Agile Cat — in the cloud

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Microsoft by agilecat.cloud on May 22, 2016
Microsoft is struggling to close a $2 billion gap with Amazon
Matt Weinberger – May 4, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-azure-cant-catch-up-to-amazon-web-services-2016-5
 
_ Business Insider
 
Microsoft’s cloud business may be growing faster than Amazon’s gargantuan $7 billion Amazon Web Services, but it’s still not enough to close a $2 billion gap between them, says Barron’s.
 
Microsoft のクラウド事業(Azure 単体)は、7 billion の売上と言われる Amazon Web Services よりも素早く成長しているが、両者のギャップである 2 billion(四半期あたり)を埋めるのは容易なことではないと、Barron’s は述べている。
 
To back up its argument, Barron’s took a deep dive into Microsoft’s financials from its last quarterly earnings statement.
 
この論点を補足するために、Barron’s が取り上げているのは、Microsoft の直近(2015年Q4 ?)の四半期収支レポートの詳細である。
 
Satya NadellaMicrosoft
 
Microsoft CEO Satya Nadella
 
For its cloud businesses, including Azure and Office 365, Microsoft only discloses year-over-year growth rates, not total revenue (to former CEO Steve Ballmer’s chagrin), but Barron’s made some educated guesses.
 
Microsoft のクラウド・ビジネスに関して、同社が公表しているデータは、Azure と Office 365 などを含むものであるが、その内容は対前年成長率であり、総売上ではない(前 CEO である Steve Ballmer を残念がらせた)。しかし、Barron’s は、その経験に基づき、いくつかの推察を提供している。
 
Just as bad, if not worse than the Amazon competition, Barron’s estimates that the Microsoft Azure cloud — which lets customers rent fundamentally unlimited supercomputing resources from Microsoft’s data centers on a subscription basis — isn’t growing fast enough to offset sinking sales of Microsoft’s lucrative Windows Server and other legacy server products.
 
Amazon との競合において、不利かも言えるし、不利ではないとも言える。たしかに、Microsoft Azure により、サブスクリプション・ベースのユーザーたちは、無限ともいえるコンピューティング・リソースを、同社のデータセンターから引き出せるようになった。しかし、その成長スピードとなると、Windows Server などのドル箱レガシー・サーバー・プロダクトの落ち込みを、相殺するには至っていない、と Barron’s は推定している。
 
But there’s some good news: Despite a period of cannibalization, revenue from sales of the Office 365 cloud productivity suite to businesses is finally catching up with the boxed Office software.
 
しかし、その一方では、いくつかの良いニュースもある。 いわゆる、共食いの期間にあるのだが、ついに企業向けの Office365 クラウド・プロダクティブ・スイートが、ボックスで販売される Office ソフトウェアに追いついてきたのだ。
 
Here are the takeaways from the Barron’s report:
 
以下は、その Barron’s レポートの要点である:
 
  • Despite Azure’s reported 120% growth over the same period in 2015, it’s the second quarter in a row where there was a projected $2 billion-ish gap between Microsoft Azure and Amazon Web Services.
  • Again despite Azure’s growth, it only accounts for an estimated 12% of Microsoft’s Server Products & Cloud Services revenue, which booked a 6% decline last quarter. With Server Products sinking an estimated $600 million from the last quarter, the $300 million growth in Azure couldn’t offset it.
  • Office 365 commercial revenue was $2.1 billion in the quarter, estimates Barron’s, versus $3 billion for boxed Office commercial sales.
  • As computer manufacturers shift to the newer Windows 10 operating system, Microsoft has seen less turbulence from the shrinking PC market than expected. But as we approach the one-year anniversary of Windows 10, Barron’s says, that buffer will dissipate.
  • Finally, Barron’s estimates that revenue in Microsoft’s Surface tablet and laptop division grew an estimated $400 million from the last quarter, versus a decline of $292 million in the Windows business. But that may not last forever, as consumers buy fewer PCs overall.
 
  • 2015年 Q4 において、Microsoft Azure は $560 million の売上を達成しているが、Amazon Web Services は $2.466 billion に伸びている。
  • 2015年の同期に、Azure が 120% の成長を達成したにもかかわらず、この、同社における 2015年 Q2 では、Microsoft Azure と Amazon Web Services のギャップは、$2 billion ほどだと思われる。
  • 再びであるが、その成長にもかかわらず、Microsoft の Server Products & Cloud Services 部門において、Azure の売上は 12% を占めるに留まっている。ちなみに、同部門の売上は、2015年 Q4 で 6% のマイナス成長となっている。Server Products の売上は、2015年 Q4 の時点で、前年から $600 million の売上減であるが、Azure の成長は $300 million であるため、それを相殺することができなかった。
  • この四半期において、Office 365 の売上は $2.1 billion であり、ボックスで販売される Office は $3 billion であると、Barron’s は推定している。
  • コンピュータ・メーカーたちは、新しい Windows 10 オペレーティング・システムに移行しているが、予想していたほどには、PC 市場は縮小していないと、Microsoft は見ている。しかし、Windows 10 のデビューから 1年目に近づくにつれて、そのバッファが減っていくと、Barron’s は予測している。
  • Microsoft の Surface Table/Laptop 部門は、前四半期との比較で $400 million の成長を達成したが、Windows 部門は $292 million のマイナス成長であると、Barron’s は推定している。グローバルで見て、PC を購入する消費者が減っている以上、永遠に続くビジネスではないのかもしれない。
 
Overall, it doesn’t paint an especially rosy picture for Microsoft: Those Microsoft Office stats are encouraging, and Microsoft Azure is growing fast. But Amazon Web Services is the one for Microsoft to beat in the cloud market, and this all indicates that it’s not gaining ground quickly enough to offset the diminishing demand for its traditional cash-cows.
 
全体的に見て、Microsoft のバラ色の未来は、まだ描ききれていない。しかし、Microsoft Office は有望な状況にあり、また、Microsoft Azure も急速に成長している。クラウドの世界において、Microsoft は Amazon Web Services を叩く必要があるが、これまで膨大なキャッシュを生み出し、いまは利益を減少させている、従来からのプロダクト・ラインを、すみやかに置き換えるだけの勢いには、まだ達していないことになる。
 
ーーーーー
MSまず、お断りしておきますが、Barron’s のレポートが示す直近の四半期というのは、2015年 Q4 のことだと思われます。文中における AWS の売上額などと照らし合わせると、そのように解釈したほうが矛盾が生じません。おそらく、Barron’s の 2015年を分析するレポートが、この1月〜3月期に公表され、そこでの記述を、Business Insider が、そのまま引用していると推定しています。 ーーー 先月にポストした、「いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく」という抄訳を見ると、その中のチャートから、2012年 Q4 の AWS が、約 600 million の売り上げで、91% の対前年成長率であったことが読み取れます。そして、3年後の Azure はというと、 $560 million の売上で、120% の対前年成長率と記されています。今後の Azure が、どのような成長曲線を描くのでしょうかね。 そして、やはり SaaS の売上は大きいと、誰もが納得してしまう、Office 365 の存在です。端的に言って、Azure + Office 365 対 AWS で比較すると、両者のクラウド・ビジネスは、ほぼ同列に並んでいることになります。さらに言うなら、ボックスで売られている Office が、まだ、3 billion/四半期のマージンを残しているとも言えるのです。これからが楽しみな、Microsoft と Amazon のクラウド対決ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
AWS が、安定して利益を生み出すエンジンになってきた: それを示す1枚のチャート!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
 

Comments Off on Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on May 13, 2016
Microsoft cloud growth slowed this quarter, but no cause for panic yet
Matt Rosoff – Apr. 21, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-cloud-run-rate-by-quarter-2016-4
 
_ Business Insider
 
In yesterday’s earnings report, Microsoft noted that the company was at a $10 billion annualized “run rate” for its cloud businesses. That’s only a $600 million gain, or 6%, from the last quarter.
 
昨日 (4/20) の収支報告レポートにおいて、クラウド・ビジネスの年間 Run Rate が $10 billion に達したと、Microsoft は述べている。ただし、その伸び率は 2015 Q4 と比較して 6% であり、また、上げ幅は $600 million に過ぎない。
 
microsoft_cloud
Statista
 
That may seem like a problem at first glance, given that Microsoft is betting so heavily on cloud customers to make up for slowing software sales. But in fact Microsoft’s cloud run rate grows in fits and starts, and is timed with its traditional enterprise sales cycle. Typically, large organizations sign and renew their big licensing deals with Microsoft in the December quarter (the end of many companies’ fiscal year) and June quarter (the end of Microsoft’s fiscal year, where managers are under the greatest pressure to close deals before the year ends). So, as this chart from Statista shows, the September 2015 quarter also showed slow growth, but it picked up at the end of the year.
 
Microsoft が、クラウド・マーケットに大きく投資し、減速しているソフトウェア販売を補完していることを前提にすると、この成長率は問題だと思えるかもしれない。しかし、Microsoft のクラウド Run Rate には、従来からのエンタープライズ・セールス・サイクルと同期するというムラがあるのだ。 その典型として、12月で閉まる Q4(会計年度末となる企業が多い)において、多くの大手企業が Microsoft と契約を交わし、また、既存の契約を更新している。また、6月で閉まる Q2 は、Microsoft における会計年度の締めであり、同社のマネージャーたちに大きなプレッシャーが掛かることになる。したがって、この Statista のチャートは、2015年 Q3 の成長が低く、その分が Q4 に寄せられるという状況を示している。
 
If the number stays low next quarter, though, that could signal a problem.
 
したがって、次の四半期である 2016年 Q2 が低調にあると、問題が生じたというシグナルになる。
 
That said, “run rate” is a pretty loose measurement — it’s supposed to measure the amount of money Microsoft is collecting from cloud contracts right now, if the value of those contracts are extrapolated out to twelve months. But it depends on things like the duration you’re measuring and the nature of the contracts signed.
 
たしかに、Run Rate は、かなり緩い基準である。このチャートにおける売上は、クラウド契約から得られた収益を集めたものであるが、その契約に記された金額が、12ヶ月間におよぶことを前提としている。ただし、それは、契約の期間と性質といったものに依存した、測定の方式でもあるのだ。
 
ーーーーー
MSおそらく、Agile Cat としては初めてとなる、Microsoft のクラウド売上予測です。冒頭で指摘されていますが、このチャートは Run Rate による年間の売上を、四半期ごとの予測値で示すものです。Agile Cat も、この Run Rate について調べてみましたが、ひとことで言うと、2016年 Q1 の成長率から年か売上を推測すると、$10 billion に至るというものです。ちなみに、2016年 Q1 の AWS は US$2.56 なので、その差が縮まっている感じがしますが、Microsoft のクラウド売上には、Offce 365 などが含まれるため、AWS と Azure の比較というものにはなりません。それにしても、大まかなところで、両社の規模感が分かりますよね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
 

Comments Off on Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Research by agilecat.cloud on April 28, 2016
Amazon’s cloud juggernaut could finally be slowing down
Matt Rosoff – Apr. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-revenue-and-growth-2016-4
 
_ Business Insider
 
Investors were pleasantly surprised when Amazon started breaking out revenues and operating profit from its cloud business, Amazon Web Services, last year. The business was bigger than most investors expected, and turned an operating profit.
 
Amazon のクラウド・ビジネスである Amazon Web Services について、昨年に売上と利益が詳述されたとき、投資家たちは嬉しい驚きを体験した。このビジネスは、投資家の予測よりも大規模であり、また、営業利益も黒字だったのだ。
 
AWS_2016_Q1_ChartClick to Large >>>
 
But at least one analyst firm thinks AWS might finally be slowing down.
 
しかし、AWS は最終的に減速していくと推測する調査会社が、少なくとも一社だけあったことを記しておく。
 
This chart from Credit Suisse shows that analysts there expect AWS to show only 45% revenue growth from a year ago, the lowest growth rate since Q3 2014.
 
この、Credit Suisse が提供するチャートは、同社のアナリストたちが AWS の 2016年 Q1 について予測したものであるが、その売上はというと、前年比で 45% の成長率へと低下し、2014年 Q2/Q3 以来で最低のレベルにいたると示している。
 
The analysts also note that that dip in growth in 2014 came because AWS “materially cut prices” in Q2 of that year, and the comparables didn’t pick up until those price cuts had worked through the year-ago cycle.
 
それらのアナリストたちは、2014年における成長率の落ち込みについて、同年の Q2 に実施された、実質的な価格の引き下げに起因すると指摘している。そして、この値下げは 2014年を通じて影響をおよぼし、以前のレベルに戻るまでに、相当の時間を費やしたとも述べている。
 
ーーーーー
amazon-55aこのチャートの左側の単位は棒グラフに対応したものであり、それぞれの四半期における売上を million dollars で示しています(2015年 Q4 で 2.4B)。 また、右側の単位は折れ線グラフに対応し、売上成長率を前年比で示しています。そして、Credit Suisse は、昨年末に発表された値下げにより、2016年 Q1 の売上成長率が 45% まで低下すると予測しているのです。他の産業と比べれば、この成長率であっても驚異的なのですが、まだまだ AWS には成長の余地があるはずです。 とは言え、ユーザー企業の IT 総支出という枠の中で、このクラウド業界は生きているのですから、どこかで成長は頭打ちになります。 また、Microsoft や Google との戦いも、さらに熾烈になっていくでしょう。そろそろ 2016年 Q1 の収支報告が行われるはずですが、Credit Suisse の予測が当たるのかどうか、とても楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
Amazon の薄利主義が 20年目を迎える:売上は 15倍でも 利益は一定という徹底した戦略
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
 

Comments Off on いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

Posted in .Selected, Microsoft, Mobile by agilecat.cloud on January 9, 2016
Microsoft CEO Satya Nadella explains why it doesn’t matter if only a handful of people have a Windows phone
Max Slater-Robins – Dec. 31, 2015
http://uk.businessinsider.com/satya-nadella-on-windows-10-mobile-marketshare-2015-12
 
_ Business Insider
 
Microsoft CEO Satya Nadella has explained in an interview with BuzzFeed why the company is not concerned about the market share of its mobile operating system, which is about 1.7% globally.
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、同社のモバイル OS のシェアが、グローバルで 1.7% に過ぎないことについて、さしたる問題になっていないという認識を、BuzzFeed とのインタビューで披露している。
 
Windows PhoneFlickr
Kārlis Dambrāns
 
He said the company would be doing a “disservice” to itself by measuring its success solely by market share. “If you think of this more like a graph,” he said of how people use products, “these [devices] are all nodes. Sometimes the user will use all of these devices … sometimes they’ll use only one or two of our devices and some other platforms — so be it.”
 
マーケット・シェアだけで成功を測ることは、Microsoft 自体を害することに繋がると、彼は述べている。そして、「もう少し、Graph 的な発想を持ってもらえるなら、すべてのデバイスが Node として機能することが分かるはずだ。ときには、すべての Microsoft デバイスが、ユーザーにより使用されるだろう。 ときには、Microsoft デバイスは1つか2つであり、他のプラットフォームも使用されるというケースもあるだろう。 したがって、それを可能にすることが大切なのだ」と、人々が同社のプロダクトを利用するときの、捉え方ついて語っている。
 
For Nadella, this is an important point: The company can work on Windows phones even if no one uses them because people use Windows 10 or Xbox or Office — and they’re all one and the same.
 
Nadella が重要だと指摘するのは、たとえ、Windows Phone が使用されないとしても、Windows 10/Xbox/Office が使用されるなら、そこに Windows Phone を促進する理由があるという論理だ。 つまり、それら、ずべては1つのものであり、同じものだという捉え方である。
 
“We want to make sure that we are completing the experience across all of these devices,” he said.
 
そして、「私たちは、それら、すべてのデバイスを横断するエクスペリエンスが、完全なものになることを、確認していきたい」と、彼は述べている。
 
ーーーーー
MSこのところ、セミナーなどで、「Windows は Office を売るための OS」で、「iOS は デバイスを売るための OS 」で、「Android は 広告を売るための OS」というふうに、まことに自分勝手な意見を振り撒いている Agile Cat ですが、大きくは外してはいないだろうと思っています。 なんというか、プロダクト/サービスと金銭が交換されるという、これまでのピュアなマーケット構造に、第三者の財布から広告費を引き出して充当するという、掟破りの Android が登場したことで、デバイスの価値が変容したのです。そして、Android はケンカする相手ではなく(ついでに iOS も)、利用すべき相手なのだという Microsoft の変身ぶりが、この Satya Nadella インダビューに現れていると思えるのです。 さらに踏み込むなら、文中でのグラフとノードいう比喩は、いうまでもなく Azure Graph への伏線です。 話は、昨日の香港に飛びますが、AIA という保険会社が、Ofiice 365 と Azure を大量導入するというニュースが報じられていました。 ここでも、Windows Phone が、1つのノードとして機能しているのでしょう。 最近の Microsoft は、とてもクールでステキです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処に?
 

Comments Off on Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

%d bloggers like this: