクトを操作により、それを実現していく。 つまり、そこには、データ・ストレージ/ノーティフィケーション/ユーザー・マネージメントなどの、バックエンド・サービスの提供が含まれているのだ。したがって、サーバーや複雑なインフラの管理が不要になり、開発者たちは、自身の素晴らしいユーザー・エクスペリエンス構築に集中できるようになる。

To be sure, one of Facebook’s vulnerabilities has been a perceived lack of mobile skills. Parse could help address that.

たしかに、Facebook における脆弱性の 1つは、モバイル・テクノロジーの欠落にあると認識されている。 Parse は、そのための取り組みを支援する存在になるだろう。

Related research

ーーーーー

imageついに、Mobile BaaS の垂直統合が始まるのでしょうか? 以下の関連ですが、Amazon の話が 3月24日で、Salesforce と Rackspace の話が 4月9日です。そして、この Parse は、『AWS イベントでの Parse が スゴそう – BaaS の勢いが加速する?』という抄訳で ご紹介したように、AWS re:Invent の目玉でもあったわけです。 Agile_Cat 的には、Amazon が買収するのかと思っていましたが、Facebook が速攻でさらっていったのでしょうか? そして、Mobile BaaS を語る上で、大きなポイントとなるのが、Facebook の Open Graph だと思えるのです。image

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
BaaS で自由になる? それとも便利になる? そして DoCoMo の i-Concier は?
モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!

%d bloggers like this: