Agile Cat — in the cloud

Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on November 12, 2013

Quanta Launches Open Compute Solutions, Including Open Rack
http://wp.me/pwo1E-6TH

October 24th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/24/quanta-launches-open-compute-solutions-including-open-rack/

_ DC Knowledge

For years, Quanta Computer has been building servers for Facebook and Rackspace based on design concepts advanced by the Open Compute Project (OCP). Today Quanta QCT launched a line of hardware products making those Open Compute designs available to a broader pool of customers.

Open Compute Project (OCP) の先進的なデザイン・コンセプトに基づき、Quanta Computer は長年にわたり 、Facebook や Rackspace のためにサーバーを構築してきた。そして、今日、Quanta QCT は、幅広い顧客層に対して提供が可能な、Open Compute ハードウェア・プロダクツのラインナップを立ち上げた。

Quanta QCT (short for Quanta Cloud Technology) is the U.S. business unit of Taiwan-based Quanta Computer, and is marketing its OCP server, storage and network gear under the Rackgo X brand. The new line includes two server solutions, one storage JBOD (model JBR) and one 10G SFP+ switch (model T3048-LY2). A server motherboard option, the Windmill F03, is also available.

Quanta QCT(Quanta Cloud Technology の略)は、Tairan ベースの Quanta Computer における、米国ビジネス・ユニットであり、Rackgo X ブランドの下で、OCPに対応するサーバー/ストレージ/ネットワークなどのギアを販売している。この、新しいラインナップには、2つのサーバー・ソリューションが取り込まれている。 1つは、ストレージである JBOD(モデル JBR)であり、もう1つは、10G SFP + スイッチ(モデル T3048-LY2 )であり、また、サーバーのマザーボード・オプションとして、Windmill F03 も選択できる。

The Quanta Windmill F03C is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots. (Photo: Quanta)

The Open Compute Project began as an open source showcase for Facebook’s design innovations, but over the past two years has evolved into an active community building cutting-edge hardware, disrupting the traditional IT supply chain, and laying the groundwork for future innovation.

Open Compute Project は、Facebook のデザイン・イノベーションに関する、オープンソースのショーケースとして始まったが、これまでの 2年間において、最先端のハードウェアを構築する、活発なコミュニティへと進化してきた。 それは、従来からの IT サプライ・チェーンを破壊し、将来へ向けたテクノロジー・イノベーションの基礎を築くものである。

“Our customers are on a continual quest for the most capital and operationally efficient data center design,” said Mike Yang, the general manager of Quanta QCT. “The Open Compute Project is intended to address this need, and Rackgo X is the culmination of our long-term OCP design and development effort. Working with innovators like Facebook and Rackspace, Quanta has developed the most comprehensive lineup of OCP spec products available on the market.”

「 私たちのカスタマは、最も投資効率がよく、また、効果的に運用できる、データセンター・デザインを継続的に探求している。Open Compute Project は、こうしたニーズに対応するよう意図されたものである。 そして、Rackgo X は、長期間にわたる OCP の設計と開発に取り組んできた、結果としての集大成である。Facebook や Rackspace といった革新的な企業と協力して、Quanta は OCP スペック・プロダクツを開発してきた。 そして、最も包括的なラインアップを、マーケットで入手できるようにした」と、Quanta QCT の General Manager である Mike Yang は述べている。

Adopting Wider Open Rack Design

Quanta provided design, engineering and manufacturing support for Facebook as the social network developed custom hardware for its first data center in Prineville, Oregon. The Rackgo X lineup is inspired by OCP’s Open Rack standard, which provides a 21-inch wide slot for servers, expanding upon the 19-inch width that has long been the standard for data center hardware. The wider form factor will create more room for improved thermal management, as well as better connections for power and cabling.

Facebook が Prineville, Oregon のデータセンター用に、初めてカスタム・ハードウェアをデザインしたとき、デザイン/エンジニアリング/マニュファクチャリングのサポートが、このソーシャル・ネットワークに対して、Quanta から提供されたのだ。Rackgo X ラインナップは、21 inch 幅のサーバー・スロットを装備する、OCP の Open Rack スタンダードに触発されたものとなっている。つまり、長年にわたり、データセンター・ハードウェアの標準であった、​​19 inch 幅を拡大したものである。この幅広のフォーム/ファクタは、熱処理のための空間を広げるだけではなく、電源とケーブルのための、より優れたコネクションを実現する。

All the products in the Rackgo X line will be contributed back to the Open Compute Foundation so others in the industry can build upon them.

Rackgo X ラインナップの、すべてのプロダクトは、Open Compute Foundation にコントリビュートされるため、この業界における他社であっても、それらをもとにプロダクトを構築できる。

“We are thrilled to see Quanta join the ranks of Open Compute Project Solutions Providers, and to see them expand their commitment to open source hardware by contributing their innovative designs back to the foundation,” said Frank Frankovsky, vice president of infrastructure, Facebook and chairman and president of the Open Compute Foundation. “Investments like this, from companies like Quanta, are exactly the kind of thing that is helping the OCP community make data center technologies more innovative, more efficient, and more sustainable.”

「 私たちは、Quanta が Open Compute Project Solutions Providers の仲間に入り、また、彼らの革新的なデザインが、このファンデーションにコントリビュートされることで、オープンソース・ハードウェアへのコミットメントが拡大される様子を見て、とても喜んでいる。Quanta のような企業からの、このような投資は、まさに OCP コミュニティを支援するものであり、それにより、データセンター・テクノロジーが革新的になり、効率性と持続性が実現されることになる」と、Facebook の VP of Infrastructure と、Open Compute Foundation の Chairman and President と兼任する、Frank Frankovsky は語っている。

Customers Include Rackspace

Quanta is the sixth company to qualify as an Open Compute solution provider, joining Hyve Solutions, Avnet, Amax, Penguin Computing and Racklive. But although it’s a little later than some rivals in getting official solution provider status, Quanta’s early mover status has earned it plenty of mindshare. With products QCT developed for Rackspace Hosting, it’s gaining market share as well.

Quanta は、 Hyve SolutionsAvnet/Amax/Penguin Computing/Racklive などで構成される、Open Compute Solution Provider としての基準を充たす、六番目の企業となる。しかし、オフィシャルなソリューション・プロバイダの死角を得るのが、それらののライバルより遅れたにもかかわらず、Quanta の立ち上がりとしての状況は、たくさんのマインドシェアを得ている。そして、Rackspace Hosting のために開発した QCT プロダクツにより、マーケット・シェアも獲得している。

“It’s important for Rackspace and the OCP community to innovate using open hardware standards,” said Wesley Jess, vice president of supply chain for Rackspace. “This enables us to leverage the best engineering talent across the globe and to bring products to market faster in an efficient and scalable way. To maximize on this opportunity, we have chosen Quanta as one of our technology providers because they offer substantial experience with OCP technology in demanding and highly scalable computing environments.”

「 それは、オープン・ハードウェア標準を、利用/革新していく Rackspace と OCP コミュニティにとって重要なことである。 つまり、世界にまたがるベスト・エンジニアリングの才能を活用し、また、効率的でスケーラブルな方法で、プロダクツを最短の時間で市場に届けられるようになる。 このチャンスを最大限に活用するために、私たちはテクノロジー・プロバイダーの一社として、Quanta を選択している。 なぜなら、彼らは、きわめてハイ・スケーラブルなコンピューティング環境で、OCP テクノロジーを活用するための豊富なエススペリエンスを提供してくれたからだ 」と、Rackspace VP of Supply Chain である Wesley Jess は語っている。

Product lineup details include:

  • F03A Server: A high-density, 2OU (Open Rack unit) high-density server designed for compute intensive workloads.
  • F03C Server: – This 2OU / 3 node design allows enhanced I/O flexibility, enabling simplified data center operations.
  • JBR Storage: Based on Quanta’s patented “hidden shelf” design, the JBR doubles density and storage capacity with 28 hot-swappable 3.5” drives in a 2OU configuration.
  • T3048-LY2 Switch: Designed for both public and private cloud deployments with layer 2 and layer 3 networking topologies, the T3048-LY2 delivers high performance, low latency and dual speed 1/10 gigabit Ethernet capabilities.
  • Windmill F03 Server Motherboard Option: The Quanta Windmill F03 is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots for workloads demanding high performance infrastructure. They can be inserted into different Rackgo X enclosures.
  • F03A Server:  高密度の  2OU (Open Rack ユニット) サーバーであり、主としてコンピューティング・ワークロードのためにデザインされている。
  • F03C Server:  2OU / 3 ノード・デザインにより、I/O の柔軟性を拡張し、データセンター運用を簡素化する。
  • JBR Storage: Quanta が特許取得している、 “hidden shelf” デザインを基にした倍密度のストレージ容量を持つ JBR であり、2OU コンフィグレーションに 28 台の、ホットスワップ対応の 3.5 "ドライブを取り込む。
  • T3048-LY2 Switch: Layer 2/Layer 3 のネットワーク・テクノロジー を用いて、パブリック/プライベート・クラウドにディプロイするためにデザインされている。この T3048-LY2 は、ハイ・パフォーマンスで、低レイテンシの、1G/10G ディアル・スピードに対応する、イーサネット機能を提供する。
  • Windmill F03 Server Motherboard Option:  Quanta の Windmill F03 は、ハーフサイズの Intel Xeon ES-2600 マザーボードを持ち、高性能インフラが要求されるワークロードに対応する、デュアル CPU ソケットと 16x DIMM スロットを提供する。また、それらのマザーボードを、別の Rackgo X エンクロージャに挿しこむことも可能である。

To help customers get started quickly with Rackgo X, Quanta also offers three reference architectures. The X300 architecture is designed for compute-intensive workloads, while the X500 architecture targets storage- and bandwidth-intensive workloads, and the X700 architecture is tuned for Hadoop and other, more balanced workloads.

Rackgo X を使用する顧客の、迅速な立ち上げを支援するために、Quanta は 3つのリファレンス·アーキテクチャを提供している。 X300 アーキテクチャは、コンピューティングを主体とするワークロードのためにデザインされている。 X500 アーキテクチャは、ストレージと帯域幅が重視されるワークロードをターゲットにしている。 そして、X700 アーキテクチャは、Hadoop などの、バランスが必要とされるワークロードに最適化されている。

Quanta QCT is headquartered in Fremont, Calif. Its parent company, Quanta Computer, Inc., is a $34 billion company with more than 100,000 employees. It is an original design manufacturing (ODM) provider that provides an alternative to working with original equipment manufacturers (OEMs) like Dell, HP and IBM that have dominated server sales in the U.S.

Quanta QCT は、Fremont, Calif に本社を置いている。その親会社である Quanta Computing は、10万人以上の従業員と、$34 billion の売上を有する。同社は、ODM(original design manufacturing)プロバイダーであり、米国内のサーバー市場を支配する Dell/HP/IBM といった、OEM(original equipment manufacturers)の代替として機能している。

RELATED POSTS:

Rackspace: We’ll Fill Data Centers With Open Compute Gear
New COO Named for Open Compute Foundation
How Open Compute is a Win for Rackspace
Open Compute Shakes Up Server Supply Chain
Scenes From The Open Compute Summit

ーーーーー

open-compute先月の Intel Dev Forum で、Quanta QCT から一連のプロダクツが発表されたというニュースが入り、とても楽しみにしていたことです。ハードウェアの Disaggregattion が進むと、こんなふうにプロダクツのラインナップが構成されるのだという、とてもわかり易い事例になっていると思います。それと、Gartner の 2012 Q4レポートでは、 無印サーバー が 22% UP と伝えられていましたが、ことしは、どれくらい伸びるのでしょうね? いろいろなものが、ドンドンと形になり始め、勢いを増す Open Compute Project です! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ

Comments Off on Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on February 14, 2013

OCP Summit IV: Breaking Up the Monolith
http://wp.me/pwo1E-5EX

Wednesday, January 16, 2013 · Posted by
Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

image

It’s hard to believe that the Open Compute Project was founded just a little over 18 months ago. At our first Summit, in June 2011, we had 200 participants, one official member (Facebook), and exactly three technology contributions (all from Facebook). Today, as nearly 2,000 people converge on Santa Clara to kick off the fourth OCP Summit, we have more than 50 official members and dozens of contributions from a wide variety of technology suppliers and consumers.

Open Compute Project が設立されてから、まだ 18ヶ月しか経っていないとは、信じがたい思いである。 2011年6月に開かれた最初のサミットには 200人が参加し、また、1人のオフィシャル・メンバー(Facebook)だけがいて、3つテクノロジー・コントリビューションだけがあった(すべてが Facebook から)。 そして、今日、4回目の OCP Summit をキックオフするために、約 2000人の人々が Santa Clara に押し寄せたように、私たちには 50のオフィシャル・メンバーがいて、多様なテクノロジー・プロバイダーとコンシューマから提供される、数多くのコントリビューションがある。

In October 2011 we announced the formation of a non-profit foundation to steer the project, and that organization has continued to evolve. In the last six months we’ve hired our first full-time employee, COO Cole Crawford, and added a new Compliance & Interoperability project. We’ve also seen our first international expansion, with the launch of an OCP Asia-Pacific chapter in Tokyo, and some encouraging engagement with the academic and research communities — including a Purdue University competition to design a biodegradable server chassis.

そして 2011年10月に、このプロジェクトを運営する非営利ファンデーションの立ち上げを発表したが、この組織は、いまもなお、発展し続けている。直近の 6ヶ月間において、私たちは初めてのフルタイム従業員であある Cole Crawford に、COO を務めてもらうようになり、また、新しいプロジェクトとして Compliance & Interoperability を加えた。 そして Tokyo では、OCP Asia-Pacific 支部の立ち上げという、初めてのインターナショナルな展開を確認している。 さらに、アカデミックおよび研究コミュニティとの連携という、力強い展開が生まれている。そこには、生分解性があるサーバー・シャーシを、初めて設計するという、Purdue University におけるコンペティションも含まれている。

We’ve also seen some tremendous engagement in the broader OCP community in the last six months. Some examples include:

そして、この 6ヶ月間では、OCP コミュニティの各所において、とても多くの協調が生じてきた。 以下は、その、いくつかの例である:

  • New members: More than a dozen new organizations have joined, including storage companies like EMC, Fusion-io, Hitachi, and Sandisk; microprocessor organizations like Applied Micro, ARM, Calxeda, and Tilera; and communications companies like NTT Data and Orange.
  • Adoption of open source hardware: More companies are being inspired to think differently about how they build out their infrastructures. Examples include Riot Games, which has decided to purchase systems based on OCP designs and built by Hyve Solutions, and Rackspace, which has decided to design and build its own infrastructure using OCP designs as a starting point.
  • Momentum around Open Vault and Open Rack: We launched these two projects at the third OCP Summit in May 2012, and we’re already seeing companies iterating on them in interesting ways and developing creative new technologies to complement them. Examples include new Open Rack designs from Avnet, Delta, Emerson, and Sanmina (many of which are being demonstrated at today’s Summit) and new server designs for the SAS expander slot on the Open Vault spec from Calxeda and Intel.
  • Products being delivered: Also at the May 2012 Summit, AMD and Intel announced that they’d been collaborating with Fidelity and Goldman Sachs to develop new boards to suit those companies’ specific workloads — codenamed Roadrunner and Decathlete, respectively. Just seven months later, both companies are here today demonstrating finished products.
  • New technology contributions: We’re starting to see significant momentum building behind technology contributions to the project. Some of the new contributions include designs for Fusion-io’s new 3.2TB ioScale card; the designs Rackspace has created for its new infrastructure; and designs for a new storage box that Hyve Solutions built for Open Rack. Facebook is also making a few new contributions, including modifications to Open Rack and Open Vault for use in cold-storage environments and designs for a new, all-flash database server (codenamed Dragonstone) and the latest version of its web server (codenamed Winterfell).
  • New members: 新しいメンバーとして、10社以上の組織が参加してきた。 そこには、EMC/Fusion-io/Hitachi/Sandisk などのストレージ・メーカーや、Applied Micro/ARM/Calxeda/Tilera などのマイクロ・プロセッサ・メーカー、そして NTT Data/Orange などのテレコム企業が含まれる。
  • Adoption of open source hardware:インフラストラクチャを構築していくための、これまでとは異なる方式により、数多くの企業がインスパイヤーされている。 Riot Games 場合は、Hyve Solutions が構築した、OCP デザインに基づくシステムの購入を決定した。また、Rackspace の場合は、OCP デザインを出発点とし活用する、独自のインフラを設/構築することに決めた。
  • Momentum around Open Vault and Open Rack: 2012年 5月に開催された、3回目の OCP Summit において、以下の 2つのプロジェクトが立ち上がった。 そして、すでに、それらを補完するために、複数の企業がきわめて興味深い方式で、創造的なニュー・テクノロジーを継続して開発している。たとえば、Open Rack デザインは、Avnet/Delta/Emerson/Sanmina により進められ、その多くが、今日の Summit でデモされる。 また、Open Vault 仕様の SAS エクスパンダー・スロットに対応する、新しいサーバー・デザインが、Calxeda/Intel により進められている。
  • Products being delivered: 同じく 2012年5月のサミットで AMD と Intel は、Fidelity および Goldman Sachs と協調することで、それぞれのワークロードに適した、新しいボードを開発すると発表した。AMD と Intel のボードは、Roadrunner と Decathlete とうコードネームを付けられている。そこから、わずか 7ヶ月が過ぎただけだが、両社とも最終的なプロダクトを、この Summit でデモする。
  • New technology contributions: このプロジェクトに対する、テクノロジー・コントリビューションの背後に、大きな勢いが構成されていることを、私たちは確認し始めている。いくつかの、新しいコントリビューションには、Fusion-io が提供する新しい 3.2 TB ioScale カードや、Rackspace による新しいインフラのデザイン、そして、Hyve Solutions が Open Rack のために構築した新しいストレージ・ボックスなどが含まれる。 Facebook も、いくつかのコントリビューションを、新たに行なっている。そこには、コールド・ストレージ環境で用いる、Open Rack と Open Vault に関するモディフィケーションや、まったく新しくデザインされたデータベース・サーバー(コードネーム Dragonstone)、そして、Web サーバーのための最新デザインなどが含まれる(コードネーム Winterfell)。

But most exciting of all are a series of new developments that will enable us to take some big steps forward toward better utilization of these technologies. One of the challenges we face as an industry is that much of the hardware we build and consume is highly monolithic — our processors are inextricably linked to our motherboards, which are in turn linked to specific networking technology, and so on. This leads to poorly configured systems that can’t keep up with rapidly evolving software and waste lots of energy and material.

しかし、すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックでであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

To fix this, we need to break up some of these monolithic designs — to disaggregate some of the components of these technologies from each other so we can build systems that truly fit the workloads they run and whose components can be replaced or updated independently of each other. Several members of the Open Compute Project have come together today to take the first steps toward this kind of disaggregation:

こうした問題を解消するためには、いくつかのモノリシックなデザインの破壊する必要がある。つまり、それらのテクノロジーを構成するコンポーネントを、相互に干渉しないかたちに分解していくのだ。そうすれば、それぞれのシステムで実行されるワークロードに、完全にフィットしたものを構築できる。 さらに言えば、それぞれのコンポーネントの、置き換えや更新も自由に行える。今日、ここに集まった Open Compute Project のメンバーは、この種の分解へ向けた、最初のステップを取っていくことになる:

  • Silicon photonics: Intel is contributing designs for its forthcoming silicon photonics technology, which will enable 100 Gbps interconnects — enough bandwidth to serve multiple processor generations. This technology also has such low latency that we can take components that previously needed to be bound to the same motherboard and begin to spread them out within a rack.
  • “Group Hug” board: Facebook is contributing a new common slot architecture specification for motherboards. This specification — which we’ve nicknamed “Group Hug” — can be used to produce boards that are completely vendor-neutral and will last through multiple processor generations. The specification uses a simple PCIe x8 connector to link the SOCs to the board.
  • New SOCs: AMD, Applied Micro, Calxeda, and Intel have all announced support for the Group Hug board, and Applied Micro and Intel have already built mechanical demos of their new designs.
  • Silicon photonics: Intel がコントリビュートしているのは、100 Gbps のインタラクションを可能にする、次世代の光学通信テクノロジーである。それにより、来るべきマルチ・プロセッサ時代においても、充分な帯域幅を確保できる。 また、このテクノロジーがあれば、従来では同じマザーボード上に配置する必要のあった、各種のコンポーネントをラック内に展開しても、低レイテンシを維持することが可能になる。
  • “Group Hug” board: Facebook がコントリビュートするのは、いくつかのマザーボードのための、新たな共通スロット・アーキテクチャの仕様である。この仕様は(Group Hug というニックネームを付けた)、完全にベンダー・ニュートラルな、ボードを作るために用いられ、また、マルチ・プロセッサの時代を通じて生き続けるだろう。 この仕様は、シンプルな PCIe  x8 コネクタを用い、それにより、SOC とボードをリンクさせる。
  • New SOCs: AMD/Applied Micro/Calxeda/Intel が、Group Hug ボードのサポートを発表した。 そして、すでに Applied Micro と Intel は、それぞれの新デザインの、メカニカル・デモを作成している。

Taken together, these announcements will enable data center operators to build systems that better fit the workloads they need to run and to upgrade through multiple generations of processors without having to replace the motherboards or the in-rack networking. This should in turn enable real gains in utilization and unlock even more efficiencies in data center construction and operations.

全体的な話になるが、これらの一連の発表により、データセンター・オペレーターたちは、実行すべきワークロードに適した、システムの構築を可能にするだろう。もちろん、それらのシステムは、マザーボードやラック内ネットワークを置き換える必要もなく、複数のプロセッサ世代をまたいでアップグレードしていける。 その次に来るのは、データセンターの構築/運用において、有用性とアンロックという観点から生じる現実的な利益であり、さらには、効率も改善されるはずである。

There’s a lot of work left to do here, but it’s never been more important for us to take these steps. As our lives become more connected, and as more devices and applications generate more data, we will face compute and storage challenges that existing technologies cannot handle efficiently.

そこには、置き去りにされてしまう、さまざまな仕事があるが、これらのステップを取っていく私たちにとって、重要ではなかったということだ。 いま以上に、私たちの生活がコネクトされるにつれて、さらには、より多くのデバイスとアプリケーションが、より多くのデータを生成するにつれて、これまでのテクノロジーでは効果的にハンドリング出来なかった、コンピュートとストレージの課題に、私たちは挑むことになる。

But we have one big advantage, as we face these challenges: We are doing this work together, in the open, and everyone has a chance to contribute — to help ensure that all the technologies we develop and consume are as scalable as possible, as efficient as possible, and as innovative as possible.

しかし、これらの手強い課題に直面するとき、私たちには大きなアドバンテージがある。 まず、私たちは協調している。 そして、オープンである。さらに言えば、誰にでもコントリビューションのチャンスがある。 それにより、私たちが開発する全テクノロジーが、可能な限りスケーラブルなかたちで消費され、可能な限りの効率を持ち、可能な限り革新的であることが、保証されていくのだ。

ーーーーー

TAG indexFrank Frankovsky さんのキーノートは、いつも淡々と、しかし、力強く展開していきます。 そして、このポストのように、派手な修飾語などは一切使わず、論理でグイグイと押してきます。 それは、彼にかぎらず、OCP のチーム全体に言えることであり、一瞬もブレることなく、オープンなインフラストラクチャの実現へ向けて、突き進んでいるように思えます。 さぁ、Japan が始まり、Asia Pacific が始まります。ご興味のあるかたは、OCP Japan 事務局まで お問い合わせください。 Image(70)

ーーーーー

<関連>

Open Compute Japan の FB ページが始まりました!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する
Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
Open Compute Summit 2013 – Directory
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Prineville データセンターを捕捉せり

 

Comments Off on OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!

Open Compute Summit 2013 – Directory

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on January 21, 2013

A tiny contribution to OCP folks from Japan Team
http://wp.me/pwo1E-5xS

image

As many folks gathered in Santa Clara, there are many of OCP related articles in Internet tech sites. Furthermore, all the report of them has sent praise to the philosophy of OCP. For the Japan team, this summit was especially a nice phrase. Because of, OCP Asia Pacific has launched, and Frank announced it in his keynote. So, I would like to share the report of this memorable summit.

たくさんの人々が Santa Claraに集まったように、数多くの OCP関連記事が提供されている。さらに言えば、それらすべての記事が、OCPの哲学に対して賞賛を送っている。そして、とりわけ日本チームにとって、今回のサミットは嬉しいものになった。なぜなら、OCP Asia Pacific が立ち上がり、また、Frank がキーノートで、それを発表したからだ。それゆえに、この記念すべきサミットに関する報道を共有したい。

———

Open Compute Summit Winter 2013 – Live Streaming
Jan 16, 2013 12:00pm EST — Thu Jan 17, 2013 6:00pm EST
http://new.livestream.com/ocp/winter2013

OCP Summit IV: Breaking up the monolith
Wednesday, January 16, 2013 · Posted by Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

Tim O’Reilly to Deliver a Keynote at the Open Compute Summit IV
Saturday, December 22, 2012 · Posted by Pete Bratach at 00:13 AM
http://www.opencompute.org/2012/12/22/tim-oreilly-to-deliver-a-keynote-at-the-open-compute-summit-iv/

———

Facebook and Open Compute just blew up the server and disrupted a $55B market
GigaOm – By Stacey Higginbotham – Jan. 16, 2013 – 10:00 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/16/facebook-and-open-compute-just-blew-up-the-server-and-disrupted-a-55b-market/

Facebook, Intel, & Rackspace get more open-source than ever with new designs – Japanese
Venturebeat – January 16, 2013 – Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/01/16/facebook-intel-rackspace-get-more-open-source-than-ever-with-new-designs/

Facebook Shatters the Computer Server Into Tiny Pieces
Wired – By Cade Metz – Jan 16, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/facebook-server-pieces/

Facebook’s Other Big Disruption
New York Times – By QUENTIN HARDY – January 17, 2013
http://bits.blogs.nytimes.com/2013/01/17/facebooks-other-big-disruption/

Open Compute: Momentum Builds for Open Hardware
Datacenter Knowledge – By: Rich Miller – January 16th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/16/open-compute-momentum-builds-for-open-hardware/

Open Compute Project to ask college students for hardware ideas
GigaOM – By Jordan Novet  – Jan. 17, 2013 – 7:39 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/17/open-compute-project-to-ask-college-students-for-hardware-ideas/

Facebook Open Compute Project Shapes Big Data Hardware
Informationweek – Doug Henschen – January 17, 2013
http://www.informationweek.com/software/information-management/facebook-open-compute-project-shapes-big/240146481

New COO Named for Open Compute Foundation
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – November 16th, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/11/16/new-coo-named-for-open-compute/

Open Stack, Open Compute And How Opening Up Is The Only Way To Reach The Data Heavens
TechCrunch – Alex Williams – Jan 19, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/19/open-stack-open-compute-and-how-opening-up-is-the-only-way-to-reach-the-data-heavens/

Scenes from Day 1 of Open Compute Summit
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – January 17th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/17/highlights-from-day-1-of-open-compute-project-summit/

Intel And Facebook Team To Open Source Data-Center Designs, Open Compute Project Grows With 12 New Members
TechCrunch –
Alex Williams – January 16th, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/16/facebook-open-sources-more-of-its-designs-for-storing-pictures-and-saving-power/

OpenCompute servers and AMD Open 3.0
Anand Tech – by Johan De Gelas on 1/16/2013 5:09 PM EST
http://www.anandtech.com/show/6673/opencomputer-servers-and-amd-open-30

Facebook’s Open Compute Project splits up monolithic servers with help from Intel, more
Engadget – By Jon Fingas posted Jan 16th, 2013
http://www.engadget.com/2013/01/16/facebook-open-compute-project-splits-up-monolithic-server-designs/

AMD Open 3 Enables OpenCompute Servers
Internet News – By Sean Michael Kerner – January 18, 2013
http://www.internetnews.com/ent-news/amd-open-3-enables-opencompute-servers.html

Video: Facebook’s Open Compute Project Summit
Network World – By Keith Shaw – 01/18/13
http://www.networkworld.com/community/node/82182

Applied Micro ARM servers all over Open Compute Project
The Register – By Timothy Prickett Morgan – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/applied_mixcro_x_gene_open_compute/

AMD Rolls Out Energy-Efficient Open Compute Server Board
eWeek – By Jeffrey Burt – Posted 2013-01-16
http://www.eweek.com/servers/amd-rolls-out-energy-efficient-open-compute-server-board/

Avnet Embedded Introduces Open Compute Project Innovation Labs
by Avnet –
01/16/2013
http://www.inddist.com/news/2013/01/avnet-embedded-introduces-open-compute-project-innovation-labs

Facebook’s Open Compute Hardware Hackathon Yields Server Debugging Solution
ReadWrite Web – Taylor Hatmaker – Jan 21, 2013
http://readwrite.com/2013/01/21/facebooks-open-compute-hardware-hackathon-yields-server-debugging-solution

——— Update: Jan 22

Roundup: Open Compute Summit 2013
DatacenterKnowledge – Rich Miller January 21st, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/21/roundup-open-compute-summit-2013/

Rackspace Adopts Open Compute And Plans New UK Data Centre
Channelbiz – January 22, 2013 by Peter Judge
http://www.channelbiz.co.uk/2013/01/22/rackspace-adopts-open-compute-and-plans-new-uk-data-centre/

Facebook rolls out new web and database server designs
The Register – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/open_compute_facebook_servers/

——— Update: Jan 24

Rackspace follows in Facebook’s footsteps, plans to build own servers
Network World – January 18, 2013
http://www.networkworld.com/news/2013/011813-rackspace-265967.html

——— Update: Jan 25

Why Open Source Hardware Is No Oxymoron
Wired – Jan 24, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/open-compute-rackspace/

Can Facebook’s Open Compute Explode The Server Market?
Tech Week Europe – January 23, 2013
http://www.techweekeurope.co.uk/comment/facebook-open-compute-data-centre-servers-105192

Open Compute Project names hackathon winner
GigaOM – Jan 24, 2013
http://gigaom.com/2013/01/24/open-compute-project-names-hackathon-winner/

Intel, Fusion-io Embrace Open Compute
Network Computing – January 24, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-center/intel-fusion-io-embrace-open-compute/240146974

———

__AC Stamp 2A lot of thanks to OCP folks.  Again, it was the nice opportunity to lean and discuss the philosophy of OCP. See you again in the next summit of Las Vegas!

ほんと、OCP の人たちには、お礼の言葉もないくらい感謝しています。このサミットでは、いつも学び、考えるべきことを示唆してもらいます。次は、秋の Las Vegas です!image

———

Related Sites:

Open Compute Project
Open Compute – Facebook Page
Prineville Data Center – Facebook Page
Open Compute Project Japan
Agile Cat – OCP Category

 

Comments Off on Open Compute Summit 2013 – Directory

Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Green IT, Open Compute, Strategy by Agile Cat on August 30, 2012

Inside Facebook’s Plan To Revolutionize The Entire Hardware Industry
http://wp.me/pwo1E-4Fj
Julie Bort | Aug. 10, 2012
http://www.businessinsider.com/inside-facebooks-plan-to-revolutionize-the-entire-hardware-industry-2012-8

_ Business Insider

Something extraordinary is happening at Facebook. The company is working on an idea that that could disrupt some of the largest enterprise tech companies in the world like IBM, HP, Dell.

途轍もない何かが、Facebook で始まっている。同社が取り組んでいるアイデアとは、IBM や、HPDell といった、世界で有数のエンタープライズ・テック・カンパニーを、混乱させるものでもある。  

Facebook is leading a project that pushes hardware vendors into a new, and open-source way of building servers.

Facebook がリードするプロジェクトは、オープンソースでサーバーを構築するという新しい考え方を、それらのハードウェア・ベンダーに無理強いする。

Facebook open source hardware guru
Frank Frankovsky

It’s called the Open Compute Project. Its goal is to do for commercial hardware what Linux did for commercial software — change the way it is designed, built, sold and supported.

それは、Open Compute Projectと呼ばれるものである。 その目標は、Linux が商用ソフトウェアに対して行ったことを、商用ハードウェアに適用することである。 つまり、ハードウェアの設計/構築/販売/サポートを、新しい方式に置き換えるものとなる。

Previously, Facebook would buy off-the-rack hardware from a company like Dell or HP. But now it custom designs the hardware it needs, then it has a manufacturer in Asia build it. After that, through OCP, Facebook releases the designs for anyone else to use or modify as they wish.

以前の Facebook は、Dell や HP などの企業から、既製品としてのハードウェアを購入してきたことだろう。 しかし、いまでは、必要なハードウェアをカスタムにデザインし、Asia のマニファクチャに製造させている。 その後に、Facebook は OCP を介して、誰もが利用できるようなカたちで、さらにはモディファイできるかたちで、そのデザインを公表している。

A lot of other companies who buy a lot of servers have taken notice and joined the effort — as have the companies making the hardware. The OCP now has dozens of members like HP, AMD, Fidelity, Quanta, Tencent, Salesforce.com, VMware, Canonical, DDN, Vantage, ZT Systems, Avnet, Alibaba, Supermicro, and Cloudscaling.

大量のサーバーを購入する数多くの企業が、この、ハードウェアを製造する企業と連携しようとする試みに関心を持ち、また、参加している。 現時点において、OCP には数多くのメンバーがいる。 そして、そこには、HP/AMD/Fidelity/Quanta/TencentSalesforce.com/VMware/Canonical/DDN/Vantage/ZT Systems/Avnet/Alibaba/Supermicro/Cloudscaling といった、そうそうたる企業が名前を連ねる。

The designs OCP comes up with are posted to GitHub, a site that hosts all sorts of open source projects.

OCP が考えるデザインは、あらゆるオープンソース・プロジェクトをホストする、GitHub のサイトにポストされる

This week, a group of OCP server vendors landed at Facebook’s headquarters in Palo Alto to show of their wares and talk about the next steps.

今週のことだが(8月上旬)、OCP のサーバー・ベンダー・グループが Palo Alto の Facebook HQ に集まり、それぞれのプロダクトを見せ合い、次のステップについて語り合った。

We caught up with Frank Frankovsky, the man leading the OCP charge. Frankovsky is director of hardware design and supply chain at Facebook. He told us:

私たちは、OCP の責任者である Frank Frankovsky を追いかけた。 Frankovsky は、Facebook におけるハードウェアの、デザインとサプライチェーンに関するディレクタでもある。彼は、私たちに、以下のように話した:

  • After the team built its first data center in Prinevill, Ore, which opened in April, 2011, they saw that it was 38% less expensive to operate, gave them a “24% capex savings advantage” compared to buying gear from typical vendors and that their data centers consumed a lot less electricity, too.
  • Traditional server vendors have had mixed reactions to OCP, but are starting to come around. Both HP and Dell have created experimental servers.
  • 彼らのチームは 2011年4月に、Ore. Prinevill の最初のデータセンターをオープンした後に、一般的なベンダーから装置を購入するのと比較して、計上支出を 38% も引き下げ、また、CAPEX に 24% の余裕を与えたことを確認した。そして、さらに、このデータセンターの電気消費は、はるかに低いレベルに抑えられているのだ。
  • 従来からのサーバー・ベンダーたちは、OCP に対して複雑な反応を示していたが、そのスタンスを変化させ始めている。 そして HPと Dell の両社が、OCP に則った実験的なサーバーを構築したのだ。

imageHere is a lightly edited transcript.

以下は、少しだけ編集した口述筆記である。

BI:  How did the Open Compute Project begin?

BI: どうして Open Compute Project を始めたのか?

FF: We were leasing data center space and buying-off-the-shelf server and storage products that were built for a different use case.  They are are great for enterprise IT users who might have a few racks of equipment here and there. But when you are deploying at scale, you have a different set of requirements, a different cost structure and different environmental impact.

FF: 私たちは、データセンター・スペースをリースし、既存のサーバーとストレージを購入していたが、それらは異なるユースケースのためのものであった。  それらは、さまざまな場所に、少数のラックを配置する、エンタープライズ IT ユーザにとって、素晴らしいものなのだろう。 そかし、スケールを前提としてデプロイメントを行うときには、要件および、コスト構造、環境への影響において、異なる組み合わせが必要となる。

FF: We decided we needed we needed to build our own infrastructure. Once we put it into production we thought, wow, this is more efficient than we thought. It’s the most efficient data center that we’re aware of in the world. How much greater would the impact be if everyone had a blueprint on how to build these?

FF: 私たちは、自身のインフラを構築していく必要があると判断した。そして、プロダクションの段階に入ったとき、想像以上の効率化が達成されたのだ。 それは、私たちが認識する限り、世界で最も効率の良いデータセンターである。そして、誰もがこの青写真を用いて、データセターを構築することができれば、どれだけの影響が生じるのかと考えた。

BI: What’s unique about your hardware versus the ones built by commercial vendors?

BI: 従来からの商用製品と比べて、なにが違うのか?

FF: We have this concept of “vanity free designs.” There’s a lot of non-value-added materials in server or storage designs. For example, when you look at a HP or a Dell server, they have this beautiful plastic bevel on the front that allows them to put logo on the front. That plastic not only impedes the air flow, which causes the fans to work harder to cool the servers, but when you are deploying servers by the 10’s of thousands, that’s a lot of wasted material that is someday going to be decommissioned and put into the waste stream.

FF: 私たちのコンセプトは、「飾り気のないデザイン」にある。 一般的なサーバーやストレージのデザインには、たくさんの無意味なものが持ち込まれている。 たとえば、HP や Dell のサーバーを見ればわかるが、そのフロントにはロゴを取り付けるための、美しいプラスチック・パネルが配置されている。 そのプラスチック・パネルは、空気の流れを妨げ、サーバーを冷却するファンを、忙しく回転させるだけではない。つまり、何万台ものサーバーをディプロイするとき、大量の至言を無駄にすることになる。そして、いつかは戦列を去り、廃棄物の流れを増大させることになる。

BI: Are there any other measurable benefits of an open compute server vs a commercial server?

BI: その他の点で、商用製品に対するアドバンテージはあるのか?

FF: Once in production with these servers, the time that it takes to repair the servers [is quicker]. We do time and motion studies on how long does it take a technician to repair a failed component on an open compute server relative to a Tier 1 HP or Dell server. In some areas there’s an 8x decrease in the amount of time. That allows us to have one technician supporting up to 15,000 servers. In some other environments, you might have one technician for 150 servers.

FF: それらのサーバー群がプロダクション・フェーズに入ってからというもの、その修理などに費やされる時間が短くなった。私たちは、障害を起こしているコンポーネントを、どれくらいの時間で交換できるものかと、Open Compute サーバーと、Tier 1 の HP や Dell サーバーの間で、組織的な手法で比較してみた。そして、いくつかの領域では、1/8 に時間が短縮されていることが分かった。それにより、いまでは 1人の技術者が、最大で 15,000 台のサーバーをサポートできるようになった。別の環境では、150 台のサーバーに対して、1人の技術者が必要になるかもしれない。

BI: How did the server vendors react when you made your designs an open source project?

BI: あなたが、このオープンソース・プロジェクトをデザインしたとき、サーバー・ベンダーたちは、どのように反応したのか?

FF:  It’s been an interesting year. There’s been some really difficult discussions and also some really fruitful discussions with our core suppliers. The difficult discussions typically centered around, ‘Wait a minute, if you are going to be building your own stuff, how am I ever going to compete for your business? I’m building a product portfolio designed for the masses, not for a Google or an Amazon or Microsoft or a Facebook. You guys are small number of very large consumers.’

FF:  実に興味深い1年であった。 とても難しい内容のディスカッションがあったが、私たちのコアとなるサプライヤーと、実りの多いディスカッションを行うことができた。 この難しいディスカッションの中心に置かれたのは、「ちょっと待って。 もし、あなたが自分で作ってしまうなら、どのようにして私たちはコンペに参加すればよいのか?」という問である。 それに対しては、「私たちが作ろうとしていているのは、大衆のためにデザインされたポートフォリオであり、GoogleAmazonMicrosoft/Facebook のためのものではない。 あなた方は、きわめて大きな規模の消費者のうちの、少数なのである」と答えた。

The trend towards cloud computing leaves the HP’s and Dells of the world in a challenging position. Everyone has a finite number of engineering resources.  But along comes open compute and they see a light. One of our functions is to give a cleaner signal to the HP’s, Dell’s, IBMs, Seagates, FusionIOs of the world of what our market really wants.

クラウド・コンピューティングへと向かうトレンドは、チャレンジングなポジションの中に、HP や Dell の世界を残している。 どの企業も、無限のエンジニアリング・リソースを持っているわけではない。  しかし、Open Compute の登場と共に、光が差し込んでくる。 私たちが機能すべき事柄の 1つには、HP/Dell/IBM/Seagates/FusionIO などの世界へ向けて、このマーケットが本当に必要としていることを、明確なシグナルとして発信することが含まれる。

BI: Do you see your designs and your open source design method being useful for enterprise data centers?

BI: あなたの考える、このオープンソース・デザインは、エンタープライズのためのデータセンターに対しても、有益なものになると捉えるか?

FF: I believe where we’re focused is the leading indicator and not lunatic fringe kind of design. The question is who wouldn’t want a more efficient server?

FF: 私たちがフォーカスしているのは、デザインにおける先行指標であり、見当はずれでのデザインを行なっているわけではないと、私は信じている。 逆に聞きたいのだが、より効率良いサーバーを欲しない人はいるのだろうか?

BI: But right now, the enterprise can’t get them, can they? Unless they grab your design and go off and build them themselves?

BI: しかし、いま現在、エンタープライズはそれを手にしていないが、これからは可能なのか? あなたのデザインを、彼らが手にしたら、この流れから外れて、自分たちで作る他に、道はないのでは?

FF: Well they actually can. And that’s one of the really cool offshoots of the OCP. We’re starting to see open compute solution providers launching new businesses to distribute these designs to end users. Not everybody has to go and make the investment in developing their own supply chain.

FF: そう、彼らは、それを実現できる。 それは、OCP における、きわめてクールな分流の 1つである。Open Compute のソリューション・プロバイダたちが、彼らのデザインをエンドユーザに向けて提供するという、新しいビジネスを立ち上げていることを、私たちは確認している。すべての企業が、自身のサプライチェーンを作り上げるために、投資が必要になるわけではない。

FF: This week, we’ve got all the Open Compute designers at Facebook for a summit of all those companies.  Companies like Synnex has launched a new division called Hyve around developing and supporting Open Compute hardware. Avnet is investing in Open Compute labs around the country where end users can come in and work on the Open Compute product, customize it to their liking, then procure it and have it be supported through Avnet. Quanta has launched a new business called QCT where they are bringing new Open Compute technology directly to end users.

FF: 今週のことだが、それら全ての企業のトップたちのために、すべての Open Compute デザイナーたちを Facebook に集めた。  Synnex などは、Open Compute ハードウェアを開発/サポートするために、Hyveという名の新部門を立ち上げている。Avnet は、全国に展開される Open Compute ラボに投資し、そこに Opne Compute に取り組むエンドユーザを迎え入れている。そして、エンドユーザの好みに応じたカスタマイズを施し、その調達からサポートまでを、Avnet を介して具体化できるようにしている。 Quanta は、 QCT というニュー・ビジネスを立ち上げ、Open Compute のテクノロジーを、エンドユーザにダイレクトに提供している。

FF: It’s really exciting. My prediction is we’re going to see similar things with Linux and Red Hat. [Red Hat] allowed companies to adopt Linux and know that there’s a technology company behind it to support them. That’s the same trend we’re seeing with the Open Compute hardware business.

FF: それらは、きわめてエキサイティングなことである。私たちは、Linux と Red Hat の関係に似たものになれると、私は自身は予測している。 [ Red Hat ]は、数々の企業に Linux を採用させ、その背後には、サポートのための会社があることを知らしめてきた。 それは、私たちが、Open Compute のハードウェア・ビジネスにおいて、目にしている傾向と同じである。

ーーーーー

imageこの OpenCompute Project が発表されたのは、Prineville, Oregon の直後ですから、2012年 5月 だったと記憶しています。 出来立ての、最新鋭データセンターで実現されたものを、つまり、それまでの数年をかけて蓄積してきたノウハウを、惜しげもなく公開してしまう Facebook に驚きましたが、『 それで FB は、なにが嬉しいの? 』という疑問に対して、すぐに答えを見つけることができませんでした。

そして、3ヶ月ほど悶々としながら考えた末に、たどり着いたのが、『 ハードウェア産業全体の構造を変えたい 』のだという、このインタビューで Frank Frankovsky さんが答えているものでした。 そして、2012年 10月末の大雪の NY と、2011年 5月の灼熱の San Antonio というふうに、二度もサミットに参加するほど、Agile_Cat はコレにハマッてしまったのです 🙂

この大きな流れには、ご想像のとおり、また、本文にも書かれているとおり、台湾の ODM メーカーたちが深く関与しています。 知らぬは日本ばかりなり、、、とならないよう、 猫の手しか貸せませんが、それなりに Agile_Cat も頑張ろうと思っています。 左上の、ちいさなアイコンをクリックすると、OpenCompute カテゴリにジャンプしますので、お時間がありましたら ど~ぞ! ーーー image

ーーーーー

<関連>

Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _1
対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Oregon データセンターを探索するも ・・・
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の、次の巨大データセンターが North Carolina に!
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1

Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on May 15, 2012

Open Compute builds a business model for the next era of the web
http://wp.me/pwo1E-4dx
By
Stacey Higginbotham May. 4, 2012
http://gigaom.com/cloud/open-compute-builds-a-business-model-for-the-next-era-of-the-web/

_ Gigaom

The server business last year netted vendors $34.4 billion on sales of 8 million servers according to IDC, but those numbers don’t show how that business is changing. For that compare the growth in the traditional x86 market that sold those 8 million servers which grew a mere 3.7 percent year over year, to what IDC calls the densely optimized servers used in webscale deployments. That segment grew by 51.5 percent year over year in units sold, and now represent 3.2 percent of all server revenue and 6.1 percent of all server shipments.

IDC によると、昨年のサーバー・ビジネスは 800万台を販売することで、ベンダーたちに  $34.4 billion の純益をもたらしたが、どのようにビジネスが変化しているのかを、それらの数値が示すかというと、そういうものでは無いらしい。 そのため、対前年で 3.7% しか成長していない、従来からの x86 による 800万台のマーケットと比較するために、Web スケールでのディプロイメントで用いられ、IDC が密度最適化サーバーと呼ぶ領域に注目してみた。このセグメントのユニット数は、前年比で 51.5% の成長が確認され、また、すべてのサーバー出荷における 6.1% を占め、また、売上額では 3.2% に達している。  

While plenty of companies spend money buying gear from IBM, HP and Dell, others are going direct to the companies that build servers for those giants. For companies such as Facebook, Baidu, Zynga, and Amazon which are building at such scale, the idea of wasting a single cent or milliwatt on an unnecessary feature or frill is economically and ecologically stupid.

たくさんの企業が、IBM/HP/Dell からのプロダクトに支出を計上するがそれら大手のためにサーバーを開発する下請けから、ダイレクトに購入する企業も出てきた。Facebook/Baidu/Zynga/Amazon などは、まさに Web スケールの企業であり、また、不要な機能や飾りに対して、数セントであれミリ・ワットであれ浪費することは、経済と環境の面において愚かなことだと認識している企業である。

Many of these web scale companies have businesses that depend on IT to deliver their product — a webpage or ad — that generates a few cents each time a user loads the page. Cutting costs in IT has huge effects on the bottom line. For example, Facebook spent 16 percent and Google both spent about 9 percent of its revenue on infrastructure and capital expenditures in 2011. For details read the GigaOM Pro item on the topic, found here (subscription req’d).

こうした、Web スケールに対応する、数多くの企業が展開するビジネスは、IT に依存することでプロダクト/Web ページ/広告を配信し、また、ユーザーがページをロードするたびに数セントを生み出すものとなる。つまり、それらの IT におけるコストの削減は、純益の確保という面において、最も大きな影響を与えるものとなる。 たとえば、2011年の収支における売上とインフラ投資の比較において、Facebook は 16% のコストを計上し、また、Google は 9% となる。 その詳細については、以下の GigaOM Pro を参照して欲しい

Powered by Tableau

More infrastructure, more users, less money.

What’s occurring here is a shift in the value of a server, and thus of server makers. What used to be high-end machines with features driven by the engineers inside Dell, IBM, HP, etc., have now become a commodity, and not a Dell-like commodity either — a really low-end commodity. These servers are stripped-down machines custom-built by the guys who built Dell’s and HP’s boxes. The rise of manufacturers like Quanta has begun.

この領域で、何が起こっているのかというと、サーバーとメーカーの持つ価値の変動である。 Dell/IBM/HP などのエンジニアが促進してきたハイエンド・マシンがコモディティ化し、さらには Dell が提示してきなレベルをも突き破り、本当の意味でのローエンド・コモディティになってている。 これらのサーバーは、Dell や HP のボックスを構築してきた企業が、ゼイ肉をそぎ落とすことでカスタム化したマシンである。 そして、Quanta のようなマニファクチャが、そのプレゼンスを高め始めている。

This rise was a direct result of the industry refusing to listen to the demands of its customers, especially because those demands didn’t seem to involve a way for the server guys to make much money. At first, Rackable, now called SGI, picked up on the business, but as Forrest Norrad, the VP of servers at Dell pointed out on Wednesday at the Open Compute Summit, Dell realized that companies like Facebook were not just one-off complainers. They were the leading edge of a new way of doing business– and IT was a fundamental element of that business.

こうしたプレゼンスが成立する理由は、この業界が顧客のニーズを聞こうとしなかったことに起因する。なぜなら、こうしたニーズから、サーバー・ビジネスで大きな利益を目論む企業が、排除されているように思えるからだ。最初に、こうしたビジネスを取り入れたのは、いまでは SGI と呼ばれる Rackable であるが、それから歳月がながれ、 Dell も同様の認識を持つようになってきた。水曜日の Open Compute Summit で、Dell の VP of Servers である Forrest Norrad が発言したように、Facebook のような企業が類まれな不平屋であるという指摘は、間違った認識に過ぎない。それらの企業は、ビジネスを推進するための最先端の方式を押し進めており、また、それらのビジネスにとって IT は基本的な要素なのだ。

So Dell created its DCS group in 2006 to serve customers buying more than 2,000 servers at time. About five years ago Norrad estimated that the webscale server market DCS served was perhaps 4 percent of the market. Today, Norrad says its about 20 percent of the market. And it’s growing. So while traditional enterprise servers might be that $34.4 billion a year business, that business isn’t where the growth is. Check out this illustration shown by Facebook’s Frank Frankovsky for where he thinks the real growth is.

そのため、2006年に Dell は、2,000 台以上のサーバーを一度に購入する顧客に対して、サービスを提供するための DCS グループを作った。約 5年前のことだが、DCS がサービスを提供する Web スケール・サーバー市場が、全体の 4% であると Norrad は見積もっていた。それが、いまでは 約 20% に達し、さらに成長し続けていると、彼は補足している。したがって、従来からのエンタープライズ・サーバーが、昨年に $34.4 billion の売上を計上しても、そのビジネスに未来があるとはいえないだろう。 Facebook の Frank Frankovsky が示した、どこに実質的な成長があるのかという図を、チェックして欲しい。

Throw the server vendors a bone and let’s keep moving.

And here’s where the Open Compute Project comes in. Unlike DCS, which was a successful effort to serve the market once Dell had validated it, the Open Compute Project is a coup by the buyers of servers to take control of their hardware destiny. As such, I wondered if this coup would leave room for Dell or HP to continue to build their businesses. After attending Wednesday’s Open Compute Summit, I can say it seems like it will.

そして、ここが Open Compute Project の参入する場所となる。 つまり、すでに妥当性が検証されているマーケットに対して、適切なサービスを提供しようとする Dell の DCS に対して、Open Compute Project は異なる切り口を持っている。言い換えれば、サーバーを購入する側が、自らのハードウェアをコントロールするために決起したクーデターである。 そして、私が分からなかったのは、このクーデターが成功すると、Dell や HP がビジネスを継続するだけの、スペースが残されるのか、残されないのかという点だった。 そして、水曜日の Open Compute Summit に出席したことで、それは残されると、私は言えるようになった。

From the talk of creating “innovation zones” within the Open Rack design where vendors can try to create value above and beyond the Open Compute standard, to the AMD and Intel motherboards that were created with the financial services industry, it seems like vendors can work within the confines of Open Compute and still see margins. We’ll have to see what those margins are, but neither HP nor Dell are betting solely on hardware. Both are making big plays into software and services associated with the webscale market as they adapt not just to the changes in servers, but also to the overall change in IT.

Open Compute スタンダードに沿って、あるいは、その延長線上において、ベンダーが価値を創出していくために、Open Rack デザインは存在する。そこには、「 Innovation Zone 」を作ろうという会話もあれば、 ファイナンシャル・サービス業界で開発された、AMD や Intel のマザーボードもある。つまり、このような広がりを持つ Open Compute の枠組みの中で、ベンダーたちは作業を進め、これからもマージンを確保していきそうだ。 それらのマージンが、どの程度のものなのか、確認しなければならないだろうが、HP しろ Dell しろ、ハードウェアだけに賭けているわけではない。この両社は、Web スケール・マーケットに関連するソフトウェアとサービスに大きな影響をもたらすが、それは、単なるサーバーの変更だけではなく、IT 全体の変化へとつながっていくだろう。

Is this a mainframe transitions or a minicomputer transition?

Going forward, the question that should keep the industry up at night is how the infrastructure market will shake out and how quickly this will happen. Norrad says he’s wondering if the legacy enterprise servers will be more like mainframes or more like the minicomputers PC. Mainframes are still around (and super profitable), although not at all a growing business, while minicomputers PCs have all but disappeared. For the legacy gear vendors, the question is will the enterprise server business stick around, even if it doesn’t grow, or will it die out?

ゆくゆくのことだが、どのようにインフラ市場がフルイにかけられ、それがいつ頃に起こるのかという懸念を、この業界は昼夜を問わず持ち続けることになるはずだ。これからのレガシー・エンタープライズ・サーバーが、メインフレーム的な PC になるのか、あるいは、ミニコンピュータ的なものになるのかという将来の予測について、考えてしまうと Norrad は発言している。 メインフレームは、少しも成長していないビジネスではあるが、私たちの周りに存在している(そして素晴らしい利益をもたらしている)。 しかし、ミニコンピュータ的なものは、ほとんど姿を消してしまった。 レガシー・ギア・ベンダーにとっての懸念は、エンタープライズ・サーバー・ビジネスが、たとえ成長しなくても、このまま維持されるのか、あるいは、絶滅してしまうのか、という点に集約されるだろう。

The next obvious question is how fast this transition will happen. If this is a rapid shift, companies like Cisco, HP or IBM risk having significant portions of their businesses erode seemingly overnight. If the transition is slow, then vendors can take their time buying promising startups, working with efforts like Open Compute and building up their services or other lines business. So far, the consensus on how fast a shift this will be is mixed, but everyone agrees that transitions happen faster now and that the rise of an open source hardware framework will accelerate it. This will be an ongoing topic of conversation at our upcoming Structure 2012 conference held this June in San Francisco.

次に続く懸念が、こうした変化のスピードになるのは明らかだ。 もし、素早く変化していくなら、Cisco/HP/IBM といった企業における、ビジネスの大部分が一夜にして浸食されるだろう。 もし、ユックリと変化していくなら、それらのベンダーたちは、スタートアップを買収し、また、Open Compute のような動きと連携し、自身のサービスや新ビジネスを構築するために、十分な時間を確保できる。 これまでのところ、そのスピードに関するコンセンサスはなく、また、混乱している。 しかし、その移行スピードは今よりも高まり、また、オープンソース・ハードウェア・フレームワーク上で加速していく、という認識は共有されている。 このトピックは、6月に San Francisco で開催される、私たちの  Structure 2012 カンファレンスで、継続して議論されるだろう。

Even Open Compute lets vendors like Dell and HP maintain a profit margin, the bigger story here is how servers are no longer the cornerstone of an IT strategy. As our data centers get bigger and the needs of webscale and cloud providers take over more of the industry, servers are mere components of a much larger machine. While components can be valuable, they are no longer the entire system and as such their value can’t be divorced from the data center where they sit.

Dell や HP のようなベンダーにとっての大きなテーマは、Open Compute によりマージンを維持することかもしれないが、もはやサーバーが、IT ストラテジーの土台を担っていない点も見逃せない。 データセンターが巨大化し、また、Web スケールが必要とされ、さらには、クラウド・プロバイダが多くの産業をコントロールしていくにつれて、サーバーは単なるコンポーネントとして扱われ、また、より大きなマシンに取り込まれるようになってきた。 それらのコンポーネントは価値を持ち続けるが、もはやシステム全体を司るとは、言えなくなってきた。そして、その価値は、自身が配置されるデータセンターから、遊離することができない。

This means companies must start with a commodity and really work to add value, not just cool features. Historically, the infrastructure business hasn’t been good at this. Maybe it’s learning.

複数の集団がコモディティ化ともに立ち上がり、クールな機能を得るだけではなく、価値を加えるために、促進されていくはずだ。 歴史的にみて、インフラ・ビジネスは、このようなことが不得手であった。 そして、おそらく今が、学習の時期なのだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

image5月 2日・3日に San Antonio の Rackspace HQ で開催された Open Compute Summit では、そこで実現されるテクノロジーやファシリティというより、経済とエコシステムの方が、議論の中心になっていたように感じました。 昨年10月に NY で開催されたサミットと比べて、Open Compute 構想が具体性を帯び、また、支持を集めていることの表れなのでしょう。 もちろん、Facebook 自身の株式公開と、以前とは比較にならない資金調達力という背景もあり、Open Compute に求心力が生じてきたのだと思われます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想のようだ
Facebook の爆発的な成長と、それを支えるデータセンター戦略
Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

 

 

 

Comments Off on Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?

Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想であり、また 混乱も生じないようだ

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on May 8, 2012

Open Compute one year later. Bigger, badder and less disruptive than we thought.
http://wp.me/pwo1E-4br
By
Stacey Higginbotham May. 2, 2012
http://gigaom.com/cloud/open-compute-one-year-later-bigger-badder-and-less-disruptive-than-we-thought/

_ Gigaom

It’s been a little more than a year since Facebook showed off it’s newly built servers and data center technologies for webscale computing. But at its third Open Compute Summit the social networking giant and other members of the recently formed Open Compute Project are adding new partners, showing off cool use cases and adding new technologies to the standard. And surprisingly, it’s being done in a way that will enable hardware vendors to hold onto some of their margins and still deliver some innovations.

Facebook が、Web スケール・コンピューティングに対応する、サーバーとデータセンターのテクノロジーを構築してから、1年と少しが経過した。 そして、このソーシャル・ネットの巨人と、組織化されたばかりの  Open Compute Project のメンバーたちは、この 3回目の Open Compute Summit を開催し、新しいパートナーたちをを加え、クールなユースケースを見せつけ、さらには、スタンダードに新しいテクノロジーを加えようとしている。 そして驚くべきことに、ハードウェア・ベンダーたちがマージンを確保し、また、いくつかのイノベーションを達成していくための方式が、ここでは考えられているのだ。  

クリックで拡大 ⇒

At the third Open Compute Summit held at the Rackspace HQ in San Antonio, Texas, Frank Frankovsky, founding board member of the Open Compute Project, detailed the new companies joining the efforts. They include HP, AMD, Fidelity, Quanta, Tencent, Salesforce.com, VMware, DDN, Vantage, ZT Systems, Avnet, Alibaba, Supermicro, and Cloudscaling. HP, Quanta, and Tencent have also joined the OCP Incubation Committee, which reviews proposed projects and decides if they make the grade.

San Antonio, Texas の Rackspace HQで開催された 3回目のサミットで、Open Compute Project のボード・メンバーである Frank Frankovsky は、この試みに賛同する新しいメンバーたちの詳細を説明した。 そのメンバーには、HP/AMD/Fidelity/Quanta/Tencent/Salesforce.com/VMware/DDN/Vantage/ZT Systems/Avnet/Alibaba/Supermicro/Cloudscaling などが含まれているのだ。 さらに、HP/Quanta/Tencent は、提案されたプロジェクトをレビューし、それらが基準に達しているのかどうかを判断する、 OCP Incubation Committee にも参加している。

Open Compute storage, racks and motherboards! Oh my!

Frank Frankovsky
at the second Open Compute Summit 

But new members are not as exciting as new technologies and Frankovsky detailed contributions that Facebook is making as well as some new projects by other OCP members. Facebook is contributing its Knox vanity-free storage server and OpenRack, a rethink of the way server racks are designed to help improve energy efficiency and utility for webscale data centers. The OpenRack project expands the rack width from 19 inches to 21, and takes something that Frankovsky said was designed to hold 195os railroad switching equipment into the current era.

しかし、それらの新メンバー以上にエキサイティングなのが、一連の新しいテクノロジーであり、また、Frankovsky の説明によると、Facebook 行ってきたようなコントリビューションが、その他の OCP メンバーにより達成されているようだ。 Facebook は、きわめて実質主義の Knox ストレージ・サーバーと OpenRack をコントリビュートしているが、Web スケールのデータセンターのエネルギー効率と有用性を改善するために、そのサーバー・ラックのデザイン手法は再考されている。 この OpenRack プロジェクトは、19 inch から 21 inch へと幅を拡大する。 そして、Frankovsky が言うには、195os ゲージのスイッチング装置をホールドすようようにデザインされるようだ。

Outside of Facebook’s contributions, AMD and Intel have contributed motherboard designs aimed specifically at the financial services markets. And those financial service customers are no myth. Someone from Fidelity is expected to get onstage to discuss the private cloud that it’s building using Open Compute hardware. Fidelity will be one use case, and NTT, the data center provider is another. NTT has built a cloud using Open Compute hardware and OpenStack, creating an entirely open hardware infrastructure layer.

Facebook からのコントリビューション以外にも、AMD と Intel は、とりわけ金融サービ市場に特化した、マザーボード・デザインを提供している。 そして、金融サービスのカスタマーが居るというのは、決して世迷言ではない。 なぜなら、Open Compute ハードウェアを用いて構築した、プライベート・クラウドについて説明する、Fidelity のステージがあると期待されているからだ。 Fidelity は、1つのユース・ケースであり、データセンター・プロバイダとしての NTT が、もう 1つのケースである。 NTT は、オープン・ハードウェアによるインフラ・レイヤを構成し、Open Compute ハードウェアと OpenStack を用いたクラウドを構築するようだ。

Building businesses with Open Compute.

It’s not entirely surprising that those building webscale, or just big, data centers would be trying to take advantage of the cost and energy efficiencies that the folks at OpenCompute are trying to promote. Frankovsky likens it to stripping everything to its essentials and adding back only what is needed. He explained that the standard keeps everything simple for vendors and buyers, but the specifications allowed on top of the standard allow for differentiation for industries and suppliers. The main difference seems to be that Open Compute has given large equipment buyers the power to dictate the standards and specs they want instead of the vendors doing so.

それらが Web スケールであり、また、大規模であるからと言って、けっして驚くべきではない。 つまり、OpenCompute での人々がプロモートしてきたように、データセンター関発における、コストとエネルギーの効率を高めようとしているだけだ。 Frankovsky は、本質を残して、その他すべてを取り除き、そして、必要とされるものだけを加えることだと、たとえている。 そして彼は、スタンダードとは、ベンダーとバイヤーのために、すべてを単純化することだと説明する。しかし、このスタンダード上で指定される仕様は、サプライヤーごとのものであって良いと発言している。 そこで、何かが変わったかというと、ベンダーが提供するスタンダードと仕様に代えて、それら自体を、大手のバイヤーたちが規定していく力を、Open Compute が与えていることだと思われる。

クリックで拡大 ⇒
The Open Rack design.

That shift in power is what led me to wonder if Open Compute might mean the end of decent margins for HP, Dell, IBM and other vendors when Facebook launched the project. But it looks like the ecosystem is adapting. HP and Dell are showing off new server and storage designs that will be compatible with OCP’s Open Rack specification. And companies are building businesses around the Open Compute Project’s guidelines.

こうした権限のシフトから私が想像するのは、Open Compute のプロジェクトを Facebook が立ち上げたときから、HP/Dell/IBM といったベンダーにとって、適切なマージンの確保が不可能になったのかという点である。 しかし、エコシステムは順応しているように見える。 HP と Dell は、OCP の Open Rack 仕様と互換性のある、新しいサーバーとストレージのデザインを誇示している。 そして、それらの企業は、Open Compute プロジェクトのガイドラインに合わせた、それぞれのビジネスを構築している。

Quanta, the company that makes many of the servers that vendors like Dell sell, is launching a new business unit called QCT that will sell OCP gear direct to customers. Quanta’s business is aimed at selling gear to the likes of Facebook, Amazon(a amzn) and other IT buyers who know exactly what they want and just need someone to build it, but for those who have put a little less thought into their infrastructure stack, Hyve, ZT Systems, and Avnet are now some type of certified partner able to help companies create data centers using the OCP specifications.

Quanta は Dell のようなベンダーと同様に、数多くのサーバーを開発/販売しているが、OCP 準拠の製品を顧客にダイレクト販売するための、QCT という新しいビジネス・ユニットを立ち上げている。 Quanta のビジネスは、何が必要であり、また、それを他者に構築してもらうことが有効だと知っている、Facebook や Amazon といった IT バイヤーに、それらのプロダクトを販売することである。しかし、そこまでのインフラ・スタックやノウハウを有していない IT バイヤーに対しては、Hyve/ZT Systems/Avnet といった承認されたパートナーたちが、OCP 仕様を用いたデータセンター構築までを支援していくことになる。

So far the Open Compute Project members and vendors are walking the line between getting what they want from an industry that historically hasn’t been so responsive and making sure that buyers throw enough bones at them to ensure they can stay healthy. And while I don’t see Facebook buying from Avnet, I do think  data center gear that’s designed to operate at a large scale with maximum energy efficiency has a place even in the stodgiest of IT shops.

これまでのところ、Open Compute プロジェクトのメンバーとベンダーは、歴史的にみて順応性の低かった業界から、必要なものを入手するという局面と、バイヤーにとって適切な状況を確保するために、欠かすことのできない情報を発信し続けるという局面の間で、協調しながら歩み続けている。そして、Facebook が Avnet から IT ギアを購入することはないだろうが、ラージ・スケールにおいて最大のエネルギー効率で稼働するようデザインされた、データセンターを構築するためのプロダクトが、IT ショップの古臭い考え方を置き換えていくと、私は考える。

As Frankovsky writes in a blog post:

Perhaps most importantly, though, is the industry’s decreasing focus on what OCP founding board member Andy Bechtolsheim calls “gratuitous differentiation” and its increasing focus on driving innovation where it matters. This is the work we have ahead of us in the coming months, as we pursue even greater advances and efficiencies in scale computing technology. It is no small task that we’ve set for ourselves – but as the last year has proven, we can accomplish anything if we work together in the open.

Frankovsky のブログポストを、以下に引用する:

しかし、おそらく最も重要なことは、OCP ボード・メンバーである Andy Bechtolsheim が「無報酬による差別化:gratuitous differentiation」と呼ぶものに対して、この業界が注目していない点にある。 つまり、イノベーションが必要とされているところで、そこへの注意を喚起していくことが必要だ。 そして、私たちが行うべきことは、スケール・コンピューティングのテクノロジーにおいて、さらに素晴らしい進歩と効率を追及するための今後の数ヶ月で、これまでの作業をさらに前進させていくことである。 私たちが自身に課してきたタスクは、決して小さいものではない。しかし、昨年に証明されたように、それをオープンにしていくなら、何でも達成できる。

So viva cooperation! Although in this brave new world of webscale architecture, which Frankovsky thinks will influence high-performance computing and enterprise computing, it still remains to be seen how much relevance companies like Dell or HP will continue to have.

この協調に幸あれ! ただし、、、この Web スケール・アーキテクチャによる新しい世界が、HPC やエンタープライズに対して影響を与えると Frankovsky は考えるにしても、 Dell や HP といった企業が、それを継続して推進するかといえば、まだ、様子を見る必要があるだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

 

ーーーーー

TAG index5月 2日・3日と、Rackspace の HQ で開催された Open Compute Summit ですが、昨年の NY のような派手さはなく、この新しい発想のもとにエコシステムを再構成する方式に、議論が集約されていると感じました。 一言でいって、型破りな構想ではありますが、爆発といっても過言ではない Web スケールでの進化に、如何にしてデータセンターが追随していくのかと考えると、通らなければならない道だとも思えてきます。 それにしても、会場に Stacey Higginbotham さんがいたのに、ご挨拶もできなかったとは、Agile_Cat 一生の不覚でござる www ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!
Facebook Oregon データセンターを、10分間の詳細ビデオで ど~ぞ!
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー

Comments Off on Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想であり、また 混乱も生じないようだ

%d bloggers like this: