Agile Cat — in the cloud

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Mac の ポジションは PC 市場の四番手:iPad との統合を拒否する Apple に転機は訪れるのか?

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC by agilecat.cloud on April 21, 2016
The MacBook is becoming more and more popular
Evan Niu, The Motley Fool – Apr. 14, 2016
http://www.businessinsider.com/macbook-becoming-more-and-more-popular-2016-4
 
_ Business Insider
 
Slowly but surely, Apple has been growing its global PC market share every quarter for nearly a decade. Meanwhile, the mature PC market continues to stagnate, although global unit volumes have stabilized for the most part. Even though Mac unit shipments declined by 4% in the fourth quarter, that still outperformed the broader market’s 11% drop, according to IDC. So Apple gained share.
 
Macこの 10年において、グローバル市場での Apple の PC シェアは、それぞれの四半期ごとに、ゆっくりではあっても着実に成長している。その一方で、成熟しきった PC 市場は、量的な面では安定してきたが、ビジネスとしては停滞し続けている。IDC によると、2015年 Q4 での Mac の出荷台数は 4% 減であるが、全体としての PC 市場は 11% 減であるため、Apple はシェアを伸ばしていることになる。
 
IDC has now released its estimates for the first quarter, and the numbers show that this trend is continuing.
 
最近になって IDC が公表した予測によると、今年の Q1 も、その傾向が継続していくことになる。
 
The MacBook rises
 
IDC estimates that Apple has now become the No. 4 global PC vendor, thanks in part to strong demand within North America. Apple’s performance was strong enough to narrowly overtake ASUS in the rankings.
 
IDC は Apple に関して、現時点で世界で4番手の PC ベンダーであると推定している。その背景にあるのは、北米で高まっている需要であり、グローバル・ランキングで ASUS を追い越す原動力となっている。
 
It was a slim victory over ASUS, and it’s also worth noting that Gartner‘s figures differ in that it still ranks ASUS at No. 4 with 5.4 million units shipped. But regardless, Apple continues to hold its own in the PC market, slowly chipping away at the Windows world.
 
ただし、それは、ASUS に対する僅差での勝利であり、また、Gartner の数字によると、5.4 million 台を出荷した ASUS が、ランキングの 4番を維持しているのである。 こうした、注目すべてデータも在るのだが、いずれにせよ Apple は、その独自性を維持しつつ、ゆっくりと Windows の世界を侵食し続けている。
 
Click to Large >>> Mac PC
 
Mac updates these days are largely incremental, since it’s such a mature product category. Additionally, the timing of future Mac cycles is sort of up in the air right now as Intel is moving away from its long-standing tick-tock model. But in the absence of CPU performance improvements, Apple can still drive demand with new industrial designs and continued operating system updates.
 
このところ、Mac のアップデート・サイクルが短くなってきているが、その理由としては、この製品カテゴリの成熟が挙げられるだろう。また、将来における Mac のアップデート・サイクルは、長年にわたり Intel が維持してきた、Tick-Tock Model から離れるにつれて、さらに自由なものになっていくだろう。つまり、CPU のパフォーマンス向上が不在となった状況の下で、これからも Apple は、新しいインダストリアル・デザインの需要を促進し、オペレーティング・システムのアップデートを継続していけるのだ。
 
The rise of detachables
 
Categorically, the PC market is also being partially cannibalized by rising sales of detachables and convertibles. The Mac will decidedly not be Apple’s attempt to capture this demand; that’s what iPad Pro is for. For what it’s worth, IDC technically considers the iPad Pro to be a detachable due to the Smart Keyboard, even though the accessory is sold separately.
 
はっきりしているのは、いまの PC 市場が、コンバーチブルなどの台頭により、世代交代の最中にある点である。しかし、Apple は Mac のために、この種の需要を取り込もうとはしないだろう。 それが、iPad Pro の立ち位置からも伺える。つまり、どこに価値を求めるのかという話なのである。ただし IDC は、iPad Pro に関して、Smart Keyboard が別売りにされるにしても、脱着型の PC になるだろうと見なしている。
 
Still, part of me thinks that Apple could have hedged its bets on convertibles and detachables when it comes to the operating system interface. The Mac maker has made a concerted bet that mobile and desktop platforms would remain distinct, but that could turn into a disadvantage if the market signals that it truly wants a convergence — which could be happening as we speak, given that detachables sales are on the rise.
 
そして、私は、オペレーティング・システムのインターフェースを観るに際し、Apple はコンバーチブルとという可能性に、リスク・ヘッジしていると捉えている。いま、この Mac メーカーは、モバイルとデスクトップのプラットフォームが、別々のままで協調していくという路線に賭けているが、マーケットの需要を見ながら、それが不利になると判断すれば、それらの統合へと進路を変更するだろう。つまり、ここで私たちが説明してきたように、コンバーチブルの売上高が増加していくなら、そのような変化が生じる可能性もあるのだろう。
 
ーーーーー
appleMac が 4番手になったというよりは、PC に求められるものが変化していく中で、どのように Apple は対応していくのかという点が興味深いですね。Agile Cat も Mac mini を使っていますが、その Intel i7 のパワーと、16GB のメモリーを最大に消費しているのは、4つのウィンドウで 30個くらいのタブを開けっ放しにしている Chrome であり、 それに続くのが Evenote や Onenote といったクラウド・ドキュメント・サービスなのです。Mac アプリとしては、Microsoft Office と Mars Editor を使いますが、その頻度は決して高く有りません。次に Office をアップデートするときには 365 になるでしょうし、アプリからクラウドへとワークロードが移行していると、実感するこの頃です。 そうなると、だいたいのことはタブレットで済んでしまいますし、これからの ARM プロセッサであれば、その際にストレスも感じなくなるでしょう。 さらに言うなら、iPad や Android タブにキーボドがあれば PC なんて不要という、Post-PC の時代になっていくのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS と Android の 占有率は動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編
 

Comments Off on Mac の ポジションは PC 市場の四番手:iPad との統合を拒否する Apple に転機は訪れるのか?

Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートするというウワサが!

Posted in .Chronicle, Mobile, Qualcomm, Weekend by agilecat.cloud on December 4, 2015
Qualcomm Snapdragon 830 chipset to support 8GB RAM?
TOI Tech – Dec 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Qualcomm-Snapdragon-830-chipset-to-support-8GB-RAM/articleshow/50029588.cms
 
_ Times of India
 
 NEW DELHI: It has only been a few weeks since Qualcomm unveiled its Snapdragon 820 chip, but rumours about the next-generation Snapdragon 830 chipset are already flying about.
 
NEW DELHI: Qualcomm が Snapdragon 820 チップを発表してから、まだ数週間しか経っていないが、すでに Snapdragon 830 という、次世代チップ・セットのウワサが飛び交っている。
 
Qualcomm ChipThis rumour of Snapdragon 830 and 8 gigs of RAM comes courtesy Chinese analyst Pan Jiutang, who also adds that Qualcomm will adopt the “MSM8998” moniker for the chip. 
 
The latest word on Qualcomm Snapdragon 830 is that the chipset will support up to 8GB of RAM. Samsung has developed the world’s first 6GB RAM for mobile devices, but it is yet to go into mass production.
 
そして、Qualcomm の Snapdragon 830 を特徴づけるのは、最大で 8GB の RAM をサポートするチップ・セットという点である。すでに Samsung が、モバイル・デバイス用として、世界で初の 6 GB RAM を開発しているが、まだ、大量生産には入っていない。
 
This rumour of Snapdragon 830 and 8 gigs of RAM comes courtesy Chinese analyst Pan Jiutang, who also adds that Qualcomm will adopt the “MSM8998” moniker for the chip.
 
この、Snapdragon 830 と 8 GB RAM のウワサは、China で信頼の厚いアナリストである、Pan Jiutang が出処である。さらに彼は、この Qualcomm チップは、”MSM8998″ モニカーを採用すると、付け加えている。
 
8GB of RAM, however, may not be too outrageous a rumour as the smartphone makers seek new ways to distinguish their products from the competitors.
 
いまのスマホ・メーカーたちは、他社との競合において、自社プロダクトを差別化するための手段を模索している。そう考えると、RAM が 8 GB というのを、突拍子のない話として、片付けることもないのかもしれない。
 
ーーーーーー
mobile_55いま、この記事の翻訳に使っている Mac mini は、16 GB の RAM を載せています。 そして、サブの Macbook Air は、8 GB の RAM です。こちらの方の 8 GB でも、RAM が小さくで困るという経験は、ほとんど有りません。 いまの ARM チップは、しっかりとしたマルチ・コアを実現していますし、これで RAM が増えれば、ほとんど PC と言ってよいほどの、パフォーマンスを発揮してくれるでしょう。いつも持ち歩いているスマホを、職場や自宅でドッキング・ベイに挿し込めば、すぐにワークステーションとして動き出す、、、という日が近づいてきますね。 _AC Stamp
ーーーーーー
<関連>
Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

Comments Off on Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートするというウワサが!

iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Uncategorized by agilecat.cloud on September 12, 2015
Apple will pay about $234 for the parts in each iPhone 6S
Matt Rosoff – Sept 11, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-6s-component-costs-by-model-2015-9
 
_ Business Insider
 
Apple will pay about $234 for the parts used in every iPhone 6S, according to estimates from Bank of America Merrill Lynch.
 
America Merrill Lynch の推計によると、iPhone 6S で使用される全パーツに対して、Apple は $234 を支払うことになるようだ。
 
iPhone 6S Cost
BofA Merrill Lynch
 
The biggest part of that cost is $127 for semiconductor pieces, including $36 for the various cellular radios, $25 for the new 64-bit A9 processor, $22 for various sensors (fingerprint, NFC, and so on), and $20 for 64GB of flash memory. Other core components like the screen, camera, and battery will add up to $73, and the other stuff (like the case) will add another $33. The older models are cheaper for Apple to make, as the cost of their components has come down over time.
 
この原価における最大のパートは、半導体に対する $127 であり、その内訳としては、ワイヤレス通信のための $36 および、64-bit A9 プロセッサの $25、各種センサー(指紋や NFC など)の $22、64GB フラッシュ・メモリの $20 などが含まれる。また、それとは別に、ディスプレイ/カメラ/バッテリーなどのコア・コンポーネントのための $73 と、筐体などの $33 が追加される。ただし、一連のコンポーネント・コストは、時間の経過とともに下がっていくため、Apple における製造コストも、それにつれて安価になっていく。
 
An unlocked 64GB iPhone 6S has a starting retail price of $749, but that doesn’t mean Apple is making gross profits of $515 in profit on each phone — there are also manufacturing and distribution costs.
 
iPhone 6S の 64GB Unlocked バージョンには、$749 という小売価格が設定されている。 したがって、Apple の利幅は $515 になるかというと、そういう意味ではない。 ここに、製造と流通のコストが上乗せされるのだ。
ーーーーー
appleこのチャートを見る限り、5S との比較で、約 $50 のコスト増という計算になりますね。 そして、A9 チップなどに関しては、台湾の TSMC に利益が流れこむのでしょう。 また、その他のパーツ代やアッセンブリ料金などが、Foxconn を潤すことになるのでしょう。 それに加えて、ARM や Qualcomm に対しても、かなりのライセンス費用が生じるはずです。 その他にも、Apple は年内に 5000万台の iPhone 6S を出荷するという、台湾からの情報もあります。 やはり iPhone は、横綱クラスの経済効果をもたらしますね!_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? 
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
 

Comments Off on iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Posted in Asia, Huawei, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on August 22, 2015
Xiaomi reportedly developing ARM solutions, paper says
DIGITIMES: Kai-Ti Chiang, jessie Shen – Aug 5, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/08/06/xiaomi-reportedly-developing-arm-solutions-paper-says-cloud-cloudcomputing-xiaomi-arm-smartphone/
 
_ Digi Times
 
Xiaomi is engaged in the development of mobile processors based on the ARM chip architecture, and is expected to have the first in-house developed chips for handsets in early 2016, a 21st CenturyBusiness Herald report quoted sources from China’s handset industry as saying.
 
Xiaomi だが、ARM チップ・アーキテクチャをベースにした、モバイル・プロセッサの開発に取り組んでいるようだ。そして 2016年の初頭には、最初の自社開発チップを搭載するモバイル・デバイスを、マーケットに投入すると予測されている。China モバイル業界の情報筋からのウワサを引用するかたちで、21 Century Business Herald が、このように報道している。
 
Xiaomi Mi4Xiaomi has obtained the right to gain access to ARM processor technology, the report said. The report did not say specifically whether Xiaomi has an in-house chip design team.
 
このレポートは、ARM プロセッサ・テクノロジーにアクセスする権利を、すでに Xiaomi が取得していると述べている。ただし、Xiaomi 社内における、チップ・デザイン・チームの有無については、具体的に言及していない。
 
ARM disclosed recently that it has signed a new subscription licence with a major Chinese OEM which would underpin its future royalty revenue growth. Xiaomi has been identified as ARM’s new OEM partner.
 
最近のことだが、ARM のサブスクリプション・ライセンスが、China の主要 OEM ベンダーに提供されたという情報が開示されている。それにより ARM は、将来におけるロイヤリティ収入の成長を支えていくことになる。そして、もちろん Xiaomi も、ARM の新しい OEM パートナーとしてリストアップされている。
 
Nevertheless, Xiaomi already reached a deal with Leadcore Technology allowing the phone maker to get access to the chip designer’s technology patents. A May 18 EETimes report quoted a Leadcore executive as saying that “Xiaomi wants its own custom-designed processors to differentiate its products and control its destiny.” Leadcore is working with China’s fastest growing smartphone company on product, technology and patent, the EETimes report said.
 
その一方で、すでに Xiaomi は Leadcore Technology との粉タクトを開始しており、このチップ・テクノロジー・デザイナーの特許を取得するようだ。 5月18日の EE Times は、Leadcore の幹部の発言を引用するかたちで、「 Xiaomi は、プロダクトの差別化を促進するための、カスタム・デザインされたプロセッサを、社運をかけて手に入れようとしている。Leadcore は、すばらしい勢いで成長を遂げている、この China のスマートフォン・べンダーと、プロダクト/テクノロジー/パテントの面で協業していく」と報じている。
 
Qualcomm’s and MediaTek’s solutions have been mainly used by Xiaomi and other Android phone makers.
 
これまで、Xiaomi を含む Android フォン・メーカーたちは、主として Qualcomm および MediaTek のソリューションを用いてきた。
 
Leadcore, wholly-owned by China’s Datang Telecom Technology and Industry Group, designs and develops SoC solutions for smartphones and tablets.
 
そして、この Leadcore とは、China の Datang Telecom Technology and Industry Group が所有する、スマートフォン/タブレット用の SoC ソリューションを設計/開発している企業なのである。
 
ーーーーー
Asia Pacificよく言われるように、スマホ・ビジネスで利益を出しているのは Apple と Samusung だけという状況です。 その一方で、チップ・サプライヤーである Qualcomm と MediaTek が大きな利益を出しているという現実があります。 つまり、オリジナルのチップを持てない企業は、いくら売上を伸ばしても、利益をチップに吸い上げられてしまうのかもしれません。 そして、中国では、この Xiaomi 以外にも、Spreadtrum および、Huawei の 子会社である HiSilicon などが Mobile AP (Application Processor) の設計/開発に着手しています。 この、中国とアジアの巨大なマーケットが、モバイル・ビジネスの常識を、根本から覆していく様が見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:勢力図をチャートで!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
 

Comments Off on Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!

Posted in Asia Weekly, IoT by agilecat.cloud on June 6, 2015
 そして、中国の巨大マーケットは、どのように IoT に取り組むのか・・・
 
_ cna-banner
 
今週末は、アジアの IoT 関連情報についてまとめてみました。 各国の動向を参照していこうと思いますが、とても興味深いマトメ的な記事を3つほど見つけましたので、そちらから眺めていきましょう。 まず、4月14日の IDC のレポートですが、それによると、APAC の IoT 産業は 2020年までに、インターネットに接続されるモノを 31 億個から 86億個へと増やし、また、APeJ(Asia Pacific excluding Japan)のマーケットは US$250 billion から US$583 billion に成長するとのことです。
 
Taipei Night ViewFlickr
Arlene Hsu
 
続いて、4月27日の Smart City に関する記事ですが、シンガポールで開催された Asia IoT というイベントで、Schneider が IoT の大切さを説いています。 そして、政府や自治体が主導していく Smart City ですが、なんらかの決定に際しては、必ずエンドユーザーの意見を尊重すべきだ、と指摘しています。 そして、5月8日の ARM CEO へのインタビューですが、2014年の時点で 120億個の ARM-based SoC が、すでに出荷されていると自慢しています。 また、TSMC との協調により、次世代 16nm および 10nm プロセッサを成功させたいと、台湾のメディアに対して発言しています。
 
4/14: APAC becomes frontline for IoT with US$583 billion market by 2020, says IDC
4/27: Smart Cities: Need for co-creation and collaboration underlined in IoT Asia
5/8: The mbed IoT ecosystem: Q&A with ARM CEO Simon Segars, from TW
 
<台湾>
 
ここからは、国別に見ていきますが、以下のとおり、台湾からのニュースが最多でした。今週に開催されていた Computex も、Computex of Things と呼ばれていたようで、最近の台湾は IoT 一色という勢いがあります。 前述の ARM だけではなく、Intel も積極的にアプローチしているようであり、台湾のモテ方が羨ましいですね。
 
・政府系
3/5: Advantech, ITRI to set up Industry 4.0 system integration joint venture
3/12:Taiwan government lab announces self-powered solution for IoT
 
・ソリューション系
4/12:Acer partners with Taiwan venture fund AppWorks for IoT business
4/14: Notebook ODMs partnering with IoT startups, from TW
5/19: Microsoft promotes IoT solutions with Taiwan partners
5/30: Acer opts for slow approach to apps for IoT
3/9: Foxconn expects robots to take over more factory work
 
・セミコンダクター系
4/2: M31 offers low-voltage-power physical IP solutions for TSMC targeting IoT
4/15: MediaTek launches new platform for IoT developers
4/22: IoT to drive semiconductor growth, says TSMC co-CEO
 
・Computex 系
6/3: Welcome to the Computex of Things
6/4: Don’t miss partnership with Taiwan on IoT, says Acer founder
6/4: MediaTek unveils IoT chip targeting smart home market
6/4: COMPUTEX: Intel unveils IoT solutions with Taiwanese partners
 
<中国>
 
IoT に限らずですが、中国の半導体産業が、どのように成長していくのかが、とても気になっています。 4月16日の Digitimes が、SMIC および XMC、HGSM といった中国セミコンダクターに注目しているようですが、ソロソロなのかもしれませんね。以前に、Qualcomm の独禁法についてポストしましたが、国内の半導体産業の成長とバランスを取りながら、そのような政策を展開しているはずです。 そして、6月5日の China Mobile ですが、CES Asia in Shanghaiで、IoT Private Network と OneNet Open Platform を発表し、このプライベート・ネットワークでは、すでに 500万台のデバイスが接続され、リアルタイムでモニターしていると豪語しています。
 
3/12: Baidu Working On Self-Driving Car This Year
4/15: Tencent to partner with Shanghai gov to establish smart IoT city, says report
4/16: Digitimes Research: China foundry houses to optimize specialty processes for IoT
4/17: Xiaomi-backed robotics company Ninebot acquires Segway
5/21: Huawei launches new operating system for Internet of Things
6/1: Huawei launches new operating system, LiteOS, for the Internet of Things
6/3:Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
6/5: China Mobile unveils IoT for enterprises
 
<日本・韓国・シンガポール・インド>
 
台湾および中国と比べてしまうと、その他の国々からの情報は少ないです。 しかし、話を Smart City まで拡大すると、シンガポールとインドの情報が増えるような気がします。 なるべく早めに、Smart City についてもマトメたいと思っています。
 
3/25: Panasonic Working on Royalty Free IoT Software
5/2: Hitachi bets big on IoT, sees $2-trillion business opportunity
5/2: India, Japan look to boost ties in IT sector; eye IoT, Big Data
6/2: Telstra wins $23m Komatsu deal extension
 
3/9: LG Uplus chief bets on IoT
5/24: KT, TeliaSonera teaming up over IoT
5/24: Samsung, TeliaSonera discuss tie-up over IoT
 
2/25: Ericsson Partners with Bridge Alliance on the IoT
4/7: Silicon Cloud, Cisco push IoT design boundaries in Singapore
 
2/22: TCS, Wipro, Infosys eye robotics, driverless cars for next round of growth
4/8: Vishal Sikka’s strategy sees Infosys shift focus to IoT and AI
4/25: Indian city police buys pepper spray drones for crowd control
 
以下は、今週の Top-10 です・・・・
 
ーーーーー
 
① 6/3: AAG submarine Internet cable ruptures again
VietnamA source from the managing center of the Asia America Gateway (AAG) said the cable ruptured at around 4:30 p.m. Details of where the break occurred have remained sketchy. In the past the AAG cable, which is used by VNPT and three other Internet providers, FPT Telecom, Viettel and SPT, took place at the portion between southern Vietnam and Hong Kong. News website VnExpress quoted unidentified sources as saying that the rupture occurred at a section around 38 kilometers off the coast of Vung Tau.
 
② 5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
SingaporeDigital Realty is investing $150 million on a second, 13.2-megawatt data center in Singapore to address growing demand for data center infrastructure in the city-state and interconnection needs in Asia Pacific. Delivery of the powered shell and an initial 3.2 megawatts is expected in late 2015. The company entered into a purchase agreement for a former 175,000 square foot paper storage facility and is converting the non-technical building into a data center. Legal completion of the deal will occur sometime next month, although power and fiber works are already underway.
 
③ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
④ 6/3: Google to build second Singapore data centre
SingaporeGoogle will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017. The company’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million). The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.  In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
⑤ 6/4: Indonesia’s Netflix-type Genflix service opts for Irdeto technology
IndonesiaAMSTERDAM-headquartered Irdeto has announced that PT Mega Media Indonesia Group, owner of satellite pay TV service Orange TV, has selected its end-to-end Multiscreen services to support the launch of Genflix. Genflix, also under PT Mega Media Indonesia Group, was established in September 2013 as Indonesia’s first-ever commercial over-the-top (OTT) content delivery service, Irdeto said in a statement.
 
⑥ 6/1: China set to enter 5G era by 2020: white papers
Image.gifChina expects to enter the 5G era in mobile telecom technology and industry in 2020 as the country has just issued two 5G technology white papers on May 29 during the annual 5G summit held by the China IMT-2020 (5G) Promotion Group, reports Tencent’s tech news portal. Released by the China Academy of Telecommunication Research (CATR), the two white papers, 5G Wireless Technology Architecture and 5G Network Technology Architecture, outlined 5G key technologies as well as the process of the 5G research and development in China and tasks for standardization.
 
⑦ 5/29: Telin Singapore gets Cisco WebEx accreditation, first in APAC
IndonesiaTELEKOMUNIKASI Indonesia International Pte Ltd (Telin Singapore), a subsidiary of PT Telekomunikasi Indonesia, said it was the first in Asia Pacific to be certified a Cisco Systems Inc authorised technology provider for WebEx. With that, Telin Singapore has unveiled new business offerings to help telecommunication service providers and enterprise clients add automation to their Cisco web conference services-based clouds, it said in a statement.
 
⑧ 6/5: Indonesia’s smartphone revolution starts now
IndonesiaIn three to four years, consumers in Indonesia will only pay Rp 400,000 (US$30) for 4G smartphones, Indonesia’s tech minister Rudiantara announced last month. 4G technology is only now beginning to enter Indonesia on a large scale. All three major operators are currently engaged in country-wide 4G infrastructure upgrades. And while Indonesia has a mobile phone penetration of over 100 percent, as little as 23 percent of those are smartphones.
 
⑨ 6/1: LG U+ finishing up mega data center
Image1.gifPYEONGCHON, Gyeonggi – To the trained tech eye, it is obvious how a huge dark gray building in Pyeongchon, Gyeonggi, still under construction will be used.  The structure – the size of 12 soccer stadiums – is telecommunications company LG U+’s data center. And it will be Asia’s largest when completed in July.  The nation’s third largest telecom company will invite corporate clients to locate their servers and storage devices at Pyeongchon Mega Center.  Data centers house servers, cables and connections to the Internet with supporting equipment for supplying power, cooling and fire protection.
 
⑩ 5/22: Qualcomm to step out of TSMC top-5 client list in 2H15
TaiwanQualcomm may not serve as one of the top-five clients for Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) in the second half of 2015 as the US-based chipmaker has placed more 14nm orders with Samsung Electronics, while giving more 28nm orders to United Microelectronics Corporation (UMC) and Semiconductor Manufacturing International Corporation (SMIC), according to industry sources. Qualcomm’s decision may aim to reduce its reliance on TSMC and to avoid its previous experience of not being able to gain enough 28nm foundry capacity from TSMC, the sources noted.
 
ーーーーーー
cna_6こうして眺めてみると、IoT にしても、Top-10 にしても、日本からの情報が少ないですね。 日本語のメディアを読んでいると、もっと色々なことがあるので、英語での発信が少ないというだけの話なのでしょう。 もちろん、収益性という問題があるので、英語のメディアといっても簡単な話ではないのでしょうが、日本の IT 企業の頑張りを、もっと海外の人々に知ってほしいですね。_AC Stamp
ーーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

Comments Off on Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!

%d bloggers like this: