Agile Cat — in the cloud

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 27, 2016
Australia and NZ to get new subsea cable
Juha Saarinen− Mar 17 2016
http://www.itnews.com.au/news/australia-and-nz-to-get-new-subsea-cable-417034
 
_ it news
 
The first stretch of the Tasman Global Access (TGA) subsea cable will be laid at Ngarunui Beach in Raglan, New Zealand by the end of March, marking the first step in the build of the 2300 kilometre connection to Australia. TGA is a joint US$70 million (A$92.5 million) project to lay a two-pair fibre-optic cable across the Tasman by Telstra, Spark NZ and Vodafone NZ.
 
Tasman Global Access (TGA) の海底ケーブルの最初の一歩は、Raglan, New Zealand の Ngarunui Beach への陸揚げであり、この 3月末までには、2,300 km 先の Australia との接続が構築される。TGA は US$70 million (A$92.5 million) を投じる、Telstra/Spark NZ/Vodafone のジョイント・プロジェクトであり、二対のファイバ・ケーブルで Tasman 海を横断することになる。
 
TGASource: vendors.
 
Originally announced in 2013 with a completion date of late 2014, TGA was delayed after Telstra slashed its original one-third investment in the cable to just US$6 million, or a 9 percent stake.
 
2013年に発表された時点では、2014年の後半に完成する予定だったが、費用の 1/3 を満たすはずだった Telstra からの出資が、全体の 9% (US$6 million) に削減されたことで、2016年までズレこむことになった
 
Alcatel-Lucent Submarine Networks has been contracted to lay the cable, which is estimated to be ready by the end of the year. Once operational, TGA is expected to provide 20 terabit/s capacity. It will complement and provide redundancy for the Southern Cross Cable System, which is 40 percent owned by Spark NZ.
 
この海底ケーブルの敷設に関しては、Alcatel-Lucent Submarine Networks も契約の準備を整えており、今年の末までには実現されるようだ。TGA の運用が開始されると、そのキャパシティは 20 terabit/s にいたると期待されている。そして、Spark NZ が 40% を所有する Southern Cross Cable を補完し、また、冗長性を提供することになる。
 
The telcos had originally promised the cable would provide 30 terabit/s capacity but declined to comment on the reduced capacity. The three telcos also expect TGA to capitalise on burgeoning demand for bandwidth between NZ and Australia, expected to rise by 1100 percent in the next decade.
 
このプロジェクトに参加するテレコムたちは、当初は  30 terabit/s のキャパシティを約束していたが、それが低減したことについては、コメントを発していない。また、それらのテレコム三社は、これからの十年間で 1,100% の上昇が予測される、NZ – Australia 間のバンドワイズに対して、TGA が適切に投資になることを期待している。
 
Initially, the specially-equipped NZ ship MV Tranquil Image will bury three kilometres of optic fibre into the surf zone and sea at Raglan’s Ngarunui Beach, before a larger Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) ship arrives to connect it to the longer length going to Narrabeen Beach in NSW, Australia.
 
最初に、特別な装備を施した、NZ 船の MV Tranquil Image が、Raglan の Ngarunui Beach で、ファイバ・ケーブルと 3km の距離にわたって埋設していく。その後に、Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) の大型船が到着し、NSW, Australia の Narrabeen Beach から伸びている、長いケーブルと接続することになる。
 
The consortium warned that the schedule for the work on the Australian connection of the TGA was subject not only to weather conditions at sea, but the availaibility of ASN crew, equipment and ships.
 
このコンソーシアムは、TGA の Australia 接続の作業スケジュールが、海洋の気象条件だけに影響されることはなかったと指摘している。つまり、ASN の乗組員/設備/船舶の都合もあったと述べているのだ。
 
Currently, ASN’s main cable-laying ship for the Oceania region, the Île de Ré, is engaged in urgent repairs on the Basslink interconnector between Tasmania and mainland Australia. The ship is expected to occupied with that work until May this year at least.
 
ASN が Oceania のために所有している Île de Ré という主力艦だが、Tasmania と Australia を接続する Basslink インターコネクトの補修に、現時点では専有されている。このケーブル船だが、少なくとも 5月までは、その作業に従事すると予測されている。
 
ーーーーー
Telecom先日に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、日本が 3.9p という低スコアだった指標の Intenational Connectivity で、ニュージーランド 4.6p/オーストラリア 4.3p が記録されています。この両国の IT 市場の規模は小さいですが、着実に成長していることが、この新しいケーブルの背景にあるのでしょう。また、オーストラリア西海岸とシンガポールをつなぐ、SEA-ME-WE-3 という海底ケーブルに代えて(古くて遅い)、Telstra と SingTel が 20TB の APX-West という海底ケーブルを新設するというニュースもあります。2011年 3月 11日に発生した東日本大地震では、太平洋を横断する動脈である PC-1 が被災したこともあり、このような形で冗長性が担保されていくのは素晴らしいことだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on 南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by agilecat.cloud on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
http://www.itwire.com/business-it-news/enterprise-solutions/68556-fujitsu-google-collaborate-on-managed-chromebook-services-delivery
 
_ IT Wire
 
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
 
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
 
ーーーーー
 
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
 
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
 
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
 
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
 
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
 
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
 
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
 
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
 
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
 
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
 
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
 
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
 
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
 
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
 
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
 
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
 
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
 
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
 
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
 
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
 
ーーーーー
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

Comments Off on 富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Google by agilecat.cloud on June 3, 2015
Google to build second Singapore data centre
Pushes regional data centre investment to US$1 billion.
Brendon Foye – Jun 2, 2015 3
http://www.itnews.com.au/News/404741,google-to-build-second-singapore-data-centre.aspx
 
_ it news
 
Google will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017.
 
Google は、Singapore における既存のファシリティに対して、2番目のデータセンターを加え、2017年半ばまでに運用を開始する計画のようだ。
 
The compGoogle SG DCany’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million).
 
同社における最初の Singapore データセンターは、2013年にオープンしているが、その構築コストは US$120 million (A$156 million) ほどだと推定されている。
 
The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.
 
そして、今回の新データセンターにおいて Google は、Singapore のインフラ事業に対して US$500 million の、また、Asia に対しては US$1 billion の投資を行うことになる。
 
In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
Google の VP of Data Center である Joe Kava は、このファシリティを運用する上で、100% の再生水を使用することが重要になると、今日のブログ・ポストで述べている。
 
The facility will boast multiple levels and will sit on around two hectares of land, directly next to the existing three-story facility.
 
このマルチ・レベルのファシリティは、2ヘクタールの用地内に構築され、すでに運用している 3階建てのファシリティとダイレクトに接続される。
 
Google has 13 data centres globally, across the US, Europe and Asia.
 
なお、現時点において、Google は US/Europe/Asia に 13ヶ所のデータセンターを有している。
 
The new Singapore facility is the second to be announced by Google in the last year – the company is spending A$870 million on a new centre in The Netherlands.
 
この、新しい Singapore ファシリティが、昨年に Google が発表していた、もう1つのデータセンターである(同社は、A$870 million を費やすデータセンターを、昨年から Netherlands で構築している)。
 
Google has so far resisted the pull from Australia to set up shop down under.
 
これまでの Google は、南半球にデータセンターをという、Australia からの呼びかけに対して、抵抗感を示している。
 
Such a move would follow the lead of Microsoft, Amazon Web Services and IBM, who have all started offering their products from local facilities in the past few years.
 
このような動きでは、Microsoft/AWSIBM などにリードに許すことになる。 なぜなら、それらの企業は、この数年の間で Australia のファシリティから、それぞれのプロダクツを提供し始めているからだ。
 
Google’s main competitor in the enterprise space, Microsoft, migrated Office 365 to Australian data centres earlier this year. The company also gave customers the option to move existing CRM Online customers to locally-based data centres.
 
たとえば、エンタープライズ分野で Google と競合する Microaft は、今年初めに Office365 を、Australia のデータセンターへに移行している。さらに同社は、すでに顧客が運用している CRM Online を、国内のデータセンターに移行するためのオプションも提供している。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
datacenter_55このトピックに関しては、Data Center Knowledge も取り上げています。 いつもなら、そちらの方を訳すのですが、文中の最後の部分が気に入ったので、この IT News の記事を選びました。オーストラリアには、Google DC を誘致しようとする政府 (おそらく) と、プレッシャーをかけようとするメディアがいるのですね。 なんというか、羨ましいです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

Comments Off on Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した

Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on May 11, 2015
シンガポールに加えてオーストラリアも、とてもホットだ・・・
 
_ cna-banner
 
GW だからという訳ではなかったのですが、この 5月はポストをサボってしまいました ^^;  そして、困ってしまったのが、Asia Weekly の取り扱いなのですが、今週は 4/26〜5/2 と 5/3〜5/9 の合併号ということにしましたので、よろしく お願いします。 この4月も、たくさんのクラウドとデータセンターが、APAC のマーケットに参入してきました。その中でも、ついにキタかというのが、Linode と Interoute のシンガポール進出です。
 
4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
4/29: Interoute Sets Up in Singapore
 
LinodeLinode は、日本でいうと 「さくらの VPS」と、そして同じ米国勢である「DigitalOcean」と、ぶつかり合うサービスという感じです。 ちょっと古いですが、GIGAZIN が 2013年の7月に「クラウドサービスAmazon AWS EC2・Linode・DigitalOceanをベンチマークして性能比較」という記事を提供していますので、ご参照ください。 そして、Interoute ですが、Agile_Cat でも「欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!」という抄訳で紹介しているように、昨年の香港進出に続いてシンガポール進出を果たしたというところです。その他では、Atlantic.net も Cloud Data Center をシンガポールに構築したようです。
 
そして、シンガポールと同様にホットなのが、オーストラリアのマーケットです。 以下のように、Huawei/VMware/Equinix/Centurylink といった大物が、その勢力を同国内で拡大しています。
 
4/27: Huawei and iCITA – a partnership cemented in the datacentre
4/27: VMware Data Center for Cloud Lights Up in Melbourne
4/30: Equinix to build fourth Sydney data centre
5/2: CenturyLink Partners With NextDC to Enter Australian Data Center Market
 
その他のアジア諸国でも、以下の様な動きがありました。 上海の 21Vianet が、2018年まで Microsoft Azure のサービスを継続とのことですが、中国の国内法が整備されるにつれて、他のプロバイダーも進出していくのでしょうね。
 
4/2: Inventec to build server plants in Southeast Asia and Japan, says chairman
4/3: HP-Foxconn partnership to fuel competition in datacenter market in 2H15
4/11: Huawei designs data center architecture for real-time data processing in Big Data era
4/15: Opportunities and challenges in Hong Kong’s data center industry
4/15: China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
4/15: Google may set up cache server in India
4/22: Worldwide cloud IT infrastructure market grows 14.4% in 4Q14
4/27: 21Vianet to Operate Azure Cloud in China into 2018
4/27: Oracle Data Center to Launch in Japan for Local Cloud Users
5/2: PLDT Building Eighth Philippines Data Center for $29M
5/4: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
 
以下は、4/26〜5/2 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/27: Gartner: Malaysia’s 2015 IT spend to increase 7.5%
MalaysiaAccording to Gartner, Malaysia’s IT spending will increase to MYR65.1 (US$17.56) billion in 2015, a 7.5 percent rise from last year, while worldwide IT spending will decline by 1.3 percent due mainly to the rising U.S. dollar. Speaking of the latest study, Gartner research vice president, John-David Lovelock said, “We forecast U.S.-dollar-valued worldwide IT spending in 2015 to shrink by 1.3 percent, down from 2.4 percent growth forecast in last quarter’s update.”
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters.  The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 4/29: Repair of AAG undersea cable will take at least 3 weeks
VietnamThe Asia-American Gateway (AAG) submarine cable was cut again on April 23 morning. The breakdown is located in SH1 segment, about 300km offshore Vung Tau, which is a turn from the international line via Hong Kong (China) to Ho Chi Minh City. The incident will affect internet bandwidth from Vietnam to international destinations. Viettel, FPT and VNPT have taken some measures to restrict effects on Internet users in Vietnam. Earlier in 2015, the AAG submarine cable was cut on January 5 and it took two weeks to resolve the issue.
 
④ 4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
SingaporeLinode, a leading provider of cloud-hosting services, today announced the expansion of its Asia-Pacific presence with a new data center in Singapore. This new location, created to meet the growing demands of the region’s rapidly growing technology and information sector, marks Linode’s second in the region and seventh overall. “We’ve been making simple cloud infrastructure available since 2003,” COO Thomas Asaro explained. .”
 
⑤ 4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
ChinaAt Huawei’s Global Analyst Summit, the company’s rotating CEO and deputy chairman Xu Zhijun said Huawei will launch public cloud services in China in July 2015. This launch will put Huawei in direct cloud service competition with Alibaba’s Aliyun service. Microsoft and Amazon already launched their public cloud services in China, but those services will ultimately not be able to compete on a large scale because of their foreign investment structures.
 
⑥ 4/29: MediaTek MT6735 chip adopted by major China smartphone firms
TaiwanMediaTek has announced that its MT6735 quad-core 4G 64-bit full-mode chip solution has been adopted by China-based ZTE, Lenovo and TCL for their upcoming smartphones. MediaTek indicated that volume production for the MT6735 SoC has kicked off. The solution will be incorporated into several new smartphones set to roll out in May.
 
⑦ 4/29: ChatWork raises $2.5M for team chat and collaboration tool
JapanChatWork, an enterprise social network, today announced that it has raised JPY 300 million (US$2.5 million) from GMO Venture Partners (GMO VP). It marks the first investment in the startup, which is based in Japan and California. (Update: a press release provided to Tech in Asia inaccurately stated the funding amount in dollars. The investment was actually JPY 300 million, or just over US$2.5 million at the current exchange rate. The text and headline have been updated accordingly.)
 
⑧ 3/20: Huawei filed most patents in 2014: WIPO
ChinaBEIJING: Chinese telecom giant Huawei Technologies Co Ltd became the world’s No. 1 applicant for international patents in 2014, a United Nations agency said, underscoring the innovative strides made by Chinese technology companies. Huawei was followed by San Diego-based chipmaker Qualcomm Inc while Huawei’s crosstown rival ZTE Corp, which was the world’s leading applicant in 2012, took third place in its number of filings, according to the World Intellectual Property Organization (WIPO).
 
⑨ 4/26: Gartner cuts forecast for 2015 chip market growth, from TW
TaiwanWorldwide semiconductor revenues are forecast to reach US$354 billion in 2015, a 4% increase from 2014, according to Gartner. However, the prediction is down from Gartner’s previous estimate of a 5.4% increase. “Concern is mounting about semiconductor revenue growth in 2015 as system suppliers start to grapple with the rapid depreciation in value of global currencies relative to the US dollar, excess inventories in the semiconductor and electronics supply chains, and the end of a PC upgrade cycle,” said Bryan Lewis, research vice president at Gartner.
 
⑩ 5/1: Qualcomm and MediaTek to launch new chips for China’s 4G market
ChinaLeading telecom chipmaker Qualcomm is speeding up its development of 4G product lines and is scheduled to introduce a new chip with advanced carrier aggregation technology Cat 10 before the first half of this year, reports our Chinese-language sister paper Commercial Times. It took eight years for the Chinese market to reach 100 million 3G users but it has only taken one year to get to 100 million 4G users. This is the result of the rapid growth in mobile internet demand in the country, Qualcomm China head Wang Xiang said at the company’s innovation summit in Beijing on April 27.
 
ーーーーー
 
以下は、5/3〜5/9 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/14: Dell India’s retail presence to rise 100% in 2015
IndiaMUMBAI: Computer hardware major Dell plans to double the number of its stores in India to 800 this year and increase the proportion of its enterprise sales through channel partners, buoyed by its growing sales and market share in the country.  Dell India’s sales of servers and storage have been rising in the last two years, according to consultancy IDC India, even as rivals IBM and Hewlett-Packard have pulled back from the market. IBM has sold part of its server business to Lenovo while Hewlett-Packard has announced that it was splitting into two companies.
 
② 5/7: Cyanogen Terminates Chinese OnePlus Deal
ChinaCyanogen will terminate its cooperation with OnePlus, a Chinese smartphone maker, and find a new hardware manufacturer partner. Cyanogen’s CEO Kirt McMaster and founder Steve Kondik reportedly made the announcement at a conference in Beijing. As a result of this decision, the exclusive system dispute between OnePlus and MicroMax, a smartphone maker in India, will also end. In 2014, OnePlus launched a smartphone product named OnePlus One in India, which runs on Cyanogen OS customized system and was well received in the local market.
 
③ 5/15: Smartphone boom in Vietnam benefits Chinese brands
VietnamIt plans to market products this year selling from several million dong to dozens of millions of dong to target different groups of customers. Shawn Shu, a Huawei senior executive, said it would have been easier for Huawei to join the Vietnamese market some years ago. Meanwhile, the market has become too competitive with the presence of “big guys”. The low-cost market segment, priced at below VND4 million, was once dominated by Vietnamese and Chinese brands. However, Microsoft has jumped on the bandwagon.
 
④ 5/4: China unlikely to develop home-grown DRAM within 5 years
ChinaResponding to China’s ambitions to step into the memory industry, Inotera Memories and Nanya Technology both believe that it is unlikely China can develop home-grown DRAM technology within at least five years. China might be able to gain access to proprietary technologies through technology licensing, but building a certain scale of production capacity would still require a period of time, the Taiwan-based DRAM makers commented.
 
⑤ 3/31: TCS, Infosys, HCL Tech, Tech Mahindra in race to buy US-based IT firm: Sources
IndiaWhile the Indian IT firms are getting aggressive in buying smaller ticket size companies in the US, sources with direct knowledge share that one such candidate, Sierra-Cedar with HQ in Georgia, US is close to launching a sale process soon. Valuation expectation for a complete sale of Sierra-Cedar is pegged at around $350 million, a source said.
 
⑥ 5/9: Newcomer to build 500 Ooredoo towers
MyanmarThe build-and-lease contract is for a period of 18 months, according to the statement. This is a relatively modest rollout plan compared to other towers companies operating in Myanmar. Pan-Asia Towers, for instance, signed in early 2014 to build 1250 towers for Ooredoo as part of its phase one program, which is already complete. A report by the International Finance Corporation (IFC) and mobile operators industry body GSMA estimates that more than 17,000 telecommunication towers will need to be set up by 2017 to cover 70 percent of Myanmar’s population.
 
⑦ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/15: Baidu unveils projector you can wear on your finger
ChinaChinese internet giant Baidu has unveiled its self-designed smart hardware DuRing, a mini projector the size of a ring that can be worn on the finger, reports Shanghai’s National Business Daily. Made of titanium alloy, DuRing weighs 22.8 grams with an 18 mm minimum diameter. It connects to Baidu online video site through wireless technology and projects to a 50-inch screen at the largest with WXGA (1280 x 800) resolution.
 
⑨ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑩ 5/1: Indian Cabinet pumps US$15.4 billion into smart cities, urban development
IndiaThe Indian Cabinet yesterday approved the 100 smart cities initiative with a five-year budget of US$7.6 billion (INR 48 billion), and launched a second project to redevelop 500 cities and towns with US$7.9 billion (INR 50 billion). Under the smart cities project, each city will get US$15.7 million (INR 1 billion) every year for five years. State and local governments will match these resources by at least 50 per cent, meaning that cities across India will see a “minimum investment” of US$31.5 billion (INR 2 trillion) over the next five years, a statement from the Cabinet said.
 
ーーーーー
cna_6Top-10(20?)には入っていませんが、5/9 の Chinese company ZTE among world’s top patent holders という記事が気になっています。 この 3月に、Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか? という抄訳をポストしましたが、この二社が取得している特許が、これからのグローバル市場に、どのような影響をおよぼすのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Comments Off on Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!

今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on February 21, 2015
Hong Kong と Singapore が、とても素晴らしいが ・・・
 
cna-banner
 
今週は、この Cloud News Asia をネタにしたセミナーを、3回も行いました。そのための資料を作る過程で、ダウンタイムなどによる損失について、とても興味深い対比が見つかったので、今週は、それを整理してみたいと思います。
 
Singapore firms lost more than S$1.3b from data loss, downtime in past year
HK firms lost US$2.2 billion from data loss and downtime: EMC
Data loss and downtime costs Aussie business $US55 billion in 2014
 
Downtimeこうしてみると、Singapore($1.3B)および Hong Kong($2.2B)と、Australia($55B)の間に大きなギャップが見られますが、いずれのレポートも、EMC の調査がベースになっているので、まったく異なる基準から得られたデータというわけではなさそうです。そして、上記の Singapore に関するコンテントに、以下のような表記が見つかりました。
 
Across the Asia Pacific and Japan region, the data loss and downtime cost have led to US$34 billion in losses for businesses in the last 12 months.
 
Australia の被害総額が大きいのは確かですが、APAC 諸国の平均値が US$34 billion ということなので、それほど突飛なものではないと思われます。
 
Still, Singapore ranked fourth in the EMC Global Data Protection Index after China, Hong Kong and The Netherlands.
 
そして、この部分を読むと、グローバルでも Hong Kong は2位、Singapore は 4位に付けている状況が見えてきます。 つまり、アジアの優等生というより、世界のトップ・グループに属しているのです。 ただし、一連のデータは、あくまでも EMC から見える範囲のものであり、そういう制約があるという前提で、捉える必要があるでしょう。
 
なお、この1年で、Cloud New Asia にストックされたダウンタイム情報は、以下のとおりです。
 
2015 ーーーーー
 
5/19: Telecom NZ suffers large-scale systems failure
5/19: Faulty DHCP server downs iiNet NBN, IPTV services
6/20: Vodafone’s network goes down across Australia
7/5: India’s Bombay Stock Exchange halts trading after network problem
7/26: Flipkart’s CTO explains the Xiaomi launch outage
8/28: Air India’s server crashes on heavy traffic
10/6: Big backlash for Flipkart on its Big Billion Day
10/8: Damage control: Flipkart says big sorry after big boo-boo
10/14: Google’s public DNS goes offline, from AU
10/23: Apple India cracks down misuse of discount programme
11/15: WeChat Phonebook launches in China, immediately breaks
11/22SA Minister apologises for handling of rego systems outage
12/12Data centre outage hits all Queensland hospitals
 
2015 ーーーーー
 
1/7: iiNet’s Perth data centre melts in heatwave
1/11: Heatwave, Cooling Failure Bring iiNet Data Center Down in Perth
1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on January 23
1/15: Telstra power outage downs BigPond services
1/19: Day-long outage for Westpac online banking
1/22: Melbourne IT services struggle under major firewall issue
2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/15: HP launches new SaaS solution for government mobile apps
 
SingaporeAs the mobile channel becomes an increasingly important access point for government services, HP has launched a new Software-as-a-Service solution to improve the way government agencies monitor their mobile apps. HP AppPulse Active monitors the performance of both native apps and browser-based apps, allowing IT departments to see service levels in real time – rather than when it is too late and a fault has already occurred.
 
③ 2/16: What will Jakarta’s new Open Data Lab actually do?
 
IndonesiaIn Indonesia, the lab held workshops with the Banda Aceh city government and civil society groups to release and use data on education. The labs team first consulted civil society organisations on the kind of data they need. They were then joined by journalists in another session to learn where and how to get open data, and how to translate the data into useful information for citizens.
 
④ 2/17:China market: B2C transactions top CNY454 billion in 4Q14
 
Image.gifIn the China market, B2C (business to customer) online shopping portals generated a total transaction value of CNY454.17 billion (US$73.87 billion) during the fourth quarter of 2014, growing 35% on quarter and 54.3% on year, according to China-based consulting company Analysys International.
 
⑤ 2/18: Samsung to adopt 20nm for over 50% of DRAM in 2015
 
Image1.gifSamsung Electronics began mass production of DRAM memory using 20nm process technology in 2014. The node technology will be adopted by the vendor for more than 50% of its overall DRAM output in 2015, according to industry sources. Meanwhile, fellow DRAM companies SK Hynix and Micron Technology are both gearing up for their technology transition to 20nm in 2015, said the sources. Nevertheless, the actual output of 20nm chips from the two vendors will depend on the development of their production yield rates.
 
⑥ 2/16: Aussie Bitcoin miner scolded for pre-IPO marketing
 
AustraliaRegulators have ordered Australia’s Bitcoin Group to stop making public statements about its plans to undertake the world’s first initial public offering of a virtual currency exchange after the company approached potential Chinese investors via social media. Melbourne-based start-up Bitcoin Group in December said it hoped to raise $20 million on the Australian Stock Exchange, and had been seeking expressions of interest from potential investors from the Chinese community through Wechat, China’s hugely popular instant messaging service.
 
⑦ 2/19: Micromax announces Android Lollipop update for Canvas
 
IndiaNEW DELHI: Domestic devices maker Micromax has announced that the company will be rolling out Android 5.0 Lollipop update for its popular Canvas series of smartphones. Lollipop is the latest version of Google’s mobile operating system.  The Micromax Canvas Xpress A99 will be the first device in the portfolio to receive the software update, the company informed.
 
⑧ 2/17: Nearly $2M in bitcoins feared lost after Chinese hack
 
Image.gifA Chinese cryptocurrency exchange revealed on Sunday that 7,170 bitcoins have been stolen by hackers. The current value is about US$1.75 million. The BTER exchange is temporarily closed while it tries to track down the culprits and recover the bitcoins. BTER’s site is now displaying only a notice about the hack along with a reward of 720 bitcoins (US$176,000) for hunting down the perps. This was first noticed by Coindesk.
 
⑨ 2/19: Line acquires Japanese payment startup WebPay
 
Image3.gifLine Pay, the payments solution-focused subsidiary of Japanese messaging company Line, has agreed to buy out Tokyo-based WebPay Holdings in order to accelerate Line Pay’s business expansion.  WebPay provides a Stripe-compatible payment processing solutions for e-commerce, web services, and mobile developers in Japan.
 
⑩ 2/16: Targeting S’pore firms with $11m Johor data centre
 
MalaysiaA Malaysian company has invested around RM30 million (S$11 million) to build a cloud computing and data centre near Senai Airport in Johor, in the hope of attracting Singapore and southern Johor firms keen to lower their information-technology costs. Puncak Semangat, a company controlled by tycoon Syed Mokhtar Al-Bukhary, said the 465 sq m centre will be ready by next year. Later, it will build an even bigger centre on 16,200 sq m of land at the nearby Senai Hi-Tech Park.
 
ーーーーー
cna_6それにしても、ダウンタイムなどによる被害総額において、APAC 諸国の平均値が US$34 billion ということですが、かなりの金額ですよね。  世界とアジアの比較や、アジアの中での日本のポジションなどを知りたいですね。 EMC のデータを調べれば、何か分かるのかもしれません。 でも、理想的には、あらゆるベンダーやプロバイダーからのデータを集約した、世界ランキングが欲しいですよね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
 

Comments Off on 今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

%d bloggers like this: