Agile Cat — in the cloud

APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 13, 2016
APAC to drive almost half of global mobile data by 2020
Eileen Yu – March 7, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-to-drive-almost-half-of-global-mobile-data-traffic-by-2020/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region will drive 45 percent of the world’s mobile data traffic by 2020, with economies such as China, India, and Indonesia, leading overall growth.
 
Asia-Pacific 地域は、China/India/Indonesia などの経済成長を支えられ、2020年までにモバイル・データ・トラフィックの 45% を占め、グローバルでの成長をリードしていく。
 
Smart mobile devices and connections also would account for 72 percent of the region’s total mobile connections, up from 35 percent in 2015, according to Cisco Systems’ latest Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast. Smart devices are defined as those with advanced computing and multimedia capabilities, and support at least 3G connectivity.
 
Cisco Systems の Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast 最新版によると、この地域の総モバイル・コネクションに対して、スマート・モバイル・デバイスのコネクションは 2015年に 35% も上昇し、全体の 72% を占めるに至っている。このスマート・デバイスの定義であるが、高度なコンピューティングおよびマルチメディアの機能を有し、少なくとも 3G 接続を実現するものとされている。
 
Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic ForecastClick to Large
 
The report further noted that the world would be home to 5.5 billion mobile users by 2020, or 70 percent of global population, which was expected to hit 7.8 billion.
 
さらに、このレポートは、2020年のグローバル・モバイル・ユーザー数に関して、55億人に達するだうと指摘しているが、この数字は、その時点で 78億人と予測される、世界人口の 70% に相当する値となる。
 
The index noted that increasing adoption of mobile devices and demand for mobile content, as well as more expansive mobile coverage, would fuel Asia-Pacific’s growth two-fold faster than the global population over the next five years. Smart devices would drive 98 percent of mobile traffic in the region by 2020. In addition, smartphones would contribute 81 percent of total mobile traffic, up from 76 percent in 2015.
 
ただし、この指標は、モバイル・デバイスの普及と、モバイル・コンテンツへの需要の、上昇を指摘しているだけではない。つまり、膨大なコストを必要とするモバイル環境の整備が、これから 5年間のアジアでは、グローバルの二倍のスピードで進んでいくことになるのだ。その結果として、この地域におけるスマート・デバイスは、2020年の時点で、モバイル・トラフィック全体の 98% に達すると予測されている。また、スマートフォンが生み出すトラフィックも、2015年との比較で 76% も上昇し、モバイル・トラフィック全体の 81% を占めるとされている。
 
Citing figures from the Infocomm Development Authority of Singapore, the Cisco report noted that mobile data usage in the city-state had grown from almost 8 petabytes in 2013 to 10.9 petabytes last year. Furthermore, 98 percent of the country’s mobile connections were either 3G or 4G broadband, with users spending an average two hours a day on their mobile device.
 
Singapore の Infocomm Development Authority の数字を引用するかたちで、Cosco レポートが指摘するのは、この都市国家におけるモバイル・データ使用量が、2013年の 8 Peta Byte から、2015年の 10.9 Peta Byte へと増えている点である。それに加えて、同国のモバイル・コネクションの 98% が 3G/4G であり、それぞれのユーザーが、1日あたり 2時間を、モバイルに費やしているという。
 
Cisco’s Singapore and Brunei country manager Ang Thiam Guan said: “The statistics show that mobility powered by fast and efficient connectivity is taking on a central role in the lives of consumers and businesses. As a smart nation, Singapore needs to focus on enhancing and securing its telecommunications infrastructure and mobile technologies to enable citizens to tap into the fullest benefits of mobility.”
 
Cisco の Singapore and Brunei Country Manager である Ang Thiam Guan は、「この統計が示すのは、高速性と効率性を備えたモバイルのパワーが、個人と企業の日常における中心的な役割を担う点である。先進国家である Singapre は、モバイルのメリットを市民が最大限に享受できるよう、通信インフラおよびモバイル技術を強化し、セキュリティを高めていく必要がある」と述べている。
 
Doug Webster, Cisco’s vice president of service provider marketing, concurred, noting the importance of security as more people connected to the web and mobility became the predominant medium driving digital transformation.
 
Cisco の VP of Service Provider Marketing である Doug Webster も、モバイルにより多くの人々が Web でつながり、それにより、デジタル・トランスフォーメーションが促進されるにつれて、セキュリティの重要性が増してくるという指摘に、同意している。
 
“Future mobile innovations in cellular, such as 5G, and Wi-Fi solutions will be needed to further address new scale requirements, security concerns, and user demands,” Webster said. “IoT (Internet of Things) advancements will continue to fuel tangible benefits for people, businesses, and societies.”
 
そして Webster は、「5G や Wi-Fi といったソリューションがもたらす、未来のモバイル・イノベーションは、新たなスケール要件/セキュリティの懸念/ユーザーの要求に対して、取り組んでいく必要がある。そして、IoT (Internet of Things) の進化は、個人/企業/社会に対して、具体的なメリットを提供し続けるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
2014_06_05_apac_smartphoneasia-pacific 22014年6月に、Ericsson のデータをベースにした、「これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートが目に焼き付いています。こちらは、スマフォのサブスクリプション数を示すものであり、本文にあるモバイル・データとは異なるものですが、双方の関連性はというと、きわめて強いものとなります。マーケットの規模からすると、最初に中国が突っ走り、それをインドやインドネシアが追いかけるという展開だと思いますが、この勢いはまだまだ続きそうですね。そのような相似が、この2つのチャートから、見て取れます。そして、重要になってくるのはセキュリティの管理ですが、モバイル・デバイス自身というよりは、そこにつながるクラウド・アカウントのプロテクションが、最大のポイントになるでしょう。Agile Cat  の場合は、重要なクラウド・サービスで二段階認証を使用していますので、そのキーとなるスマフォは、おかげさまで、持ち歩けないスマフォとなってしましました 🙂 でも、まぁ、いまは MVNO が安いので、そのためにSIM を一枚使うのもアリだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
Nintex が日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

Posted in .Selected, Amazon, Ericsson, Hybrid, IoT, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on February 23, 2016
Telstra opening Cloud Innovation Centre with Ericsson and AWS
Corinne Reichert – February 23, 2016
http://www.zdnet.com/article/telstra-opening-cloud-innovation-centre-with-ericsson-and-aws/
zdnet-logo
Ericsson and Amazon Web Services (AWS) announced overnight at Mobile World Congress (MWC) 2016 in Barcelona that they will be partnering on researching and launching telecommunications service provider hybrid cloud centres worldwide, with Telstra to be the first co-host.
 
Barcelona で開催される Mobile World Congress (MWC) 2016 の前夜に、Ericsson と Amazon Web Services (AWS) が、提携に関するアナウンスメントを発した。それによると、両社は、テレコム・サービス・プロバイダーに対して、世界をまたにかけたハイブリッド・クラウド・センターを提供するための、調査と立上げで提携することになり、Australia の Telstra が最初の顧客になるようだ。
 
Ericsson is aiming to use AWS’ industry expertise in an effort to extend its own cloud programs, datacentres, and application migration solutions to accelerate cloud adoption for telcos in preparation of 5G and the Internet of Things (IoT).
 
Ericsson は、自身のクラウド・プログラム/データセンター/アプリ・マイグレーション・ソリューションを強化するために、AWS が有するクラウド・ノウハウの活用を目指している。つまり、5G と IoT に対する準備として、テレコムにおけるクラウドの採用を、加速させることが狙いである。
 

Ericsson

 

As part of the deal, Ericsson will put together a team of cloud experts chosen from its 25,000-strong research and development team, consisting of program directors, solutions architects, and systems engineers, who will be trained in both AWS and Ericsson cloud technologies.

 
この契約の一環として、Ericsson は、プログラム・ディレクター/ソリューション・アーキテクト/システム・エンジニアなどによる、25,000人規模のパワフルな研究開発チームから選出した、クラウドに特化したチームを構成する。そして、このチームは、AWS と Ericsson のクラウド・テクノロジーを、トレーニングにより身に付けていくことになる。
 
“AWS is the world’s leader in cloud computing with a highly reliable, scalable, and secure global infrastructure,” explained Anders Lindblad, head of Business Unit Cloud and IP at Ericsson. “Ericsson has always taken great ideas, industrialised them, and made them available in every country. Building upon AWS’ platform, we will drive new growth opportunities across the service provider industry.”
 
Ericsson の Head of Business Unit Cloud and IP である Anders Lindblad は、「 AWS は、高度な信頼性とスケーラビリティ、そして、セキュアなグローバル・インフラとクラウド・コンピューティングといった観点で、世界のリーダーだ。 その一方で、Ericsson は常に、素晴らしいアイデアを有しており、それらを事業に展開することで、すべての国々で利用できるようにしている。こうしたプロセスを、AWS プラットフォーム上に展開することで、広範囲におよぶサービス・プロバイダ業界に、新たな成長の機会を推進していく」と説明している。
 
For its part, AWS will provide services, training, and solutions architects for the project. Ericsson will use these resources to create and offer cloud-based solutions, such as end-to-end data security across the cloud; data traffic management across AWS cloud, on-premises infrastructure, and mobile networks; cloud and workload management for both AWS cloud services and on-premises infrastructure; and gateway services that maintain localised regulation and compliance requirements for AWS storage services used by telcos.
 
このパートナシップの一貫として、AWS が提供するのは、プロジェクトのためのサービス/トレーニング/ソリューション・アーキテクトとなる。そして Ericsson は、このリソースを活用することで、クラウド・ベースのソリューションを構築/提供していく。具体的に言うと、クラウドを横断する End-to-End のデータ・セキュリティや、AWS クラウド/オンプレミス・インフラ/モバイル・ネットワークを通過するデータ・トラフィックの管理、AWS クラウド・サービスとオンプレミス・インフラを管理するためのクラウドとワークロードの管理、そして、テレコムが使用する AWS ストレージ・サービスにおいて、ローカル法規とコンプライアンス要件を維持するための、ゲートウェイ・サービスなどがある。
 
Ericsson will then begin opening cloud innovation centres worldwide, with Telstra signing on as the first to co-host. The centre will be part of the Australian telecommunications provider’s Gurrowa Innovation Lab in Melbourne, which was launched in August last year.
 
続いて Ericsson は、最初のホスターとしてサインする Australia の Telstra と伴に、ワールドワイドなクラウド・イノベーション・センターをオープンすることになる。そして、このセンターは、昨年8月に同社が Melbourne にオープンした、Gurrowa Innovation Lab 一部として運用される。
 
Gurrowa provides a co-creation space for Telstra and its associated enterprise customers, vendors, research institutes, and incubators to collaborate on technological projects such as geolocation, robotics, and the IoT via the Pivotal and Cloud Foundry Foundation-provided open-source platform-as-a-service (PaaS) cloud software.
 
Gurrowa が提供するのは、Telstra とパートナーたちが、つまり、エンタープライズ/ベンダー/リサーチ/インキュベータたちが、共創していくためのスペースである。そして、ジオ・ロケーション/ロボット/IoT といったプロジェクトで協調していくが、そのベースになるものは、Pivotal と Cloud Foundry Foundation が提供する、OSS としてのPaaS クラウド・ソフトウェアである。
 
Telstra CTO Vish Nandlall said on Monday that Telstra has been focused on creating a secure hybrid cloud service for enterprise, with Ericsson and AWS now providing the means to achieve this.
 
この月曜日 (2/22) に、Telstra の CTO である Vish Nandlall は、すでに Telstra は、エンタプライズのためのセキュアなハイブリッド・クラウド・サービスに注目しており、それを構築するために、Ericsson と AWS を活用することになると発言している。
 
Telstra Ericsson AWS“The industry is shifting towards an architecture driven by cloud economics and flexibility. Adoption of hybrid clouds requires a secure transmission network linking on-premises to the cloud to provide a chain of custody for mission critical enterprise data,” Nandlall said.
 
Nandlall は、「この業界では、クラウドの経済性と柔軟性が促進する、新たなアーキテクチャへ向けてシフトしている。ハイブリッド・クラウドの採用においては、クラウドとオンプレミスを接続する際に、ミッション・クリティカルなエンタープライズ・データを連鎖的に保護していくための、セキュアな伝送ネットワークを必要とする」と述べている。
 
“Telstra’s vision is to build a trusted network service for mission-critical cloud data, and we are excited to explore the opportunity of bringing this vision to life with Ericsson and AWS. The Cloud Innovation Centre at Gurrowa intends to bring together cloud experts from Ericsson, AWS, and Telstra to encourage cloud adoption and the development of new business opportunities for Telstra and our customers.”
 
そして彼は、「Telstra のビジョンは、ミッション・クリティカルなクラウド・データのための、信頼できるネットワーク・サービスを構築することである。このビジョンを探求し、その機会を Ericsson および AWS と共有できることを、とても嬉しく思っている。Gurrowa の Cloud Innovation Centre に、Ericsson/AWS/Telstra のクラウド・エキスーパーとを結集し、当社と顧客のための新たなビジネス・チャンスを実現する、クラウドの開発と適用を推進していく」と付け加えている。
 
On Sunday night, Telstra and Ericsson also announced at MWC 2016 that they will begin a trial run of Telstra’s 5G network during the 2018 Commonwealth Games in the Gold Coast.
 
また、日曜日の夜のことだが、MWC 2016 で Telstra と Ericsson は、Gold Coast の 2018 Commonwealth Games において、Telstra 5G ネットワークのトライアルを実施すると発表している。
 
Telstra’s team of network engineers will be temporarily transferred to Ericsson’s Sweden-based research lab for six months in order to collaborate on collecting data and building the mathematical models of radio signals to be used for 5G radio spectrum.
 
5G ワイヤレス・スペクトルを用いる無線信号の、数学的モデルの構築で必要となるデータを共同で収集するために、Telstra のネットワーク・エンジニア・チームが、6ヶ月のスケジュールで、Sweden にある Ericsson のラボに派遣されている。
 
The engineering teams will then use this data to develop radio models for the Australian network environment as part of the international 5G standardisation process.
 
続いて、このエンジニアリング・チームは、国際 5G スタンダード・プロセスの一環として、Australia のネットワーク環境で用いる、無線モデルを開発するために、そこで収集されたデータを活用する。
 
Telstra has already been undertaking 5G trials using high-frequency “mm-wave” spectrum with Ericsson in real-world environments in the Swedish test lab, achieving speeds of over 11Gbps. Field tests within Australia will take place in late 2016.
 
すでに Telstra は、Swedish ラボにおける、Ericsson の実世界テスト環境を用いて、高周波「ミリ波」スペクトルによる 5G トライアルと実施し、11 Gbps 以上のスピードに到達している。そして、Australia でのフィールドテストは、2016年の後半に実施される予定だ。
 
“We are pleased to support Telstra’s evolution towards 5G with the deployment of advanced radio technology (11Gbps, MIMO, and beam forming) and also providing a ready core network with NFV and SDN technologies,” said Emilio Romeo, head of Ericsson Australia and New Zealand.
 
Ericsson Australia and New Zealand の Head である Emilio Romeo は、「私たちは、Telstra の 5G へ向けた進化と、先進的なワイヤレス・テクノロジーの開発 (11Gbps/MIMO/Beam Forming) をサポートできて、とても嬉しく思っている。そして、NFV と SDN テクノロジーのために準備した、コア・ネットワークも提供している」と述べている。
 
“A 5G-ready core network with virtualisation and SDN not only prepares for 5G, but also provides the flexibility, programmability, and agility needed to efficiently serve today’s 4G consumer and enterprise customers with tailored network slices, improved access to media, and compelling IoT solutions.”
 
そして、彼は、「仮想化 と SDN を用いた、5G 対応のコア・ネットワークは、それだけのために準備されているわけではない。つまり、ネットワークの効率と、メディアへ・アクセスの改善、魅力的な IoT ソリューションの提供といった側面で、現時点の 4G コンシューマ/エンタープライズへ・ユーザーに欠かせない、柔軟性/拡張性/敏捷性を実現している」と付け加えている。
 
Telstra and Ericsson announced their 5G network at MWC 2015, later confirming its launch by 2020. The network is expected to provide speeds of up to 10GB per second.
 
Telstra と Ericsson は、MWC 2015 で 5G ネットワークを発表し、その後に、2020年のサービス・インを確約している。そして、このネットワークは、10 Gbps のスピードに達すると期待されている。
 
Ericsson also announced on Sunday evening that it has partnered with Singaporean telco Singtel on enabling Singtel’s 4G network for the IoT, including a trial of narrowband technology during the latter half of 2016.
 
その一方で Ericsson は、Singaporean テレコムである Singtel とのパートナーシップを、日曜日の夕方に発表している。それによると、2016年後半にトライアルを実施する、狭帯域テクノロジーを含めた、IoT のための Singtel 4G ネットワークが実現されるという。
 
Instead of using cellular networks for the IoT, narrowband low-power, long-range, wide-area networks that use available, unlicensed radio spectrum could allow for extended coverage and less complex devices with higher battery life, meaning more connected devices overall.
 
IoT のために、一般的なセルラー・ネットワークに替えて、狭帯域の低消費電力ネットワークを用いることで、ライセンスが不要な無線スペクトルによる、長距離/広域ネットワークが実現される。それにより、カバレッジの拡張と、バッテリ寿命の延長、そしてシンプルなデバイスが実現され、さらに多くのコネクテッド・デバイスへの対応が可能となる。
 
According to Ericsson, 28 billion connected devices are expected by 2021. Such devices requiring long battery lives and better coverage include temperature, air quality, and flood water sensors, Sam Saba, regional head of Ericsson South East Asia and Oceania, said.
 
Ericsson は、コネクテッド・デバイスの総量が、2021年までに 280億個に達すると予測している。バッテリ寿命の延長と、幅広いカバレッジを必要とするデバイスには、温度や大気の状態を知らせるセンサーから、洪水を検知するセンサーなどが含まれると、Ericsson の South East Asia and Oceania Regional Head である、Sam Saba は述べている。
 
ーーーーー
Telecom昨日に、「MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?」という、WMC の変遷を伝える抄訳をポストしましたが、ひょっとすると、今年の主役は Ericsson/AWS/Telstra チームかもしれませんね。 この、スピード感には、かなり驚かされました。「Ericsson Commits to OpenStack With Mirantis」という記事を訳そうかと、すっと悩んでいたのですが、訳さなくて良かったです 🙂 世界のテレコムは、すべからく OpenStack へと流れていくと予測していましたが、こんな大仕掛を Ericsson と AWS が打ってくるとは、そして Telstra が乗ってくるとは、思ってもいませんでした。テレコムのインフラに、パブリック・クラウド(プライベート?)が採用されるという世界を、いったい、誰が予測していたでしょう? そして、Nokia と Huawei は、どのような戦略を取ってくるのでしょう? 考えるだけでも、ワクワクしてきます! _AC Stamp
—ーーーー
<関連>
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタに Tier III の拠点を確保!
DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC の相互利用で提携! 急接近していく欧州と中国
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
 

Comments Off on AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?

Posted in .Chronicle, IoT, Mobile, Post-PC, Research, Wearable by agilecat.cloud on February 22, 2016
MWC: Phones lose grip on mobile
Richard Wilson – 22 February, 2016
http://www.electronicsweekly.com/news/mwc-phones-lose-grip-on-mobile-2016-02/
 
E Weekly
 
What is interesting about Mobile World Congress (MWC) 2016 is that the most exciting developments won’t be in mobile phones.
 
Mobile World Congress (MWC) 2016 で興味深いことは、最もエキサイティングな展開が、スマフォの世界の外側に存在しているという点だ。
 
As the mobile industry shows its technology in Barcelona this week (22-25 February) it will be health monitors smart watches, connected cars and smart cities which will grab the headlines and the interest, maybe.
 
今週 (2/22-2/25) の Barcelona で、モバイル業界が示したテクノロジーはというと、ヘルス・モニタ/スマート・ウォッチ/コネクテッド・カー/スマート・シティなどであり、それらが、ヘッドラインを賑わし、関心を煽っていくものと思われる。
 
WMC 2015Flickr
Kārlis Dambrāns
 
The mobile industry no longer only focuses on the handset but on the connected device, and in this world of IoT that device could be a car just as it could be a watch, health monitor or building.
 
もはやモバイル業界は、スマフォにフォーカスすることはなく、その対象はコネクテッド・デバイスへと移行している。そして、ウォッチやヘルス・モニタが注目されるように、IoT の世界では、車載のデバイスが関心を集めている。
 
So what’s going wrong with the smartphone? Nothing, it’s just user perceptions and market expectations which are changing.
 
そうなると、スマフォの世界では、なにか悪いことが起こっているのかと心配になるが、そんなことはない。唯一の変化は、ユーザーの認識と、マーケットの期待である。
 
The global mobile phone market is still the big market for semiconductor and network suppliers. It is still big and it is still growing. But the rate of growth is slowing down.
 
グローバルにおけるスマフォ市場は、半導体やネットワークのサプライヤにとって、依然として巨大な市場である。そして、巨大なだけではなく、いまだに成長している。しかし、その成長率はというと、鈍化の傾向にあるのだ。
 
The world’s biggest smartphone supplier, Apple saw iPhone sales growth pegged back dramatically in the last three months of last year.
 
世界最大のスマフォ・サプライヤである Apple も、昨年の 10月〜12月期という書き入れ時に、iPhone の売上が低下するという、これまでにはない状況を目の当たりにしている。
 
According to market watcher, Strategy Analytics, shipments of handsets increased by 2% in 2015. But rate of growth is slowing down, significantly in the emerging markets in Latin America and Eastern Europe.
 
マーケット・ウォッチャーである Strategy Analytics によると、2015年のスマフォ出荷台数は、わずか 2% の増加で止まっている。それに加えて、Latin America や Eastern Europe などの途上国マーケットでは、成長率が大幅に減速している。
 
The big markets of Asia, Western Europe and North America are starting to saturate. The handset market is waiting for something new and it doesn’t seem to be happening anytime soon.
 
さらに言うなら、Asia/Western Europe/North America といった巨大マーケットも、飽和点に近づき始めている。そして、スマフォ市場は、新しい何かの到来を待っているが、それが直ぐに起こるようには思えない。
 
Samsung, Huawei and HTC will all announce new smartphones in Barcelona but will these grab more headlines than the latest LG smart watch, or a cloud-based mobile data platform for delivering groceries?
 
この Barcelona では、Samsung/Huawei/HTC などが、新しいスマフォを発表するが、最新の LG スマート・ウォッチや、食料品を提供するクラウド・ベースのモバイル・データ・プラットフォームよりも、数多くのヘッドラインを掴めるのだろうか?
 
The painful reality is that 4G mobile phone technologies no longer excite the consumer. We want something new and this may not happen until 5G comes along. But 5G is five years away.
 
4G スマフォのテクノロジーでは、もはや消費者が夢中にならないという、痛みを伴う現実がある。新しい何かの到来が期待されるが、それは 5G の登場まで起こりえないだろう。そして、5G は、まだ 5年も先なのだ。
 
There will be much talk of 5G at MWC 2016. But this will be about massive MIMO research and spectrum allocations. Or it will be about how mush processor power is need to operate 1GHz data channels. It is way too soon to talk sensibly about 5G handsets and applications.
 
MWC 2016 では、5G に関するトピックが、数多く提供されるだろう。しかし、その大部分は、大規模な MIMO 研究と、スペクトル配分の話になるだろう。さもなければ、1GHz のデータ・チャネルを駆動するために、どれだけのマッシュ・プロセッサのパワーが必要になるかといった話である。つまり、5G のスマフォやアプリまでの、つなぎの話に過ぎないのだ。
 
5G involves such a fundamental change in technology direction that it is unlikely to be ready for the market before 2020. In fact, the network developers are already hinting that it could be 2022 or even 2024 before 54G can deliver on its promise to transform the mobile communications landscape.
 
5G がもたらす根本からの変革は、2020年までのマーケットに対して、現時点で準備されているテクノロジーの方向性とは、まったく異なるものになる。実際のところ、ネットワークの開発者たちは、モバイル通信の世界を 5G が変えていくと約束する、2020年〜2024年よりも前倒しで、準備を整えると仄めかしている。
 
So unless the semiconductor suppliers and handset firms get together and come up with something new like 4.5G, the great and the good of the mobile industry in Barcelona will have to feast on smart watches and smart cities and connected cars. That’s not too bad is it?
 
したがって、半導体のサプライヤやスマフォ・メーカーたちは連携して、4.5G のような新しい何かを取り上げていく。Barcelona におけるモバイル業界の素晴らしいところは、スマート・ウォッチや、スマート・シティやスマート・カーといったものを、プッシュせざるを得ないと認識している点だ。それが、あまりにも見当違いのことだとは思えないのだが?
 
ーーーーー
mobile_55たしかに、いまのスマフォは、マーケットだけではなくテクノロジーも、カベに突き当たっているという感じがしますね。 そして、5G の到来を待っているのですが、それが5年後となると、おそらくスマート・ウォッチくらいの容積に、スーパー・パワーの Mobile AP (Application Processor) が収まる時代になっていると思います。 昨年の 12月に、「いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?」という抄訳をポストしましたが、Ericsson も同じようなことを考えているのでしょうかね? それにしても、MWC の主役がスマフォではないというのは、大きな曲がり角への到達を、示唆しているように思えてきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国市場の爆発的な成長が!
 

Comments Off on MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?

China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

Posted in .Chronicle, Asia, Telecom by agilecat.cloud on August 23, 2015
China Mobile profit dips under tough competition
Xinhua – Aug 21, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150821000051
 
_Want China Times
 
Chinese telecom giant China Mobile’s net profit dipped 0.8% to 57.3 billion yuan (US$9 billion) in the first six months of the year as it faced fierce competition, it said on Thursday.
 
China のテレコム・ジャイアントである China Mobile が、今年の上半期における収支を発表した。その、木曜日に報じられた内容はというと、厳しい競合に直面したこともあり、純利益は 0.8% ダウンの 57.3 billion yuan (US$9 billion) というものであった。
 
Linxia-City-China-Mobile-officeswikimedia
 
Revenue was up 4.9% to 340.7 billion yuan (US$53.3 billion), while its subscriber base rose to more than 810 million, up 3.4%, including 190 million 4G users, the company said in a filing to the Hong Kong bourse, where it is listed. The interim dividend will be HK$1.525 (US$0.20) per share.
 
また、売上に関しては、4.9% アップの 340.7 billion yuan (US$53.3 billion) に到達しているが、その背景には 3.4% アップで、8.1億人 (4G ユーザーの 1.9億人を含む) に増大したサブスクライバー数がある。Hong Kong 証券取引所に提出された書類に、それらの情報がリストアップされていた。そして、中間配当は、1株あたり HK$1.525 (US$0.20) になると思われる。
 
The Beijing-based company said it is “facing severe challenges from intensified competition.” In the face of this, it will continue to bolster 4G business and try to expand its market share in daily services for individual customers and enterprises, according to the filing.
 
Beijing ベースの同社は、「 競合が激化したことで、シビアな課題に直面した」と述べている。その、証券取引所に提出された書類では、「こうした局面にもかかわらず、4G ベースの事業を強化し、コンシューマとエンタープライズにおけるサービスで、マーケット・シェアの拡大を目指している」と説明されているようだ。
 
China Mobile’s 4G business is rapidly expanding, said the company, which now has 940,000 base stations in place, covering almost all cities nationwide.
 
China Mobile によると、同社の 4G ビジネスは急速に拡大している。 現時点で 940,000 ヶ所に基地局を配備し、国内における大半の主要都市とカバーしていると、同社は述べている。
 
Its shares closed at 98.2 Hong Kong dollars, down 0.3%, while the benchmark Hang Seng Index closed down 1.8%.
 
この収支発表後の Chana Mobile 株価であるが、Hang Seng Index 指標が 1.8% 近いダウンを示しているにもかかわらず、0.3% ダウンの 98.2 Hong Kong Dollars あたりで取引されている。
 
ーーーーー
weekend8億人以上のサブスクライバーがいると、半年で 6兆円の売上が立って、利益も 1兆円レベルになるのですね。 それが多いのか少ないのかと考えてみても、比較対象になり得る規模のテレコムが、どこを探しても出てこないので、考えようがありません 🙂 とは言え、この China Mobile が中心となり、Huawei/ZTE/Lenovo/Xiaomi などで構成される、中国の巨大モバイル・エコシステムが成長しているのは間違いありません。 なんというか、ため息しか出てこない話ですね 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Digi Times : China Mobile, China Telecom post mixed 1H15 revenues
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に至る?
China Mobile が、マレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
 

Comments Off on China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

Comments Off on 中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

Comments Off on Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

Posted in Asia, Huawei, Patent, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on March 17, 2015
Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
March 04, 2015
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/huawei-bumps-up-patent-po/1693054.html 
 
_Channel News Asia
 
BARCELONA: China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
BARCELONA:  世界第 2位のネットワーク機器メーカーである China の Huawei だが、次世代 5G に対応するモバイル機器に関して、その特許ポートフォリオを強化してくと、CEO が明らかにしている。
 
Huawei, also the world’s fourth-largest maker of smartphones, has said it plans to spend US$600 million on 5G wireless research and development from 2013 to 2018.
 
その Huawei は、世界第 4位のスマホ・メーカーでもあり、2013年〜2018年の間で 5G ワイヤレスの R&D に、US$600 million もの資金を費やすと発言している。
 
Huawei Red BusRed.es – flickr
 
China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
But speaking to reporters at the Mobile World Congress on Tuesday, Huawei Chief Executive Ken Hu said that 5G research spending was likely to rise, without giving specific figures.
 
しかし、火曜日の Mobile World Congress で Huawei CEO である Ken Hu は 、具体的な金額が算出できないほど、5G の R&D には資金が必要になるかもしれないと、レポーターたちに話している。
 
Huawei was Europe’s seventh-largest patent filer in 2014, up from 13th the previous year, according a report published last week by the European Patent Office (EPO).
 
先週に European Patent Office (EPO) が発行したレポートによると、ヨーロッパにおける Huawei は、特許の申請において 2014年に 7位となり、前年の 13位から大きくジャンプアップしている。
 
It was granted 493 patents by the European agency in 2014. The patents cover many products not just 5G.
 
そして 2014年には、このヨーロッパの機関から、493種類の特許を取得しているが、5G テクノロジー以外の多様なプロダクトをカバーするものとなっている。
 
5G promises superfast internet speeds, broader network coverage and the capacity to hook up objects to the internet from cars to health monitoring devices, the so-called internet of things. The commercial launch of 5G is expected to begin in 2020.
 
5G が約束するものは、超高速インターネットの速度と、広範におよぶネットワークのカバレッジと、インターネットとオブジェクトを接続する能力である。一番最後の項目は、自動車からヘルス・モニタリング・デバイスにまでいたる、IoT (internet of things) のことである。そして、商用 5G の立ち上げは、2020年に始まる予定となっている。
 
“We have made quite a large number of technology innovations and breakthroughs,” Hu, deputy chairman and rotating chief executive of Huawei, said.
 
Huawei の CEO であり Deputy Chairman でもある Hu は、「 私たちは、これまでに、多様なテクノロジーにおいて革新を達成し、成果を得てきた」と、発言している。
 
These give Huawei a stronger position in terms of intellectual property, he said.
 
それにより、Huawei は、知的財産という観点で、強固なポジションを得ていると、彼は続けている。
 
In the technology industry, where complex products often rely on intellectual property from a wide range of players, including competitors, patents are vital for future patent cross-licensing negotiations with rivals.
 
このテクノロジー業界では、競合他社を含めた幅広いプレイヤーの知的財産に、大半のプロダクトが複雑に依存しているケースが多い。したがって、将来を見据えたかたちで、特許に関するクロス・ライセンスについて、ライバルたちと交渉していくことが不可欠となる。
 
The number of relevant patents in specific product categories are a key factor determining the rates different parties pay to license one another’s patents. From time to time, such licensing talks fail to reach a deal, leading to patent fights and potentially huge liability payments.
 
特定の製品カテゴリーにおいて関連する特許の数が、当事者間での支払われるライセンス料の比率を決定する上で、とても重要な要因となる。現時点において、そのようなライセンス交渉が契約に達することは稀であり、また、特許に関する係争が頻発し、潜在的に巨大な支払義務へといたる可能性が高い。
 
Hu urged cooperation among telecom operators, equipment makers and other industries to agree on a single set of standards for 5G technology to ensure a global market.
 
Hu が促すのは、通信事業者や、機器メーカーや、他の産業を取り込んだ、協調体制の確立である。それにより、5G テクノロジーに関するスタンダードが、シングル・セットのかたちで合意にいたり、グロバール・マーケットが約束されると言っている。
 
(Reporting by Harro ten Wolde; editing by Susan Thomas)
– Reuters
 
ーーーーー
Asia Pacific先日の「Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた」という抄訳でご紹介したように、同社がヨーロッパにおいて、数多くの特許を取得しているにしても、納得しやすい背景が存在するように思えます。 また、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳を見れば、かなりのレベルの事業規模に、すでに達していることが分かります。そして、「KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印」という展開ですが、KT と China Mobile は Huawei のテクノロジーを利用するものと思えます。 アメリカではバックドア疑惑で叩かれた Huawei ですが、アジアとヨーロッパの市場で、じわじわと実力を発揮し始めていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 6, 2015
Nokia, DoCoMo aim for 5G ahead of Tokyo Olympics
Reuters – Mar 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Nokia-DoCoMo-aim-for-5G-ahead-of-Tokyo-Olympics/articleshow/46438309.cms
 
_ Times of India
 
BARCELONA: Japan’s NTT DoCoMo and Nokia said on Monday they are working together to develop networks running at high frequencies for use in the 5G wireless era — technology expected to be showcased at the 2020 Tokyo Olympics.
 
BARCELONA: この月曜日 (3/2) に、NTT Docomo と Nokia は、5G ワイヤレス時代に用いられる、高周波数で機能するネットワークを構築するために、協調して取り組んでいくと発表した。 つまり、2020 Tokyo Olympics における、テクノロジー・ショーケースになると予測されている。
 
tokyoThe companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
DoCoMo, Japan’s largest mobile operator, and Nokia, the world’s third biggest telecom equipment maker, said they will be demonstrating their early technical progress on 5G radio equipment at the Mobile World Congress show here this week.
 
今週に開催されている MWC (Mobile World Congress) において、Japan で最大手のモバイル・オペレータである Docomo と、世界で三番手のテレコム機器メーカーである Nokia は、この 5G ワイヤレス設備のテクノロジーの進捗を、きわめて初期の段階から実証していくと述べている。
 
The companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
両社の説明によると、70 G Hetz スペクトラムで運用される Nokia Networks の無線テクノロジーを、屋内で用いるジョイント・テストにおいて、2G bps 以上という超高速のデータ伝送速度が達成されているとのことだ。
 
By contrast, current 4G network specifications promise download speeds of up to 300 megabits per second. Although practical commercial speeds are typically far lower than that, 4G has fueled strong demand for watching TV and video on phones.
 
その比較対象として、現在の 4G ネットワークの仕様について確認するが、そのダウンロード速度は、わずか 300 M bps に過ぎないのだ。 商用における実用スピードの平均は、それよりも遥かに低いのだが、スマホによるビデオ再生や、TV の視聴といった使い方を、4G が盛り上げているという状況を思い出して欲しい。
 
ーーーーー
Telecomいま、Agile_Cat は、DoCoMo の MVNO SIM で、スマホの LG G2 Mini と、タブレットの Nexus 7 を、とても快適に使っています。  ですから、モバイルにおける普通の用途で、なんのために 5G が必要になるのか、よく分からなかったのですが、ここまで速くなるなら、光ブロード・バンドの置き換えが可能になります。 そして IoT が、この、次世代ワイヤレスを要求するのでしょうね。2014年 2月に、「Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?」という抄訳をポストしましたが、それが東京で商用化されるのです。 なにが、どこまで変化するのでしょう。そして、いまは想像の外にある、なにかが生まれてくるはずです。 とてもワクワクする展開ですね。
ーーーーー
<関連>
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Comments Off on DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

%d bloggers like this: