Agile Cat — in the cloud

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on July 11, 2012

The US hosts 43% of the world’s top 1 million websites
http://wp.me/pwo1E-4q6

July 2nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/07/02/united-states-hosts-43-percent-worlds-top-1-million-websites/

_ pingdom

It should come as no surprise that the United States is the world leader in hosting websites. But just how many of the world’s top sites are hosted in the US? Following our study of web hosting in Africa, we now broaden the perspective and can announce that 43% of the world’s top 1 million websites are hosted in the United States.

Web サイトの運営において、アメリカが世界のリーダーであることは、決して驚くべきことではない。 それにしても、世界のトップ・サイトのうち、いったいどれだけがアメリカにホストされているのだろうか? 私たちは、アフリカにおける Web ホスティングの調査に引き続いて、その視野をアメリカにまで広げた。 そして、世界の Top-1 Million サイトの 43% が、アメリカにホストされていると、ここに発表するに至った。

Top 20 web hosting countries

After checking the IP addresses of the top 1 million websites as ranked by Alexa, we put them in order of how many websites are hosted in each country. You can read a bit more about our methodology at the end of the article.

Alexa によりランク付けされるとおりに、Top- 1 Million の Web サイトの IP アドレスをチェックした後に、それらの Web サイトをホストしている国々を、その順番にしたがって並べ替えてみた。 その方式については、この記事の最後で、詳細を説明している。

In total, we identified 191 countries as hosting one or more sites in the top 1 million, with the following 20 in the top:

全体について述べると、Top-1 Million の Web サイトをホストしている国は、191ヶ国であることが分かった:

As you can see, the US is in a clear lead with 431,214 sites, followed by Germany with 82,152, China with 49,730, UK with 37,829, and France with 35,777. In 20th place we find South Korea with 5,659 websites hosted out of the top 1 million.

そして、誰もが確認するとおり、アメリカは 431,214 のサイトをホストし、そこに ドイツの 82,152、中国の 49,730、UK の 37,829、フランスの 35,777 が続く結果となった。なお、この Top- 1 Million サイトの 20番目のポジションは、韓国の 5,659 となっている。

This is certainly a long tail if there ever was one Image(2)

1つのサイトを有する国まで入れると、まさに、ロング・テールになってしまう 🙂

Europe vs US

With the US in such a commanding lead, it would, of course, be interesting to see how it compares to other parts of the world. One of the obvious comparisons would be with Europe. Here’s what that comparison looks like:

このように、アメリカがダントツにリードすると、もちろん 世界の各地域との比較が、次の興味となってくる。 明らかに面白そうなのは、ヨーロッパとの比較だろう。 その結果は、以下のようになる:

Even compared to the countries in Europe combined, the US is still considerably larger, with 431,214 sites compared to the 313,252 in Europe.

ヨーロッパとアメリカの比較は、 431,214 対 313,252 であり、アメリカ単体のほうが依然として大規模となる。

You may have noted that Europe and the US together claim around 75% of the top 1 million sites.

また、特筆すべきことは、ヨーロッパとアメリカを合計すると、世界 Top- 1 Million サイトの 75% を占めてしまうことだ。

Top 100 countries

Here are the top 100 countries, which host the most sites in the top 1 million:

以下は、Top – 100 の国々であるが、それらにより、 Top- 1 Million サイトの大半が占められてしまう。

Pingdom サイトには、Top-100 が掲載されています

Will the rest catch up to the US?

Alexa may not be the definitive list to go by, but, at the very least, it should give a good indication of what the real numbers are. We doubt anyone is surprised that the US is in the lead, but it’s interesting to see how the countries seem to jockey for positions. Also, we just looked at the top 1 million sites, which is just a small fraction of all websites that exist.

Alexa が提供するリストは、決定的なものにはならないだろうが、少なくとも、実数については適切な示唆を与えてくれる。 アメリカがリードしていることに、驚く人はいないと思っているが、それぞれの国々がポジションを得ようと、画策しているように見えるところが興味い。 さらに言えば、私たちは Top- 1 Million のサイトだけに注目しているが、それは、すべての Web サイトの中の、わずか一握りに過ぎない。

We will keep an eye on this issue and see how it develops over the coming months and years.

私たちは、この論点に継続して集中していく。 そして、これから数カ月、そして数年のうちに、どのような展開になるのかを確認していく。

Do you think that, over time, the US will lose some of its importance in terms of web hosting and we’ll see more top sites hosted outside the US? Let us know in the comments below.

長い時間をかけながら、アメリカが Web ホスティングにおける重要なポジションを失うと、あなたは予想するだろうか? そして、アメリカ以外の国が、トップに座るようなことを、想像するだろうか? 何かコメントがあったら、知らせて欲しい。

About the data: The data was collected June 6-8, 2012, with a Pingdom-developed script that successfully scanned 945,472 out of Alexa’s top 1 million sites. The remaining sites failed for various reasons. We should point out that web hosting is a constantly moving target, so where a particular site is hosted may have changed by the time you read this.

ーーーーー

image圧倒的な アメリカの強さが見えてきますが、日本も 6位に入ってるが確認できて、なんとなくホッとしました。 この調査のベースとなっている Alexa は、誰でも簡単に使えるものなので、お暇がありましたら試してみてください。 Agile_Cat も自分を調べてみましたが、その結果を見ると、1つのサイトとして認識されているようです。 おそらく、WordPress だけでも何万というサイトが、この調査結果には含まれているのでしょうね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?
調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

Comments Off on Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている

世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

Posted in .Selected, Apache, Linux, Microsoft, Research, Strategy by Agile Cat on June 12, 2012

75% of top 10k websites served by open source software
http://wp.me/pwo1E-4jc
Posted in
Main on May 22nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/22/75-percent-top-10k-websites-served-by-open-source-software/

_ pingdom

We have analyzed the top 10,000 websites in the world to find out what web server software they are running. Here is what we found out.

私たちは、世界中の Top-10,000 の Web サイトを分析し、そこで運用されている Web サーバー・ソフトウェアを調べてみた。 そして、私たちが見つけ出したものを、以下に記していく。

First of all, it is clear that open source software rules the roster. This largely thanks to two massively popular open source projects: The Apache web server, and the nginx web server. Together they account for at least 61% of the top 10k sites.

まず最初に、オープンソース・ソフトウェアが、この世界を支配していることが明らかになった。 それは、大いに人気を博している、2つのオープンソース・プロジェクトである、Apache Web サーバーnginxWeb サーバーの功績である。 それらを合わせると、Top-10000 サイトの 61% を占めることになる。

The main competitor to these is Microsoft’s IIS, with just under 14% of the sites. IIS, needless to say, isn’t open source.

最大のコンペティタは  Microsoft の IIS であるが、そのシェアは 14% 弱にとどまっている。 言うまでもなく、IIS はオープンソースではない。

These three web servers are far from alone, though. Others that make an appearance in the top 10k include Lighttpd, Apache’s Tomcat, LiteSpeed, Resin, Zeus, Jetty, Tengine and many others. (For our methodology, check out the bottom of this article.)

しかし、Web サーバーは 3つだけではない。 この Top-10000 を形成する他のプレイヤーとしては、Lighttpd/Apache’s TomcatLiteSpeedResinZeusJettyTengine などが含まれる(私たちの算出方法に関しては、文末の Methodology を参照して欲しい)。

Web servers used by the top 10k sites

When you break it down visually, it’s obvious how dominant Apache is. That said, nginx has risen quickly over the past few years and is becoming quite a contender. It has even passed Microsoft’s IIS, which used to hold the second place after Apache.

一連のデータをビジュアライズしてみると、Apache の支配が、きわめて強いことが明白になる。 それはさて置き、この数年の間に nginx が急速に成長し、なかなかの競争相手になってきた。 そして、Apache に続く2番手のポジションを、Microsoft の IIS から奪い取っている。

クリックで拡大 ⇒

It’s worth noting here that nginx is sometimes used as a reverse proxy, often in combination with Apache, so behind some of those nginx numbers there are also Apache web servers.

ただし、nginx に関しては、reverse proxy として用い、Apache と組み合わせる方式があることを、ここでは指摘しておく。そのため、この nginx に関するパーセンテージの背後には、Apache Web サーバーが存在するケースもある。

We have included a more comprehensive list at the bottom this article if you want to look closer at the numbers.

一連の数字に関して、さらなる詳細を調べたいなら、この記事の後半に掲載する、包括的なリストを参照して欲しい。

Open source dominance

We have mentioned before how the Web could be considered the greatest triumph of open source software, and this clearly extends to web server software. At least 75% of the sites use open source web servers.

私たちは以前に、オープンソース・ソフトウェアは、Web で素晴らしい勝利を収めたようだと書いたが、その傾向は、明らかに Web サーバー・ソフトウェアにも及んでいる。 ここで調べた Web サイトの、少なくとも 75% がオープンソースの Web サーバーを使っているのだ。

クリックで拡大 ⇒

When calculating the percentages above, we excluded the 1/10th of the sites that either didn’t respond, or didn’t include a server header in the response. If we had included them in the “undetermined” section in the chart, we would have had 66.8% open source, 17.3% proprietary, and 15.9% undetermined.

私たちが、このパーセンテージを計算したとき、レスポンスのないサーバーや、レスポンスにサーバー・ヘッダーが含まれないサイトの、1/10 を除外している。 もし、このチャートの Undetermined セクションに、それらを加算するなら、Open Sourse が 66.8% で、Proprietary が 17.3%、Undetermined が 15.9% となるだろう。

Some additional notes and thoughts

  • Web accelerator service CloudFlare is in the house. Out of the top 10k, 79 sites responded with server “cloudflare-nginx” (we folded those into the nginx numbers).
  • Amusingly, a few sites felt the need to point out that the server was confidential, instead of just leaving that header out.
  • Thanks to the large number of localized Google Search sites that show up in the top 10k, Google’s web server (GWS) made a strong appearance with 128 sites.
  • If we ignore the sites that didn’t respond or identify themselves with a server header, Apache’s share goes up from 39.8% to 44.4%, nginx goes from 21.6% to 24.2%, and IIS goes from 13.6% to 15.2%.
  • Web アクセラレータ・サービスである、CloudFlareも計算に入っている。 Top-10000 中の、79 のサイトが Server ”cloudflare-nginx” とレスポンスしている(それらは、nginx の値に組み入れている)。
  • 興味深いことに、いくつかのサイトでは、そのヘッダーを落とす代わりに、サーバーがコンフィデンシャルになっていた。そのことを、指摘する必要性を感じる。
  • Top-10000 に現われた、多数のローカライズ Google Search サイトにより、Google の Web サーバー(GWS)が、128 のサイトで利用されている状況が分かった。
  • もし、レスポンスのないサイトや、サーバー・ヘッダーを落としているサイトを無視するなら、Apache は 39.8% から 44.4% へ、nginx が 21.6% から 24.2% へ、そして IIS は 13.6% から 15.2% へと、それぞれのシェアを上げる。

More web servers…

As we promised, here is a table with a more detailed breakdown of the web servers we found.

私たちが約束したように、ここで参照したサーバーの詳細を、以下のテーブルに記す。

クリックで拡大 ⇒

That isn’t a complete list, though. If you absolutely want to see every single web server included, we have attached a zipped CSV file where you can check out the raw server headers if you’re interested in that kind of thing.

しかし、これは完全なリストではない。 この調査の対象となった、個々のサーバーに関する情報が必要であれば、この圧縮された Zipped CSV ファイルを参照して欲しい。この種のことに興味があるなら、生の Server Header をチェックできる。

Final words

Open source projects help drive web technology forward, and web servers is no exception. As a bonus, the diverse landscape we’re seeing should spur on competition among the different development teams. For example, we suspect the rise of nginx has given the Apache team some extra motivation and inspiration, and vice versa.

オープンソース・プロジェクトは、Web テクノロジー促進しているが、Web サーバーも例外ではない。 そして、その余録として、私達の視野にある多様性が、それぞれの開発チーム関における競争を奨励しているはずである。 たとえば、nginx の台頭により、Apache チームにはモチベーションとインスピレーションが与えられ、また、その逆もありだと思う。

Sometimes the web server landscape may seem like a three-horse race between Apache, nginx and IIS, but as you can see, there are many other web servers out there. One size doesn’t fit all, so we’re happy to see this kind of diversity.

Web サーバー の世界は、Apache と、nginx と、IIS の三強によるレースのように思えるかもしれない。 しかし、ここで確認したように、それ以外の Web サーバーも存在する。 1つのサーバーが、すべてのニーズに合致するわけではない。 したがって、この種の多様性を確認できたことは、大いに喜ぶべきことである。

Methodology: The starting point for this survey was the top 1M sites list (in the world) provided by Alexa. We extracted the top 10k from this list, and downloaded the server response headers from each of the sites. The vast majority identify their web server software with the “Server” header. We got the server id for roughly 90% of the sites this way.

ーーーーー

TAG indexいわゆる LAMP スタックの、圧倒的な強さを示す調査結果ですが、nginx の台頭にも注目したいですね。 昨日のポストでは、Microsoft の Linux シフトを紹介しましたが、プロプライエタリにおけるベンダーとデベロッパーの関係と、オープンソースにおけるエコシステムの間には、決して超えることのできない高い壁があるように思えてきました。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい
世界の DNS インフラも、地味ながら 頑張ってる!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける

 

Comments Off on 世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

世界の Top-100 サイトのうち、Google は 23 サイトを所有している

Posted in .Selected, Google, Research, Weekend by Agile Cat on May 26, 2012

Google owns 23 of the top 100 sites
http://wp.me/pwo1E-4fx
May 23rd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/23/23-of-the-top-100-sites-are-google-owned/

_ pingdom

If you list the top 100 sites in the world (according to Alexa), you’ll find that 23 are owned by Google. That’s a massive share for a single company.

世界の Top-100 サイトをリスト・アップすると、その中の 23 のサイトが、Google により所有されることに気付くだろう(Alexa より)。 それは、単一の企業にとって、きわめて大きなシェアとなる。

How does Google have such a huge presence? The main reason is the large number of localized versions of Google Search, such as Google.com, Google.co.uk, Google.fr, Google.de, etc. Almost every country has one, and due to their popularity, 17 are among the top 100 most visited sites on the Internet.

どのようにして、この強大なプレゼンスを Google は持ち得たのだろうか? 主な理由は、Google.com および、Google.co.uk、Google.fr、Google.de といった、Google Search のローカライズ・バージョンが、大きな数字を稼ぎ出している点にある。 ほとんど全ての国々に、それらが展開されているため、各国の人口を反映した 17 のサイトが、インターネット Top-100 に選ばれている。

imageThen there’s also YouTube, Blogger, etc.

それに加えて、YouTube や Blogger などもある。

The number is boosted a bit by a couple of “sites” that aren’t regular sites, googleusercontent.com being one. This is a side effect of how Alexa works, which seems to focus on domains accessed, so things like CDNs (content delivery networks) get included. This doesn’t change much, though, because even ignoring those domains you still end up with 20 proper, Google-owned sites. That’s one in five.

それらのサイトは、一般的な形式ではなく、たとえば googleusercontent.com などとの組み合わせによりホストされている。 こうしたことまで分かるのが、Alexa の副次的な効果である。 つまり、アクセスが行われるドメインにフォーカスしているため、CDN(Content Delivery Networks)をも含むデータが取得される。 しかし、それにより大きな変化が生じつことはない。 それらのドメインを無視するにしても、Google が所有する 20 のサイトが Top-100 にランクされる状況だ。 つまり、5 サイトのうち、1 つが Google のものである。

We noticed this rather impressive statistic the other day while working on a report about web server usage, and felt it was worth mentioning here.

私たちは、Web サーバーの用法に関するレポートに取り組んでいるが、この統計がとても興味深いものであると気付き、また、ここで言及する価値があると思った。

There’s so much talk about how big Facebook has become (and deservedly so), but Google will be a tough giant to beat in terms of sheer web presence. It’s still one of the world’s most interesting companies.

Facebook における規模の拡大については、数多くの報道があるが(当然だが)、Web プレゼンスにおいて、やはり Google が巨人なのである。 それ故に、世界の最も注目される企業でもあるのだ。

P.S. A year ago we wrote a related article – How big is Google, really? – that you might want to check out for a deeper dive into Google’s enormous online presence.

Data source: Top sites from Alexa, May 14.

ーーーーー

imageこの手の話となると、やはり Google と Facebook が群を抜いた存在であり、あちらおこちらで盟主争いをしているという感じですね。 それぞれの考え方と方式により、双方がサービスやプロダクトだけではなく、特許ポートフォリオなども強化している状況にあります。  まぁ、ある種の異種格闘技なので、判定で勝敗が決することはありませんし、数十年というスパンで競い合っていくのでしょう。 --- image

ーーーーー

<関連>

Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・
Google App Engine:ついに Search API が登場!
Google Chrome の iOS 版が登場するって ホント?
Google Cloud SQL の価格が発表された!
出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey

Tagged with: , , , , ,

Comments Off on 世界の Top-100 サイトのうち、Google は 23 サイトを所有している

%d bloggers like this: