Agile Cat — in the cloud

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_6

Posted in NIST by Agile Cat on May 23, 2012

第6章は、クラウド・スタンダード・マッピングと、ギャップの分析です・・・
http://wp.me/pwo1E-4f3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

6 Cloud Computing Standards Mapping and Gap Analysis

One approach to relevant cloud standards mapping and gap analysis is to map relevant cloud standards using the conceptual model and the cloud computing taxonomy from the NIST Cloud Computing Reference Architecture and Taxonomy Working Group.

クラウド・スタンダードとマッピング・ギャップ分析に関する 1つの適切なアプローチは、NIST Cloud Computing Reference Architecture および Taxonomy Working Group の概念モデルとタクソノミーを用いて、適切なクラウド・スタンダードをマップすることある。

As presented in Figure 12: cloud computing conceptual model, the cloud computing conceptual model is depicted as an integrated diagram of system, organizational, and process components. The cloud computing taxonomy produced by the same working group has provided further categorizations for the security, interoperability, and portability aspects for cloud computing.

Figure 12 で示すように、クラウド・コンピューティングの概念モデルは、システム/組織/プロセス・コンポーネントを統合したダイアグラムとして表現される。 同じ WG により作成されたタクソノミーは、クラウド・コンピューティングにおけるセキュリティ/インターオペラビリティ/ポータビリティに関する、さらなるカテゴリを提供している。

クリックで拡大 ⇒

While many standards are generally relevant to these cloud computing areas, the following sections will map those specifically relevant cloud standards and capture their standard maturity status in a tabular format. The online cloud standards inventory (as described in Clause 5) will be the place to maintain and track other more general relevant standards. Some standards may apply to more than one category from the cloud taxonomy and therefore may be listed more than once.

一般的にみて、数多くのスタンダードがクラウド・コンピューティングの領域に関連するが、次のセクションでは、とりわけ適切と思われるスタンダードをマップし、取り込んだスタンダードの成熟度ステータスを、テーブル形式で表現する。 また、オンラインのクラウド・スタンダード一覧( Clause 5 で記述)は、その他の一般的で適切なスタンダードを保持し、追跡するための場になるだろう。 したがって、いくつかのスタンダードは、クラウド・タクソノミーの複数カテゴリーに当てはまる場合もあり、また、何度もリストアップされるかもしれない。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat 的には、この 6章が一番おもしろいです。クラウドを実装するには、こうした部分でスタンダードが必要だと、まずは想定するところから始まります。 続いて、そのために利用異可能なスタンダードがあるなら、それを当てはめ、無ければスタンダード・ギャップとしてリストアップしていくという手順で、片っ端から検証していきます。ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_5
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

 

Comments Off on NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_6

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_5

Posted in NIST by Agile Cat on April 26, 2012

第5章は、クラウド・スタンダードの話です ・・・
http://wp.me/pwo1E-49n
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

5 Cloud Computing Standards

Standards are already available in support of many of the functions and requirements for cloud computing described in Clauses 3 and 4. While many of these standards were developed in support of pre-cloud computing technologies, such as those designed for web services and the Internet, they also support the functions and requirements of cloud computing. Other standards are now being developed in specific support of cloud computing functions and requirements, such as virtualization.

クラウド・コンピューティングのための、多様な機能や要件をサポートする、すでに利用可能なスタンダードについては、Clauses 3 と Clauses 4 で記述してきた。 それらのスタンダードの多くは、たとえば Web サービスやインターネットのためにデザインされた、クラウド以前のコンピューティング・テクノロジーをサポートするために開発されてきたが、クラウド・コンピューティングの機能と要件もサポートできるものとなっている。 また、たとえば仮想化のような、クラウド・コンピューティングの機能と要件をサポートするための、その他のスタンダードは開発の途にある。

To assess the state of standardization in support of cloud computing, the NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group has compiled an Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing

クラウド・コンピューティングをサポートする標準化の状況を算定するために、NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group は、Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing を編集している。

http://collaborate.nist.gov/twiki-cloudcomputing/bin/view/CloudComputing/StandardsInventory .

This inventory is being maintained and will be used to update this document as necessary.

この一覧表は、現在も維持されており、また、このドキュメント更新するために、必要に応じて利用されるだろう。

Image(13)

Figure 7 – IT Standards Life Cycle

5.1 Information and Communication Technologies Standards Life Cycle

Figure 7 is a high-level conceptualization of how IT standards are developed and standards based IT products, processes and services are deployed. This figure is not meant to imply that these processes occur sequentially. Many of the processes illustrated can and should be done somewhat concurrently. Some of these processes (eg, reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment) occur outside of the SDO process. These processes provide input and feedback to improve the standards, profiles, test tools, etc.

Figure 7 は、IT スタンダードが形成される方式と、そのスタンダードをベースとする IT の、プロダクト/プロセス/サービスがディプロイされる方式に関する、高レベルの概念を示すものである。 ただし、この図は、一連のプロセスが連続的に発生することを暗示するわけではない。 多数プロセスの例証は、ほぼ同時に完了でき、また、そうすべきである。 これらのプロセス(reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment など)の一部は、ここで言う SDO プロセスの外で発生する。 また、それらのプロセスは、Standards や Profiles、Test Tools などを改善するための、入力とフィードバックを提供する。

ーーーーー

TAG indexスタンダードとテクノロジーを司る NIST として、このドキュメントは、政府の調達基準という異質のものなのかも知れません。 でも、この第5章あたりからは、クラウドのスタンダードと、既存のスタンダードの関係および、インターオペラビリティと、ポータビリティ、そしてセキュリティに関するスタンダードという切り口の話になります。 こうしたスタンダードを考える上で、メタの概念が重要になるという視点が、個人的には面白かったです。 なお、この章は以下の項目で構成されています。ーーー ac-stamp-232

5.2 Categorizing the Status of Standards
5.3 Cloud Computing Standards for Interoperability
5.4 Cloud Computing Standards for Portability
5.5 Cloud Computing Standards for Security

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

Comments Off on NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_5

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4

Posted in NIST by Agile Cat on April 25, 2012

第4章は、クラウドのユースケースの話です ・・・
http://wp.me/pwo1E-495
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

4 Cloud Computing Use Cases

Cloud computing use cases describe the consumer requirements in using cloud computing service offerings. Analyzing business and technical cloud computing use cases and the applicable standards provides an intuitive, utility-centric perspective in surveying existing standardization efforts and identifying gaps. This clause leverages the business and technical use case outputs from other NIST Cloud Computing Program Working Groups and presents an analysis on how existing cloud-related standards fit the needs of USG cloud consumers and where the gaps for standardizations are.

クラウドコン・ピューティングのユースケースとは、クラウド・コンピューティングのサービスを使用する際の、顧客の要件を記述するものとなる。 クラウド・コンピューティングのユースケースを、ビジネス面とテクニカル面から、また、適用可能なスタンダードの視点から分析していく。また、これまでの正規化における努力を測り、現実とのギャップを識別することで、直観的で実用性を重視した観点を提供していく。 この項では、NIST における Cloud Computing Program Working Groups から提供される、ビジネスとテクニカルに関するユースケースのアウトプットを活用する。そして、クラウドに関連する既存のスタンダードが、USG クラウド消費者のニーズに適していると思われる領域と、標準化における現実とのギャップの位置について分析していく。

4.1 Business Use Cases

The Target Business Use Case Working Group has produced a template for documenting specific use cases. This template includes a section titled “Concept of Operations” in which “Current System” and “Desired Cloud Implementation” states are described. The template also gathers information about integration with other systems, security requirements, and both local and remote network access considerations. A set of business use cases is being drafted describing candidate USG agency cloud deployments. The stories captured in these business use cases help to identify business drivers behind the adoption of cloud computing in USG agencies, provide background information on the relevant usage context, and expose general agency consumer concerns and issues through specific scenarios. These use cases thus help us to document key technical requirements for USG cloud-related standards in the areas of security, interoperability and portability as required for the formulation of this roadmap.

Target Business Use Case Working Group は、特定のユースケースをドキュメント化する際に有用な、テンプレートを作成している。 このテンプレートには、「Concept of Operations」というセクションが含まれ、「Current System」と「Desired Cloud Implementation」のステートが記述されている。 さらに、このテンプレートには、他システムとの統合や、セキュリティ要件、ローカル/リモート・ネットワーク・アクセスについて、検討すべきポイントが集められている。 ビジネス・ユース・ケースのセットは、USG 政府機関用のクラウド・ディプロイメントを記述するドラフトの段階にある。 これらのビジネス・ユース・ケースで取り込まれたストーリーは、USG 政府機関におけるクラウド・コンピューティングの適用において、その背後からビジネスを推し進める役割を識別していく。そして、適切な用法コンテキストの背景となる情報を提供し、また、 特定のシナリオを介して通して、政府機関が検討すべき関心事と問題を明らかにする。 したがって、これらのユース・ケースは、ロードマップを形成するために必要な、セキュリティ/インターオペラビリティ/ポータビリティの領域で、USG のクラウド関連スタンダードにおける、主要テクニカル要件の文書化を促進することになる。

The “Cloud First” business use case called out by the Federal CIO is a more general expansion of this analysis to multiple interacting current systems and cloud implementations. This expansion is to support evolving business processes as cloud deployments are implemented. It requires interoperability and portability across multiple cloud deployments and enterprise systems.

Federal CIO から要請された「Cloud First」ビジネスユース・ケースは、既存システムとクラウド実装におけるマルチ・インタラクションを分析するために、さらに拡張されている。 クラウド・ディプロイメントが実装されるにつれて、進化していくビジネス・プロセスを、この拡張によりサポートしていく。 そして、さらに、マルチ・クラウド・ディプロイメントとエンタープライズ・システムの全体を横断する、インターオペラビリティとポータビリティを要求していく。

ーーーーー

TAG indexこの 4章は、上記の「4.1 Business Use Cases」に加え、以下の「4.2 Technical Use Cases」と「4.3 Deployment Scenario Perspective」という項目により構成されています。 このドキュメント全体を通してみると、この辺りから興味深い内容になっていきます。ーーー ac-stamp-232

4.2 Technical Use Cases

SAJACC Working Group は、SAJACC のプロセスを通して、最初のパスとなるプロジェクトのために、準備段階としてのユース・ケースのセットを作成した。 NIST は、一連のオープン・ワークショップを通して、また、パブリック・コメントとフィードバックを通して、これらのユース・ケースを洗練させ、新しいユース・ケースを加え続けるだろう。

4.3 Deployment Scenario Perspective

この「“Cloud First」ビジネスユース・ケースは、USG 政府機関クラウド消費者と、クラウド・プロバイダを結ぶ、さらに詳細なインタラクションを要求する。 このインタラクションのシナリオには、3 つのメイン・グループがある:

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

Comments Off on NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3

Posted in NIST by Agile Cat on April 17, 2012

第3章は、リファレンス・アーキテクチャの説明です ・・・
http://wp.me/pwo1E-47B
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

3 Cloud Computing Reference Architecture

The NIST cloud computing definition is widely accepted and valuable in providing a clear understanding of cloud computing technologies and cloud services. The NIST cloud computing reference architecture presented in this clause is a natural extension to the NIST cloud computing definition.

NIST のクラウド・コンピューティング定義は広範囲に受け入れられ、また、クラウド・コンピューティング・テクノロジーと、クラウド・サービスに対する明確な理解を促進する上で価値がある。 この章で提示される NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、NIST クラウド・コンピューティング定義をそのまま拡張したものである。

imageThe NIST cloud computing reference architecture is a generic high-level conceptual model that is a powerful tool for discussing the requirements, structures, and operations of cloud computing. The model is not tied to any specific vendor products, services, or reference implementation, nor does it define prescriptive solutions that inhibit innovation. It defines a set of actors, activities, and functions that can be used in the process of developing cloud computing architectures, and relates to a companion cloud computing taxonomy. It contains a set of views and descriptions that are the basis for discussing the characteristics, uses and standards for cloud computing.

この NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、一般的にみて高レベルの概念モデルであり、クラウド・コンピューティングの要件/構造/運用を議論するためのパワフルなツールとなる。 また、このモデルは、特定ベンダーのプロダクト/サービス/リファレンス実装に結び付けられるものではなく、また、イノベーションを抑制してしまうような、規範的なソリューションを定義するものでもない。 そこで定義される、アクター/アクティビティ/ファンクションのセットは、クラウド・コンピューティング・アーキテクチャと、それに関連するクラウド・コンピューティング・タクソノミーの作成プロセスで利用できる。また、クラウド・コンピューティングのための特質/用法/標準を議論するためのベースとなる、ビューと記述のセットも含む。

The NIST cloud computing reference architecture focuses on the requirements of what cloud service provides, not on a design that defines a solution and its implementation. It is intended to facilitate the understanding of the operational intricacies in cloud computing. The reference architecture does not represent the system architecture of a specific cloud computing system; instead, it is a tool for describing, discussing, and developing the system-specific architecture using a common framework of reference.

この NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、ソリューションと実装を定義するためのデザインではなく、クラウド・サービスが提供する要件にフォーカスしている。 クラウド・コンピューティングにおける運用上の複雑さについて、その理解を促進するよう意図される。このリファレンス・アーキテクチャは、特定のクラウド・コンピューティング・システムのアーキテクチャを表すものではない。それに代えて、リファレンスにおける共通フレームワークを用いて、対象システムに特定されたアーキテクチャを記述/議論/展開するための、ツールとして機能する。

ーーーーー

TAG indexこの後ですが、NIST クラウド・コンピューティングにおける、リファレンス・アーキテクチャがサポートする項目として、以下のような説明があります。そして、1 Overview/2 Consumer/3 Provider/4 Auditor/5 Broker/6 Carrier という、いわゆるクラウド・ユースケースのアクターごとに詳細が説明されていきます。この辺りについては、以前に訳した「NIST の Cloud Architecture 概要」が参考になるかも知れません。ーーー ac-stamp-232

  1. 全体的なクラウド・コンピューティング概念的モデルのコンテキストで、各種のクラウド・サービスを例証し、理解を促進する。
  2. クラウド・サービスの理解/議論/分類/比較のために、USG 政府機関と他の消費者に対して、テクニカル・リファレンスを提供する。
  3. そして、セキュリティ/インターオペラビリティ/ポータビリティの候補となる、スタンダードとリファレンス実装を提供し分析する。

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

 

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2

Posted in NIST by Agile Cat on April 12, 2012

第2章は、クラウド・コンピューティングの定義です ・・・
http://wp.me/pwo1E-46y
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

2 The NIST Definition of Cloud Computing

Cloud computing is a model for enabling ubiquitous, convenient, on-demand network access to a shared pool of configurable computing resources (e.g., networks, servers, storage, applications, and services) that can be rapidly provisioned and released with minimal management effort or service provider interaction. This cloud model promotes availability and is composed of five essential characteristics, three service models, and four deployment models.

クラウド・コンピューティングとは、コンフィグレーションが可能なコンピューティング・リソース(たとえば、ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービスなど)の共有プールに対してアクセスを実現する、ユビキタス/コンビニエト/オン・デマンドなネットワーク・モデルのことである。 このクラウド・モデルは、5つの本質的な特徴と、3つのサービス・モデル、そして4つのディプロイメント・モデルで構成され、可用性を促進するものとなる。

Essential Characteristics:

imageOn-demand self-service.  A consumer can unilaterally provision computing capabilities, such as server time and network storage, as needed automatically without requiring human interaction with each service’s provider.

個々のサービス・プロバイダとの人的インタラクションを必要とすることなく、消費者が一方的に、サーバー・タイムやネットワーク・ストレージといったコンピューティング容量を、必要に応じて自動的に供給できる。

Broad network access. Capabilities are available over the network and accessed through standard mechanisms that promote use by heterogeneous thin or thick client platforms (e.g., mobile phones, laptops, and personal digital assistants [PDAs]).

ネットワーク上に提供され、標準的なメカニズムを介してアクセスされる許容量の利用が、異種シン/シック・クライアント・プラットフォーム(たとえば、モバイルフォン/ラップトップ/PDAなど)により促進される。

Resource pooling. The provider’s computing resources are pooled to serve multiple consumers using a multi-tenant model, with different physical and virtual resources dynamically assigned and reassigned according to consumer demand. There is a sense of location independence in that the customer generally has no control or knowledge over the exact location of the provided resources but may be able to specify location at a higher level of abstraction (e.g., country, state, or datacenter). Examples of resources include storage, processing, memory, network bandwidth, and virtual machines.

対象となるプロバイダのコンピューティング・ソースは、マルチ・テナント・モデルを用いてプールされ、多数の消費者に提供される。 そこでは、消費者のデマンドに従って、それぞれの物理/仮想リソースが、割当/再割当される。 提供されるリソースが配置される物理ロケーションを、顧客が知ることもなく、コントロールもしない点において、ロケーションから独立したものとなる。しかし、高レベルの抽象ド(たとえば Country/State/Datacenter)においては、ロケーションの指定が可能になるかもしれない。 リソースの例としては、ストレージ/プロセシング/メモリ/ネットワーク・バンド幅/仮想マシンなどが含まれる。

Rapid elasticity. Capabilities can be rapidly and elastically provisioned, in some cases automatically, to quickly scale out and rapidly released to quickly scale in. To the consumer, the capabilities available for provisioning often appear to be unlimited and can be purchased in any quantity at any time.

許容量は、迅速かつ柔軟にプロビジョニングされる。いくつかのケースにおいては、迅速なスケールアウトによるリソース確保と、スケールインによる解放が、自動的に処理される。 消費者にとって、プロビジョンニングされる許容量は、大半の場合に無制限であるように見え、また、購入できる量と、そのタイミングは自由である。

Measured Service. Cloud systems automatically control and optimize resource use by leveraging a metering capability3 at some level of abstraction appropriate to the type of service (e.g., storage, processing, bandwidth, and active user accounts). Resource usage can be monitored, controlled, and reported, providing transparency for both the provider and consumer of the utilized service.

そのサービス・タイプ(たとえばストレージ/プロセシング/バンド幅/アクティブ・ユーザー・アカウント)に適した、いくつかの抽象レベルにおける測定機能[3]を拡張することで、リソース使用を自動的に制御/最適化していく。 リソース使用が、モニター/コントロール/レポートされることで、利用されたサービスについて、プロバイダと消費者に双方に対しt透過的に提供される。

ーーーーー

TAG index第2章は、このドキュメントの中では最も短く、また、その内容も簡潔です。上記のとおり、クラウドの定義述べられており、この後には、SaaS/PaaS/IaaS の定義と、Private/Community/Public/Hybrid の定義が続きます。 別段、目新しいものはなく、Security and Privacy 編と同じような説明になっています。  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

 

Comments Off on NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1

Posted in NIST by Agile Cat on April 9, 2012

とりあえず、さわりの部分だけですが・・・
http://wp.me/pwo1E-45J
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

1 Introduction

1.1     Background

U.S. laws and associated policy require federal agencies to use international, voluntary consensus standards in their procurement and regulatory activities, except where inconsistent with law or otherwise impractical.1

合衆国法と、それに関連するポリシーにより、連邦機関における調達および規制上のアクティビティにおいては、国際的かつ自由な議論から合意が形成されたスタンダードを採用するよう要求する。ただし、合衆国法および impractical.1 と一致しない場合は例外とする。

imageNIST has been designated by Federal CIO Vivek Kundra to accelerate the federal government’s secure adoption of cloud computing by leading efforts to develop standards and guidelines in close consultation and collaboration with standards bodies, the private sector, and other stakeholders.

NIST は Federal CIO である Vivek Kundra により任命され、民間部門あるいは他のステークホルダーとして構成される、各種標準化団体と緊密に協議/協調していくことで、スタンダードとガイドラインを作成を推奨し、連邦政府におけるクラウド・コンピューティングのセキュアな採用を促進していく。

The NIST Cloud Computing Program was formally launched in November 2010 and was created to support the federal government effort to incorporate cloud computing as a replacement for, or enhancement to, traditional information system and application models where appropriate. The NIST Cloud Computing Program operates in coordination with other federal cloud computing implementation efforts (CIO Council/Information Security and Identity Management Committee [ISIMC], etc.) and is integrated with Federal CIO Vivek Kundra’s 25-point IT Implementation Plan for the federal government. NIST has created the following working groups in order to provide a technically oriented strategy and standardsbased guidance for the federal cloud computing implementation effort:

NIST Cloud Computing Program は、正式には 2010年11月より開始されており、従来からの IT システムおよびアプリケーションの、クラウド・コンピューティングへの拡張あるいは移行が適切になされる際に、連邦政府の作業をサポートするために構成されている。 NIST Cloud Computing Program は、連邦政府における他のクラウド・コンピューティング実装における作業(CIO Council/Information Security and Identity Management Committee [ISIMC] など)との調整の中で運用される、また、連邦政府 Federal CIOである Vivek Kundra による 25-point IT Implementation Plan と統合される。 NIST は、連邦政府におけるクラウド・コンピューティングの促進する、テクニカル指向の戦略と標準化のガイダンスを提供するために、以下の WG を立ち上げている:

Cloud Computing Reference Architecture and Taxonomy Working Group
Cloud Computing Standards Acceleration to Jumpstart Adoption of Cloud Computing (SAJACC) Working Group
Cloud Computing Security Working Group
Cloud Computing Standards Roadmap Working Group
Cloud Computing Target Business Use Cases Working Group

ーーーーー

TAG indexとにかく、やたら長いドキュメントでして、原本の英文は 88ページの PDF となっています。 ほんとうは、各章のエッセンスを取り出したダイジェストが作れると良いのですが、なかなか、そのための時間も捻出できないので、こんな形で 7回くらいに分けてポストしていきます。なお、この  [1 Introduction ] ですが、 以下の項目が提供されています。 ーーー __AC Stamp 2

     1.2 NIST Cloud Computing Vision
     1.3 NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group
     1.4 How This Report Was Produced

ーーーーー

<関連>

NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表
NIST の Cloud Architecture 序文
NIST の Cloud Architecture 概要
NIST の Cloud Architecture – プロバイダとユーザーのスコープ
NIST のクラウド定義はスクラップになるべきだ – その理由を説明しよう

 

Comments Off on NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1

%d bloggers like this: