Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 30, 2016
App Annie predicts worldwide app downloads to hit over 280 billion by 2020
Judith Balea – Sep 8, 2016
https://www.techinasia.com/app-annie-predicts-worldwide-app-downloads-hit-280-billion-2020
 
_ tech in asia
 
Imagine the day when you can order a pizza from Domino’s via a tweet or the Apple Watch, or the day you can just walk into Starbucks and add the song playing in the store to your Spotify.
 
イメージして欲しいのは、Twitter や Apple Watch からドミノ・ピザを注文する日がくることだ。さもなければ、スターバックスでコヒーを飲みながら、店内で提供されるサービスから、あなたの Spotify へミュージックを加えるような状況だ。
 
al-campa-tiatokyo2016App Annie’s Al Campa delivers a presentation during TIA Tokyo 2016. Photo credit: Tech in Asia / Michael Holmes.
 
That day may be coming sooner than later as brands worldwide aggressively adopt mobile apps to engage their customers, said Al Campa, chief marketing officer of App Annie, during a presentation at Tech in Asia Tokyo 2016.
 
そのような日常は、世界的なブランドが顧客を繋ぎ留めるものであり、積極的にモバイル・アプリを採用する以前に、意外と早くやってくるだろう。App Annie の CMO である Al Campa が、Tech in Asia Tokyo 2016 のプレゼンテーションで、そのような内容を語っていた。
 
In 2015, worldwide app downloads stood at 112 billion, with Asia accounting for around 50 percent of the tally, according to App Annie data revealed by Al. This year, the intelligence platform forecasts downloads to go up to 149 billion, and Asia will make up 81 billion – or more than half of that.
 
App Annie が集計した2015年のデータによると、グローバルでのアプリのダウンロード数は1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているという。そして、今年は、このインテリジェントなプラットフォームにおける、ダウンロード数の予測は 1490億に届くが、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになる。
 
The figures are projected to go even higher by 2020 – downloads by then will total 288 billion and Asia’s share will be 165 billion or almost 60 percent.
 
このチャートを見ると、アプリのダウンロード数は 2020年まで伸び続け、2880億に達すると予測されるが、その 60% にあたる 1650億が、アジアのマーケット規模となる。
 
 
app-annie-mobile-app-predictionClick to Large >>>
Source: App Annie
 
Yet downloads “are just the beginning,” noted Al. “If you want to monetize, you have to have good usage, you have to have good engagement with your customers, and retention.”
 
Al Campa は、「ダウンロードはビジネスの始まりに過ぎない。マネタイズが望みならば、ユーザー数を増やし、良好なエンゲージメントを、ユーザーとの間に築かなければならない」と指摘する。
 
App Annie, which started in Beijing, provides rich data and insights on apps to help companies make the right business decisions. It has worked with 94 of the top 100 app publishers and more than 700,000 app professionals globally.
 
北京で設立された App Annie は、ビジネスにおける適切な意思決定を支援するために、アプリに関する洞察と、大量のデータを提供している。同社は、グローバルにおける Top-100 アプリ・パブリッシャーや、70万人以上のアプリ・プロフェッショナルと協力してきた。
 
Al said apps are eating more and more of people’s time. “If you look at how much time we’ve spent on apps over the last two years, it’s grown over a 100 percent. This is because of the explosion in the number of devices and recent growths have come from India, Indonesia, and Vietnam.”
 
「アプリは、膨大な時間を人々に消費させる。それは、私たちも同じであり、それに費やす時間は、この 2年間で二倍になっている。背景にあるのは、爆発的に増えたデバイスの種類と、India/Indonesia/Vietnam などの急成長するマーケットだ」と述べている。
 
He said for every hour last year that people spent on their mobile devices, 51 minutes were spent in apps. That means people are spending less time in the mobile web. In the second quarter of this year, that number rose to 53 minutes of every hour, and it continues to increase, Al shared.
 
昨年の統計によると、モバイル・デバイスに費す、一人あたりの平均時間は 1時間だったが、そのうちの 51分がアプリで消費されている。つまり、モバイル・ブラウザに費やされる時間が、想像するより少ないことが分かってきた。そして、今年の Q2 には、モバイル・アプリでの消費時間は 53分に上昇し、その後も増加し続けている、と彼は述べている。
 
Subsequently, people are doing a lot more things on their devices rather than just play games. “Time spent in communication apps has grown by over 100 percent. Time spent in social apps, by 120 percent, and time spent in media and video apps has grown by over 200 percent.” “We also see apps evolving into new use areas,” he added.
 
人々がモバイル・デバイス上で行うことが、継続的に増えてきているが、単にゲームで遊ぶような用途を意味しているわけではない。コミュニケーション・アプリに費やされる時間は 100% 増であり、また、ソーシャル・アプリは 120% 増、そして、メディアやビデオのアプリは 200% 以上で成長している。しかし、新しいエリアにも、モバイル・アプリは展開され始めていると、Al Campa は述べている。
 
Companies initially used apps for sales and marketing, telling you about different products and services, but they’ve now moved to other verticals such as ticket buying, media streaming, and support services.
 
ユーザー企業は、セールスやマーケティングから、モバイル・アプリを使い始めたが、これまでとはことなるプロダクツやサービスにも、その範囲を広げ始めている。そして、いまでは、チケットの販売や、メディア・ストリーミング、サポート・サービスといった、基幹ビジネスでのモバイル・アプリの採用が始まっているのだ。
 
Banking is one really interesting area, according to Al. In Europe, for example, the number of sessions in the top 10 banking apps has grown dramatically.
 
Al Campa によると、とても興味深い領域としてバンキングがあるようだ。たとえば、ヨーロッパでは、Top-10 の銀行において、処理数が飛躍的に成長している。
 
“What’s going on here is that banks have realized banking through mobile device is popular among people under the age of 25. If they can convince people to use mobile phones to bank, it means they need less ATMs, less branches, and less workers – which means huge cost savings for these banks,” he explained.
 
彼は、「この領域で注目すべきは、モバイル・デバイスによるバンキングが推進され、25歳未満の人々の間で人気を博しているという現実である。つまり、一般消費者が、納得してモバイル・デバイスを使うようになれば、ATM の台数や店舗数が削減され、また、従業員も削減されることになる。そして、それらの銀行は、大幅なコスト削減を達成することになる」と述べている。
 
That’s not all. Banks are also facing rising competition from fintech startups – many of which are mobile-only. These startups are trying to disrupt banking services so the incumbents are playing catch-up.
 
しかし、それだけが全てというわけではない。すべてをモバイル・オンリーで攻めてくる、フィンテック・スタートアップたちとの競争に、それらの銀行は直面しているのだ。こうしたスタートアップが、バンキング・サービスに挑戦してくるため、既存勢力も対抗せざるを得ないのだ。
 
Apart from banking, other sectors that have seen dramatic growth in app usage are fast-food restaurants and retail, Al said.
 
バンキングはさておき、モバイル・アプリの使用状況において、劇的な成長を目の当たりにしてきた業界として、ファースト・フード・レストランやリテールがあると、彼は付け加えている。
 
ーーーーー
On Mondayタイトルには、2020年の 2800億という数字が踊っていますが、文中にもあるように、すでに 2015年の時点で、グローバルでのアプリのダウンロード数は 1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているようです。そして、今年のダウンロード数は 1490億に届き、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになると予測されています。このアプリのダウンロード数は、モバイルの浸透度を測る重要な数値であり、何年も前から言われてきた、アジア市場の爆発的な成長が、本物であることが証明されていますね。頑張れアジアです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート
なぜ Google Fiber は期待されるのか? 各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!
Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが、売上はマダマダ・・・

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 3, 2015
Google Play has more apps than Apple now, but it’s still behind in one key area
Dave Smith – Feb. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/google-play-vs-apple-app-store-2015-2
 
_ Business Insider
 
App-analytics firm App Annie released its 2014 Retrospective report, which confirms that Google Play passed Apple’s App Store in the number of available apps to download in 2014.
 
アプリ分析企業である App Annie がリリースした、2014年を振り返るレポートによると、Google Play でダウンロードできるアプリのタイトル数が、Apple の App Store を上回ったことが確認されている。
 
Google Apple app-numbers
BI Intelligence
 
Based on App Annie data, charted for us by BI Intelligence, Google Play has over 1.4 million available apps, compared to just over 1.2 million for Apple’s App Store. It exceeded Apple’s digitalstore in download volume.
 
この、App Annie のデータをベースにした、BI Intelligence のチャートによると、Google Play の 140万に対して、Apple App Store は 120万に過ぎないという状況が見えてくる。つまり、ディジタル・ストアでのダウンロード・タイトル数において、Google が Apple を追い越したことになる。
 
But Google’s marketplace falls behind in one key area: iOS still makes much more money than the Google Play store, and App Store apps brought in 70% more revenue than Google Play apps for the whole year.
 
しかし、きわめて重要な尺度において、Google Play は劣っている。 つまり、依然として iOS の収益性が Android を大きく上回り、2014年を通じて Apple App Store は、Google Play よりも 70% も多くの売上をもたらしているのだ。
 
Piracy has something to do with that revenue disparity.
 
ただし、この売上に関する不均衡の背景には、海賊版の存在もあるようだ。
 
ーーーーー
mobile_55ほんとうに、興味深い対比ですね。 Google と Android が、途上国マーケットへ向けてアクセルを踏み続けるのに対して、Apple と と iOS は、価格を維持しながら先進国マーケットを最優先にという考え方です。その結果が、こうしてチャートで示されているわけです。 そして、忘れてはならないのが、Xiaomi に代表される、自社の App Store を持つ勢力の台頭です。ひょっとすると、このチャートにおける Amazon 規模のサードパーティ・アップ・ストアが、続々と登場してくるのが、今年なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
 

Comments Off on Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが、売上はマダマダ・・・

わっつ WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 26, 2014

This Map Shows The Countries Where WhatsApp Is Used The Most
http://wp.me/pwo1E-7fv

Ryan Bushey – Feb. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/whatsapp-chart-global-market-app-annie-2014-2

_ Business Insider

Yesterday, Facebook confirmed it bought messaging app WhatsApp for $19 billion. The app is used by 450 million people who talk with anyone all over the world free of charge. Once you download the app, it’s free to use for one year before you have to pay $0.99 for each additional year.

昨日(2/19)のことだが、Facebook が $19 Billion を投じて、メッセージング・アプリである WhatsApp を買収したことが確認された。この、4.5億人の人々が利用するアプリは無料であり、誰とでも国境を超えて話すことができる。なお、このアプリをダウンロードしてから、1年間は無料で使用できるが、継続して利用していく場合には、$0.99/年という対価が発生する。

This map from App Annie, a marketing and analytics platform for apps, was part of a report explaining 2013’s biggest app trends. It compiled data based on revenue from the Apple App Store and Google Play Store and showed the top five messaging apps used in each country.

各種アプリのマーケティングやプラットフォームの分析に用いられる、この App Annie から提供されるマップは、2013年におけるアプリのマクロ的な動向を説明する、レポートの一部を構成するものである。具体的に言うと、Apple App Store および Google Play における売上データに基づいて編纂され、それぞれの国々で利用されている、メッセージング·アプリの Top-5 を示している。

App Annie

One of the big reason’s behind Facebook’s huge investment in WhatsApp is that it wants to gain a foothold in other countries where Facebook messaging isn’t very popular, especially in South America, Europe, and Africa.

Facebook が WhatsApp に対して、巨額の投資を行う大きな理由の 1つには、Facebook のメッセージング・アプリが人気を得ることが難しい国々で、なんらかの足掛かりを得ようとしているところがある。とりわけ、南アメリカや、ヨーロッパ、アフリカのマーケットを、好転させなければならない。

However, Asia is a bit of an issue for WhatsApp: apps like LINE, WeChat, and KakaoTalk are already immensely popular there and provide many of the same services Facebook does.

しかし、アジアのマーケットでは、WhatsApp だといっても、いくつかの問題が残されている。つまり、LINE/WeChat/Kakao Talk という、きわめて人気の高いアプリが存在し、Facebook のようなサービスを、すでに数多く提供しているのだ。

While Facebook wants to obtain global domination over messaging, WhatsApp still faces a big threat from Skype. Microsoft’s voice communication platform is used by 300 million people, is very popular in the U.S. and Europe but the recent infusion of cash from Facebook could propel the app to the top.

Facebook の望みは、メッセージングにおけるグローバルな覇権を得ることだが、WhatsApp においても、依然として Skype という大きな脅威と対峙する状況にある。この、Microsoft のボイス・プラットフォームは 3億人に使用され、また、アメリカとびヨーロッパで、とても人気を博している。しかし、Facebook からのキャッシュが、このような形で注入されてことにより、このアプリを Top に押し上げることが、現実性を帯びてきたと言えるだろう。

ーーーーー

_ WhatsAppこのマップを左から見ていくと、アメリカ大陸とヨーロッパは、Skype と WahtsApp がせめぎ合っていて、アジアに目を移すと、中国の WeChat、韓国の Kakao Talk、オーストラリアの Skype を除いて、その他の国々では Line が強いという感じですね。 そして、東南アジアは、インターネット人口が爆発的に増大している地域の1つであり、そこに Softbank が興味をもっているわけです。その理由ですが、明日の「今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も出し抜かれしまう」を、お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Comments Off on わっつ WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?

%d bloggers like this: