Agile Cat — in the cloud

Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on October 25, 2013

Android this week: $349 Nexus 5 leaks; Lenovo A10 Android laptop; Dell Venue tablets available http://wp.me/pwo1E-6OZ By Kevin C. Tofel – Oct 19, 2013 http://gigaom.com/2013/10/19/android-this-week-349-nexus-5-leaks-lenovo-a10-android-laptop-dell-venue-tablets-available/ _ Gigaom Summary: Could Google’s new Nexus 5 powerhouse cost as little at $349? It seems so, based on a brief appearance of the phone on Google Play. Lenovo is trying Android in a laptop while Dell has a pair of new Android tablets using Intel chips. Google の、パワフルで新しい Nexus 5 を得るのに、安ければ $349 で、ほんとうに済んでしまうのだろうか? Google Play に表示される、このフォンの端正な外観を見ていると、そう思えてくる。そして、Lenovo が Android でラップトップに挑戦する一方で、Dell の新しい Android タブレットは、2機種とも Intel チップを使用している。 Google appears ready to launch the Nexus 5 smartphone with a low $349 price tag. The information appeared online briefly this week, either as an accident or a planned leak and was spotted by Engadget. Either way, if that’s the price for a 16 GB Nexus 5 without contract, it will be a great deal. Google は、Nuxus 5 スマホに #349 という値札を付けて、販売する準備を整えているようだ。この情報が、誤って漏れてしまったのか、計画的にリークされたのかはさて置き、今週にオンラインで参照できたのは確かであり、また、Engadget も掲載している。いずれにせよ、それが、キャリア縛りのない、16 GB の Nexus 5 の価格だとしたら、タイヘンなことである。 The expected specifications indicate that Google’s Nexus 5, a showcase device for Android 4.4, will meet or exceed those of currently available flagship smartphones. Qualcomm’s 2.3 GHz Snapdragon 800, a 4.95-inch 1080p display, 8 megapixel camera with optical image stabilization, 2 GB of memory and wireless charging are all anticipated. Android 4.4 ショーケース·デバイスとも言われる、Google Nexus 5 で予想される仕様は、いまのフラッグシップ・スマホと同等か、それ以上というものである。具体的には、Qualcomm  2.3GHz Snapdragon 800 と、4.95-inch 1080p ディスプレイ、光学式手ブレ補正の付いた 8M Pixel カメラ、2 GB のメモリ、ワイヤレス充電といった、すべてが想定される。 Considering most smartphones with similar hardware cost $650 or more without subsidy, $349 for a 16 GB model would be very attractive for consumers, particularly with carriers such as T-Mobile and Sprint who offer a discount on monthly service for customers that bring their own device or pay separately for their phone. キャリアからの補助金がなければ、それに類するハードウェアを持つ大半のスマホが、$650 以上のコストを要することを考えて欲しい。 したがって、16 GB モデルが $349 というのは、コンシューマにとって、きわめて魅力的なことになる。 さらに言えば、自前のデバイスを持ち込んだり、別個にデバイスを購入するユーザーに対して、毎月のサービス料のディスカウントしている、T-Mobile や Sprint といったキャリアにとっても、その状況は同じである。 Those looking to use Android on laptop have a new option: This week, Lenovo introduced its A10, a 10.1-inch notebook with 1366 x 768 resolution running Android 4.2. Pricing and availability details are scare as Lenovo says both will vary by region. Lenovo chose RockChip’s 1.6 GHz quad-core RK3188 to power the laptop, which runs for 9 hours on a charge. また、ラップトップで Android を使ってみたいユーザーには、新しい選択肢が提供されている。今週のことだが、Lenovo が公表した A10 は、1366 × 768 のディスプレイを持つ 10.1 inch ノートブックであり、また、Android 4.2 を走らせる。ただし、Lenovo が発言するように、その価格と供給に関しては、地域に応じて差異が生じる恐れもある。Lenovo が、このラップのために選んだチップは、Rockchip の 1.6 GHz Quad-Core RK3188 であり、それにより 9時間のバッテリー駆動が実現されるという。 The company created custom “laptop mode” software complete with an app launcher and file manager. In “stand mode”, the A10′s screen rotates 300 degrees from its full-sized keyboard for a tablet-like touch experience. Lenovo は、アプリ・ランチャーやファイル・マネージャといった、ラップトップ・モードのための、完全なカスタムなソフトウェアを開発している。そして、スタンド・モードにおける A10 のスクリーンは、フルサイズ・キーボードに対して 300度の回転に対応し、タブレットのようなタッチ・エクスペリエンスを提供する。 While we’ll have to wait for the A10, there’s no more waiting for Dell’s newest Android tablets. The Venue 7 and 8 are both available on Dell’s site, starting at $149 and $179, respectively. Both slates run on Intel’s dual-core Atom processor with Intel HD graphics. Each uses a 1280 x 800 screen, 2 GB of RAM and come with 16 GB of storage to start. この A10 に関しては、少し待つ必要があるだろうが、Dell の新しい Android は、すぐにでも使い始めることが可能だ。 Venue 7 と Venue 8 は、それぞれが $149 と $179 のモデルから始まり、どちらも Dell のサイトで入手できる。そして、どちらのスレートも、Intel の Dual-Core Atom と HD Graphics チップを搭載している。詳細について説明すると、1280 × 800 のスクリーンと、2GB の RAM を持ち、16GB のストレージがミニマム・スペックとなる。 Related research

ーーーーー post-pcApple が高価格帯を維持すると表明したのに対して、Android が値下げ圧力をかけ続けるという状況のようです。 昨日にも、『 Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!』という抄訳をポストしましたが、そこで指摘されていた $99 タブレットに近いものが、すでに Dell から提供されていすのですね。 そして、Nexus 5 ですが、Google Play のカタログに誤って掲載され、すぐに削除されたというのが、真相のようです。 詳しくは、『 ANDROID おすすめアプリ・カスタムニュース 』をご参照ください。image ーーーーー <関連> Android デベロッパーに朗報 : Analytics 機能により Google Play トラッキングを実現 Android のキャラクタは、トイレの、あのマークに触発された? Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは? Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない  

Comments Off on Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する!

Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!

Posted in Asia, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on October 17, 2013

Lenovo bets big on a small Windows 8.1 tablet: the 8-inch Miix 2 costs $299
http://wp.me/pwo1E-6MJ

By
Kevin C. Tofel – Oct 16, 2013
http://gigaom.com/2013/10/16/lenovo-bets-big-on-a-small-windows-8-1-tablet-the-8-inch-miix-2-costs-299/

_ Gigaom

Summary: Do good things come in small packages? Lenovo thinks so: It will start selling the 8-inch Miix 2 tablet running Windows 8.1 later this month with a starting price of $299.

Summary: コンパクトなパッケージが、好まれるのだろうか? Lenovo は、そう考えている。 そして、Windows8.1 が走る 8-inch Miix 2 タブレットを、$299 という価格で、今月の終わりには売り出すという。

ーーーーー

Lenovo introduced the Miix 2 on Wednesday, a revamp to the company’s original Miix tablet, with an 8-inch display and Microsoft Windows 8.1. The small slate is powered by an Intel quad-core Bay Trail processor; the more capable and power efficient successor to last year’s Intel Atom chip.

水曜日の Lenovo の発表によると、同社のオリジナル Miix タブレットの改変版として、8-inch ディスプレイを持ち、Microsoft Windows 8.1 を走らす、Miix2 が投入されるという。このコンパクトなスレートは、昨年の Intel Atom チップを、性能と消費電力の面で改善した、Quad-Core Bay Trail Processor を搭載する。

With a $299 price tag and weight of just 350 grams, consumers looking for the full Windows experience on a small slate are sure to give the new Miix 2 a look. The 8-inch display offers 10-point multi-touch and a 1280 x 800 resolution. Running legacy Windows apps created for higher resolution, larger displays may not be ideal but it is an option unlike Microsoft’s Windows RT devices. Metro-style touch apps will likely provide a solid experience, however.

$299 の値札を付けられた、ちょうど 350g の重さの、Miix2 というコンパクトなスレートが、Windows のフル・エクスペリエンスの心をつかむのは確実だ。8 inch のディスプレイは、10-Point マルチタッチと、1280×800 の解像度を提供する。そして、高解像度ディスプレイを前提としたレガシー Windows アプリも実行できるので、より大きなディスプレイが理想的とはならいのだろう。つまり、Microsoft Windows RT デバイスとは、異なる選択肢を提供しているわけだ。 ただし、Metro-Style のタッチ・アプリは、たしかなエクスペリエンスを提供しているようだ。

Similar to other low-cost Windows 8 tablets, the new Miix 2 comes pre-loaded with Microsoft Office Home & Student 2013 and includes the option of a stylus for digital inking on the capacitive display. A 5-megapixel camera sits on the back of the tablet while a 2-megapixel front-facing camera can be used for Skype or other video chat services.

他の低コスト Windows 8 タブレットと同様に、この新しい Miix2 も、Microsoft Office の Home & Student 2013 をプリ・ロードしている。 そして、さらに、静電ディスプレイ上におけるデジタル・インキング用スタイラス・オプションも含まれている。また、5M Pixel のカメラに加え、2M Pixel の前面カメラが提供されることで、Skype などのビデオ・チャット・サービスにも対応している。

Lenovo will begin selling the Miix 2 later this month with storage options up to 128 GB of flash memory, which can be expanded with another 32GB via microSD card.

Lenovo は、128 GB のフラッシュ・メモリをストレージ・オプションとし、32GB microSD カードに対応する Miix2 を、今月末に発売するとしている。

Related research

ーーーーー

msとにかく、$299 というのは良いですね。 高級ブランド・イメージ(?)を確立してしまった iPad 以外は、こうした価格帯での勝負が避けられないのでしょう。 そして、Google や Amazon といった Android 陣営が、これからも下げ圧力をかけ続けるので、この Lenovo の対応は拍手をもって迎えられるべきなのです。 それと、気になる 3G/4G 対応ですが、Lenovo のサイトには 『 3G connectivity available in select countries 』と記述されていました。いまの、マニュファクチャの状況を見ると、HP/Acer/Asus/Samsung などが Google に走り、Dell/Lenovo/Nokia などが Microsoft に残るという感じなのでしょうか? このあたりも、様変わりですね。image

ーーーーー

<関連>

Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート
Nokia 以降の Windows Phone のシェア : それを示す1枚のチャート
Microsoft は、依然として Bing を諦めないようだ
Facebook For Windows Phone : ベータ・リリースは 256MB デバイスもサポートする
Nokia のデバイス部門を、Microsoft が $7.7 billion で買収

 

Comments Off on Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!

学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on December 14, 2012

Google drops Chromebooks down to $99 or less (for education)
http://wp.me/pwo1E-5mg
December 10, 2012
John Koetsier (Staff)
http://venturebeat.com/2012/12/10/google-drops-chromebooks-down-to-99-or-less-for-education/

_ VB Mobile

Forget Black Friday or Cyber Monday. Google just announced perhaps the best sale of the entire Christmas season, at least as far as electronics and computers are concerned.

Black Friday や Cyber Monday のことは、もう忘れてほしい。 なぜなら、少なくともエレクトロニクスとコンピュータにおいては、おそらく最高と思われるプロモーションが、このクリスマス・シーズンで提供されると、Google がアナウンスしたからだ。

Working with DonorsChoose.org, a charity that helps support public education in the U.S., Google is offering its Samsung Series 5 Chromeboooks — a $429 device with management and support — for just $99. And if you play your cards right, that price could be zero.

アメリカの公立学校を支援する、慈善団体の DonorsChoose.org を共同で、Google は Samsung Series 5 Chromeboooks を、$429(マネージメントとサポート付き)から$99 に引き下げて提供している。 そして、あなたが上手に立ち回るなら、その価格はゼロにもなり得るだろう。

The catch?

なにかの、ワナだと思うかい?

You have to be a full-time public school teacher in the U.S., and you have to set up a DonorsChoose.org account, where you’ll fill out a brief request form. Once that’s complete, an account will be set up on Donor’s Choose, and anyone can come to the site to make a donation. When your funding goal is complete, the Chromebooks will be sent.

そんなことはない。 ただし、あなたは、アメリカの公立学校でフルタイムで働く教師でなければならない。 そして、DonorsChoose.org に、アカウントを設定しなければならない。 さらに、簡単なリクエスト・フォームに書き込むことになる。 それが完了すれば、アカウントは Doner’s Choose 上にセットされ、誰かが寄付をするために、そのサイトに立ち寄るかもしれない。 そして、あなたのファンド・ゴールが達成されたときに、Chromebooks が送り届けられる。

A campaign for
Chromebooks on DonorsChoose.org

I checked the contest rules, and there’s nothing that says educators can’t effectively purchase Chromebooks for $99 just by donating to their own funding campaign. A Google representative did confirm with me, however, that schools cannot buy directly from Google and must use DonorsChoose.org.

私は、このコンテストのルールをチェックした。 そして、教育者であるなら、自身のファンド・キャンペーンに寄付することで、$99 という低価格で、Chromebooks を購入できないこともないようだ。 Google の窓口にも訊いてみたが、学校は Google からダイレクトに購入できず、DonorsChoose.org を使う必要があることが確認された。

One other detail the Google rep added: a maximum limit of 30 Chromebooks. So schools won’t be able to outfit all their classrooms with this strategy … unless they get creative and run a separate campaign for each class.

しかし、Google の代表者が付け加えるには、30台までの Chromebooks という制限があるとのことだ。 したがって、それの望む学校であっても、それぞれのクラスごとに別個のキャンペーンを実施しない限り、すべてのクラスにChromebook を供給することは不可能だ。

The Samsung Series 5 Chromebook is a 12.1″, 3-pound notebook with a 1.66Ghz Intel dual-core Atom CPU. It’s got WiFi and optional 3G, a 4-in-1 memory card slot, and a built-in webcam. The standard model comes with 2GB of RAM and a 16GB SSD disk. Most importantly for schools, it offers up to 8.5 hours of battery life.

この Samsung Series 5 Chromebook  は、12.1 inch のディスプレイと、1.66Ghz Intel Dual-Core Atom CPU を持つ、重さが  3-pound のノートブックである。 また、WiFi に加えて 3G のオプションがあり、4-in-1 のカード・スロットと、組込みの WebCam を持っている。 そして、標準的なモデルには、2GB の RAM と、16GB SSD ディスクが付いてくる。 そして、授業で使う際に重要になるのは、最高で 8.5 時間というバッテリー・ライフになるだろう。

More than a thousand schools are already using Chromebooks in classrooms, Google said.

すでに、1000 以上の学校が、Chromebook をクラスルームで使用していると、Google は発言している。

There is currently only one project up on DonorsChoose, although more will probably join quickly at this price.

現時点では、このプロジェクトだけが DonorsChoose 上にあるが、この価格に合わせた、他のプロジェクトも追加されるだろう。

One downside: School budgets are not the most flexible things in the world. In fact, the opposite may be true. Here’s hoping that at least some schools have some budget space to take advantage of this fantastic offer. Or, that benefactors on DonorsChoose.org will be very, very generous.

このプロジェクトにも、1つだけ欠点がある。 つまり、学校予算というものが、この世で最も受難なものではないという点だ。 実際のところ、その正反対なのかもしれない。 したがって、少なくとも、いくつかの学校が、この素晴らしいオファーを利用するための、予算としての余裕を持っていることを望む。 あるいは、 DonorsChoose.org の講演者たちが、とても、とても、寛大であってほしい。

Now if only Google would offer the same deal to non-education customers …

もし、Google が、教育関係以外の顧客にも、同じオファーを提供するなら・・・

ーーーーー

imageこの DonorsChoose.org って、なかなか面白い試みですね。そして、Chromebook のようなデバイスは、学教での利用などに適していますね。ただ、人気の ARM 版ではなく Intel 版なので、ひょっとすると在庫整理なのでしょうかね? Smile 最近は、Windows のホスティング・サービスが増えてきているので、リモート・デスクトップで、何でもできてしまいますね。 image

ーーーーー

<関連>

Google は Chromebook でも、タッチ・スクリーンに対応する?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
スマホ が PC を置き換える:とってもビックリな証明 Youtube

 

Comments Off on 学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話

ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能

Posted in Green IT by Agile Cat on September 11, 2010

Cortex-A15 Processor
http://www.arm.com/products/processors/cortex-a/cortex-a15.php

ARM A15

← クリックで拡大

ついに来ましたね。 Intel が Atom でモバイルに攻め下り、ARM が A15 でサーバーに攻め上がっていくという、今後の攻防が見ものです。

そして、これは新たなテクノロジーを競うというだけではなく、両国の金融業界への展開をも秘めた、戦いでもあります(@eunosuke さんいわく)。

いずれにしても、Intel 内での Atom による x86 のカンニバルは避けられないでしょうし、本格的な Green Computing の時代に入っていくのでしょう。 ーーー A.C.

___space 

___space

ーーーーー

The ARM Cortex™-A15 MPCore™ processor is highest-performance licensable processor the industry has ever seen. It delivers unprecedented processing capability, combined with low power consumption to enable compelling products in markets ranging from smartphones, tablets, mobile computing, high-end digital home, servers and wireless infrastructure. The unique combination of performance, functionality, and power-efficiency provided by the Cortex-A15 MPCore processor reinforces ARM’s clear leadership position in these high-value and high-volume application segments.

The ARM Cortex™-A15 MPCore™ プロセッサは、産業界にはじめて提供される、ハーパフォーマンスでライセンス提供に対応した CUP である。 スマートフォン/タブレット/モバイル・コンピューティング/ハイエンド・デジタル・ホーム/サーバーとワイヤレスのインフラストラクチャをカバーする市場において、魅力的な製品を実現するための、前例のない処理能力と低電力消費の組み合わせが提供される。 Cortex-A15 MPCore プロセッサにより提供される、性能/機能/低電力をいうユニークな組み合わせにより、広大で付加価値の高いアプリケーション領域において、ARM のリーダーシップがさらに強化される。

このページには、以下のタブ(Why Cortex-A15?PerformanceSpecificationsRelated ProductsResources)がありますが、その中の Performance を開くと、4つのセグメントが明記されています。

  image
Smartphone and Mobile Computing
Usage range:
  • 1 GHz – 1.5 GHz single or dual-core configurations
Device characteristics:
  • Elastic performance:
    • Instant web-browsing, high-bandwidth operation                  
    • Increasing media and floating-point performance
  • Optimum power:       
    • Extended low-power range and better battery life
  • Richer experience:   
    • Console-quality gaming, navigation, augmented reality applications
image
Digital Home Entertainment
Usage range:
  • 1 GHz – 2 GHz dual-core  or quad-core configurations
Device characteristics:
  • High-end performance:   
    • General-purpose and media performance  
    • Intensive streaming,
    • Media and graphics and compute workloads.
  • Optimum power, thermals:
    • Fan-less operation, energyStar
  • Larger physical memory:  
    • Larger than 4GB of memory attached 
image
Home and Web 2.0 Servers
Usage range:
  • 1.5GHz-2.5 GHz quad-core configurations
Device characteristics:
  • High Performance:  
    • High-end Power-efficient single-thread and MP
  • High Extensibility:  
    • Coherency for SoC, for performance and   power-efficiency.
  • Virtualization support:
    • Efficient virtual machines supported and access to more than 4GB of physical memory

 

image
Wireless Infrastructure
Usage range:

1.5GHz – 2.5 GHz quad-core, octo-core or larger configurations

Device characteristics:
  • Performance:  
    • High-end integer, float performance
  • Scalability:   
    • “Mega-integration”  > 4 cores. Lower TCO.
  • Large memory devices:
    • Support for up to 1TB, h/w virtualization support
  • Reliability:  
    • Error correction, soft-fault recovery, monitoring for device integrity

ーーーーー

<関連>
Facebook の幹部が、ARM サーバーのウワサを否定
ARM サーバー DC の 一番手が Facebook になるというウワサ
Smooth-Stone はホンモノか? – ARM チップで Intel とは別次元のデータセンターを目指す
ARM チップで 省電力データセンターを – Smooth-Stone が巨額の資金を調達
ARM サーバーについて – 日本語記事のマトメ・ページです
ARM – データセンターから Intel を たたき出せ!

Comments Off on ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能

%d bloggers like this: