Agile Cat — in the cloud

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Posted in .Selected, Asia, Businesses, Research by agilecat.cloud on June 7, 2016
APAC is third most expensive region for public cloud
Networks Asia staff – March 16, 2016
http://www.telecomasia.net/content/apac-third-most-expensive-region-public-cloud
 
_ Telecom-Asia
 
The US is the cheapest market for the public cloud, according to 451 Research’s latest Cloud Price Index report which analyzes the variances in cloud pricing across the world.
 
451 Research が提供する、最新の Cloud Price Index レポートによると、パブリック・クラウドを最も安価に利用できるのは US マーケットとなる。ちなみに、このレポートは、グローバルにおけるクラウド市場の、価格を分析している。
 
The findings show that US pricing is the most competitive globally while users pay, on average, between 7% and 19% more to host the same application in Europe and 14% to 38% more in Asia-Pacific, depending on the complexity of the application.
 
この調査結果は、US におけるクラウドの料金体系が、グローバルで最も競争力を持っていると示している。その一方で、Europe は、同じアプリケーションをホストする場合で、平均的なユーザー支出額が 7%〜19% ほど上積みされ、Asia-Pacific の場合は 14%〜38% ほど高額になる。なお、パーセンテージに幅が生じるのは、アプリケーションの複雑さに応じてとなる。
 
Sultan_MosqueWikipedia
 
Latin America is the most expensive region – 38% higher on average than the US with a far greater variation in prices, in part because it has the most limited selection of providers.
 
最も高価になる地域は Latin America であり、そのパーセンテージは US に対して 38% 増しとなる。 このように大きな差がつくのは、プロバイダーの選択という意味で、大きな制約があるからだと思われる。
 
Reflecting global pricing cuts from AWS and Microsoft in early 2016, 451 Research also announced that the Cloud Price Index has dropped by 6% since October 2015. While this is good news for users, 451 Research analysts note that it is nowhere near the double-digit drop that many users might expect given recent headlines.
 
2016年の初めに、AWS と Microsoft がグローバルで価格を引き下げたことを反映して、2015年と比較して Cloud Price Index が 6% ほど低下したと、451 Research は表明している。それはユーザーにとって朗報であるが、最近の報道から期待されていた、二桁の価格引き下げとは程遠いだろうと、451 Research のアナリストたちは指摘している。
 
451 Research’s index measures the price change across a range of cloud services, and encourages buyers to consider the costs of all their cloud services, not just virtual machines. For example, the Cloud Price Index object storage price has remained at the same level for 18 months, and, because of data gravity, 451 Research believes this will become an increasing expense for users.
 
451 Research のインデックスは、クラウド・サービス全般に関する価格の変動を測定し、仮想マシンだけを対象にするのではなく、クラウド・サービスの全体的なコストを検討するよう、ユーザーに奨励している。たとえば、この Cloud Price Index におけるオブジェクト・ストレージの価格は、18ヶ月間も同じレベルで推移しているが、その理由としてデータの重要性が挙げられている。つまり、将来においてユーザーの負担増が生じてくると、451 Research は確信しているのだ。
 
Despite the average premium pricing outside the US, 451 Research’s study unearthed one cloud provider that bucked the trend by offering services in Europe and Latin America that are cheaper than average US prices.
 
また、US 国外では平均価格が高騰しているにかかわらず、Europe や Latin America におけるサービスを、US の平均よりも安価に提供することでトレンドを掴んだ、クラウド・プロバイダーがいることも、451 Research は明らかにしている。
 
The range of costs reflects a higher premium for large applications, composed of compute, storage, platforms and support, compared to simpler virtual machines. Analysts believe these discrepancies are due to skills shortages, compounded by an SME market willing to pay more for support when implementing complex applications.
 
なお、このインデックにおけるコストの範囲は、コンピューティング/ストレージ/プラットフォーム/サポートで構成される、大規模でプレミアムなアプリケーションのケースと、シンプルな仮想マシンのケースを比較したものとなっている。また、アナリストたちは、スキルの不足に起因する矛盾が生じているとも述べている。つまり、SME マーケットで複雑なアプリケーションを実装するとき、より多くのサポートが望まれ、その結果として支払額が大きくなるという妥協が生じるのだ。
 
CIOs pay a ‘protection premium’ to use in-country or in-region services – rather than the cheaper option of US services – to ensure compliance with local regulations; to improve performance by bringing applications closer to users; and to take advantage of local customer service.
 
そして CIO たちは、それぞれの国々や地域での運用を円滑にするため、US における安価なオプション・サービスよりも高額な、保険としてのプレミアム料金を支払うことになる。具体的に言うと、ローカル法規のコンプライアンスを遵守や、パフォーマンス改善のためにユーザーとアプリケーションを近づけること、そして、ローカル・サービスを利用した顧客サービスなどが挙げられる。
 
Legislation including Safe Harbor, the Patriot Act and the new US-EU Privacy Shield agreement.
 
一連の法的な対策として、Safe Harbor/Patriot Act/US-EU Privacy Shield なども考慮しなければならない。
 
Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit and the report’s author commented, “When evaluating cloud providers, enterprises should consider how they will take advantage of variances in prices in the short and long-term to cut costs.”
 
451 Research Digital Economics Unit の Research Director であり、このレポートの作者でもある Dr. Owen Rogers は、「クラウド・プロバイダーを評価する際に、エンタープライズが検討すべきことは、短期的/長期的な視点でコストを削減しながら、それぞれの価格の差異を、うまく利用するための方法となる」と述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2451 Research の Cloud Price Index ですが、アプリケーションの規模によるコスト比較という記事を、今年の初めに訳していたことを思い出しました。その時には、北米だけを対象にしていましたが、調査範囲をアジアなどにも広げていくと記されていました。有料のレポートなので、詳細を把握することが出来ませんが、とても興味深い調査を実施しているようです。パブリック・クラウドというカテゴリーでも、地域によって随分と差が出るものなのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
 

Comments Off on アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2016
 Alibaba, SoftBank Team Up for Cloud Computing Service in Japan
Lulu Yilun Chen – May 13, 2016
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-13/alibaba-softbank-team-up-for-cloud-computing-service-in-japan
 
Bloomberg
 
Alibaba Group Holding Ltd. teamed with its largest shareholder SoftBank Group Corp. to form a cloud computing service venture targeting Japanese customers, as the Chinese e-commerce giant expands one of its fastest growing businesses.
 
Alibaba Group Holding Ltd. が、その筆頭株主である SoftBank Group Corp. と提携し、Japan の顧客をターゲットにしたベンチャーを立ち上げ、クラウド・コンピューティング・サービスを提供していく。それにより、この China における Eコマース・ジャイアントは、最も急成長しているビジネスを、さらに拡張していく。
 
AlibabaImage Wikimedia
 
The venture known as SB Cloud Corp. will open a new data center in Japan to tap SoftBank’s customers ranging from startups to global organizations, extending a battle for customers with Amazon.com Inc. Alibaba will provide services including data storage and processing services, the companies said in a joint statement.
 
このベンチャー企業は SB Cloud Corp. であり、Amazon.com との戦いを拡大するために、Japan に新しいデータセンターをオープンし、スタートアップからグローバル企業にいたる幅広いレンジで、顧客たちをサポートしていく。そして Alibaba は、データ・ストレージやコンピューティング・プロセスといったサービスを提供していくと、両社は共同声明を発している。
 
Alibaba’s cloud unit almost tripled revenue to more than 1 billion yuan ($153 million) in the March quarter. The business could account for more than $1 billion of Alibaba’s revenue by 2018 and the public cloud presents a $120 billion global market opportunity, according to research by SunTrust Robinson Humphrey Inc.
 
Alibaba のクラウド部門は、2016年 Q1 において、その売上を約三倍に成長させ、1 billion yuan ($153 million) を計上している。SunTrust Robinson Humphrey Inc. の調査によると、このクラウド事業は、2018年までに $1 billion の売上にいたり、グローバル・マーケットで $120 billion というビジネス・チャンスを提供するほどの、パブリック・クラウドへと成長するという。
 
SoftBank, owner of Japan’s third-largest phone business, will have a 60 percent stake in the new venture while Alibaba will hold the rest.
 
Japan で第三位のモバイル・キャリアである SoftBank は、この新しいベンチャーにおける 60% の株式を所有し、その他は Alibaba が持つことになる。
 
Alibaba’s Japan venture follows last month’s announcement of a partnership with one of South Korea’s largest conglomerates SK Holdings Co.
 
Alibaba におけるベンチャーは、先月に発表された South Korea の SK Holdings Co. との提携に、続くものとなる。
 
China’s biggest e-commerce operator earlier teamed up with Accenture Plc to target clients in China and Southeast Asia, and it said in April it would work with Germany’s SAP SE. It has data centers in countries including Singapore and the U.S. and is planning to open another in Europe as soon as this year.
 
この、China で最大の Eコマース事業者は、China と Souseast Asia の顧客をターゲットにするために Accenture Plc と提携し、また、Germany の SAP SE とも提携したことを、この 4月に発表している。同社は、Singapore と US などにデータセンターを所有しているが、近い将来には Europe に展開するとしている。
 
ーーーーー
Alibaba 2ついに来ました! Softbank が Alibaba と歩調を合わせて、アジアへ投資していくというケースが目立っていたので、いずれは、このような展開になると思っていましたが、それが現実のものとなりました。このところ、中国経済の減速を指摘する報道が多いですが、それを緩和し、また、新しい経済を作り出しているが、China IT ビジネスであり、そのパワーには凄まじいものがあります。今回は、日本のマーケットを意識した発表のようですが、これは、日本のサービス・プロバイダーが、アジアへ、そして世界へと、羽ばたいていくための、架け橋にもなる提携だと捉えています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
 

Comments Off on SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by agilecat.cloud on March 16, 2016
Asia Pacific Cloud Adoption Grows Through Japan Datacenter From Nintex
Anthony S -March 11, 2016
http://en.jknus.com/articles/2446/20160311/asia-pacific-cloud-adoption-grows-through-japan-datacenter-nintex.htm
 
JKNUS
 
Nintex, in cooperation with Microsoft, will deploy and operate its cloud-based services within the Microsoft Azure Japan datacenter to ensure greater reliability, security, scalability, and sustainability of its software for customers and partners doing business in Asia Pacific.
 
Microsoft パートナーである Nintex が、Microsoft Azure Japan データセンター内で、クラウド・ベースのサービスを展開/運用するようだ。その目的は、Asia Pacific で事業を推進しているカスタマーやパートナーたちに、高度な信頼性/安全性/持続性と、スケーラビリティを約束するためだという。
 
Mount_FujiWikipedia
 
“Microsoft has invested $15 billion in its global datacenter infrastructure which it has managed for more than a quarter of a century,” said Nintex CEO John Burton.
 
Nintex の CEO である John Burton は、「Microsoft は、グローバル・データセンター・インフラに $15 bollion も投資し、また、これまでの 1/4 世紀以上にわたって、そのビジネスを管理してきた」と述べている。
 
“We’re pleased to be among the one billion customers who rely on the cloud-scale and 24x7x365 capabilities of Microsoft datacenters to get work done. We know our customers and partners doing business in Asia Pacific will appreciate the assurance of security and reliability of Nintex being located within the Microsoft Azure Japan datacenter.”
 
そして Burton は、「 Micsordoft ののデータセンターが提供する、クラウド・スケールと 24x7x365 の能力に、10億人以上の顧客が依存しているはずだ。それらの人々に囲まれ、日々の作業を達成していくことは、私たちにとって大きな喜びとなる。私たちの顧客が、Asia Pacific で事業を展開していることは、充分に認識している。彼らは、Microsoft Azure Japan データセンターに配置される Nintex が、信頼性と安全性を約束することに、かならず感謝するはずだ」と続けている。
 
Operating within the Microsoft Azure Japan Datacenter, the Secure & Reliable Infrastructure will improve bandwidth & enhance data protection for the market-leading workflow platform.
 
このマーケットをリードするワークフロー・プラットフォームが、Microsoft Azure Japan データセンターで運用されることで、信頼性と安全性を備えたインフラが、帯域幅を向上させ、また、データ保護を強化していく。
 
Nintex end users in Japan will benefit from greater uptime, enhanced data security and more bandwidth from the Microsoft datacenter which will help them more effectively respond, manage, and scale deployments of Nintex Workflow for Office 365, as well as migrate from Nintex Workflow for SharePoint to cloud or hybrid scenarios.
 
日本の Nintex エンド・ユーザーも、Microsoft データセンターが実現する素晴らしいアップタイムや、強化されたデータ・セキュリティ、そして高帯域幅といった恩恵を被る。それにより、Nintex Workflow for Office 365 の応答/管理/拡張の面において、さらなる効率化が達成されるだけではなく、Nintex Workflow for SharePoint のハイブリッドへの移行も促進されていく。
 
Nintex, http://www.nintex.com, entered the Japanese market 2009. Since that time Nintex has worked with its sales channel, including partners like SoftBank, Japan Business Systems, and InfoShare to help organizations design, implement, and scale business processes, workflows, and mobile applications easily, driving increased productivity gains, and broad-based revenue growth.
 
Nintex(www.nintex.com)が日本市場に参入したのは、2009年のことである。そのときから、同社は販売チャネルを開拓し、SoftBank/Japan Business Systems/InfoShare などを含む、数多くのパートナーと協力してきた。それにより、組織のデザインを刷新するための、ビジネス・プロセスの運用や拡張、そして、ワークフローとモバイル・アプリの促進を支援してきた。結果として、エンド・ユーザーの生産性の向上させ、ブロードバンド・ベースの収益を成長させることに、同社は成功した。
 
“Nintex is committed to helping our customers successfully do business in the cloud,” said Nintex VP APAC Sales, Brian Walshe.
 
Nintex の VP APAC Sales である Brian Walshe は、「Nintex は顧客に対して、そのクラウド・ビジネスの成功させるための、支援を惜しまないと約束する」と述べている。
 
“Operating Nintex technology within the Microsoft Azure Japan datacenter will help businesses simply and securely harness the power of workflow, mobile apps, and forms to expedite digital transformations of Japanese workplaces.”
 
「Microsoft Azure Japan データセンターで、Nintex テクノロジーを運用することで、ワークフローのパワーとモバイル・アプリを、簡単かつ安全に結びつけていく。それにより、日本企業におけるワークスペースの、デジタル・トランスフォーメーションを促進していく」と付け加えている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本のデータセンターから、アジアの市場へ向けて、高品質なサービスを提供する。とても、良い響きです! これまでの3年にわたり、アジアのマーケットに注目してきた Agile Cat としては、そのような戦略を明らかにしてくれる Nintex に、ほんとうに有難うと、お礼を言いたい気分です。 いまのアジア市場には、湯水のごとく資金が注ぎ込まれ、あちらこちらで海底ケーブが拡張されているという状況です。 つまり、アジアとの距離が、日に日に近くなってきているのです。 今回はアメリカ発のクラウド・データセンター・モデルですが、もっと、もっと、日本のクラウドがアジアで使われて欲しいと願っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Businesses, Payment, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on March 1, 2016
UnionPay continues regional expansion: Myanmar partnership is latest win
Fintech Innovation editors – Feb 11, 2016
http://www.enterpriseinnovation.net/article/unionpay-continues-regional-expansion-myanmar-partnership-latest-win-2096932167
 
_Enterprise Innovation
 
ChinaDailyNews cites market research firm Packaged Facts as estimating the global payment card market to have reached at US$17.26 trillion in purchase value in 2014.  The same article claims China UnionPay (CUP) accounted for 24.3% or US$5.92 trillion in the same period.
 
ChinaDailyNews は、2014年のグローバル・ペイメント・カード市場の売上金額が、US$17.26 trillion に達したとする、市場調査会社 Packaged Facts 推測を取り上げている。また、同じ記事において、China UnionPay (CUP)が、全体の 24.3% に相当する、US$5.92 billion を売り上げたとも述べている。
 
China UnionPay is supported widely in GermanyFlickr
Richard Bao
 
First impression of UnionPay is that its international ambitions are tourism-related. Afterall, Chinese mainland tourists now rank number one in terms of the number of outbound tourists and outbound tourism spending. But a closer look at the 2015 activities by the company’s international arm reveals a broader and more ambitious desire: to become a major card payment network potentially rivaling global brands like Visa and MasterCard.
 
UnionPay に対する印象としては、観光に関連したところから、インターナショナルを目指すという野望を感じていた。結局のところ、いまの China 本土からの観光客は、アウトバウンド・ツーリスト数と、アウトバウンド・ツーリスト支出の面で、No 1 にランク付けされている。しかし、同社の国際部門の 2015年 アクティビティを細部まで眺めてみると、Visa や MasterCardといった、メジャーなペイメント・ネットワークに対抗するという、より広い範囲まで野心が広がっていることが分かる。
 
According to the Nilson Report (see Figure 1), UnionPay topped the region in terms of purchase payments volume in 2014 beating out Visa and MasterCard by a wide margin.
 
Nilson Report (Figure 1) によると、2014年の UnionPay は、このリージョンにおける支払ペイメント量で、Visa と MasterCard を大差で打ち負かしているのだ。
 
Union Pay Chart-1Click to Large >>>
Figure 1: Card Payment Purchase
Volume in 2014 by Brand
The Nilson Report
 
UnionPay International (UPI), a subsidiary of China’s largest card association and charged with the brand’s global expansion, has partnered with Myanmar’s Asian Green Development (AGD) Bank and local payment switch, Myanmar Payment Network (MPU) to launch the first co-branded debit card for local customers and further the development of the country’s cashless payment ecosystem.
 
その China 最大のカード組織の子会社であり、ブランドをグローバル展開させようとしているのが、UnionPay International (UPI) である。同社は、Myanmar の Asian Green Development (AGD) Bank および、ローカルのペイメント・ネットワークである Myanmar Payment Network (MPU) と、すでにパートナーシップを交わしている。その提携により、ローカルの顧客にとって初めてとなる、デビット・カードを共同で立ち上げ、また、同国におけるキャッシュレス・ペイメントの、エコシステムの開発を促進している。
 
The International Monetary Fund and World Bank reinforced strong growth momentum for Myanmar, with economic growth forecasts at above 8% annually till at least 2017. This represents great potential for businesses to tap on and innovate. The launch of the co-branded card comes as ecommerce and mobile payments start to take root in what is traditionally a cash only market.
 
International Monetary Fund(IMF)と World Bank は、Myanmar の経済について、少なくとも 2017年までは、年率で 8% 以上で成長していくと予測し、また、それを支援している。つまり、その勢いに企業が乗り、また、革新していく状況が見えているのだ。そして、eコマースおよびモバイル・ペイメントと同時に、共同ブランドのカードを立ち上げることで、従来からのキャッシュの世界にあった、ビジネスの系統を確立しようとしているのだ。
 
First created by the Central Bank of Myanmar (CBM) in cooperation with 17 domestic banks in 2012, the MPU allowed consumers to withdraw cash from any ATM nationwide and make payments at shops and restaurants.
 
Central Bank of Myanmar (CBM) が、同国内における 12の銀行により設立されたのは、2012年のことである。それにより MPU の顧客にとって、全国の ATMから現金を引き出すことや、ショップおよびレストランでの支払いが可能になった。
 
With more than 900,000 MPU-branded debit cards circulating in the market, the cards can only be used for payments in kyat, the local currency. Co-branded cards with the UnionPay label will enable the country’s consumers to use in 150 countries globally to settle transactions in foreign currencies at the current exchange rates.
 
マーケットに出回っている 900,000 枚以上の MPU ブランドのデビット・カードは、ローカル通貨である Kyat での支払いに対応している。そして、UnionPay ラベルが付いた共同ブランドのカードは、その時々の為替レートで外貨で決済するために、グローバルにおける 150カ国で、それぞれのローカル通貨に対応している。
 
UPI established its business in Myanmar in 2012 and early on partnered with the MPU to enable UnionPay cardholders to access ATMs and Point of Sale terminals linked to MPU network for cash withdrawals and secured transactions.
 
2012年に Myanmar でビジネスを立ち上げた UPI は、その当初から MPU とパートナーシップを交わし、UnionPay カード・ホルダーとしてのポジションを確立した。それにより、キャッシュの引き出しやトランザクションの安全性を保証する、MPU ネットワークにリンクされた、ATM や POS 端末にアクセスすることが可能になった。
 
Union Pay Chart-2Figure 2: Purchase Volume
2014 vs 2024
The Nilson Report
 
Across Asia Pacific, CUP continues to market its payment products and services targeting cross-border applications. The company claims that 10 million online merchants in over 100 countries outside China now accept online payments with UnionPay cards.
 
Asia Pacific 全域において、China UnionPay CUP は、そのペイメント・プロダクツや、国境をまたいだ適用をターゲットにしながら、サービス・ラインナップのためのマーケットを開拓し続けている。同社の主張によると、いまでは China 以外の 100カ国以上に、1000万以上のオンライン決済店舗が存在し、UnionPay によるオンライン・ペイメントを受け入れていることになる。
 
Taking a queue from Hong Kong’s Octopus Card, CUP cardholders can book railway tickets online, pay for taxies in Australia, Singapore, South Korea and Taiwan, and rent cars in Taiwan and Thailand. The company continues to extend its reach in emerging Asia building bankcard facilities and infrastructure to promote the electronic development of the countries’ local currencies.
 
Hong Kong の Octopus Card からキューを取得することで、CUP カードホルダーたちは、Australia/Singapore/South Korea/Taiwan での、鉄道チケット予約およびタクシー決済と、Taiwan/Thailand でのレンタカー決済を可能にしている。つまり、同社は Asia の途上国への接触を継続して拡大し、それぞれ国々にの通貨に合わせた、電子的な展開を促進するために、銀行カードに関する設備やインフラを構築している。
 
Several pilot projects in the areas of mobile payment and big data in the Asian market are underway. The company also claims it is expanding the scope for tax refund service and emergency cash assistance.
 
また、Asia マーケットにおけるモバイル決済やビッグデータといった、いくつかの分野でのパイロット・プロジェクトも進行している。そして同社は、税金の還付サービスと、緊急時におけるキャッシュ提供の範囲を、拡大したいと述べている。
 
The Nilson Report is projecting that spending at merchants via payment cards will reach US$48.67 trillion by 2024  with Asia Pacific accounting for 57% of the global market in the same period. So the race continues (see Figure 2).
 
この Nilson Report は、商用におけるカード決済の総額が、2024年には US $ 48.67 billion に達すると予測している。そして、グローバルに対する Asia Pacific の比率は、57% を占めるとしている。 したがって、まだまだ、このレースは続くのである(Figure 2)。
 
ーーーーー
asia-pacific 2正直なところ、信金 VISA と、ヨーカドー JCB しか持っていない Agie Cat は、この UnionPay というカードのことを、ほとんど知っていませんでした。そして、アジアのマーケットでは、JCB が孤軍奮闘で、VISA や Masters などの米国勢と戦っているのだろうと推測していました。 しかし、文中のチャートを見ると、その頭上の遥か上を、UnionPay が独走しているではありませんか。 ほんと、これには驚きました。 同様に、最近になって知った、WeChat における多様なペイメント機能にも驚かされましたが、中国が押さえているビジネスの勘所に脱帽です! 今年のモバイル・ペイメントは、とてもホットだと思うのですが、この UnionPay を後ろ盾にして、Tencent や Alipay が大暴れしそうに思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合だ!
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
 

Comments Off on China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Asia, Network, Research by agilecat.cloud on February 25, 2016
Chart of the week: Global cloud traffic set for future growth
Insight News – 8th Jan 2016
http://www.fipp.com/news/insightnews/chart-of-the-week-global-cloud-traffic-set-fo
 
fipp logo
 
With the advent of the smartphone people have become accustomed to using cloud services, which offer ubiquitous access to content and services.
 
スマートフォンの到来により、コンテントやサービスにユビキタスでアクセスするために、人々がクラウド・サービスを利用するという形態が、普通のことになってきた。
 
Global cloud trafficClick to Large >>>
 
However, it is companies that contribute most to the continuing growth of global cloud traffic. Transferring databases or software to the cloud promises to reduce costs and allows for faster and more flexible access to relevant tools and information.
 
しかし、グローバルにおけるクラウド・トラフィックの、継続的な成長に最も貢献しているのは、いわゆる一般の企業である。データベースやソフトウェアを、クラウド上に配置することで、コストの削減が約束される。さらに言えば、それらに関連するツールや情報に対する、より迅速で柔軟なアクセスも実現されていく。
 
This week’s infographic by Statista shows the future growth of cloud traffic as predicted by Cisco’s Global Cloud Index. Having generated 888 Exabyte of cloud traffic in 2014 North America is expected to be the biggest driver of global cloud traffic through 2019. Asia Pacific is a close second expected to cross the Zettabyte-threshold in 2016 with Europe following suit in 2018. The rest of the world lags behind in terms of cloud traffic as the adoption rate of cloud services and infrastructure is significantly lower than in highly developed regions.
 
今週のインフォグラフィックは、Cisco’s Global Cloud Index が予測する、将来におけるクラウド・トラフィックの成長を、Statista が図示するものである。2014年に North America で生じた、888 Exabyte のクラウド・トラフィックは、2019年までグローバル・クラウド・トラフィックを牽引していく、最大の要因になると予測される。それに続くのが、Asia Pacific と Europe であり、Zettabyte のレベルを 2016年と 2018年に超えていくとされる。その他の地域に関しては、先進国と比べて、クラウド・サービスの普及が進まず、また、インフラが未成熟であることなどから、クラウド・トラフィックの面で出遅れている。
 
ーーーーー
このチャートだけでは、ここで言うクラウド・トラフィックの定義が曖昧ですが、「Cisco Global Cloud Index:予測と方法論、2014~2019 年」を参照すると、「世界のデータセンター・トラフィックおよびクラウド・ベースの IP トラフィックの増加を予測する継続的な取り組み」と記載されています。そして、「世界中で発生する年間のデータセンター IP トラフィックは、2014 年には 3.4 ZBで、2019 年末までに 10.4 ZBまで増加する」と記載されていますので、このチャートと一致します。SaaS/IaaS/PaaS の割合は、以下のように変化すると記載されています。
 
  • SaaS ワークロードの割合は、2014年 45% ⇒ 2019年 59%
  • IaaS ワークロードの割合は、2014年 42% ⇒ 2019年 30%
  • PaaS ワークロードの割合は、2014年 13% ⇒ 2019年 11%
 
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Amazon の薄利主義:売上は 15倍でも 利益は一定という、徹底した戦略を1枚のチャートで
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 現実との対比を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on 世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!

ハイブリッド・クラウドへの移行: APAC の 3200 社に、目標と課題について聞いてみた!

Posted in .Selected, Asia, Hybrid, Research by agilecat.cloud on September 4, 2015
APAC firms want to move apps to cloud, but lack data to determine opportune time
Eileen Yu – Aug 20, 2015
http://www.zdnet.com/article/apac-firms-want-to-move-apps-to-cloud-but-lack-data-to-determine-opportune-time/
 
_ zdnet normal
 
Some 41 percent of Asia-Pacific businesses expect up to 24 percent of their applications to be on the cloud in 2016, but 35 percent do not have the analytics to determine whether it’s cost-effective to do so.
 
Asia-Pacific における 41% の企業が、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、2016年までにクラウドに移行したいと望んでいる。しかし、35% の企業は、クラウド移行を判断するための、費用対効果に関する分析を行なっていないと述べている。
 
ーーーーー
 
Some 35 percent of Asia-Pacific organizations do not have the necessary data to determine when it is more cost-effective to deploy their application in the cloud or within their own datacentres.
 
Asia-Pacific における 35% の組織は、クラウドあるいは独自のデータセンターへ向けて、自身のアプリケーションをディプロイする時期について、最も費用対効果の高いタイミングを判断するための、データを有していないという。
 
APAC firms and cloudsClick to Large
 
According to survey findings released Thursday by F5 Networks, 45 percent of businesses in the region operated up to 200 applications, while 8 percent deployed more than 3,000 applications. The study polled 3,200 IT decision makers across Asia-Pacific to analyse their existing and future use of application services.
 
8月20日(木)に F5 Networks がリリースした調査結果によると、この地域における 45% の企業は、200種類以内のアプリケーションを運用しているが、8% の企業に関しては、3,000 種類以上のアプリケーションを展開している状況も分かった。この調査は、現在と未来におけるアプリケーション・サービスの利用について分析するために、Asia-Pacific の 3,200人の IT 意思決定者を対象としている。
 
It found that 41 percent of respondents were keen to move up to 24 percent of their applications to the cloud within the next year, while 24 percent would do likewise for 25 to 50 percent of their applications.
 
また、回答者の 41% は来年中に、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、クラウドへ移行したいと強く望んでいることが分かった。同様に、24% の回答者も、自分のアプリケーションの 25%〜50% を、クラウド移行したいと望んでいるようだ。
 
F5 Networks’ Asia-Pacific senior vice president, Emmanuel Bonnassie, said: “As applications continue to be a critical part of the business strategy, organisations are seeking the same confidence level in cloud deployments that they’ve seen in the datacentre. Companies in every industry rely on applications to drive customer engagement, employee productivity and revenue today.”
 
F5 Networks の Asia-Pacific Senior VP である Emmanuel Bonnassie は、「ビジネス戦略における重要なパートに、アプリケーションが位置づけられるのと平行して、データセンター内に展開されるクラウドに対して、同じようなレベルの信頼が求められてきている。あらゆる産業における企業が、顧客のエンゲージメントおよび、従業員の生産性、日々の収益を促進するために、アプリケーションに依存しているのだ」と述べている。
 
He added that more respondents deemed mobile apps and big data analytics to be important trends for their organisation, compared to the Internet of Things (IoT) or software-defined networks. This indicated a growing hybrid environment across the region, with a mix of on- and off-premise services increasingly adopted by organisations, Bonnassie noted.
 
そして、それらの回答者にとっては、モバイル・アプリとビッグ・データ分析が、IoT や SDN よりも重要なトレンドになっていると、彼は付け加えている。さらに言うなら、それらの組織により採用され、また、増大している、この地域に展開されたオン・プレミス/オフ・プレミスのサービスを、組み合わせていくためのハイブリッド環境が成長していると、彼は指摘している。
 
However, 35 percent pointed to the lack of analytics as a challenge in adopting hybrid clouds, where they struggled to understand when it would make more sense to deploy applications in cloud datacentres and when it would be more cost-effective to do so within their own datacentres. Another 29 percent said the failure to establish comprehensive identity and access management policies as a barrier to the hybrid cloud adoption.
 
しかし、35% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の、課題に対する分析が欠落していると指摘している。つまり、アプリケーションをディプロイする先として、クラウド・データセンターを選ぶ方が理にかなうと思われるときや、独自データセンターを選ぶほうが費用対効果が高いと思われるときがあるが、その判断に苦労しているのだ。その他の 29% は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の障壁として、包括的な ID および、アクセス・マネージメント・ポリシーの確立に問題があるの述べている。
 
Some 23 percent highlighted the inability to ensure consistent application performance as a challenge in hybrid cloud deployment, while 21 percent pointed to the lack of cloud providers that could meet their organisation’s data security requirements.
 
また、23% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の課題として、アプリケーション性能に関する一貫性が確保できないことを強調している。そして 21% は、自社のセキュリティ要件に合致する、クラウド・プロバイダーが見つからないと指摘している。
 
With security a key concern, 42 percent of respondents believed applications services should not be implemented without security, compared to 30 percent who pointed to availability as a priority.
 
セキュリティが重要だとする 42% の回答者は、セキュリティを伴わずに実装されるアプリケーション・サービスが、存在するはずだと確信している。その比率は、可用性を優先する 30% と比べて、大きな値になっている。
 
ーーーーー
Asia Pacificモバイル・アプリ対応が、最大の課題というのは分かりますが、ビッグ・データ分析が IoT と SDN よりも重要なトレンドだというのは、ちょっと意外でした。 以前に、「Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる」という抄訳をポストしましたが、どのようにデータを切り分けて、オンプレミスとクラウドに配置すべきかという点が、依然として大きな課題になっているようですね。それにしても、とても興味深い調査結果ですね!  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港が中国と世界をつなげる?
APAC のモバイル・エンタープライズは、2015年で US$22B の規模にいたる:VMware
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
 

Comments Off on ハイブリッド・クラウドへの移行: APAC の 3200 社に、目標と課題について聞いてみた!

%d bloggers like this: