Agile Cat — in the cloud

Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Posted in Asia, Businesses, Uber by agilecat.cloud on August 2, 2016
Uber to merge with Chinese rival Didi in $35 billion deal
Matt Weinberger – Aug 1, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-china-merges-with-didi-chuxing-2016-7
 
_ Business Insider
 
Uber China, the regional subsidiary of the car-hailing app juggernaut, is merging with Didi Chuxing — its biggest and most  formidable rival in the country — in a $35 billion megamerger, as first reported by Bloomberg’s Eric Newcomer.
 
絶対的な力を持つタクシー配車サービス、Uber の子会社である Uber China と、最も手強いライバルである Didi Chuxing が、$35 billion の価値を持つ統合にいたると、Bloomberg の Eric Newcomer が速報を投じた。
 
The details were disclosed in a blog post by Uber CEO Travis Kalanick that has been circulating on Chinese social media — you  can read the full blog post at the end of this article. The official announcement was expected to arrive as early as Monday.
 
Uber CEO である Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで詳細を伝え、その情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。詳細については、文末に紹介する彼のブログ・ポストで確認できる。また、オフィシャルなアナウンスメントに関しては、早ければ月曜日に公表されるはずだ。
 
Kunming_Yunnan_ChinaWikimedia
 
Under the terms of the deal, Didi will make a $1 billion investment in Uber global at a $68 billion valuation, while Uber China’s investors will own 20% of the merged Chinese company,  which will be worth $35 billion.
 
今回の契約により、時価総額が $68 billion とされる Uber 本体に、Didi は $1 billion の投資を行う。その一方で、Uber China の投資家たちは、この統合される China 企業の、20% の株式を所有することになるが、その総額は $35 billion に至るという。
 
Uber China is a joint venture between the main Uber business, which owns the vast majority of it, the China-based internet giant Baidu, and other outside investors.
 
Uber China は、Uber 本体が最大の出資者となるジョイント・ベンチャーであり、その他の出資者としては、インターネット大手の Baidu などが挙げられる。
 
The Uber China business has long been an albatross around Uber’s neck: While Uber CEO Travis Kalanick has said the company is profitable in many markets, it has yet to turn a  profit in China, even as it lags behind the first-place Didi  Chuxing in the region.
 
Uber 本体にとって、Uber China は懸念の材料であると、これまで言われ続けてきた。そして、Uber CEO である Travis Kalanick は、「数多くの国々で、私たちのビジネスは成り立っているが、China 市場では Didi Chuxing に遅れを取り、利益を出すに至っていない」と述べている。
 
This essentially means Uber is throwing in the towel on its China operations.
 
つまり、この統合の本質を見れば、Uber が China での事業に関して、タオルを投げたことになる。
 
The news should come as some kind of relief to private-equity investors, who have   reportedly been pushing for some kind of truce between Uber China  and Didi Chuxing, as both companies pour in billions without  any profit to show for it.
 
このニュースは、未公開株に投資する人々を救済するものになるはずだ。伝えられるところによると、それらの投資家たちは、利益を無視して膨大な投資を続ける Uber と Didi に対して、なんらかの停戦協定が必要だと提言していたようだ。
 
Apple recently invested $1 billion in Didi Chuxing at a valuation that could have been $25 billion or higher. It remains to be seen whether this was the outcome that Apple was pushing  for with this investment.
 
最近になって、Apple は Didi Chuxing に $1 billion を投資しているが、それが $25 billion の価値に化ける可能性もある。ただし、今回の投資に関して、Apple がプッシュした結果でもあるのかどうかを、見守る必要があるだろう。
 
Uber was not immediately available for comment.
 
また、Uber からのコメントも、現時点では得られていない。
 
Here is a copy of Uber CEO Travis Kalanick’s blog post announcing the deal, which is circulating on Chinese social media and which was forwarded to Business Insider:
 
以下は、Uber CEO の Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで伝えた詳細であり、また、Business Insider に転送されたものでもある。この情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。
 
Today we’re announcing our intention to merge Uber China with Didi Chuxing.
 
今日、私たちは、Uber China と Didi Chuxing の統合について、その意思を持っていることを発表する。
 
Three years ago I traveled to China with a small group of people to see if we might be able to launch Uber there. It was an ambitious idea, given that we were a relatively small start-up and no one there had ever heard of the company. Most of the people we asked for advice thought we were naive, crazy, or both.
 
三年前、私は何人かの人々と伴に China を訪れ、そこで Uber を立ち上げるという可能性について検討した。その結果として、小規模なスタートアップを立ち上げることになったが、その種の企業が China には無かったことを考えると、野心的なアイデアだったはずだ。アドバイスを求めた人々の大半が、私たちの楽観性とクレイジーさを感じていたと思う。
 
I came away with a different view. First, China is an amazing country and if you aspire to make “transportation as reliable  as running water, everywhere for everyone,” you can’t ignore a fifth of the world’s population. And second, as an entrepreneur, if you have the opportunity to build both Amazon and Alibaba at the same time, you’d be crazy not to try.
 
しかし、私の目論見は、次第にズレてきた。まず、Chia は素晴らしい国である。そして、「水の流れのように安定した移動のためのビジネスを、場所を選ぶことなく、すべての人に提供する」と熱望するなら、世界人口の 1/5 という規模を無視することはできない。言い換えるなら、Amazon と Alibaba を同時に手にするチャンスがあるにしても、それを選ぶ投資家はクレイジーだということだ。
 
Fast forward to today and Uber China — in just two years — has  exceeded even my wildest dreams. We’ve grown super fast and are now doing more than 150 million trips a month. This is no small feat given that most U.S. technology companies struggle to crack the code there. That’s why I’m so proud of what our amazing China team has accomplished.
 
Uber China は、わずが 2年の歴史であるが、今日までを振り返ると、私の想像を超えるものであった。それは、素晴らしいスピードで成長し、現時点で 1億5,000万回/月の利用という実績を持っている。ほとんどの US テック・カンパニーが、China でのビジネスに苦労しているという現状を考えると、小さな偉業とは決して言えないものである。私たちの素晴らしい China チームが達成したことを、私は誇りに思っている。
 
However, as an entrepreneur, I’ve learned that being successful is about listening to your head as well as following your heart.  Uber and Didi Chuxing are investing billions of dollars in China and both companies have yet to turn a profit there. Getting to profitability is the only way to build a sustainable business that can best serve Chinese riders, drivers and cities over the  long term.
 
しかし、起業家として私が学んできたことは、理屈だけを追いかけるのではなく、人々の心を理解することが、ビジネスの成功には不可欠ということだ。Uber と Didi Chuxing は、China で膨大な投資をしているが、両社とも利益を出すには至っていない。収益を得ることが、持続可能なビジネスを構築するための唯一の道である。それにより、China の顧客と運転手に対して、そして都市に対して、長期的なサービスの提供が可能となる。
 
I have no doubt that Uber China and Didi Chuxing will be stronger together. That’s why I’m so excited about our future, both in  China — a country which has been incredibly open to innovation in  our industry — and the rest of the world, where ridesharing is  increasingly becoming a credible alternative to car ownership.
 
Uber China と Didi Chuxing が統合されるなら、きわめて強固なビジネスが展開できると、私は確信している。この業界が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな China という国で、両社が成功していく未来を、私は望んでいる。そして、その他の国々においても、自動車の所有から共有へという流れが、実現性のあるアイデアとして浸透している。
 
Travis Kalanick, CEO, Uber.
 
ーーーーー
Uber Logo先週にポストした、「Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!」という抄訳からも伝わってきますが、中国におけるタクシー配車サービスは、ものすごい勢いで成長しているようですね。あれだけの人口を抱える国ですから、自動車というものを所有から共有に置き換えれば、ものすごい経済効果が生じるはずです。Travis Kalanick がブログで述べているように、Uber が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな中国に対して拍手です。そして、中国という市場の特殊性を理解し、Didi と共有していこうとする、Uber の英断にも拍手です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Comments Off on Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

わっつ WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる

Posted in .Selected, Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 23, 2014

Facebook Buying WhatsApp for $19 Billion: Yup, It’s a Deal of Historic Proportions
http://wp.me/pwo1E-7eP
Remember when $1 billion seemed like a lot of money for a hot app?
By Harry McCrackenFeb. 19, 2014
http://techland.time.com/2014/02/19/facebook-buying-whatsapp/

_ Time Tech

Facebook is buying WhatsApp, the wildly popular communications app for smartphones that has 450 million users a month. The price it’s paying is $19 billion: $12 billion in Facebook stock, $4 billion in cash and $3 billion in restricted stock units. Even in an era of stunning prices for hot startups, that’s a stunner. (Was it really less than two years ago that the $1 billion Facebook paid for Instagram sounded like an epic price?)

Facebook が買収する WhatsApp とは、450 Million/月というユーザー数を持つ、大人気のコミュニケーション・スマホ・アプリのことである。この買収における対価は、総額で $19 Billion であるが、その内訳は、Facebook の株式で $12 Billionと、キャッシュで $12 Billion、そして、制限付きの株式で $3 Billion というものである。たとえ、ホットなスタートアップが魅力的な資金を手にする時代とはいえ、この買収額は、大きな衝撃をもたらしている。(実際のところ、2年ほど前に Facebook が Instagram に支払った $1 Billion は、叙情詩のような響きを持っていなかったか?)

This is by far the biggest tech-related deal since AOL agreed to buy Time Warner in 2000 for $160 billion — a deal that was far more epic, but which involved venerable, highly profitable assets such as TV networks, movie studios, cable-TV systems and (*cough cough*) magazines rather than one really popular app.

それ以上の叙情詩としては、2000年の AOL による Time Warner の買収があり、$160 Billion という、はるかに規模の大きなハイテク関連の取引が行われている。しかし、その契約には、TV ネットワークや、映画スタジオ、CATV システム、そして、単なるアプリより由緒のある雑誌(笑)といった、収益性の高い資産が含まれていた。

WhatsApp was formed in 2009 and is profitable, even though it spurns advertising: After the first year, it charges users a service fee of 99 cents a year. It’s already been disrupting the test-messaging business, historically a cash cow for wireless carriers. But what Facebook is buying is the potential WhatsApp  has to grow even further, until it matches or exceeds Facebook’s own scale and impact. (Facebook says it’s going to leave WhatsApp’s brand and management alone, much as it’s done with Instagram.)

2009年に設立された WhatsApp は、広告を拒否しているにもかかわらず、高い収益性を確保している。 つまり、最初の年から同サービスは、ユーザーに対して 99セント/年のサービス料を請求していたのだ。ワイヤレス・キャリアの歴史において、ドル箱であったテスト·メッセージングの事業は、すでに崩壊の途にあるのだ。そして、Facebook が買ったものは、自身の規模や影響力を同じレベルまで、あるいは、それ以上のレベルまで成長していく、WhatsApp のポテンシャルなのだ。(Facebook は、Instagram の場合と同様に、WhatsApp のブランドやマネージメントについても、その独立性を約束すると発言している)

If you try to compare this acquisition with other big acquisitions of tech startups, you quickly realize that in terms of scale, there really is no comparison. Here’s an incomplete list of other deals north of $1 billion made over the past 15 years, mostly involving the purchasing of a startup superstar by a large, well-established tech company.  None of them reach the total of $19 billion that WhatsApp is getting, and the one that comes closest — HP’s acquisition of EDS — involved an acquisition of a company that was making around $22 billion a year in revenue.

ハイテク・スタートアップにおける他の大型買収と、今回の件を比較するなら、そのスケールという観点で、比類の無いものであることが、直ちに認識できる。以下のチャートは完全なものとは言えないが、充分な実績と規模を持ったハイテク企業による、$1 Billion 以上の買収劇を、過去 15年に渡って比較するものであり、その中には、スーパースター・スタートアップの買収も含まれる。WhatsApp が得た $19 Billion というキャッシュに、肩を並べるものは何処にもいないが、最も近いものとなると、HP による EDS の買収が挙げられる。 ただし、その当時の EDS は、年間で $22 Billion という売上を得ていたのだ。

Just scanning this list is sobering: While there are some acquisitions in there that look like steals in retrospect (such as YouTube), it’s possible that the majority were lousy ideas, at least at the price paid. (In some instances that was even pretty obvious when the deal was done.) In this case, Facebook owning WhatsApp makes a world of sense. Just as important, so does Facebook preventing some other big Silicon Valley company from snapping it up. So the big question involves that doozy of a price tag — and it may be years before we know for sure whether it was a sound investment.

ただ、ありのままでに、このリストを眺めるのみだ。振り返ってみると、いくつかのクールに進められた買収があったが(YouTube など)、その大多数は、支払った対価に対して、アイデアが付いて行かなかったという可能性がある。(いくつかのケースでは、取引が締結された段階で、それが明白だった事例もある)今回の、Facebook による WhatsApp の所有は、感覚の世界の出来事になる。そして、まさに重要なのは、Silicon Valley における、いくつかの大手企業が、WhatsApp を拾い上げることを阻止したところにある。したがって、この途轍もいない買収額は、大きな論点を含んでいる。 そして、それが健全な投資なのかどうかを知るまでには、数年を要するだろう。

ーーーーー

_ WhatsApp今週は、<わっつ WhatsApp> という名前で、久々の連載をやってみます。 たしかに、WhatsApp はスゴイ勢いで成長していますが、1兆 9000億円 に相当する買収額というのが、どれほど図抜けたものなのかを、このポストで確認してもらえればと思っています。そして、次回ですが、これだけ出したからには、さっさと 10億ユーザーに、Facebook としては到達して欲しいはずですが、その時期を推測するという、ポストの予定です。 お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Comments Off on わっつ WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる

Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?

Posted in Businesses, Pinterest, Salesforce, Social by Agile Cat on May 12, 2013

Salesforce buys (and shutters) Pinterest clone Clipboard
http://wp.me/pwo1E-666

May 9, 2013 –
Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/05/09/salesforce-clipboard-acquisition/

_ VB News

Clipboard, a company that had focused on digital archiving, has been acquired by Salesforce, its founders have stated on the company site. Its product will be shut down on June 30.

デジタル・アーカイブにフォーカスしてきた Clipboard が、Salesforce に買収された。 そして、同社の Founder は、これまでのプロダクトを 6月30日にシャットダウンすると、自社サイト上で表明している

Explaining the shutter-slamming, Clipboard said further, “We came to the conclusion that it was essential to focus on a singular platform for building new capabilities within Salesforce, which is not something that we could do while keeping Clipboard operating.”

この荒っぽい閉店について、「 私たちは、新しい機能を構築するための突出したプラットフォームとして、Salesforce を選ぶという結論に達した。それは Clipboard を運営しながら、進めてきたものと、異なるものになるだろう 」と、Clipboard は説明している。

Clipboard was founded in 2011 and was based in Bellevue, Wash. The service itself, however, didn’t make its public debut until almost exactly one year ago.

Clipboard は 2011年に設立された、Bellevue, Wash ベースのスタートアップである。 しかし、そのサービスは、いまから 1年前まで、パブリックにはデビューしていなかった。

At that time, we noted that while visually identical to Pinterest, Clipboard was different because users could bookmark text, audio, animations, and fully formatted sections of webpages with links intact as well as simple images. Like Pinterest, the service included public/private options as well as a following/follower social model.

あのとき、私たちは、ビジュアル面では Pinterest と同じであっても、Clipboard には相違点があることを指摘した。つまり、ユーザーは、テキスト/オーディオ/アニメーションなどをブックマークし、また、Web ページの各セクションをインタラクションのためのリンクとしてだけではなく、シンプルなイメージとしても、完全にフォーマットできるのだ。そして Pinterest のように、パブリック/プライベートのオプションだけでなく、フォロー/フォロワーのソーシャル・モデルも取り込んでいる。

At Salesforce’s Seattle office, Clipboard CEO Dr. Gary Flake will become Salesforce’s newest engineering VP, and the rest of Clipboard’s core engineering and design team will continue to work under Flake.

While the exact terms of the deal are unknown, rumor pegs the price around $10 million or $20 million. Clipboard had previously raised around $2.5 million in seed funding.

今回の買収について、その内容は不明であるが、$10 million ~ $20 million というウワサが流れている。 なお、Clipboard は、前回のシード・ファンディングで、約 $2.5M の資金を調達していた。

Image credit: hownowdesign/Flickr

ーーーーー

TAG index今年に入ってから、Chatter Mobile と発表し、Mobile BaaS に言及するなど、全速力でモバイル・シフトを図る Salesforce という感じですね。 正解だと、思います。もう、2年半くらい前のことですが、『 Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る 』という抄訳をポストしています。 その一部を、以下に引用します。 つまり、いまのエンタープライズに当てはめようとすると、クラウドには数多くの問題点がありますが、それ以上に深刻な問題を、いまのエンタープライズが抱えているということなのでしょう。 現状に迎合するだけが、エタープライズ・クライドの役割ではないという、この Salesforce にスタンスに拍手です。 __AC Stamp 2

エンタープライズ・ソーシャル・アプリケーションを採用するときには、重苦しい階層的な概念から、オープン/フラットで透明性のあるスタイルへと、企業の思考形態が変容しなければならない。 その上に、エンタープライズ・ソーシャル・コラボレーションが構築されなければならない。 そして、既存のビジネス・プロセスおよびアプリケーションとの統合が不可欠であり、その結果として、ビジネス・ドキュメントや、ビジネス・データ、プロセスなどを取り囲むカタチで、従業員たちがコラボレートしていく権限を与えることになる。 そして、いまの企業は、従業員が働く方式を、変化させる能力を有している。

ーーーーー

<関連>

Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!
Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

 

Comments Off on Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?

Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?

Posted in .Selected, Cisco, OpenStack by Agile Cat on February 8, 2013

Cisco Invests In Piston Cloud, OpenStack; Hedges Parallels Bet?
http://wp.me/pwo1E-5Dd

Feb. 5th, 2013 by
The VAR Guy
http://www.thevarguy.com/2013/02/05/cisco-invests-in-piston-cloud-openstack-hedges-parallels-bet/

image

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) has invested in Piston Cloud Computing, which develops an OpenStack distribution for private enterprise clouds. The investment comes only a few weeks after Cisco pumped money into Parallels, which develops cloud automation software. Is Cisco hedging its cloud bets? Sort of.

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) が、プライベート・エンタープライズクラウド用の OpenStackディストリビューションを開発する、Piston Cloud Computing への出資を開始した。 この話は、クラウド・オートメーションソフトウェアを開発する Parallels に対して、Cisco からの資金が流れ込んだ、わずか数週後に浮上してきている。 Cisco は、クラウドへの投資において、ヘッジをかけているのだろうか? ある程度は、それもあるのだろう。

imageGenerally speaking Parallels is used to stand up and automate public clouds. OpenStack can also be used in public clouds but does not necessarily compete with Parallels on all fronts. Also, OpenStack is gaining momentum as a private cloud platform that enterprises can use to deploy IaaS (infrastructure as a service).

一般的に言って、Parallelsが利用されるケースは、パブリック・クラウドを立ちあげ、その後を自動化するときとなる。 OpenStack も、パブリック・クラウドで使用されるが、すべての領域において、必ずしも Parallels と競合するわけではない。さらに言えば、エンタープライズが IaaS をディプロイする、プライベート・クラウド・プラットフォームとして、OpenStack は勢いを増している。

Clearly, Cisco is spreading its chips around and making multiple public and private cloud bets. Piston Cloud raised $8 million in Series B funding — with Cisco among those pumping money into the company.

明らかなのは、数多くのパブリック・クラウドと、多様なプライベート・クラウドに賭けていくため、Cisco はチップスをばらまいている点である。Piston Cloud は Series B ファンドにおいて、$8 million の資金を集めた。そして Cisco も、そこに資金を注ぎ込んだ一人である。

At the same time, Cisco has been shedding lower-margin businesses that are not part of the company’s long-term focus. The latest such move involved Cisco selling its Linksys business to Belkin.

それと同時に、Cisco は、同社の長期戦略に入らない、採算性の低いビジネスを整理し始めている。 最近では、Cisco 傘下にあった Linksys のビジネスが、Belkin に売り渡されている

ーーーーー

TAG indexOpenStack というと、Internap がパブリック向けに先行し、それに続いて Piston Cloud がプライベート向けに進出するという流れだったと記憶しています。 そして、以前にポストした 『 Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?』という抄訳では、同社について、以下のように記述されています。image

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Internap が構築する、OpenStack-Based のパブリック・クラウドとは?
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用

 

Comments Off on Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?

Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?

Posted in .Selected, Apple, Twitter by Agile Cat on November 29, 2012

Why Apple Should Buy Twitter
http://wp.me/pwo1E-5hj
Jay Yarow | Nov. 22, 2012
http://www.businessinsider.com/why-apple-should-buy-twitter-2012-11

_ Business Insider

What is Apple’s biggest problem? Its web services are terrible.

Apple における最大の問題はなにか? その、ひどい Web サービスである。  

How can it fix its web services? By buying Twitter.

どのようにしたら、その Web サービスを直せるのか? それは、Twitter を買収することだ。

That’s an idea put forth by former Apple employee Patrick Gibson.

このアイデアは、Apple の従業員であった、Patrick Gibson が述べたものである。

Typically, when people say Apple should buy Twitter, they fixate on the idea that Apple needs to have a stronger social networking service.

一般的に見て、Apple は Twitter を買収すべきだと人々が言うとき、Apple はパワフルなソーシャル・ネットワークを必要とするから、という発想に縛られがちになる。

Gibson doesn’t think that’s what Twitter would bring to Apple.

しかし Gibson は、Twitter が Apple にもたらすものについて、そのようには考えていない。

Instead he says Twitter brings lots and lots of web engineers who can help solve Apple’s problems with web services:

それに代えて、彼が言うのは、Twitter が連れてくる、たくさんの Web エンジニアたちが、Web サービスに関する Apple の問題を解決するのに役立つという点だ:

I would posit that the cause Apple’s lackluster web skills stems from their inability to recruit or keep talented web engineers. Historically, if you’re into databases, servers, or web application frameworks, then Apple was probably pretty low on the list of places you aspired to work at. Apple has always positioned itself as a consumer products company, and even killed off its server hardware over the years. Mac OS X Server remains, but who knows for how long.

Apple の精彩を欠いた Web スキルは、有能な Web エンジニアの採用あるいは定着に関する、能力の欠落から生じると、私は思い込んでいる。 歴史的に見て、もし、あなたがデータベース/サーバー/Web アプリケーション・フレームワークに取り組んでいるエンジニアだとしたら、働きたいと思う企業のリストのかなり下の方に、Apple は居たはずだと思う。 Apple は常に、コンシューマ・プロダクトの企業として、自分自身を位置づけてきたし、そのサーバー・ハードウェアを、この数年の間に絶えさせてしまったほどの状況にある。 Mac OS X Server が生き残っているが、どれくらいの寿命があるのかは誰も知らない。

Where Apple falls short, Twitter flies. Not only does Twitter use some of the most advanced web technology, they invented it. They own scale. They know how to send hundreds of thousands of tweets a minute. Further, Twitter is social network with values that (used to) reflect Apple: focus and simplicity.

Apple が弱点をさらすところで、Twitter は羽ばたく。 Twitter は、いくつかの先進的な Web テクノロジーを使うだけではなく、それらを発明してきた。 そして、彼らは、スケールというものを所有する。そして、彼らは、毎分に何十万という Tweet を送信する方式を知っている。 さらに言えば、Twitter の持つソーシャル・ネットワークとしての価値は、Apple の座右の銘ともいえる、フォーカスと単純化を反映するものである。

Apple should buy Twitter not for its social network, but for its talent and technology. That talent and technology could undoubtably help bring Apple and iCloud into the 21st century. The social network is basically an added bonus.

もう一度くり返すが、Apple はソーシャル・ネットワークのためにではなく、タレントとテクノロジーのために、Twitter を買収すべきである。 その才能と技術により、Apple と iCloud が 21世紀に導かれることに、疑いの余地はない。基本的に、 ソーシャル・ネットワークは付加的なボーナスである。

Continue reading it on Gibson’s site →

ーーーーー

imageこれは、とても良い話だと思いますね。ただし、Twitter のような特異なサービスを、Apple の基準で図らずに、自由にさせるべきだという前提になります。 iPhone 5 の Apple Maps で露呈したのは、まさに、バックエンド・サービスの脆弱さであり、ここを何とかしないと、Google というか Android に差を付けられる一方です。その意見で、Apple が Twitter を買収というのは、たしかに 最短のショートカットになるでしょうねimage

ーーーーー

<関連>

WSJ:Apple が Twitter への投資を検討したのは 1年も前のこと
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
Twitter はソーシャルではなく、インフォメーションのネットワークを目指す
Twitter サーチを 3倍速にする新アーキテクチャとは? _1
Twitter が提供する、Hadoop ライクな OSS とは?

Comments Off on Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?

Google と PayPal の オサイフ携帯レースが、海の向こうで始まったようだが

Posted in Businesses, Google, Mobile by Agile Cat on June 8, 2012

Is Google or PayPal Leading the Charge in Mobile Payments?
http://wp.me/pwo1E-4iq
May 25, 2012
http://allthingsd.com/20120525/is-google-or-paypal-leading-the-charge-in-mobile-payments/

_ all things D

PayPal made a big splash yesterday, saying that it now has commitments from 16 major retailers to roll out PayPal at the register. Additionally, it said it is partnering with four software providers to gain access to 50,000 small- to medium-sized merchants.

昨日(5/24)のことだが、PayPal は 16社の大手リテーラーが登録を約束したという、派手なアナウンスメントを提供した。さらに、5000社ほどの中小小売業者にアクセスできる、4社のソフトウェア・プロバイダとも提携したと発言している。

Meanwhile, tomorrow will be exactly a year since Google launched its mobile wallet. So, you ask, which large technology company is winning the race to gain the hearts and wallets of consumers and retailers? Pretty clearly, it’s neither.

その一方で、明日(5/26)になると Google Mobile Wallet の立ち上げから、ちょうど 1年を迎えることになる。 そこで質問だが、どちらのテクノロジー・カンパニーが、消費者と小売業のハートをつかむ、いや、財布をつかむレースの勝者になるのか? かなり明らかなのは、どちらでもないということだ。

Google may have gotten off the blocks first, but ever since, it has been plagued by execution issues and management departures. In contrast, PayPal has a lot of institutional advantages, but it still has a long way to go before it is synonymous with Visa or MasterCard.

まず最初に、このレースに Google が参入したが、それからというもの、実施に関する問題と、管理の逸脱により悩み続けている。 それとは対照的に、PayPal は数多くの制度上のアドバンテージを有している。しかし、Visa や MasterCard と肩を並べるまでには、長い道のりを残している。

Here’s just a snapshot of the two companies’ advantages and disadvantages:

以下に示すのは、この両社における長所と短所である:

Google:

Pros: It has relationships with 25 national retailers, totaling 140,000 locations.

国内の 25社の小売り業者とのリレーションを有し、全体で 140,000 のロケーションをカバー。

Cons: It bet too early on using near field communication technology. Sprint, the third-largest U.S. wireless carrier, is the only provider so far that is backing it and it’s deployed on only six Android devices.

NFC(near field communication)テクノロジー利用に賭けるには、まだ時期が早すぎる。現時点では、アメリカで 3番手のワイヤレス・キャリアである Aprint が、それを押している唯一のプロバイダーであるが、6機種の Android デバイスにディプロイされているに過ぎない。

PayPal:

Pros: There are 110 million people using PayPal worldwide, who are on track to spend a record $7 billion in mobile payments this year using PayPal on the phone.

PayPal の利用者は全世界で 1億1000万人である、また、携帯電話からの PayPal Mobile Payment 利用は、記録的な $7 billion にまで達している。

Cons: The company is expecting to deploy with 20 retailers by year’s end, but based on the 16 retailers announced yesterday, I calculated that it has access to about 16,000 U.S. locations (far fewer than Google Wallet). That does not include the thousands of locations that those 50,000 small- to medium-sized retailers would contribute if they signed up for it.

同社は年末までに、20社の小売り業者への展開を予期していが、昨日に発表された 16社の小売り業者をベースに計算すると、カバーされるロケーションは 16,000 になる(Google Wallet よりはるかに少数)。 しかし、それらの小売り業者が契約した後に自動的に追加されるだろう、約 50,000 の中小小売業の、何千というロケーションは含まれない。

Clearly, it is still early days.

明らかなのは、まだ、黎明期にあるということだ。

And when you look at the broader market opportunity, the race is not just between Google and PayPal. All of the incumbents, including American Express, MasterCard and Visa, have announced digital wallet strategies. And then there are the start-ups, such as Square, which is seeking a $4 billion valuation in its next funding round.

そして、より広範囲のマーケットに注目するなら、このレースに参加するのは Google と PayPal だけではないと見るべきだ。 すべてのクレジット会社である、American Express や、MasterCard、Visa なども、このデジタル・ワレットに関する戦略を発表している。 そして、次のファンド・ラウンドで $4 billion を求める、Square のようなスタートアップも参入する。

There are two points to be made on the debate between PayPal vs. Google Wallet that can’t be stressed enough: PayPal has the user base, and it has the technology with the lowest barriers to entry.

PayPal 対 Google の Wallet 議論において、強く押し出すことのできない 2つのポイントがある。 つまり、PayPal がユーザー・ベースを有していること、そして、簡単なエントリーを実現するテクノロジーを持っていることだ。

In theory, if a consumer has signed up for the service from their PayPal account, they will be able to conduct a transaction using their mobile phone number and PIN – without changing carriers or phones. Likewise, merchants won’t have to upgrade their point-of-sale hardware.

理論上、顧客が自身の PayPal アカウントから、このサービスにサインアップしているなら、キャリアやデバイスを取り替える必要もなく、電話番号と PIN を使ってトランザクションを実行できるだろう。同様に商店側も、自身の POS ハードウェアをアップグレードしなくても済むはずだ。

In an interview, PayPal President David Marcus acknowledged there’s a chicken and egg problem: Without a lot of locations, there won’t be a lot of consumers using it. But this year is about learning and testing, he said, and next year, “it will be about iterating and full-on execution.”

あるインタビューで、PayPal の President である David Marcus は、そこにニワトリとタマゴの問題があることを認めた。 つまり、数多くのロケーションのサポートが先か、それを使用する大勢の消費者が先か、という問題である。 しかし、今年は調査とテストの年である。 そして、来年は「それらを反復していくことで、完全な運用につながる」と、彼は発言している。

If you asked the folks at Google, I’m sure they would agree. A Google spokesperson declined to comment for this story, but already, there are signs that Google has learned a lot and has started to pivot.

Google に尋ねても同意するだろうと、私は確信している。 Google のスポークスマンは、この件に関するコメントを拒否しているが、すでに Google は多くを学習しており、また、基本的な要件に取り組み始めているという。

Rick Oglesby, a senior analyst with Aite Group, believes that Google is distancing itself from NFC and from being the merchant of record.

Google は NFC との距離を取り、また、商取引の記録からも距離を置いていると、Aite Group のシニア・アナリストである Rick Oglesby は確信している。

“I think they will follow the path of least resistance, because for them, it’s not about payments — it’s about advertising,” he said. “It’s about pay-for-performance marketing. Just like how they get paid for a click-through on the Web, they want to get paid when you walk through the door — but no one is monitoring that.”

「 Google は、最も抵抗の少ない道を選ぶだろう。 なぜなら、彼らにとって、それはペイメントではなくアドバタイジングであるからだ。つまり、支払いもできるというマーケティングである。 それは、Web 上のクリック・スルーの方式に似ており、ドアを通り抜けるときに支払いが行なわれることを望んでいるようだが、誰もモニターしていないところが問題だ」と、彼は言う。

Last month, Google purchased TxVia, a little-known payments technology company, another sign that it’s changing directions.

先月のことだが、Google は無名のペイメント・テクノロジー会社である TxVia を買収しているが、その方向性を切り替える兆候なのかもしれない。

Tony Felice, a senior strategist for Red Door Interactive who has worked with TxVia in the past, said TxVia and Google Wallet together can be very powerful. He said TxVia has all the banking relationships, which will help enable payments, gift cards and other services, and also has the ability to produce analytics about what consumers are doing and spending money on.

過去に TxVia と働いてきた、Red Door Interactive の  Senior Strategist である Tony Felice は、TxVia と Google Wallet が一体化されると、きわめてパワフルなものになり得ると発言している。 TxVia は、ペイメントやギフトなどのサービスを促進していくための、バンキング・リレーションを有している。そして、さらに、消費者の動向や、支払い対象について、分析していく能力を持つ、と彼は付け加えている。

“Together, they will be able to get a 360-degree picture from the moment of truth to purchase,” he said. “In order to do that, you have to pull in disparate sources and synthesize it in a single place. The transactional data from TxVia is just one piece of a puzzle.”

「 一体化することで、彼らは商品を選択する瞬間から購入にいたるまでの、360度のピクチャを得ることが可能だ。一般的に、それを実現するには、各種のソースを引き込み、シングル・プレイスで総合しなければならない。 TxVia からのトランザクション・データは、そのための 1つになり得る」と、彼は言う。

Oglesby said despite Google’s hiccups, it’s not yet out of the race.

Oglesby が言うには、Google はモタついても、レースから脱落することはないようだ。

“It’s been a slow-growing situation, and there’s been big turnover on the executive team, but they are reassessing the situation and have made an acquisition,” he said. “I wouldn’t say they’ve screwed up because no one has run way ahead of them. They were leading the market, and tried an approach, and now there’s other approaches for them to try.”

「その成長はゆっくりしており、また、それを実施するチームにとっては大きな転換期であるが、いまの状況が再考され、この買収が実現した。彼らが失敗したと言えないのは、その先を走っているコンペティタが、何処にもいないからだ。彼らは、このマーケットをリードし、アプローチを試みてきた。そしていま、別のアプローチを試みようとしている」と、彼が言う。

ーーーーー

imageいわゆる お財布ケータイの話ですが、日本とは異なるかたちで競争が始まろうとしているのですね。Agile_Cat の場合は、eBay 中古品のお得意様なので、オンライン決済では PayPal を使うようになっています。それで、だいたいの所は問題ないのですが、頑として受け付けないのが Android Market Place です。この競合関係が、そのままお財布ケータイになだれ込む状況なのでしょうが、キャリアは介在しないという、日本とは異なるかたちになりそうですね。 ---  image @Taipei

ーーーーー

<関連>

eBay は 2012年のモバイル・コマースを、60% 増と予測している
PayPal と eBay が、X.commerce カンファレンスを共催
eBay が買収する、モバイル・ペイメントの Zong とは?
Foursquare と Amex の大型提携とは?
eBay と PayPal が、API 統合のための開発チームを結成

Comments Off on Google と PayPal の オサイフ携帯レースが、海の向こうで始まったようだが

%d bloggers like this: