Agile Cat — in the cloud

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Posted in AI ML, On Monday by agilecat.cloud on June 13, 2016
Machine Learning: Major Push by All Major Tech Companies to Advance Artificial Intelligence
By Dick Weisinger – June 10th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-major-push-by-all-major-tech-companies-to-advance-artificial-intelligence/
_ formtek
Machine Learning algorithms are becoming widely used.  Microsoft, Google, IBM and Amazon, for example, have all added machine learning options to their cloud offerings.  Facebook has open-sourced its hardware design. Yahoo has also released an open-source AI tool called CaffeOnSpark. Chinese giant Baidu has also released open-source AI software.
 
機械学習のアルゴリズムが、広く利用されるようになってきた。たとえば、 Microsoft,/Google/IBMAmazonなどは、クラウドとして提供しているサービスに、機械学習のオプションを追加している。Facebook は、AI に関連するハードウェア・デザインをオープンソース化している。Yahoo は、CaffeOnSpark という AI ツールを、オープンソースとしてリリースした。そして、China の Baidu も、オープンソースのAIソフトウェアをリリースしている。
 
Gauguin_1Mark Zuckerburg, Facebook CEO, said that “the biggest thing that we’re focused on with artificial intelligence is building computer services that have better perception than people.  I think it’s possible to get to that point in the next five to 10 years.”   Both Google’s Sundar Pichai’s and Alphabet Chairman Eric Schmidt say that AI will have a major impact of future work with Alphabet/Google.  At the recent Microsoft Build 2016 event, Microsoft’s Satya Nadella said that Microsoft is targeting AI as a major focus for their business.
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerburg は、「人工知能において、私たちが最も注目しているのは、人間寄りも優れた知覚能力を持つコンピュータ・サービスを構築していくことである。私は、これから 5年〜10年のうちに、それが達成できると考えている」と述べている。Google の Sundar Pichai と Alphabet の Eric Schmidt は、両社の機能にとって、人工知能が大きな影響を与えることになると述べている。Microsoft の Padella は Build 2016 で、同社のビジネスにおける人工知能が、主要なターゲットになってきたと述べている。
 
In December, 2015, Elon Musk became co-chair of OpenAI, a $1 billion organization that focuses on advancing artificial intelligence that will benefit humanity.
 
2015年12月に Elon Musk は、$1 billion の資金を有する OpenAI の co-chair に就任し、人類に利益をもたらす人工知能を推進していくと述べている。
 
Vinod Iyengar, Director at H2O.ai, said that “in the last five years the cost of storage has come down dramatically, as has the cost of memory. Additionally, anyone can leverage an advanced computing cluster on, say, Amazon Web services, for a few hundred dollars. All of this means that organizations or individuals can take a whole lot of data and produce powerful predictions and insights from the large data sets without facing huge costs.”
 
H2O.ai の Director である Vinod Iyengar は、「この 5年間におけるストレージのコストは、メモリのコストと同じレベルにまで、劇的に低下していきた。Amazon Web Services が提供するサービスを利用する人々は、数百ドルで先進的なコンピューティング・クラスタも活用している。つまり、すべての組織や個人が、膨大なデータの取得/パワフルな予測/洞察の生成を、巨大なコストを費やすことなく、達成できることを意味している」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドへの集約が進めば、これまでは高価とされてきたテクノロジーも、コモディティ価格で利用できるのですね。 人工知能や機械学習というと、なんらかの先進的なサービスを思い浮かべてしまいますが、これからはセキュリティにおいてもボットが活躍する時代になるのでしょう。 また、IoT を構成するデバイスの、精度や整合性を判断するためにも、機械学習は欠かせないものになるでしょう。そして、それらが、新たなクラウド・ネイティブを構成していく時代になるのだと思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
 

Comments Off on AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2016
 Alibaba, SoftBank Team Up for Cloud Computing Service in Japan
Lulu Yilun Chen – May 13, 2016
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-13/alibaba-softbank-team-up-for-cloud-computing-service-in-japan
 
Bloomberg
 
Alibaba Group Holding Ltd. teamed with its largest shareholder SoftBank Group Corp. to form a cloud computing service venture targeting Japanese customers, as the Chinese e-commerce giant expands one of its fastest growing businesses.
 
Alibaba Group Holding Ltd. が、その筆頭株主である SoftBank Group Corp. と提携し、Japan の顧客をターゲットにしたベンチャーを立ち上げ、クラウド・コンピューティング・サービスを提供していく。それにより、この China における Eコマース・ジャイアントは、最も急成長しているビジネスを、さらに拡張していく。
 
AlibabaImage Wikimedia
 
The venture known as SB Cloud Corp. will open a new data center in Japan to tap SoftBank’s customers ranging from startups to global organizations, extending a battle for customers with Amazon.com Inc. Alibaba will provide services including data storage and processing services, the companies said in a joint statement.
 
このベンチャー企業は SB Cloud Corp. であり、Amazon.com との戦いを拡大するために、Japan に新しいデータセンターをオープンし、スタートアップからグローバル企業にいたる幅広いレンジで、顧客たちをサポートしていく。そして Alibaba は、データ・ストレージやコンピューティング・プロセスといったサービスを提供していくと、両社は共同声明を発している。
 
Alibaba’s cloud unit almost tripled revenue to more than 1 billion yuan ($153 million) in the March quarter. The business could account for more than $1 billion of Alibaba’s revenue by 2018 and the public cloud presents a $120 billion global market opportunity, according to research by SunTrust Robinson Humphrey Inc.
 
Alibaba のクラウド部門は、2016年 Q1 において、その売上を約三倍に成長させ、1 billion yuan ($153 million) を計上している。SunTrust Robinson Humphrey Inc. の調査によると、このクラウド事業は、2018年までに $1 billion の売上にいたり、グローバル・マーケットで $120 billion というビジネス・チャンスを提供するほどの、パブリック・クラウドへと成長するという。
 
SoftBank, owner of Japan’s third-largest phone business, will have a 60 percent stake in the new venture while Alibaba will hold the rest.
 
Japan で第三位のモバイル・キャリアである SoftBank は、この新しいベンチャーにおける 60% の株式を所有し、その他は Alibaba が持つことになる。
 
Alibaba’s Japan venture follows last month’s announcement of a partnership with one of South Korea’s largest conglomerates SK Holdings Co.
 
Alibaba におけるベンチャーは、先月に発表された South Korea の SK Holdings Co. との提携に、続くものとなる。
 
China’s biggest e-commerce operator earlier teamed up with Accenture Plc to target clients in China and Southeast Asia, and it said in April it would work with Germany’s SAP SE. It has data centers in countries including Singapore and the U.S. and is planning to open another in Europe as soon as this year.
 
この、China で最大の Eコマース事業者は、China と Souseast Asia の顧客をターゲットにするために Accenture Plc と提携し、また、Germany の SAP SE とも提携したことを、この 4月に発表している。同社は、Singapore と US などにデータセンターを所有しているが、近い将来には Europe に展開するとしている。
 
ーーーーー
Alibaba 2ついに来ました! Softbank が Alibaba と歩調を合わせて、アジアへ投資していくというケースが目立っていたので、いずれは、このような展開になると思っていましたが、それが現実のものとなりました。このところ、中国経済の減速を指摘する報道が多いですが、それを緩和し、また、新しい経済を作り出しているが、China IT ビジネスであり、そのパワーには凄まじいものがあります。今回は、日本のマーケットを意識した発表のようですが、これは、日本のサービス・プロバイダーが、アジアへ、そして世界へと、羽ばたいていくための、架け橋にもなる提携だと捉えています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
 

Comments Off on SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

%d bloggers like this: