Agile Cat — in the cloud

Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

Posted in .Selected, AI ML, Amazon, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on September 27, 2016
Google Uses AI to Lure New Cloud Customers
By Jack Nicas – July 20, 2016
http://www.wsj.com/articles/google-uses-ai-to-lure-new-cloud-customers-1469030402
 
_ WSJ
 
Google is pitching its artificial-intelligence software to commercial customers in a bid to catch rivals in the increasingly lucrative business of renting its computer servers to other companies.
 
Google は、商用で同社のサービスを利用するユーザーに対して、人工知能ソフトウェアを投入しようとしている。つまり、ビジネスでライバルに勝つためには、他社からコンピュータ・サーバーを借りるよりも、Google を選ぶほうが有利になると示唆しているのだ。
 
The Alphabet Inc. unit has fallen behind competitors Amazon.com Inc. and Microsoft Corp. in so-called cloud computing, a rapidly growing business in which tech firms host other companies’ digital businesses on their servers. Forrester Research estimates roughly $10.8 billion in cloud revenues for Amazon this year, $10.1 billion for Microsoft and $3.9 billion for Google.
 
この Alphabet 傘下の企業は、いわゆるクラウド・コンピューティングの世界では、コンペティタである Amazon と Microsoft の影に隠れている。そして、それらのクラウド・プロバイダーたちがホストするサーバー上で、数多くのハイテク産業が、それぞれのデジタル・ビジネスを急速に成長させている。Forrester Research が概算するクラウド収益によると、今年の Amazon は $10.8 billion であり、また、Microsoft は $10.1 billion であるが、Google は $3.9 billion に過ぎない。
 
deep_dreamscopeWikipedia
 
Google is making a renewed push into the cloud business, where it spent much of its $10 billion in capital expenditures last year to build new data centers and tapped Diane Greene, a high-profile Silicon Valley executive, to run the business.
 
Google は、そのクラウド・ビジネスを再構築するために、昨年は新たなデータセンターに $10 billion 以上を投資し、また、Silicon Valley で名の通っている Diane Greene を採用している。
 
A core part of Google’s cloud strategy is artificial intelligence. Wednesday, Google said it would start letting cloud customers tap into two software programs it has used internally to draw meaning from text and convert speech to text. The programs use so-called machine learning, a rapidly accelerating technology that enables computers to make inferences based on data they previously had analyzed.
 
Google のクラウド戦略のコアには、人工知能が座る。Google は 7月20日に、音声をテキストを変換し、テキストから意味を抽出するという、2つのソフトウェア・プログラムを顧客に提供すると述べている。このプログラムは機械学習と呼ばれるものであり、以前に分析したデータに基づいた推論を行い、コンピュータのテクノロジーを急速に加速させるものである。
 
Google said, for example, that clients could use the programs to analyze customer reviews or social-media posts and to automatically transcribe customer-service calls for large-scale analysis. Google also offers programs that translate text and understand images, including the ability to flag pornography and detect emotions from facial expressions.
 
Google の説明によると、このプログタムを利用するユーザーは、カスタマーレビューやソーシャル・メディア・ポストの分析が可能となり、顧客へのサービス・コールを大規模な解析をベースにして、実施することなどが可能になるという。さらに Google は、テキストを翻訳とイメージの認識に関するプログラムを追加していくという。それらにより、たとえばポルノの排除や、人々の表情から感情を検出する能力などが備わっていくようだ。
 
Many tech executives and computer scientists expect artificial intelligence to help transform businesses over the next several years, unlocking new insights from the reams of data companies collect. Analysts expect artificial-intelligence programs to play a growing role in cloud offerings from Amazon, Microsoft, Google and others.
 
ハイテク産業の経営者たちや、コンピュータを研究する科学者の多くが、人工知能によりユーザー企業に蓄積された膨大なデータを解析することで、これから数年でビジネスの変革が進むと期待している。また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/Google などが提供するクラウドにおいて、人工知能の役割が重要になると予測している。
 
Google says its machine-learning programs that convert speech to text, translate it and interpret it have helped one large customer analyze more than two billion minutes of customer-service calls to understand when customers end calls satisfied and when they don’t.
 
Google の説明によると、音声からテキストに変換し、その意味を引き出すプログラムは、すでに顧客のビジネスに役立っているという。ある大手のユーザー企業は、300万時間にもおよぶサービス・コールの内容を分析し、それぞれの顧客が対応に満足しているか、あるいは、不満を持っているのかを、解析しているという。
 
“That’s been an intractable, unsolvable problem,” said Rob Craft, a Google product manager for machine learning.
 
Google の PM of Machine Learning である Rob Craft は、「そこには、手に負えない問題や、解決策の見つからない問題がある」と述べている。
 
Analysts said Amazon, Microsoft and International Business Machines Corp. all offer machine-learning programs that are similar to Google’s with their cloud services.
 
また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/IBM のクラウド・サービスでも、Google と似たような機械学習のプログラムが提供されていると発言している。
 
Google’s machine-learning offering “is great stuff, and it’s finally packaged in a way that developers really want,” Forrester Research principal analyst John Rymer said. “But they’re not alone.…And (Amazon) and Microsoft are far ahead.”
 
Forrester Research の Principal Analyst である John Rymer は、「Google の機械学習プロダクツは素晴らしいものであり、また、究極のパッケージであり、開発者がのむものである。しかし、それを極めようとするのは Google だけではなく、Amazon や Microsoft は、はるか先を進んでいる」と述べている。
 
Microsoft has promoted machine-learning programs as a selling point of its cloud business since last year, including programs that recognize faces and make predictions, said Joseph Sirosh, vice president of Microsoft’s data group. Mr. Sirosh said Microsoft helped the public-school system in Tacoma, Wash., use its data to predict student dropouts and helped Dartmouth—Hitchcock Medical Center in Lebanon, N.H., predict illnesses for certain patients.
 
昨年から Microsoft は、クラウド・ビジネスのセールス・ポイントとして、機械学習プログラムを推進してきた。そこには、顔の認識や、さまざまな予測のためのプログラムが含まれると、Microsoft の VP of Data Group である Joseph Sirosh は述べている。また、Sirosh は、Tacoma, Wash の公立学校で、学生のドロップ・アウトを予測するために、データを活用しているという。そして、 Lebanon, N.H の Dartmouth—Hitchcock Medical Centre では、特定の病気の予測を支援しているという。
 
The tech companies make money from the services by charging a fraction of a cent for every request of the technology. For Google’s image-recognition function released several months ago, “one or two customers using it trillions of times turns it into a lovely revenue stream,” Mr. Craft said.
 
テック・カンパニーたちは、すべての要求されるテクノロジーに対して、数セントという少額を課金するサービスから、収益をあげている。Google の Craft は、「私たちのイメージ認識の機能は、数ヶ月前にリリースされているが、数社の顧客が膨大な時間を費やしてくれるなら、とても素敵な収入源になると」述べている。
 
Read More
 
ーーーーー
google-55aGoogle Now や Siri や Cortana や Echo に代表される、人間が発する言葉を理解し、それに対する回答やアドバイスを提供するというサービスが、パブリック・クラウドを成功させるための、大きな要因となっていくのでしょうか? そして、AiphaGO で世界を驚かさせた Google は、それを武器にして、Amazon や Microsoft に追いついていけるのでしょうか? 誰もが気になっている、クラウドと人工知能/機械学習の関連性を指摘する記事です。この種のテクノロジーは、ユーザーに対して新しいサービスを提供するだけではなく、ネットワークの管理や、是キュリティの強化という面でも、クラウドを支えていくことになるでしょう。コストの削減から始まり、いまではビジネス・アジリティの推進を担っているクラウドですが、そこに新たな差別化の要因が加わりそうな感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
 

Comments Off on Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 30, 2016
The Smartphone Platform War Is Over
Felix Richter – Aug 22, 2016
https://www.statista.com/chart/4112/smartphone-platform-market-share/
 
_ Statista
 
While the global smartphone market is as competitive as ever in terms of manufacturers fighting for the consumers’ love (and money), the long-raging platform war appears to be over. According to a recent report by Gartner, Android and iOS now account for 99 percent of global smartphone sales, rendering every other platform irrelevant.
 
グローバルにおけるスマートフォン市場では、メーカーたちが消費者の愛情と財布を狙うという意味で、これまでと同様に競合が繰り返されていが、その一方では、長年にわたるプラットフォーム戦争が終結しようとしている。Gartner の最新レポートによると、グローバル・スマートフォン売上の 99% を Android と iOS が占め、その他のプラットフォームが無意味なものにされている。
 
smartphone_platform_market_shareClick to Large >>> 
 
This chart shows the changes in smartphone operating system market share since 2009.
 
 
As the chart below illustrates that hasn’t always been the case. Back in 2010, Android and iOS devices accounted for less than 40 percent of global smartphone sales. Back then, devices running Nokia’s Symbian and BlackBerry accounted for a significant portion of smartphone sales and Microsoft’s market share stood at 4.2 percent.
 
このチャートを見れば、Android と iOS による独占が、以前からの現象ではなかったことが分かる。2010年の時点に戻ると、この 2つの OS を搭載するデバイスは、グローバル・スマートフォン販売台数の 40% 以下を占めるに過ぎない。その当時は、Nokia の Symbian と BlackBerry を搭載するデバイスが、スマートフォン販売台数の大部分を占め、また、Microsoft のマーケット・シェアも 4.2% あった。
 
While Symbian is long extinct and BlackBerry has started transitioning to Android devices, Microsoft has not yet given up on Windows 10 Mobile as a platform aimed at professional users. Whether Windows, or any other platform for that matter, stands a chance against the dominance of Android and iOS at this point seems highly doubtful though.
 
Symbian は絶滅し、BlackBerry は Android デバイスへと移行を開始し、諦めていないのは Microsoft だけとなった。同社は、プロフェッショナル・ユーザー向けのプラットフォームとして、Windows 10 Mobile をプッシュしている。Windows や、その他のプラットフォームが、依然として Android と iOS の支配に立ち向かう、チャンスを狙っているのだろうか? ここまでくると、かなり疑わしいと思われる。
 
ーーーーー
mobile_55この、Gartner の調査をベースにしたチャートは、出荷台数をベースにしたものであり、また、2016年の数字は 1月〜6月の累計となっています。今年の 3月には、「iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、2015年の内訳は、Android が 81.6% で、iOS が 15.9% でした。その時と比べて、さらに Android が伸びています。強いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 28, 2016
Smartwatches – The Next Big Thing That Wasn’t
Felix Richter, Jul 22, 2016
https://www.statista.com/chart/5328/smartwatch-shipments/
 
_ Statista
 
When Apple introduced the Apple Watch in April 2015, many pundits expected smartwatches to become the next big thing and emulate the success of smartphones and tablets. And while the Apple Watch definitely made its mark and quickly became the most popular smartwatch out there, the market as a whole never really took off.
 
Apple Watch が市場に投入された 2015年4月の時点では、スマートウォッチは次のマーケットを構築し、スマートフォンやタブレットの成功を再現するものになると、数多くの評論家たちが期待していた。そして Apple Watch は、間違いなく一定の成功を収め、最も人気のあるスマートウォッチになっていったが、このマーケット全体が離陸したとは言えないだろう。
 
smartwatch_shipments_nClick to Large >>>
This chart shows estimated global smartphone shipments since Q2 2014.
 
Doubts about the added benefit of smartwatches in between smartphones and considerably cheaper fitness armbands always lingered, and the lack of obvious killer features didn’t help broader adoption either.
 
スマートフォンと安価なフィットネス・バンドが、それぞれのマーケットを維持する中で、スマートウォッチは何らかのメリットを加えようとした。しかし、独自の機能が欠如しており、広い範囲で受け入れられる状況にはならなかった。
 
In the past quarter, the global smartwatch market saw its first contraction, with worldwide shipments declining by more than 30 percent year-over-year. According to IDC’s estimates, shipments amounted to 3.5 million units between April and June this year, down from more than 5 million in the past year. While it needs to be noted that last year’s June quarter marked the launch quarter of the Apple Watch, it took both the smartphone and tablet markets years to see their first year-over-year declines after Apple had entered and thus made them the next big thing.
 
最近の四半期ごとのデータを眺めてみると、グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が 30% 以上も下落するという、初めての後退を見せている。IDC の推計によると、今年の 4月〜6月の出荷台数は 350万台となるが、前年同期は 500万台というレベルにあったのだ。ただし、昨年の 4月〜6月期は、Apple Watch の立ち上げ時期と重なっていることを、指摘しておく必要がある。それは、Apple のスマートフォンやタブレットが、前年比で初めてマイナスを記録した直後であり、同社として新たなマーケットを模索していた時期でもあった。
 
ーーーーー
Wearableそういえば、このところ、スマートウォッチが話題になりませんね。その一方で、Pokemon GO のような、人々を物理的に移動させるアプリが登場しましたが、それを動かすのもスマフォです。Apple Watch について言うなら、あくまでも iPhone のアクセサリーという位置づけであり、それでは、大ヒットは望めないと思えます。とは言え、いまのスマフォのパワーが、腕時計の容積に収まるまで、それほどの時間が必要とも思えません。いまから数年度には、再びスマートウォッチが注目されると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
 

Comments Off on スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 9, 2016
The Smartphone Price Gap
Felix Richter – Jun 2, 2016
https://www.statista.com/chart/4954/smartphone-average-selling-prices/
 
_ Statista
 
When Apple’s iPhone sales started showing signs of stagnation recently, one of the most cited reasons for the slowdown was the iPhone’s steep price tag compared to the competition.
 
最近になって、Apple の iPhone が低迷の兆しを見せ始めたとき、減速の理由として最も引き合いに出されたのは、競争相手と比べて高額な価格帯であった。
 
smartphone_average_selling_pricesClick to Large >>>
This chart compares the average selling price of iOS and Android smartphones since 2008.
 
And while it’s probably right to assume that a lower price would boost iPhone sales, the question is: why should the iPhone’s price suddenly be more of a problem than it used to be? After all, it has always been more expensive than most Android phones, but that didn’t stop Apple from outperforming the market many times over the past few years.
 
その価格の引き下げが、iPhone の売り上げを伸ばすと考えることは、おそらく正しいのだろう。しかし、疑問もある。iPhone の全盛期には言われなかった価格のことが、なぜ急に、問題視されるようになったのだろう? たしかに、Android フォンと比べると常に高価ではあったが、これまでの数年間において iPhone はマーケットで優位に立ち、Apple の勢いが削がれることはなかった。
 
First of all, the smartphone market has changed. In highly developed regions such as North America and Europe, the market is pretty much saturated – most people who want a smartphone, already have one. Much of today’s smartphone growth comes from emerging markets, where price is much more of an issue.
 
まず、スマフォ・マーケットの変化を指摘したい。North America や Europe などの高度に発展した地域では、そのマーケットが飽和に近い状態であり、ほとんどの人が既にスマフォを所有している。今日のおけるスマフォの成長は、その大半が途上国マーケットで生じており、そこでは価格が大きな問題となっているのだ。
 
At the same time, the price gap between iPhones and Android phones has widened considerably over the years. As our chart, based on data from KPCB, illustrates, the difference in average selling prices grew from $218 in 2008 to $443 in 2016. While high-end Android phones, such as Samsung’s top-of-the-line devices still cost about as much as an iPhone, there is a large number of manufacturers (mostly from China) who sell Android smartphones for a fraction of the iPhone’s price these days.
 
それと同時に、iPhone と Android フォンの価格差が、この数年において大きくなってきている。KPCB のデータを基にしたチャートが示すように、平均的な販売価格の差は、2008年 の $218 から 2016年の $443 へと拡大している。周知のとおり、Samsung などのハイエンド Android フォンは、依然として iPhone と肩を並べる価格帯で販売されている。その一方では、主として China で製造される大量の Android スマフォが、いまでは iPhone の何分の一という価格で販売されているのだ。
 
ーーーーー
mobile_55これは、それぞれの OS やデバイスの優劣という話より、それぞれの性格の違いだと捉えるべきものなのでしょう。企業であるからには、その売上を伸ばして株価を高めていくべき Apple と、途上国マーケットを前提に、競合していく Android フォン・メーカーたちでは、価格という要件に対する姿勢が、おのずと異なってしまいます。それが、このような価格差を作り出してきたわけです。Agile Cat が、いまスマフォを買い換えるとしたら、断然 Xiaomi の Remi 3 になるでしょう。eBay などで探してみると、2万円を切る価格帯で、この 8-Core のデバイスが買えることが分かります。「Google Play は入っていますか?」と、ディーラーに確認したこともあるのですが、「もちろん」という答えが返ってきました。3G/4G の周波数帯域もバッチリなので、日本でも充分に利用できるスマフォになるはずです。 ついに、中国製のデバイスが、インターナショナル・マーケットに進出してきたわけであり、Apple が価格を維持するなら、この差は、さらに開いていくと思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、14ドルで販売されるのか?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
 

Comments Off on iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Post-PC by agilecat.cloud on June 2, 2016
 Chromebooks outsell Apple Mac devices in the US for the first time
TOI Tech – May 19, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/computing/Chromebooks-outsell-Apple-Mac-devices-in-the-US-for-the-first-time/articleshow/52349174.cms
 
_ Times of India
 
For the first time, the shipments of Google’s Chromebook devices surpassed that of rival Apple’s Mac laptops and PCs in the US in the first quarter of 2016, said IDC analyst Linn Huang while talking to The Verge.
 
2016年 Q1 の US 市場において、ついに Google Chromebook デバイスの出荷台数が、ライバルである Apple の Mac Laptop と PC を上回ったと、IDC のアナリストである Linn Huang が The Verge に語った。
 
ChromebookImage
Youtube
 
The analyst did not reveal any specific numbers on the shipments of Chromebooks. However, it was said that Apple shipped 1.76 million Mac devices in the US in the first quarter of 2016. This means that the shipments of Chromebooks exceeded 1.76 million.
 
このアナリストは、Chromebook の出荷台数について、具体的な数値は明らかにしていない。しかし、2016年 Q1 の US で、Apple は 176万台の Mac デバイスを出荷したと言われている。つまり、この 2つの情報を照らし合わせれば、Chromebooks の出荷台数が、176万台を超えたことになる。
 
The analyst further added that K-12 education market was the primary sector accounting for majority of Chromebook shipments. This has been the case since the last few years. It is worth mentioning that total Chromebook shipment numbers come from combined shipments from all the Chrome OS OEMs like Dell, HP and Lenovo. Shipment numbers outside the US still remain a secret, for now.
 
さらに、このアナリストは、K-12 教育マーケットが、Chromebook の出荷台数の大半を占める、最大の要因であると付け加えている。この数年は、この傾向が顕著である。そして、Chromebook の総出荷台数が、すべての Chrome OS OEM メーカーである、Dell/HP/Lenovo などで構成されていることに、言及しておくべきであろう。なお、US 国外での出荷台数は、依然として不明のままである。
 
Chromebooks are likely to see a boost in the coming future as Google is planning to bring all Android apps (including Google Play Store) to its Chrome OS . The search giant is supposed make an official announcement later today in the ongoing Google I/O 2016 conference.
 
また、Google が Chrome OS に対して、すべての Android アプリ(Google Play を含む)を持ち込もうと計画していることも、これからの Chromebook を、さらに加速させる可能性を生み出している。この、サーチ・ジャイアントは、開催中の Google I/O 2016 カンファレンスで、一連の計画について正式にアナウンスしたものと思われる。
 
The confirmation came from a session description on the Google I/O website. The description has since been pulled from the website.
 
Google I/O Web サイトの、セッションに関する記述を確認して欲しい。上記の説明は、この Web サイトから引用したものである。
 
“Today we announced that we’re adding the best mobile app experiences in the world, Android apps and the Google Play store, to the best browser in the world, Chrome! Come to this session and test your Android apps for Chrome OS. You will get hands on help from our friendly engineers on how to optimize your Android app for Chromebooks. Oh, and we will also be giving the first 50 developers to show up a free Chromebook so they can get a head start bringing their apps to Chrome!,” read the event description.
 
そのイベントの詳細として、「今日、私たちは、世界で最高のブラウザに、世界で最高のモバイル・エクスペリエンスを組み込むことを発表した。つまり Chrome 上に、Android アプリや、Google Play ストアが加わることになるのだ!このセッションのビデオで、あなたの Android アプリを、Chrome OS で動かせることを確認して欲しい。私たちのフレンドリーなエンジニアのサポートを得て、あなたの Android アプリを Chromebook で走らせ、最適化していくことが可能だ。それと、このプログラムを盛り上げるために、最初に Chrome 化を達成した 50人のデベロッパーに、Chromebook を無償で提供することにした。だから、あなたのアプリの Chrome 化を急いで欲しい!」と説明されている。
 
ーーーーー
google-55aなかなか好調な、Chromebook という感じですね。最近は、ARM A17 相当の 4-Core チップが載ったデバイスが 3万円台で販売されるなど、日本のマーケットにもジワジワと浸透しているようです。60日間隔でアップデートされる  Chrome OS も、この二年ほどで随分と洗練され、エクステンションも充実してきました。そして、Android アプリが動くようになれば、これがあれば充分というユーザーも増えてくるはずです。とにかく、手軽に買える価格帯というのが、嬉しいですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
米 教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
 

Comments Off on Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

%d bloggers like this: