Agile Cat — in the cloud

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on July 11, 2016
Data Security: Tech Businesses Adopt Encryption to Avoid Government Requests
Dick Weisinger – July 6th, 2016
http://formtek.com/blog/data-security-tech-businesses-adopt-encryption-to-avoid-government-requests/
_ formtek
Free email.  Free chat.  Free online storage.  Consumers have had a lot of free online services available.  But the tradeoff is that the information was also available to the vendor hosting or enabling the free use of that data.  Business like Google, Facebook and Microsoft have learned who you are and what you do, and most of all, how best to present advertising to you.  It’s the revenues that these companies generate from advertising after all that enable them to offer up free services.
 
無料のメールに、チャットに、オンライン・ストレージ。 コンシューマたちが利用できる、たくさんのフリー・オンライン・サービスが提供されている。しかし、ユーザーをホスティングするプロバイダーも、トレードオフとして、それらのデータを利用している。Google や、Facebook や、Microsoft などは、あなたが誰であり、何をしたいのかを学習し、あなたにとってベストな広告を提供しようとする。つまり、それらのプロバイダーは、無料のサービスを提供した後に、広告から発生する収益を得ていくのである。
 
Klimt_4But increasingly government agencies are trying to get access to the troves of data collected or managed by these companies.  There has been increasing publicity of cases where businesses have been asked to provide the government information.  Whether they have cooperate or resist, there are often legal fees and unwanted publicity.
 
そして政府機関も、それらのプロバイダーが収集/管理するデータに対して、アクセスを取得しようとしている。実際のところ、それらの情報を提供するよう、政府が企業に要求するという事例が増加している。企業として、協力するにしても、抵抗するにしても、大半のケースで必要となるのは、不要なはずの情報公開であり、また、弁護士に対する費用である。
 
On the defense, many businesses are deciding that the best option for them is to keep access to as little as possible of the information which pass through their services.  They see encryption as a way for them to extract themselves from legal problems.  If data is encrypted by the customer using keys not available to the service provider, the service provider would then no longer control access to sensitive information and be the target of government demands.  This would include securing services like storage, email and chat with encryption.
 
企業にとって、防衛するための最良の選択肢は、それらのサービスを通過する情報へのアクセスを、可能な限り少なくすることだとされる。つまり、法的な問題から、プロバイダーとしての立場を回避する方法として、暗号化が有益だとみなされているのだ。もし、ユーザーによりデータが暗号化され、サービス・プロバイダーに鍵がなければ、もはやセンシティブな情報に対して、サービス・プロバイダーはアクセスを失い、また、政府からの要求も生じなくなる。その対象には、暗号化を用いるメール/チャット/オンライン・ストレージといった、セキュアなサービスも含まれるだろう。
 
Larry Gadea, founder and chief executive of Envoy, said that “we have to keep as little [information] as possible so that even if the government or some other entity wanted access to it, we’d be able to say that we don’t have it… For a small startup trying to iterate quickly, it definitely slows things down.  But in the long run, it’s a competitive advantage and it reduces risk on our company. I can sleep better at night.”
 
Envoy の CEO である Larry Gadea は、「私たちは、保持する情報を、可能な限り少なくする必要がある。そうすれば、政府の機関などがアクセスを望む場合であっても、あなた方が必要とする情報は無いと言い返せるだろう。サービスの更新サイクルを高めたい、小規模なスタートアップにとって、そのような措置はスピードを奪うものとなる。しかし、長期的に考えてみると、それにより競争上の優位性が確立され、また、リスクの低減にもつながるはずだ。間違いなく、夜もぐっすり眠れるようになる」と述べている
 
Facebook’s WhatsApp, the Viper messaging app in Europe, Cloudera and Box have all added end-to-end encryption options that enable customers alone to be able to access data that is stored and transmitted with these services.
 
Facebook の WhatsApp や、Europe の Viper、そして Cloudera や Box などは、End-to-End の暗号化オプションを追加している。つまり、それらのサービスに保存されるデータや、そこから送信されるデータにアクセスできるのは、ユーザーだけに限定されるようになるのだ。
 
Marc Andreessen in a recent interview with the Washington Post, said that “engineers are not inherently anti-government, but they are becoming radicalized, because they believe that the FBI, in particular, and the U.S. government, more broadly, wants to outlaw encryption.”
 
Marc Andreessen は Washington Post のインタビューで、「エンジニアたちは、政府に対して本質的に対抗するものではないが、その考え方を改めつつある。なぜなら、政府や FBI などが暗号化の禁止について、より広い範囲で求めていると、エンジニアたちが確信しているからだ」と、以前に述べていた。
 
ーーーーー
On Monday6月30日の Wired に、「渡米するのに SNS アカウントの提出が必要になるかもしれない」という記事がポストされていましたが、テロや犯罪の防止/調査のために、それぞれの政府が一番に必要とするのは、個人の履歴が残されているオンライン上のデータとなるのでしょう。そして、さまざまなプロバイダーたちが、暗号化へと進んでいくのは、セキュアなサービスを提供するだけではなく、政府機関からの要請に対して、自身の負荷を軽減するという意味もあるのですね。インターネットにおける個人と政府の関係は、なかなか落とし所が得られない、永遠のテーマなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
 

Comments Off on Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

Posted in .Chronicle, Advertising, Instagram, Weekend by agilecat.cloud on June 25, 2016
Media criticizing Instagram’s new look is a travesty. Can they shut up? Please?
Terence Lee – May 12, 2016
https://www.techinasia.com/instagram-logo-change-adweek
 
_ tech in asia
 
Instagram unveiled a new logo Wednesday, and a member of the media is calling it “one of the biggest design fails of the year.” The brand’s famous skeuomorphic icon, a virtual representation of a physical camera, was beloved almost universally, and is one of the most instantly recognizable logos in tech.
 
この水曜日 (5/11) に、Instagram が新しいロゴを発表したが、数多くのメディアたちが「デザインにおける今年の最大の失敗」と酷評している。このブランドの、物理的なカメラの模倣した有名なアイコンは、不偏的に愛されていたと言っても過言ではないだろう。そして、ハイテク業界の中でも、一目で認識できるロゴでもあったはずだ。
 
instagram-logo-old-newFor some inexplicable reason, the media went hysterical over this, as if the sky was falling, or Trump had won the presidency.
 
なんらかの不可解な理由により、メディアがヒステリックに批判しているが、それは、あたかも空が落ちてきたとか、トランプが大統領になったとかの、類のものである。
 
“It’s a very forgettable image that will get lost on people’s phones amid the thousands of other similarly uninspired designs of most tech apps,” writes Adweek’s Tim Nudd. The word “will” is telling. It seems to indicate arrogance, as if the writer has a crystal ball into the minds of phone users, which he clearly doesn’t. In fact, Instagram likely knows more about its users than Tim does.
 
たとえば、Adweek の Tim Nuddは、「無数のハイテク・アプリが、このような平凡なデザインなデザインを用いており、スマフォ・ユーザーの印象に残らないイメージになってしまうだろう」と述べている。この「印象に残らない」という言葉が、すべてを物語っている。彼は明記こそしていないが、あたかもスマフォ・ユーザーの心の動きを占っているかのようで、いささか傲慢に感じてしまう。実際のところ、Instagram は Tim Nudd よりも、ユーザーたちについて知っているはずだ。
 
If only he had paused to consider that Instagram can damn well do whatever it wants with its logo. If only he had considered that this is inconsequential in the larger scheme of things. Uber’s logo “travesty”? Long forgotten.
 
Instagram が、そのロゴを上手く使いこなしてきたことを、彼は考慮していないだけなのかもしれない。また、もっと大きなビジネス・スキームがあるのに、ロゴなど些細なものだと、彼は考えているのかもしれない。Uber のロゴは、まがい物なのだろうか? そんなことは、時間が経てば忘れられてしまう
 
As often happens with logo redesigns by big brands, the media stands ready to criticize it. Throwing tomatoes at the door of a big corporation garners plenty of attention.
 
大手ブランドがロゴをデザインし直すとき、メディアたちが批判のために立ち上がるというのが常である。そして、注目を集めるために、そのドアにトマトを投げつけるのだ。
 
Granted, the media survives on clicks. It needs to take advantage of controversy. It’s fundamental to our business model. The question then becomes, how far do we go? Shout too much, we lose readers and credibility. Play it too safe, we bore our readers.
 
確かに、メディアというものは、クリックを得て生き長らえる。したがって、論争を活用する必要がある。それが、私たちのビジネス・モデルの基本である。しかし、どこまでやるのかという疑問が生じてくる。あまりにも叫びすぎると、私たちは読者との信頼を失う。あまりにも安全に進めれば、読者を退屈させてしまう。
 
In the end, it’s about making sure that our content adds value in some way and that we stop chasing the obvious beats and go after the novel.
 
結局のところ、何らかの方法で、コンテントに対して価値を加えることを、着実に進めなければならない。したがって、私たちは、明らかな批判で追い回すことを止めて、さらに新しいことを考えていく必要がある。
 
Unfortunately, the media’s beat downs of every major logo change have proven to be largely forgettable. Attempts to breathe significance into them come across as desperate.
 
残念なことに、大手のロゴ変更に対するメディアの批判は、忘れられ去られがちだということが判明している。つまり、絶望的な印象を与えることで、大きく息を吸おうとしているだけなのだ。
 
It’s not exactly baffling when you think about it: the media itself is in a desperate situation, in which digital ad rates have been plummeting, forcing publications to seek out other lifelines to replace lost print revenue.
 
なにも、あなたを困惑させようとして、こんなことを書いているのではない。デジタル広告のクリック率が急落し、メディア自体が絶望的な状況にあるのだ。その圧力が、失われた印刷物からの収益を置き換える、他のライフラインを模索させているのだ。
 
Lower cost-per-click means writers have to work harder to drive more clicks, which leads to throwaway content. There’s no going back to the good ol’ days. And until the industry finds an answer to its business model dilemma, we just have to get used to more clickbait and less credibility.
 
CPC (cost-per-click) の低下が、ライターたちにハード・ワークを強要し、より多くのクリックを得るように働きかける。その結果として、三文記事が量産される。古き良き日に戻ることはできない。そして、この産業が、ビジネス・モデルのジレンマに対する答えを見つけるまで、信ぴょう性の薄い釣り記事を受け入れなければならない。
 
ーーーーー
weekend先月ですが、Instagram のロゴが、いつの間にか変わりました。たしかに、以前のデザインには、誰しも馴染みがあるため、最初は違和感が漂いますが、企業が生き残っていくためには、ロゴのデザインはとても重要な要素なのでしょう。そして、この記事は、さらに一歩踏み込んで、こうした題材を取り扱うメディアの姿勢に言及しています。この4月のことですが、香港のメディアである South China Morning Post (SCMP) を Alibaba が買収しました。その結果として、これまでの有料コンテンツが無償になるとかで、ユーザーにとっては有り難い話なのですが、このような老舗までが、ビジネス・モデルを変え無ければならないという現実に、寂しさを感じてしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの凄まじい実態!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Research by agilecat.cloud on May 12, 2016
Facebook played the shift to mobile perfectly, and it’s still reaping the rewards
Matt Rosoff – Apr. 28, 2016
http://www.businessinsider.com/facebook-revenue-by-source-2016-4
 
_ Business Insider
 
When Facebook went public in May 2012, it was booking just over $1 billion a quarter in revenue. On Wednesday, it reported $5.38 billion in revenue, up 52% from last year and up 5x from Q2 2012.
 
Facebook が 2012年5月に株式公開したときの書類には、四半期の売上高が、わずか $1 billion に過ぎないと記載されていた。しかし、この水曜日 (4/27) の収支報告によると、その売上は前年比で 52% アップの $5.38 billion に達し、2012年 Q2 との比較では、5倍にも成長していることが分かった。
 
facebook_revenue
Statista
 
As this chart from Statista shows, all of that growth has come from a single source: mobile advertising. Facebook is perfectly positioned for the shift to mobile — more than 1.5 billion people check Facebook on their phones at least once a month and nearly 900 million check Facebook only on their phones, the company said on its earnings call.
 
この Statista のチャートが示すように、同社における成長は、モバイル・アドという一点から生み出されている。そして、モバイル・シフトという展開において、Facebook は完ぺきなポジションを確立している。つまり、15億人以上のユーザーが、少なくとも月に一度は Facebook をチェックしているが、そのうちの約 9億人はモバイル・デバイスだけを所有するという事実が、同社の収支レポートに明示されているのだ。
 
Mobile users in the U.S. spend an average of 30 minutes a day checking the site, more than 3x as much time as they spend checking the number-two service, Snapchat, according to ComScore and Morgan Stanley. And these users are often browsing without any particular destination or goal in mind, which makes them receptive to brand advertising like TV viewers, as Ben Thompson pointed out in his daily Stratechery column.
 
ComScore と Morgan Stanley によると、US における平均的なモバイル・ユーザーは、Facebook をチェックするために、一日あたり 30分を費やしている。その時間は、No.2 のサービスである、Snapchat の 3倍にも達するようだ。 そして、Ben Thompson が Stratechery コラムで指摘したのは、それらのユーザーの大半が、特定の目的や目標を持たずに、Facebook をブラウズしているという現実である。つまり、テレビを観るような感覚で、ブランドのモバイル広告が受け入れられているのだ。
 
Which is why Sheryl Sandberg told the Wall Street Journal on Wednesday, “Businesses are no longer asking if they should market on mobile, they’re asking how…This is a shift that we think we’re very well-positioned to take advantage of and build on.” Indeed.
 
Sheryl Sandberg が水曜日の Wall Street Journal で、「モバイル・マーケティングの必要性について、疑問を持つ企業は、すでに存在していない。 それを、どのように推進するのかという関心事が、全体を支配しているのだ。それが、私たちの考えるモバイル・シフトである。その点において、Facebook は有利なポジションを確保し、それを強化している」と、背景について語っている。確かに、そのとおりだ。
 
ーーーーー
facebook先日に、「Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、今日の記事では、その内容を分析しています。それにしても、ほんとうに見事なモバイル・シフトです。モバイル・デバイスが、爆発的にヒットしたタイミングと一致しているため、そこには沢山の幸運があったとも捉えられますが、戦略と実行力がなければ、その運を引き寄せることもできません。ほんと、ため息の出るような、成長曲線ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!

Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on May 2, 2016
Look at how much Sheryl Sandberg has done for Facebook
Matt Rosoff – Mar. 23, 2016
http://www.businessinsider.com/sheryl-sandberg-8-years-at-facebook-2016-3?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
In 2008, Facebook was still a startup. Early investors were excited about its user growth — Microsoft had put $240 million into the company at a crazy-seeming $15 billion valuation the year before — but it was far from the powerhouse it is today.
 
2008年の時点で、Facebook は単なるスタートアップに過ぎなかった。そのころの投資家たちは、Facebook のユーザー数の成長に強い関心を持ったが、いまの規模にいたるとは、誰も思っていなかった(その前年に、同社は $15 billion という現実離れした評価を受け、Microsoft は $240 million を出資している)。
 
Facebook-revenue-profit
Statista/Facebook
 
That’s when CEO and founder Mark Zuckerberg made a fateful decision: he hired Sheryl Sandberg, then the VP of global sales and operations at Google, to help run the company as its chief operating officer.
 
その年には、CEO and Founder である Mark Zuckerberg が、運命的ともいえる決断を下している。当時、Google の VP of Global Sales and Operations であった Sheryl Sandberg を引き抜き、Facebook を加速させるため、COO に抜擢したのだ。
 
Today is Sandberg’s eighth anniversary at the company, and this chart from Statista shows it all. Facebook has grown its revenue more than 65x, gone from a $56 million annual loss to a nearly $3.7 billion profit, succesfully navigated an IPO and numerous public relations flaps over user privacy, and now ranks as the fourth-most valuable tech company in the world (after Apple, Google, and Microsoft) with a market value of more than $320 billion.
 
Sandberg の移籍から、今日 (3/23) で 8年目となるが、その後の軌跡を Statista がチャートで示している。この 8年間で、Facebook の売上は 65倍に伸びており、利益に関しては、$56 million の損失から $3.7 billion の黒字へと転換している。また、IPO には適切に対処し、綿密な広報活動によりユーザー・プライバシーにも配慮してきた。そして、いまでは $320 billion 以上の評価額を得て、Apple/Google/Microsoft に続く、世界で 4番目のテック・ジャイアントとしてランキングされている。
 
Sandberg would never take all the credit — a company is made up of its employees, not just its leaders. But her leadership certainly helped transform Zuckerberg’s passion and smarts into a real business.
 
Sandberg が、名声を独り占めすることは無いだろう。同社は、リーダーたちだけではなく、従業員により構成されているのだ。とは言え、Zuckerberg の情熱と知性を代弁し、現実のビジネスを形作るという意味で、彼女のリーダーシップは充分に発揮されているはずだ。
 
ーーーーー
facebook上記のチャートを見ると、IPO の年である 2012年に利益の落ち込みがありますが、その年あたりから 主体となる収益がモバイルへと切り替わり、いまの売上と利益を支える屋台骨が確立されています。いまとなれば、モバイルがビジネスの主体になることは常識でしょうが、2012年の時点でモバイル・ビジネスを確立している企業が皆無だったことを考えると(デバイスを売る Apple などは別にして)、Facebook の特異性が見えてくるはずです。Facebook はソーシャルのリーダーですが、モバイル・マネタイズのリーダーでもあるのです。人生には巡り合わせというものがあるので、能力と結果が必ずしも一致するわけではありませんが、Sheryl Sandberg を評価する声は大きいはずです。Statista と Business Insider が、このような記事を企画するのも、その現れだと思うのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: