Agile Cat — in the cloud

中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 8, 2016
China has made an incredibly quick switch from 3G to 4G
Steven Millward – Jun 21, 2016
https://www.techinasia.com/china-quick-switch-to-4g
 
_ tech in asia
 
Two-and-a-half years after China’s 4G mobile networks first switched on, the nation now has 562 million 4G subscribers across its three main telcos.
 
China においては、4G モバイル・ネットワークへの移行が二年半前から始まっているが、同国の Top-3 テレコムの 4G サブスクライバーを合算すると、すでに 5.62億人に達しているという。
 
For-Chinas-low-wage-workers-this-startup-provides-loans-for-iPhonesPhoto by Leniners.
 
That’s out of a total of 1.3 billion mobile SIM subscribers, according to the latest data from the three carriers – China Mobile, China Telecom, and China Unicom. The number is so high as some individuals have more than one number.
 
China Mobile/China Telecom/China Unicom の最新のデータによると、モバイル SIM のサブスクライバーは、全体で 13億人になるという。複数のカウントを持つ人がいるにしても、その数値はきわめて高い。
 
The whole of North America had 219 million 4G subs at the last count.
 
ちなみに、NorthAmerica の 4G サブスクライバーは 2.19億人であると、最新データが伝えている。
 
China’s switch from 3G to 4G was relatively swift as most adults already owned a smartphone. All the telcos had to do was offer some incentive for people to change to the faster phone service. Monthly 4G plans being a bit cheaper than 3G ones seems to have done the trick.
 
ほとんどの成人が、すでにスマートフォンを所有していたとしても、China における 3G から 4G へのシフトは、とても素早いと思える。前述のテレコムたちが行ってきたことは、よリ高速なサービスへと、人々が乗り換えさせるための、インセンティブの提供であった。月額の料金において、4G が 3G よりも少し安くなるなど、いくつかのトリックがあったようだ。
 
China Mobile is the only telco to report how many 3G subscribers it has separate from its 4G signups. Those numbers give us a clear picture of the rapid flip:
 
China Mobile だけが、4G と 3G のサブスクライバーに関して、それぞれの推移をレポートしている。同社が提供する一連を数字を見比べると、きわめて短期間のうちに、4G と 3G が逆転しているようだ。
 
China-switches-from-3G-to-4GClick to Large >>>
Data of China Mobile
 
 For that particular telco, the changeover happened between July and August last year. You’ll also notice that China Mobile is having much more luck with 4G than it did with its 3G. That’s because China’s government forced the nation’s top telco to use the peculiar TD-SCDMA 3G system, which no other place in the world used, resulting in a poor choice of phones available to consumers.
 
China Mobile だけに限ってみると、昨年の 7月〜8月 で逆転現象が起こっていることが分かる。そして、同社にとっては、3G から 4G への切り替えが、とても幸運な出来事であったと気づくだろう。その理由は、China 政府が取ってきた政策にある。このトップ・テレコムの 3G 時代においては、独特の TD-SCDMA3G システムという、世界では通用しない方式の利用が強制されていたのだ。その結果として、一般消費者に提供されるデバイスも、お粗末なものとなっていた。
 
Xiaomi was China’s top selling phone brand in 2014 and 2015, but Huawei looks set to grab the top spot this year.
 
ちなみに、China のスマートフォン市場において、2014年と 2015年のトップ・ブランドは Xiaomi であったが、その座を Huawei が奪おうとしている
 
More China data:
 
 
ーーーーー
asia-pacific 2一ヶ月ほど前に、すでに 5億人を突破したらしいというニュースを、チラッと見たような気がしていましたが、5.6 億人に達していたのですね。 そのうち、文中のチャートに示されている China Moble が 4.1 億人ほどなので、China Telecom と China Unicom で、残りの 1.5 億を分けあっていることになります。中国のフラッグシップ・スマフォは、何と言っても Huawei 製の Nexus 6 でしょう。また、Xiaomi の Redmi 3 も、素晴らしい機能を低価格で提供しています。中国のデバイスと、テレコムと、ユーザーが、自身のマーケットだけではなく、世界のバランスを大きく変化させているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した9年間
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
 

Comments Off on 中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

Posted in Asia, Data Center Trends, IoT, Network by agilecat.cloud on June 30, 2016
Are Asia’s data center networks ready for the IoT avalanche?
Karl Horne, CTO Asia Pacific, Ciena – May 4, 2016
http://www.mis-asia.com/blogs/blogs/are-asias-data-center-networks-ready-for-the-iot-avalanche/
 
_ MIS
 
Asia Pacific is set to become the frontline for the Internet of Things (IoT). The number of things connected is expected to grow from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020, according to IDC.
 
Asia Pacific は、Internet of Things (IoT) の最前線に立つはずである。IDC によると、接続されるモノの数は、現在の 31億から、2020年には 86億に増大すると予想される。
 
AsiaImage – Wikipedia
 
Momentum is building fast, thanks to a combination of both enterprise and government investment. For example, a few months ago, Singapore became one of the world’s first cities to join a two-year standardization project by the ITU. The project will scope the diverse needs of smart sustainable cities in areas such as the management of electromagnetic fields, smart water management, climate change mitigation and adaptation, intelligent buildings, open data, cybersecurity and data protection. Private enterprise will be the other major IoT driver in Asia, with the manufacturing, healthcare and logistics sectors expected to be early adopters.
 
企業と政府による投資が順調に進んでいることで、この地域で IoT を構築していく動きは素早い。Singapore を例にすると、ITU による 2年間の標準化プロジェクトに、数カ月前に参加することを決めているが、それは世界をリードする展開でもある。このプロジェクトは、スマートな都市を持続していくためのニーズを、いくつかの領域において明確にしていくものだ。それらは、電磁場や水質の管理から、気候変動の緩和や適応に始まり、インテリジェント・ビル/オープン・データ/サイバー・セキュリティ/データの保護・管理にまで至る。その一方で、Asia の IoT を推進するのは民間企業であり、製造/医療/物流などの分野が、アーリー・アダプターになると期待されている。
 
The data center network can make or break an IoT deployment
 
It is recognized that IoT will generate huge amounts of data, whose storage, analysis and transport will have a significant impact on its success. On the surface, it appears that steps are already being taken with numerous new data centers being built across Asia. However, the power of a data center is dependent on the network that interconnects it with other data centers as well as end devices. Sufficient levels of bandwidth must be made available to send data from the “thing” to the data center, as well as between distributed data centers due to distributed computing and storage architectures, to accomplish meaningful analysis.
 
IoT は大量のデータを生成するため、その保存/分析/転送の実現方式に、大きな影響を与えると認識されている。表面上は、Asia に構築されている新しいデータセンター群を用いて、その運用が始まっているかのように見える。しかし、データセンターのパワーが依存するのは、他のデータセンターおよびエンド・デバイスと相互接続するネットワークである。モノからデータセンターへ向けて、データを送信するためは、十分な帯域幅が必要となる。それと同様に、分散されたコンピューティング/ストレージのアーキテクチャで構成される、分散されたデータセンター間で、意味のある分析を達成しなければならない。
 
Asia’s data centers need the right interconnectivity to cope with these growing workloads but they are far from ready. In fact, a recent Ciena-IDC survey revealed that in Singapore and Korea, which have the fastest data centers in the region, only 40% of data centers had network connections faster than the minimum IoT requirements of 1Gbps, while in Thailand and China the figure is one in three.
 
Asia のデータセンター群は、成長していくワークロードに対応するために、適切な相互接続性を必要とするが、その準備が整っているとは言えない。最近の Ciena-IDC の調査では、Asia において最速のデータセンターを持っているのは、Singapore と Korea であることが明らかになった。しかし、IoT の最低要件となる 1Gbps のネットワーク接続を持っている Asia のデータセンターは 40% に過ぎず、Thailand と China にいたっては、1/3 程度となっている。
 
Life or death applications need high-speed, low-latency data center interconnect
 
For IoT applications like automated driving and logistics, huge amounts of sensor data are constantly being sent, received and analyzed by systems in the vehicle and data center. Once driverless cars become practical – which could be as soon as 2020 -data center networks will need to transmit in near real-time to manage traffic flow and prevent collisions. Advances in coherent optics have paved the way to successfully transmit data at rates of 100G and much higher, over almost any distance, dramatically improving data center network performance.
 
自動運転や物流などの IoT アプリケーションでは、膨大な量のセンサデーターが送信され、それを受信するデータセンターからは、分析済のデータが返信されていく。2020年と予測される自律走行車が実用化されると、交通の流れを管理し、衝突を防止するために、データセンター・ネットワークの送受信は、ほぼリアルタイムというレベルが要求される。コヒレント光学系の進歩は、ほぼすべての伝送路で 100G 以上のデータ転送レートを確立し、データセンター・ネットワークの性能を、劇的に向上させることに成功している。
 
Healthcare, another important driver for IoT in Asia, has similarly mission-critical network needs. A patient whose vital signs are being constantly monitored by remote hospital staff could end up in a life-threatening situation if information cannot travel across the network in a reliable and timely manner. Situations like this show why highly reliable and low-latency networks optimized for IoT traffic will be necessary to interconnect Asia’s data centers.
 
Asia の IoT において、もう一つの重要な推進力はヘルスケアであるが、こちらの場合も、ネットワークに対する、ミッション・クリティカルなニーズがある。もし、ネットワーク上の情報が信頼性に乏しく、また、定められた時間内に移動できないようなら、遠隔地の病院スタッフがモニタリングするバイタル・サインにより、患者は生命が脅かされる状況にもなり得る。Asia のデータセンターを相互接続する、IoTトラフィックに最適化された、高信頼性で低遅延のネットワークが必要なことを、このような事例が示している。
 
Critical infrastructure systems need carrier class service assurance
 
A high degree of network and service assurance is needed to connect data centers running critical government infrastructure systems, like smart grids and emergency alert systems. A carrier-class network will help eliminate the network connectivity concerns of data center operators and ensure mission-critical traffic can be successfully transported in alignment with application requirements.
 
政府機関にとって重要なインフラ・システムである、スマート・グリッドや緊急警報システムなどを運用するためには、ネットワークとサービスに対する保証のレベルが、データセンター接続において必要とされる。キャリア・クラスのネットワークであれば、データセンター事業者が持つネットワーク接続の問題を排除できるだろう。そして、アプリケーション要件に適したミッション・クリティカルなトラフィックが、正常に流れることになる。
 
IoT data security must protect data at rest as well as in flight
 
One of the most significant concerns that enterprises have about IoT is assurance of data security. With a tremendous amount of highly sensitive and personal data being interchanged every day, IoT can present a number of security risks that could be exploited to harm both businesses and consumers. This information might include financial transactions, personal records, and corporate data that is often business critical and confidential, creating a requirement to ensure network connections are trusted, reliable, and secure – often requiring an added level of encryption.
 
エンタープライズがIoTについて持っている、最も重要な問題にデータ・セキュリティの確保がある。IoT では、きわめてセンシティブで膨大なデータが、毎日のようにやり取りされる。したがって、それらが悪用されると、企業と消費者の双方に両方に損害をもたらす、セキュリティ・リスクのが増大することになる。それらの情報には、重要性と機密性の高い、金融取引/個人情報/企業データなどが含まれる場合があるため、信頼性/安全性が約束されたネットワーク接続が必須であり、また、 多くのケースで暗号化も追加されるだろう。
 
While encryption and stringent rules for access to stored data are widely employed to protect against intrusions, advances in networking equipment can also deliver low latency, in-flight data encryption. This provides increased protection for data from the moment it leaves one data center to the moment it reaches its destination.
 
保存されたデータにアクセスするには、データの転送路における暗号化と、低レイテンシを実現するネットワーク機器上で、厳格な暗号化とルールが用いられ、不正な侵入と戦うことになる。それにより、ただちにデータ保護のレベルが高まり、データセンター間でのデータ移行も瞬時に行われる。
 
In short, existing data center networks could become a bottleneck to IoT and face a number of interconnect challenges, such as latency, service assurance and security. Fortunately, the latest data center interconnect (DCI) solutions can effectively address these issues. With IoT presenting a tremendous growth opportunity for industry in Asia in the near term, enterprises and data center operators should ensure that their DCI systems are robust enough to handle the data avalanche that will follow.
 
要するに、既存のデータセンター・ネットワークは、レイテンシの問題やサービス/セキュリティの保証などにおいて、IoT のボトルネックとなる可能性がある。幸いなことに、最新の DCI (Data Center Interconnect) ソリューションは、これらの問題に対して効果的に対処することができる。IoT は短期間のうちに、Asia の産業に対して驚異的な成長の機会を提示する。そして、エンタープライズやデータセンター事業者は、雪崩のように押し寄せるデータの流れを制御するための、十分に強固な DCI システムを確かなものにしなければならない。
 
ーーーーー
asia-pacific 2訳してみて気になったのが、日本が入っているのかどうかという点でした。いくつかの調査では、Asia Exept-Japan という地理的範囲が用いられる場合もあるので、文中のリンク先も調べましたが、そのような記述はありませんでした。それぞれの国における相対的な比較なので、主要なデータセンターが 1Gbps 以上をサポートしても、データセンターの数が多ければ、その比率が下がるということもあり得るはずです。また、少し視点が異なりますが、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」における、Broadband Quality の項目も興味深いです。この月曜日にポストした、「Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!」という抄訳は、ISP が提供するネットワークを高速化していくテクノロジーが紹介されていましたが、ネットワーク全体のグレードが、IoT をキッカケにして底上げされていきそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
 

Comments Off on アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 9, 2016
The Smartphone Price Gap
Felix Richter – Jun 2, 2016
https://www.statista.com/chart/4954/smartphone-average-selling-prices/
 
_ Statista
 
When Apple’s iPhone sales started showing signs of stagnation recently, one of the most cited reasons for the slowdown was the iPhone’s steep price tag compared to the competition.
 
最近になって、Apple の iPhone が低迷の兆しを見せ始めたとき、減速の理由として最も引き合いに出されたのは、競争相手と比べて高額な価格帯であった。
 
smartphone_average_selling_pricesClick to Large >>>
This chart compares the average selling price of iOS and Android smartphones since 2008.
 
And while it’s probably right to assume that a lower price would boost iPhone sales, the question is: why should the iPhone’s price suddenly be more of a problem than it used to be? After all, it has always been more expensive than most Android phones, but that didn’t stop Apple from outperforming the market many times over the past few years.
 
その価格の引き下げが、iPhone の売り上げを伸ばすと考えることは、おそらく正しいのだろう。しかし、疑問もある。iPhone の全盛期には言われなかった価格のことが、なぜ急に、問題視されるようになったのだろう? たしかに、Android フォンと比べると常に高価ではあったが、これまでの数年間において iPhone はマーケットで優位に立ち、Apple の勢いが削がれることはなかった。
 
First of all, the smartphone market has changed. In highly developed regions such as North America and Europe, the market is pretty much saturated – most people who want a smartphone, already have one. Much of today’s smartphone growth comes from emerging markets, where price is much more of an issue.
 
まず、スマフォ・マーケットの変化を指摘したい。North America や Europe などの高度に発展した地域では、そのマーケットが飽和に近い状態であり、ほとんどの人が既にスマフォを所有している。今日のおけるスマフォの成長は、その大半が途上国マーケットで生じており、そこでは価格が大きな問題となっているのだ。
 
At the same time, the price gap between iPhones and Android phones has widened considerably over the years. As our chart, based on data from KPCB, illustrates, the difference in average selling prices grew from $218 in 2008 to $443 in 2016. While high-end Android phones, such as Samsung’s top-of-the-line devices still cost about as much as an iPhone, there is a large number of manufacturers (mostly from China) who sell Android smartphones for a fraction of the iPhone’s price these days.
 
それと同時に、iPhone と Android フォンの価格差が、この数年において大きくなってきている。KPCB のデータを基にしたチャートが示すように、平均的な販売価格の差は、2008年 の $218 から 2016年の $443 へと拡大している。周知のとおり、Samsung などのハイエンド Android フォンは、依然として iPhone と肩を並べる価格帯で販売されている。その一方では、主として China で製造される大量の Android スマフォが、いまでは iPhone の何分の一という価格で販売されているのだ。
 
ーーーーー
mobile_55これは、それぞれの OS やデバイスの優劣という話より、それぞれの性格の違いだと捉えるべきものなのでしょう。企業であるからには、その売上を伸ばして株価を高めていくべき Apple と、途上国マーケットを前提に、競合していく Android フォン・メーカーたちでは、価格という要件に対する姿勢が、おのずと異なってしまいます。それが、このような価格差を作り出してきたわけです。Agile Cat が、いまスマフォを買い換えるとしたら、断然 Xiaomi の Remi 3 になるでしょう。eBay などで探してみると、2万円を切る価格帯で、この 8-Core のデバイスが買えることが分かります。「Google Play は入っていますか?」と、ディーラーに確認したこともあるのですが、「もちろん」という答えが返ってきました。3G/4G の周波数帯域もバッチリなので、日本でも充分に利用できるスマフォになるはずです。 ついに、中国製のデバイスが、インターナショナル・マーケットに進出してきたわけであり、Apple が価格を維持するなら、この差は、さらに開いていくと思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、14ドルで販売されるのか?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
 

Comments Off on iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Posted in .Selected, Asia, Businesses, Research by agilecat.cloud on June 7, 2016
APAC is third most expensive region for public cloud
Networks Asia staff – March 16, 2016
http://www.telecomasia.net/content/apac-third-most-expensive-region-public-cloud
 
_ Telecom-Asia
 
The US is the cheapest market for the public cloud, according to 451 Research’s latest Cloud Price Index report which analyzes the variances in cloud pricing across the world.
 
451 Research が提供する、最新の Cloud Price Index レポートによると、パブリック・クラウドを最も安価に利用できるのは US マーケットとなる。ちなみに、このレポートは、グローバルにおけるクラウド市場の、価格を分析している。
 
The findings show that US pricing is the most competitive globally while users pay, on average, between 7% and 19% more to host the same application in Europe and 14% to 38% more in Asia-Pacific, depending on the complexity of the application.
 
この調査結果は、US におけるクラウドの料金体系が、グローバルで最も競争力を持っていると示している。その一方で、Europe は、同じアプリケーションをホストする場合で、平均的なユーザー支出額が 7%〜19% ほど上積みされ、Asia-Pacific の場合は 14%〜38% ほど高額になる。なお、パーセンテージに幅が生じるのは、アプリケーションの複雑さに応じてとなる。
 
Sultan_MosqueWikipedia
 
Latin America is the most expensive region – 38% higher on average than the US with a far greater variation in prices, in part because it has the most limited selection of providers.
 
最も高価になる地域は Latin America であり、そのパーセンテージは US に対して 38% 増しとなる。 このように大きな差がつくのは、プロバイダーの選択という意味で、大きな制約があるからだと思われる。
 
Reflecting global pricing cuts from AWS and Microsoft in early 2016, 451 Research also announced that the Cloud Price Index has dropped by 6% since October 2015. While this is good news for users, 451 Research analysts note that it is nowhere near the double-digit drop that many users might expect given recent headlines.
 
2016年の初めに、AWS と Microsoft がグローバルで価格を引き下げたことを反映して、2015年と比較して Cloud Price Index が 6% ほど低下したと、451 Research は表明している。それはユーザーにとって朗報であるが、最近の報道から期待されていた、二桁の価格引き下げとは程遠いだろうと、451 Research のアナリストたちは指摘している。
 
451 Research’s index measures the price change across a range of cloud services, and encourages buyers to consider the costs of all their cloud services, not just virtual machines. For example, the Cloud Price Index object storage price has remained at the same level for 18 months, and, because of data gravity, 451 Research believes this will become an increasing expense for users.
 
451 Research のインデックスは、クラウド・サービス全般に関する価格の変動を測定し、仮想マシンだけを対象にするのではなく、クラウド・サービスの全体的なコストを検討するよう、ユーザーに奨励している。たとえば、この Cloud Price Index におけるオブジェクト・ストレージの価格は、18ヶ月間も同じレベルで推移しているが、その理由としてデータの重要性が挙げられている。つまり、将来においてユーザーの負担増が生じてくると、451 Research は確信しているのだ。
 
Despite the average premium pricing outside the US, 451 Research’s study unearthed one cloud provider that bucked the trend by offering services in Europe and Latin America that are cheaper than average US prices.
 
また、US 国外では平均価格が高騰しているにかかわらず、Europe や Latin America におけるサービスを、US の平均よりも安価に提供することでトレンドを掴んだ、クラウド・プロバイダーがいることも、451 Research は明らかにしている。
 
The range of costs reflects a higher premium for large applications, composed of compute, storage, platforms and support, compared to simpler virtual machines. Analysts believe these discrepancies are due to skills shortages, compounded by an SME market willing to pay more for support when implementing complex applications.
 
なお、このインデックにおけるコストの範囲は、コンピューティング/ストレージ/プラットフォーム/サポートで構成される、大規模でプレミアムなアプリケーションのケースと、シンプルな仮想マシンのケースを比較したものとなっている。また、アナリストたちは、スキルの不足に起因する矛盾が生じているとも述べている。つまり、SME マーケットで複雑なアプリケーションを実装するとき、より多くのサポートが望まれ、その結果として支払額が大きくなるという妥協が生じるのだ。
 
CIOs pay a ‘protection premium’ to use in-country or in-region services – rather than the cheaper option of US services – to ensure compliance with local regulations; to improve performance by bringing applications closer to users; and to take advantage of local customer service.
 
そして CIO たちは、それぞれの国々や地域での運用を円滑にするため、US における安価なオプション・サービスよりも高額な、保険としてのプレミアム料金を支払うことになる。具体的に言うと、ローカル法規のコンプライアンスを遵守や、パフォーマンス改善のためにユーザーとアプリケーションを近づけること、そして、ローカル・サービスを利用した顧客サービスなどが挙げられる。
 
Legislation including Safe Harbor, the Patriot Act and the new US-EU Privacy Shield agreement.
 
一連の法的な対策として、Safe Harbor/Patriot Act/US-EU Privacy Shield なども考慮しなければならない。
 
Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit and the report’s author commented, “When evaluating cloud providers, enterprises should consider how they will take advantage of variances in prices in the short and long-term to cut costs.”
 
451 Research Digital Economics Unit の Research Director であり、このレポートの作者でもある Dr. Owen Rogers は、「クラウド・プロバイダーを評価する際に、エンタープライズが検討すべきことは、短期的/長期的な視点でコストを削減しながら、それぞれの価格の差異を、うまく利用するための方法となる」と述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2451 Research の Cloud Price Index ですが、アプリケーションの規模によるコスト比較という記事を、今年の初めに訳していたことを思い出しました。その時には、北米だけを対象にしていましたが、調査範囲をアジアなどにも広げていくと記されていました。有料のレポートなので、詳細を把握することが出来ませんが、とても興味深い調査を実施しているようです。パブリック・クラウドというカテゴリーでも、地域によって随分と差が出るものなのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
 

Comments Off on アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on May 25, 2016
China market: 780 million smartphone-based active surfers in 2015, say report
Adam Hwang – 19 May, 2016
http://www.digitimes.com/news/a20160518PD207.html
 
_ Digi Times
 There were 780 million smartphone-based active users of mobile Internet services in the China market in 2015, accounting for 56.9% of the population, according to a joint report by Internet Society of China (ISC) and National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC).
 
China マーケットにおけるモバイル・インターネット・サービスには、2015年滅の時点で 7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザーがいて、同国の総人口に対して 56.9% を占めると、Internet Society of China (ISC) と National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC) が、共同でレポートしている。
 
China MobileFlickr
The Tenth Dragon
 
There were 1.13 billion smartphones in active use for mobile access to the Internet in 2015 and 16.76% of active surfers used Apple’s iPhones, followed by Samsung’s smartphones (15.78%), Huawei’s (15.56%), Xiaomi’s (14.24%),Vivo’s (8.66%), Oppo’s (8.66%), Lenovo’s (6.93%), Coolpad’s (4.29%), HTC’s (2.95%) and LG’s (1.05%).
 
また、2015年のインターネット・アクセスにおいては、11.3億台のスマフォがアクティブに利用され、そのうちの 16.76% は Apple の iPhone を使用している。そして、それに続くのは、Samsung (15.78%)/Huawei (15.56%)/Xiaomi (14.24%)/Vivo/ (8.66%)/Oppo (8.66%)/Lenovo (6.93%)/Coolpad (4.29%)/HTC (2.95%)/LG (1.05%) という顔ぶれである。
 
The most frequently visited websites were of three categories: social networking, search and e-commerce.
 
最も頻繁に、ユーザーたちが訪問した Web サイトは、ソーシャル/サーチ/Eコマースという、3つのカテゴリであった。
 
There were 1.4775 million malicious software applications found in 2015 and 99.6% of them were based on Android, 0.1974% on Symbian, 0.0005% on iOS and 0.0003% on J2me. Android models accounted for 71.24% of smartphones affected with malicious applications, Symbian 17.82% and iOS 10.94%.
 
また、2015年における悪意のアプリは全体で 1,477,500 種類であり、そのうちの 99.6% が Android/0.1974% が Symban/0.0005% が iOS/0.0003% が J2me 上で発見されている。そして、悪質なアプリにより被害が生じたのは、 71.24% が Android/17.82% が Symbian/10.94% が iOS となっている。
 
Among the three mobile telecom carriers, China Mobile subscribers accounted 68.40% of mobile Internet surfers affected with malicious applications, China Unicom 27.11% and China Telecom 4.49%.
 
同様に、悪意のアプリで被害にあったインターネット・ユーザーの比率を、モバイル・キャリア別に見ていくと、68.40% が China Mobile/27.11% が China Unicom/ 4.49% が China Telecom の順となる。
 
ーーーーー
research_55以前に、China Mobile のユーザー数が8億人という記事をポストしましたが、それは、日本で言うガラケーも含んだものなのだろうと捉えていました。同様に、中国でのスマフォの販売台数に関する情報も、いろいろな所で紹介されていましたが、その累計は見えてこないという状況でもありました。そして、文中の「7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザー」と記述で、全体像が掴めた感じがしますし、「11.3億台のスマフォがアクティブに利用」により二台持ちのユーザー数との関係も、なんとなく見えてきたところです。それにしても、スゴイ規模ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: 成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on 中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

%d bloggers like this: