Agile Cat — in the cloud

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 13, 2016
APAC to drive almost half of global mobile data by 2020
Eileen Yu – March 7, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-to-drive-almost-half-of-global-mobile-data-traffic-by-2020/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region will drive 45 percent of the world’s mobile data traffic by 2020, with economies such as China, India, and Indonesia, leading overall growth.
 
Asia-Pacific 地域は、China/India/Indonesia などの経済成長を支えられ、2020年までにモバイル・データ・トラフィックの 45% を占め、グローバルでの成長をリードしていく。
 
Smart mobile devices and connections also would account for 72 percent of the region’s total mobile connections, up from 35 percent in 2015, according to Cisco Systems’ latest Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast. Smart devices are defined as those with advanced computing and multimedia capabilities, and support at least 3G connectivity.
 
Cisco Systems の Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast 最新版によると、この地域の総モバイル・コネクションに対して、スマート・モバイル・デバイスのコネクションは 2015年に 35% も上昇し、全体の 72% を占めるに至っている。このスマート・デバイスの定義であるが、高度なコンピューティングおよびマルチメディアの機能を有し、少なくとも 3G 接続を実現するものとされている。
 
Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic ForecastClick to Large
 
The report further noted that the world would be home to 5.5 billion mobile users by 2020, or 70 percent of global population, which was expected to hit 7.8 billion.
 
さらに、このレポートは、2020年のグローバル・モバイル・ユーザー数に関して、55億人に達するだうと指摘しているが、この数字は、その時点で 78億人と予測される、世界人口の 70% に相当する値となる。
 
The index noted that increasing adoption of mobile devices and demand for mobile content, as well as more expansive mobile coverage, would fuel Asia-Pacific’s growth two-fold faster than the global population over the next five years. Smart devices would drive 98 percent of mobile traffic in the region by 2020. In addition, smartphones would contribute 81 percent of total mobile traffic, up from 76 percent in 2015.
 
ただし、この指標は、モバイル・デバイスの普及と、モバイル・コンテンツへの需要の、上昇を指摘しているだけではない。つまり、膨大なコストを必要とするモバイル環境の整備が、これから 5年間のアジアでは、グローバルの二倍のスピードで進んでいくことになるのだ。その結果として、この地域におけるスマート・デバイスは、2020年の時点で、モバイル・トラフィック全体の 98% に達すると予測されている。また、スマートフォンが生み出すトラフィックも、2015年との比較で 76% も上昇し、モバイル・トラフィック全体の 81% を占めるとされている。
 
Citing figures from the Infocomm Development Authority of Singapore, the Cisco report noted that mobile data usage in the city-state had grown from almost 8 petabytes in 2013 to 10.9 petabytes last year. Furthermore, 98 percent of the country’s mobile connections were either 3G or 4G broadband, with users spending an average two hours a day on their mobile device.
 
Singapore の Infocomm Development Authority の数字を引用するかたちで、Cosco レポートが指摘するのは、この都市国家におけるモバイル・データ使用量が、2013年の 8 Peta Byte から、2015年の 10.9 Peta Byte へと増えている点である。それに加えて、同国のモバイル・コネクションの 98% が 3G/4G であり、それぞれのユーザーが、1日あたり 2時間を、モバイルに費やしているという。
 
Cisco’s Singapore and Brunei country manager Ang Thiam Guan said: “The statistics show that mobility powered by fast and efficient connectivity is taking on a central role in the lives of consumers and businesses. As a smart nation, Singapore needs to focus on enhancing and securing its telecommunications infrastructure and mobile technologies to enable citizens to tap into the fullest benefits of mobility.”
 
Cisco の Singapore and Brunei Country Manager である Ang Thiam Guan は、「この統計が示すのは、高速性と効率性を備えたモバイルのパワーが、個人と企業の日常における中心的な役割を担う点である。先進国家である Singapre は、モバイルのメリットを市民が最大限に享受できるよう、通信インフラおよびモバイル技術を強化し、セキュリティを高めていく必要がある」と述べている。
 
Doug Webster, Cisco’s vice president of service provider marketing, concurred, noting the importance of security as more people connected to the web and mobility became the predominant medium driving digital transformation.
 
Cisco の VP of Service Provider Marketing である Doug Webster も、モバイルにより多くの人々が Web でつながり、それにより、デジタル・トランスフォーメーションが促進されるにつれて、セキュリティの重要性が増してくるという指摘に、同意している。
 
“Future mobile innovations in cellular, such as 5G, and Wi-Fi solutions will be needed to further address new scale requirements, security concerns, and user demands,” Webster said. “IoT (Internet of Things) advancements will continue to fuel tangible benefits for people, businesses, and societies.”
 
そして Webster は、「5G や Wi-Fi といったソリューションがもたらす、未来のモバイル・イノベーションは、新たなスケール要件/セキュリティの懸念/ユーザーの要求に対して、取り組んでいく必要がある。そして、IoT (Internet of Things) の進化は、個人/企業/社会に対して、具体的なメリットを提供し続けるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
2014_06_05_apac_smartphoneasia-pacific 22014年6月に、Ericsson のデータをベースにした、「これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートが目に焼き付いています。こちらは、スマフォのサブスクリプション数を示すものであり、本文にあるモバイル・データとは異なるものですが、双方の関連性はというと、きわめて強いものとなります。マーケットの規模からすると、最初に中国が突っ走り、それをインドやインドネシアが追いかけるという展開だと思いますが、この勢いはまだまだ続きそうですね。そのような相似が、この2つのチャートから、見て取れます。そして、重要になってくるのはセキュリティの管理ですが、モバイル・デバイス自身というよりは、そこにつながるクラウド・アカウントのプロテクションが、最大のポイントになるでしょう。Agile Cat  の場合は、重要なクラウド・サービスで二段階認証を使用していますので、そのキーとなるスマフォは、おかげさまで、持ち歩けないスマフォとなってしましました 🙂 でも、まぁ、いまは MVNO が安いので、そのためにSIM を一枚使うのもアリだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
Nintex が日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by agilecat.cloud on March 16, 2016
Asia Pacific Cloud Adoption Grows Through Japan Datacenter From Nintex
Anthony S -March 11, 2016
http://en.jknus.com/articles/2446/20160311/asia-pacific-cloud-adoption-grows-through-japan-datacenter-nintex.htm
 
JKNUS
 
Nintex, in cooperation with Microsoft, will deploy and operate its cloud-based services within the Microsoft Azure Japan datacenter to ensure greater reliability, security, scalability, and sustainability of its software for customers and partners doing business in Asia Pacific.
 
Microsoft パートナーである Nintex が、Microsoft Azure Japan データセンター内で、クラウド・ベースのサービスを展開/運用するようだ。その目的は、Asia Pacific で事業を推進しているカスタマーやパートナーたちに、高度な信頼性/安全性/持続性と、スケーラビリティを約束するためだという。
 
Mount_FujiWikipedia
 
“Microsoft has invested $15 billion in its global datacenter infrastructure which it has managed for more than a quarter of a century,” said Nintex CEO John Burton.
 
Nintex の CEO である John Burton は、「Microsoft は、グローバル・データセンター・インフラに $15 bollion も投資し、また、これまでの 1/4 世紀以上にわたって、そのビジネスを管理してきた」と述べている。
 
“We’re pleased to be among the one billion customers who rely on the cloud-scale and 24x7x365 capabilities of Microsoft datacenters to get work done. We know our customers and partners doing business in Asia Pacific will appreciate the assurance of security and reliability of Nintex being located within the Microsoft Azure Japan datacenter.”
 
そして Burton は、「 Micsordoft ののデータセンターが提供する、クラウド・スケールと 24x7x365 の能力に、10億人以上の顧客が依存しているはずだ。それらの人々に囲まれ、日々の作業を達成していくことは、私たちにとって大きな喜びとなる。私たちの顧客が、Asia Pacific で事業を展開していることは、充分に認識している。彼らは、Microsoft Azure Japan データセンターに配置される Nintex が、信頼性と安全性を約束することに、かならず感謝するはずだ」と続けている。
 
Operating within the Microsoft Azure Japan Datacenter, the Secure & Reliable Infrastructure will improve bandwidth & enhance data protection for the market-leading workflow platform.
 
このマーケットをリードするワークフロー・プラットフォームが、Microsoft Azure Japan データセンターで運用されることで、信頼性と安全性を備えたインフラが、帯域幅を向上させ、また、データ保護を強化していく。
 
Nintex end users in Japan will benefit from greater uptime, enhanced data security and more bandwidth from the Microsoft datacenter which will help them more effectively respond, manage, and scale deployments of Nintex Workflow for Office 365, as well as migrate from Nintex Workflow for SharePoint to cloud or hybrid scenarios.
 
日本の Nintex エンド・ユーザーも、Microsoft データセンターが実現する素晴らしいアップタイムや、強化されたデータ・セキュリティ、そして高帯域幅といった恩恵を被る。それにより、Nintex Workflow for Office 365 の応答/管理/拡張の面において、さらなる効率化が達成されるだけではなく、Nintex Workflow for SharePoint のハイブリッドへの移行も促進されていく。
 
Nintex, http://www.nintex.com, entered the Japanese market 2009. Since that time Nintex has worked with its sales channel, including partners like SoftBank, Japan Business Systems, and InfoShare to help organizations design, implement, and scale business processes, workflows, and mobile applications easily, driving increased productivity gains, and broad-based revenue growth.
 
Nintex(www.nintex.com)が日本市場に参入したのは、2009年のことである。そのときから、同社は販売チャネルを開拓し、SoftBank/Japan Business Systems/InfoShare などを含む、数多くのパートナーと協力してきた。それにより、組織のデザインを刷新するための、ビジネス・プロセスの運用や拡張、そして、ワークフローとモバイル・アプリの促進を支援してきた。結果として、エンド・ユーザーの生産性の向上させ、ブロードバンド・ベースの収益を成長させることに、同社は成功した。
 
“Nintex is committed to helping our customers successfully do business in the cloud,” said Nintex VP APAC Sales, Brian Walshe.
 
Nintex の VP APAC Sales である Brian Walshe は、「Nintex は顧客に対して、そのクラウド・ビジネスの成功させるための、支援を惜しまないと約束する」と述べている。
 
“Operating Nintex technology within the Microsoft Azure Japan datacenter will help businesses simply and securely harness the power of workflow, mobile apps, and forms to expedite digital transformations of Japanese workplaces.”
 
「Microsoft Azure Japan データセンターで、Nintex テクノロジーを運用することで、ワークフローのパワーとモバイル・アプリを、簡単かつ安全に結びつけていく。それにより、日本企業におけるワークスペースの、デジタル・トランスフォーメーションを促進していく」と付け加えている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本のデータセンターから、アジアの市場へ向けて、高品質なサービスを提供する。とても、良い響きです! これまでの3年にわたり、アジアのマーケットに注目してきた Agile Cat としては、そのような戦略を明らかにしてくれる Nintex に、ほんとうに有難うと、お礼を言いたい気分です。 いまのアジア市場には、湯水のごとく資金が注ぎ込まれ、あちらこちらで海底ケーブが拡張されているという状況です。 つまり、アジアとの距離が、日に日に近くなってきているのです。 今回はアメリカ発のクラウド・データセンター・モデルですが、もっと、もっと、日本のクラウドがアジアで使われて欲しいと願っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Businesses, Payment, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on March 1, 2016
UnionPay continues regional expansion: Myanmar partnership is latest win
Fintech Innovation editors – Feb 11, 2016
http://www.enterpriseinnovation.net/article/unionpay-continues-regional-expansion-myanmar-partnership-latest-win-2096932167
 
_Enterprise Innovation
 
ChinaDailyNews cites market research firm Packaged Facts as estimating the global payment card market to have reached at US$17.26 trillion in purchase value in 2014.  The same article claims China UnionPay (CUP) accounted for 24.3% or US$5.92 trillion in the same period.
 
ChinaDailyNews は、2014年のグローバル・ペイメント・カード市場の売上金額が、US$17.26 trillion に達したとする、市場調査会社 Packaged Facts 推測を取り上げている。また、同じ記事において、China UnionPay (CUP)が、全体の 24.3% に相当する、US$5.92 billion を売り上げたとも述べている。
 
China UnionPay is supported widely in GermanyFlickr
Richard Bao
 
First impression of UnionPay is that its international ambitions are tourism-related. Afterall, Chinese mainland tourists now rank number one in terms of the number of outbound tourists and outbound tourism spending. But a closer look at the 2015 activities by the company’s international arm reveals a broader and more ambitious desire: to become a major card payment network potentially rivaling global brands like Visa and MasterCard.
 
UnionPay に対する印象としては、観光に関連したところから、インターナショナルを目指すという野望を感じていた。結局のところ、いまの China 本土からの観光客は、アウトバウンド・ツーリスト数と、アウトバウンド・ツーリスト支出の面で、No 1 にランク付けされている。しかし、同社の国際部門の 2015年 アクティビティを細部まで眺めてみると、Visa や MasterCardといった、メジャーなペイメント・ネットワークに対抗するという、より広い範囲まで野心が広がっていることが分かる。
 
According to the Nilson Report (see Figure 1), UnionPay topped the region in terms of purchase payments volume in 2014 beating out Visa and MasterCard by a wide margin.
 
Nilson Report (Figure 1) によると、2014年の UnionPay は、このリージョンにおける支払ペイメント量で、Visa と MasterCard を大差で打ち負かしているのだ。
 
Union Pay Chart-1Click to Large >>>
Figure 1: Card Payment Purchase
Volume in 2014 by Brand
The Nilson Report
 
UnionPay International (UPI), a subsidiary of China’s largest card association and charged with the brand’s global expansion, has partnered with Myanmar’s Asian Green Development (AGD) Bank and local payment switch, Myanmar Payment Network (MPU) to launch the first co-branded debit card for local customers and further the development of the country’s cashless payment ecosystem.
 
その China 最大のカード組織の子会社であり、ブランドをグローバル展開させようとしているのが、UnionPay International (UPI) である。同社は、Myanmar の Asian Green Development (AGD) Bank および、ローカルのペイメント・ネットワークである Myanmar Payment Network (MPU) と、すでにパートナーシップを交わしている。その提携により、ローカルの顧客にとって初めてとなる、デビット・カードを共同で立ち上げ、また、同国におけるキャッシュレス・ペイメントの、エコシステムの開発を促進している。
 
The International Monetary Fund and World Bank reinforced strong growth momentum for Myanmar, with economic growth forecasts at above 8% annually till at least 2017. This represents great potential for businesses to tap on and innovate. The launch of the co-branded card comes as ecommerce and mobile payments start to take root in what is traditionally a cash only market.
 
International Monetary Fund(IMF)と World Bank は、Myanmar の経済について、少なくとも 2017年までは、年率で 8% 以上で成長していくと予測し、また、それを支援している。つまり、その勢いに企業が乗り、また、革新していく状況が見えているのだ。そして、eコマースおよびモバイル・ペイメントと同時に、共同ブランドのカードを立ち上げることで、従来からのキャッシュの世界にあった、ビジネスの系統を確立しようとしているのだ。
 
First created by the Central Bank of Myanmar (CBM) in cooperation with 17 domestic banks in 2012, the MPU allowed consumers to withdraw cash from any ATM nationwide and make payments at shops and restaurants.
 
Central Bank of Myanmar (CBM) が、同国内における 12の銀行により設立されたのは、2012年のことである。それにより MPU の顧客にとって、全国の ATMから現金を引き出すことや、ショップおよびレストランでの支払いが可能になった。
 
With more than 900,000 MPU-branded debit cards circulating in the market, the cards can only be used for payments in kyat, the local currency. Co-branded cards with the UnionPay label will enable the country’s consumers to use in 150 countries globally to settle transactions in foreign currencies at the current exchange rates.
 
マーケットに出回っている 900,000 枚以上の MPU ブランドのデビット・カードは、ローカル通貨である Kyat での支払いに対応している。そして、UnionPay ラベルが付いた共同ブランドのカードは、その時々の為替レートで外貨で決済するために、グローバルにおける 150カ国で、それぞれのローカル通貨に対応している。
 
UPI established its business in Myanmar in 2012 and early on partnered with the MPU to enable UnionPay cardholders to access ATMs and Point of Sale terminals linked to MPU network for cash withdrawals and secured transactions.
 
2012年に Myanmar でビジネスを立ち上げた UPI は、その当初から MPU とパートナーシップを交わし、UnionPay カード・ホルダーとしてのポジションを確立した。それにより、キャッシュの引き出しやトランザクションの安全性を保証する、MPU ネットワークにリンクされた、ATM や POS 端末にアクセスすることが可能になった。
 
Union Pay Chart-2Figure 2: Purchase Volume
2014 vs 2024
The Nilson Report
 
Across Asia Pacific, CUP continues to market its payment products and services targeting cross-border applications. The company claims that 10 million online merchants in over 100 countries outside China now accept online payments with UnionPay cards.
 
Asia Pacific 全域において、China UnionPay CUP は、そのペイメント・プロダクツや、国境をまたいだ適用をターゲットにしながら、サービス・ラインナップのためのマーケットを開拓し続けている。同社の主張によると、いまでは China 以外の 100カ国以上に、1000万以上のオンライン決済店舗が存在し、UnionPay によるオンライン・ペイメントを受け入れていることになる。
 
Taking a queue from Hong Kong’s Octopus Card, CUP cardholders can book railway tickets online, pay for taxies in Australia, Singapore, South Korea and Taiwan, and rent cars in Taiwan and Thailand. The company continues to extend its reach in emerging Asia building bankcard facilities and infrastructure to promote the electronic development of the countries’ local currencies.
 
Hong Kong の Octopus Card からキューを取得することで、CUP カードホルダーたちは、Australia/Singapore/South Korea/Taiwan での、鉄道チケット予約およびタクシー決済と、Taiwan/Thailand でのレンタカー決済を可能にしている。つまり、同社は Asia の途上国への接触を継続して拡大し、それぞれ国々にの通貨に合わせた、電子的な展開を促進するために、銀行カードに関する設備やインフラを構築している。
 
Several pilot projects in the areas of mobile payment and big data in the Asian market are underway. The company also claims it is expanding the scope for tax refund service and emergency cash assistance.
 
また、Asia マーケットにおけるモバイル決済やビッグデータといった、いくつかの分野でのパイロット・プロジェクトも進行している。そして同社は、税金の還付サービスと、緊急時におけるキャッシュ提供の範囲を、拡大したいと述べている。
 
The Nilson Report is projecting that spending at merchants via payment cards will reach US$48.67 trillion by 2024  with Asia Pacific accounting for 57% of the global market in the same period. So the race continues (see Figure 2).
 
この Nilson Report は、商用におけるカード決済の総額が、2024年には US $ 48.67 billion に達すると予測している。そして、グローバルに対する Asia Pacific の比率は、57% を占めるとしている。 したがって、まだまだ、このレースは続くのである(Figure 2)。
 
ーーーーー
asia-pacific 2正直なところ、信金 VISA と、ヨーカドー JCB しか持っていない Agie Cat は、この UnionPay というカードのことを、ほとんど知っていませんでした。そして、アジアのマーケットでは、JCB が孤軍奮闘で、VISA や Masters などの米国勢と戦っているのだろうと推測していました。 しかし、文中のチャートを見ると、その頭上の遥か上を、UnionPay が独走しているではありませんか。 ほんと、これには驚きました。 同様に、最近になって知った、WeChat における多様なペイメント機能にも驚かされましたが、中国が押さえているビジネスの勘所に脱帽です! 今年のモバイル・ペイメントは、とてもホットだと思うのですが、この UnionPay を後ろ盾にして、Tencent や Alipay が大暴れしそうに思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合だ!
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
 

Comments Off on China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Network, Telecom by agilecat.cloud on January 20, 2016
Digitimes Research: TD-LTE users account for 34.4% of total 4G LTE subscribers in 1H15
Benson Wu – Dec 10, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151210PD200.html
 
_ Digi Times
 
The number of TD-LTE service subscribers worldwide reached 260 million in the first half of 2015, accounting for 34.4% of total 4G LTE users, according to an estimate of Digitimes Research.
 
Digitimes Research の推定によると、今年前半のグローバル TD-LTE サブスクライバー数は 2.6億人に達し、すべての 4G LTE ユーザーに対して 34.4% を占めるに至ったようだ。
 
TD-LTEFlickr
AFS-USA Intercultural Programs
 
The figures also represent a significant increase as compared to only 30 million subscribers a year earlier period thanks to China’s push from 3G to 4G networks, said Digitimes Research.
 
この数字は、前年同期のサブスクライバーが僅か 3000万人であったことを考えると、とても意味深いものである。そして、China 市場におけるネットワークが、3G から 4G へ向けて大きく前進したことが要因であると、Digitimes Research は述べている。
 
By the second quarter of 2015, a total of 59 mobile telecom carriers in 35 countries have begun commercial operations of their TD-LTE networks, but as high as 87% of TD-LTE subscribers worldwide are located in China.
 
2015年 Q2 には、59 社のモバイル・オペレーターが 35カ国で、TD-LTE ネットワークの商業運用を開始しているが、グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの 87% ほどが、China 国内に集中しているという現実がある。
 
Due to the growing TD-LTE ecosystem in China, there are currently a total of 1,210 models of terminal-end devices supporting TD-LTE standards, with smartphones accountingfor 58% of these devices. Meanwhile, the number of TD-LTE base stations has reached 1.25 million, accounting for 47% of total 4G LTE base stations, Digitimes Research estimated.
 
China で TD-LTE エコシステムが成長する過程において、TD-LTE スタンダードをサポートするターミナル・エンド・デバイスは、合計で 1,210 種類にいたり、そのうちの 58% をスマートフォンが占めている。その一方で、TD-LTE ベース・ステーション数は 125万ヶ所に達し、全体的な 4G LTE ベース・ステーションの 47% を占めると、Digitimes Research は推定している。
 
However, the ratio of TD-VoLTE networks to total TD-LTE networks is still low as there still lacks a consensus on how to best utilize 3.5GHz frequency band, Digitimes Research commented.
 
しかし、全体的な TD-LTE ネットワークに対して、TD-VoLTE ネットワークの比率は、依然として伸びていない。その理由は、3.5GHz 周波数帯の最適化された運用方法について、合意が欠けているためだと、Digitimes Research はコメントしている。
 
ーーーーー
Telecomちょうど1年目前に、「TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた」という抄訳をポストしています。そこには、2014年末の時点で、TD-LTE ユーザーが 9610万人に達しと記されているので、文中の 3000万人とのズレが生じています。 でも、まぁ、このアジアのマーケットで、6000万人なんて誤差の範囲なのかもしれませんね 🙂 それは さて置き、2.6億人で 34.4% に届いたというのは、たいへんなことですね。かなりの推測が入りますが、Ericsson は FD-LTE を、Huawei は TD-LTE を推進し、どちらも OK なのが Nokia なのかと捉えています。でも、つい先日ですが、「Ericsson, Huawei renew patent cross-license deal」というニュースが流れていましたが、そのあたりは、どうなんでしょうね? そして、日本とインドと APAC 諸国は、どちらへ向かうのでしょうか。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
 

Comments Off on 4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

%d bloggers like this: