Agile Cat — in the cloud

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 28, 2016
Smartwatches – The Next Big Thing That Wasn’t
Felix Richter, Jul 22, 2016
https://www.statista.com/chart/5328/smartwatch-shipments/
 
_ Statista
 
When Apple introduced the Apple Watch in April 2015, many pundits expected smartwatches to become the next big thing and emulate the success of smartphones and tablets. And while the Apple Watch definitely made its mark and quickly became the most popular smartwatch out there, the market as a whole never really took off.
 
Apple Watch が市場に投入された 2015年4月の時点では、スマートウォッチは次のマーケットを構築し、スマートフォンやタブレットの成功を再現するものになると、数多くの評論家たちが期待していた。そして Apple Watch は、間違いなく一定の成功を収め、最も人気のあるスマートウォッチになっていったが、このマーケット全体が離陸したとは言えないだろう。
 
smartwatch_shipments_nClick to Large >>>
This chart shows estimated global smartphone shipments since Q2 2014.
 
Doubts about the added benefit of smartwatches in between smartphones and considerably cheaper fitness armbands always lingered, and the lack of obvious killer features didn’t help broader adoption either.
 
スマートフォンと安価なフィットネス・バンドが、それぞれのマーケットを維持する中で、スマートウォッチは何らかのメリットを加えようとした。しかし、独自の機能が欠如しており、広い範囲で受け入れられる状況にはならなかった。
 
In the past quarter, the global smartwatch market saw its first contraction, with worldwide shipments declining by more than 30 percent year-over-year. According to IDC’s estimates, shipments amounted to 3.5 million units between April and June this year, down from more than 5 million in the past year. While it needs to be noted that last year’s June quarter marked the launch quarter of the Apple Watch, it took both the smartphone and tablet markets years to see their first year-over-year declines after Apple had entered and thus made them the next big thing.
 
最近の四半期ごとのデータを眺めてみると、グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が 30% 以上も下落するという、初めての後退を見せている。IDC の推計によると、今年の 4月〜6月の出荷台数は 350万台となるが、前年同期は 500万台というレベルにあったのだ。ただし、昨年の 4月〜6月期は、Apple Watch の立ち上げ時期と重なっていることを、指摘しておく必要がある。それは、Apple のスマートフォンやタブレットが、前年比で初めてマイナスを記録した直後であり、同社として新たなマーケットを模索していた時期でもあった。
 
ーーーーー
Wearableそういえば、このところ、スマートウォッチが話題になりませんね。その一方で、Pokemon GO のような、人々を物理的に移動させるアプリが登場しましたが、それを動かすのもスマフォです。Apple Watch について言うなら、あくまでも iPhone のアクセサリーという位置づけであり、それでは、大ヒットは望めないと思えます。とは言え、いまのスマフォのパワーが、腕時計の容積に収まるまで、それほどの時間が必要とも思えません。いまから数年度には、再びスマートウォッチが注目されると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
 

Comments Off on スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Samsung, Wearable, Xiaomi by agilecat.cloud on February 28, 2016
This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales
Eugene Kim – Feb. 25, 2016
http://www.businessinsider.com/why-people-are-disappointed-by-apple-watch-sales-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple sold 4.1 million Apple Watches in the fourth quarter of 2015, according to IDC estimates. That makes it the second-best selling wearable device in the quarter, trailing only Fitbit.
 
Apple Watch の、2015年 Q4 における出荷数は 410万台だと、IDC は推定している。それは、Fitbit に続く、二番手のベスト・セラー・ウェアラブル・デバイスとなる。
 
But most people were disappointed by Apple Watch’s sales figures. Why? Because Apple Watch failed to bring a significant holiday jump in its sales during the quarter, typically the best-selling period of the year.
 
しかし、大半の人々は、Apple Watch の売行きに失望している。何故だろうか? それは、年間で最も売上が伸びるはずの、クリスマス・シーズンの四半期を、不発で終えたからである。
 
Global Wareable Market
Statista
 
This chart by Statista, based on data from IDC, shows Apple Watch’s holiday sales only saw a slight bump compared to previous quarters. In contrast, Fitbit’s sales jumped 72% from the previous quarter, while smaller players like Garmin and Samsung both saw increases. Xiaomi’s sales dropped sequentially, but it saw a whopping 285% jump year-over-year.
 
IDC のデータから Statista が作成したチャートを見ると、Apple Watch のクリスマス・セールスは、直前の四半期を比べて、わずかに伸びているだけだ。それとは対照的に、Fitbit の販売台数は 72% も上昇し、また、Garmin と Samsung も、小規模ながら成長している。Xiaomi は、その数字を低下させているが、それでも、前年比で見ると 285% のアップとなっている。
 
There could be a lot of reasons for the slow growth, but as IDC’s Jitesh Ubrani told Business Insider, it might be due to the smartwatch’s lack of appeal to the general public.
 
この低成長には、数多くの理由があるのだろう。しかし、IDC の Jitesh Ubrani は Business Insider に対し、スマート・ウォッチには魅力が無いと、一般的な人々が捉えている可能性があると述べている。
 
“Some of that can be attributed to early-on supply chain issues, but I think most of it is attributed to people just not seeing the value in the smartwatch just yet,” Ubrani said. “The price has been very high on these things, and function-wise, they don’t offer a lot of new functionality when it compares to the smartphone.”
 
そして Ubrani は、「たしかに、その初期においては、いくつかの問題がサプライ・チェーンにあった。しかし、私の考えは、人々がスマート・ウォッチに対して、依然として価値を見出していないところに集約される。それらのプロダクトと機能に対して、きわめて高い価格が設定されている。そして、スマートフォンとスマート・ウォッチを比較して、後者が多くの新機能を提供しているとは思えない」と続けている。
 
ーーーーー
Wearableスマフォの後に続くパーソナル・デバイスは、スマフォを置き換えていくという、未来を見せなければダメだと思うのです。そう考えると、まだ時期尚早なのかもしれませんね。入力と出力の問題を解決しながら、いまのスマフォの機能を時計(などの)の容積に収めるには、まだ、何年かを費やす必要があるのでしょう。そして、Android Wear ベースのプロダクトであれば、iPhone ユーザーを取りに行くべきでしょうし、それと同様に、Apple Watch は Android ユーザーを取りに行くべきなのです。 しかし、現状は iPhone のアクセサリという位置づけであり、これでは迫力に欠けてしまいます。その一方で、Fitbit ですが、こちらは企業ユーザーを開拓しているようですね。職務時における従業員の健康状態が気になる、たとえば、交通や建設などの業種で採用が進んでいると、どこかで読んだ記憶があります。 日本でも、深夜バスなどで採用されると良いなぁ〜〜〜 と思ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは 3月なのか?
GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ

Posted in Apple, Wearable, Weekend by agilecat.cloud on January 31, 2016
Apple Watch 2 may not launch in March: Report
TOI Tech – Jan 18, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-Watch-2-may-not-launch-in-March-Report/articleshow/50625655.cms
 
_ Times of India
 
All those waiting for the next-generation of Apple Watch may have to wait a little longer. As according to a report in TechCrunch, Apple Watch 2, as it is being popularly called, may not be launched in March.
 
Apple Watch の新しいバージョンを待っている人たちは、もう少し待つことになるかもしれない。TechCrunch のレポートによると、多くの人びとが Apple Warch 2 と呼んでいる、その新しいデバイスの 3月発売が、見送られそうな状況だという。
 
Apple Watch 2According to a new research, Apple Watch controls over 50% of the smartwatch market.
 
“Several things that I’ve heard (from several sources) indicate to me that we won’t see a major new hardware model of the Apple Watch in March. Design partnerships, accessories, that kind of thing maybe but not a “Watch 2.0″ with a bunch of new hardware features,” says the report.
 
このレポートは、「いくつかの情報筋から聞き出した、さまざまな情報をまとめてみると、Apple Watch の新しいハードウェア・モデルが、この3月に登場するとは思えない。なぜなら、たくさんの新機能を盛り込んだ、新しいハードウェアである Watch 2.0 のための、デザインやアクセサリーのパートナーたちに、その動きが見当たらないのだ」と述べている。
 
Quoting sources from supply chain, the report says that there has not been enough movement to hint at a new product launch.
 
言い換えるなら、サプライ・チェーンからの情報を引用するかたちで、新製品の発売を裏付けるための、充分な情報が得られなかったと、このレポートは述べているのだ。
 
Similarly, the report also notes that there has also not been any major action at the developers’ end to suggest that a new Apple Watch is coming in next few months.
 
それと同様に、新しい Apple Watch の展開が、数ヶ月後に迫っていると思わせるだけの動きが、デベロッパー・サイドにも見られないと、このレポートは指摘している。
 
ーーーーー
weekendこの、3月発売というウワサは、Apple Watch の $100 ディスカウントが、BestBuy などで始まったあたりから、囁かれるようになったと思っています。しかし、文中で指摘されているように、ハードウェアのサプライ・チェーンや、サードパーティであるデベロッパーたちに、目立った動きがないようであれば、3月の発売というのは有り得ないでしょうね。Agile Cat 的には、少なくとも SIM が入って、いくつかのスマフォの機能を肩代わりできるというのが、Apple Watch に期待するところです。その一方で、Fitbit などのリスト・バンド系は、企業の労務管理などに使われ始めているようです。たとえば、交通機関や建設現場で働く人々の、健康状態を把握しているということは、事故を未然に防ぐための要因になるはずであり、また、Apple Watch とは異なるマーケットを、構築していくのだろうと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch に 似合いそうな、11種類のアプリとは?
Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?
Fitbit が突っ走り Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の新たな勢力図をチャートで!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
 

Comments Off on Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ

いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?

Posted in .Selected, Ericsson, Mobile, Research, Storage, Telecom, Wearable by agilecat.cloud on December 12, 2015
Smartphones ‘are going to die out within five years’, report predicts
Rob Waugh – Dec 8, 2015
http://metro.co.uk/2015/12/08/smartphones-are-going-to-die-out-within-five-years-report-predicts-5552164/
 
images
 
Most of us spend every waking hour stapled to our smartphones – but that could be about to change. A report by Swedish telecoms experts Ericsson suggests smartphones could be about to die out – in the next five years.
 
私たちの大半は、目を覚ましている限り、スマートフォンと共に時間を過ごしているが、それが変化していく可能性もある。Swedish テレコム・エキスパートである Ericsson のレポートには、これから5年の間に、スマートフォンが死んでいくという可能性が示唆されている。
 
comp-phones-in-binSmartphones ‘will die out within five years’
 
The report, which quizzed 100,000 people in Sweden and 39 other countries, found that many people believe smartphones are ‘over’. Instead, we’ll speak to ‘artificially intelligent’ helpers without needing a screen, according to the people polled by the telecoms giant.
 
Sweden を含む 39カ国の 10万人を対象とする、このレポートが明らかにしているのは、スマートフォンは「終わる」と、数多くの人々が考えている点である。 このテレコム・ジャイアントが調査した結果によると、その代わりに、私たちは AI を駆使したヘルパーに話しかけ、スクリーンを必要としなくなるという。
 
Many tech gurus predict that wearable gadgets such as Apple Watch will slowly start to replace smartphones – although few experts would expect the change to be THIS rapid.
 
この業界における、いわゆるテック・グルたちの多くは、Apple Watch のようなウェアラブル・ガジェットが、ゆっくりとスマートフォンを置き換え始めると予測しているが、その変化が急激に起こるとする、何人かの専門家もいる。
 
‘A smartphone in the hand, it’s really not that practical,’ said Rebecka Cedering Ångström from Ericsson ConsumerLab. ‘For example, not when one is driving a car or cooking. And there are many situations where display screens are not so good.
 
Ericsson ConsumerLab の Rebecka Cedering Ångström は、「手のひらを占有してしまうスマートフォンは、実際のところ、それほど実用的ではない」と述べている。たとえば、自動車を運転しているときや、調理をしているときに、それらは使いものにならない。それに加えて、液晶ディスプレイが、あまり適さないという、数多くの局面もあるのだ。
 
Therefore, one in two think that smartphones will belong to the past within five years,” ‘Things just go so fast now from the idea to the mass market. We have not studied the technology, this is just what consumers think.’
 
そして、彼女は、「スマートフォンが5年以内に消えていくと、二人に一人が考えるのは、前述のような背景があるからだろう。いまの時代、新しいデバイスに関するアイデアは、きわめて短時間でマス・マーケットに広まっていく。ただし、今回の調査は、テクノロジーを対象とするものではなく、消費者が考えにフォーカスするものだ」と述べている。
 
ーーーーー
mobile_55さて、さて、早くも登場してきた「スマホ滅亡論」ですが、あなたは、どう思います? ちなみに、この Metro UK のページには、読者アンケートもあったので、「スマホは消える」の方へ、Agile Cat は一票を投じてみました。 現時点(12/12)では、消えないが 78% で、消えるが 17% で、興味なしが 5% でした。 Agile Cat が、消えると考える理由は、半導体の集積率が凄まじい勢いで高まっていて、いまの最新スマホ(たとえば iPhone 6S や Nesux 6)の計算能力が、腕時計サイズの筐体に収まるまで、5年もあれば充分と思えるところにあります。 また、Google Now/Cortana/Siri などの、いわゆるパーソナル・アシスタントが洗練されてくれば、入力と制御に関する問題も解決されるでしょう。 ただ、文中にあるような、表示が不要という考えには、ちょっと賛成できません。 Agile Cat 的には、Google Glass のようなデバイスが良さそうに感じます。そこでは、視線追従による操作をサポートして欲しいですね。 それに加えて、スマート老眼鏡もサポートして欲しいです。下を向くにつれて、度数が上がるような、光学+センサーの技術があったら、もう 最高です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートする?
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?
 

Comments Off on いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?

Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?

Posted in .Chronicle, Apple, Wearable, Weekend by agilecat.cloud on December 12, 2015
Best Buy is offering a $100 discount on the Apple Watch
Jillian D’Onfro – Dec. 9, 2015
http://www.businessinsider.com/best-buy-apple-watch-discount-100-off-2015-12
 
_ Business Insider
 
Anyone considering an Apple Watch but put-off by the steep price tag should head over to Best Buy, because the retailer is offering $100 off all Apple Watch models. That means that you can buy the cheapest edition — the 38 millimeter Sport model — for only $250.
 
Apple Watch の購入を考えているなら、すべての Apple Warch モデルに対して、Best Buy が $100 値引きという大バーゲンを実施しているのだから、ここへ駆けつけるべきだ。たとえば、最も安価な 38 millimeter Sport model なら、なんと $250 で購入できるのだ。
 
apple_watch_-_best_buy
Best Buy
 
Target has a similar promotion, but instead of getting $100 off the price of a watch, you’ll get a $100 Target gift-card.
 
Target も同様のプロモーションを展開しており、Apple Watch の価格を $100 値引きして貰う代わりに、$100 分の Target ギフト・カードを手にすることが可能だ。
 
apple_watch_-_targetTarget
 
The discounted comes right in time for the holiday shopping rush, and makes even more sense when you consider that Apple may be releasing its second edition smartwatch in March, according to 9to5Mac reporter Marc Gurman. Sources told Gurman that the new edition will have a camera, for video chatting, and more standalone functionality when not paired with an iPhone.
 
9to5Mac のレポーターである Marc Gurman によると、このディスカウントはクリスマスのショッピング・ホリデーから始まるが、3月に Apple Watch 2 がリリースされるなら、話としての整合性も感じられるという。Gurman が情報筋から聞き出したところによると、その新しいバージョンではビデオ・チャットのためのカメラが提供され、また、iPhone と組み合わせない場合においても、いくつかのスタンド・アロン機能が実現されるという。
 
ーーーーー
weekendいわゆる スマート・ウォッチはアリだと思うのですが、その前提がスマホのアクセサリーでは、広がりは得られないでしょうね。 ここに SIM が入って、スマホに取って代わるような機能を実現するときに、新しいマーケットが生まれるのだと思います。 先日にポストした、「Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートするというウワサが!」を読めば、すでにスマホが PC レベルの性能に届きつつあることが感じられます。また Samsung が、10nm の SRAM を開発したという情報もあります。そんなことを含めて考えると、腕時計ほどの筐体に、いまの最新スマホの機能を詰め込むことが、それほど時間を置かずに実現されるとも思えてきます。普段は、ボソボソと話しかけることで、パーソナル・アシスタントが仕事をしてくれ、Google Glass のような表示デバイスと、BT キーボードを加えれば、ワークステーションとしても機能してくれるような時代が、やがて、やってくるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch に 似合いそうな、11種類のアプリとは?
Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?
Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!
iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!
スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める
 

Comments Off on Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?

Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Weekend by agilecat.cloud on November 7, 2015
What a Difference 10 Years Make
Felix Richter – October 28th, 2015
http://www.statista.com/chart/3924/apple-in-2005-and-2015/
 
_ Statista
 
When Apple reported its fourth quarter earnings on Tuesday, the company made history. Over the past 12 month, the Cupertino-based maker of the iPhone recorded a net profit of $53.4 billion, more than any other company in corporate history had made in a single year.
 
この火曜日 (10/27) に、Apple が発表した 2015年 Q4 決算 (7月〜9月) は、同社の歴史に新たなページを加えるものになった。 この、iPhone を擁する Cupertino のメーカーは、2015年9月までの 12ヶ月間で、$53.4 billion という純利益を計上した。それは、あらゆる企業の歴史において、単年度で計上された最大の利益である。
 
apple_in_2005_and_2015_nClick to Large >>>
 
This chart shows Apple’s revenue, net income, market capitalization and brand value in 2005 and 2015.
 
 The previous record of $45.2 billion was set by ExxonMobil in 2008, when tech companies such as Apple could only dream of matching the profits of big oil corporations.
 
これまでの記録は、2008年に Exxon Mobil が記録した $45.2 billion であった。そして、Apple のようなテック・カンパニーが、大手石油会社の利益に追いつくのは、単なる夢と思われていたのだ。
 
Apple’s growth over the past decade, largely fueled by the blockbuster success of the iPhone, has been truly remarkable. As our chart illustrates, the company’s profits have increased more than 40-fold since 2005, helping Apple to become the biggest brand and the most valuable company on the planet.
 
大ヒットの iPhone に支えられてきた、この 10年における Apple の成長は、驚嘆に値するものだ。このチャートが示すように、いまの Apple の利益は、2005年の 40倍以上に増加している。つまり、iPhone が Apple を支えたことで、この地球上で最大のブランドであり、最も価値のある企業が誕生したのだ。
 
ーーーーー
weekendApple の 2005年は、iPod Nano が発売された年です。そして、翌年には Mac に Intel プロセッサが搭載されています。iPhone が登場したのは、翌々年の 2007年ですから、このチャートが示す 41倍の純利益というのも、なんとなく頷ける成長率です。つまり、2005年の Apple は、それほど儲かっている企業ではなかったのです。 そして、iPhone の売上が爆発的に伸びたことで、2010年には Microsoft を抜いて、最大の売上を誇る企業となったわけです。ただ、いまの Apple には、iPhone 以外のプロダクトが、なかなか育ってこないという悩みがあります。 Apple Watch のようなデバイスになるのか? Apple Music や Apple Pay といったサービスになるのか? いずれにしても、Apple には、未来を見せてくれる企業でいて欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益
iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Apple の Web サイト 1996 – 2012 を振り返る
グラフィカルな年表で、Apple の歴史を どうぞ
FORTUNE の Jobs 特集
Apple や Microsoft や Google は、何故に莫大なキャッシュを貯めこむのか?
 

Comments Off on Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

iPhone に 70% を依存する Apple : ここに至る経緯を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 20, 2015
The iPhone Is More Vital Than Ever to Apple’s Success
Felix Richter –  July 21st, 2015
http://www.statista.com/chart/1822/iphone-share-of-apple-s-revenue/
 
_ Statista
 
When Apple announces its results for the most recent quarter later today, analysts, investors and the media will be particularly interested in one number: the number of iPhones Apple managed to sell. It’s been eight years since Steve Jobs introduced the original iPhone to the public and it has never been more important to the company’s success. In the past quarter, the iPhone accounted for a stunning 69 percent of Apple’s revenue and presumably for a similar if not larger share of its blockbuster profits.
 
7月21日に、Apple は 2015年 Q2 の決算を発表していた。そのとき、アナリスト/投資家/メディアの目は、ある数値に釘付けになった。 つまり。Apple が iPhone で成し遂げた、売上の大きさである。最初の iPhone を Steve Jobs が紹介してから、8年の歳月が経っているが、このプロダクトは Apple の成功にとって、かつて無いほど重要なものになっている。2015年 Q2 において、Apple の総売上に対する iPhone の比率は、69% という素晴らしいレベルに至っていた。また、利益に関しては、それ以上の比率にならないだろうが、おそらく、同じくらいのシェアを占めるだろう。
 
chartoftheday_1822_iphone_share_of_apple_s_revenue_nClick to Large >>>
 
This chart illustrates Apple’s growing dependence on the iPhone.
 
In retrospect, the iPhone 6 and 6 Plus couldn’t have arrived at a better time for Apple. Just when sales were beginning to slow down and people started questioning Apple’s dependence on the iPhone, the large-screen iPhone 6 and 6 Plus reignited growth and helped Apple post two record-breaking quarters in a row. As long as the company can sustain its current momentum in the smartphone market, its results will be fine and investors will be satisfied. However, as soon as iPhone sales start to show any signs of slowing down again, the mood among Apple’s shareholders could quickly turn sour.
 
振り返ってみると、iPhone 6 と 6 Plus は、Apple にとってベストな時期に登場したとはいえない。Apple の売上が減速し始め、また、iPhone への依存度に人々が懐疑的になり始めた、まさにその時に、大型スクリーンの iPhone 6 と 6 Plus は市場に投入された。そして、このコンビは市場を支配する強さを見せつけ、Apple の売上記録を、二期連続で塗り替えたのだ。スマートフォン市場において、Apple が現在の勢いを維持できる限り、その売上も素晴らしいものとなり、投資家も満足するだろう。しかし、iPhone の販売量が、再び減速の兆候を示し始めるなら、Apple 株主たちのマインドが、素早く反転していくという可能性は否定できない。
 
ーーーーー
apple驚くべき iPhone の成長力ですが、それが Apple の強さであり、また、悩みでもあるのでしょう。 いくら Apple Watch が頑張っても、iPhone と比較できるような売上には至らないでしょうし、頼みの iPad が伸び悩んでいることも、ビジネスの幅を狭めています。 新しい 12-inch iPad が、どこまで売上を伸ばすのか、そして、Apple Pay や Apple Muisic といったサービスが、どのような成長曲線を描いていくのか、興味シンシンというところです。 ただし、iPhone が右肩上がりで伸びていく限り、大きな冒険は難しいというのが、いまの Apple なのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
iPhone と Android のユーザーでは、デバイスへの愛が異る:それを示す1枚のチャート!
 

Comments Off on iPhone に 70% を依存する Apple : ここに至る経緯を1枚のチャートで!

Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?

Posted in .Selected, Apple, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 9, 2015
It looks like Apple Watch sales are tanking
Lisa Eadicicco – July 7, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-watch-sales-estimates-2015-7
 
_ Business Insider
 
Apple hasn’t revealed specific sales figures for the Apple Watch since its launch in April.
 
Apple は、4月に Apple Watch を発売しているが、これまでのところ、具体的な販売台数を明らかにしていない。
 
However, analytics firm Slice Intelligence has pulled together some data that claims to give us an idea of what sales have been like over the past few months. And it doesn’t look good.
 
そこで、調査会社である Slice Intelligence が、これまでの数ヶ月における販売量を推測するために、いくつかのデータを寄せ集めて提示している。 しかし、その結果は、決して良いものとは言えない。
 
apple-watchBusiness Insider
 
Slice Intelligence shared a chart with Business Insider that shows how sales have progressed day-by-day from mid-April through the beginning of July.
 
Slice Intelligence が Business Intelligence と共有したチャートが、4月中旬から 7月上旬までの間で、どのように販売量が推移したのかを示している。
 
On April 13, Apple was selling about 35,000 watches per day, according to Slice. But that number has dipped significantly since then. On July 2, Apple sold more than 5,000 Apple Watches per day, the chart indicates.
 
Slice によると、Apple は 4月13日だけで、約 35,000台の Watch を販売している。しかし、それ以降は、販売台数を大きく減らしている。そして、7月2日の時点では、Apple Watch の販売台数が、5000台強に停滞している状況を、このチャートは示している。
 
It seems as if there’s been a steady decline in day-by-day sales except for a few noticeable spikes, such as one on June 2, which you’ll notice in the chart below.
 
たとえば、6月2日などにあるような、いくつかの顕著なピークを取り除いてみると、Apple Watch の勢いが日に日に、着実に減少しているかのように思えてくる。以下のチャートをみれば、誰もが、それに気づくだろう。
 
apple watches sold by day
Slice Intelligence
 
Slice Intelligence bases these numbers on e-receipt data it received from its panel of 2.5 million online shoppers in the U.S.
 
Slice Intelligence が推測の根拠にしているのは、アメリカのオンライン・ショッピング顧客から集めた、約 250万件の電子レシート・データである。
 
The data may not be perfect, but it backs up what some Wall Street analysts have previously said about the Apple Watch. In a note to clients, Andy Hargreaves from Pacific Crest wrote that “store visits, Google search volume, third-party data and recent supply checks all suggest demand for Apple Watch has fallen sharply from initial levels.”
 
このデータは完璧なものとは言えないが、何人かの Wall Street アナリストたちが、以前に Apple Watch を評していた内容を、裏付けるものにはなっている。 Pacific Crest の Andy Hargreaves は、自身のクライアントへ向けて発信したノートで、「リアルな店舗、および、Google 検索のボリューム、サードパーティ・データ、最近のサプライ・チェックといった、すべてのデータが示唆するのは、Apple Watch の需要が当初の水準から、大幅に下落している状況だ」と述べていたのだ。
 
Apple has remained quiet when it comes to sales numbers for the Apple Watch. It didn’t issue a press release to announce opening weekend sales like it does with the iPhone, but Slice Intelligence previously estimated that there were 1 million orders for the Apple Watch in its first weekend on the market.
 
そして Apple はというと、Watch の販売数に関して沈黙している。つまり、iPhone のときに行うような、オープンニング・ウィークの売上高を発表する、プレス・リリースを発行していないのだ。そして、Slice Intelligence は、最初の週末における Apple Watch は、約 100万の注文を受けていただろうと、以前に推定していた
 
When Re/code’s Walt Mossberg asked Apple’s Jeff Williams how many watches have been sold, Williams replied: “A lot, but not enough. The only number I’ll give you is that demand divided by supply is greater than one, and so that’s all I’ve got for you, Walt. It’s a lot.”
 
Re/code の Walt Mossberg が、Apple の Jeff Williams に販売量を質問したとき、「それなりであるが、十分ではない。いまの時点で伝えられる数字は、需要が供給を上回っているという点だけだ。 それが、君に伝えられる、すべてだ。 足りないことはないだろう」という回答があった。
 
Apple declined to provide comment for this story.
 
Apple は、この件について、コメントを拒否している。
 
ーーーーー
appleこのチャートですが、パッと見で、ジリ貧という感じがしてしまいます。 また、悪いことに、ギリシャのデフォルトと、中国の株価暴落が重なり、Apple Watch でも買ってみようと思うような金持ちが、それどころでは無くなっているような気もします。 たしか、今週の月曜日だっと思いますが、大江戸線に乗ったら、中国人のご夫婦がゴールドの iPhone 6 Plus で、一生懸命に株価をチェックしていました。 三人の子どもたちは iPad mini で遊び、それをメイドさんが見守るという一行でした。 彼らの脇で LG G2 mini を触っていましたが、その時の光景が、いまという時代を切り取るスナップ・ショットとして、鮮明に焼き付いています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
Apple Watch に 似合いそうな、11種類のアプリとは?
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる?

Comments Off on Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?

%d bloggers like this: