Agile Cat — in the cloud

Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!

Posted in .Chronicle, Apple, Facebook, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 14, 2016
Apple opens a Twitter account to answer users’ problems
Mar 4, 2016, 03.00 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-opens-a-Twitter-account-to-answer-users-problems/articleshow/51254439.cms
 
_ Times of India
 
Here’s ‘more of’ Apple on Twitter now. The iPhone and iPad maker has launched a Twitter account to provide customer support. The account @AppleSupport went live on Thursday.
 
これまで以上の何かが、Apple Twitter にはあるのだろう。この iPhone と iPad を生み出したメーカーが、カスタマー・サポートを提供するために、Twitter 上にアカウントを開設した。 @AppleSupport というアカウントが、木曜日 (3/3) にスタートしたのだ。
 
The account is verified and has already got 110K-plus followers.
 
このアカウントには、本物である証明が付され、また、すでに 110K+ のフォロワーが確認されている(3/14 現在で199K)。
 
AppleSupportSo far, Apple has Twitter accounts for some of its products like Apple Music, Beats 1 and iTunes.
 
Within minutes of @AppleSupport account going live, the company started responding to customers’ queries on questions about Safari browser, iOS, Apple Music, Apple IDs and more. The company has already made over 2,000 responses so far. It also plans to tweet tips on how to use Apple products from the account.
 
@AppleSupport アカウントがスタートして数分のうちに、Safari/iOS/Apple Music/Apple IDs などに関する質問が寄せられ、また、Apple よる応答が始まっている。すでに同社は、2,000件以上の回答を返している。そして、さらに、Apple プロダクツを使用する際のヒントを、つぶやいていくことを計画している。
 
So far, Apple has Twitter accounts for some of its products like Apple Music, Beats 1 and iTunes, however, there’s no core Apple account.
 
Apple は、これまでのところ、Apple Music/Beats 1/iTunes などのアカウトを、@AppleSupport 以外にも立ち上げているが、コア・アカウントである @Apple は存在していない。
 
The company so far has largely stayed away from any central presence on various social media platforms. So next time you have an issue with your iGadget, feel free to tweet your issue to @AppleSupport.
 
以前の Apple は、あらうるソーシャル・メディアのプラットフォームから、距離を取るというポリシーでいたはずだ。したがって、今度は @AppleSupport に対して、あなたの iGadget から、気軽につぶやいてあげる番なのかもしれない。
 
ーーーーー
appleこれは拍手です! なんというか、ソーシャル利用という面で、時代に乗り遅れていた Apple が、ついに方向転換したのですから、みんなで応援してあげましょう! 以前に、「Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?」という抄訳をポストしましたが、その頃の Apple は、頑なにソーシャルを拒否していたように思えます。 しかし、ソーシャルの台頭は、Apple も拒みきれない時代の変化なのです。 この勢いで、Facebook でも、Apple Music 以外のオフィシャル・ページを充実させて欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! Apple 全面支援だ!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

iPhone に 無理やり押し込まれた、不要な Apple アプリのアイコンを、iOS から見えなくする秘策とは?

Posted in Apple, Weekend by agilecat.cloud on January 10, 2016
iPad も同じですが、iPhone に有益なティップスかと・・・
Jan 10, 2016 – Agile Cat
 
weekend-banner-1
 
お正月の、酒を飲みながら、駅伝を観ながら、仕事するという、すべてが夢うつつなときに、たぶん Youtube だったと記憶していますが、「Apple の要らないアプリのアイコンを iPhone から消す方法」が紹介されていたことを思い出し、試してみたら上手くいったので、以下にマトメてみました。
 
iOS_1Click to Large >>>
 
これまでは、メインの画面から動かすこともできず、イライラのタネだった不要 Apple アプリ・アイコンですが、最近は二枚目三枚目の画面に移動できるようになりましたし、一括りにマトメることもできるので、それほど大したことではありませんが、キレイさっぱり消してしまいたい方には、ちょっとしたティップスになると思います。
 
この、Agile Cat の iPad 4 ですが、三枚目のアイコンはというと、BT キーボードの日本語変換を何とかしたいとモガイたときの、ATOK や Simeji が放置されていたり、結局は何をしたいのか分からない Opera Coast が、一枚目から流れ着いたりというふうに、iOS アプリの吹き溜まり的な状況になっています。 ただし、それらは Uinstall すれば消えてくれますよね。
 
iOS_2Click to Large >>>
 
ところが、Apple アプリについて言うなら、そこまで世話になりたくもないのに、「消えてやらないよ」と居座ってるわけです。 そんな、Apple アプリ・アイコンですが、iOS の設定をいじることで非表示にできるのです。最初のスクリーン・ショットである、Before/After を見れば明らかですが、Apple アプリである[News]と[Podcasts]の、アイコンが消えています。
 
香港の Xpansys から、2〜3年ほど前に買われてきて、そのままで使われている Agile Cat の iPad は、言語も設定していないので英語表示のままです。 でも、そのメニュー構成は、日本語でも同じだと思いますので、トライする人は場所で目星をつけてください。まず、選ぶのは[Setting]-[General]-[Restrictions]です。このスイッチは、ディフォルトで Off になっていますが、On にするだけで、任意の Apple アプリを Kill できるようになります。[Restrictions]をタップすると、ログイン・パスワードを求められますので、まずは、それから入力してください。
 
iOS_3Click to Large >>>
 
すると、ディフォルトの Off が、 On へと切り替わり、それぞれのアプリを設定できるようになります。ここで、不要なアプリを Kill してください。これなら、他には影響しないと思える[News]と[Podcasts]を、試しに消してみたのが、最初の Before/After スクリーン・ショットなのです。
 
不要なアプリを Kill した後に、[Restrictions] を Off に戻すときには、また ログイン・パスワードの入力が必要です。なお、ここで Kill されているアプリが、アップデートされるのか、されないのかは、まだ確認できていません。
 
ーーーーー
appleこの設定は、iPad というより、画面の小さな iPhone で有効かもしれませんね。ちなみに、Agile Cat のスマフォは、廉価版の LG G2 Mini です。 Android の場合は、すべてのアイコンの表示/非表示が選択できるのですが、それとは無関係に、アップデートが行われてしまいます。そして、この LG のストレージが小さいので、Google アプリのアップデートが自動的に実行されるたびに、容量不足にヒヤヒヤするという状況が続いています。 アップデートをマニュアルにすれば、いわゆる猫マタギが可能なのですが、それは、それで面倒なのです。さらに言えば、LG からのアプリも不要です。ほんと、なんでスマフォには、こんなに不要なものが多いのでしょうかね? まぁ、今回は iOS の画面だけかもしれませんが、思わぬところで、思わぬ拾いものです。 新年 早々 縁起よしと思いたいデス! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは 3月?
Qualcomm の 次期チップ・セットは、なんと 8GB RAM をサポートする?
Facebook で Zuck をフォローすると、本当に ブロックできなくなるの?
迷えるメール・ユーザーへ、Google 先生が BLOCK ボタンなる 福音を鳴らしたもう
2015 Charts : Agile Cat – Facebook チャート・アルバム
 

Comments Off on iPhone に 無理やり押し込まれた、不要な Apple アプリのアイコンを、iOS から見えなくする秘策とは?

Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!

Posted in .Selected, Apple, Entertainment, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on November 13, 2015
Apple Music app now available on Android devices
AFP | Nov 11, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-Music-app-now-available-on-Android-devices/articleshow/49746122.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Apple’s freshly launched music service became available on rival mobile devices powered by Google-backed Android software on Tuesday.
 
SAN FRANCISCO: 火曜日 (11/10) のことだが、Apple が新たに立ち上げたミュージック・サービスが、ライバルである Google の Android を搭載する、モバイル・デバイスでも利用できるようになった。
 
Apple Music for AndroidApple Music app for Android gadgets is available via the Google Play Store. The app is available everywhere the service is offered, except China.
 
Apple senior vice president of internet software and services Eddie Cue tweeted:
 
Apple の Senior VP of Internet Software and Services である Eddie Cue が、以下のようにツイートしている:
 
Apple Music app tuned for Android-powered gadgets became available on the virtual shelves of Google’s online Play Store. The Android version of Apple Music app is available everywhere the service is offered, except China.
 
Apple Music アプリが、Android を搭載するガジェット用にチューンされ、Google Play からダウンロードできるようになった。この、Apple Music for Android は、あらゆる国々から利用できるが、China だけは除外されている。
 
Apple’s new music service had previously been available on devices powered by the technology giant’s own iOS software. The expansion to Android, the world’s most widely used mobile operating system, promised to ramp the ranks of people signed up for the service.
 
これまで、Apple のミュージック・サービスは、このテック・ジャイアントが独自に提供する、iOS が搭載されるデバイス上でのみ利用されていた。モバイル OS として、世界で最も広く使用されている Android に、このサービスが展開されることで、サインアップする人の数が、必ず積み上げられるだろう。
 
Apple chief executive Tim Cook said in October that the music service had some 6.5 million subscribers. “It is going really well,” Cook during an on-stage chat at a Wall Street Journal technology forum on the Southern California coast. “Lots of people are liking it.” People have begun ending free trials of the music service, which launched at the end of June in more than 100 countries, according to Cook.
 
10月のことだが、Apple の CEO である Tim Cook が、このミュージック・サービスには、650万人のサブスクライバーがいると語っていた。 Wall Street Journal が開催した、Southern California テック・フォーラムのステージで、「とても順調であり、数多くの人々に好まれている」と Cook は発言している。 このミュージック・サービスは、6月の終わりに 100 以上の国々で開始され、また、無料のトライアル期間も終了し始めているという。
 
He credited a human curation element — actual people who fashion playlists — for creating listening experiences superior to that delivered by “zeroes and ones” of computer algorithms.
 
そして、彼は、コンピュータ・アルゴリズムをベースにした配信メカニズムではなく、人間によるキュレーション要素(実際の人々に適合するプレイリスト)を取り入れることで、より優れたリスニング・エクスペリエンスを約束していると述べている。
 
Apple Music, the tech giant’s new streaming service, went live at the end of June as the company behind iTunes looks to dominate the fast-growing sector.
 
このテック・ジャイアントの、新しいストリーミング・サービスである Apple Music は、急成長するミュージック分野をリードしてきた iTunes の後継として、6月の終わりにサービスインしている。
 
ーーーーー
weekendMac で iTunes Match を使っている Agile Cat ですから、翻訳が終わったところで Apple Music for Android をインストールしてみました。 そして、Apple ID と PW を入力したのですが、iTunes Store には入れても My Music にはアクセスできません。 もう一度、クレジット・カード情報を入れろと要求してきます。 ベータのくせに! まぁ、3ヶ月の試用期間があるならと思い、再入力したのですが、最後の最後で「980円で良いね」と念を押してくるので、そこで止めてしまいました。でも、以下のコンテントなどを読むと、止めて良かったのだと思います。 はっきり言って、iTunes と Apple Music の関係が分かりません。 Apple が Andorid にアプリを出してくるのは、とても良いことだと思いますが、なんか、ちょっと違う。。。
 
Apple Music解約後にiTunesの楽曲データが消えてしまわない …
Apple Musicの無料トライアル終了後、iTunesライブラリがどう …
Apple Musicの利用を停止して、iPhoneとiTunesを以前の環境 …
 
Beatついでなので、いま使っている Beat という Android アプリをご紹介しておきます。ストレージは、Google Drive/Dropbox/Box/OneDrive に対応しています。 それらのストレージの、MP3 フォルダを指定すれば、それだけでストリーミングが開始されます。ジャケットのイメージも、半分くらいは拾ってきてくれます。Beat はフリー・ソフトですが、なかなか良いです。 ただ、キャッシュの持ち方に問題があるようで、一回目の読み込みで、ちょっと引っかかります。 お金があれば直してくれるだろうと思い、500円をドネーションしました。Apple に 980円/月を払うより、こちらの方が気分が良いです。
 
とは言え、Apple が Spotify を追いかけて、iTunes から Apple Music へシフトしていくのも分かります。 上記の Beat が、その答えです。 つまり、これだけのクラウド・ストレージが供給されるなら、そして、多くの人々がプラットフォームとして活用するなら、誰もが iTunes のようなアプリを作り、また、販売できてしまうのです。 あの iTunes が、こんなにも簡単に、パーソナル・クラウドの波に飲み込まれてしまうとは、理屈では分かっても、なんとなく信じられない気分です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!
iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? ユーザー心理を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!

Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Weekend by agilecat.cloud on November 7, 2015
What a Difference 10 Years Make
Felix Richter – October 28th, 2015
http://www.statista.com/chart/3924/apple-in-2005-and-2015/
 
_ Statista
 
When Apple reported its fourth quarter earnings on Tuesday, the company made history. Over the past 12 month, the Cupertino-based maker of the iPhone recorded a net profit of $53.4 billion, more than any other company in corporate history had made in a single year.
 
この火曜日 (10/27) に、Apple が発表した 2015年 Q4 決算 (7月〜9月) は、同社の歴史に新たなページを加えるものになった。 この、iPhone を擁する Cupertino のメーカーは、2015年9月までの 12ヶ月間で、$53.4 billion という純利益を計上した。それは、あらゆる企業の歴史において、単年度で計上された最大の利益である。
 
apple_in_2005_and_2015_nClick to Large >>>
 
This chart shows Apple’s revenue, net income, market capitalization and brand value in 2005 and 2015.
 
 The previous record of $45.2 billion was set by ExxonMobil in 2008, when tech companies such as Apple could only dream of matching the profits of big oil corporations.
 
これまでの記録は、2008年に Exxon Mobil が記録した $45.2 billion であった。そして、Apple のようなテック・カンパニーが、大手石油会社の利益に追いつくのは、単なる夢と思われていたのだ。
 
Apple’s growth over the past decade, largely fueled by the blockbuster success of the iPhone, has been truly remarkable. As our chart illustrates, the company’s profits have increased more than 40-fold since 2005, helping Apple to become the biggest brand and the most valuable company on the planet.
 
大ヒットの iPhone に支えられてきた、この 10年における Apple の成長は、驚嘆に値するものだ。このチャートが示すように、いまの Apple の利益は、2005年の 40倍以上に増加している。つまり、iPhone が Apple を支えたことで、この地球上で最大のブランドであり、最も価値のある企業が誕生したのだ。
 
ーーーーー
weekendApple の 2005年は、iPod Nano が発売された年です。そして、翌年には Mac に Intel プロセッサが搭載されています。iPhone が登場したのは、翌々年の 2007年ですから、このチャートが示す 41倍の純利益というのも、なんとなく頷ける成長率です。つまり、2005年の Apple は、それほど儲かっている企業ではなかったのです。 そして、iPhone の売上が爆発的に伸びたことで、2010年には Microsoft を抜いて、最大の売上を誇る企業となったわけです。ただ、いまの Apple には、iPhone 以外のプロダクトが、なかなか育ってこないという悩みがあります。 Apple Watch のようなデバイスになるのか? Apple Music や Apple Pay といったサービスになるのか? いずれにしても、Apple には、未来を見せてくれる企業でいて欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益
iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Apple の Web サイト 1996 – 2012 を振り返る
グラフィカルな年表で、Apple の歴史を どうぞ
FORTUNE の Jobs 特集
Apple や Microsoft や Google は、何故に莫大なキャッシュを貯めこむのか?
 

Comments Off on Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: